お仕置きしなくちゃね!
画像はイメージです
私は高校2年の女です。
先日友達のA子の両親が外泊したときのことです。
A子の家に仲の良い女友達4人で泊まりに行きました。

夜遅くなっても私たちは騒いでいたら、A子の弟、中学1年のE君が「うるさいなぁ!早く寝ろよ!勉強できないだろ!」と文句を言いにきました。
E君が自分の部屋に戻ると、A子以外の4人は皆
「きゃーっ♪A子の弟可愛いね。」
「ちょっとーA子、弟紹介しなさいよー」
と黄色い歓声をあげました。

A子は
「何言ってるのよ!あんなのただのバカよ!勉強なんてしてないわよ!たぶん私たちが寝たらズリセンとかコキだすわよ!」
「もうすぐ0:00になるでしょ、あいつ深夜番組オカズにしてオナニーとかするのよ!」とか言いました。

私たちはA子にE君がオナニーしだしたらE君にイタズラしてもいいか聞いたら、A子は顔を渋りながら「勝手にすれば、私は寝るから!」と呆れた返事をした。
私たちはとりあえず寝たフリをした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

0:00を過ぎたころ部屋がミシミシ揺れだしました。
私たち4人はE君の部屋を覗きに行きました。
部屋でヘッドホンをつけてオナニーしているE君を皆で押し倒し、全裸にして体中を愛撫すると、最初はイヤがってたE君も感じ出しました。
4人で手足を押さえつけ2時間ほど、乳首や耳元、腋の下から指先まで、アナルや玉袋、太股を愛撫すると「あ~ん、もっとぉ~」と完全に私たちのオモチャに変貌しました。
・・・と、そこにA子が入ってきました。

「ちょっとぉ!何やってんのよ!」

A子に見られ我に返ったE君は赤面しながら

「離せよー!」

私たちが「さっきまで女の子みたいに喘いでたのに生意気よねー!お仕置きしなくちゃね!」と。
4人同時にE君の性感体をキスマークが付くくらい強く愛撫すると

「あっんっ!あぅんっ!やめってっ!お願いっ!」

恥ずかしがりながらも感じるE君を見てA子の表情も淫靡に変化しました。

「E、おねぇのココ舐めて。」

なんとA子はEにアソコを舐めさせはじめました。
私たちはE君の体を愛撫しながら順番に挿入しはじめました。

その晩、E君は7回射精しました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか お仕置きしなくちゃね!

中で出さないでよと泣きそうに
画像はイメージです
女の先生とは4人やったことがある。
その上も入れると6人か。
中学のときに学校の先生と1人、高校のときに3人(うちの学校のが2人と、それ以外が1人)。
大学のときは助手の人と、あとは留学中に外人のTAと。

まぁ、大学と留学中はたぶん興味ないだろうから、どれか暇に任せて書こうと思うけど聞きたい?

俺は当時中学2年生。
初めての射精をやってまだ一年足らず。


うちの中学はちょっと特異なところがあって、すごい古い農村地域に急にニュータウン作って、近くの大企業の社員がどっと流れ込んで、まぁ中学校には、古い農村丸出しの勉強なんかまるっきりやる気のないヤンキーと、塾通いでやけに勉強ができて学校は遊びの場だと心得ていたマセ餓鬼の巣窟となっていたんだ。

で、中二のときの俺のクラスの担任は、教師になってまだ数年とかの新米。
しかも親のコネで教師になっているので、最初の配属はかなり大人しい学校で、うちみたいな扱いにくい学校で担任とかさせられててんぱってた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

で、まぁ、俺もその中では学校を馬鹿にしてた餓鬼だったわけだが、成績はよかったのでクラス委員とかさせられるわけ。
よくあるじゃん。
一学期は人気者がクラス委員長やって、二学期は無難な秀才が、みたいな。
俺はいつも二学期の委員長ってやつで、そのときもクラス委員長で、担任とコンタクトがよくある立場で。

クラスにはめったに学校に出てこないのとか、学校でチェーンを振り回す馬鹿とかいて、担任は生活指導の教師に突き上げられて、一方で、頼りだと思っていた勉強のできる連中は、はなっから学校の授業なんて馬鹿にしてて、担任は、クラス運営で神経がめちゃくちゃ磨り減っていた。

おれ自身も学校の授業はひたすら馬鹿にしていたのだが、まぁそんなのを表に出すほど知恵がないわけでもないし、少なくとも担任とは仲良くしておいたほうがいいに決まっているので、クラス委員として担任の愚痴を聞く立場に徐々になってた。

で、学期末の12月には、担任も俺のことを非常に頼りにするようになってて、色々夕方遅くまで相談して、一人暮らしの彼女の家でご飯をご馳走になったりすることもあった。
で、そのときはそれっきり。
っつーか、こっちも、先生とそんなことをするって思ってもみたことはなくって、むしろ、クラスのヤンキー女どもの初体験話、しかも男女双方がそんな話してるし、まったくドキュンってのはああいう連中だよな、みたいな話のほうがよっぽどリアルで刺激的で、妄想のネタでした。

んで、三学期になって委員長を交代しても、担任との茶飲み話は続いた。
そんな中で、不良生徒が多かったうちの中学では、教師が交代で休み中も繁華街の巡回とかやってたのだが、それが結構負担で、先生の友達との遊ぶ約束もドタキャンみたいなことが結構あってつらいとかという愚痴が増えてきた。
んで、まぁそんな感じでなんだか大人の世界を垣間見させてくれる先生との会話は非常に楽しかったのだが、そうこうしているうちに、三学期も終わり、担任の先生ともお別れで残念ですな、と思ってた。

んで、春休み、もう4月に入ってのこと。
始業式を目の前にした時期に、塾の帰りに一人繁華街のコンビニで立ち読みしてたら、二年生のときの担任が酔っ払って買い物に入ってきた。

で、お互い気がついて、「あれ、こんなところで何してるの?」って。

俺的には、補導ではないが捕まっても不思議のない状況でまずいと思って恐縮&言い訳してたら、彼女のほうから、「何言ってんのよ~君が夜間徘徊なんかするわけないじゃない~」ともろ酔っ払い状態。

でも不安まみれの俺は、「せんせ、いいから帰りましょうよ」って逃げに入ったら、先生が「なに~、かえるの~?うちでお茶でも飲もうよ~」と言ってきた。

こっちは補導を恐れて言いなり。
遅くなったら親に怒られるというのだけが心配で、だけど補導はいやだよねぇ。
で、ちょっとだけですよ、ということで先生のうちでお茶をいただくことにした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

うちには、先生の家から、「塾で自主勉強会やるからちょっと遅くなる」とか、中学生らしからぬうそをついたら、「じゃあ鍵をポストに入れておくから先に寝る」との返事。

正直ほっとした。
でも先生の家に長居するつもりもないし。

で、まぁ時間的な余裕はちょっとあるわね、と思いながら、先生と茶のみ話をしたら、先生、いきなりビールとか飲み始めるわけ。
おーい、中学生の前で酒なんか飲むなよ。
でもなんだか先生は俺がそういうのに興味のないまじめな子供だと思っていたらしく、愚痴愚痴愚痴。
担任をおろしてくれといったのにまた担任になりそうだとか、休日巡回で暇がなくて長年の付き合いの彼氏と別れたとか。

あまりにも彼女がハイなので、ちょっとまぜっかえすつもりで「大人はいいですよねー。大人の気晴らしっていうか遊びがあるからさー。子供はだめなんだよねそういうの」って、先生の飲酒をあて擦ってみた。

っていうか、かなり目がふらふらしてて大丈夫かなって感じだったし。

そしたら、先生、何を思ったか、ってか、恋愛話の途中でそんなことを言ったのがまずかったと後から思うんだけど、「大人の遊び~?興味あるの?」とか絡んできた。

酒はちょっと飲んでみたかったし、親はどうせ寝ているし、明日も春休みだしと思ったので、「そりゃ、知らないものには興味ありますよね」と言ったら、先生「でも、いまどきの子は君の歳でもやってるでしょ。女の子でも、◯◯さんとか◯◯さんとか。変なこと考えちゃだめだよ」って。

◯◯さんも◯◯さんも酒飲んでるんだったら注意しろよな先生。
あいつらと酒飲んだら、不良ヤンキーに付け込まれてパシリライフ確定じゃねーか。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


とか思ってたら、先生の目の色が変わって、突然隣に場所を替わってビール瓶握って「興味ある?」って言い出した。
そりゃ酒は飲みたいよな。

「まったくないわけじゃないですけど、中学生のうちからそんなこと覚えたらのめりこんじゃいそうですよね」ってへたれな俺は逃げを打った。

そしたらほとんど泥酔している先生が絡み始めて「君、成績がいいからって学校の授業馬鹿にしてるでしょ」とか言い出した。
当たり前だろう。
レベルが低いよ。
と思ってたら、「駄目にしてあげる」とか言い出して、いきなりキスして覆いかぶさってきた。
酒臭いよ先生。
ファーストキスは酔っ払いの香り。
でも唇が柔らかくて、カチカチあたるお互いのめがねが邪魔っくさくて、なにより覆いかぶさってきた体の柔らかさ、胸の質感。
もう中学3年生のちんちんは勃起しまくり。

それでも逃げようと思って体をよじったら、おっきしたちんちんが先生のお尻のあたりに触れる。
先生の泥酔顔が笑いで砕ける。

「大人の遊び、教えてあげるね」と言いざま、押さえ込みモード。
手を先生の胸に誘導されて、こっちももう止め処がない状態。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そのまま抱き合ってキス攻撃される。
最後のか弱い抵抗。

「先生とこんなことしてダメですよ」。

先生「ダメにしたいって言ったでしょ」

そのまま脱ぐように言われて、黙って脱ぐ。
先生も下着だけになっている。

「脱がすお勉強だよ。ブラはこうやって外して・・・」

もう教えのままに。
ブラを外す。
そんなに大きくない。
唯一見たことがあった母親のよりちょっと大きくて張りがあるくらい。
乳首も母親と同じくらい、ちょっと濃い目の茶色で違和感はなかった。
っつーかエロ本の乳首は修正済みでしょと当時は思っていた。
ほとんど本能的に乳首にむしゃぶりついて、先生が喘ぎ始める。
スキャンティもいつの間にか先生が脱いでいる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


っつーかほとんど前戯らしい前戯もないのにびしょぬれだったな。
促されるままに、手を先生のところに添えたら、もうべたべた。
先生が足を開いて「入ってきてね・・・」と言うので、ちょっと試行錯誤したが、あっけなく中に入った。

温かい・・・柔らかい・・・温かい・・・柔らかい・・・。

でも、エロ本で読んでいたような締りがどうと言う感じより、包まれて気持ちいい感じ。
まぁ、俺は握り締め系のハードオナニストだったから。
むしろ、腰をちょっと動かすたびに、先生が授業で見せる落ち着いた声ともヒステリーのときの甲高い声とも違う甘えっぽい声を出すのが、先生を支配しているって感じがしてよかった。

色々工夫して、先生の声が変わるのを捲るめく感じで見ていたら、そのうち先生が、「場所変わって」というなり、上に乗ってきた。
そして腰揺らす揺らす。
気持ちよすぎる。

つい「先生気持ちいいです」と言ったらにやっと笑って「がまんしなさい」って。

がまんできないよ先生。
ほんのわずかの後、予告もなく先生に中出し。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

腰の様子が変なのと、顔の緊張感がなくなったのを見て先生が「いったの?」と聞くので、「いっちゃいました」と言ったら「中で出さないでよ」と泣きそうになる。

こっちも泣きそうだったよ。
でも、勃起は収まらない。
シャワーを浴びてもう2回。
今度は慣れているのでスムーズに入ったし、色々実験的に試してみて、先生が人格違うんじゃないかってくらい悶えるのが強烈に快感。
先生のほうも、毒食わば皿までで、3回とも中出しさせてくれた。

3年生になってもこんなことしてくれますか?って聞いたら先生が「上手だったよ。これからもよろしくね」というので嬉しくなってキスしまくり。

後で書くつもりだったけど、その後に付き合った先生が付き合ってる間に妊娠しちゃって、とりあえず法律的には俺の子じゃないんだけど、生物学的にも俺の子じゃないと思うけど、今都内で某名門大学にいる。
っつーか俺の後輩だ。
DNAは偉大だ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 中で出さないでよと泣きそうに

彼氏とはバイブデート、元カレとは中出しセックス
画像はイメージです
彼氏が私の部屋に遊びに来た時に、最初はイチャイチャと映画などを見ながらはしゃいでいたのですが、そのうち彼氏の理性が切れたようで、エッチなムードになってしまいました。
その時の私の服装は白のミニスカートに肩を露出しているニットでした。

服は脱がずに私がパンティーだけ脱がされて、彼氏が服の中に手を入れ、胸を揉んできました。
そしておまんこにも手を入れてきました。

1本・・・2本・・・と指が増えていき、3本入ったところで私はイッてしまいました。
そして、もう夜遅くなってきたので寝る事にしました。
私は彼のものには触れずにいってしまったので、彼が「まみは俺をおいてイッたから、罰としバイブを設置してデートしろ!」と言い残して寝ました。

朝起きて見ると、私のおまんこに変な感じがしたんです。
そう・・・、そこにはバイブが入っていました。
それもリモコン式の・・・。
彼は何も言わずニコニコ笑っていました。
私は仕方なく、この状態でデートすることにしました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

はじめに朝ご飯を食べに行きました。
歩いている時もすごく歩きにくく、彼氏がリモコンでスイッチを入れるたびに、声が洩れました。
もちろん、道行く人々は私の異変に気づいていたと思います。
そんな視線を感じつつ、喫茶店のような所に行きました。
私はあまり食べることが出来ませんでした。
それもそのはず、彼氏が食べている間中ずっとスイッチを入れられていたんです。

そしてその後に映画やゲームセンターなどに行ったんですが、あまり記憶が残っていません。
帰る途中で、彼の友達に会いました。

元彼が部屋に来ました。
残っていた私物を取りに来たわけで、もう別れたんだから、私がそれらをまとめて、外で渡せばいいだけの話なんですが、どうしても私では見つけられないものがあって、自分で探すからって。
気乗りはしなかったんですが、部屋へ入れました。

どうして気乗りしなかったかというと、元彼のこと、別れたといっても、喧嘩ばかりになるし、前向きな付き合いができないってことで、別にキライになったわけじゃなかったんです。
だから、いい雰囲気になったりしたら心配で・・・。

そして、やっぱり、いい雰囲気になっちゃいました。
だって“もう付き合ってない”と思うと、“単に好きな人を部屋に招いた”ってシチュエーションでしょ?
それに、何度も何度もセックスした仲だし、お互い、気持ち良さを求めて、色々リクエストしあったりして、相当恥ずかしいことも、実はしてるし、み~んな曝け出した仲なんですよね。

結局、探し物は見つからなくて、彼も「やっぱり持って帰ったのかなあ?家で探してみるよ」って。
それから、「あ、こんなとこにあった!」って言いながら、乳首を摘まれて・・・。

「あん!」って、私は思いっきり感じちゃったんです。

実は彼を部屋に入れたときから、濡れてたし。
スイッチ入っちゃってたんです。
だから、感じ方も半端じゃなくて。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

あっという間に脱がされて、前戯なんかなくて(私も、そんなのして欲しくなかったし)、あっという間に挿入されて・・・。
それが、懐かしくて、しっくりきて、ものすごく気持ち良くて・・・。
自分から、腰を激しく振っちゃいました。
私も彼氏もゴムなんかもう用意してないし、生で・・・。

別れてた間のことを取り返すように、いつもより激しく、色んな体位で。
私も相当声出してたし、腰も振りまくったし。

これまでも生でしたことはあったんだけど、「絶対、中に出さないで」だったのが、どうしても中で欲しくなるほど、すごくすごく求めてしまったんです。

2回軽くイッて、たまらなくなって、私が上になって。
自分にとって、一番イイカンジを求めて、主導権を握って。
彼が「イキそう!」と叫んで、私を退かせようとしたんですけど、「このまま!中で!」って言っちゃいました。

彼はあとで「やりなおそう」って言ってくれたんですが、でも、喧嘩ばかりになるの、目に見えてるし、そういうのシンドイし、「セフレでいてください」ってお願いしてしまいました。
それから、彼にとっては中出しは初体験だったらしく、「これからも中で出したい」って。

「安全日だけね」って、返事しちゃいました。

「恋人じゃないんだから、いつもシテなくていいでしょ?安全日しか、やらせてあげないから」って。

なんか、今の方がラブラブな感じです。
変ですよね。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 彼氏とはバイブデート、元カレとは中出しセックス

元彼とセフレ契約
画像はイメージです
ついこの前の土曜日1つ年上の元彼と2年ぶりに会ってきました。
2年前に些細な事で別れて・・・まぁ、私がお金などを貸していたこともあって、縁が切れずに今まできていたんだけど。

向こうに彼女が出来たとの事で、なんだか寂しくなって。

「また、会ってみたいな」と私からモーションをかけてしまいました。
別にキライになって別れたわけじゃないしね。
そしたら向こうもあっさりOKとの事。

最初は普通にご飯を食べて街中をぶらぶらして、元彼は彼女がいるくせに、私の体にべた触ってくるくる。

「やりたいの?」となんとなく鎌をかけてみると。
「うん・・・それはもちろんっ!」との事。

最初はどうしようかと悩んでいたんだけど、自分もエッチなことしてないし、なんとなく欲求不満。
なんとなく期待もしてたし、最初はごねたふりして、ラブホへ・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

それからは、勝手知ったる体。
むさぼるようにエッチをしました。

部屋に入ってすぐにベッドに押し倒されて、キスの嵐、ディープキスをして息が出来ないくらい舌絡まされて・・・。
服の上からちょっと強めに胸を揉まれて、そのまま服に手を入れて生で乳首をつまんだりコリコリしたりして、私は体の力抜けっぱなし。
全部一気に服はがされて、大事なところに指をいれられて。

「濡れてるよ・・・気持ちいい?」

久しぶりの感触で吐息をもらしながら答える私。

「うっ・・・ん、だって気持ちいいし」

いつの間か服を全部自分で脱いだ元彼が体の上にのしかかってくる。
下半身の元彼の懐かしいあそこがお腹辺りにあたって、ギンギンになってる。
もうすぐこれが自分の中に入るのかと思うと、ぞくぞくっとしてくる。
お風呂も入らず最初は体のあちこちを弄り回してた元彼だけど、辛抱できなかったのか・・・。

「少しだけ生でいれさせてと」
「ダメだよ~今、ピル飲んでないので、避妊して・・・」といったけど、濡れてたあそこに一気にあてがって、ずにゅ・・・と。

それで、ゆっくりと腰を振り始めたので。
そのままいかれちゃうと恐いので、腰をずらして抜いちゃいました。

少しおしそうな顔したけど、私がいやいやしたら、しぶしぶ備え付けのゴムをしてくれて、ガマンしきれないように再び挿入。
私と別れた後エッチはぜんぜんなく、まだ、出来立ての彼女なのでそう言う関係になってないとの事。
正常位で腰をふるふる、私も久しぶりのエッチなので声かがどんどん大きくなり。
元彼気持ちはいいらしいけど、いかなくって、息が切れ始めて。

