民宿の美人女将に搾り取られた初体験について話す・・・・・・・

投稿者:浦島太郎 さん(男性・20代) タイトル:初エッチの相手はS気味の乙姫様 初エッチの相手は、竜宮城の乙姫様でした。 こう書くと、安っぽいSEOみたいですよね。 すみません、授業でSEOを勉強しているので、つい、ク […]

The post 民宿の美人女将に搾り取られた初体験について話す・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 民宿の美人女将に搾り取られた初体験について話す・・・・・・・

奥手童貞だった僕がS痴女に出会って脱童貞できた話・・・・・・・

タイトル:S痴女に奪われた童貞卒業&中出し体験談 セックスしたい童貞 せっかくこうやって書ける環境があるので是非書いて残しておきます。 興奮冷めやらぬってやつかもしれません。 後で見たら恥ずかしくなって消すかもしれないん […]

The post 奥手童貞だった僕がS痴女に出会って脱童貞できた話・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 奥手童貞だった僕がS痴女に出会って脱童貞できた話・・・・・・・

大学生の私と当時人妻だった妻との始まりはレイプでした・・・・・・・⑩

投稿者:KEN さん(男性・40代) タイトル:超エロな英会話講師・ジョージー 誰もいない教室で! 前回:大学生の私と当時人妻だった妻との始まりはレイプでした・・・・・・・⑨ 最初:大学生の私と当時人妻だった妻との始まり […]

The post 大学生の私と当時人妻だった妻との始まりはレイプでした・・・・・・・⑩ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 大学生の私と当時人妻だった妻との始まりはレイプでした・・・・・・・⑩

妻のパート先の上司に妻を寝取ってもらった結果・・・・・・・

投稿者:ビール大好き(男性・40代) タイトル:妻のパート先の男に妻を寝取ってもらいました ずっと妻に隠してきたことがある。 自分でも認めるまでに時間はかかったし認めたくもなかったが、俺には寝取られ願望がある。 今までの […]

The post 妻のパート先の上司に妻を寝取ってもらった結果・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 妻のパート先の上司に妻を寝取ってもらった結果・・・・・・・

ニューハーフ女王様にア○ルに生チ○ポを挿入された結果・・・・・・・

タイトル:女王様なのにチンポが!?でもアナル拡張も凄く上手で生チンポを挿入されたらペニバンよりも感じたM男の出会い体験談 「あぁ…んっ、なにコレ…気持ちイイ…生のオチンポ気持ちイイです…!」 「あぁ…!やだ、もっと…もっ […]

The post ニューハーフ女王様にア○ルに生チ○ポを挿入された結果・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 ニューハーフ女王様にア○ルに生チ○ポを挿入された結果・・・・・・・

臭いフェチの俺、ついに念願の義妹の顔面椅子になる・・・・・・・・・④

投稿者:たか さん(男性・40代) タイトル:匂いフェチの俺が、義理の妹が座った椅子の匂いを嗅ぐ(絶叫!悶絶!失神!顔面椅子エピソード) 前回:臭いフェチの俺、ついに念願の義妹の顔面椅子になる・・・・・・・・・③ 「モコ […]

The post 臭いフェチの俺、ついに念願の義妹の顔面椅子になる・・・・・・・・・④ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 臭いフェチの俺、ついに念願の義妹の顔面椅子になる・・・・・・・・・④

良妻賢母なママ友の昼顔は…高機能肉便器人妻です・・・・・・・・

投稿者:変態紳士 さん(男性・40代) タイトル:良妻賢母なママ友の昼顔は…高機能肉便器人妻です 前回:中出し・精飲・アナルの3連コンボで覚醒したママ友の現在・・・・・・・ ただいまソファに座り、一服しながらこれを書いて […]

The post 良妻賢母なママ友の昼顔は…高機能肉便器人妻です・・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 良妻賢母なママ友の昼顔は…高機能肉便器人妻です・・・・・・・・

S女性に射精管理をされてメスイキの快楽を極めた僕・・・・・・・

タイトル:【体験談】S女性に射精管理をされて快楽の極致メスイキに達した僕 僕はいつの頃からか、アナルオナニーをしています。 最初のころは、エネマグラを買い漁って色々試してみていました。 何回か、エネマグラが前立腺の近くの […]

The post S女性に射精管理をされてメスイキの快楽を極めた僕・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 S女性に射精管理をされてメスイキの快楽を極めた僕・・・・・・・

ナースの母親を騙して男たちに輪姦させてみた結果・・・・・・・

投稿者:◯太郎 さん(男性・30代) タイトル:医療事務の原田と僕で母康江を懲らしめる 前回:地味系熟女と山でセックス中に男二人に襲われた結果・・・・・・・ 高校生の時 以前、お母さん(康江40代)が僕(しょうちゃん)と […]

The post ナースの母親を騙して男たちに輪姦させてみた結果・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 ナースの母親を騙して男たちに輪姦させてみた結果・・・・・・・

シンママになった巨乳同僚を飲みに誘ってそのままエッチ・・・・・・・

投稿者:こじろう さん(男性・20代) タイトル:人妻だった同僚が離婚したので部屋に誘ってみた 俺はアパレルの販売員。 お店は全国にあり、各店舗に10名ほどがシフトで働いていた。 その中にユミという女性がいた。 年齢は俺 […]

