真面目そうな女子高生に手コキ指導
画像はイメージです

先日、池袋のとあるホールの前の広場で暇そうにしている女子高生が3人いたので思いきって声を掛けました。
十◯字の制服です。
ここは結構賢い学校で、みんな大人しめの子達でした。

1人はなっち似で、とても明るくて可愛い子です。
後の2人は至って普通の子ですが、そのうち1人はちょっとブーでした。

最初はナンパだと思ってたようですが、自分が露出趣味であること、是非見て欲しいことを真面目に伝えました。
いつもなら、からかわれて最後は立ち去られてしまうのですが、この時は違いました。
驚いたことになっち似の子が一番ノリがよく、嫌がる他の2人を説得してくれました。
自分も真剣に再度お願いしたら、しぶしぶ見てもらえることとなりました。
ブーの子が一番嫌がってました。
(お前はおまけなんだよ!)と思いながら、広場のベンチの方へ向かいました。

まだ3時頃で明るかったのですが、広々として人も少なかったので自分はベンチに座り、正面と左右に囲むように立ってもらいました。
正面はなっち似の子です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

自分はもうドキドキです。
彼女達を見ると、心なしか頬を赤くして自分の方を見ています。
じっくり楽しもうと直ぐにはチンポを出さず、ズボンの上から擦ります。
3人の視線が股間と自分の手を凝視しているのを確認して、おもむろにチャックを下ろしてチンポを出しました。
出す瞬間の彼女たちの表情を見逃さないよう私は、彼女たち(というより、なっち似の子)をじっと見ながらです。
半勃起状態でしたので、ピョコンと彼女達の前にチンポが露出されました。

なっち似の子の表情は最高でした。
はっとした顔をし、手を口元にやりました。
目はぱっと見開き、その大きい瞳には自分のチンポが映っているのが見えるくらいです。
なっち似の子はしばらく、そのびっくりした表情のまま固まってました。

ちょっとチンポを擦ってから、チンポの部位の説明をしてあげました。
意識して真面目にまるで、学校の授業のように、「ここは◯◯と言い、××の役目をします」といったように続けていると、真面目に説明していたのが良かったのか、だんだん彼女達も落ち着いてきたらしく、驚きが好奇心に変わってきました。
相変わらず先頭はなっち似の子です。
明るく屈託のない感じの子でしたので、好奇心いっぱいの目をして、色々と聞いてきました。
まるで「なんで?どうして?」と繰り返す子供のようです。

「どこが気持ちがいいんですか?」
「そんなに擦って痛くないんですか?」
「そんな大きいのがあって普段邪魔じゃないんですか?」

次から次へ聞いてきます。
一つ一つ真面目に答えながら、彼女達にも色々聞きました。
まだ1年生であること。
3人とも彼氏がいないこと。
当然経験はなく、初めて大人のチンポを見たこと。
バトミントン部で、今日はたまたま練習が休みだったこと。
・・・等々、きゃっきゃきゃっきゃ言いながら答えてくれます。
その間も自分はチンポを擦り続け、彼女達も視線だけはチンポから離れません。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


完全勃起状態になってきた時、「どれくらい硬くなるんですか?」となっち似に聞かれ、ダメ元と思い、「じゃぁ確かめてみますか?」と言ってみました。

「えーっ」としばらく3人はお互い見合わせてましたが、やはりここでもなっち似が、「いいですか?」と言いながら手を伸ばしてきました。
小さな可愛い手の先が、チンポの真中をちょんと触りました。
すぐに、「やだっ」と恥ずかしさを隠すように、笑いながら手を引いてしまいました。
そして、「硬い、硬い!」と他の2人に一生懸命訴えるように言い、「◯◯も触ってみなよ」と誘い、一人が恐る恐る触ってきました。
その子もちょっと触っただけで手を引いてしましたが、「ほんとだ~、硬~い」と言っています。

自分としては何とかしてもっとなっち似に触って欲しかったので、「そんなんじゃはっきりわからないですよ。よかったら握ってみてもいいですよ」とさりげなく言ってみると、案の定なっち似が、好奇心いっぱいの目でまた手を伸ばしてきました。
今度は握るつもりで手を伸ばしてきたので、少し身を屈め、ちょうどチンポを真上から見るような形になりました。
なっち似の子の顔が見辛くなったのはちょっと残念でしたが、こんな可愛い子に間近に自分のチンポを見られていると感じたらとても興奮しました。
しかし冷静を装い、なっち似の子に握ってもらいました。

こわごわですので、親指と人差し指で摘むように握りました。
しかし今度は彼女もすぐに離したりせず、握ったまま、「うわっ。なんかプラスチックでも入ってるみたいよ。すごいわ・・・。なんでこんなに・・・」と言いながら、ちらっと僕の方を見ました。
顔はもう真っ赤で、目は少し潤んでるように見えました。
彼女のそんな可愛らしい顔を見た瞬間、チンポは爆発寸前になりましたが、ぐっと堪え、「さっき教えた、先っぽの亀頭も握ってみてください」と言うと、コクンと小さく頷き、何も言わず握り直しました。
華奢な可愛い手が今度は一番感じるところを握り、僕もビクンと電気が走ったように、体が反応してしまいました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女の手と自分の亀頭との、なんとも言えない違和感に少しばかり我を忘れ、ぼーっとチンポを見つめてしまい、はっと気づき彼女を見ると、じーっと僕のことを見ています。
目が合うとか細い声で、「あの~・・・気持ちがいいんですか?」と聞いてきました。
実際は、このまま死んでもいいと思うくらい気持ち良かったのですが、敢えて淡々と、「えーとても気持ちが良いですよ。おかげで、もうイキそうです」と伝えました。

「・・・えっ?・・・イキそうって・・・その~・・・」

「いやあの、もう出そうですってことです。そろそろ出したいのですが・・・」

そう彼女に言い、返事を待たずに、「もう少し下の方の、亀頭と陰径の間辺りを握って、上下に2、3センチほど繰り返し動かしてください」と伝えました。

最初にチンポの名称については講義済みでしたので彼女もわかるはずです。
居ても立ってもいられないくらいピークにきてましたが、口調は変えずに至って冷静に話しました。

無言で彼女は握った手を上下に動かし始めました。
2秒に1往復くらいのゆっくりした動きでした。
思わず、彼女の手に自分の手を宛てがい、一気に擦って出してしまいたい気持ちになりましたが、彼女のぎこちなく動かす可愛い手とグロテスクなチンポだけの風景に自分の手が加わるのは嫌だなと思い、手は出しませんでした。

3人とも黙ったままチンポとなっち似の手を見つめています。
チンポを握っているなっち似の子は喉が乾くらしく、何度も生唾を飲み込んでいます。

(あー、この状態が永遠に続いて欲しい)

そう思いましたが、もう我慢できなくなってきました。

「気持ちいいです。もうイキます。出てからもしばらくは、手を動かしたままでいてくださいね」

そう指示し、彼女に精液が掛かってはいけないと思い、チンポの10センチほど上に自分の手を差し出し、精液を受け止めれるようにしました。
彼女の顔は上気したまま口が半開きになり、少し興奮した様子で、握っているチンポと僕の顔を交互に見ています。

(男のチンポを見たり触ったりすると女の子も興奮するんだなぁ)と思いながら、「あっ、うっ・・・ん・・・」と声を出しながら精液を飛ばしました。

その瞬間彼女は、「わっ、ふ、やっ・・・」と言葉にならない声でびっくりしてましたが、精液が出ている数秒間、じっとチンポを見つめています。
さすがに手の動きは止めてしまいましたが、握ったままです。
最後のドロドロが彼女の手に流れ落ち、ゆっくりと手の甲を伝わっていきます。
イッた後も5秒間ほどお互い無言の状態で、彼女を見るとチンポを握ったまま、ぼーっと固まっていました。

「ありがとう、気持ち良かったです」

そう声を掛けると、我に返ったように、はっと手を離しました。

彼女は、「あ・つ・い。これが・・・」と、嫌がるわけでもなくドロドロの精液のついた手を見てましたが、徐々に冷静になってきたらしく、「ねえねえどうだった?どんな感じなの?」と聞く他の2人の質問に・・・。

「なんか本当に硬い棒みたいだけど、先っぽは柔らかいの。動かしてるとだんだんもっと硬くなって、あれが出る時はピクピクってしてからピクーピクーって感じだった。私、初めて見た。あんなに出ると思ってなかったし、びっくり。それからね、それからね、出た後はシューって萎んでいくのがわかった。すっごい変、面白い」と答えていました。

そして3人して、なっち似の子の手についた精液と萎んだチンポを観察してました。

その後、「イク時ってどんな感じなの?」「なんでそんなに小さいのから、さっきみたいに大きくなるの?」等々、また色々質問をされましたが、今まで経験したことない快感に私自身が疲れてしまったので適当に答え、今度は、あと4人いるバトミントン部の1年生の子を連れて来てくれるようお願いし、携帯番号を交換して別れました。

しばらくは楽しめそうです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 真面目そうな女子高生に手コキ指導

バイト先の大好きなお姉さんはAV女優だった
画像はイメージです

大学時代にバイト先にいた夏美さん。
清楚で細身、新垣結衣に似た美人でした。
バイト先でも人気があり、先輩も誘っては断られていた。
俺も夏美さんが好きでした。

なかなか誘えず、俺も唯一の楽しみは駅まで二人きりになれる事。
楽しかったなぁ。

ある時連絡先を聞いたら教えてくれ、たまにメールはしていました。
もっと二人きりになりたいと思うのは男なら当たり前。
しかし映画に誘ったら断られ、気にしないふりをしながらも過ごしていました。

それから二ヶ月位か、俺は夏美さんと駅まで一緒に帰っていった。
夜になり、二人で歩いてたら突然、「ねぇ、映画観ようか」と誘われた。
二人で観に行き、夢のような気持ちで映画を観た。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

その後食事してると彼女から、「貴之くんのお部屋見たい」と言われ、部屋で二人きり。
夏美さんとの距離が縮まり、自ずとそういう雰囲気になった。

「泊まっていい?」と聞かれ、断る理由は無かった。

明かりを消し、一応彼女をベッドに寝かせ、俺は布団を敷いて寝ました。
ウトウトしてたら目の前に夏美さんがいたので、「どうしたの?」と聞いたら、「風邪引くからベッドに寝よ?」と。

「いや・・・夏美さんの隣じゃ寝れなくなる」と話すと笑って、「寝なきゃいいじゃん」と抱き締められた。

甘い香りの夏美さんに我慢出来なくなり押し倒しました。

「好きです」と話すと、「ありがとう」とキスをしてくれ、受け入れてくれました。

綺麗な素肌で、形のいいオッパイに夢中になり、愛撫に夏美さんも声をあげる。
アソコも独特な夏美さんを味わいました。

夏美「貴之くん」

起き上がるとトランクスを脱がされ、夏美さんがしゃぶりついてくれた。
夏美さんは滅茶苦茶上手く、俺は声を上げていた。

俺「凄く気持ちいいよ」

夏美「来て」

俺は夏美さんに生で入りました。

夏美「貴之くんの暖かい・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

夏美さんは受け入れて優しく締めつけてくれた。
夏美さんに入れた喜びで興奮する俺に優しく微笑み、「気持ちいい」と感じてくれた夏美さんが愛おしかった。
夏美さんは上になると物凄くしなやかな腰使いで、結構経験してるんだなぁと思うとちょっと複雑でしたが、それでも幸せでした。
今にもイキそうなのを何度か堪えてると、「我慢しないで」と。

夏美「出して・・・あたしに、全部欲しい」

俺「夏美さん!好きです!」

俺はもう夏美さんを離したくなかった。
男のエゴむき出しだったと思います。
目一杯突き上げながら、夏美さんに出しました。

夏美「アンっ!」

夏美さんが俺のを感じ取りながらキスをして抱き合ってました。
無責任でしたが、夏美さんを他の男に奪われたくない。
子供が出来たら結婚したい!
そんな風に思った初めての女性だった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「暖かい」と夏美さんはずっと抱きついてくれた。

俺「妊娠しちゃうよ」

夏美「結婚してくれる?」

俺「もちろん。夏美さんがいいなら」

夏美「嬉しい」

夏美さんが急に泣き出した。

「どうしたの?」って聞いたら「何でもないよ、嬉しくて」と。

その夜に二回夏美さんと交わりました。
翌朝起きたら既に夏美さんは居なくてメールが来ていた。

『貴之くん、夜は素敵で凄く幸せだったよ。愛されてる幸せ感じたよ!でも、彼女にはなれない。ごめんなさい』

すぐに、『どうして?』と返したが返信は無かった。


失意のままバイト先で、店長から夏美さんが昨日限りで辞めたと知った。
ショックで皆が言葉を失ってた。
理由を聞いても店長は言わなかった。

しかし、それはすぐに知れた。

ある時、仲間が「夏美さんにサイン求めに来た奴がいた」と。
タレント?と思ったが、仲間が「AV女優だったらしい」と。

(嘘だろ!?)