一旦、風呂休憩~。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


風呂は元彼のアレをフェラしてあげて、向こうは私の乳首をつまんでコリコリ、風呂場で洗いながらいちゃいちゃ、お湯につかってのーんびり。

お風呂から出た後は2回戦。
フェラのおねだりがあったので、棒を舐めて玉を口に含んでレロレロ。
元彼は刺激に強くって、気持ちはよさそうにするんだけど、激しくは感じてくれてないみたい。
相変わらずだなとか思いながら今度は私が舐められる番、さすがに弱いポイントをついてくる。
クリを舐められるより、吸われるのが弱い私、声も出ながら足の筋肉も痙攣。

やっぱし気持ちいいわ・・・とあえぎながら思う私。

付き合ってる時から体の相性は最高だったもんね、とか思いながら、2つめのゴムをつけて、元彼の物が割れ目をわって、力強く入ってくる。
そして、元彼も力の限り腰をふってくる。
声も最高にヒートアップ。
彼女がいるくせに、私の顔をみて、「かわいいよ、好きだよ」を連発。
正常位のままで足を上げられて、がんがん奥をかき回してくる。

私もあえぎ声というより半分悲鳴ににた声でよがりまくり。
元彼、いく瞬間がきて、私も元彼が行くちょいまえに行ってしまいました。
その後は久しぶりの腕まくらで、おしゃべり。

「やっぱし、お前の体気持ちいいわ・・・」
「彼女いるくせに~でも、私も気持ちよかった・・・。もしよければ、本命の彼女いてもいいので、また会ってくれる?」
「もちろん。オレもまたしたいし・・・」

キスされちゃいました。
彼女には悪いけど、体の相性いいので、セフレ契約しちゃいました・・・いいかな~(笑)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 元彼とセフレ契約

不倫相手への復讐は幼い兄妹の近親相姦
画像はイメージです
彩美と申します。
私は足立区に住む27才、結婚1年目の主婦です。

2年前、まだ独身だった頃の話です。
世田谷区に住む、ある企業の役員の方のご自宅に住み込みで、22才の時から家政婦をしていました。

その役員の男性と私は、家政婦になってすぐ不倫関係になりました。
その方を私は本気で愛してました。

役員男性の家庭は、奥様の他に小学6年生の長男、小学5年生の長女がいました。
長男をタケル君、長女をユウコちゃん(いずれも仮名)とします。

不倫は家族に知られる様子もないまま3年近く続きました。
そして私は妊娠。
不倫相手だった役員男性以外との性交渉は一切経験が無かった当時の私にとって、胎児の父親がその役員男性である事は明白でした。
不倫とは言え、愛する人と作った子供です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


私は「産んでシングルマザーになりたい」と、役員男性に言いました。

役員男性は焦った様子で、中絶を強く要求してきました。
私は泣く泣く中絶をしました。
それから役員男性との関係がギクシャクし始めました。
もう彼との関係も終わりかな?
そう感じた私は、役員男性と別れて家政婦を辞める事にしました。

でも、出産を拒否された不満は私の心にくすぶったままで、日に日にその感情は増していき、いつしか恨みに似たものになっていました。
あの奥様さえいなければ、私は役員男性と結ばれていたかも知れない・・・、明るい家庭を築いていたかも知れない・・・。
そう考えてたら、奥様やタケル君やユウコちゃんまで憎らしくなってきて、家政婦を辞めるまでの間に、この家庭を台無しにしてやろうと思うようになりました。

そのチャンスは、私が家政婦を辞める1ヶ月前くらいの頃に訪れました。
役員男性はドイツに2週間ほど旅行に出ました。
結婚十周年の記念との事で、当然奥様同伴でした。
タケル君とユウコちゃんはさすがに学校を休む訳にはいかず、私と一緒に自宅に残りました。

役員男性ご夫妻が留守になった初日、私は脱衣場の洗濯物の異変に気付きました。
ユウコちゃんのパンティに、ドロッとした物が付着してました。
匂いや状態から、精液だと分かりました。
ご自宅に残された3人のうち、射精出来るのは唯一の男の子であるタケル君だけだから、タケル君の精液なのは明らかです。
ただ、タケル君のパンツに付着していたならまだしも、ユウコちゃんのパンティです。

腑に落ちなかった私は、翌日、浴室の脱衣場に注意を払いました。
夕食後にユウコちゃんが入浴を済ませた後、タケル君が脱衣場に入りました。
頃合いを見て、私は脱衣場に入りました。
タケル君はユウコちゃんのパンティでペニスをくるみ、シコシコしていました。
私が入ってきて焦ったタケル君はその格好のまま体が固まってしまい、私はその場を写メで撮りました。
私はこの家族を壊すための、いけない手段を思いついてしまいました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


(タケル君とユウコちゃんに近親相姦させてみよう)

そんな考えが閃きました。

「タケル君のいけない所、見ぃちゃったぁ。黙ってて欲しい?」

私はタケル君にそう言うと、タケル君は涙目で黙ってて欲しいと言いました。

「入浴を済ませたら、裸のままユウコちゃんの部屋に来なさい」とだけ言って、私はその場を離れました。

私はキッチンで、ユウコちゃんの大好きなコーラに睡眠薬を入れました。
早く溶けるように粉々に砕き、ユウコちゃんの部屋に行き、ユウコちゃんに飲ませました。
お風呂上がりで気持ち良い時だったのでしょう、コーラを飲み干すのに時間はかかりませんでした。
睡眠薬は大人向けの用量分を入れたので、効果は絶大でした。
顔を引っ叩いても起きないくらいユウコちゃんは寝入ってしまいました。

私はユウコちゃんをベッドに寝かせたと同時くらいに、タケル君が部屋に入って来ました。
私の言いつけ通りにタケル君は全裸でした。
タケル君が来る前にユウコちゃんを裸にしておくつもりでしたが、タケル君の登場が早かったからユウコちゃんはまだパジャマ姿でした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

この際だからタケル君に脱がせる事にしました。
タケル君は私に弱みを握られていたから、私の言いなりでした。
ユウコちゃんはパジャマを脱がせると、ジュニアサイズのブラとパンティだけの姿になりました。

まだ小学5年生、10歳の子供のくせにバストは案外発育してました。
ユウコちゃんはとても可愛い子で、噂ではボーイフレンドもいるとかいないとか。
しかもユウコちゃんは役員男性と奥様の愛の結晶。
そう思うと余計にユウコちゃんが憎らしく思えてきました。
ユウコちゃんを全裸にするよう、タケル君に言いました。
乳首とかまだ未発達で膨らみかけの乳房も、まだ無毛に近いアソコも丸見えでした。
タケル君は自分の妹の姿を見て完全に発情していたのは、ピンピンに立ったペニスから明らかでした。
ユウコちゃんの両脚を広げるように言うと、タケル君は素直に細いユウコちゃんの両脚をは広げました。
膣の入り口を教え、指を入れるように言いました。

どんな感じか聞くと、タケル君は「温かい」と答えました。

タケル君のペニスに、私が普段オナニーに使っていたローションを塗りました。
ユウコちゃんの膣の中もローションを塗りました。
穴は当然小さく、私の指も入れづらいくらいでした。
そこにペニスを挿入するようタケル君に命じました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


ユウコちゃんは眠っていて力みが無いとは言え、穴が小さいせいか、タケル君の硬いペニスも最初はなかなか進みません。
徐々に膣の入り口が広がって亀頭が埋まり、ようやくペニス全体が収まりました。
タケル君にピストン運動を命じました。

タケル君は、「気持ちいい、気持ちいい」と言いながら、ユウコちゃんを突いて犯してました。

射精しそうになったのかタケル君はユウコちゃんから離れようとしましたが、私は後ろからタケル君の体を押さえ付けました。

「出来る限り奥で、出し切るまで射精しなさい」

そうタケル君に言いました。
タケル君が唸りながら射精を果たしてユウコちゃんから離れると、初めてペニスで道をつけられたせいか、少し膣の入り口が広がっていました。
赤い血が少しこぼれたかと思った瞬間、白く濁った精液が溢れ出てきました。
若さとは凄いもので、タケル君は射精したばかりなのに、ユウコちゃんのあられもない姿を見て、すぐまた勃起し始めました。

「またやりたい?気が済むまで、好きなだけして良いのよ。あとでユウコちゃんの着衣を元通りに着させておくから、じゃあね」

私はそう言い残して部屋を出る事にしました。
タケル君は我を忘れて仰向けのユウコちゃんに身を重ね、唇を合わせたり乳房を触ったり口に含んだりしながら、自ら挿入して腰を振ってました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私は1階の居間で寛いでましたが、しばらくの間ユウコちゃんの部屋がある2階からベッドがギシギシと音が聞こえてました。

翌日の朝、ユウコちゃんはアソコの痛みを訴えてきました。

私は素知らぬふりをして「生理じゃないの?」と言うと、ユウコちゃんは「生理は10日前に来た」と言いました。

私は心の中で笑ってしまいました。

(あらやだ、ユウコちゃん、夕べは危ない日だったのねぇ)

いっそ妊娠して、タケル君の赤ちゃんを産んでしまえばいいって思いました。
私は黙ったままだし、弱みを握られた上にあんな事したタケル君がユウコちゃんや他の人に言える筈がありません。
ユウコちゃん自身セックスした自覚が無いから、このまま放っておけば妊娠すら疑わないまま、気がつけば中絶不能になるだろうと思ってました。

その日の夜も、ユウコちゃんを眠らせてタケル君にレイプさせました。

「今度から、したくなったらユウコちゃんの体を使うのよ」とタケル君に教えました。

小学6年生の幼さでセックスの味を知り、しかも初体験でレイプという性欲処理の手段を覚え込まされたタケル君が鬼畜になるまで時間はかかりませんでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

さらにその翌日の夜でした。
2階のユウコちゃんの部屋から、ユウコちゃんの絶叫が聞こえてきました。
絶叫が止んだので耳を澄ますと、ベッドがギシギシ鳴る音が聞こえてきます。
ユウコちゃんの部屋を覗くと、タケル君がユウコちゃんを襲ってました。

「ユウコッ!ユウコッ!」と連呼しながら実の妹を欲望のままにレイプしているタケル君に、普段のタケル君の面影はありません。

ユウコちゃんが抵抗しようとすると、その度にタケル君はユウコちゃんを平手で殴って力でねじ伏せてました。
まさに、鬼畜そのものでした。
カーペットの上には乱雑に脱がされたパジャマと、ボロボロになった下着が散乱していました。

私が部屋に入ると、私に気付いたユウコちゃんは仰向けでタケル君に乗られながら、私に助けを求めるように手を伸ばしてきました。
涙が溢れた目で私を見ていましたが、動揺して声が出ないのか口をパクパクさせてましたが、私が助けてくれると信じていたのは明らかでした。
私はユウコちゃんを奈落の底に突き落とす事にしました。
クスクスと笑みを投げかけながら、ユウコちゃんを助ける事もせずにその場を去りました。

2時間ほど経った頃、また様子を見に部屋に入りました。
まだタケル君は、ユウコちゃんの上で激しく腰を振ってました。
恐らく何度も膣内で射精した事でしょう。
ユウコちゃんのツインテールの髪はボサボサに解けて貞子みたいになっていて、小さくて幼い乳房の膨らみには、タケル君の歯型が赤く無数に付いてました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

それでもなお仰向けで犯されているユウコちゃんは、私の方に顔を真横に向けていましたが、放心して魂が抜けたように虚ろな、無機質なビー玉みたいになり果てたユウコちゃんの目には、部屋に入った私の姿は見えてなかったみたいです。
もはや無抵抗な人形みたいに、タケル君に犯されてました。

(そうよ、ユウコちゃんは性欲処理の為だけの木偶なのよ。木偶は木偶らしく、使い物にならなくなるまで壊れ果てれば良いわ)

2時間以上もレイプされて朽ち果てたユウコちゃんを見ながら、私は満足感に酔いしれました。
タケル君は、私が部屋に入って来たのに気付いてないのか無我夢中でユウコちゃんを襲っていました。

それからというもの、毎晩ベッドがギシギシと軋む音がユウコちゃんの部屋から聞こえました。
そのうち、「アンッ、アンッ」というユウコちゃんの悶える声も聞こえるようになりました。
ユウコちゃんが生意気にも快感に目覚めている、甘くて艶めかしい声でした。
日に日にユウコちゃんの精神が崩壊していくのが分かりました。

そして、役員男性ご夫妻が旅行から帰ってくる前日の夜でした。
ベッドの軋みと共に、ユウコちゃんの部屋から、「アンッアンッアァーーーッ!」というユウコちゃんの悶えが聞こえてきました。
明らかにアクメに達した声でした。

(あらあらユウコちゃんったら、まだガキのくせにイッちゃったのねぇ)

私は笑いが止まりませんでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


そして、恨みを晴らした私は間もなく家政婦を辞め、役員男性との交流を断ちました。
その後、あの家族がどうなったか分かりませんが、役員男性と知り合いの旦那に聞いた話だと、ユウコちゃんは精神的に深刻な病を患い、施設送りになったようです。

(タケル君はどうなったのかな?)

使い物にならなくなったユウコちゃんの代わりを求めて、性犯罪を犯しているかも知れません。
ユウコちゃんは危険日のタイミングからの連日のレイプでした。
タケル君は避妊もロクにしていない筈なので、間違いなくユウコちゃんは妊娠したと思います。
中絶したか、気付いたら手遅れで出産したか分かりませんが、いずれにしても、もう永久にユウコちゃんはまともな女として立ち直る事は有り得ないと思います。

私はその後、役員男性に紹介された男性と親密になり、ゴールインして一女をもうけてラブラブな家庭を築いています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 不倫相手への復讐は幼い兄妹の近親相姦

元カレとのセックスの相性が良すぎて忘れられない
画像はイメージです
私はモテるほうだったのと、エッチが好きなのとで、正直、今の旦那と出会い結婚するまでは沢山の人と経験をしました。

初めて潮吹きを経験したのは17歳の頃でした。

その時の彼は10歳上でとてもイケメンだったのと、エッチが上手だったのでほとんど毎日していましたが、今考えるとまだまだ幼稚なエッチでした。

それから色々付き合って、別れて・・・エッチの相性がとっても合う人と出会いました。
彼はキスもとても上手で、柔らかい唇と舌を絡めてくるやり方が絶妙です。
そこからゆっくり下の方にさがって、乳首を舐めて、吸って、気持ち良くて私の乳首はカチカチになって、それだけで濡れてるのが分かるくらい・・・。
そこからさらに下にさがってクリトリスをペロペロ。
その舌を穴の中にも入れて、出して、またクリトリスを舐めて、そこを舐めながら、指をまんこに入れて動かすんだけど、その舌の動きと指の動かし方が絶妙で、私は喘ぎまくりのイキまくり。
ベッドのシーツはグチョグチョ。
シックスナインも好きだけど、お互いにそれよりも交互に舐めたり刺激しあうのが好きだったから、彼が済んだら、私の番、私が先なら次は彼って感じで・・・。

この例で言うと彼からだったから、今度は私の番。
太ももの内側から上にかけて舌の先のほうを使って舐める。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

足の毛が舌先に当たる感じが男を感じて気持ちいい。
そこからゆっくり裏スジを舐めるんだけど、優しくタマを触ると柔らかくてこの感覚も大好き。
時々片方ずつタマを口に含んだら、亀頭の手前までペロペロ舐めるの。
そこからゆっくり亀頭を円を描くようにクルクル舐めて、最後にぱっくん。
この時点で既にお股ビチョビチョの私・・・。
そこからジュルジュル音を立てながらしゃくって、ジュルジュルジュルジュル。
喉の奥にえづくくらいおちんちんが当たると彼も私も気持ちよくて・・・。
彼がイッちゃった時はそのまま精子をゴックン。
とっても美味しい。

ここまででもとても相性がいいんだけど、一番いいのはなんといっても本番の相性。
彼のおちんちんが私に入る時、最初はゆっくり入ってくる。
今、先っぽが入ってきた!ってわかるくらい。
浅くゆっくりを繰り返して、キスを重ねて、そこから少しずつスピードアップしてどんどん深いとこまで突いてくる。

正常位でお尻を持ち上げられたときは最後、私の感じるポイントを捉えられて潮を吹きまくる。
いつもベッドはグッチョグチョに濡れまくって、私は喘ぎまくる。
気持ち良すぎて頭の中は真っ白で、どうでも良くなって、なんでも好きにしてー!って感じ・・・。

そして私は騎乗位も大好き。
なぜかと言うと、キレイな私に見惚れてる男の顔がたまらないのと、好きにできる優越感。
自分の気持ちいいポイントに当てられるのも魅力だけど、何より、イッちゃう!って時の男の顔と態度がたまらない。

彼に跨がり、グチョグチョの私の中に彼の元気なおちんちんを入れて、まずは腰を前後に動かそうかなぁ。
感じて、感じられてるとたまらなくキスがしたくなって、キスをいっぱいしちゃう。
キスをやめて、また上から彼を見ると、愛おしくなっちゃって彼の乳首を触りながら、私の腰付きはもっとエロくなる。
グルグル円を描くように動いたり、前後に動いたり、跳ねたり・・・奥に行ったり、浅くなったり、おっぱいが揺れて、ロングヘアも揺れて、喘いでる私を見て興奮してる彼に私も興奮。
自慢のくびれた腰を彼が操って、私はまた彼の上で潮を吹きまくる。
時々自分でもおっぱいを揉んでまた感じる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

騎乗位の時の私の一番好きな瞬間は、男がイッちゃう時。

「だめ、イッちゃうからやめて」なんて言われると絶対やめてあげない。

そして、イク瞬間のおちんちんの膨張が大好き。
この気持ち良さはなんとも言えない。

こんなエッチ大好きな私だけど、実は結婚した相手とはそこまで身体の相性がいい訳ではない。
でも、とても愛しています。
なので、愛情と相性って違うんだなぁって所に辿り着きました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 元カレとのセックスの相性が良すぎて忘れられない

包茎手術後の消毒中に勃起して・・・
画像はイメージです
今考えれば、あわてて手術することもなかったのかもしれませんが、包茎だった僕は、とにかく早くどうにかしたくて、市内の整形外科へ行きました。

ほんとは親の承諾が必要だとかいろいろと言われましたが、そこはわかってくれて数日後に手術することになりました。
そして、手術は無事終わりました。

術後はしばらくの間、毎日、消毒に通いました。
消毒は、包帯をほどいて消毒液をつけるという簡単なものですけど、場所が場所だけに、ほかの患者さんがいるところではできません。
たいていは、診察室ではなくて手術室とか、混んでいるときは薬剤室でしたこともありました。

その病院は小さな整形外科でした。
先生と看護婦さんだけです(今なら看護士さんと言うべきですが)。
その看護婦も先生の奥さんです。
あとは、受付のおばさんくらいで。

たいてい消毒をするのはその奥さんでした。
包帯をほどいて、消毒液を塗って。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

また、包帯をして。

それだけなんですが、一番元気のいい盛りです。
はじめの頃は緊張してたこともあって大丈夫だったのですが、何回目かのときに、立ってしまったんです(恥)
すっごく恥ずかしくて・・・。
看護婦さんもちょっとびっくりしたようですけど、でもそこは慣れてるみたいです。