The post シンママになった巨乳同僚を飲みに誘ってそのままエッチ・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 シンママになった巨乳同僚を飲みに誘ってそのままエッチ・・・・・・・

書道部の先輩の身体が焼き付いて忘れられない
僕の初めての相手は暢子という高校2年生の女で、書道部の1年先輩だった。 彼女は眼鏡をかけ、真面目な感じで、 図書委員タイプといった感じだった。 そんな彼女とは家が近く通学を一緒にしているうちに、 付き合うようになった。 […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 書道部の先輩の身体が焼き付いて忘れられない

息子が通っている幼稚園の園長先生と過ごした夜の話
私の息子が通っている幼稚園の園長は歳の頃、 定年前の58~59歳位だと思う。 私がいつも送り迎えをするようになって、 よく話をするようになった。 ある日、 「今度の休み、時間があれば、お会いしたいんですが」とのこと。 お […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 息子が通っている幼稚園の園長先生と過ごした夜の話

彼女の日記を読んだ結果⇒まぁ大体解るよなwwwwwwww
彼女(由希:仮名)とはバイト先で知り合いました。 僕より1つ上の大学2年生で、 僕から告白して付き合い始めました。 あまり派手なタイプではなく、 おっとりした感じ。 結構可愛いほうで、 学年では無理でもクラスで1~2番人 […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 彼女の日記を読んだ結果⇒まぁ大体解るよなwwwwwwww

キレイでスタイル良かったけどスゲーバカで…でもメチャクチャ好きだった…
当時、ひとめぼれしたコがいた。 彼女は病院勤務で俺とタメの24歳。 冷めてる奴だと言われる事の多い自分なんだが、 今考えると笑っちゃうくらい好きになって、 3ヶ月以上口説きまくった。 脈がなければとっととあきらめてたんだ […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ キレイでスタイル良かったけどスゲーバカで…でもメチャクチャ好きだった…

1回イクと突かれるたびにイッちゃう私のエッチ体験
私の彼はかなりのSで、すごく焦らしたり、 逆に何度もイカせたりするのが好きなんです。 痛いのとか、恥かしいのとか、 汚いことはしないんだけど、 とにかく責めに関しては容赦ないんです。 例えば、クリトリスにローターを固定し […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 1回イクと突かれるたびにイッちゃう私のエッチ体験

バイト先の更衣室で手コキしてもらった話
某大手チェーンの飲食店でバイトしています。 昼のラッシュも無事に終わり、 夕方の4時には食材発注、ホール清掃などが終わったので、 夕方~夜にかけてのラッシュに向けて15分の休憩をもらって 休憩室で休憩をしていました。 す […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ バイト先の更衣室で手コキしてもらった話

膣が超狭い童顔萌え奥さんとの背徳SEX
28歳です。結婚していて子供は小○生が一人。同じマンションの奥さんと、去年から不倫関係です。うちのマンションは古い分譲マンションです。取り得は学区が良い事と、古いためか自治会活動が盛んで、安心して暮らせるところです。   […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 膣が超狭い童顔萌え奥さんとの背徳SEX

職場の年上女性を少し強引にデートに誘い中出しした体験談

かつてある年上の女性を好きになり、やや強引にデートに誘った。年下なので「しょうがないわねえ」という感じだったと思っていた。ランチは高級ホテルのフレンチのコースにした。いい雰囲気のレストラン

[紹介元] 100%ヌけるHな体験談 職場の年上女性を少し強引にデートに誘い中出しした体験談

酔ってる女に声をかけたら中出しセックスできた

駅前の駐輪場から千鳥足のおねーさまが出てくるのを発見。自分よりも少し年上に見えるけど美形でした。ただ、過去に声を掛けても気が強いのか警戒されてしまうので、しばらく様子を見ていたのですが、フラフ

[紹介元] 100%ヌけるHな体験談 酔ってる女に声をかけたら中出しセックスできた

オナネタにしていた中学時代の美人教師との再会

出会い系で昔の恩師に出会った。中学の時の新米女教師と某出会い系アプリを通じて再会したわけだ。再会した時は、現役教師じゃなく、専業主婦になってたんだけどさ。最初はアプリで即ハボ出来る女を

[紹介元] 100%ヌけるHな体験談 オナネタにしていた中学時代の美人教師との再会

彼氏持ちの巨乳のバイトとエッチしたら名器だったw

当時、オレは勤めていた広告関係の会社を独立のため退社、その後フリーランスとしてその会社に出入りしてました。あ、三年ほど前のお話ね。そんな気楽な立場ゆえ、かつての後輩社員たちとやたら飲みに行くように

[紹介元] 100%ヌけるHな体験談 彼氏持ちの巨乳のバイトとエッチしたら名器だったw

温泉宿での据え膳

「◯◯君のオチンチン立っちゃってるよ」とささやかれてしまった。会社の慰安旅行の旅館でチークダンスになったときの事だ。元々ダンスなぞ、高校のときのフォークダンスしか経験がないのに、強引に同僚のFに