信じていませんでしたが、仲間がレンタルDVDを翌日見つけて3本借りてきた。
女子高生に扮した夏美さんが、ラブホで援助しているという中身。
親父に夏美さんがハメられ、そして無防備に中に出されているもの。
そして、女子高生に扮した夏美さんが黒人にレイプされているもの。
夏美さんは顔に闇雲に精液をかけられていた。
全部観たが、妙な興奮と絶望があった。
黒いモノを目一杯口に入れ、体が遥かに大きい男二人に次々と中に出されている姿。
男に顔に浴びせられながら、「暖かい」とか、「濃い」と笑顔で浴びる姿。

そして俺とのセックス。
あの夜の夏美さんは、演技だったのか本気だったかもわからない。
そしてどれが本当の姿かも・・・。
あの夜の夏美さんは、少しは俺に好意を持ってくれて、俺が好きなのを気づいてくれて全てを受け止めてくれたんだと信じたいです。

今は何をしているかわかりませんが、幸せになって欲しいです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! バイト先の大好きなお姉さんはAV女優だった

いきなりバックですか?
画像はイメージです

いつもの駅で降りると改札の前でふらふら歩く女。

会社帰りに飲んで来たんだろうなぁと一瞬で分かる、いかにもOLな格好をしてる。
髪はロング・・・だけど、ちょっと乱れてたかな。

「危ねっすよ」と言いながら体を支える。

むにって感じが伝わる。
女は「あ・・・」と言っただけで拒否しない。

「どこ行くの?」

「ちょっと駅から離れてタクシー・・・」

「んじゃ途中までご一緒しますよ」ということで、がっちり腰に手を回して反対の手で手を握り、歩きはじめる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

舌足らずで「ありがとねぇ~」とか、いい感じで酔ってる。
歩いている途中、数台タクシーが過ぎたけど勿論無視して歩く。

話してるとお酒が好きと言うので、「じゃあ、今から飲みに行きましょっか?」と冗談めかしながら誘ってみるとOK。
ってことでふらふらしながら居酒屋へ。

結局この後、閉店まで飲んでわかったのは・・・。

・30歳のOL(俺より3歳上)
・結婚しているが子供はいない(遅いのはいつものことらしく家にも連絡してなかった)
・結構さばさば系(会社でもそういうキャラ)

焼酎やらワイン飲んで・・・ラストオーダーに日本酒頼んだら閉店までに飲みきれず。
日本酒のボトル片手に夜中の3時に外に出されて・・・。

「どうしよ・・・どこで飲もっか?」

ちょっと悩んだ素振りをしながらも・・・。

「んじゃホテルで飲みなおそっか」

「えっ、まぁいいけど・・・」

・・・ってことで近場のホテルへ移動。

で、このホテルお風呂が大きい・・・明らかに二人で入るサイズ。
なので自然、この一緒に入ることに。
(出来上がってますなぁお姉さん・・・と思いながら)

俺が先に入って待っていると、後から入ってきて・・・大事なところは隠してる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

で、俺を背にして入ってきたので後ろからおっぱいを揉んでたら「あふ・・・ん・・・」とか喘ぎ出した。
そのままの体勢で顔をこちらに向けさせ、いきなりディープキス。
その間も「あふあふ」言ってて、もうギンギンです。

湯船の中で下に手を伸ばすと・・・もうぬるぬるになってる!
そのままクリを責めると・・・。

「んん!・・・あん・・・」

湯船の中なのでちょっとやりにくいけど、少しでもやめると手で息子を責めてくる・・・。

(こらもたねぇ・・・)と思いながら、指を中に入れてさらにかき混ぜると喘ぎまくり。

さすがに湯船の中でやってると少しのぼせてきて・・・。
風呂から一旦出て口で奉仕させるか・・・と思って湯船に腰掛けたら・・・。

『(パクッ!)』

(おいおい、エロすぎるやろ)と思ったけど、早漏気味な自分が持つわけではないので・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「だめ・・・もう我慢できない・・・こっちきて」と湯船から出す。

「じゃあ・・・入れて」と言いながら、女はお尻を後ろに突き出してきた。

(いきなりバックですか・・・)と思いながらもかなりの興奮。

ズブっていうよりもヌルッて感触で、一瞬で奥まで入った。

腰を振りながら・・・。

「バックが好きなの?ぬるぬるだし、中がヒクヒクしてるよ」

「あん!・・・んん!!好き・・・なの・・・あん!」

汗が滴る中、ぷにっとしたおっぱいやお尻を揉んだり、背中を舐め回す。
ちょっとしょっぱい。
足は湯船の中だったんだけど、この格好で腰振るのって疲れるのね。

体勢的にも無理があるので・・・正常位へ。
こちらを向かせてM字で脚を開かせ、再度ヌルッっと。

さっきより激しく声を出してしがみ付いてくる。

(爪立てないで・・・)

足を腰に回してくるし・・・。

俺もそんな状況に興奮して、ディープキスでべろべろしながらひたすら激しく奥まで突きまくり。
状況のせいもあるのだけど・・・もうイッちゃえと思って・・・相手を気持ち良くする余裕もなくそのまま果てました。

で、少しの余韻を楽しみながら・・・ヒクヒクしてるあそこに押し出される。

外したゴムを見ながら嬉しそうに「いっぱい出たねぇ♪」とか言われながらちょっと興奮・・・。

で、部屋に戻って世間話をしたりテレビを観たりしてたら、今度は向こうから襲いかかってきてディープキス。

(すごい・・・エロい・・・です・・・)

そう思いながら今度はベッドの上でねっとりとしたセックスをして、さて寝ようか・・・と思ったら、さらにおしゃぶりスタート。
昨日オナッたのにさすがに3回目は無理だろ・・・と思ったら膝を持ち上げて恥ずかしい体勢にされて、穴をべろべろさわさわ。

そら反応しますよ、えぇえぇ。

「むりむり!」とか言いながらも、きっちりしごかれて・・・。

でもイケなくて、快感の波に涙を流しながら、ワケがわかんなくなりながら結局きっちりイカされました。

で、やっと就寝。
抱き合いながら寝て、昼になって起きたら「誰!?」と言われることもなく、無事に帰りました。

その後も彼女との関係は続いています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! いきなりバックですか?

思っていた以上に妻は積極的だった
画像はイメージです

工場の若い奴が風邪で休んだので、見舞いも兼ねて寮を訪ねてみました。

彼、染島圭君19歳、去年入社の寮住まいです。
以前なら空き部屋もないくらい一杯だった寮も、今は数人だけで管理人も居ない状態なんです。

ドアをノックすると元気のない声がしました。

「どうだ具合は?」と聞くと、「まあ少しは良くなりました」と言うので、持参したホカ弁を渡すと「あ~よかった、今日は何も食ってなかったんです」と喜んでいました。

それにしても汚い部屋なんです。

私「オイ、これじゃ病気になる訳だよ。掃除してないだろ」

圭君「エッヘッヘ」

私「明日、家内連れて来て掃除してやるよ。これじゃまた病気になるぞ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


圭君「え~良いんですか?」

その夜、妻に・・・。

私「オイ、若い奴の部屋掃除、頼むぞ」

妻「まあ~いいけど、私だけ?」

私「馬鹿、俺も一緒だよ。お前だけならヤラれるぞ」

妻「いいじゃない。あなた、いつも言ってるじゃん、3Pしたいって」

私達は三十代後半でマンネリな夫婦生活に刺激を求めており、妻には時々「3Pでもしてみないか?」と誘いを掛けていました。
最初は嫌悪感を示してた妻も、段々と私の言葉に感化されたのか、OKはしないものの「まあ考えとくよ」に変わっていました。

私は、掃除をさせる妻に、少し短いスカートを穿かせる事にしました。
彼が妻を見てどんな反応を示すか興味があったのです。

「もう~変な事させないでよ」

そう言う妻を車に乗せ、寮に出発。
一応、雑巾とバケツ持参です。

行くと彼は「すみません、お世話になります」と言って、妻にペコリと頭を下げました。
妻も目の前の若い子に少し興奮気味のようでした。
とりあえず散らかってる物を整理し、後は拭き掃除です。

事前に妻に「少し刺激してみろよ」と言ってあったので、妻は口では「ば~か」と言ってましたが、屈んで拭き掃除しながらお尻を彼に向けました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

今にも下着が見えそうで、むっちりな太ももはほとんど丸見え。
心の中で私はニンマリでした。
彼も妻の後ろ姿をチラ見してるんです。

そのとき妻が、「アラッ」と言ってテレビ台の下からビデオのパッケージを発見。

圭君「アッ、それは・・・」

彼が慌てて取ろうとしたんですが、『お母さんのお尻・・・』とか何とか書いてあったんです。

妻「こんなの見てるの?」

圭君「イヤ、あの、それは友達から貰った」

私「オイオイ、君は熟専か?」

圭君「いいえ違います」

妻が「またあった」と言ってさらに見つけてきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私「へえ~、好きなんだね熟女モノが」

圭君「若い娘より、熟女が好きなんです」

彼は白状しました。
そこで私は思い切って「家内はどうだ?」と聞いてみました。

圭君「奥さん来た時からいいな~と思っていました。それに、さっきから奥さんの足が気になっていました」

妻「ええ~、私と君のお母さん同じ位よね」

圭君「はい、母は45歳です」

妻「おばさん39歳だけど、そんな目で見てくれたんだね?」

満更ではなく嬉しそうにしています。

私「このおばさん手コキが上手なんだよ、どうだやって貰うか?」

彼「イヤ、いいです、恥ずかしいです。それに先輩が居るし」


私「それじゃ俺が居ないなら良いのか?」

圭君「・・・」

私「よし、俺はキッチンでタバコ吸ってるから」

私は妻に目配せしてその場を離れました。
妻も分かったようで、小さく頷いていました。

少し襖を開け様子を見ていました。
妻は彼のジャージを下げ、パンツだけにしています。
私の心臓はバクバクでした。
妻は彼の後ろに回るとパンツを下げました。
彼の腹に、勢い良くチンポが跳ね返ります。

妻「まあ~元気いいね~」

そう言いながら、彼のチンポを掴むと前後にシゴキ始めました。
妻も興奮で顔が火照ってるようです。


妻「どう、気持ち良い?」

圭君「奥さん気持ちいいです、手が柔らかで」

しばらくすると「もう限界です出ます」と言うので、妻はティッシュで受け止めました。

「若い人は量が多いね~」と言いながら妻が後始末します。

そうしてると、またまた大きくなって来ました。
妻も「え~また~凄いね~」と驚いています。

彼のチンポは、私のサイズより一回り太く長かったです。
妻も久しぶりの活きの良いチンポで興奮していたのか、今度は「お口でしてあげるね」と言って前に回り、跪くと彼のチンポを咥え、ジュポジュポと音を立てています。

圭君「奥さんのアソコが見たい」

妻「ええ~見たいの?主人そこに居るのよ」

そう言いながらも妻は、スカートの中に手を入れ、パンティを脱ぎました。
そして彼を寝かせると、妻は後ろ向きでスカートを捲ります。
今、彼の目の前には、妻の少し黒い尻のワレメからアナルとマンコが丸見え。
ビラの長いマンコを彼が左右に開くとマンコからは透明な液が滲み出ており、興奮している様子が分かりました。
私もいつの間にか、興奮で先走り液が出てきていました。

妻はそのまま後ろに下がってチンポを掴み、なんと自分のマンコに挿入してしまいました。
そして、「あ~いい~」と言いながら腰を前後左右に動かし始めたんです。
彼のチンポには妻の愛液が白く絡み付いていました。

数分もすると「奥さんダメです、出そうです」と言うので、思わず私は部屋に戻り、「中に出せ、いいから中に」と言うと、彼も観念して妻の膣の奥深くへドクドク放出しています。