「恥ずかしがらなくていいから」と、やさしく言ってくれました。

毎日オナニーをしていた時期ですが、さすがに手術の後は触るわけにもいかず、ずっと我慢していました。
それが、看護婦さんの柔らかい手で触れられて、ついムクムクとしてしまったのです。

そこは看護婦さんもわかっていて、「手術してから、オナニーしてないんでしょ?」と聞いてくるんです。

「はい・・・」
「無理ないわよね、あなたくらいの若い人なら」
「・・・」
「でも、困ったわね」
「・・・」
「オナニー手伝ってあげたいけど、まだ、ダメよね」

そんな会話があって(ぼくは聞いてるばかりですけど)、しばらくして・・・。

「じゃ、こうしようか」
「縫ったところは触れないから、先っぽだけね」

そう言ったかと思うと、いきなり、ぼくの先っぽを口に含みました。
はじめてのフェラでした。

ずっと溜まってましたから、あっと言う間に看護婦さんの口の中に精液をいっぱい出してしまいました。

それから、消毒には数回通いましたが、そのようなことはそれっきりでした。
若き日の思い出です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 包茎手術後の消毒中に勃起して・・・

男子トイレでおしっこしてた卓球少女
画像はイメージです
この前、卓球の大会がありました。

僕はその大会に参加していて、自分の試合の順番が来るまで応援席でチームメイトを応援していました。

途中でトイレに行きたくなり1人でトイレへ向かいました。
トイレまで来ると、そこには女子の選手が3人いました。

その内の1人が突然、「ねぇ、こっちでおしっこしてよ」という感じの内容で、男子トイレの方を指差して1人の女の子に言いました。

もう1人はそれを見てケラケラ笑っています。
どうやらその女の子は2人からいじめられているようです。

僕は影からその子が渋々男子トイレに入っていくのを見ると、自分もトイレに入りました。
残っていた2人は、僕の姿を見ると何事もなかったかのように応援席の方へ戻って行きました。

その時、トイレの中は僕と個室にいる彼女だけらしく、とても静かでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

個室からおしっこのチョロチョロという音が聞こえてきました。
僕はもうそれだけで勃起しそうでした。
しばらく待っていると彼女が出てきました。
彼女は誰もいないと思っていたようで、僕の姿を見てとても驚いていました。

僕は彼女を個室へ押し込み、こう言いました。

「今、ここでおしっこしてたよね?」

驚いていて何の返事もありません。

続けて僕は、「言うこと聞いてくれれば、みんなに黙っといてあげるよ?」とよくありそうな台詞を言いました。

彼女はコクリと頷きました。
早速僕はズボンを下ろし、チンコを出し、フェラするようジェスチャーしました。
彼女も理解して、恐る恐る僕のチンコを舐め始めました。

経験がないらしく、あまり気持ちいいとは言えなかったけど、シチュエーションと彼女のロリな顔つきと体型に萌えて、すぐに口の中に出してしまいました。

次に服を脱がせました。
彼女はユニフォームを着ていたので簡単に脱がすことができました。
ユニフォームを脱がし、下着姿にしてブラジャーを取りました。
彼女の胸は体型に似合わず大きかったです。
そして乳首がちょこんと可愛らしく付いていました。

僕は乳首に吸い付き、胸を揉みまくりました。
その流れでキスをしました。
そうするとなんと、彼女から舌を入れてきました。
僕は突然のことにびっくりしましたが、気にせず舌を絡め合いました。
何十分間そうしたか分かりません。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

僕は次に彼女のパンツを下ろしました。
彼女のマンコはツルツルで毛の一本も生えていませんでした。
しかももうびしょ濡れです。

僕は夢中でマンコを舐めまくりました。
彼女も感じているようで「はぁはぁ」と声を出していました。

そろそろ我慢出来なくなり、正常位で挿入しました。
彼女のマンコの中はかなりキツく、腰を動かす度の気持ちよさが尋常じゃありません。
彼女は誰かに声を聞かれないように感じながらも手で口を押さえていました。
そして僕は中に出してしまいました。

僕がチンコを抜こうとすると彼女が「もう少し・・・お願い」と言ってきました。
僕は内心「えぇ?」と思いましたが、彼女の言葉に興奮してもう一発バックでやりました。

その後、僕は試合に臨みましたが、集中できずにあっさり負けてしまいました。

大会後、彼女とまた会い、話を聞きました。
エッチに興味があったこと、いじめで困っていることなどを聞きました。

その日から彼女と付き合うことになりました。
いじめをしていたのはその日に見た女子2人だけだったらしく、いつも僕と一緒に居たらいじめは自然に消滅したらしいです。
自分で言うのもなんだけど、「カッコいいけど睨むと怖い」と周りから言われる顔つきのおかげだと思います。

あれからは彼女と会う度、毎回セックスしてます。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 男子トイレでおしっこしてた卓球少女

胸触ってたら我慢できんくなってもた
画像はイメージです
大学生当時の話。

俺は2年生になってて、3年生が幹部のサークルなので適当にサークル行ったり、後輩と遊んだりふらふらと参加していた。
ちなみにテニスサークル。

そんな中、1年生のAが途中からサークルに入ってきた。
Aの友達の話では、高校生の頃からずっと付き合ってきた彼氏と最近喧嘩ばかりするようになり、時間をもてあまし始めたみたいで、友達が見かねてサークルに誘ったらしい。


このぐらいの年齢の子って、彼氏べったりで青春潰したりするもんだ。

で、入ってきて、しばらく一緒にサークルに参加して話をするうちに、なんだかかなり仲の良い先輩後輩の仲になっていった。

俺の同期が「Aって◯◯(俺)の事好きだよな~」と何の気無しに聞くと「なーんとなく好きなんですよねー」とさらっと答えるぐらい仲良かった。

しかし当時俺は大学1年の頃からずっと彼女がいて、サークル内でも周知の事実だったため、後輩の女の子達からはさらっと「◯◯さんって良いですよねー彼女さん大事にしてそうですよねー」という風に恋愛対象としてではない人気がそこそこあったので、それと同じぐらいの感じだと当時は思ってた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


そうやって仲良くしてるうちに、俺が大学から家が遠くて、当時Aは大学近くに一人暮らしだったため、学校の帰りなんかに良く「携帯の充電させてくれー」とか「2限だけ空きやから家おって良い~?」という感じで下らない用事で一人だったり大学で拾った後輩複数とかと家に急に行ったりするようになってた。
Aも全然嫌な顔一つしないため、週2~3回は家にいたかと思う。

やはり何度も家で二人っきりという時間が長くなってくると、段々じゃれたりする事も多くなってくる。
Aはサークルでも有名なかなりの巨乳で、良く乳ネタで弄られたりする子だった。
俺もノリで皆の前で「ちょっとパンチさせろやー」とか言ったりしてた。

ある日、当時プレステの音楽ゲームが流行ってて、家で二人やってたりしたんだけど、点数競うと良く俺が勝ってた事もあり、「俺が勝ったら乳パンチな!」とか冗談で言ってみた。

Aは笑ってスルーしてたけど、結局俺が何度も勝ち、その度に「パーンチ」とか言って殴るふりしてたら、Aも調子に乗って「やれるもんならやってみろー」とか言いながら胸をぐいっと前に出したりするようになってきた。

やはりかなりの巨乳の為、強調されるとかなりの迫力。
どーんと目の前に巨大な球体が何度も出てくるし、ゲームの勝ち負けを繰り返してお互い(エロい意味でなく)興奮してきてたので、俺も勢いで「おっ!言うたな!ドーン!」とパンチしてみた。

Aの反応は「うわーほんとに触ったー!」とか言いながらキャッキャ騒いでいるので、それから勝負に勝つごとにIカップと噂の乳を手でボヨンボヨンしてた。
その日は興奮冷めやらぬまま、エロい雰囲気になる訳でもなく(俺は完全におっきしてたけど)帰宅。

まだこの頃はじゃれ合いの延長の状態でした。
お互い彼氏彼女いたし、そういう悪さが許されるサークルの雰囲気ではなかったため、Aとそういう事がありえる訳が無いと思ってました。

その後、ちょっと俺だけサークル内で有名な乳をボインボインできるんだとの優越感もあり、仲のよい同期の前で一回どーんってやってみたところ、その同期があっさり他の同期の前で「こいつ触ったらしいで」と暴露。
ちょw空気読めよwと思いつつ、ある日、サークルの飲み会の後、その同期が終電が無くなってしまい、Aの家に泊めてくれーと言い出す。
で、1対1はありえないから、俺にも一緒に泊まってくれという流れに。

そしていつものようにゲームなんかして遊んでたんだけど、同期NがAの前で「ちょ、目の前でぼーんしてみてや」とか言い出し、こいつは何を言い出すんだと思いながらも、その場のノリで

俺「ぼーん」

A「こらこらー!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


N「お~!ご馳走様です!」と言う感じでちょっとお触り。

そんな感じでしばらくはしゃいだ後、そろそろ寝ようかという流れになった。
Aの家は布団が一組しかなく、ベッドの下に布団が一組。
普通に考えれば俺とNが一緒に寝るんだろうけど、今までの流れもあり

N「◯◯ベッドでAと一緒に寝ろやー」

俺「よーしA一緒に寝るかー!」

A「もー!」という感じでAの反応を見ながら、ベッドに入ってみた。

この当時ノリが重視される年頃であったため、当然Aが嫌がれば止めるつもりだったが、下心無く、ノリに流されて一緒に寝る事に。

皆横になってちょっと経った頃、それまでボインボイン触っていた今まで触った事の無いでかさのオッパイに興味津々の俺は、若さゆえ、いけないこととは思いながらもっと触りたくなり、Aの様子を見ながら、Nにばれないように「とぅ」とか「やぁ」とか言いながら、こそこそまだ布団の中でAの胸をぼんぼん触ってた。
というか叩いてた。
で、最初は下心が無かったつもりだったんだけど、やはりずっと触ってると、もう少し突っ込んだ事がしたくなる。

とはいえ、まだ揉むとか生乳とかは、大事な後輩にありえないと理性が働いており、その葛藤の中で俺が思ったのが『この巨乳ってブラで維持されてるのだろうか・・・垂れてないのか・・・?

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ブラ外しても同じなのか・・・そうだ!服に飛び出るポッチが見てみたい!』
であった。

早速悪ノリの延長でAのブラのホックあたりをTシャツの上から探してみる。
Aは眠そうな感じで相変わらず「こらこら・・・」とか言ってたが、あっさりホックの位置を見つけ、Tシャツの上からぐいっと外す。
この時点で、背徳感と興奮で心臓バクバク。
ちんちんおっき。
続いて「やー!」という掛け声かつ小声でブラの真ん中をTシャツの上から指で引っ掛け、上に持ち上げてみた。

Aは眠たいのかけだるそうにずっと「もぉ・・・」とか言いながら軽く抵抗していたが、これが思いも寄らない事に。

Tシャツの中のブラをずらして、あくまでもA向けには「乳見るつもりじゃなく、遊びでブラずらしてみたっただけやー」という悪ノリとして許されるギリギリの言い訳をしつつ、Tシャツに浮かぶ乳首を見てやろうという判断だったのに、なんとブラと一緒にTシャツも上にまくれあがり、布団の中で乳が半分露出する事に。
乳首が見えるか見えないかぐらい。
しかもその時に思いもよらず、引っ掛けてた違う指が生乳に当たり、そのまま乳首にまで触れてしまった。
Aはポッチに指が当たった瞬間ピクッと反応した。

『やべっ・・・!』と心の中で思いながら、ちんちん爆発しそうになりつつ様子を見てると、Aはちょっと「うぅ・・・ん」とうなっただけで、ブラを直そうともしないし、何も言ってこない。
今思えば、変にもぞもぞしてNに見つかるのを恐れていたのかもしれない。

乳首に触れてしまった事、さらにAが全く拒否反応を示さない事で俺の中の何かのタガがはずれた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

『触っても良いのか・・・?』と自分に都合の良い解釈をした俺は、そこから急にヒートアップ。
Nの手前、ほとんど動かず寝てるふりをしながら、今までの慎重な動きが嘘のように手は布団の下で胸を揉みまくり、乳首を触りまくり。

AはNに聞こえない声で「こらこら・・・」「もー・・・」とヒソヒソまだ言ってたが、眠いのか手を止めたりと行動には移さなかったため、本気で嫌がってる訳じゃないと判断。
深夜2時か3時ぐらいだったと思うが、その後数時間にわたり乳を揉んだりポッチを触れるか触れないかで触ったりしていた。
Aは途中から何も言わなくなり、寝たふりをしていたが、声こそ出さないようにしながら、息が少し荒くなっており、感じてるAにものすごく興奮していた。

俺のいたサークルはいまどき珍しく、後輩に悪さするとか完全にありえないぐらい爽やかサークルだったので、後輩の胸を触りまくっている状況に乳触るだけで大興奮。

Nさえいなければこのまま下も触るのに・・・。
今触って、ものすごい拒絶されたら洒落にならん・・・サークルに居れなくなる・・・。

とまだ最悪のケースを想定して、それ以上突き進めなかった。
正直ちんちんからは先走り汁が出まくってた。

乳を触り続けて数時間。
布団の中は、なんと表現してよいかわからんけど、興奮した男女の熱気というか、フェロモンというか、お互い興奮してるような空気感でずっとお預けをくらった状態だった。

そんな中、5時ぐらいにNが突然むくっと起き上がり

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

N「そろそろ始発出る時間やから帰るわ」

心の中で、おお!もしかしたらAとセックスできるかも!と喜んでると

N「◯◯、車で駅まで送ってや」

ガーン・・・元々Nが一人で泊まるのが微妙だからと一緒に泊まったのに、N送った後、俺一人でここに戻ってくるのは微妙じゃないか・・・?
このままの状態かよ・・・いやしかし、この拷問のような勃起状態からある意味開放されるのか・・・?N送った後即効一人で抜くか・・・?

もう、数時間勃起状態であった為、とりあえず射精したくてたまらない。
しかし、一応寝てる(ふり?の)Aに「ちょっとN送ってくるわ」と声を掛けてみるも、返事無し。
なんとなく、送った後戻って来る事を期待してるような印象を受ける。

Nと一緒に車に乗る。
開口一番

N「お前なー!」

俺「ん?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

N「なんかよーわからんけどあんな声聞こえる中で眠れる訳ないやんけ!地獄やったわ!」

どうやらNは数時間ベッドの下で起きてたらしい。
しかも、俺は細心の注意を払ってたと思ってたのに、静寂の深夜の中では、なにやら色っぽい感じで「もー・・・」とか声が聞こえてたようで、ベッドの下、始発が出る時間までずっと悶々としていたようだ。
今思えばNが一番苦痛の時間を過ごしていたに違いない。

俺は動揺しつつも

俺「いやー!なんか流れでずっと触ってたわー。Nおらんかったらマジでやってたかも知れんなー」

N「なぁ!お前やばいで~!あんなんやってまうでー!」と、あたかも今から帰るかのように話をしつつ、駅まで送った。
そのまま即Uターン。

直ぐにでも抜いたらものすごく気持ちよいと思ってたのが、N送ってる10分ほどの間に、やはりAとしたくて堪らなくなった。

興奮でドキドキしながらA宅に戻り、ドアを開け声をかける。

俺「A?」

A「んん・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


返事はするが、目を開けない。
これはAも何かを期待しているような感じだった。

すっとAの横に寝転がり、一旦離れてしなったため、同じように触って良いのか悩んだが、結局そのまま我慢できずに同じように胸に手を伸ばす。

もうNがいないが、Aは最初こそ「もー」とか言ってたが、結局3,4時間ずっと寝たふりをしており、完全合意の上でハァハァしていたわけではないため、少し慎重に胸を揉みしだく。

ピクっと反応はするものの、やはり抵抗が無いため、そのまま遠慮なく、両手で胸をもみながら、乳首を指で挟んでクリクリする。

やはりまだ目は開けないが、Nがいないためか、明らかに起きてて、息がどんどん荒くなってきた。
ここまで来ても全然目を開けないが、もう、これはやっちゃっても良いだろう、完全に合意だろうと思い、上に覆いかぶさり、半分肌蹴てたTシャツとブラを上に捲り上げ、初めて完全な乳を目にする。

これが、今までグラビアとかでも見た事が無いぐらい、でかいのに全然垂れて無く、形もものすごく良い乳だった。
これにまた興奮。

乳首を口に含み、がむしゃらに舐めながらもう片手で胸を揉むと、「あっ!」とようやくAが大きな声を出すようになった。
ずっと舐めながらも揉んでると、「はっ・・・。ん・・・んんっ!」と今まで我慢してた分なのか普通に切なそうに喘ぎ出し、ようやく目も開け初めていた。

そこで、あそこを思い切って触ってみようと手を下に伸ばしてみたところ、ここでようやく手をがしっとつかまれる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


A「そこは駄目ですよ・・・」

俺「なんで?いいやん」

A「な、なんでって・・・!駄目に決まってるじゃないですか・・・!」

ここから俺とAの攻防が始まる。

ぶっちゃけここまでしときながら拒否する女の心理がわからん。
お互い彼氏彼女いたので、駄目な理由はわかり切ってるんだが、全くわからないふりをし、「ん?なんで?」と言いながらも途中諦めて胸をもみ、乳首を舐めていた。
胸に関しては全然抵抗をしないため、なし崩し的に攻めようと決める。

「あっ、は・・・んぅ・・・」と喘ぎながらも「そこは駄目・・・」とパンツに手を入れるのは拒否し続ける。

そこで、もっと感じさせれば良いんじゃないかと思い、パンツに手を入れようとすると、ぴったりしてたズボンのため、止める余裕が出来てしまう事もあり、厚手のズボンで効果があるか判らなかったが、さっとズボンの上からクリのあたりをちょっと強めにぐりぐりしてみる。

A「あっ!はっ!あぁ!!んんっ!!」と明らかにAの声が大きくなる。

普段仲の良い後輩の大きな喘ぎ声にものすごく興奮する。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


Aは「あっ!はぁ!ああああ!」と喘ぎながら、切なそうな顔で目を見つめてくる。
これはキスをした方が良いのか?とも思ったが、未だに悪ノリの延長でこうなってるのか、色恋の感情があるのか良くわからず、どうしてもキスしてよいのか踏ん切りがつかない。

そのまま、ものすごく喘ぎ続けてる隙をついて、ズボンのウエスト部分を持ち、思いっきり下にさげて脱がそうとすると、あっ!という感じで我に返りながら、抑えようとするも、俺の方が若干早くて、あそこの毛が見えるぐらいまでずり下がる。

もうあそこが見えている&数時間の愛撫により、下着がテラテラ光るぐらい濡れているのが目に入った事で観念したらしく「もーーーーっ!」と言いながらズボンを抑える手から力が抜けた。

大興奮な3,4時間の末にようやくここまで来れた為、Aの気が変わる前にと、俺がものすごく焦る為、展開早いです。

ズボンとパンツを同時に脱がしたところで、Aももう仕方ないなぁ・・・という感じだったため、とりあえず順序を守って・・・と思い、足を開かせてあそこをじかに触ってみる。

A「んぁ!!あっ!!あっ!あぁぁあ!!」

Aも濡れまくってるあそこを見られていながらいまさらカマトトぶる必要も無い為、かなりの大声で喘ぎ、もう長い時間掛けてようやく大きな喘ぎ声を手に入れた俺はズボンの中で射精しそうになった。

当時20歳だったが、今までの人生でであった事が無いぐらい、本当に垂れ落ちるぐらいの勢いで濡れまくくっていて、直ぐにでも挿入できそう。

Aが何か言いそうになるタイミングであそこを触り「もー、なん・・・あぁぁ!あっ!あっ!」という感じでなんとか文句を言わせないように頑張る。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

しかしもう暴発寸前であったため、あそこの愛撫は指で1,2分で切り上げ、ものすごい必死にに自分のズボンを脱ぎにかかる。
そう、この時点で俺全く服脱いでない。
Aは上だけ胸の上までずり上がったTシャツとブラのみ。
Aの気が変わらないかとめっちゃ焦る。

この時もAは「もー・・・」と、これから挿入する事を半ば諦めた感じでまだ言っていた。

脱ぎ終わったところで、もう「入れて良い?」など聞く気も無く、ものすごい勢いで一気に挿入。

「あぅっ!」普通なら間違いなく膣を傷つけていたであろう勢いで突っ込んだが、大洪水状態のため、一瞬で奥まで挿入できた。

そして、今までの我慢をぶつけるかのようにがっつんがっつん突きまくる。

A「ああぁ!はっ!あっ!あっ!気持ち良いっ!」

と、10突きぐらいしたところで、突如の射精感。

A「あっ!あっ!あぁっ!あっ!」

俺「あ、やばい出るっ!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


A「え!もう!?」

俺「ああっ!」

急いで抜いて腹出し。
概算で1分ぐらいの本番であった。

この時のAの言葉が未だに忘れられない・・・。

え!もう!?