[紹介元] 100%ヌけるHな体験談 温泉宿での据え膳

浮気が本気に…1

こないだのクリスマスの事を書かせて下さい。高3のとき仲の良かったクラスメートの男女7人で集まって一人暮ししている男の子の家で飲みました。最初は持ち寄ったゴハン食べたり「最近どーよ?」み

[紹介元] 100%ヌけるHな体験談 浮気が本気に…1

浮気が本気に…2

さっき帰宅して今年初Hしてきましたw今からちょっとお風呂入ってくるんで上がってからカキコさせて下さい。とりあえず今超幸せですww大晦日も彼の家に集まる事になってたんですが私はちょっと遅れて

[紹介元] 100%ヌけるHな体験談 浮気が本気に…2

浮気が本気に…3

彼が慌てて身体を起こしても、まだアソコがちょっとビクビクしてて、それに合わせて精子も出て来てました。ちゃんと口の中で出して全部飲もうと思ったけど間に合わなかったんで、こぼした分をすくって舐めてアソ

[紹介元] 100%ヌけるHな体験談 浮気が本気に…3

超爆乳女友達のおっぱいに顔をうずめてパフパフしてもらった体験談

俺はおっぱいフェチなんだが女友達に、Jカップの超爆乳がいる。一回このデカパイを揉み揉みしたり味わってみたかったが、それが現実のものになった。あれは、自分が大学2年の冬。その女友達(以降H

[紹介元] 100%ヌけるHな体験談 超爆乳女友達のおっぱいに顔をうずめてパフパフしてもらった体験談

年下の可愛い彼

私は41歳で、主人は月に1回帰ってくる単身赴任者です。子供は中学で、中高一貫の進学校の寮生活をさせていますので少しでも教育費のためにと思い働き始めました。でも、今はその職場でアルバイトとして働い

[紹介元] 100%ヌけるHな体験談 年下の可愛い彼

コンパに誘われて恥ずかしいことに
画像はイメージです

私が実際に経験したとっても恥ずかしい話です。
読んでくれますか?

私には長く付き合っている彼がいるのですが、先日友達に「人数あわせのためにどうしても!」と頼まれて、コンパに参加しました。
男4人、女4人のコンパだったのですが、カラオケで飲んで歌って踊ってと、わいわい楽しく過ごしていました。

何人かは次の日も仕事があるとのことだったので、二次会には行かずにカラオケで解散。
私と女友達は次の日はお休みだったので、彼らに誘われるままに一人の男の子の家にそのまま遊びにいきました。

男3人と私たち2人の5人でまた飲んで、色々な馬鹿話からエロ話までして、気がつくともう3時過ぎていました。

一緒にいた女友達のAちゃんは、お気に入りの男の子といちゃいちゃしはじめて、隣の部屋のベッドに二人で入ってしまいました。
残った私たちは、二人の邪魔をしちゃいけないと、隣の部屋の電気を消して、戸をしめてあげたのですが、実は何か起きるんじゃないかとワクワクしていた私たちは、隣の部屋で耳を澄ましていたんです。
数分経っても何も起きないので、私たちも眠くなったし、もう一人の男の子も、私たちがいる部屋の片隅で酔っ払って寝ちゃったので、残ったもう一人の彼と私も寝ることにしました。
私は彼がいるのでもう一人の彼とは隣には寝ていましたが、何も起きないようその彼に背中を向けて寝始めました。

目を瞑ると、隣の部屋から布団が動く音が聞こえ始めました。

そしてAちゃんが、小さな声で「皆、もう寝たんじゃない?大丈夫かな?」と囁く声が聞こえました。

私はどきどきして、少し身動きすると後ろに寝ていた男の子(B君にします)が、私の耳元で、「あいつら何かしてるね?」と囁いてきました。
B君も眠れずに向こうの部屋の様子を伺っていたようです。
Aちゃんは、「向こうはどうやって寝てるんだろう・・・。何かしてるのかな?」なんて小声で囁いてる声が聞こえたので、私たちは二人の場を盛り上げてあげようと、B君と嘘のあえぎ声を出してみました。

ごそごそ動きながら、「う、うんっ・・・」というような声を出すと、向こうも聞き耳を立てていたようで動いてる音が聞こえました。
Aちゃんは「絶対嘘だよ。演技だって」と囁いていますが、Aちゃんと一緒に寝ているA君は、「そんなことないって、あれは本当に感じてる声だ」なんて言うので、私とB君は笑いをこらえながら、演技のあえぎ声を続けていました。

どこからそうなったのか酔っ払っていたし、真夜中だったし、よく覚えていないのですが、気がつくとB君は私の毛布に入ってきて、後ろからぴったりを私を抱きしめて、耳元で「本当のあえぎ声聞きたいな・・・」なんて囁いてきました。
そんなことを言われて、ぞくっとして・・・。
B君は私が抵抗する間もなく、セーターの上からおっぱいを触ってきました。

彼がいる私は、本当はこんなことしちゃだめって分かっていながらも、それに数年来の親友が隣の部屋にいるし、もう一人の男の子は同じ部屋の片隅で寝ているっていのに、でもB君の手がするするとセーターの中のブラジャーにまで到着して、後ろから抱きしめるようにおっぱいをもみ始めたときには、もう理性を忘れて、本当のあえぎ声を出していました。
B君は私の長い髪の毛をよけて、うなじから背中、肩にかけてキスをしながら、手をブラジャーの中に入れてきて、乳首を摘んで、・・・もうここまでくると私も止まりません。