妻は「ダメ~出来ちゃうよ~」と半泣きでした。

その日、私は大興奮でしたが、妻は「もう、出来たらどうすんのよ~」と少し不機嫌でした。
それでも「またやりたいか?」と聞けば、照れ笑いしながら「いいわよ」なんです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 思っていた以上に妻は積極的だった

複雑な気持ち
画像はイメージです

風呂からあがってパンツはこうとしてたら妹(高一)が、



いきなり脱衣所の扉開けてきやがった。



妹は俺のシナシナのポコティンを2秒ぐらい凝視して自分の部屋に戻って行った。



俺が部屋に戻ったら妹が入ってきて「お兄ちゃんのおちんちん高橋君のより小さい」



って言ってきた。



「なぜわかる」と聞いたら、「だって高橋君のちんちん見たもん」といったんで



俺も年上で、しかも兄としての顔も立たないので、チンポにデコピンをくらわせたり



してでっかくして



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

妹に「これでも小さいか」と聞いた。そうしたら「わかんない」って言ったんで、



「じゃあわからせてやる」と言って妹の肛門に俺のポコを突っ込んでやった。



そしたら「お兄ちゃんの方がおっきい」という答えが返ってきた。





いろいろな意味で複雑な気持ちだ

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 複雑な気持ち

昼休みに男子トイレで奉仕させられていた同級生
画像はイメージです

奈美は小学生の時からよく遊んだ幼馴染の仲だった。
しかし中一で別々のクラスになってしまった。
廊下で会うと最初は声を掛けたりしていたが、やがて噂で奈美は一年上の不良の先輩と付き合っているという話を聞いてから会話も少なくなっていた。


中二になって、クラス替えで奈美と一緒になった。
久しぶりに同じクラスになり会話をするようになってきていた。
奈美は確かに不良先輩と付き合っているとの事だった。
奈美はあっけらかんと体験は済んでいると言っていた。

そんなある時、昼休みに奈美に誘われて4階に連れて行かれた。
理科室など普段は人気の無い階だった。
そして男子トイレの前に来た時だった。
トイレの前には不良グループみたいな連中がたむろしていた。
奈美は俺の手を引き、中へ入っていった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

中に入ると、そこには奈美の彼氏を含む不良達がさらにいた。
奈美は彼氏に俺を幼馴染と紹介した。
その彼氏は笑いながら俺を見た。

やがて彼氏の隣にいた男がズボンのチャックを下ろし、中からチンポを出した。
奈美は笑いながらセーラー服の上着を脱ぎ、それからスカートを下ろし洗面台に置いた。
上はセーラーニットと呼ばれる体操着のシャツみたいな服装、下はブルマの姿になった。
その姿になった奈美は、膝を床につけると、いきなりその男のチンポを咥え始めた。
手を激しく動かしたり顔を前後に動かしていた。

奈美の彼氏は笑いながら俺に「奈美はほんといいやつだよな。おめえもしてもらった事あんのか?」と言ってきた。

俺は首を振りながらも奈美を見て興奮していた。
まだAVすら見た事のない中二男子にはかなりの刺激だった。

しばらくして俺が勃起しているのに気づいた奈美の彼氏は、「シコっていいけど自分でしろよ」と言ってきた。

本当はすぐにでもオナニーをしたい衝動だったが、幼馴染の前でする勇気は無かった。
奈美のフェラが続いていると、奈美の彼氏もチャックからチンポを取り出した。
そしてしごきながら奈美の後ろに回り、服の中に手を入れ胸を触っているようだった。
フェラをしてもらっている男は奈美の頭を押さえ、自分から腰を動かし始めた。
その動きを確認すると奈美の彼氏は立ち上がり、その男の横に移動した。
男はやがて何やら分からないような言葉を言い、奈美の口からチンポを抜くと同時にザーメンが発射された。
ザーメンは奈美の顔やセーラーニットに掛かった。
奈美はそれを指で取り、トイレットペーパーで拭き取りながら俺に話し掛けてきた。

「たけちゃん(俺)興奮する?たけちゃんもシコシコしなよ」

奈美の口から出た言葉にさらに興奮は高まった。
奈美は俺のズボンの上から手の平で少し撫でた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「たけちゃん、勃起してるじゃん」

奈美の彼氏はせかすように奈美の口の中にチンポを入れた。
女の子にチンポを、間接的とはいえ触られた事に興奮し、俺は奈美のフェラを見ながらついにズボンの上から触り始めた。
だんだん我慢できなくなり、とうとうズボンからチンポを出し、オナニーを始めてしまった。
この衝撃的な興奮で、あっと言う間に発射してしまった。
床の上にはザーメンがこぼれ、俺はトイレットペーパーでザーメンを拭き取った。

その間も奈美のフェラは続いていた。
奈美の彼氏はやがて絶頂に達した。
そして体を反応させた。
奈美の彼氏は口からチンポを抜くと俺に、「奈美は俺の精子は飲めるんだ」と言い奈美を見た。
奈美は少し上を見上げている感じだった。
彼氏に言われ、奈美が口を開けて見せると、口の中には発射されたばかりのザーメンが残っていた。
彼氏に言われ口を閉じ、喉が動いた後に奈美が口を開けると、奈美の口の中にはザーメンが無くなっていた。

その後、俺はトイレから少し離れたところで奈美を待ち、チャイムが鳴りトイレから出てきた奈美と教室に戻った。
奈美の話だと、昼休みはほぼ毎日しているとの事だった。
彼氏に言われ、交代で他の男にもフェラはしているらしく、彼氏を含め2、3人を相手にしているらしかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ちなみに制服を脱ぐのはザーメンがかかると取れないという理由らしい。
セーラーニットとブルマは、掛かっても週末に洗濯するから大丈夫と言っていた。
セックスは彼氏の家でしかしないらしく、さすがに他の男とはしないと言っていた。

それからは俺は週に1、2回、昼休みに見学しに行くのを許された。
気がつく事もあった。
体育の着替えの時に奈美を見ると、セーラーニットが週末になるにつれシミみたいなのが増えていくことだ。

2学期の終わり頃、新しい展開があった。
俺が給食を済ませると奈美が、「今日、来る?」と聞いてきた。
俺が頷くと、俺の隣の席の順美が、「奈美は彼氏がいるんだから、あまり一緒にいるとマズいでしょ」と言ってきた。
順美は奈美の小学生時代の親友で、どちらかと言うと生真面目な性格。
顔は特別可愛いわけではないが大人びた感じ。
奈美が不良と付き合うようになり、友達ではあるが昔よりは距離を置いた感じだった。

そんな順美の言葉に、奈美は「そうだ!順美も来なよ」と言った。
順美は嫌そうだったが、奈美の「親友でしょ?」の言葉に断りきれない様子だった。
3人で他愛もない話をしながら4階に上がり、男子トイレの前に到着し、見張りの不良を見ると順美は嫌そうな顔で、「私、やっぱり戻る」と言った。
奈美は順美を説得し、中に入った。

中に入ると奈美は、いつものようにフェラを始めた。
順美は奈美を心配したりしていたが、奈美が自らフェラをしているのが分かると何も言わなくなった。
順美は何回もトイレから出ようとしたが、奈美の彼氏に「ちゃんと見てろ」と大声で言われ黙ってしまっていた。
俺も横に順美がいたが、慣れてしまっていたせいかオナニーをしていた。
俺は奈美のフェラが終わる前に発射し、先に外に出ると、順美も涙目で出てきた。
順美は何も言葉は発しなかった。
やがて奈美も出てきて3人で教室に戻った。

それから順美は、俺と奈美との会話が減った。
しかし俺が見学に行く時は必ず順美も連れて行かれた。
奈美に「彼氏が連れて来いって言ってる」と言われると、恐怖からか順美は必ずついて来た。

ある日、いつものように3人で男子トイレに言った。
当たり前の様に奈美が最初に彼氏とは違う男のフェラを始めた。
奈美の彼氏は順美に少しずつ話すようになっていた。

彼氏は順美に、「どうだ?フェラチオって言うんだぞ、言ってみろ」など卑猥な事を言うようになった。

順美も「フェラチオ」「オマンコ」などの言葉を言わされるようになっていた。

その日も彼氏は奈美が別な男性のを咥えている時に話し掛けてきた。
彼氏は順美に、「何回も見ていて分かるだろう。フェラチオのやり方を言ってみろ」と言った。

順美「オチンチンを握って口に入れる」

彼氏「それだけじゃないだろ!チンポを握ってシコシコして、口に入れたら歯が当たらないように舌を使って気持ちよくさせる、だろ!言ってみろ」

順美は同じセリフを言った。
彼氏はそれを聞くと、「こいつ、フェラチオを覚えたぜ」とみんなに言った。
彼氏はトイレの前で見張りをしていた一人を呼んだ。
そしてチンポを出させると、「覚えたならしてあげなきゃな」と順美の顔の前にチンポを持っていかせた。
順美は嫌がりながら次第に泣きべそをかき始めた。
男は無理矢理ではなく、順美の顔の前でひたすらチンポをしごいていた。

そんな時、奈美の最初のフェラが終わった。
順美は助けを求めるように奈美を見た。
それに気付いた奈美は、「順美よかったね。チンポ咥えさせてくれるって」と言い、チンポを出している男に「制服脱ぐまで待ってあげなよ」と言った。
順美は、「嫌っ」と言っていたが、奈美の彼氏は嫌がる順美の制服を脱がしていった。
順美がセーラー服とスカートを脱がすと、奈美と同じくセーラーニットとブルマになった。
それを確認した奈美は彼氏のを咥え、フェラを始めた。

彼氏はフェラをしてもらいながら順美に指示をするが、順美は嫌がっている。

あまりの抵抗に彼氏はオナニーしている俺の方を見て・・・。

彼氏「じゃ、初めてが同級生なら出来るだろ!どっちがいいか早く決めろ。どっちも嫌なら無理矢理でもいいんだぞ」

そう強く言うと、順美は「武君」と一言言って、俺の前に来た。

彼氏「良かったな、早く口に入れてやれ。おい、口を開けろ」

順美は目を閉じ、口を開けた。
俺はオナニーしていたチンポを順美の口に入れた。
初めての口の感触は暖かった。
フェラが初めての順美の歯が当たっていたが、次第に俺も気にならなくなった。
オナニーよりも興奮したが、なかなか俺は発射しなかった。

少しすると彼氏は、「こいつ、フェラしてもらうはずだったのに出来なかったんだから、せめて手でしてやれよ」と順美に言った。

すでに順美は人形のようになすがままにされていた。
チンポを出していた男は順美の手を掴み、チンポを握らせしごかせていた。

男が順美のセーラーニットを捲し上げると白いブラジャーが現れた。
さらにブラジャーを捲ると順美の胸が現れた。
男は順美の胸を揉みながらチンポをしごかせている。
順美にフェラしてもらっている俺はたまに見える胸を見ながら腰を動かしていた。
やがて俺は順美の口の中にザーメンを発射した。
発射した後もチンポを口に入れていると順美の鳴咽の声と共に口からザーメンが溢れてきた。

俺がチンポを抜くと胸を揉んでいた男は前に回り、順美の乳首を吸い始めた。
そして結局口にチンポを入れフェラをさせた。
男はやがて口からチンポを出すと、自分でしごきながらセーラーニットに直接ザーメンをかけてしまった。
奈美の方はフェラが終わっていて一部始終を見ていた。

そんな事があり、翌日から順美は毎日連れて行かれた。
奈美によるとフェラをしたのを理由に断らせなかったらしい。
俺は相変わらずのペースだったが、行くたびに順美はフェラをしていた。
諦めからか何も言わずチンポを咥えていた。
奈美と違うのは、順美は胸を出されたり、オマンコを出されたりした事だった。
俺も行く度、順美の口にはお世話になった。
とにかく奈美と違い、順美はおもちゃの扱いだったみたいだ。
順美は日が経つにつれ、性奴隷な扱いになっていた。


午後に体育の授業があり、着替えていると奈美が俺のところにやってきた。

奈美「順美ね、今ブルマの下はノーパンなんだよ。ね、順美」

俺にそう言った後、順美を見た。
順美は俺の前でブルマの股を捲るとオマンコが現れた。
それを見た俺は体育の時間、女子が気になってしょうがなかった。

ある日、例のごとく昼休みにトイレに行くと奈美の彼氏は俺に笑顔を見せた。
横にいる順美に合図をすると順美はスカートとブルマとパンティを下げた。
すると、そこには毛を剃ったと思われるワレメが現れた。
とにかく順美の昼休みはハードだった。
奈美が2、3人フェラするのに対して、順美は毎回5人ほどのチンポを処理していた。