その後、はぁはぁ言いながら、ティッシュで腹を拭きつつ「はぁ・・・胸触ってたら我慢できんくなってもた」「その乳が悪いな」などと一生懸命言い訳。

Aはしばらく拭かれながら見つめていたが

A「浮気だー」

俺「お、お前、サークルの奴に言うなよ!仲の良い同期とかにも言うなよ。どこから漏れるかわからんねんぞ。俺、サークルにおれんようになってまう」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

と自己の保身を第一に考える最低な俺。
やべっと思い、

俺「いや、でもAやから後悔は無いけどな」と意味不明なフォロー。

俺「しかし・・・めっちゃ早かったな・・・恥ずかしい・・・。普段こんなんちゃうで。夜通し我慢し続けてたからやで。あぁ・・・リベンジしたいわ・・・」となさけない言い訳をする。

そして言い訳やら、なんやら二人で寝っころがりながら、話をしていると「チュッ」突如向こうから思いつめたようにキスをしてきました。

あぁ・・・やはりセックスするからにはキスはしとかなきゃいけなかったのかな・・・。
と最低な状態でのAとのファーストキスでした。

その後、Aはシャワーを浴びて学校へ。
こういう話でよくある、その後~は俺の嫁だ、みたいな良い話になる訳ではなく、俺は彼女への罪悪感や、サークル干されないかドキドキしながら、その後Aとは若干距離を置き、そこまで仲良い先輩後輩ではなくなったとさ。

俺最低。

しかしはたから見たらそこまでじゃないかも知れないけど、あの背徳感。
今までの人生でベスト3に入る興奮でした。

親しいと思ってた友人や後輩とそういう関係になるってそれ以外全然経験ないけどね。
それ以外は基本色恋が絡んでくるので、もうここに投下できるネタは無いです・・・。
長文読んでいただきありがとうございました。

ちなみに未だ後輩とは連絡取り続けているが、いつかリベンジさせてくれないかと未だに願っている。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 胸触ってたら我慢できんくなってもた

同僚のセフレを一晩好き放題に
画像はイメージです
これは俺と同僚が24の時の話。

同僚は俺の同期で高身長でイケメン対して俺は身長168、顔はふつめんと思いたい。
で、俺の職場に可愛い子がいた。

俺の2個下の事務の女の子。

その子が入った時から気になっていた。

他の男の同僚とそんな話をした事があった。

「そうか?まあ可愛いけど、そこまで凄い可愛いって訳じゃなくない?」

確かに好みが別れそうな子ではあった。
俺は超タイプだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「前に飲み会の時の私服が痛くね?」

同僚に言われた。
確かにピンクをベースにしたちょっと年齢にあってない気もしたが、ミニスカートで俺は興奮した。

会社で仕事上の話をした事はあったが、それ以上の関係にはなかなかなれなかった。
まあ、俺にその勇気がなかったのが一番の理由だが。

ある日、同僚が俺を飲みに誘ったそこで俺は言われた。

「実はあの子から手紙もらったんだ」

その手紙を見せてもらった。

ピンクの小さな袋にアニメの可愛い感じのメモが入っていた。

「これちょっと痛いよな」

確かに年齢にはそぐわなかった。

手紙にはこう書いてあった
「突然ごめんなさい。前々から◯◯さんの事が気になってました。もう少し◯◯さんの事が知りたいなって思ってました。よかったら連絡下さい」

こんな感じだったと思う。
メアドと携帯番号が添えられていた。

「俺連絡とるから。一応お前には言っとこうと思って」
以前は痛いだのそんなでもないだの言ってたのに。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

正直ショックもあったが羨ましさも半分あった。

でも同時に何故か手紙を見て興奮したのも事実。

何か彼女の裏側を覗いてる気がして。

賢者モードの虚しさは凄まじかった。

それから、数日後、同僚に言われた。

「こないだ彼女とデートしてそのままヤっちゃたよ」

1回目のデートで即Hだったらしい。
ショックも羨望もあったが、興奮もあった

「で、付き合ったの?」

「いや、俺は付き合う気はないかな。そんなタイプじゃないし」

前々から同僚とは色んな話をしたが、女遊びは激しい奴なのは知っていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


まあ、男の俺が見てもモテるだろうなとは思った。
身長180は魅力的だった。

その後の同僚と彼女の話を要約するその後、2、3回デートを重ね、会う度にHをする。

Hの様子を同僚は俺に教えてくれた。

俺を羨ましがらせるのが半分、親切心が半分だったと思う。

まあどっちもゲスだが、同僚はそういう奴だった。

そして、その後、同僚は彼女に別れを告げた。
別れというか、やっぱり付き合えないとか何とか言ったらしい。

彼女からは毎日メールが来てたらしく、それも結構うざったく思っていたみたいだったメールを見せてもらった事があったが、確かになかなかだった。

「今日もずっと◯◯さんの事考えていました」

「もうどんどん◯◯さんの事好きになっていきます」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「今日すれちがった時挨拶してくれて嬉しかったです」

まあ、乙女チックな女の子なんだと思う。

そして、同僚が別れを告げた彼女の反応もなかなかだった。

「私は◯◯さんの傍にいたい。都合のいい女でもいいから◯◯さんの傍にいさせて」

こんな感じの事を言ったらしい。

都合のいい女でいいなんて自分から言っちゃうなんて俺には信じられなかったが、同僚からしたら別に何ともない様子だった。

同僚にとっては、たまにある話らしい。
このカースト制度に俺は死にたくなった。

そう言われて同僚はそれならとオッケーした。

俺の気になっていた女の子は同僚の都合のいい性欲処理女となってしまった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

それからの同僚から聞く話は格段にエグくなった。

彼女にピルを内服するようにさせた。

これで避妊の必要がなくなった。

同僚が電話をかければ夜中でも同僚の家に来てHをしてそのまま帰すなんて事もあったらしい。

彼女は同僚の命令に素直に従っていた。

俺は同僚に逐一色んな事を聞いた。

同僚も自慢気に俺に語った。

この時期に同僚には他にも女が何人かいたらしい。

「あいつは3番目か4番目かな」

平然としかも俺の前で同僚は言った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「今後はどうするの?」
俺は同僚に聞いた事があった。

「ん?向こうから勝手に離れて行くって」

人間的にはゲスなんだろうが俺には羨ましくて仕方なかった。

彼女が同僚の都合のいい女になって3ヶ月ぐらいたった頃。

同僚が俺を飲みに誘った。

常に一緒に飲んでるみたいに書いているが2人で飲むのは滅多にない。

この時も久しぶりに2人で飲んだ。

忘れもしない24才、夏の金曜日。

「あいつ完全に俺の言いなりだよ」

「そうか・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺は既に彼女の事は諦めていた。

「お前にヤラせてやろうか?」

「はい?」

「3万でいいよ」

「え?」

「俺に3万くれたら、彼女ヤラせてやるよ」

「マジで言ってんの」

「ああ」

「ってか、彼女にそんな事させてんの?」

「いや、もちろんお前だけだって」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「彼女いいって言ってんの」

「俺が言えば大丈夫だって」

俺は戸惑いながらも、呼吸が早くなっていた。
確実に興奮していた。

「本気で言ってんの?」

「ああ、お前だって彼女とヤリたいだろ?」

「・・・」

「今から呼べば来るよ」

心臓が激しくバクバク言っているのがわかった。

「で、どうする?」

「・・・・・・・・・・・。おねがいします」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


俺は答えた。

お金はこの時に渡した。

持ち合わせが足らなかったからコンビニのネット銀行でお金を下ろした。

一応正社員だったが、決して給料がいいとは言えない俺にとって3万円は大金だった。

でも、俺は払ってしまった。

「じゃあ、呼ぶわ」

同僚はコンビニの前で彼女に電話をかけた。

「あ、もしもし。俺だけど。今から◯◯来て。あ、うん。なるべく早くね」

来れる?ではなく、来てと命令したのが印象深かった。

そしてコンビニで彼女を待った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


しばらくして彼女がやってきた。

「あっ」

俺が一緒にいるのを見て彼女は少し驚いたみたいだった。

職場では彼女と同僚が付き合ってる(セフレ?)事は内緒になっているはずだったから。

「おお、とりあえず出よう」

同僚に促されるようにコンビニを出た。

俺の街の歓楽街は南へ行くとホテル街へ出る。

俺たちは真っ直ぐ南へ向かってあるいた。

「ねえ、どこ行くの?」

彼女が聞いていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

職場では彼女が敬語を話す姿しか見たことなかったので何かとても新鮮だった。

それにしても・・・彼女の服装だった。

相変わらずのピンクのミニスカート。
生足を出していた。
彼女の足は決して細い方ではなかった。
むしろムッチリしていた。
俺はそっちの方が好みだけど。

俺は既に興奮して勃起していた。

ホテル街が近づいて来たなと思ったその時、「お前、これから◯◯(俺の名前)とホテル行け」

歩きながら同僚がさらっと言った。

その瞬間、ドキッと心臓がして胸が痛くなった。

「はっ?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女が高い声を上げた。
そしてちらっとだけ俺の顔を見てそれから同僚の方を見上げて言った。

「何言ってるの?」

「いいから行ってこい」

「いやに決まってるでしょ」

いやとはっきり言われて何かショックだった。

「お前、俺の言う事何でも聞くって約束だろ?いいから行ってくればいいんだよ」

同僚はかなりゲスイ事を言ってるのはわかっていた。
周りに聞こえてないか正直ヒヤヒヤした。
同僚は一切お構いなしだった。

「◯◯(俺の名前)にお前一晩貸す約束したんだから」

急に彼女の足取りが重くなったのがわかった「早く来いって」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


同僚は彼女に冷たい。

いつもこんな感じなのか。

彼女を少し不備に感じた。

でも勃起は持続していた。

「◯◯(俺の名前)は全部知ってるから。俺とお前の事」

おい、それを言うなって思ったが何も俺は言わなかった。

ちらっとだけ彼女が俺の方を見た。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「お前、俺の言う事何でもするって約束で付き合ってるんだから、ちゃんと約束守れよ」

ホテル街へ入った。

やはり金曜日だからか満室の看板も結構目についた。

俺は空室のランプがついているのを見て何故か興奮した。

「あそこでいいじゃん」同僚が目の前のホテルを指さして言った。

「じゃあ、行ってこいな」

「本気なの?」

「ああ、まじだよ」

「◯◯(俺の名前)さんも?」彼女が俺に聞いた。

彼女がこっちを見ていた。
一瞬躊躇ったが、ここは勇気出せ!と自分に言い聞かせて言った。

「うん。まじだよ」

彼女は俯いて何も言わなくなった。

ホテルの前まで来た。

「じゃあな」同僚はくるっとUターンして戻っていった。

え?もう行っちゃうの?と思った。

慌てて俺は彼女の手を掴んでホテルへ向かった。

彼女の足取りが止まっていたのがわかったが、ぐっと引っ張った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

部屋は確か2つか3つしか空いていなかったと思う。

とにかく忙しいで部屋を選んで忙いで部屋へ入った。

終始手を握ったまま彼女を引っ張って彼女を部屋へと連れ込んだ。

部屋へ彼女を連れ込み、部屋の中へ入ると同時に俺は彼女に抱きついた。

正面から抱きしめるような格好になった。

我慢の限界だった。

「やっ、ちょっと」

彼女が身体を少しバタつかせたが、俺は彼女のいい匂いに感動していた。

彼女の髪が俺の顔にかかっていた。

「やっ、いやっ、やっぱりやだ」

彼女は身体をくねらせて拒否反応を示した。

ここまで来て、勘弁してくれと思った。

構わず手を後ろに回してお尻に両手を当てた。

彼女のお尻を撫でるように触った。

「やっ、やめて、やめて下さい」

彼女が俺から離れた。
そして2mぐらいの距離をとった。

「はあ、はあ」彼女は息を切らしていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺は興奮して息が苦しかった。

「何でさ」

「いやです」

「◯◯(同僚の名前)に言われたでしょ」

「いや・・」

「◯◯(彼女)さん◯◯(同僚)の都合のいい女でいいって言ったんでしょ?」

少し彼女が驚いたような顔をした。

「◯◯(同僚)も言ってたけど、全部俺聞いてるから。手紙渡したんでしょ?」

俺は言った。

「◯◯(同僚)の言う事聞くって言ったんだから、ちゃんと約束守ってよ」

俺は饒舌に言った。

「わかった?」

俺はゆっくりと彼女に近づいた。

改めて彼女の身体を舐めるように上から下まで見た。

足フェチの俺には彼女の生足はたまらなかった。

彼女のスカートは超ミニだった。

太ももも半分以上は見えていた。

俺はスカートの裾を持って素早く上へ上げた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


彼女が反射的にスカートを抑えたが構わず上え上げた。

彼女はスカートの中に黒いショートパンツ?いわゆる短パンを履いていた。

パンツではなかったが、それでもスカートをめくってるという行為に興奮した。

「やっ」

「何これ?短パン?」

「やっやめて」彼女の声がさっきと変わって小さく少し高くなっていた。

「パンツはこの中に履いてるの?」

「やっ」

彼女は必死にスカートを両手で抑えていたが何せ短いピチっとしたミニスカートだったため、正面は手で抑えられていてもサイドはどんどんめくれていった。

「手どけてよ」

「いやっ」

「何で?」俺はスカートを上へ挙げながら聞いた。

「いやっやめて」彼女はスカートを両手で抑えながら言った。

「手どけてってば」俺は空いてる手で彼女の両手を払った。
ガバッと彼女のスカートが上へ上がった。

黒の短パンが丸見えになった。

まだパンツではなかったが、めちゃくちゃ興奮した。

「いやっ」彼女が手を出して俺の手を抑えた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


俺は彼女手首を掴んでぐっと引っ張って再び抱きしめる形になった。

そのままショートパンツの上から再びお尻を撫でた。

「痛っ」俺が彼女の手首を掴んだ時にち思わず力が入ってしまったようだった。

俺が彼女のお尻を触ってる時、彼女は大人しくなっていた。

大人しくなったなそう思いながらも俺は彼女のお尻を触っていた。

「・・乱暴にしないで」彼女が小さな声で言った。

「暴れるからでしょ」俺はお尻を撫でながら言った。

「わかったから、お願い、痛い」彼女が小さく言った。

「ん?大人しくする?」俺は動きを止めて言った。
彼女は小さく頷いた。

「じゃあ、じっとしてて」そう言って俺は彼女を離した。

俺が離れると彼女はすぐにスカートを直した。

彼女は見たことないぐらい悲しい表情を浮かべていた。

泣きそうになっているのがすぐにわかった。

でももう無理だった。

「じゃあ、黒い短パン脱いで」俺は言った。

「早くして」俺は彼女に言った。

彼女はゆっくりとスカートの中に手をいれてショートパンツを下へ下ろしていった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


その動作をじっと俺は見ていた。

彼女はショートパンツを右足、左足と外して床へポンとおいた。

曇りがちな目で彼女が俺の方を見た。

俺はすぐに彼女に近づき彼女スカートをめくった。

「やっ」一瞬彼女は声を出したが、今度は手でスカートを抑える事はしなかった。

顔を横に伏せじっと直立不動にたっていた。

彼女のパンツは白だった。

ひらひらがついた可愛いパンツだった。

パンツの奥にマン毛が透けて見えて一層興奮した。

しばらくじっと彼女のパンツを見ていた。

彼女の上は白のキャミソールだった。

暑い日だったとは言え、超ミニスカートにキャミソール。

彼女がいかに女の子女の子していたかがわかるだろう。

スカートから手を離してキャミソールの胸元を引っ張って中を覗き込んだ。

彼女はじっとしていた。

中はブラジャーだけだった。

ブラジャーも白だった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

多分パンツとお揃いなんだと思う。

しばらく中を眺めていた。

彼女は胸は大きくなかった。

おそらくAかBなんだと思う。

手を離して俺は彼女の手を掴んで言った。

「ベッド行こう」

彼女は大人しく俺に促されるままだった。

そして、ベッドの上に彼女を軽く押して押し倒した。

すぐに俺は彼女の上に乗っかった。

彼女に跨がり彼女の顔を見た。

少し上目遣いで彼女も俺を見ていた。

悲しい表情だったが、やっぱり可愛いのには違いなかった。

すぐに彼女にキスをした。

舌を入れたかったがなかなか口を開けてくれなかった。

彼女の口が少し空いた瞬間に舌を強引に彼女の口へ入れた。

彼女の口の中で彼女の舌と俺の舌をからませた。

彼女は決して積極的ではなかったが舌は確かに絡んだ。

彼女の頬、耳、首と舌で責めた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「これ脱いで」

そう言って彼女のキャミソールを自分で脱がせた。
言われた通りに彼女はキャミソールを脱いだ。

ブラジャーの上から胸揉んだあと、ブラジャーのホックを俺は外した。

少し戸惑ってしまったが、彼女が背中を少し浮かせてくれていたのに興奮した。

「んんっ」

彼女の乳首に吸い付いた時、彼女は初めて喘いだ声を出した。
それが非常に嬉しかった。

左右の乳首を舐めて指で弄って充分堪能した後、ゆっくりと下へ降りていった。

彼女の脚を持ってゆっくりと広げて上へ上げた。

パンツからマン毛が少しはみ出ていた。

パンツ越しに彼女のマンコに指を当ててゆっくり上下させて責めた。

しばらくしてパンツを横にスライドさせ、彼女のマンコを直に拝んだ。

既に少しヌルっとしていた。

そのまま直にマンコを指で触った。

「あっ、ん・・・」

特にクリトリスを触った時に彼女は声を上げた。

しばらくして脚を戻してゆっくりとパンツを下へ下ろしていった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