「はぁはぁ・・・ん・・・んっあんっ・・・」という私のあえぎ声につられてか、隣の部屋からも同じようなあえぎ声が聞こえてきました。

お互い演技なのか、本当なのか、もうどうでもよくなってきた感じです。
私たちには彼女達も、本当にエッチをしているのがわかりました。

B君は私のセーターをたくし上げて、ブラジャーをずり下げて、おっぱいを舐めてきました。
本当にいやらしく、いやらしく・・・。
今思いだしただけでも胸が破裂しそうです。
あぁ・・・どきどきする。
こんなことをここで書いているのかと思うと体中が熱くて・・・。

B君が私のベルトを外そうとしたとき、突然隣の部屋から「俺、トイレ!!」というA君の声が聞こえました。

トイレは私たちのいる部屋にあったので、やばいっと思ったわたしたちは、すぐにセーターを下げて、何事もなかったかのように振る舞いました。
まるで今までのことは演技だったかのように。

B君が、トイレに駆け込むA君に向って「お前、まじで終わったの?いったのか?」なんて話しかけ、私はAちゃんに、「声、全部聞こえてたよー!」なんて笑って話し掛けると、Aちゃんは「何言ってんの。演技に決まってるジャン。そっちに負けないよう私たちも演技してたの!」なんて笑っています。

A君は何も言わずに、笑いながらトイレに駆け込みました。
A君がトイレから戻ってから、私たちは部屋の片隅で寝ているもう一人の男の子の邪魔をしちゃいけないと思い、彼らのいる部屋に布団をもって移動することにしました。

今考えると、移動なんてしなくて良かったですよね。
でも、何故かあのときは、移動するのが自然な流れだったんです。
また電気を消して、おやすみーって言い合って布団に入って・・・寝るわけないじゃないですか。
お互いがお互いを暗闇の中ですごく意識しているのがわかるんです。
向こうは私たちの動きを待ってるし、私たちは向こうの動きを待ってるし・・・って感じで。
彼らはベッドの上で、私たちはすぐ下の布団の中で。

少したつと、やっぱり彼らの方が動き始めました。
またあえぎ声が聞こえて、でも演技の振りなのか、少しAちゃんの声が大袈裟でした。
B君はもう耐えられないという感じで、すぐに私に覆いかぶさってきて、また私のお気に入りのピンクのフワフワセーターとブラジャーを決して脱がすことなく、一気に捲し上げて、激しくおっぱいを吸ってきます。
片手で乳首を弄りながら、もう一つの乳首を吸ったりしたで転がしたり。
もう気持ちよくて、私は声が止まりません・・・。


Aちゃんたちの声も激しくなり、ここまでくると、もう演技とか、友達の前でエッチしてることが恥ずかしいとか、もう全てがどうでもよくなっちゃいました。
頭が真っ白で、今はもっともっと気持ちよくなりたい!!ってことしか考えられなくて。

B君はさっき成功できなかった、私のパンティーに辿り着こうとしてるですが、ベルトが面倒臭かったのか、無理やりズボンの間からパンティーの中に手を入れてきました。
私・・・すごく感じやすくて・・・。
だからその頃にはもうB君の手を待っていたみたいな感じで皆の想像どおり・・・私のあそこはもうぐっしょりでした。

そのままだと上手に触れないと思ったのか、B君は今度は焦らず上手にベルトを外して、私のズボンをひざぐらいまでおろしてパンティーの中にまた手をいれてきました。
そしてまた耳元で「すごい濡れてるよ」なんて言うものだからもっと感じちゃって。
ぐっしょりぬれた割れ目を何度か往復して、B君はすぐに私の大好きな(恥ずかしい!!!)クリちゃんを見つけ出し、優しく優しく廻すように触り始めました。
私、本当にクリが大好きで・・・これをされると気が狂いそうになります。
友達がベッドの上にいることなんてすっかり忘れて気がつくと大きな声であえいでいました。

B君は私のおっぱいを吸いながら、クリをまわしたり擦ったりして、もっと私の足が開くようにと、B君は自分の片足を私の足の間にいれて(説明わかります??)そしてぐっと私の足を開きました。
こうなると、私のあそこはベッドに寝ているAちゃんとA君に丸見え状態です。
たとえ電気が消えていて真っ暗だとは言っても・・・外からの明かりでぼんやりと私の白い体が浮かび上がってるし何よりすぐ近くなんですもの・・・。
でもハズカシイなんて思えないほど、私は感じていました。
B君は大きく開いた私のあそこをもっともっと激しく弄って・・・おっぱいを吸いながら今度は指を入れてきました。

あぁ・・・もうだめ・・・。

最初は一本を優しく押しこんで、私が感じてるのを見て、指を二本にしてきました。
そして何度もゆっくりと指を入れたり出したり・・・その間も暇があれば片方の手でクリを弄ったりおっぱいを吸ったり。
こんなに感じたのは本当に初めてかもしれません。
友達がすぐ側にいる・・・という恥ずかしさと興奮と、彼を裏切っているという罪悪感と全てがまざって私をより感じさせたのかもしれません。
感じながらふっと目をあけると、ベッドの上からA君とAちゃんがじっと私たちの姿をみていました。