俺は昼休みのサッカーに夢中になり、トイレには一ヶ月くらい行かなくなっていた。
しかしある日、奈美に誘われ、トイレに向かった。
そこには衝撃的なシーンが待ち構えていた。
なんと全裸の順美が四つん這いになり、口にチンポを含みながらバックからオマンコに入れられている姿があった。
俺は奈美からコンドームを受け取り、初めて装着し、順美のオマンコが空くと初めて挿入した。
オマンコは口と違い、色々な角度からの感触があった。
そして、あっと言う間の発射だった。

こうして順美は更に淫乱さを増していき、最初の頃のウブさはなくなっていた。
順美は三年になり、誰とも分からない相手の子を妊娠したらしく、しばらく学校を休んだ後に転校して行った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 昼休みに男子トイレで奉仕させられていた同級生

【レイプ】地元のヤンチャな先輩に輪姦されていた元カノ
久しぶりに帰省した俺は久々に郷土の友人、井沢と飲みに出掛けた。
久々の再会に盛り上がり、俺たちは居酒屋の閉店時間まで飲んでいた。
飲み足りないということで井沢の自宅で飲み直すことになり、井沢の自宅へ。
昔話やお互いの仕事の愚痴を吐き出しあったりしていると、気がつくとかなり遅い時間だ。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【レイプ】地元のヤンチャな先輩に輪姦されていた元カノ

49才の人妻セフレを母親に見られて・・・
画像はイメージです

俺は学生でアパートに一人暮らし。

俺には、49才のセフレがいる。
主婦(パート)だから泊まりはしない。

初めは週一くらいだったが、最近はほとんど毎日やってくる。
その日も2発やって、帰ろうと玄関を開けたところで、いきなりやって来た母と会ってしまった。
セフレは逃げるように去っていった。

母は、「いつから付き合ってるの」と聞いてきた。

母の顔が思ったより落ち着いていたので、「半年くらい前かな」と正直に言った。

さらに「責任取れるの?」と聞くので、「何だよ責任って」と言うと、母は飲み屋か何かの女と思い込み、「だからあんたは学生だし、結婚とかは、まだ早いんじゃないの。ということよ」と言った。

女がいただけで、すぐに結婚と考えるような古い考えの母だ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

単なるセフレだと、母には言えず、咄嗟に「結婚するわけないだろ。あんなおばさんと」と言ってしまった。
母はすれ違っただけで、セフレの顔をよく見ていなかったようだ。

母が急に驚いた顔をして・・・

「えっ今の人、おばさんだった?いくつなの?」
「49才らしいよ」

「えっ49才。お母さんより2才も上じゃない」
「だから結婚なんてありえないだろ。しかも主婦だし。子供も3人いるって言ってた」

「えっ主婦なの。そんな人がなぜ、ここに来るの?」と言ったところで、母が黙り込んでしまった。

俺がおばさんとしてたことにショックだったのか、それとも自分と同じ年代のおばさんが浮気してることに驚いたのか、どっちなのだろうか。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 49才の人妻セフレを母親に見られて・・・

【Hな体験】フェラ処女なのに黒ギャルやってました
私、黒ギャルやってました。
ほんと、すごい軽い気持ちで。
日焼けすればバレないし、やめるときは色を落とせばいいしって。

男友達が持ってきた話で、黒ギャルのユニットを作って、雑誌とか載ったり色々やりますって。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【Hな体験】フェラ処女なのに黒ギャルやってました

先輩のパンツ
画像はイメージです

俺が小5の時の夏の話。

水泳の強化訓練というものがあった。
これは小4~6年の代表者数十人で市の水泳記録会に出場するものを選ぶかたわら、泳げないものも教えるというもので何週間か生徒ほぼ全員が参加する。

ちなみに俺は前年も選ばれていたので早くもみんなとは別メニューでやらされていた。

さて、前置きが長くなったが当時の俺には憧れている先輩がいた。
先輩は明るく朗らかで顔もかわいい、いわゆる学校のアイドル的存在な人だった。
俺は家もわりと近く仲もそれなりに良かった。
当時の俺はやっとオナり方を覚えた小猿だったので、告白という選択肢はなく、ただただ悶々とするだけだった。

そしてついに純粋な恋心がネジ曲がり、ムーンサルトし、こう思うようになった。

「先輩がどんなパンツ履いてるのか見たい!できれば脱ぎたての!!」などというブルセラ好きのオヤジのような願望を持つに至った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

数日後、悪智恵の働く俺はすでに計画を練っていた。
いや、それは最初からこの計画に基づいた目的だったのかもしれない。

計画はこうだ。
まず風邪と偽り強化訓練を休む。
見学の生徒は教室で自習。
録年生女子は理科実験室で着替える。
訓練の時間帯、校舎はほぼ無人となるので理科実験室に忍び込むことは容易なはずだ・・・。
あとは自分のアリバイを保証するものとしてクラス一の馬鹿をそそのかし一緒にさぼって遊ぼうと持ち掛ける。

「馬鹿が何して遊ぶ?」と聞くので俺は「隠れんぼしよう」と言った。

これで鬼でも隠れるほうでも1人で行動できる。
もし先生に見つかっても遊んでいたと言う事ができる。
当時の俺の脳をフルに使った完璧な計画だった。

そして当日、計画の全てを消化し俺は1人の自由な時間を得た。
俺が鬼なので(わざと)馬鹿を気にする必要もない。
まず手始めに隣のクラスへ向かった。
バッグをあけ手当りしだいに蹂躙した特にかわいい子のは念入りに、ムカつく子のは上靴袋掛けに釣り下げ晒しものにしたりした。
そして意気揚々と本命の理科実験室に向かった。
理科実験室に入る時はさすがに少し緊張した。
ここは職員室からも近い、なにより同年代のガキどもじゃなく年上のおねーさんの下着を見るということに少々畏怖を覚えたのかもしれない。

少し探すと先輩の鞄が見つかった。
すこし震える手で開ける・・・ほのかに先輩の香りがした。
さらに鞄の中を掘り進むと先輩の下着を見つけた。
色や柄を今ははっきり覚えていないのが残念だが、淡いグレー調のスポーツタイプの上下セットだったと思う。
それを手に取った感動も醒めぬまま今度はパンツを裏返してみた。
少し汚れているがなんともいえない感覚におそわれむしゃぶりついた。
なめた、頭、顔にかぶった。
もはや我慢の限界にきていた俺は辺りに誰も居ないことを確認し先輩のパンツでオナニーをした。
グレーのパンツの裏生地の白い部分、少し汚れたあたりに擦り付けるように出した。
満足した俺は適当にほかのかばんも漁って大満足して家に帰った。

次の日、朝の会がおわり俺と例の馬鹿が担任に呼び出された。
嫌な予感がした。
今思えば当然だが俺は昨日何の後始末もせずに帰った。
女子は大パニックだっただろう。
当然先生にも話が行く。
で、廊下をうろつく俺とそいつを見た先生がいたのだ。
最初は冷静を装ってかくれんぼして遊んでいただけだといってごまかそうとしていたが、追求されるにつれ足がふるえだし声も上ずっていた。
顔面も蒼白だったに違いない。
横の馬鹿はへらへら笑っている。
とてもムカついた(まあ彼はむしろ被害者なわけだが)そのうち俺の体がグラっと傾いだ軽い貧血、もう限界だ。
俺は腹をくくった。
先生は最後にこういった。
あばれているうちに散らかしたのだろうと、今後こういうことのないようにと。
俺はハイとだけ返事をするのがやっとだった・・・。

◯谷先生、今の俺がまっとう・・・2ch程度で済んでるのは先生のおかげです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 先輩のパンツ

【初体験】部活帰りに遊びに来てた女子といちゃついてるうちに
今年の夏休みのことなんですけども。
好きでも嫌いでもない微妙な女の子が、よくウチに遊びに来てたんですよ。
夏休みの平日は僕の親は2人とも仕事に行ってるので家には僕1人。
僕の好きな人と僕との間を、その子がどうにかくっつけようとしててくれて、僕が相談するってことでその子に来てもらってたんです。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【初体験】部活帰りに遊びに来てた女子といちゃついてるうちに

モテない俺がたぶん人生で一番輝いた瞬間
画像はイメージです

厳密に言うと職場ではないんだが、この前、会社の派遣の女の子とやっちまったのでその話を。

俺はとある家電メーカーのエンジニア33歳(妻子アリ)なんだが、その子は年齢が25歳で彼氏アリ。
N美としておく。
俺は間違ってももてるタイプではなく、メガネ&ガリでオタク系。

それなのに、N美が俺に気があるらしいという話を会社の友人より聞き、半分信じてなかったんだが会社の新人歓迎会の帰り道でたまたま電車の方向が同じで二人になった。

会社の人間の噂話などしつつN美が降りる駅が近づき、駅に到着。
しかしN美は降りる気配を見せない。

「◯◯さん(←N美の苗字)降りなくて大丈夫なんですか?」

俺が聞くと、N美はうつむいたまま「降りたくないです」と小さな声で言う。
会社の友人のN美が俺に気があるらしいという話がちらつく。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

しかし、同時に妻子の顔もちらついた俺は
「次で降りて、折り返し電車を待ちましょう。僕も一緒に待ちますので」と言い、半ば強引に次の駅で降りる。

駅のホームで電車を待っているとN美が「もっと主任と一緒にいたいです」と核心をつく台詞をはく。
俺が困ってN美を見ていると、N美は「困らないでください。だってこんなチャンスきっともうない・・・」と俺の顔をじっと見つめてくる。
ヤバイ、特別美人なわけでもないN美がめちゃくちゃいじらしくてかわいく見えてしまう。
妻子の顔がまたちらつく。

「私、主任が、好きです」と、途切れ途切れだがはっきりしたN美の言葉。

俺の頭の中から妻子が消えた。

N美が俺の手を握ってきたので俺も強く握り返す。
二人何も言わず、改札を抜け用意されていたかのようなホテル街へ。
部屋に入ると、N美が俺にしがみついてきた。

「好きなんです。主任のことが、大好きなんです」

涙をボロボロと流すN美を黙って抱きしめキスする。
N美の唇は震えていた。
N美がかわいくて唇の間から舌を差し入れた。
N美は泣きながら、「ハァ・・・」とため息を漏らす。

抱き合いながらベッドに腰掛けると今度はN美の方から舌を絡ませてくる。
俺はその時既に勃起していたと思う。
今までにないくらい興奮していた。
N美が着ていたツインニットのカーディガンを脱がすと半そでのニットセーターの上からオッパイを揉む。
かなりでかい。
カミサンのBカップのオッパイより全然でかい。
オッパイを揉みながら首筋を吸い、耳を噛んだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

N美は「あぁ、あぁん・・」と控えめにかわいい声を出す。

セーターも脱がすとピンク色のブラジャーも取る。
やっぱりでかい。
たぶんD~Eカップくらい。
雑誌かビデオでしか見たことない感じだ。
ベージュ色の乳首を口に含むと舌でチロチロと転がしながらもう片方の乳首を親指と人差し指でつまむ。
N美は感じやすいのか「いやっ、あんっ、主任・・・」と、切なげな声をずっと出し続けている。
その声にますます興奮する。

我慢しきれずスカートの中に手を入れる。
パンツの上から触ってもそこはもう湿っているようだ。
N美が「あぁ、んんっ」と声をあげたので思い切ってパンツの中に手を入れてみる。
思ったとおりN美のそこはヌルヌルしていた。
指でクリトリスをつついてみると「あっ!いやぁ・・」とビクンと体を反らせる。
カミサンが淡白な方なので、こんな反応が返ってくると興奮に拍車がかかり、33歳なのに童貞男のようにもうイキそうなくらいだ。
クリトリスをしばらく指で弄んでいると、愛液が溢れてきてビチャビチャという淫らな音が部屋中に響く。

思い切って中指をマンコにゆっくり入れてみる。
N美が悲鳴に似たあえぎ声をあげる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

N美のマンコの中は温かくてぬるぬるしていて、俺の指をキュゥっとしめつけてくる。
指を出し入れしてみるとN美は「あぁ、主任、ダメです、イッちゃいそう・・・」と俺の顔を潤んだ目で見つめる。

「主任、好きです。N美って呼んで」と俺にしがみついてN美は喘ぐ。

指を激しく動かすと「あっ、ダメっ!」と言いながらN美はイッたようで体がビクンビクンと波打ち、マンコの中もビクビクと痙攣している。
「もう、入れてください、お願い・・・」とN美が俺の背中に爪をたてる。