パンツを下ろす瞬間は何とも言えない優越感と達成感に浸った。

脚を持ち上げてクンニをした。

ペロペロと彼女のマンコを舐めまくった。

「あ・・・あん・・・.」

彼女は喘ぎをこらえなくなっていた。

クンニで彼女のマンコはヌルヌルになった。

完全に入れごろだった。

俺は服を脱いで全裸になった。
そして彼女に言った。

「フェラして」

同僚は言っていた。

彼女はフェラなど積極的にしてくれると。

俺もしてもらいたかった。

「早く起きて舐めて」

俺はベッドに立って言った。

彼女はゆっくりと起きると俺の前に座り込んだ。

彼女目が赤くなっているの気がついた。

ゆっくりと俺の竿先を持つと彼女は口に咥えた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

あっ、気持ちいい、あ、やばい、めちゃくちゃ気持ちよかった。

このままではイってしまうと感じ、俺は一歩下がってフェラをやめた。

そして彼女をそのまま後ろに倒して仰向けに寝せた。

彼女の脚を開いてそのまま俺は入れようと試みた。

「ちょっと、ちゃんとつけて」

彼女が起き上がっていった。

「え?いいでしょ?」

「いや、絶対にそれは嫌」

「何で?ピル飲んでるんでしょ?」

「嫌、ちゃんとつけて」

何とか説得を試みたが、彼女は頑なに生挿入を拒んだ。

しょうがないので、俺は枕元のゴムをつけた。

そして、正常位で合体した。

ゴムをつけていても気持ちよかった。

腰は止まらなかった。

気持ちいい。

「ん・・・あん・・・あんっ..んんっ」

彼女も俺の腰振りに合わせて喘いでいた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


その姿が可愛いかった。

色んな体位をしたかったが、興奮がヤバすぎてすぐにイキそうになった。

「あ、ああ、やばい、いく、うっ」

ドクドクドクと俺はたっぷり射精した。

しばらく彼女にもたれかかったまま、挿入したままで余韻に浸っていた。

念願の彼女とのセックスは最高だった。

しばらくして起き上がってチンコを抜いた。

ゴムを外して出た精子を確認してゴミ箱に捨てた。

彼女はボーッとして動かなかった。

それから、彼女がむくっと起き上がった。

髪が少し乱れていてとても可愛いかった。

少しじっとこっちを見てから小さい声で言った。

「もう帰る」

そう言うと、起き上がって周りの彼女の服を拾い始めた。

正直、俺はまだヤリ足りなかった。

もう1回はどうしてもやりたかった。

彼女に近づき抱きついた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「やっ、やめてっ、もう触らないでっ」

彼女が俺を手で遮ろうとした。

彼女に抱きついたまま俺は言った。

「もう1回しよ」

「いや、もういや、離して」彼女は俺から顔を背けて言った。

「いいから、もう1回しよう」

「いや、もういや、触らないで」

構わず俺は彼女をベッドに押し倒した。

「きゃっ」

そのまま彼女の首筋にキスをした。

「いや、もうやめて、お願い、触らないで」

彼女が俺の胸に手をあてて抵抗した。

「何でさ。H好きなんでしょ?◯◯(同僚の名前)から聞いてるよ。超エロいって」

「いや、やめて」

ついさっき1回射精した後のチンコはまたすぐに硬くなった。

俺はやはり彼女の事が好きだった。

俺は右手を彼女の股に持っていった。

彼女のスカートは捲れ上がっていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


彼女は股をピタッと閉じていたが、構わず手を間にねじ込んだ。

彼女のマンコはまだ濡れていた。

「やだ、やだ」彼女の声には耳も傾けず懸命に指でマンコを責めた。

彼女に俺の体重を預けていたので、彼女は逃げ出す事はできなかった。

そのまま彼女のマンコを指で責め続けた。

途中からは彼女もだいぶ大人しくなっていた。

「いや・・・..いや・・・.」

小さな声で時々呟くだけになっていた。

彼女のマンコはさらにみるみる濡れていった。

指を穴に入れるとそこはもう別世界だった。

程よい暖かさと粘膜のヌルヌル感がたまらなかった。
指ですら気持ちよかった。

彼女は目を閉じて必死に声を出すまいと耐えているのがわかった。

「んっ・・・.んんっ・・・」それでも時折彼女の高い声が漏れ出ていた。

これはやっぱり生でいれたい。
俺は思った。

実は生挿入はほとんど経験がなかった。

生への憧れが俺にはあった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

せっかくピルを飲んでいるんだし勿体無い、そう思った。

俺は両手を下ろし彼女の太ももを広げた。

この時はもう受け入れたのか抵抗するでもなくされるがまま彼女は股を広げた。

彼女に体重を預けたまま、そっと右手でチンコを握り彼女の股に当てがった。

彼女が物凄く濡れているのもあってか、あっという間にスルっとチンコが入った。

はっとした表情を浮かべて彼女が俺の顔を見た。

すぐに俺は彼女の唇にキスをした。

唇を塞いだまま俺は腰を動かした。

「んー」彼女が何かを言おうとしてるのがわかったが、キスで唇を塞いだまま腰を振り続けた。

あ、やべぇ、すげぇ気持ちいい、あっあっ、彼女との生はさっきとは比べものにならないぐらい気持ちよかった。

すげぇ、最高だ、俺は腰を止められなかった。

彼女が顔をずらし唇が離れた。

「ちょっと、つけてないでしょっ」

彼女が少し強めの声で言った。

「もう入っちゃったしいいじゃん。生好きなんでしょ?」俺は腰を動かしながら言った。

少し彼女は俺を睨んでいたが、それから諦めたように顔を横に向け目を閉じた。

彼女は何も言わなかった。

「あ、うっ」俺は腰を振りながら思わず声が漏れてしまった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


それくらい生は気持ちよかった。

彼女は1回戦同様に声を出さないように必死に口を閉じていた。

俺は彼女の乳首に吸い付いた。

「んっ・・・」

不意をつかれた彼女は少しだけ声を出した。

しばらく正常位で楽しんでいたが、2回戦目なのにもうイキそうになった。

慌てて俺は腰振りを止めて静まるのを待った。

「バックでやりたい」そう言って俺はチンコを抜いた。
すぐに彼女の腰を持ってうつ伏せにさせた。

「いやっ」彼女が小さな声で言った。

「いいから、早くしてって」

「つけてってば」

「もう1回入ったんだから一緒だって」

彼女をうつ伏せにしてお尻を突き出させた。

彼女は四つん這いになった。

彼女のミニスカートはもう捲れていてあまり意味がなかったが、今の俺には邪魔だった。

俺はスカートのホックを外しスカートを下ろした。

「脚あげて」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


俺が言うと諦めたように彼女は脚を上げた。

彼女は全裸になった。

彼女の四つん這い姿もとても可愛いかった。

彼女の脚を大きく広げ、後ろから彼女のお尻をじっくり鑑賞した。

アナルも丸見えで余計に興奮した。

俺は舌を突き出し彼女のアナルを舐めた。

「やっ」

彼女が声を出しお尻を引いた。

俺はお尻を掴んで突き出させ、アナルを舐めた。

「いやっ、やだっ」

彼女は言ったが構わず舌を動かした。

しばらく舐めていた。

彼女は腰を引く素振りを何度か見せたがしっかりと腰を掴んでいたので無駄だった。

アナル舐めをやめて俺は起き上がって言った。

「アナル舐められるの好きなんでしょ?」

彼女は何も言わなかった。

「俺のも舐めてよ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺は言うと彼女は顔を横に振った。

「◯◯(同僚)のも舐めてあげたんでしょ?」

言ったが彼女は何も言わなかった。

ただ俺はもう我慢の限界だった。

早く挿入したくて仕方なかった。

俺はチンコを掴んで彼女のお尻に当てがいながらマンコを探った。

すぐにチンコがヌルっと入った。

「あっ」入った瞬間思わず声が出てしまった。

彼女の腰を掴んで腰を振った。

バックもまた最高だった。

正常位とはまた粘膜の感触が微妙に違っていた。

どっちも気持ち良すぎるには違いなかったが。

パンっパンっパンっ彼女の太ももと俺の太ももが当たって乾いた音が部屋に響いた。

そして彼女の鼻をすする音が聞こえた。

見ると彼女は鼻をすすりながら時折、指を自分の目頭に当てる素振りをしていた。

彼女が泣いているのがわかった。

しかし、もう無理だった。

今更、腰振りをやめるなんてできなかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


彼女の鼻をすする音を聞きながら俺は構わず腰を振り続けた。

「あっ、あっ、ううっ」

俺は腰を振りながら声が出ていた。

一度腰振りを止めてゆっくりと腰を引き素早く思い切り奥までチンコをぐっと挿入した。

「んっ..」

小さく彼女の声が聞こえた。

しばらく奥まで挿入したままの状態で固定した。

再び腰振りを開始した。

ああ、気持ちいい、最高、俺は最高に幸せだった。

ずっとこのままでいたかった。

しかし、フィニッシュが近づいてきた。

もうあまり持たないのは明らかだった。

「あ、やばい、あ、あ、あ」

俺の声の感じから彼女は俺がイキそうなのを悟ったようだった。

「外に出して」

彼女が前を向きながら言った。

俺はそれには答えず腰を振った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「あ、あ、あ、ああ」俺の声が思わず大きくなった。

「うっ、うううっ」

「はぁ、はぁ」

イった後もしばらく奥まで挿入した状態を固定した。

ドクッ、ドクッ、ドクッと2回戦とは思えないぐらいチンコはビクビクと彼女のマンコに射精した。

俺は彼女を逃がさないようにしっかりと彼女の腰をしっかりと掴んでチンコを奥で固定していた。

最後の一滴まで彼女のマンコの中に出したかった。

彼女は鼻をすすりながら、右目を指で拭いてた。

もう俺が中に出したのは気づいているはずだったが諦めたのか大人しくなっていた。

1分以上そのままの体勢でじっとしていた。

もう流石にチンコも鎮まっていた。

俺はゆっくりとチンコを抜いた。

「はあ」

俺は深く息を吐いた。

するとすぐに彼女は起き上がって風呂場へと駆け出して行った。

シャワーの流れる音が聞こえた。

注入した精子がマンコから流れるのを鑑賞したかったので、これは残念だった。

俺はベッドに仰向けになった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


中出しした達成感に浸った。

しばらくそのまま天井を見ながらボーッとしていた。

彼女が風呂場から出て来た。

バスタオルを身体に巻いていた。

見ると目は赤くなっていた。

風呂場で泣いていたのかもしれない。

彼女は俺には何も言わずに淡々と自分の服を拾い集めた。

「もう1回する?」俺は彼女に聞いた。

彼女は首を左右に降るだけで答えなかった。

彼女は自分の服を持って再び風呂場へと行った。

風呂場で服を着替えて彼女は出て来た。

来た時と同じ相変わらずのミニスカート姿だった。

「もう帰る」彼女はそう呟いた。

俺は彼女の言うとおりにフロントに電話をかけて部屋の鍵を開けてもらった。

彼女が玄関で靴を履いている時にこれで最後だしとちょっとスカート越しにお尻を触って見たが、彼女は何も言わず俺の手を振り払った。

彼女が部屋を出た。
俺は部屋で一眠りをして、翌朝、シャワーを浴びてホテルを出た。

これで3万円なら安かったなと思った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


この後もしばらく同僚と彼女は何と付き合っていました。

付き合うっていうのが正しい表現かわからないけど。

でも数ヶ月後に終わりました。

結局、同僚の方から別れを告げたそうです。

彼女の方がこんな事があっても同僚と付き合ってたのがすごいと思う。

それからも会社では彼女と顔を合わせる事ももちろんありました。

でも、挨拶や仕事上の会話をするだけでした。

やっぱり何かちょっと冷たい感じを感じた。

例えば廊下ですれちがった時に俺に気づいて踵を返して逃げて行くとかあった。

その後、俺は転勤になって彼女と会うことはなくなりました。

その後、彼女も仕事をやめたみたいです。

同僚はそれからも色々遊んだ後に、数年後結婚しました。

女遊びが激しい奴が選ぶ結婚相手ってどういう奴かと思うけど相手は確かに綺麗だったけど、俺は彼女の方が圧倒的に好みだった。

同僚は美人系が好きなんだと思った。

彼女は可愛い系。

結婚式にももちろん俺も出て他の同期と余興しました。

彼女は結婚式には来てない。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

当たり前だけど。

俺とセックスをした後、同僚と彼女が会った時は流石に彼女は大泣きで同僚を責めたみたいです。

同僚曰く、なだめるのが大変だったと言っていました。

「じゃあ、俺と別れる?」と同僚が聞くと彼女は、「それは嫌」と言ったそうです。

流石にちょっと俺も引きました。

同僚が彼女にどんな事されたの?って彼女に聞いたそうですが(聞く同僚もどうか思いますが)彼女は何も答えなかったみたいです。

俺も同僚にはあまり言いませんでした。

俺だけの思い出にしたかったから。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 同僚のセフレを一晩好き放題に

先生、パンツのなかがおかしいんです
画像はイメージです
俺が小学校の頃、毎年夏休みになると3つ年上のいとこが東京から2週間くらい遊びにやってきた。
3つも年上で、俺は引っ込み思案、彼女は行動的な姉御肌だったので、俺はいつも彼女の言いなり状態。
目鼻立ちがくっきりしていて、まあ美人だったので、一緒に出かけるのは悪くなかった。
夜は2人っきりで寝ていたんだが、俺が小学5年、彼女が中学になった頃から彼女が妙な行動をとるようになってきた。

ふとんに入ると彼女は俺の手を股間に押し当てて「熱くなってない?」と聞いてくる。

「あったかいよ」と言うと、今度は「直接触ってみて」と俺の手をパンツに引きこんだ。

相手は中学生なのでもう毛が生えている。
彼女に導かれるままに割れ目に指をあてがわされる。


「どんな感じ?」と聞かれ「ぬるぬるしてる」と答えると彼女は「指を入れてみて」という。
恐る恐る指を入れるがこっちも消防なのであまり深くは入れられない、というか、女性の股間がどうなってるかわからない。
彼女は「出したり入れたりして」と囁く。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


俺はどっちかっていうと、彼女の膨らみ始めたおっぱいに興味があったのでおっぱいを揉んだり乳首を舐め回したりしたが、「くすぐったい!」とそっちの方は拒否された。

翌日、近所を散歩していると、俺の家の回りは田舎なので、農業用の倉庫があった。

「入ってみよう」と言われて薄暗い倉庫に入っていくと彼女は体育座りで座りこんでしまった。
彼女はスカートを開脚すると、「きて」と言い、俺の頭を股間にうずめさせた。
俺は頭を彼女に押さえつけられ、股間の匂いをかがされた。

ちょっとおしっこ臭かったので辛くて離そうとすると「だめ、そのままにしてて」という。
このときはそれだけ。

夜はだんだんエスカレートしていって、いわゆるお医者さんごっこをさせられた。
彼女は下着だけになって「先生、パンツのなかがおかしいんです。さわってください」と甘い声で囁く。

俺はつまらんし眠いけど、やらないと機嫌が悪いので割れ目をさわって「ぬるぬるしてますね」などとやる気のない対応。

「先生、気持ちいいんです。ぬるぬるを擦ってください」

俺は正直、彼女は何が楽しいんだろう?と思っていた。

「こうですか?」

「いえ、もっと上です」

彼女が俺の手をクリ付近に導く。

「あん、そ、そこです。擦ってください。もっと。やめないで」

俺が何度もやめようとするのを無理やり続けさせて擦り続けていると、突然「もうさわらないで!」と言って寝てしまった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


親立ちは昼間仕事に出ていてふたりっきり。
彼女は今度は押入れに俺を引きずり込んで昨日のように股間をかがせる。
たまにおれの股間をさわってきたが、まだ目覚めていなかった俺は全然勃起とかしなかった。

翌年も彼女はやってきた。
(本当は正月もやってきて、似たようなことをしていたが・・・)

今度は嬉しそうに「おっぱい、舐めてみて」と言う。
俺は待ってましたーとばかりにむしゃぶりついた。
胸はさらに大きくなっていたので、舐めがいがあった。
たしかに、乳首は固くなっていたと思う。
どうやら、俺も目覚めてしまったらしく、大きくなってきた。

「××君、おちんちん、固いよー」

彼女が握ってくる。

「いたいよー」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

まだ敏感な俺。
マジでいたい。
ただ、去年とは違って、妙に楽しかった。
俺も積極的に触ったり、擦りあったりした。

農業倉庫でもおっぱいを舐め回し、押入れの中でも「おちんちんおっきい」とか言ってさわられていた。

もう、2人っきりになるのが楽しくてしかたない。
親の目を盗んでさわりっこ。

ちょっと親も気づきはじめて、「××は、◯◯ちゃんとお医者さんごっこか。もうお前も中学生になるんだから、お医者さんごっこはやめなさい」と言われるようになった。

でも、その夜もお医者さんごっこ。
さすがに俺の股間も刺激に慣れてきて、先走りが出るようになってきた。

彼女は「××君、こんなお汁出して、病気ですよ。先生が吸い取って上げる」と言ってそれを舐める。

俺もおっぱいを舐め回し、彼女が「割れ目からお汁が出てきました、先生。舐めてください」と言われ喜んで舐めるように。

最後の夜はお互い全裸で抱き合って彼女の方から「来年も、いっぱいこういうことしようね。大人になっても、内緒でしていようね。絶対だよ」と言われまたおっぱいと股間の舐めあい。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


きもちよかった。

オナニーを覚えて、彼女が東京に帰ってからもこの日々のことを想像して擦っていた。
だんだんエッチに興味が出てきて、来年はこうしてやろう、ああしてやろう、と楽しみにしていた。

翌年、彼女は高校1年、俺は中学1年。
もう、男としてはやりたい盛り。
初日、彼女と一緒にお風呂に入り、お互いにびっくりした。
俺は陰毛がぼうぼう生えていたし、彼女はおっぱいがすごくいい形になり、ピンク色の乳首がすごくエロかった。
それ以上に女性独特のくびれと言うか、エロ本の世界。
とにかく、俺は完全に彼女を意識していた。

夜になりふとんに入るや否や俺は彼女に抱きついて腰をサルのように振り彼女を裸にさせようとした。
が、彼女は去年までと違った。
いきなり「パチン!」と平手打ち。
それでも俺の股間は臨戦体勢。
無理やり犯そうとしていた。

「落ち着いて!話したいことがあるの」と言われ、彼女は近親相姦だと奇形児ができるとか、もうこういうのはやめよう、と話した。

それからは何事もなかったように、ただのいとこに戻った。
俺が高校に入った頃、何度か手コキはしてもらったが、うんざりしたような様子なので、それもやめた。
今は彼女も30。
あの時やっちゃわなくてよかった、と思う。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 先生、パンツのなかがおかしいんです

事故で半身不随になった友だちの彼女
画像はイメージです
友達の彼女(20歳)が、車で正面衝突しました。

相手も彼女も軽自動車だったんだけど、スピード出てたらしく、彼女は意識不明の重態。
友達は彼女の家族の知らせを聞いて、すぐに病院へ駆けつけた。

頭を強く打ち付けたみたいで、とりあえず緊急手術。
命はとりあえず取り留めたものの、手術後、医者が家族とその友達に

「脊髄がひどく傷ついているようです。半身不随になる可能性が。覚悟してください」というようなこと言ったそうな。

数日後意識を取り戻した彼女。
しかし彼女の腰から下は動かそうとしても動かなかった。
友達は彼女にかなり惚れ込んでいて、彼女が下半身動かなくても付き合いを続けていくつもりだったんよ。