目があった私は恥ずかしくて、でも気持ちよくて、するとAちゃんが突然がばっと布団の上に起き上がりA君に馬乗りになったんです。
どうやら、それまで布団の中で二人はもう繋がってたみたいです。
寝たままの後ろバックであまり動けなくて、私の乱れた姿をみて、二人も興奮したのでしょうね。
たえられなくなったAちゃんは私たちの目をおかまいなく、騎乗いで彼に乗っかり激しく動きはじめました。

Aちゃんはひざをついた形の騎乗位ではなく、かがむ感じの騎乗位で・・・。
これだと女の子が自由に動けるので(見た目は悪いんですけど)男も女も気持ちいいんですね。
これをしていて、本当に激しく動いていました。
私はB君に指を入れられ、もういきそうで、今すぐ私も入れて欲しいと思ってた矢先に、“ぶすりっ”とB君のものが入ってきました。
本当に突然でびっくりした。
私はあの入る瞬間も大好きなんです。

B君はまずは正常位でゆっくりとグラインドしてきました。
涙がでるほど気持ちよくって・・・。
もうぬれぬれだったので、本当にすっごく気持ちよかった・・・。
Aちゃんは騎乗位のまま私たちの方をみて「隣も本当にしてるよぉ」ってあえぎながら色っぽく話し始めました。
A君も「俺ももっと頑張るよ」みたいなことを言い返して。

するとB君はその言葉にまた反応したのか、私の片足をあげて、もっと奥まで激しくついてきます。
私のおっぱいを触りながら、激しく何度も突いてくるので、私も声が止まりません。
B君は私がクリ好きなのを気づいていたのか、途中グラインドを優しくしてその間は片手でクリを弄ってというように・・・色々されちゃって。
A君たちは今度はバックに移動して、ベッドの上でAちゃんを四つん這いにして、A君が後ろからぱんぱん激しくついています。

B君は相変わらず私を下にしたまま、激しかったり優しかったり、まわしたり。
そして私の姿をみて、何度も何度も、「綺麗だよ」、「可愛いよ」、「会ったときからずっとこうしたかったんだ」なんて言って、女の子って本当弱いですよね。
浮気してる自分への罪悪感がありながらこの瞬間はやられてるこの男の子が好きになっちゃうんですよ。
気持ちよさからの錯覚なのかな?

私はそのままいきたくなかったので、彼をぐいっと押し倒して座位になりました。
これだと彼の顔が見えるし抱きつけるし、女の子にとっては好きな体位なんですよね。
いやらしいキスをしながら、できるかぎり私は腰を回したり動かしたり気持ちよさに仰け反った私のおっぱいにすかさず吸い付くB君。
A君たちはそんな私たちの姿をみてまた興奮したようです。

お互い、動きが激しくなって。

B君はまた私を押し倒して、今度はさっきのとは違うほうの足を上げて奥まで何度も深く強く突いてきました。
これが本当に気持ちよくて、私は声にならないあえぎ声をあげていたようです。
どんどん動きが激しくなって、頭も真っ白になって、B君は私のお腹の上に出してきました。

そしてベッドの上のA君たちもほぼ同じで終わったようです。

すっごくすっごく恥ずかしい、でもすごく興奮した経験でした。
B君やA君とはあれから一度もあってません。
Aちゃんとは今でも仲良い友達です。
二人は特別な体験したもんねって、もっと仲良くなった感じです。

余談ですが、もう1つの部屋の片隅で寝ていたもう一人の男の子。
実はずっと寝ていなかったようです。
ずっと眠れず私たちの声を一晩中聞いてたそうです。
そりゃそうですよね・・・あんな声の中、眠れるわけがないもの。

可哀想なことしたなって思いました。

あんな体験したんだったら、あのとき、その彼も一緒に混ぜてあげればよかった・・・なんてちょっと後悔してます。
3人でエッチしたら、どんなことになってたんだろう・・・想像しただけで興奮してきました。
本当私って悪い彼女ですよね・・・。

[紹介元] エロばな!! コンパに誘われて恥ずかしいことに

ブラコン女子高生の私と二人の兄
画像はイメージです

私には二人のお兄ちゃんがいます。
20歳と18歳の兄で、私はこの二人のお兄ちゃんが大好きです。
母からは、「本当に兄ちゃん子ね~」って言われたり、友人からは、「ブラコン過ぎてちょっとヤバイよ~」って注意されたりしますが。


そんな私は16歳で、まだ2回しか彼氏ができたことがありません。
自分で言うのもなんですが、告白されたことが度々あって、いいなって思った子もいましたが、私の初めてを預けるのはちょっと躊躇ってしまいます。
なので、私はまだキスまでしか経験ありません。
でも周りの友達も処女卒業してる人が増えてきて、私もこのままじゃダメだと思いますが勇気が出ません。

かく言う18歳のおにいは、「彼女おったから」と言ってるので経験者かな?
20歳のお兄ちゃんは彼女さん連れて来ることが度々だったので経験者だと思います。
友達は、「自分でオナニするより好きな人にやってもらった方が気持ちいい」と話していたので、思い切って2人のお兄ちゃんに相談してみました。