大丈夫だとN美が言うので、ナマ正常位でゆっくりN美の中に入った。
奥まで入った瞬間、N美が「ハァ・・・」とため息を漏らす。

「N美・・」と思わず名前を呼んでしまう。
「N美、動くよ?」N美がうなずく。

俺はゆっくり動いた。
すごい。ペニスにからみついてくるようで気を抜くとすぐにでもイッしまいそうだ。
やばい。

「主任、主任・・・」

N美がうわごとのようにつぶやいている。
大きなオッパイが揺れている。
エロい眺めだ。

「N美、かわいいよ・・・」心から言う。
「どうしてほしい?」と聞くと、N美は「主任の好きなようにしてください・・・」とかわいいことを言う。
「じゃぁ、上に乗って欲しい」と俺が言うとN美は素直に仰向けになった俺に跨った。

俺のペニスを握り自分で入れる。
下から見るとさらにでかいオッパイがエロい。
そのオッパイを揺らしながらN美が前後に腰を動かす。
ベチャベチャといういやらしい音とN美の「あん、あんっ、あん・・」という喘ぎ声が響く。
俺はN美をもっと感じさせたくてクリトリスに親指をあてがい擦れるように腰を動かしてもらう。
N美は「あぁん、あぁ、はぁん・・」と自分の指を噛みながらクリトリスの摩擦と、マンコの中で擦れるペニスの快感に我を忘れている。

俺はそのエロい眺めに限界が来て、N美の腰をつかむと下から激しく腰を動かした。
ペニスがN美のマンコの奥にあたっている感覚がある。
N美は「あぁ、ダメっ、そんなにされたらまた、イッちゃう・・・」と俺の目を見つめて言う。

「N美、イッて・・俺ももうイキそう」俺は情けない声を出す。

「嬉しい、主任、N美の中にいっぱい、出してください・・あぁ、いくぅ・・」というN美の言葉で頭が真っ白になり「うっ」とうめき、N美のマンコの奥深くに精液をぶちまけた。
暫くするとN美が腰を上げる。
内腿に俺の出した白い液とN美の愛液がヌルヌルと光っていた。

N美は俺に抱きついて
「主任、ありがとうございます・・・。これからもきっと主任のことが好きです」と言った。
俺はその言葉に返すことができなかったけど、その瞬間はN美のことがかわいいと思い、いじらしかった。

「N美、ゴメン、俺・・・」

N美は「謝らないで下さい。好きだけど、もう追いませんから・・主任を困らせたくない」と潤んだ目で笑った。
俺は何も言わずにN美を抱きしめた。

それから会社ではN美は何事もなかったかのようにふるまっている。
たまに会社でN美を見ているとあの夜のことを思い出して机の下で勃起してしまう俺だが、当のN美は彼氏との仲も順調なようだ。
あれはなんだったんだろうと思うが、モテない俺がたぶん人生で一番輝いた瞬間だったと思う。

駄文でスマソ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! モテない俺がたぶん人生で一番輝いた瞬間

【SM・調教】友達2人に全裸でペニスを縛られて・・・。
私が大学へ入学した頃のことです。
下宿ではなく学生寮で生活し、友達もでき、特に仲の良い友人も2人できました。
AとBです。

ある日その2人と私の部屋でいつものようにエロ本などを見ながらゴロゴロしていると、突然Aが、「俺、死ぬまで射精する縛り方を知ってるぞ」と言いました。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【SM・調教】友達2人に全裸でペニスを縛られて・・・。

元カノのお母さんと花火の夜に
画像はイメージです

高卒後に二年間就職浪人をし、やっとこの春から地元のスーパーに就職が決まりました。
慣れない青果部に配属されて、研修では早朝の市場へ出掛けることもありました。

やっと慣れて来た先月、何か視線を感じて見ると、四十代と思われる奥さんが僕を見てニッコリしてるんです。

(えっ、誰?)

よく見ると元カノのお母さんだったんです。

「お久しぶり。高校生の時以来よね」

「そっ、そうですね」

思わず曖昧な返事をしてしまいました。
付き合ってる時に何度か家にお邪魔したんですが、一年もしないうちにフラれてしまったんです。
今では懐かしい思い出です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

お母さんの話によると、彼女は東京の専門学校へ行ったそうです。

「もう二十歳よね、彼女出来た?」

「いいえ、まだそんな余裕ないです。やっとここに就職出来たばかりで」

「そう、君ならそのうち出来るわよ。あの時より男らしくなってるよ」

それからは頻繁にお母さんが店に来るようになったんです。
僕もお母さんが来るのを楽しみに待つようになりました。
特に美人でもない普通の奥さんタイプなんですが、お母さんの笑顔が良いんです。
大人の雰囲気もあります。

夏が来るとお母さんの服装が変わって来たんです。
最初は地味な、いかにもお母さんと言う感じでしたが、夏頃には胸元の緩い服装や、時には短いスカートで来るんです。
気のせいかお母さんはだんだん若くなってるようです。
四十も半ばと思うんですが、まだ三十代でも通用しそうです。

品物を見るお母さんの胸元から白い胸が半分ほど覗く時があり、大人の色気にドキッとする事もあるんです。
もう完全にお母さんを意識するようになっていたんです。
数日来ないと、どうしたんだろうとヤキモキしてしまいます。

その数日後でした。
いつもり更に短いスカートでお母さんが来たんです。
ムチムチした太ももが目の毒なくらい露出してるんです。

僕が冗談気味に・・・。

「お母さんじゃなかったら誘ってましたよ」
「あら、良かったのに誘ってくれても」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「ええ~本当ですか?」
「うん、一度ゆっくりお話でもと思ってた」

僕は携帯の連絡先を書いた紙切れを渡したんです。
『◯◯日が休みです』とも付け加えました。
その日は気分が高揚していました。

休みの前日でした。
お母さんが買い物に来たんです。
遠くで見てると小さく手招きするんで行くと、「明日会える?」と聞かれ、「もちろんです」と言うと、「11時にコンビ二で」と言ったんです。

「はあ~分かりました」と言うのが精一杯でした。

お母さんはニコッとすると、「じゃ明日ね」と言って店を出て行きました。

その日はなぜか早く目覚めてしまいました。
11時までまだ6時間もあるんです。
ウトウトしてると携帯音が、出るとお母さんでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「どうしたの?待ってるよ」と言うのです。

時間を見ると11時20分なんです、二度寝してしまってたんです。

「すぐ行きます」

電話を切り、走って行くと、軽自動車の中から手を振るお母さんが見えました。

ハアハア息を切らして乗り込むと、お母さん、なんと白のミニスカです。
太ももは半分以上も露出してるんです。

「若い人とデートだから若作りしちゃった」

少し照れた顔で舌を出すお母さん。
その顔がまた色っぽいんです。
遅れた理由を言うと笑って許してくれました。

人に見られないように少し遠くへドライブです。
車中は昔話で盛り上がりましたが、お母さんは僕がフラれた事には触れませんでした。

「それより迷惑じゃなかった?こんなおばさんで」

「いいえ、お母さん若いです。僕、興奮で昨夜眠れませんでした」

お母さんは、「本当~嬉しい~」と本気で喜んでるようでした。

お昼はファミレスで食事をし、景色のいい展望台に上りました。
階段を上がる時、お母さんは短いスカートを気にして、「ねえ下から見えないかな?」と言うので、僕が「少し下がって見てみます」と言って下から見たんです。
もう足の付け根まで見え、白い下着が丸見えなんです。

「大丈夫ですよ、全然」と嘘を言ってしまいまいました。

お母さんは、「そう、それならよかった」と少し安心したようです。

反面ドキドキでした。
お母さんのパンティが頭から離れず、勃起してきたんです。
それを隠す為に、手すりに手を付き、腰を引いて誤魔化しました。

しばらくすると今度は海の方へ車を走らせたんです。
年の離れた恋人同士のように誰も居ない砂浜を手を繋ぎながら歩きました。

お母さんはサンダルを脱ぎ足を海水に浸すと、「気持ちいい~」と子供みたいにはしゃいでいました。
遠くでサーファーが見えるくらいでお母さんと僕だけでした。
松林の木立に入ると風が気持ちよく、汗が引くようでした。

僕は周りに人の居ないことを確認し、お母さんを引き寄せたんです。
お母さんも僕の腰に手を回すと顔を上に向け、目を瞑ったんです。
ドキドキしながらキスを・・・。
キスをしながらお尻を撫でると柔らかいんです。
お母さんもウッウッと声を出してるんです。

手をスカートの中に入れようとすると・・・。

「今日はダメよ」

優しく手を押さえられてしまいました。

「さあ、そろそろ帰りましょうね」

お母さんがそう言うので仕方ないのでそのまま帰る事にしたんです。

コンビニ前に着くと、「今日はありがとう、楽しかった。また会ってくれる?」と言うので、「もちろんです」と言うと、ニッコリしながら帰って行きました。

何か物足りない複雑な心境でした。
それと今まで一緒だったのになぜか物悲しいんです。
後で分かったんですが、お母さんに恋してしまってたんです。

それから何回か店に来たんですが、挨拶程度で会う機会が出来ませんでした。
夜は旦那さんがいるので会えないんです。

数日後の土曜日でした。
珍しくお母さんから携帯で、「ねえ今夜会えない」と来たのです。
旦那さんが釣りに出かけ、帰りは朝方らしいのです。
その日は早上がりで18時で終えると返事をすると、お母さんは「よかった。じゃ19時にあのコンビニでね」と約束したんです。

急いで帰りシャワーを使いコンビニへ向かうと、奥さんの軽自動車がありましたが、乗ってはおらず辺りを探すと、浴衣を来たお母さんが何やら買い物中でした。
僕を見て「あ~来てたね。ちょっと飲み物をね」と言うと、「どう?この浴衣?」と一回転するんです。

髪をアップにしたお母さんを見て、一段と色気が増したようでした。

「似合います。綺麗です」と言うと、「浴衣が?」と言って自分でプッと吹き出していました。


「今夜、花火大会でしょう知ってる?」

「いや、知りませんでした」

「あれ~そう、花火見に行くのよ」

知り合いに会うとまずいので、少し離れた小高い丘の展望台へ行く事にしたんです。
誰も来ないと思って行った場所に家族連れやアベックが数組来てたんです。
まだ花火が始まらないので皆、車の中でした。
僕達も車の中で待つ事にしました。
狭い車内にお母さんの香水のいい匂い。

しばらくするとドーン、ドーンと花火の音が聞こえてきたんです。
あちこちから人が出て来ました。
10人程度ですが数えてみたら、もう辺りはすっかり暗闇でした。
僕とお母さんは自然と互いの腰に手を回しながら花火を見ていました。

「綺麗ね~久しぶりよ花火なんか見るの」

「旦那さんと行かないんですか?」

「全然、花火よりお酒って感じの人よ。会話も少ないし」

それを聞いてなんだか嬉しくなったんです。
お母さん、夜は旦那さんと・・・と想像して妬ける事もあったんです。

腰の手を少し下げ、お尻を撫でてみたんです。

「ダメよ」と言いながらも笑い顔なんです。

全体を撫で回してると下着のラインが無いんです。

(エッ?穿いて無いの?)