「もうセックスできねえなぁ・・・ははは」が、この頃の友達の口癖だった。
(ちなみになんとこのカップルまだセックス経験なし)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


彼女は何度も友達に泣いて謝ったみたい。

「ごめんなさい。でもお願い、まだ別れないで。今別れられたら死んじゃう」とか言われたみたい。
(友達は元から別れる気なかったけど)

しばらくして彼女退院、その後は車椅子の生活が待っていた。
友達は献身的に彼女に付き合っていた。
しかし友達も「彼女を愛してる」って言ってもまだ若い。
当初は元気が無かったが、しばらくすれば性欲も溜まる。
彼女が健康な頃は、セックスこそしていなかったものの、フェラ・手コキで抜いてもらってたらしい。
(彼女処女でまだセックスが怖かったみたい)

だが彼女がこうなってしまったしまった以上、どうすることもできない。
友達はオナニーな毎日。

またしばらくして、彼女も徐々に元気を取り戻してきた。
事故のショックも癒えてきた頃。
友達はその間、何度も浮気しそうになる衝動に駆られた。
そこそこモテる奴だったから、ちょっと頑張れば他の女の子とセックスすることができる。

しかし、友達は結局そうしなかった。
俺も相談にのりながら友達を元気づけた。
ある日、友達はその苦しさを彼女に話した。
彼女のことを思えば賢明ではないが、今後もやっていこうと思っている以上、話さなければいけないことだと俺たちの中で判断したからだ。
友達が彼女にそのことを話すと、彼女は「そうか・・・」とつぶやいた後、こんなことを言った。

「今からでもしてみる?セックス」

友達その言葉には面食らった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ここらの会話は詳しく聞いた。

「でもお前・・・」
「いいの、いいの。その苦しさを発散させるために彼女がいるわけだし。それにさ」
「それに何?」
「◯◯がエロ本とか見てオナニーするの考えちゃうと、嫉妬しちゃうからさ。抜きたくなったら・・・普通の恋人同士みたいにして・・・」

この日、彼らは初めてセックスしたらしい。
彼女は感覚が無いながらも「きもちいいよ」と言ってくれたらしく、それが切なくて泣きながらセックスしたらしい。

その後彼らは一年くらいして別れました。
普通の恋人同士みたいな、ごくありふれた理由で。
(彼がフッたらしい)

その友達はその後東京に移り住み、あまり連絡をとっていません。
彼女はたまに会いに行きます。
彼女は彼女で新たに彼氏を作りました。

なんか他人ながら、思い出に残る恋愛に立ち会ったなと思いました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 事故で半身不随になった友だちの彼女

母親の再婚相手にアナルを弄ばれたエッチ体験談

あたしが小学五年生の時、両親が離婚した。

あたしは母親に引き取られ、母と二人で暮らしてた。

中学生になるとき、母が再婚して新しい父がきた。

優しい感じのいい人だった、幸せな家庭になると思った。

でも、それは一年間だけだった。

義父が仕事で失敗して借金背負う事になって、母もパートするようになった。

義父は新しい仕事探さず酒ばかり飲んでた。

次第に母に暴力振るうようになり、荒れた家庭になった。

母は他に男作って家にあまり帰ってこなくなってきた。

義父の怒りの矛先はあたしにきた。

まだ中学生だったあたし。

家出する勇気なく我慢してた。

義父なんとか仕事みつけてあたしを食わせてくれてた。

高校にも行けた。

高校生になってから、義父があたしの事をいやらしげな目で見だした。

身の危険を感じたけど一応義父に養われてる身。

我慢してたけど、ある日突然酔っぱらった義父があたしに襲いかかってきた。

あたしは抵抗したけど、馬乗りになってビンタ数発くらって戦意喪失。

服破かれ下着も脱がされとうとう犯された。

あたしの初体験は義父になった。

それから地獄の始まり。

あたしは義父の性欲処理女にされた。

義父の命令で家にいるときは下着姿。

風呂入るときはいつも一緒。

義父がちんこくわえろと言ったらすぐにフェラさせられた。

何回もセックスした。

子供できたらまずいので中出しはしなかったけど。

学校行くときは下着を着けずに行かされた。

義父が酒飲みながら、あたしはフェラをずっとさせられた。

義父がしたいときは時間問わずセックスした。

こんな事が半年ぐらい続いて堪えられなくなり、母に連絡取って助けを求めた。

母が来てくれ、義父と話しして母が帰ってくるなら娘には手出さないと。

母は帰ってきてくれた。

これで安心と思った、だけどさらなる悲劇が…。

あたしの代わりに母が義父の相手してたんだけど、凄い事やってた!

母と義父が風呂に入ってなんか騒がしい。

こっそり見に行ったら母に浣腸してた。

母は苦しそうな顔してた。

義父が母のお腹殴って出させてた。

あたしはびっくりして足下にあったカゴを蹴ってしまい、その音で義父が気付き、あたしを風呂場に連れ込まれた。

義父が言った。

『お前の母親は浣腸が好きなんだよ』
母は

「見ないで」と泣きながら言った。

義父はまた母に浣腸し、まゆみ(あたし)の顔にかけてやれといった。

母はそれは許して下さいと言ったけど、義父があたしの頭を押さえて母のお尻まで持っていった
母は出さないように我満してたけど、義父がまた母のお前殴り、母はまゆみちゃんごめんなさいって言って脱糞した。

あたしの顔にまともに掛かった、それ見てた義父笑ってた。

義父はお前にもやってやるって言って、あたしにも浣腸した。

初めて浣腸された。

お腹ぐるぐるなって凄く痛い。

今度は母の顔をあたしのお尻に持ってきて、あたしは母の顔に出してしまった。

こんな浣腸プレイも数回された。

それからはセックスするときは母と一緒に。

「お前の母親はここもちんぽ入るんだぞ」

ってアナルセックスもしてた。

当然あたしもアナルセックスやられた。

母とレズっぽい事もさせられた。

母とあたし69の体勢でお互いのあそこ舐めたりした。

義父の命令で家にいるときは母とあたしいつも全裸。

義父の気分次第で、あたしとアナルセックスしたり母とセックスしたり、毎日が苦痛だった。

義父がセックスしたい気分じゃなくてもバイブ入れて遊んだり、おしっこするときは風呂場で義父の前でさせられたりした。

母を縄で縛って乳首とか乳房に針いっぱい刺したりもしてた。

こんな生活もう耐えられなくなり、母と相談して逃げる事にした。

ある日義父が普段よりちょっと多めに酒飲んだとき、いつもは嫌がる浣腸をあたしと母からしてくださいと頼み、義父が
「珍しいな?浣腸好きになったか」

と喜びながら風呂場に行った。

お湯をちょっと熱めにして義父を湯船に浸からせ、母とあたしで浣腸しあいながらお酒飲ませてたら義父がのぼせてきたみたいで、

「もう出るわ」と言ってふらふらしながら出ていった。

義父は寝室に行った。

母が義父の相手する合間に身仕度してきなさいと言い、あたしは急いで準備して母と交代。

義父はちょっとうとうとしてたから布団かぶって顔を見えないようにしてフェラしてた。

母の準備もできたと合図してきた。

義父はほとんど寝てる状態。

そっと離れて家を出た。

母の実家に逃げて行った。

祖父、祖母に事情話してかくまってもらうことに
高校もバレてるから中退した。

それからは義父とは会ってない。

地獄の日々から抜けられた。

でも心の傷は残ってる。

今でも男性不振で彼氏いないし、結婚もする気ない。

続きを読む

[紹介元] 萌えるエッチ体験談|非日常的なエッチな体験談をお届けします 母親の再婚相手にアナルを弄ばれたエッチ体験談

よく行くコーヒーショップの女性店員
画像はイメージです
彼女と知り合ったのは、私がよく行くコーヒーショップで。

彼女はそこでアルバイトをしていたのです。
どちらかと言うと大人しい感じの女性で、歳は24、25で、私は好印象を抱いていた。

私は、仕事の気分転換によくその店を訪れ、なんとなく顔なじみになったようなものでした。
そんなある日、街を歩いていて信号待ちをしていると偶然にも彼女に会って、ちょっと立ち話をした。
以後、その店を訪れると軽く会釈をするようになった。

しばらくするうちに、なんとなく彼女に声をかけ食事に誘ってみた。
・・・といっても、私はお酒が飲めないので、酔わしてどうこうまでは考えていなかった。

現われた彼女はシックな感じの服装で、お店でのイメージと変わらなかった。
横浜の夜景の綺麗なレストランで食事をすると、彼女の方からいろいろ身の上話をしてくれた。

今付き合っている彼がいること、歳は26であった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


私も自分の仕事、家族のことなどを話した。
彼女もお酒はそんなに強い方ではないようであったが、ワインを飲んでいるうちに酔いも回ったようで、彼とのセックスの話もしてくれた。
その中で彼女は、彼の行為には満足してないことまで話をしてくれた。
多少の期待はあったものの、そんな話の展開になるとは思わなかったのでちょっと驚いたが、その日は最寄りの駅まで彼女をタクシーで送って帰ってきた。
その際に、お互いのメールアドレスを教えあった。

それからメールでは、遠慮なくセックスについて語りあった。
彼女も私に興味をもってくれたようでもあった。
お店に行ったときには笑顔で迎えてくれた。
私のセックス観に興味をもってくれて、再び会うことにした。
それはホテルで・・・。

午後の1時にホテルのロビーで待ち合わせたが、彼女は幾分緊張の面持ちであった。
白のブラウスに薄茶色ロングスカート姿現われた。
部屋に入るまでちょっと口数も少なかった。
ソファーに腰を下ろし、私はコーヒーを入れながら、話をして緊張をほぐした。

彼女の隣に座って、コーヒーを飲む彼女の耳に優しくキスしてみた、すると彼女はコーヒーカップを置くなり、私に寄りかかってきた。
私は彼女の耳から首筋に優しく息を吹きかけ、彼女の耳を舌で優しく撫でてみた。
彼女の口から小さな声が漏れてきた。
耳と首筋を何度も舌で優しく愛撫してみると、彼女の声はみるみる大きくなり、私にしがみついてきた。
時間をかけ首筋を愛撫しながら、やっと唇に触れてみた。
すると彼女はいきなり舌を絡ませてきた。
私の手は、彼女の腰と太ももに置いたままであったが、すでに彼女は身体を捩じらせている。

胸を触ってみたい気持ちを抑え、耳、首筋、シャツのボタンの開いている胸元を繰り返しキスしてみると、彼女のしがみつく腕の力が一層強くなった。
彼女は、私のシャツのボタンを先に外し始めたので、彼女のシャツを私も脱がした。
私はじらしながら、肩、脇、そして首筋、耳、唇と舌で愛撫し続けた。
彼女の声はもう押させることができないくらい大きくなっている。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


スカート、もちろんストッキング、パンティはまだ履いたままであるが、彼女は私の手を胸元にリードした。
そこで、ブラを外してみると、小ぶりだが綺麗な胸があらわになり、私も思わず興奮してしまった瞬間であった。
乳首は立っていた。
だけど肩から、脇から乳首に向かった愛撫していったが、まだそこには愛撫せずずっとじらしつずけてみた。
彼女は私に身体と摺り寄せてくる、彼女の乳首が私の身体に触れるのがわかった。

彼女を鏡の前に立たせ後ろから首筋、腕に愛撫している姿を見せようとしたが、ちょっと最初は抵抗があったようであったが、薄目を開いてみていた。
そして鏡のサイドボードに手をつかせ、スカートをとストッキングを脱がせた。
彼女の立っている乳首を愛撫しはじめ、しばらくすると、彼女は鏡の前で倒れこむように腰を落としてしまった。

ベッドに抱えていき、今度は背中から腰にかけて愛撫しはじめた。
彼女の声はとても色っぽかった。
パンティの脇から軽く指を入れてみると、そこはすでに溢れ出るように濡れていた。
太ももの裏、パンティのラインに沿ったお尻を丁寧に愛撫していった。
手は彼女の乳首をもて遊ぶように動かしていった。
やがて彼女は自分からパンティを下ろしはじめた。
彼女の陰毛が濡れて光っているのがよくわかった。
おもわず指で触てみたかったが、そこはじっと我慢。
秘部の回りを丹念に愛撫し続けた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


手は太ももを撫で続けている。
彼女は身体を反らし、全身すごい汗をかいていたが、秘部を愛撫し始めると、あっという間にイッタようであった。

その後、再び全身を愛撫して、最後に秘部を愛撫し始めた。
彼女は私の頭を押させ、秘部に押しつけてきた。
口、鼻先、舌を使って丹念に愛撫し続けると、彼女が「入れて」とせがみはじめた。
でも、やはり丹念な愛撫を続けずっとじらし続けたが、ついに入れてみた。
彼女の顔をのぞくとその顔は、昼間にお店で会う彼女の顔とは違って、とってもセクシーで女らしかった。
やっぱり女の人はベッドの上での姿が一番セクシーで、そうさせることに僕は喜びを感じる。

その後は、騎乗位で、乳首を愛撫しながらじっくりと責め続けた、彼女の少し赤らんだ顔がとても素敵である。
バックから責めると、彼女は腰を突き出し、とてもセクシーポーズをとってきた。
その後、身体を何回か入れ替えたが、最後は騎乗位で私もイッてしまった。
彼女もその間、2回いったようであった。

腕枕をし、彼女の胸に手をあてて横になった。
時計を見ると、すでに4時に近かった。
しばらく彼女は横になったままでいたが、彼女の口から出た言葉は、初めてイッたということであった。
彼とのセックスにはどちらかというとネガティブであったようだったが、こんなにいいものだと思わなかったということである。
男の私としては、これほどうれしい言葉はなかった。
そのあと言うまでもなくもう一度抱き合った。

彼女とは、彼女の口から別れを告げられるまで、関係をもった。
これは最初からの約束であった。
しばらくして、彼女は付き合っていた彼とそのまま結婚し、新しい地へ旅立っていった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか よく行くコーヒーショップの女性店員

若くて奇麗な女教師のエッチな悩み告白

突然ですが私、生徒から色目で見られています。

私は23歳。学校の先生をしています。

授業は全学年で、一年の担任もしています。

「やらせて」

「付き合って」

「○○○したい」

等の発言は毎日ですね。

関わりのない生徒まで言ってくるので、自分はどのように見られているのだろうかと悩み所でもあります。

女子高、女子大出身で男子とのかかわりがあまりなかったもので、どう対処すべきか悩むことがあります。

(男性経験はありますよ)

興奮してるわけではないですが…

先日、不良めの生徒に後ろから抱きしめられました。

「ここで犯す!」

と言われ、ちょっとドキっとしてしまった自分がいました…。

私よりも背が高くて筋肉質だったのでドキっとしてしまい(笑)

毅然な態度をとらないといけないのに…。

これから先また何かありそうで心配です。

怒りはするのですが、若いこともあり、すでになめられてます…。

先日は他の職員が一喝して下さいました。

(というか、他職員がいる前でやるなんて…と驚きました)

スキを作らないようにしていこうと思います。

前は仲がよかった生徒に

「してほしい」

と涙ながらに懇願されました。

「先生のことを考えると苦しくて、俺もうダメなんです」

と言われた時は、なんだか自分が禁断ドラマか漫画の中にいるような気になりました。

雑談中にいきなりだったのでびっくりしてしまいました。

しっかりと諭しておさめましたが、さすがに自分にも不注意があったこと、相手のことを考え、誰にも言いませんでした。

それに「私は男子生徒から色目で見られている女教師なのよ」

的な傲慢な教師に他の女性の先生方から思われないかと…。

このような理由で、他の教師に相談ができなかった女教師は多いのでは、と思います。

続きを読む

[紹介元] 萌えるエッチ体験談|非日常的なエッチな体験談をお届けします 若くて奇麗な女教師のエッチな悩み告白

ななんと、妹を複数でレイプしてくれと言うのです。
画像はイメージです
バイト先でナンパした20才のOLとHフレンドの中になり、ちょうど3ヶ月になったころの話です。義理の妹(高校生17才)が夏休みの間、彼女の下宿に遊びに来るということで、その間は、外でHしようということになりました。



しばらくホテルでHが続いたのですが、夏休みも終わりに近づき、彼女が、とんでもないことをお願いしてきました。なんでも、まじめな妹が、自分の男性関係にチェックを入れて、親に報告しそうで何とかしてほしいというのです。付き合う前から知っていたことですが、本命君以外に、自分を含めて数人のHフレンドを持っていて、自分が彼女の下宿に泊まりこんだ時など、男からとっかえひっかえ電話が入っていましたから、妹にもすぐばれたのでしょう。妹は、姉と違い、お嬢様学校に通い、生徒会とかにも出て、いわゆるまじめ優等生タイプだそうで、姉のふしだらな生活を許せなかったのでしょう。一方、他校の文化祭のミスに選ばれたりして、美少女タイプで男性からも人気があるとのことでした。



そこで、驚いたのは、彼女の提案です。妹の男性不審を直すため+自分のことを親にばらさせないために、ななんと、妹を複数でレイプしてくれと言うのです。(逆効果じゃないの、とも思ったのですが。)義理の妹とはいえ、とんでもないことを考える女だなーと思う反面、話に出てくる妹に興味がわき、どうせ自分が断っても他の男に頼むのだろうと思い、引き受けることにしました。彼女の条件は、①かっこいい男を集めること。②偶然を装って、自分も襲うこと(自分が手引きしたことを悟らせないため)。③行為の一部をビデオもしくは、写真に撮る事。またそれらは、全て彼女に渡すこと。④後日、妹とコンタクトしないことでした。さっそくナンパ仲間4人に連絡をとり、計画を練りました。



まず彼女が妹の安全日を確認し、洋服を買ってあげるからと買い物に連れ出し、うまく丸め込んでお酒を飲みに誘いました。そこで何食わぬ顔で俺達が接近、あたかも初対面を装って、一緒に飲もうと誘いました。彼女からうわさは聞いていましたが、妹は榎本加奈子そっくりの美少女で、すっごくかわいい+美人でびっくりしました。彼女も結構いい女なのですが、妹はずば抜けていました。もう迷いはありませんでした。こんな子の処女がいただけるなんて、夢のようでした。下半身が熱くなったの他の仲間もかなりにやついていたので、下心がばれないかと心配でした。後から聞いた話では、本命の彼氏も妹が気に入って、姉からチェンジしようとしていたらしく、今回の依頼は、嫉妬もあったんだろうと思います。



妹が喜びそうなネタを、事前に入手してあったので、結構早い時間に打ち解けることができました。そこで盛り上がったところで、カラオケボックスに行こうということになりました。実をいうとこのカラオケボックスは、メンバーの1人が経営しており、その日は休業にして、他の人が入ってこないようにしたのです。みんなであおり、かなりお酒を飲ませ、最初は嫌がっていた妹を含め、王様ゲームを始めました。ボディタッチ、キス、服脱ぎと進め、みんなでHな気分で盛り上がりました。