18兄「どうした?玲奈」

私「おにいって彼女さんとやったことある?」

18兄「いきなり何言い出すねん(照)」

私「ないの?」

18兄「あるに決まっとるやろ!」

私「途中まででいいから私にもやって!?」

18兄「!!!やっていいん?」

私「ぅん。優しくしてよ」

おにいは最初に軽くキスして、いきなり胸揉んできて、おまんこに指入れて・・・。
雑過ぎました。
たまに携帯で検索しながらやっていて可愛かったです。
でも、(おにいはやったことがない)とすぐわかりました。
おにいに触られてもそこまで気持ち良くなかったし、とにかく雑過ぎました。

私「・・・ありがとう?って言うのもおかしいかな」

18兄「最後までやってやりたかったけどな!怖いやろ」

私「んー。うん(雑すぎて怖い)」

あとは20歳のお兄ちゃんで、大学で1人暮らしだったから、「遊びに行きたい」と相談。

20兄「んっ。ええよ」

私「次の土日、いい?」

20兄「バイトあるから夜からなら」

私「うん♪」

20兄「玲、電車わかる?迎えに行こか?」

私「たぶん大丈夫」

結局わからなくなって途中まで迎えに来てもらって、夜ご飯と服買ってもらいました♪
20のお兄ちゃんは18のお兄ちゃんと比べてすごく優しくて大事にしてくれるし、大人でカッコいいです。
ちなみに18のおにいは少しオラオラ系で、面白いけどなんか頼りないです。

お兄ちゃんの家に着いて。

20兄「玲が一人で来るなんか珍しいな」

私「ぅん」

20兄「ん??まぁなんかあったんか。話したくなったら話してくれたらいいから。俺が出来ることなら手伝うからな。(ニコ)」

私「寝る時に話すね」

20兄「ん」

お風呂入ってテレビ見たりお話ししてもらったりした後。

私「お兄ちゃんて彼女さんとやったことある?」

20兄「ん!?あるけど・・・どうしたん?」

私「周りが色々言うから・・」

20兄「玲も興味持ったんか。もう高校生やしなぁ、持っても可笑しくないもんなぁ」

私「お兄ちゃん・・・途中まででいいから・・・」

20兄「兄妹でそれはないやろ。玲は可愛いんやから自信持って彼氏作りな」

私「今好きな人いないんだもん。お兄ちゃんは好きだけど。それに出来る範囲のことならやってくれるんでしょ♪」

20兄「それとこれとは・・・てかあいつにもやらしたん?」

私「ぅん。喜んでやってもらったけど、初めての私でもヘタってわかった」

20兄「けど彼女おるしな・・・う~ん・・・」

私「お願い。お兄ちゃん!」

20兄「・・・途中までやで」

そう言うとお兄ちゃんが私を抱いてベッドの上に・・・。

20兄「少し、このままでおらして」

私「・・・うん」

初めてのドキドキ感がしました。

20兄「玲?」

私「なぁに?」

20兄「可愛いなぁ。いい匂いがする」

私「ぅん(照)」

20兄「キスしよっか?」

私「んっ」

20兄「チュッ!」

私「・・・(照)」

初めは軽いキス。
そこから少しずつ濃厚なキスが続いて、首筋を軽く舐められて愛撫されました。

20兄「玲にもして欲しいけど、痕が残るから勘弁な」


胸に手が伸びてきて、初めは軽く徐々に強く、乳首を摘まれたり口で吸われたり甘噛みされて、下が濡れてきているのがわかって恥ずかしかったです。

20兄「んっ。玲、俺のもいいか?」

私「?なにを」

20兄「(ニコッ)」

私「ぇ・・・お兄ちゃんの(照)」

片方手が下に来て、前の時に処女膜は指で処理してもらったので・・・。

私「処女膜はもうないよ」

20兄「ん!??俺が先にやりたかったな」

私「お兄ちゃん・・・の大きくなってるよ」

20兄「そのまま頼むわ♪玲、顔が赤いで。可愛いなぁ♪チュッ」


私「ん~んっ」

20兄「下も2本入るし、そろそろいっとくか?その前に玲の性感帯探すか♪」

私「?」

自分で弄ってもヤバかったクリをお兄ちゃんが弄ってきて・・・。

私「お兄ちゃんそこはダメ!!」

20兄「もっと弄って欲しいってか?」

私「んっんっあん」

20兄「喘ぎ出してどうした?」

私「ダメらって・・・んっ」

お兄ちゃんの服をぎゅと持って・・・、電気が身体中にビリビリと走るような快感でした。


20兄「そろそろいこっか?」

クリを舌で舐められたりまんこを指で弄られたり舌を挿入されて、もう限界で他人に初めてイカされました。
・・・2回も。

私「んっ・・んっ・ダメぇーーー」

お兄ちゃんはティッシュで処理せずに舐めて処理して、自分も抜いてくるとトイレに。
ベッドに帰ってきてまたギュっと抱いてもらって・・・。

20兄「どうやった?」

私「・・・疲れた(照)」

20兄「まぁ途中で終わったから、初めはこんなもんちゃうかな?」

私「気持ちかった(ボソッ)」

20兄「玲?」

私「んっ?」

20兄「チュッ」

私「・・・(照)」

お兄ちゃんはベテラン(?)で、上手過ぎました。
途中までなのにこんなに気持ちいいとは思いませんでした。
お兄ちゃんの大きくなったアレ、入れて欲しかったとたまに思います。