思い切って聞いたんです。

「穿いて無いんですか?」

聞くと、お母さんは何も言わずにただ笑っているだけなんです。


田舎の花火は15分ほどで終わりました。
皆はさっさと帰っていき、残ったのは僕達だけになったんです。
街の明かりを見ながらお母さんとキスをしたんです。
お尻を撫でてるとお母さんが、「さっきの答えよ」と言って僕の手を取ると浴衣の前を少し開き、手を入れさせたんです。
もうビックリでした。
モジャとした股間の毛だったんです。
お母さんはノーパンだったんです。

僕はそのまま指で弄ると脚を少し開き気味にしてくれたんです。
もうそこは十分に濡れ湿っていました。
指を差し込むと「アッ」と声を漏らしたんです。

二本の指で出し入れすると僕の肩に力を入れ耐えてるようでした。
クチャクチャと卑猥な響きなんです。
僕のアソコも爆発寸前でした。

「ねえ、ここでして」

手すりに手を付き、浴衣の裾を捲ると、闇夜でも分かるくらいの真っ白なお尻を丸出しにし突き出したんです。


「ねえ早く~、恥ずかしいから」

お母さんの尻肉を開き、これ以上ない勃起チンを差し込むとすんなり奥まで入ってしまいました。
お母さんは前後に腰を使いながら、「とうとうしちゃったのね、あたし達」と言いながらアンアンと声を出していました。

僕が「もうダメです」と言うと、「中はダメよ、外にね」と言うので、ピストンを速めフィニッシュを迎え、急いで外へ出したんです。

凄い勢いで飛び散りました。
まだ硬度を保ってるチンポを、お母さんがなんと口でしてくれたんです。

「大きいね~娘にもこれを?」
「いいえ、使ってません。キスも一度だけです」

「あ~そうだったの、私が初めて?」
「いいえ、先輩に連れて行かれたソープで」

正直に話ました。

「あら~残念だった。あたしが筆下ろししてあげたかった」


しゃぶるお母さんの顔を見てたら、また発射したくなったんです。

「また出そうです」と言うと・・・。

「いいのよこのまま出して」

お母さんはチンポを握り締め、手コキしながら口をすぼめるんです。
アッと言う間にドクドクとお母さんの口の中に出してしまったんです。

憧れのお母さんと結ばれたんです、嬉しさが込み上げて来ました。
車内に戻り、「おマンコ見せて下さい」とお願いしたんです。

「エッ、見たいの?綺麗な物じゃないよ」

「いいです、是非見せて下さい」

お願いすると「ダッシュボードに懐中電灯があるから」と言うのです。

それを取り出すとお母さんは裾を捲りながら脚を開いてくれたんです。
明かりを点け、覗き込むと「あ~恥ずかしい」と声を上げるんです。
今まで僕のチンポが入ってたマンコを覗くと、まだ濡れていました。
左右にビラが張り付いていました。
よく見ると数本白い物があるんです、少し歳を感じました。

指でホジると「あ~」と、また声を出すんです。

お母さん、一年以上ご無沙汰だったらしいのです。

「僕がセフレでも良いですか?」
「えっ、セフレ?」

「セックスフレンドです」
「うんいいわよ、お願いしたいくらいよ」

今では人目を忍んでラブホ通いです。
お母さんの一番好きな体位はやっぱり後ろからなんです。
どうやら下付きだそうで、前より後ろからが一番感じると言うのです。
僕もお母さんの揺れる垂れ乳を揉みながら後ろからするのが好きなんです。
ラブホではお母さんエロモード満開なんです。
今は少しずつアナルを開発しています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 元カノのお母さんと花火の夜に

【Hな体験】出会い系で知り合った爆乳JK
出会い系でJKのB子と知り合った俺は、さっそくラブホに連れ込んでその若い体をいただいた。
風呂場で洗いっこをした後、まずは手マンでイカせてやる。
B子は下を向いて俺の腕を握り締めたまま身体を痙攣させている。
B子が落ち着いたあと、俺は乳を揉んでいた手を離し、B子を抱き締めてやった。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【Hな体験】出会い系で知り合った爆乳JK

ほぼ生な感じで擦っている状態
画像はイメージです

息子の習ってる空手の合宿の話。

現在息子は小6で、4年前から空手を習っている。
毎年、空手の合宿がある。

合宿と言っても単に山奥のバンガローに宿泊するって言うだけの物ほとんどの参加は小学生なんだけど、一人だけ中2の女の子も参加している。
この子も小学生の頃から参加しているので、流れで参加昼間は川遊びをするんだけど、夜は肝試しをする。


肝試しは3人ペアで、修行も込めて約50分の真っ暗な山道を歩く、俺は保護者として参加しているだけなので、肝試しをする予定はなかったんだけど、中2の女の子だけが人数あまりしてグループになれる相手がおらず、急きょ俺と肝試しのペアを組む事に・・・。
正直、小顔で可愛らしい娘なので、内心「ラッキー」って思った。

で、前に追い付かない様に10分おきに順番に出発するんだけど、その娘が一番年齢が大きいのと、ペアに成る俺が大人なので、出発の順番は俺たちが一番最後になった。

山道は真っ暗で、虫の声やら動物の声で、女の子はビビりまくりで、あまりの恐さに俺の手を繋いできた。
正直、これだけでも俺のチンポはカチカチで我慢汁が出まくった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

女の子はそんな事も知らずに俺にべったりくっ付いてくる。

で・・・俺が若い頃によく肝試しで使った手で必ずキスを出来る方法を使った。
女の子にこう言った。

「幽霊って恥ずかしがり屋って知ってる?恥ずかし屋だから、恋人達には近寄ってこないねんで?」

女の子は怖さの余り、何も考えず俺に「そうなん?」って聞き返して来た。
(この手で失敗した事なし)

「うん、本当やで、だから恋人同士みたいに、一緒に歩こうか」と言ってグッと抱き寄せた。

流石に中学生の体は小さく華奢なので、すごく抱き寄せた感じがムギューって感じで興奮した。
熟女の嫁とは・・・w

そして、まだ怖がっている女の子にすかさず「キスしたら、もう霊もよってこないで」と彼女に言って、さらに抱き寄せてキスをした。
彼女も何が何だか分からないまま俺のいいなりに・・・、体の華奢な感じも良かったが、まだ小さな唇はすごく美味しかった。

そして、キスをしながら、「な!こうしたら全然怖くないやろ?」と言うと「うん」って素直に答えた。

で・・・その後何度もキスをしながら、「今日、夜に◯◯のバンガローに遊びに行っていい?」と聞くと、また「うん」って答えた。

書いてなかったけど、彼女は一人だけ女の子だったので、一人で1つの部屋を借りていた。
一人で過ごすのが怖かったみたい。

で肝試しはキスだけだった・・・。
で夜なんだけど、うちの道場の先生は結構適当で、みんな好き好きに部屋を出入り、また就寝時間も決めていないので、各々がどこにいるか等は把握なし状態で、早く寝る子や朝方まで起きたり・・・こんな感じなので俺が消えてても誰も分からない感じ、で俺はこっそりと部屋を抜け出し、彼女の部屋に・・・。

女の子も、さっき俺とキスしてた事は忘れたかの様に俺と会話、最初の1時間くらいは雑談してた。
で話をしているとバンガローの外でなにかガサガサっと・・・、恐らく何か獣だと思うんだけど、彼女はまたビビりモードに突入、俺はすかさず彼女を引きよせてまたキスをした。

彼女も肝試しの時とは違い、ラックスした感じでキスを受け入れた。
もうこの時は俺のちんぽは破裂寸前で、キスしかしていないのに、チンぽはドクドクしてきた。

正直、やる気はあったんだけど、これ以上先に進むとヤバいかな?なんてのも少しあったので、なかなか手を出せない俺もいた。
そんなこんなで、チンポがキンギンのまま、30分ほど寝ころびながらキスを続けてた。
最初は我慢していた俺もだんだん興奮してきて、彼女の股に体を入れて、彼女の股間に俺の股間を擦りつけながらキスをした。

お互い既に部屋着だったのでズボンの生地も薄く、生とまではいかない物の、お互いの股間の感じ合う形になり、俺はグリグリとチンポをなすりつけた。
そうして数分して、もっと彼女の股間を感じたいので、少し暑いから、服を脱ぐと言って、トランクス一枚になった。
トランクスだったので、少し横にずらすとチンぽを出せたので、腰をクネリながらちんぽを出して、彼女の薄い生地の短パンの上からまた擦り付けた。

彼女もだんだん少し気持ちいいみたいで、喘ぎ声っぽい「ん・・・ん・・・」って声が出始めた。

で、脱がせる口実に「すこし◯◯の短パンがスレて痛いから、短パンだけ脱がしていいよね?」と言った。

彼女は「無理・・・」と言ったけど、「お願いと」押し切ったら、短パンを脱いでくれた。

もう下半身はお互いパンツだけだし、俺のチンポはパンツから出ているので、お互いの股間の熱も感じる。
それに彼女は愛液が多いのか、パンツが既にヌルヌル状態だったので、ほぼ生な感じで擦っている状態、愛液が多いせいか生の感じがリアルっぽくかんじて、生であてているのかと思うほどだったこんな興奮した経験、久しぶりだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! ほぼ生な感じで擦っている状態

【レイプ】秘書をしている上玉のOLにカーセックスで中出し
出会い系で、『22時頃に車内エッチ』で募集したところ、22歳の女性とアポが取れた。
場所はS県H市の駅。
ドキドキしながら待っていたら、服の上からでも大きいと分かる胸に短めのスカートの女性が歩いてきた。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【レイプ】秘書をしている上玉のOLにカーセックスで中出し

妻と私の不倫交際
画像はイメージです

妻は浮気をしている・・・。
今、私は単身赴任中だが数ヶ月前から妻に変化を感じた。

私は43才、妻は34才、共に仕事を持ち子供はいない。
妻とは約1年半セックスレスの状態。

月に二度自宅に帰るが、妻とはセックスをしない。
私は単身赴任先で知り合った女子高生と援助交際に溺れている。

先月のこと、予定外の帰宅をした。
インターホンを鳴らすと、妻は不在だった。
家に入ると真っ直ぐ寝室に向かい、妻の使うタンスを開けると、今まで見たことのない淫らな下着が目に入った。

(勝負下着か・・・)と思いながら下着を手にすると小箱を発見した。

コンドームだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

36個入りの箱の中はゴムが3個残っていた。
何気にゴミ箱を目にし、中を漁ると体液の付着したティッシュにくるまった使用済みのゴムがあった。

次に洗濯カゴへ向かった。
中を物を全て出してみて唖然とした!
男用の下着と妻の汚れた黒い下着があった。

妻の浮気は明確だった。

しかも妻は家に男を連れ込んでいた。
私はしばらくして猛烈な興奮が湧いてきた。
家を出ると俺は再び単身赴任先へ急いで車を走らせた。
いつもの女子高生に連絡を入れた。
都合が悪いと言われたが、いつもの金の倍を告げると強引に呼び出した!

夕方近くに戻り、女子高生と会うと、俺は近くのホテルに即連れ込み早々に持参させた制服に着替えさせると激しくハメた!
今頃妻は何処かの男とセックスしている光景を思い浮かべながら、俺は夢中で援助交際の女子高生とセックスを繰り返した。
やがて俺は激しい射精を女子高生の制服に発射した。
いつもマグロに近い女子高生は気が付くと激しく感じていた。

「オジサンどうしたの?凄いよ・・・」

女子高生はトロトロだった。

その後、俺は再び自宅へ向かった。
深夜に到着すると俺はバレないように家に入った!
家の中は真っ暗だった。

静かに居間のドア開けた途端、妻の激しい喘ぎ声が聞こえてきた!
居間の奥にある和室からだった。
襖の隙間からは明かりが漏れていた。

中を覗くとそこには妻と全く不釣合いな、しかも自分よりも年上らしき中年男が夢中で妻を抱いていた!
結合している下半身は丸見えで、男のナニは自分よりも遥かに大きくセックスもAV並みのものだった!

妻は狂っていた!

時折激しく唇を重ね合う光景に俺のナニはいつしか激しく勃起していた・・・。

「凄い!凄いよ!」と何度も何度も叫びながら妻は快楽に溺れていた・・・。
やがて男の腰遣いがとてつもなく高速になると、突然妻からナニを抜き、妻に咥えさせた!