もちろん、メンバー全員がぐるですから、妹に分からないように負けさせていきました。これまで、妹は、キスもしたことなかったみたいで、キスしたり、されるのたびに顔を真っ赤にしていました。服の上から胸を揉まれている時は、真っ赤になってしたを向いていました。結構ついていて、弾力性抜群でした。



宴もたけなわとなり、下着のみになった妹をさらに負かし、脱ぐのに抵抗したところで、みんなで押さえつけました。妹は、服を脱がされるだけと思っていたのか、「みんなスケベ」と、はしゃいでいましたが、ブラだけではなく、パンティも脱がされ、口をふさがれ、はじめて危険を察知したようで、暴れ出しました。



一応、姉も一緒に犯されるふりをする筋書きだったので、一人が彼女に、残りの4人が妹にとなりました。(彼女の希望で、一番かっこいい友人が彼女の相手と決まっていました。)男4人が押さえつけるので、いくら抵抗してもどうしょうもありません。かわいい顔をくしゃくしゃしながら、男たちの手で生まれたままの姿にさせられ、白く細い脚を開かせられる様子はなんとも言えなく興奮させられました。小さいと思っていた2つのバストもプリンのようにぷるぷると揺れていました。おそらくCカップ以上でしょう。先の形だけは、Fカップの姉とそっくりで小ぶりでつんとしていました。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

隣では、早速行為が始まって、2人の嬌声がボックスいっぱいに響き渡りました。妹もそれを聞いてか多少おとなしくなりました。みんなも余裕が出てきたのか、いただいちゃう前に、じっくり処女を観察しようということになり、薄暗かったカラオケボックスの照明を全開にして、マングリガエシスタイルにしました。うっすらとした茂みの中の花びらのさらに奥にうすいピンクの処女の証を確認しました。今まで、処女は何人となくいただいてきましたが、こんなにじっくりと見たのははじめてで、かなり興奮しました。(処女とやる時は、相手の気が変わらないうちにすぐに挿入しちゃうものですから)他の3人も無言で観察していました。妹の顔を見ると自分の大切なところをじっくり見ている男たちをジーと見まわしていました。しばらくするとその大切なところがジワーッと濡れてきたことが分かりました。とうとう自分は我慢できなくなり、蜜が溢れているところに口を付け、やさしく舐めまわしました。自分の唾液とは明らかに違うすっぱい味とにおいが口の中に広がりました。



それに興奮した仲間達が入れ替わり妹のあそこを舐め回わし始めました。俺はその光景を見て、すこし複雑な思いになりました。仲間に分けるのが本当に惜しくなりました。できれば独占したいという思いが強くなりました。



アップの写真撮影も終わり、とうとう挿入です。仲間の見ている中、立つのかなーと心配していましたが、問題ありませんでした。むしろ、いつもより元気で、壊れちゃうんじゃないかと思うほどでした。あそこに当てた時、妹の体がぴょこんと動いたのを今でも忘れません。妹の視線はズッと姉とは反対側を向いていましたが、その顔を、知らない男に犯されて、もだえ狂っている姉の方に向けさせ、「おまえもこれからああなるんだよ」と無言で悟らせました。その瞬間、妹の又にいっそう力が入りましたが、ほとんど無駄な努力に終わりました。あそこを唾液で十分に濡らし、ゆっくりと、あのうすピンクのひだを広げるように、挿入、少しづつ出し入れを繰り返し、中に入れていきました。途中、悲壮な悲鳴が上がり、抵抗もピークに達しましたが、それ以降は、抵抗が無くなりすんなりと入ることができました。奥に到達した瞬間、妹の体が痙攣し、膣がますます自分を締め上げているのが分かりました。生まれてはじめての異物を押しのけようと体が動くのですが、それがかえって密着性を上げて、快感が増していきまして。ずっと閉じっぱなしのまぶたに、涙をあふれさせながら、苦痛に絶えているようでしたが、しばらくすると、いたみが和らいだのか、ぱっと目をあけ、私の目を見つめていました。「痛くない?」の問いに返事が無かったので、ゆっくりと動かし始めました。最初のストロークでは、顔をしかめていましたが、何回か繰り返すうちに、私の手で押さえられた口から、「うっ、うっ」と吐息をもらすようになりました。その声を聞いて、さらに興奮した自分は、彼女の唇を自分の口で塞ぎ、ピストンを速めました。妹の顔は再びくしゃくしゃになり、苦痛に耐えているようでしたが、膣の中はぎゅんぎゅんと締め付けてきて、いつもよりも速くピークに達してしました。処女の中出しは、初めてで、これほど征服感がみなぎりました。



これから他の男たちに汚される前の体をしっかり抱きしめてました。まだ中に入っている息子も再び大きくなりかけましたが、仲間の罵声を浴び、しかたなくゆっくりと抜きました。出血は無かったけど、自分の精子がジワッと溢れ出しました。その精子を口で吸い上げ、妹の口の中に移しました。妹は何がなんだかわからなかったのと、処女喪失のショックで呆然としていたのですが、精子がのどにつかえ、咽ていました。



それから、興奮した男たちが、自分を押しのけ、狂ったように次々と合体していきました。男たちにどんどんと中出しされ、妹の目もうつろになり、抵抗もせず、ぐったりとなっていきました。その一部始終をビデオに収めましたが、もう気にはならないようでした。自分も2発目を試みましたが、ずーと放心状態で、人形を抱いているみたいでした。あそこも男たちの精子でべとべとになっているせいか、ゆるゆるになっていました。最初程の輝きは、もう失せていました。やはり、最初の一発目が一番良かった。



一方、姉の方は、正反対で、積極的に男たちを受け入れて3Pもこなしていました。私がお尻も開拓してありましたので、サンドイッチ状態で2人にはめはめされ、お口で三人目の息子にしゃぶりついていました。わたしが2発目を妹に注入してから休んでいると、姉の方も、私を除く全員と一通りことをすませ、一服ついているところでした。彼女のあそこもみんなの精子でべとべとになっていました。慣れ親しんだ彼女の体ですが、なぜか他の男たちの手垢がついて汚れた姿に興奮を覚え、興奮してきました。そのまま彼女を押し倒して、3発目は彼女の中に入りました。さすが遊んでいる女です、精子まみれのあそこでもびゅんびゅん締め付け、腰を振ってきます。いつもよりも興奮したせいか、彼女もびんびんに感じているようでした。思わず彼女が「○○(私の本名です)好き」っと大声で言って果ててしまったので、自分も中で出しながら、妹にばれないかと、ひやひやしました。後から聞くと全く分かっていなかったようです。

だいたいみんな4〜7回発射した後、満足したようで、解散となりました。1人10発以上も中出しされた姉妹は体中、精子にまみれて、真っ裸でぐったりしていました。姉がやさしく汚れきった妹の体をタオルでふいてあげ、服を着させ、帰る支度を整えさせました。妹は元の清楚な顔は、最後まで見れませんでしたが、姉にしっかり抱きかかえられながらカラオケボックスを後にしました。2人を送る傍ら、姉との約束のせりふと言って分かれました。



「もし今日のことを誰かに言ったら、親や友達に写真とビデオをばらまくぞ。」



それ以降、妹は姉の男関係をとやかく言うことはなくなったようです。後日、写真とビデオは、姉に回収されましたが、内緒で、ネガはスキャンで、ビデオはダビングして取っておきました。



それから、姉の方は、以前よりも激しくHしています。Hフレンドもさらに増えたようです。



妹とは、それっきり会えないでいましたが、次の夏休みに遊びに来るらしいのです。



あんな経験をしても、まだ姉を慕っているのか?それとも…



そんなわけで、今度はみんなに内緒で計画を立て、もう一度Hしたいと思っています。



うまくいくかどうか分かりませんが、いつか「姉妹並べて中出しして、二人が69してお互いのあそこの中にある俺の精子を吸い合わさせる」ってことをやってみたいです。



何か進展があったらまたご報告します。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか ななんと、妹を複数でレイプしてくれと言うのです。

【童貞】中2の秋頃に転校生の女子は童貞を喰らう痴女との噂が…

中2の秋頃に転校生の女子がきた。体調の都合で体育は見学すると言っていた。不思議に感じたが仕方ない。しばらくしてクラスメイトの一部の間で彼女の噂が流れ始めた。
童貞を貪食しているというのだ。そしてその噂の真実を知ったのはその直後だった。
12月に入ってすぐの頃に移動教室から帰ったところ、机の中に彼女からの手紙が入っていて放課後に来るように書いてあった。
指定されたところへ行くとそこは旧校舎で入り口は封鎖されているが、扉の鍵はかかっていないので中に入ると彼女が待っていた。そちらへ歩いて行くと「きてくれたんだね、君、童貞だよね?」と聞かれたので首を縦に振ると「じゃ、私とエッチしよ」と言ってその場に押し倒された。
手際よくズボンのチャックを下ろされて中から半勃ちのペニスを引き出して軽くしごいた。するとすぐにフル勃起した。
彼女はスカートの中に手を突っ込んでパンツを脱いでこちらに寄越して上から跨るように腰を落とし込んだ。ペニスは急に熱くて湿り気のあるものに包まれて彼女は小刻みに上下に動いた。
初めての感触に抗えず、あっという間に射精してしまった。彼女は「気持ちよかった?めっちゃ早いじゃん」と笑いながら言っていた。その後は「女の子を満足させられなきゃダメだよ、だからもう一回やるね」と抜かずに続けて動き出した。
脳みそに電流が流れるような感触で目の前が真っ白になりそうになりながらなんとか耐え続けて最終的に彼女が上擦った声で「良いよ!出して!」と言ったのでなんとなく下半身に力をこめると勢いよく射精された。
最後まで出切ったところで彼女は「気持ちよかったよ、童貞卒業おめでとう」と言って立ち上がった。
彼女は立ち上がるとすぐにパンツを使ってペニスを拭いてから履いてペニスは丁寧にズボンの中へ収められた。
立ち上がると「そう言えば、君はおっぱい見たことある?」と聞かれたので首を横に振ると「じゃあ、ついでに見せてあげる」とカッターシャツの前を開いて見せてくれた。
乳首や乳輪は想像とは違い、真っ黒で乳首はピンっと尖っていた。驚いて見ていると「すごいでしょ、真っ黒、なんでだと思う?」と聞かれたので「わからない」と答えると「赤ちゃんがお腹の中にいるとこうなるんだよ」と言われた。「え?」と答えるとさらにシャツを広げてお腹を見せてくれた。ぱっと見でわかるほどに膨らみがあって「触って良いよ、優しくね」と言われたので手のひらでその膨らみをさすると中で何か動いているような感触があった。彼女は妊娠していた。
「すごいよね、中2なのに赤ちゃんできちゃった」というので気になって「誰との赤ちゃんなの?」と聞くと「前の学校で付き合ってた彼氏」と答えた。更に続けて「初めてだったんだけどさ、本当はダメな日だったんだけどお互いに初めてだしって一回くらい大丈夫ってゴムなしでやったら一回でできちゃって気づいた時には遅くて田舎だったからすぐに噂が広がっちゃって転校したの」と答えた。
彼女の話を聞いているとムラムラしてきたが、もう一度やりたいとは言い出せず、最後に「おっぱい吸わせて」と頼むと「良いよ、もしかしたら少しくらい出るかも」と言ってくれた。
体を起こして彼女の乳首に口をつけて吸ってみると何か薄味な液体が出てきてそれを必死に飲んだ。
満足したので口を離すと「美味しかった?また飲みたかったら飲ませてあげても良いよ、赤ちゃんの分は残しておいてね」と小悪魔的笑顔で言ってくれた。
最後に「ケータイ持ってる?持ってたらこれに連絡してくれたらまたしてあげる」と言って連絡先の紙をくれた。たまたま塾通いのためにケータイを持たされていたので早速登録してメールを送った。それから程なくして彼女は出産のため学校を休んだ。
産後の経過が良かったらしく、結構早めに退院してきてメールで赤ちゃんの写真が送られてきた。女の子のようだった。中3の夏頃までは断続的に出席してきていてその時にパンパンに張ったおっぱいを吸わせてもらったりしていた。
中学卒業するときに記念に、と家に招かれて色々遊んだきりで彼女とのやりとりは途絶えた。

この体験談で濡れたらこの動画!!(広告)

何処に居ても冴えない女の子、地味子のるりが出演。「私、人より胸が貧しいんです…、こんな私だけど好きになってくれますか?」と、俯きか細い声で告白する。初めて出来た彼氏の部屋に上がり、緊張を隠せない様子のるり。童貞と処女の二人はベッドの上で初々しいキスし、慎重に童貞彼氏の敏感なチンポを優しくフェラをする。あまりの快感に口内射精をする彼の精子を優しく口の中で受け止め笑顔になるるり。互いに緊張もほぐれ次第に大胆になっていく二人をお見逃し無く!

人気急上昇!興奮のエロ動画はこちら!

[紹介元] エッチな体験談 淫ぽん 【童貞】中2の秋頃に転校生の女子は童貞を喰らう痴女との噂が…

【露出】深夜の団地の階段で露出オナニーしてたら泥酔した清楚妻が…

露出オナニー大好きな俺は毎日深夜2時になると音を立てないように全裸で部屋から出て団地の階段でオナニーする。
この時間なら他の部屋の人達も夢の中なので安心してオナニーしてザーメンを放出できる。
その日も深夜2時に部屋から出て団地の階段でオナニーしてた。
すると下の階の人が何処かで飲んで帰宅したようで、玄関が開く音がして慌てて隠れながら様子を見た。
それでもオナニーする手は止めない。
玄関のドアが閉まりきる寸前にザーメン出ちゃって下の階のドアに落ちたザーメンがかかる。
ピチャ…って音に気付いたのか、住人が外に出て確認を始めた。
一階分降りてきてオナニーしてたから、すぐに部屋に戻れない俺は息を潜めてた。
少ししてドアが閉まった音がしたので安心したら、足音を立てずに下の階の住人が登ってきた見つかった。
「こ、こんばんは…」
「こんばんは…もしかして変態さん?」
酔っ払ってまともな思考回路じゃなくなってるようで、ニヤニヤ笑いながら俺の目の前にしゃがんでチンポを指でツンツンと触ってくる。
「匂いでザーメンだってわかりましたよぉ…私の部屋のドアに飛ばすなんて酷いですぅ…いけないオチンポにはお仕置きしちゃいますよぉ?」
ツンツンされて興奮しちゃった俺のチンポをいきなり咥えてフェラチオ開始。
酒で体温上がってるみたいで口の中がめちゃくちゃ熱い。
確かこの人は新婚さんだったはず…。
旦那放置して他所の男にフェラチオして罪悪感ないのかな?
見た目は清楚系なのに激しいフェラチオしながらオッパイ出して自分で揉んでる。
着痩せするタイプらしくて実際のオッパイは大きかった。
つい揉んでしまっても俺は悪く無いよな?
フェラチオされながらオッパイ揉ませてもらってたら、自分で揉むのはやめてパンツ脱いでマンコ弄り始めた。
「あの…新婚さんにこんな事頼むのどうかと思いますけど…SEXさせてもらえませんか?」
「お仕置きしてるのにSEXしたがるなんて…勝手にオッパイも揉むし変態さんはどうしようもないですね」
悪態つきながらチンポから口を離して立ってくれる。
そしえ壁に手をついてケツを向けて突き出してくれた。
「旦那には内緒ですよ?オマンコに入れさせてあげるから気持ち良くしてくださいね?」
片手でムニ…とケツの肉ごとオマンコを横に開いてくれる。
「ありがとうございます、生なのに入らさせてくれるなんて優しい奥さんで旦那さんが羨ましいですよ」
「えへへ〜、旦那もよく優しいお前が好きって言ってくれるんですよぉ…」
生は否定しなかったのでそのまま挿入。
「奥さんのオマンコ狭いですね〜、めちゃくちゃ締まって気持ち良すぎですよ」
「旦那も生だとすぐにイッちゃうんですよぉ…せめて5分は頑張ってくださいね」
激しくしたら音が響くので静かにゆっくりと突く。
「激しいのが好きなんですけどゆっくりも意外と良いですね、中でオチンポの形がよく解って興奮しちゃう…」
「奥さんも脱ぎませんか?開放的で気持ち良いですよ」
言いながらブラウスを脱がしていく。
素直に脱がされてブラは自分で外してくれる。
「変態さんのお仲間になっちゃいましたぁ…こんな所で脱いで浮気オチンポ生ハメなんて興奮しちゃうぅ」
「乳首もピンピンに立ってますね」
オッパイを包み込む感じで揉んで乳首を弄ると可愛い声を出してくれる。
「声出ちゃうから乳首はダメぇ…」
「可愛いなぁ…このまま連れて帰りたいくらいですよ、浮気チンポで孕ませたいから中出ししますね」
「ああん…孕んじゃうぅ…旦那愛してるのに他の男に孕まされちゃうぅ」
思い切り腰を突き出して奥さんの身体を持ち上げる。
「深すぎぃ…子宮に入っちゃうぅ…」
ドプっ!ドプドプ!とまたザーメンを勢い良く放出する。
まさか2回目の放出なのにこんなに濃いのが出るなんて…。
「本気で孕ませにきてるぅ」
「浮気チンポに中出しされてる気分はどうですか?」
「気持ち良い…旦那とじゃこんなに気持ち良くなった事ないのぉ…」
たっぷりと中出ししたらお礼にお掃除フェラまでしてくれた。
「毎日この時間に露出オナニーしてるので、また俺のチンポとザーメン欲しくなったら来てください」
「それじゃ私も毎日来ちゃおうかな?うふふ…」
ご機嫌で帰っていったけど、ブラとパンツ忘れてった。
お土産としてありがたく貰ったよ。

この体験談で濡れたらこの動画!!(広告)

勃起したチンコに興味津々なシロウト女子のリルドキュメント!撮影に応じてくれたウブな女の子にセンズリを見せつける。手コキをお願いすると「見るだけって言ったのに…困ります」と言いつつ一生懸命に手コキをしてくれる女の子。女の子にチンコを見せつけ興奮しアソコはギンギン!唾を垂らしてもらったり、カワイイお顔を近づけてもらってシコシコ♪大量の精子を発射するときの女の子たちのリアクションをお楽しみください。

人気急上昇!興奮のエロ動画はこちら!