今は彼氏もできてやったりもします。
でも、お兄ちゃんの方が上手いです♪

[紹介元] エロばな!! ブラコン女子高生の私と二人の兄

アロマエステ店で生本番キター!
画像はイメージです

風俗は大好きで、多種多様な風俗に通ってます。
ある日、いつものように風俗雑誌を観ていると『日本人エステシャンによる、男性のための究極アロマエステ店、グランドオープン』なる広告に目が止まり、行ってみることにしました。


通常アロマエステは、値段が高い割りには女の子は脱がないし、俗に言う風俗的な要素は少ないと聞いていたので、今までは敬遠していました。
(その代わり、女の子の質が高いのが売りらしい)
しかし、今回のお店のキャッチフレーズは『女の子は全員、白衣の下は水着着用』。
何か期待感を感じてしまいました。

入店してみると、受け付けには観葉植物などが置かれ、いかにもアロマエステの雰囲気を醸し出していました。

店員「いらっしゃいませ、初めてのご来店ですか?」

俺「はい」

店員「ご利用料金はこのようになっておりますが、どちらのコースになさいますか?」


・Sコース:45分、1万円。
・VIPコース:60分、1万5千円。
・究極コース:90分、2万5千円。

究極コースが、いきなり1万円も高い。
いくら30分長いと言っても高すぎる。

聞くと店員は、「こちらのコースは、フルコース+女の子のボディーマッサージ付きです」と言う。

(ボディーマッサージ?もしや・・・)

オープン割引もあったので、究極コースを選択しました。
写真指名も出来たが、店員によると女の子は顔もスタイルも全員保証するとの事なので、とりあえず指名なしにしました。

部屋に案内され、待つこと5分。

「失礼します、◯◯です、よろしくお願いします」とニッコリ女の子が登場。

コスチュームは、股下10cm位のミニ白衣。
元キャスターの大石恵に似てる。

大石「ごめんなさい、シャワーするので、全部脱いでもらえますか?」

俺「ほい、ほい」

全裸になって大石の前に立つと、前から抱きつくような格好で腰にバスタオル捲いてくれた。
そして手を繋いでシャワールームへ・・・。
ピンク色の灯りで、ちょっと暗めのシャワールームに着くと、彼女は白衣を脱ぎ捨て水着姿に。
水着は、乳首も透けて見えそうな生地の薄い白の紐付きビキニ。

ちなみにDカップくらいかな?
俺のバスタオルをさっと剥ぎ取り、全身手洗い。
柔らかい手で全身くまなく洗ってもらい、最後の仕上げはチン洗い。
ヌルヌルの手でシゴキ洗いされ、思わず勃起!?

大石「大っきくなっちゃいましたね、クスッ」

俺「テヘッ」

そして部屋に戻りサービス開始。

大石「耳掻きします?」

俺「いいね!やってやって!」

大石「じゃあ、私の膝の上に横になってください」

俺「ど、どっちから?」

大石「じゃあ、右耳から」


言われた通り彼女に背を向ける形で膝の上に横になると、柔らかい太ももの感触が頬に伝わる。
一通り掻き終わると・・・。

大石「フーフーする?」

俺「え?してして!」

大石「フー、フー・・・」

俺「あぁ」

大石「じゃあ、左の耳掻きするから反対向きね」

俺「あいあ~い」

反対向きに横になると、ちょうど彼女の恥部が目の前になる。
ついつい大きく鼻から息を吸い込んで匂いを嗅いじゃったりして、興奮度最高頂。
ついでにお尻に手を回しナデナデ→お叱りなし。
その後、全身オイルマッサージやらなんやら、あまりの気持ち良さにしばし仮眠状態。


大石「は~い、終わりましたよ~、シャワー行きましょう~」

すると今度は別室のシャワールームへ。
中にはビニールのエアマット(*´▽`)

「うつ伏せになってね」と言われ、「は~い」と寝そべっていると、なにか後ろでモゾモゾしている気配。

脱ぎ脱ぎしてる?
と、寝ている俺の上に全裸の彼女が跨がって来た!
お尻の辺りに彼女の陰毛をジョリジョリ感じる。
全身にローションを塗りたくってのボディーマッサージ。
背中やお尻に乳首が擦れる!
次は、仰向けになって全身マッサージ。
(この時、初めて全裸を見れた)
なんと、チンポにはパイズリでサービス!