大量の精液が妻の口に発射されていた・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 妻と私の不倫交際

【オナニー】中学生なのに野外オナニー好きの変態露出狂です
私は、合格発表の掲示板に自分の番号があるのを見て、おまんこを濡らしていたんです。
高校の手続きとか卒業式の準備とかで2月はお母さんがお父さんの所へ出かけなかったので、1人だけの留守はありませんでした。
無事に卒業式を終えるとお母さんから、「春休みにお父さんの所へ行かない?」と言われましたけど、「お父さんは卒業式の日に来てくれたし、私は難しい高校に入っちゃったから少しでも勉強するよ」って言って、1人の週末を待ちました。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【オナニー】中学生なのに野外オナニー好きの変態露出狂です

バイト先の呑み屋で常連客の女にフェラさせた
画像はイメージです

20代半ば頃、あるきっかけで呑み屋でバイトをする事に。

そこは所謂『パブスナック』と言われるような所で、マスターの趣味でカクテルも置いてある。

もともと友人に連れられて行ってから、私も単独で時々呑みに行くようになったところ、「バイトのお姉さんが辞めるのでイメチェンがてらバイトをしないか」と誘われたのがきっかけ。

かれこれその店でバイトするのも1年が過ぎ、客層も私の友人から、更にその友人・知人と広がり、マスターも格好良くて優しいのと、一部私のファン(笑)も出来て、女性客も増えました。

そんな中、最近常連となった女性3人(A、B、C)が来店。
ちなみに3人とも顔は残念である。
その内の一人のCは、同級生Pの不倫相手だ(苦笑)

マスター「あれっ、このメンバーとは珍しいね!?」

私「Cちゃん、今日Pと一緒じゃないの!?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

C「え~っ、悪い!?」

何か少し怒っている様子だった。

マスター「まあ、まあ、飲んで飲んで」

私「ど~れ、じゃあCちゃんの隣に座ろうかな」

何故か知らないがCの機嫌を取ろうとその後、色々笑い話をしていました。
そして笑い話から下ネタへ・・・。

何か変な雰囲気となり、自分のスケベ心にスイッチが入り、Cの大事な部分を触っていました。
Cも満更ではない感じで、次第に腰を小さく振るようになってきた。
私はズボンのチャックを下ろし、Cの左手を中に入れナニを握らせました。

Cの隣にいたAはカラオケに夢中になっていて、私達の行為はまだ気付いていません。
マスターはカウンター越しに気付いており、目で『ヤレ!!』と合図をしています。
その姿をBに見られバレてしまいましたが、Bは元々口数が少いので黙視状態。

私はエスカレートし、Cの顔を両手で掴み、ナニに近付けたらパックリと口に含んでくれました。
もうそうなると周囲は気にしなくなり、私は仁王立ちし、Cをしゃがませてフェラチオさせました。
流石にAも気付き、慌てふためいていましたが、そこはマスターに上手い事フォロー(笑)して貰い、フェラチオ続行。

やはりCは人妻、結構上手くて時折腰が退けてしまう。
自分もCの秘部を指マンしてやり反撃。
Aはハレンチと思いつつ、苦笑しながら行為を見ている。
Bは相変わらず黙視状態。

マスターはそれを見て煽り、「チンポ入れてやれ!!」って言うし・・・。

流石に生ではヤレないし、後から(本当でも嘘でも)妊娠したとかなると不味いので、ボックス席に移り、シックスナインの体勢になって思いっきり舐め回してやりました。
店内は薄暗かったのでどんな陰部かはっきりは解りませんでしたが、匂いはちょっとキツかったかな。
酒に酔っているのかCは敏感で、舌を出し入れするたびに「あっ、あっ」と喘いでいる。

そして指マンで捏ねくり回していると、Cは咥えていた私のチンポを離し・・・。

「あっ、ダメ・・・イッちゃう・・・あっ、あ~っ!」

悲鳴に近い喘ぎ声でCは潮を吹いて昇天しました。
たまたま他に客が来なかったから良かったものの、行為の最中に来られたらと思うと自分ながらによくぞ出来たと(笑)

マスターには「何で入れてやらなかったんだよ」と言われるし。

だって成り行きでそうなったとはいえPの不倫相手だし、旦那(殆ど別居状態)の事も一応知っている。
んで一線は越えられないじゃない。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! バイト先の呑み屋で常連客の女にフェラさせた

【Hな体験】媚薬が効きすぎてヤバい世界に目覚めてしまった彼女
オレは19歳の専門学校生。
1ヶ月ほど前にとっても可愛いノアちゃんから愛の告白を受けて、お付き合いすることになっちゃいました。
2週間ほど前に初エッチを済ませ、これからどんなプレイをしていこうか2人で話しあっていたのですが・・・。
ちょっと話が違う方向に進んでいったので、簡単にその内容を紹介します。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【Hな体験】媚薬が効きすぎてヤバい世界に目覚めてしまった彼女

昔の彼女はGカップ
画像はイメージです

その時に付き合ってた彼女はGカップで当時31歳。



身長は165センチのポッチャリ型の美人で色白。



俺と出会ったときは既に子持ち(未婚の母)で1歳ちょっとの娘が居た。



子供を生んでるから当然だけど、典型的な垂れ乳です。



その当時は45歳くらいのデブオヤジに抱かれていたんだけど、俺と酒の席で間違いを起こして深い仲になりました。



深い仲になってからは、そのオヤジとは自然消滅したんだけど、彼女は酒が好きで良く飲みに行ってた関係上、色んな人と知り合い、その時にヤクザにご馳走になったのが切っ掛けで付きまとわれる様になった様です。



しつこいけど、前に働いてた社長の舎弟なので無下に断りずらいのでご馳走に成ってた様です。



本気で彼女のことを好きらしく、俺の女になって欲しいと何度も



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

頼まれてたのです。



幸いそんなに悪い奴ではなく襲ったりはしてこなかったのが救いです。

そのヤクザは俺と同じ年くらいの人でした。



彼女は“ウザイ!”って行ってましたが、1年くらいは付きまとわれてて



俺と一緒に居るときも携帯に電話が掛かって来てました。



その人(ヤクザ)はその後、刑務所に入ってしまいました。



何度か話をしたことが有るけど、優しい人でした。



32歳で彼女が居なかったので寂しかったのだと思います。



それと女の好みが俺と同じみたいでした。



因みにその彼女はレイプ経験が過去に3回くらい在ったようです。



乳が大きいってのと隙がある美人で酒を飲みすぎるのが原因の様でした。



3回のレイプの内、1回は2人に輪姦されたと言ってました。



そんな感じの女なので、ヤクザも“これは行ける”と思って



付きまとったのかもしれません。



満員電車で痴漢体験も在ったそうです。



集団痴漢で上半身を裸にされてオッパイも揉みまくられたと言ってました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


そのヤクザと俺は面識が在って俺と彼女が付き合ってるのは知らなかった。



俺が浮気しなかったら結婚してたかもしれないけどね。



まあ、自業自得って奴です。



今でもその彼女とセックスしたいって思うよ。



フェラが抜群に上手で騎乗位も上手でした。



特に騎乗位でGカップ爆乳ブルンブルンが最高に興奮しました。



濡れ方も凄くて俺にとっては最高の女でした。



彼女を信じてたし、ヤクザとは体の関係も無かったからね。



むしろ相手のヤクザの気持ちが同じ男として解った。



年も俺と同じくらいだったしね。



今は刑務所に入ってるから後3年は出てこれないと思うよ。



当時の俺は調子に乗ってたんだよね。



他に女が4人ばかり居て、男が浮気するのは当然だと思ってた。



本命の彼女はGカップで身長も性格も理想なのにね。(妊娠線の後は在ったが)他にIカップ(大きいのに垂れて無かった)の女に、中国人のBカップのセフレ(日本人の旦那が居た)にCカップの人妻に、18歳のBカップの少女で俺が始めてのセックスの相手だった。



変な知り合いが居てそいつが俺の彼女とセックスしたくて俺の浮気をチクリやがってそれで、本命の彼女が去っていった。



失ってイカに大事なものを失ったかが解ったよ。



逃がした魚は大きいってやつの典型だね。



(今でもチクッタ奴に俺は根に持ってるよ)これは別にネタではないよ。



昔は女が結構寄ってきたんだよね。



調子に乗った俺が馬鹿だったよ。



本音はやり直せるならやり直したいけど、もう無理だろうな。



今から4年も前の話さ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 昔の彼女はGカップ

【乱交】レズの2人に頼まれて[前編]
数年前、独身男の私は人材派遣会社に勤めていました。
私は当時、営業で色々な会社を回っていたのですが、その年の忘年会の時、業務課の啓子を、色々と派遣社員の女性を手配してもらったお礼として飲みに誘ったのです。

「この前はありがとう、お礼に飯おごるよ」

「ほんとですか!?絶対ですよ」

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【乱交】レズの2人に頼まれて[前編]

寮生活の思い出
画像はイメージです

当時、女子寮にいたツヤ子さんは23、4歳でまさにセックスしたくてたまらない盛りだったんだと思います。

僕も30を目前にしていたものの、週に2~3回は精液を抜いておかないと落ち着かない状態で、男子寮に戻ると週刊誌のグラビアを見て興奮を高めて射精を行いました。
管理人が女子寮の方にいた関係で食事は朝夕と女子寮の食堂に食べに行っていたので、時間帯によってはツヤ子さんと一緒になることがあり、他愛もない世間話をしていました。

ある日、夕食がとても簡素なことがあって、たまたまツヤ子さんと二人っきりで食べたとき、これじゃあ足りないから近くの焼き肉屋に行こうということで意見が合いました。
ビールや日本酒を飲みながら、たらふく食べてほろ酔い気分で寮に戻っている途中、ツヤ子さんが「少し酔ったみたい」と言って、酔い覚ましに公園を散歩して帰ることになりました。

ツヤ子さんは特に美人というわけでもなかったけど、明るい色気があり、性欲をそそる何かがあって、機会があったらセックスしてもいいなと思っていました。
そんなこんなで2人の感情が共鳴したのでしょう。
公園のベンチに腰をおろすとどちらからともなく体を寄せ合い、気がつくと唇を重ね舌を絡めて抱き合っていました。

互いの性器を衣服の上からさすりあい興奮はどんどん高まっていきました。
僕はツヤ子の耳元でささやくようにいいました。

「ここで、する?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「外は、いや」
「じゃあ、どこか行く?」
「あなたのお部屋」
「俺の部屋でいいの?汚いよ」
「いいの。そこでしたいの。我慢できないの」

男子寮に裏から入り、誰にも会うことなくツヤ子さんと二人自室にたどり着くと、彼女はすぐに上半身から裸になり万年床に座り込むと、靴下とかパンストを脱ぎ、あっという間にパンティー一枚になって横になりました。
僕も負けずにブリーフ一枚になり、彼女を抱き寄せ体をまさぐりまわしました。
彼女の興奮がどんどん高まり自分からパンティーを脱ごうとしました。

「まだ、脱いじゃだめ」と履かせ直そうとすると、だだっ子のようになって「いやいや、脱ぐの、ほしいの、あなたのがほしいの」と、声を押し殺しながら叫ぶように言って、手と足を巧みに動かしてパンティを脱いでしまいました。

彼女の股間はすでに濡れており、割れ目に指をはわせると小陰唇がプルプルした状態になって張り出し、割れ目の合わせ目のところにクリトリスがプックリと顔を出して受け入れ体勢十分でした。
僕にとっても久しぶりのセックスでした。

「ツヤちゃん、入れるよ」
「いいわ、はやく来て!ほしい、ほしい!!」

上になって重なり、ペニスを割れ目に沿わせると、ツヤ子さんの出した液体がねっとりとペニスに絡みつき、いとも簡単につるっと入りました。
しばらく初めて味わうツヤ子の膣のザラザラ感を楽しみました。
そのとき初体験をさせてくれた由美子さんとのセックスのことを思い出しイキそうになりました。
イキそうになったら下手に抜こうとするとその刺激で射精してしまうことがあるので奥に入れた方がイイということを由美子さんに教えてもらったので、その通りにするとなんとかそこでの射精は食い止められました。

しかし、ツヤ子さんは興奮を高めるために必死に腰を動かすのでたまりません。

「ツヤちゃん、あまり動くと出しちゃいそうだ、ちょっとじっとして、おねがい」
「いや、きもちいい。きもちいい」
「だめだよ、出そうだ」
「出して」
「ゴムつけなきゃ・・・」
「いいの、大丈夫。直に出して。思いっきり出して!我慢しないで出して!!」

その言葉に、僕はあっけなく昇天。
反射的に彼女を抱きしめると腰が動き、射精の脈動に合わせるように肛門筋を収縮させ精を放ってしまいました。
久しぶりに気持ちのいい射精でした。

その夜、彼女は帰らず、二度ほど性器を交えました。
彼女が結婚して退職するまでの半年あまり性の処理は彼女に頼り切っていました。

本当に充実した性生活を満喫させてくれた寮生活も、彼女が去って再び殺伐としたものになり、その後、しばらく僕は風俗通いとオナニーに明け暮れました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 寮生活の思い出

【乱交】レズの2人に頼まれて[後編]
「宮野さん、そのまま指を回して」

「こうか?グリグリして欲しいのか?」

「あ~ん、そう、ゆっくりして、ゆっくり~」

啓子は今にもイキそうな感じでしたが、ここであえて途中で指を抜きました。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【乱交】レズの2人に頼まれて[後編]