一通りサービスを終えると・・・。

大石「続きはお部屋でね(ニッコリ)」


俺「喜んで!」

てなわけで部屋に戻り、続きを開始!
大石は、「ちょっと冷たいけど我慢してね」と、俺のチンポにローションを塗って手コキ開始。
あまりの気持ち良さに危うく放出しそうになった愚息をなんとか我慢させ・・・。

俺「ちょっと舐めさせてもらえるかな?」

大石「えっ、ちょ、ちょっとだけですよ(笑)」

俺「あいあ~い」

てなわけで彼女のバスタオルを剥ぎ取り、仰向けに寝かせて股をM字に開かせ、上にのしかかる。
まずは乳首責め。
両手でオッパイを鷲掴みに揉みしだく。
左パイを揉みながら右パイの乳輪に沿って舐め回し、乳首の側面からチロチロと舐める。
次に、おもむろに乳首を口に含み、吸い付いて中でコロコロ転がす。

大石「あん」


思わず喘ぎ声を漏らす大石。
かまわず責め続けると、眉を歪め、必死に声を押し殺しているようだった。
乳首責めを一休みし、彼女の耳元で囁く。

俺「オマンコも舐めていい?」

大石「う・・・ん」

彼女は半分ベソをかいた様な顔で頷いた。
商売なのに相当感じているらしい。

もう一度、乳首にさよならのキスをして、そのまま舌を腹伝いに下へ滑らす。
いつしか俺の舌は彼女の少なめなヘアに辿り着く。
股の付け根のラインに沿って舌を這わせる。
そして、いよいよマンコのビラビラを中心に向って舌を這わせる。
続いて敏感な突起物を、皮の被った状態で舐め回す。
その突起物を親指で軽く押し上げると、プリンと中身が出てくる。
その中身を口に含む様に吸い付き、激しく舐め転がす。
彼女は手で口を覆い、必死に声を押し殺しながら腰を左右にクネらせ、必死に口撃から逃げようとしている。

この時点で屈曲M字型にさせている彼女の両太ももを、両肩と両腕でガッと挟んで押さえ込み、身動きがとれない状態にして更に生クリを責め続ける。

大石「あん、もうだめ。お願いやめて・・・イヤッ」

そんな声は聞こえぬふり。
生クリ舌攻撃をしながら、そっと右手でマンコを触ってみる。
するとそこはもうマン汁と俺の唾液でビショビショだった。

次に、生クリ舌攻撃をしながら、そっと親指を入り口に添えてみた。
すると彼女は腰を少しずつクネらせ、いつしか親指を根元まで呑み込んでしまった。
親指で中を確認してみるとグショグショの大洪水状態。
指を引き抜く時に、絡んだオツユが外に零れるのがわかるくらいだった。
親指を一度引き抜き、再度中指を挿入し、生クリ舌責め+中指尿道口責めで責めたてた。

すると彼女はギュッとマンコで中指を締め付けたかと思うと、「もうダメ!あっ、イクッ」と果てた。

クリはヒクヒクと射精反応を起こしている。
タコの吸盤の様にクリに吸い付く俺は、それを口と舌先に感じ、思わずニンマリ。
虚ろ目の彼女の耳元で「ちょっと入れてもいいかな?」と聞くと、急に彼女の目が正気に戻り、「ダメですよ~」と言って来た。
普段なら『そうなんだ、わかった』と、素直に引き下がる俺だったが、なぜかその日は執拗に迫ってしまった。


俺「ちょっとだけだから」

大石「・・・」

少し間を空けてから・・・。

大石「やっぱりダメですよ~、店長に叱られちゃうからダメですよ~」

俺「内緒にしとくから平気だよ・・・ってか我慢出来ないから、このまま入れちゃうぞ!」

そう言ってギンギンのチンポをマンコに突き立てた。
ズボッと入った感触が最高に気持ち良い。
その瞬間、彼女は「あ~ん」と仰け反って顔を歪めたが、さすがにそこは、「あ!ダメダメ、ゴム、ゴム付けて!」ときた。

(ヨッシャー!)

名残惜しいが、彼女の中から一旦から抜く。
すると彼女は引き出しからスキンを出して来た。
もしもの時のためなのか、しっかり用意はしてあるもんだね(笑)


大石は、「もう・・・」ってな顔をしながら俺の息子にゴムを装着してくれた。
これがまた彼女の手でコソコソされて超気持ち良い。
彼女はゴムを付け終わったら、また横になった。
俺は彼女の股の間に腰を割り込ませ、マンコにチンポを突き立てた。
そのままググッと挿入していく。
ゴムを付けてても、やっぱり本番は気持ちいい。

大石「あんっ」

俺「おお!入ったよ」

そして激しく突きまくる。

大石「あぁ!!」

しばらく突きまくっていると、それまで必死に声を押し殺していた彼女の喘ぎ声が激しくなってきた。

「あぁ、ダメ!声が漏れちゃう」と言うなり、両腕を俺の首に回しググッと引き寄せる。

そして、「お願い、チューして~」と言って来た。

(マジかよ?)

俺がキスをすると彼女の方から舌を絡めてきた。
それに応え、更に激しく突きまくった。
彼女は、「うっ、うっ」と俺に塞がれた口の隙間から喘ぎ声を漏らし、かなり本気で感じていたようだ。

俺「イ、イキそうだよ、出すよ」

大石「うん・・・いいよ、キテ・・・」

俺「・・・出る・・・おおっ・・・」

大石「くぅぅぅ・・・」

キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!!って感じ?

以上、こんな感じの美味しい体験でした。
今も時々行っては指名していますが、毎回、当たり前の様に生エッチさせてもらってます。

[紹介元] エロばな!! アロマエステ店で生本番キター!