夫婦喧嘩で家から飛び出して・・・
画像はイメージです

7歳年上の夫の強引な引っ張りに負けて、2年前に結婚しました。

でもいざ結婚生活を送ると一人寂しい生活です。
朝7時前に出勤して、帰りは夜の10時過ぎ、休みも出掛けて居ません。
エッチは週に1回ほどで、10分か15分。

この夏に家に置き忘れた携帯が鳴りました。

夫からです。
その後、メール着信。
見ると知らない女性の名前で『今度はいつ会える~(ハートマーク)』でした。

夫が帰り、問いただすと、「会社関係で仕事だ」と言うのです。

(おかしいよ・・・だってハートマーク??)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

無性に嫌になり、私は車に乗り、家を飛び出していました。

出掛ける時、格好まで気にしてなかったから、ビキニショーツにノースリーブのワンピースだけで、ブラをしてませんでした。

車を数10分走らせ、喉も渇き、自販機でジュースを買い、スポーツ公園の駐車場に止めていました。
夜も11時過ぎて一人寂しくて、何度も家に帰ろうと思いましたが出来ません。

車が1台来ました。

しばらくすると窓を叩く音。
振り向くと男性(大学生くらい)が2人。

「窓越しにこんな時間に一人でなにしてるの?」
「暇なら俺たちとカラオケでも行かない??」

ちょっと考えて、一人では寂しいので行く事にして、男性の後に付いてカラオケに行きました。

2時間ほど3人で歌い、店を出ました。

夜中の2時を回ってたかな?
蒸し暑かった。

男性の車の後ろに乗り、しばらく話してたら、「良い景色を見に行こう」って言われて、車出ちゃった。

広々した駐車場に着き、星も夜景も綺麗でした。

突然、助手席のシートが倒れて、男性が私に襲い掛かってきたのです。
跳ね除けても無理・・・。

ワンピースのチャックを下ろされて上半身露出です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「ブラしてないぞ、いい乳してんな~」とか言われ、2人に抱き付かれ、パンティー1枚にされました。

「止めて~止めてよ~」と言っても無視。

体中触られたり、吸われたり、舐められたりして、ちょっと感じたのです。
投げやりになり、男性のされるまま、そしてあそこに指が来て2本でかき回されると、いやらしい音が出てきてました。

胸を揉まれたり、乳首をいじくられているうちに挿入されて、声が・・・

「あああ~ん」

奥深く突き上げてきてからピストン。
そんな繰り返しされてから「うう~、おお~」って声の後に抜き、口にペニスを押し込まれて出してきました。

そして、2人目が挿入してきました。

初のカーセックス、そして3P。
多分2回ずつ??されたと思います。

放心状態です。

我に返った時は裸のまま、私の車の中でワンピースを掛けられてました。

これが私の初逝き体験。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 夫婦喧嘩で家から飛び出して・・・

【近親相姦】入院中の父に代わって母とセックス
先月くらいから母親と関係がある。
父親が体を壊して入院し、実家が農家なので就職浪人だった俺が手伝っているうちにそうなった。

広い田んぼをいくつか持っていて、そのひとつが山の中にあり、そこには農機具を置いている作業小屋がある。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【近親相姦】入院中の父に代わって母とセックス

入院中の夫が麻酔で眠ってる間に夫の同僚と潮吹きSEX
画像はイメージです

私の夫はプログラマーで毎日不規則な生活をしています。
たまに早く帰ってこれる日があるかと思うと、2、3日帰れない日々が続いたりとめまぐるしい毎日。
3月頃になってようやく一段落したらしいのですが、今度は現地に行かされるかもしれないと言い出しました。

プログラマーの一人が体調を崩して退社してしまい、その分が旦那に回って来たということでした。
結局土壇場になって、旦那が九州の小倉に出張に行くことになりました。

「3日という予定だったが、帰れなくなった」と電話がありました。

いつ帰れるのかと聞いてみると、いつ帰れるか分からないということでした。
下請けに出したプログラムが動かなくて、修正はいつ出来上がるか分からないと言います。

「動いたら帰れるが、動くまでは帰れない」と頼りない口調で言い訳が続きました。

まったくなんて会社だと思いましたが、旦那もとても身体が辛そうな口調でした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私は、「ともかく早く帰ってね」と愛想良く返事をしました。

数日経って、夕食の支度に買い物に行こうとすると、旦那の会社から電話がありました。
旦那が仕事場から帰る途中に事故にあって入院しているとの連絡でした。

「命に別状はない」と聞いてほっとしましたが、すぐに現地に行くことにしました。

簡単に荷物をまとめると、銀行で当面必要なお金をおろして新幹線に乗りました。
新幹線に乗っている間も旦那のことが心配で、ほとんど食事もできませんでした。

駅からタクシーに乗って救急病院まで駆けつけると、旦那はまだ集中治療室で寝ていました。
昼休みに自転車を借りてお弁当を買いに行ったとき、「車とぶつかった」と旦那の同僚の洋平さんが話してくれました。
足の骨を折って当分は動けないらしいと分かり、私はいったいどうしようかと目が回りそうな気分でした。
旦那は、痛み止めの麻酔のため寝たままで話も出来ませんでした。
担当医の説明を聞いた後、しばらく旦那の側にいましたが、私にはすることがありませんでした。

いつまでも病院には居られないので、私はどこかに泊まることにしました。
どこに部屋をとったらいいのか分からなくて、電話帳でホテルを探し始めました。

「旦那がホテルにとってある部屋に泊まればいいよ」

側で見ていた洋平さんにそう言われて、私は洋平さんとタクシーを呼んでホテルに行くことにしました。

病院の待合室の公衆電話には、タクシー会社の番号が大きく張り出してありました。
洋平さんがタクシーを呼ぶと、しばらくしてタクシーのクラクションの音が病院の外で聞こえました。
私は洋平さんと一緒にタクシーに乗り込みました。

ホテルの建物はまだ新しくて普通のビジネスホテル。
ホテルのレストランで洋平さんと一緒に食事をすると、「気分が落ち着くから」と言われてワインを勧められました。
私は断っても悪いと思ってワインを飲みました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

食事のあと、部屋に戻ろうと立ち上がろうとしましたが、足下がふらついてしっかりとは立てませんでした。

洋平さんに身体を支えられて部屋まで戻ると、ドアの前でいきなり洋平さんが私の身体を抱き締めてきました。
私は頭が半分ぼんやりとして自分が何をしているのか分からなくなりました。
洋平さんは私を抱き締めたまま部屋に入ると、私をベッドに押し倒しました。

私の身体を襲う欲望は、嵐のような激しさでした。
浜辺に押し寄せる波のように、欲望は繰り返し私の体に押し寄せては引いていきました。
逃げることの出来ない快楽の時が始まったことを、私は思い知らされました。
信じられない感触が私の体中に広がると、許しを請うことさえ出来なくなりました。
私に許されたのは、望みを捨てて従属する快感に身を委ねることだけでした。

天国に放り上げられた私の体は、最後の瞬間を求めて宙を舞い続けました。
洋平さんが私の体を征服する間、愛する夫は麻酔で病院で眠っている。
私は自分の不貞行為に酔いしれ、夫に抱かれるように快感を覚え、恥じらいもなく喘ぎ、まんこからは大量の潮吹き。

(もっともっと子宮に届くようにグリグリして欲しい!)

獣になったように、洋平さんの極太ペニスを求めてしまいました。
そして事後はとてつもない罪悪感。

私の気持ち的にも、レイプされたって感じではなく、自分も激しく興奮して求めてしまい、夫を裏切ってしまったっていう思いが強かったんです。
だから入院中は毎日行って、看護師さんたちにバレないように夫に尽くそうと、普段はしないイラマチオなど、贖罪の意味を込めて丹念にフェラチオしました。

しかし、今でもあの不貞行為の快感が忘れられません。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 入院中の夫が麻酔で眠ってる間に夫の同僚と潮吹きSEX

【羞恥】ヌード撮影会で遭遇したモデルに起きた悲劇
アマチュアカメラマン向けのヌード撮影会。
参加者はほとんどが大きな一眼レフ持った中年だ。
なのにコンデジ持った、20歳くらいの男の子たちが参加していた。
横で話を聞いていたらモデルの元同級生らしい。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【羞恥】ヌード撮影会で遭遇したモデルに起きた悲劇

倒産の見返りに処女ゲット!
画像はイメージです

今年で31歳になるオッサンです。
子供が二人おります。

先月、会社が倒産しました!!(笑
・・・いや、笑い事ではないんですけどね。

今回は倒産の見返りに26歳の処女をゲットしたんでご報告させていただきます。

そのとき、会社の仲間内だけで「解散パーティー」というノンキな企画をやりました。
年齢があがるごとに「どーーしよーーーーー・・・」という感じで暗い会だったんですが、「もう飲むしかねぇだろ!?」ってことで体育会系のノリになりました。
ワインだ、焼酎だ、日本酒だ、氷の入れ物にミックスだ!・・・と、とんでもない状況になりました。

「旅のハジは掻き捨て」ではありませんが、「もう二度と会わないメンバーだ」と思えば、性別なく別れを惜しむわけです。

そんな時、他部門の26歳の事務員が声を掛けてきました。
パソコンにチト詳しい自分は、困った時のヘルプを何回かやったことがあったからです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


可でも不可でも無い普通のメガネちゃん。
足がチョイと太めちゃん。
エロオーラまったくなしです。

「本当にご迷惑をおかけしました」
「いや、いや。エ~んだよ。まぁ飲めよ」と言いながら、桃のような太ももにタッチ。

他の女子社員から「いやだ~デイゴさん、エロイ~」と言われても、これまでならセクハラだ~なんだ~とあったワケですが、今日になったら関係ナシ!
触りまくりの飲ませまくりですよ。

・・・で、調子に乗って飲ませまくったためか、気分がお悪くなられた様子。

「大丈夫?送ってくわ」と他のメンバーが乱れ続けるなかドロン。

タクシーをちょっと走らせたらHホテル発見。
1件目は満室(笑

なんとか2件目でメチャ高い部屋が1室・・・。
なんでもヨカです。
ヤれれば。

べろべろでフーフーいってる26歳をベッドまで引きずりディープキス。
あうあう言っている間に素っ裸に剥いてみました。
Bカップぐらいの手ごろな胸を舐め、クンニしてやれば程よくぬれています。
ゴムを装着して、ググッ。

「い、いたい・・・・・」

?????

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


濡れてるのに何でや?と思ったら

「初めてなんです」

はぁ????

確かに指も入れず、シマリを楽しもうとした俺がいかんのだが、まさか御初物とは!!!

学生時代に2匹ほど初をゲットした自分が、生涯3匹目。
男女比率を考えると食いすぎでございます。

でも、知らずに指でかき混ぜていたら「処女膜突破=指」という悲しい結末だったんでヨシでございましょう。

というわけで、ツバ指を濡らしジックリまわりをほぐすコトに決定。
ヤッたことがなくとも26歳でございますんで、身体は成熟してますわな。
その前から濡れてるぐらいだし。
盛り下がってきはじめたら豆攻撃でフンフン鼻を鳴らしてます。

指遊びもエエかげん飽きてきたので、再度挿入を試みます。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「大きく深呼吸してね~。大丈夫、大丈夫だからね」

何かの雑誌で読んだのですが、根拠がなくても「大丈夫」と言われると潜在意識でリラックスできるようです。

内股に妙な緊張があるのは処女だけですね。
普通の正常位だと力が入って腰を前に出せないので、片足だけを肩にかつぎ反対の足はブラーん。
真正面ではなく少し斜めに身体を持っていくと痛さの反射力を逃がすことができるようです。

何回か入り口をコスったあと「ズブり」亀頭の1/3ぐらい挿入。
まだ余裕。
先っちょが引っかかった状態で体重を浴びせます。

「い”ーーーーーーー」

痛い!ではないリアルな反応は酔っ払っているから?

「大丈夫、もう入ったよ」

腰を軽く使っても、痛みがあるんで、ふうふう言うだけなのにツマラナクなり、入れながらマメをイジってみました(処女にやるなよ!)。

「あ”ーーー」

絶叫型のようです。
処女をイカせるなどという高等テクを持ち合わせていないのと、初回から延々ヤラれるのはシンドイだろうという自己満足で、さっさか射精態勢へ。

自分も酔っ払っていたんで、両足を担ぎ、一番深く入る体位でガンガン腰を使います。

「う”ーーーう”ーーー」と唸っていますが、知ったこっちゃありません。

「う”いくぞ!!!」

ゴムも付けてるんで、しっかり中出し。

退職金≒処女ゲット。

まぁ、しゃーないか。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 倒産の見返りに処女ゲット!