[紹介元] エッチな体験談 淫ぽん 【露出】深夜の団地の階段で露出オナニーしてたら泥酔した清楚妻が…

【寝取られ】42歳の妻がが他人に触られ感じ行く姿を…

妻・42歳が他人に抱かれるのを見たくてしかたがない夫・46歳です。三度ほど行ったことのあるハプニングバーに行けば叶うのと思い誘いましたが、断れっぱなし。
最後は見学するだけだからと何とか説き伏せました。
前の土曜日に決行しました。居酒屋である程度酔わせ店へと行きました。
1時間ほど過ぎると周りの皆さんにコスプレをするようにと誘われました。
皆さん思い思いの服装に着替えていて、妻は最初嫌がっていましたが、押し切られミニのセーラーに着替え、私は裸にエプロンの姿になりました。
ボックスで私と他二人の男性と会話をしながら飲んでいました、妻がかなり酔ってきたので作戦を実行することにしました。
私は、そっとその場を離れました。30分ほど過ぎてから覗いてみると上のセーターをめくられてブラジャーの上から手で触られ、パンストを脱がされた太モモを撫ぜられていました。
ただ、妻は嫌がっていて自分のセーターを、それ以上、めくられないようにして、胸を触られている手を払いのけ、スカートはもう片方の手で押さえていて忙しそうでした。
「よしよし」と思い、気付かれないように覗いていると隣にカップルで来ていた30歳位の女性が寄って来て私自身をシゴキながら「奥さん、エッチするよ。イイの?」、「勿論、それが見たいんだ」などと話しをしていました。
その内、男性たちに妻はブラジャーを取られ胸を揉まれ、吸われ、パンティの中に手を入れられ指を入れられているのが分かりました、そしてパンティをずらされて舐められ出しました。
ただ、男性がパンティを脱がそうとしますが、妻は手で押さえてそうはさせません。
これではらちが明かないと思い、女性にお願いしてバックから入れさせてもらうことにしました。
そして、コンドームを着けてから、妻に「○美、見てごらん」とその姿を見せつけました。
するとニラミ付けられそして妻の腕の力が抜けパンティがスルリと取れました。
その後、二人の男性が望みを叶えてくれました。コンドームを着けた男性たちが代わるがわる挿入しましたが、妻は目をつぶったまま、時折「アッ」と小さな声を出すだけであまり感じているようには見受けられませんでした。
その姿を見ながら私は発射しました。
しかし、帰りのタクシーから三日間も妻が会話してくれず、やりすぎだったようです。

この体験談で濡れたらこの動画!!(広告)

老若男女が夜な夜な集う隠れ家的なバーがある。そこでは各々自由に行動する。性にオープンな客、それを見て楽しむ客…様々な思いを胸にやってくるのだ。夫婦でカップルで単独で…。常連客との掛け合いで「素っ裸」にひん剥かれ恥辱を受ける。またそれに興奮しセックスを披露!解放感溢れる店内で今日も酒池肉林が行われる。

人気急上昇!興奮のエロ動画はこちら!

[紹介元] エッチな体験談 淫ぽん 【寝取られ】42歳の妻がが他人に触られ感じ行く姿を…

【ショタ】大学に進学と同時に一人暮らしを始め隣の高学年の少年を連れ込み…

大学に進学と同時に一人暮らしを始めた。それまで実家で何かと規制されて生活していたのでそれらから一気に解放された。異性との付き合いも厳しく止められていたのでそれが一番よかった。
早速、マンションの隣の部屋に住む小学五年生の男の子と仲良くなって家に連れ込んだ。それまで家族のですら異性の裸体を見たことはなかったので男の子に頼んで裸になってもらって初めて生で異性の裸体を見た時はかなり興奮した。私はお返しに、と服を脱いで裸を見せると男の子の陰茎はピコンっと立ち上がって面白かった。保健で陰茎が勃つと性行為の準備ができたと習ったので男の子の前で股を開いて誘った。男の子は何をしたら良いのか分からない様だったので起き上がって逆に男の子を仰向けに寝かせて上から跨って入れた。
まだ小さいせいか、痛みはなかったが、中に入っている感触はあった。
あまり激しく動くと抜けてしまうので気をつけながら上下に動いてみると男の子は切なそうな表情をして声変わり前の甲高い声で喘いだ。
5分くらいで男の子が「なんか出る!」と言った直後に勢いよく中出しされた。
精通の瞬間だったらしく、私が立ち上がった時に膣から白い液が垂れてきているのをみて驚いているようだった。
落ち着いたところで軽く性教育をしてあげた。私は精液の味を知りたかったので口で咥えてちょっと吸い上げると男の子はすぐに2発目を出してくれた。苦味があったが、嫌いな味ではなかった。

男の子に口止めをしてから家に帰らせてからオナニー三昧だった。
それから大学院博士後期修了までの間、男の子とほぼ週一でやり続けた。

この体験談で濡れたらこの動画!!(広告)

勉強にも恋愛にもマジメな素人女子校生たちに早漏で悩む童貞君の暴発改善のお手伝いしてもらうことに!照れてハニカムつたない女子校生の手コキでも暴発してしまう早漏童貞チンポ!トレーニングの生素股中に赤面発情!そのままヌルっと生挿入!祝筆おろし!膣キュンしちゃった女子校生は優しく生中出しさせてくれました!

人気急上昇!興奮のエロ動画はこちら!

[紹介元] エッチな体験談 淫ぽん 【ショタ】大学に進学と同時に一人暮らしを始め隣の高学年の少年を連れ込み…

【ロリ】父は開業医で小児科…診察室を覗くと同級生の女子が…

父は開業医で小児科をしている。母も受付で働いていて学校から帰ると父の仕事場の横を通り抜けて自分の部屋へ行っていたので昔から患者としてきている子供達の姿をよく見ていた。小さな子が多かったが、高学年の子もよくきていて女子だと心音を聞くためなどで裸にされている姿をよく盗み見ていた。
医院が休みの日もたまに診察をしていて不思議に思っていた。
小4の時の秋頃の夜遅く、父の仕事場から明かりが漏れていて話し声が聞こえていた。話し相手の声は母ではなく、子供っぽい声だったので気になってそっと覗くと同じクラスのユウコが裸でいて、父と話していた。ユウコはクラスの中でもダントツで発育が良く、大人っぽい体つきをしていてよく上級生から言い寄られていた。
そのユウコが父の前で全裸で座っていて何かの台に両足を乗せていて父の座り位置的に父の目の前にはユウコの膣があるようだった。
ずっと見ていると父の手元がチラッと見えて父は小さなピンク色のカプセルのようなものを手に持ってユウコの膣に当てているように見えた。ユウコは小さな声で「あっんっんっ」と声をあげていて父はその度に嬉しそうにしていた。しばらくすると手に持っていたピンク色のものを近くの机に置いてその机から長細い銀色の棒を手に持ってユウコに見せた後、それを膣に当てているようだった。今度はユウコは苦しそうに息をしていて何をしているのか皆目見当も付かなかった。

しばらくすると銀色の棒も机に置いて父は立ち上がり、ズボンを脱いでユウコの目の前で仁王立ちになって大きなペニスを見せるとユウコは「優しくお願いします」と応じて父は頷くとユウコの足の間に体を入れてへこへこと腰振りを始めてユウコは先ほどの比較にならないくらい大きな声を出して顔は真っ赤になっていた。
ユウコと父はしばらくそのような感じでいて5分程度で父の動きが止まり、机から銀色の皿を手に取って下に構えながらユウコから離れた。
ユウコは荒い息をしながらも嬉しそうな顔をしていた。
銀色の皿をユウコの膣の入口に当てて指で何かをしていてユウコは小さく声を上げていた。
父はユウコの膣のあたりをガーゼで拭いてから足を台の上から下ろして今度はユウコが父の股間に頭を埋めて頭を動かしてしばらくすると少し苦しそうな表情をしながらも立ち上がった。この時、父の勃起した陰茎が見えた。ユウコは父から銀色の皿を受け取って中に入っている液体を舐め取っていた。
その後、ユウコは服を着て帰って行ったが、その後も何度も2人の姿を見かけた。
特別仲良しと言うわけではなかったのですぐに本人に何をしていたのか聞き出せないまま学年が変わり、小6になった。やっと聞き出せたのは小6の終わり頃、卒業式の1週間前だった。
ユウコと父はユウコが小2の頃から本番行為はないもののそれっぽい関係はあり、小4の時、ちょうど覗き見をした時に初体験をしたのだそうだ。
それからも父と関係を持ち続けてなんと、2回ほど妊娠したそうだ。早いうちに堕したらしい。
この時は父に対する怒りなどはなかったが、単に羨ましいと思ってしまった。
話を聞いていると最後にユウコから「童貞、卒業しちゃう?」と持ちかけられ、迷わず首を縦に振った。

この体験談で濡れたらこの動画!!(広告)

初めての恥ずかしい診察で少女に芽生えた、奇妙な気持ち。願いを叶えるために、少女は再び診療所を訪れた。全国唯一の医者マニア誌としてマニアを唸らせ続けている、三和出版「カルテ通信」。そのスタッフが総力をあげて映像化した「羞恥の診察室」シリーズ第3弾です!

人気急上昇!興奮のエロ動画はこちら!

[紹介元] エッチな体験談 淫ぽん 【ロリ】父は開業医で小児科…診察室を覗くと同級生の女子が…

【継母】小5の時に日頃から憧れ欲情していた美しい継母の身体に…

僕がまだ保育園の時に母が家を出て行った。
僕は父に引き取られて二人で暮らすことになった。
父は慣れない料理をしたり僕を保育園に送り迎えしてくれ、そのうえ仕事も頑張って本当に大変だったと思う。
そんな父が突然付き合っていた彼女を家に連れてきた。
僕が小学1年の時だった。
驚いて照れ臭くてモジモジしてしまった。
父より15こ年下の25歳で名前は美香さん。
仕事はスポーツジムのインストラクターをやっていて初めて会った時もジャージ姿だった。
高校の時には陸上で全国大会に行ったらしいくて、アスリート体型でいかにもスポーツ万能って感じの見た目。
性格もサバサバしていてかっこいい女の人って印象だった。
僕とキャッチボールしてくれたり、走り方を教えてくれたりもした。
幼いながらもこの人が僕のお母さんになるのかなと思った。
両親が反対していて結婚できないらしいけど、父を助けるために家に泊まってくれることが増え、やがて一緒に暮らし始めることになった。
他のお母さんと比べると全然若くて、まるで歳の離れたお姉ちゃんみたいな存在。
食事の時なんかは「コウタよく噛んで食べなさい」とか「ちゃんと左手でお皿を持ちなさい」とか結構、事細かく注意された。
ウザいなあと思うことも多かったけど、今になって思えば僕のことを思って注意してくれていたんだと思う。
そんな美香ちゃんのことが異性として気になり出すのに時間は掛からなかった。
小学3年に上がった頃には美香ちゃんの事が女の人として気になり始めた。
普段の日はジャージ姿の美香ちゃんだけど、休みの日にはよくスキニージーンズを履いていて、そんな時はぷりっとしたお尻に目が行った。
たまにミニスカートの日があってそんな日は一日ドキドキしていた。
美香ちゃんが屈んだり座ったりすると、たまにチラッとパンツが見えて思春期の僕には堪らなかった。
ある日父が仕事で僕を迎えに来られないからと代わりに美香ちゃんが車で迎えに来てくれたことがあった。
助手席に乗り込んだら「コウタお待たせ〜」って笑顔で言ってくれる美香ちゃん。
ジムから帰って着替えてきたみたいでミニのワンピース姿だった。
何だったか忘れたけど発進する前に、美香ちゃんが運転席から身を乗り出して後部座席の鞄から物を取り出そうとした。
最初は後ろ手で取ろうとしたけど取れなくて、よく見たらそれが後部座席の足元に落ちてるみたいだった。
すると美香ちゃんは運転席に膝立ちして上半身を後ろに乗り出した。
その時、ミニワンピがずり上がって太ももの半分くらいまでが見えた。
助手席の僕は横目で見ながらドキドキ。
なかなか届かないみたいで、もうひと息手を伸ばそうとすると更に裾が上がって、少し覗き込めばパンツが見える状態に。
僕はいけないと思いながらもエロが勝ってしまい思いきって覗き込んだ。
エメラルドグリーンのパンツが食い込んだ美香ちゃんのお尻が丸見え。
それも数十センチの距離。
僕はピンピンにテントを張ったチンコのポジションを直しながら美香ちゃんのパンツを目に焼き付けた。
家に帰ると目をつぶって美香ちゃんのパンツを思い出しながら夢中でチンコを扱きまくった。
次の日にはバルコニーに干されていたエメラルドグリーンのパンツを手に取って観察した。
裏返してオマンコが当たる部分を確認したり、堪らなくなって穿いてみたりもした。
ギンギンのまだ皮かむりチンコがぴょこっと飛び出して興奮した。
それからは毎日美香ちゃんのパンツが見たくてクローゼットの下着を漁った。
小さく丸めてボックスに詰めてある色とりどりの下着は僕にとっては宝物。
ナイロンのツルツル生地のパンツが多くて、白、ピンク、水色、黄色、オレンジ、エメラルドグリーンと明るいが多かった。
丸まったパンツを広げてベッドに並べて頬擦りすると、気に入った一枚を穿いて夢中でチンコを扱いた。
小学4年に上がる頃には未洗濯のパンツに興味が移っていった。
美香ちゃんがお風呂に入ったあと、初めて洗濯かごからパンツを持ち出した時は興奮して心臓が飛び出しそうだった。
ピンクのパンツをトイレに持ち込むとすぐに裏返してシミを確認。
縦に細長い黄色のシミを見つけると匂いを嗅いでみた。
前に学校でプールの時間にこっそり漁った同級生のパンツのオシッコ臭とは違う、大人の女の人の匂い。
シミを鼻に押し付け匂いを嗅ぎながらギンギンのチンコを扱いていると、オシッコが漏れそうな我慢できない快感が襲ってきた。
「あぁ美香ちゃん!」白い液がビュッと勢いよく飛び散った。
腰が抜けるような快感に一息つくと壁や床に付いたドロドロの精液を拭き取った。
僕は美香ちゃんのパンツで初めての射精を経験した。
射精の快感を知ってからは美香ちゃんをオナペットにオナニーに明け暮れた。
ジャージのお尻のパン線で興奮してシコシコ
胸元から見えた谷間でシコシコ。
スキニーでしゃがんだ時の腰パンチラでシコシコ。
ミニスカパンチラをおかずにシコシコ。
美香ちゃんが一日中穿いていたパンツを使ってシコシコ。
出しても出してもまたすぐにやりたくなってしまう。
一日に何度も美香ちゃんでオナニーした。
そんな猿みたいな僕は「美香ちゃんのオマンコが見てみたい」と思い始めた。
憧れの美香ちゃんのあそこはどんなんだろう
出来ることなら思いきり舐め回してみたい。
オマンコにチンコを入れるのがセックスだってことは友達から聞いたりして知ってたから、もし美香ちゃんとセックスできたらどんなに気持ちいいだろうと妄想が膨らんだ。
美香ちゃんを薬で眠らせて好き放題する妄想や、透明人間になっていたずらする妄想。
オナニーする時は洗濯かごから美香ちゃんが脱いだパンツを持ち出した。
そして匂いを嗅ぎながら美香ちゃんとセックスするシーンを思い浮かべた。
扱いて逝きそうになったらオマンコのシミの部分にチンコを擦り付けて思いきり射精。
こうすればまるで美香ちゃんとセックスしたみたいで凄く興奮した。
オナニーが終わるとバレないようにティッシュで精子を拭き取ると元の洗濯かごに戻しておいた。
事件は突然起こった。
その日も美香ちゃんがお風呂から出たのを見計らって脱衣所に向かった。
いつものように洗濯かごからパンツを取り出して振り返ると目の前に美香ちゃんが立っていた。
手に持ったパンツを後ろ手に隠したけどすぐに見つかって取り上げられた。
言い訳のしようもなくて言葉もなく気不味い空気が流れる。
「コウタが私のパンツ持ち出してたの知ってたよ」
この言葉を聞いて終わったと思った。
バレてないつもりだったけど、美香ちゃんは気付いていたのだ。
父に告げ口されたら怒られるだろうし、何より息子のこんな状況を父に知られることが情けなくて絶望感しかなかった。
「いつかちゃんと言わなきゃいけないと思ってたけど。そうかあコウタも男の子だね〜もう女の人に興味が出ちゃう年頃なんだね」
思ってもみない言葉に驚いた。
「我慢は体に良くないっていうし。その代わり使ったらちゃんと元に戻しといてよ。あと絶対に他で盗んだりしたら駄目だよ」
少し笑いながらそれだけだった。
諭すような口調に大人の女性の包容力を感じた。
思春期の僕を思い遣ってくれた優しさが嬉しくて美香ちゃんのことが余計に好きになった。
次の日の美香ちゃんは何もなかったかのように普通で父もあの事は知らない様子だった。
洗濯かごにこれまでどおり美香ちゃんが脱いだ下着があって僕は安心した。
そうなると僕のオナニーは美香ちゃん公認ってことになる。
バレないように拭き取っていた精子だけど敢えてぶっ掛けたまま洗濯かごに戻してみたりした。
僕は美香ちゃんとエッチしたいんだってアピールしたかった。
たまに美香ちゃんのパンツが凄く濡れていることがあって、そんな時は僕の精子と美香ちゃんのヌルヌルが混ざり合って、なんだかセックスしたみたいな気になった。
小学5年になると僕は一気に背が伸びて美香ちゃんに追いつきそうになった。
オナニーしまくったチンコは勃起すると皮が剥ける仮性包茎で結構大きくなった。
性欲はどんどん高まる一方で、もう下着オナニーでは我慢できないくらいまで来ていた。
どうしても美香ちゃんのオマンコを見たい
そしてセックスがしたい。
オナニーで妄想の中の美香ちゃんを毎日犯しまくった。
ある日学校から帰ってリビングでゲームしていると美香ちゃんが仕事から帰ってきた。
「ただいま。今日も暑かったねー」
家に帰ってすぐに部屋着に着替えて洗濯物を取り込むと台所で料理を始めた。
ショートパンツとTシャツ姿の美香ちゃん。
少し日焼けした健康的な太ももとお尻に僕の視線は釘付けだった。
これだけ僕が見ていたら気付いてるはずないのに、子供扱いしてるのか四つん這いで平気で僕の方にお尻を向けたりする。
もちろん僕はガン見するけど美香ちゃんは気にもならないみたい。
それとも僕を誘惑して楽しんでるんだろうか。
思い切って「セックスさせて」って言ったらどうなるだろう。
いやいや怒ったら怖い美香ちゃんにそんなこと頼めるはずない。
勃起したチンコのポジションを何度も直しながら悶々とした時間が過ぎていった。
「パパちょっと仕事で遅くなるって」
父からLINEが来たみたいだった
「あー疲れた〜お風呂入るのしんどいなあ。コウタ先に入って」
言われるがままシャワーを浴びて出てくると美香ちゃんはソファで寝てしまっていた。
背もたれ側に向かって横になって丸まるように寝ている美香ちゃん。
近づいて顔を覗き込んでみると規則正しい寝息が聞こえた。
エロいことを考え急にドキドキしてくる。
ショートパンツの隙間から少しだけ水色のパンツが見えている。
起きてしまったらとどうしようとも思ったが、溜まりに溜まった性欲のせいで僕はもうブレーキが効かなくなっていた。
息を殺してショートパンツの隙間から指を入れるとパンツの縁に指を引っ掛けた。
その瞬間美香ちゃんの体がピクっと動いた
緊張と興奮で心臓が飛び出しそう。
とにかくオマンコが見たかった。
パンツの股の部分を捲ると、想像してたより濃い陰毛に被われた割れ目が見えた。
まるでぷっくりと膨らんだ唇のようだった。
『これが美香ちゃんのオマンコ!』
一旦戻し左手でパンツの縁を引っ張りながら今度は震える右手の人差し指で割れ目に触れてみた。
また美香ちゃんの体がピクっと動く。
僕は固まったまましばらく様子を見たけどまだ行けそう。
毛で覆われた割れ目に指を入れようと試みる
固く閉じられているように見えたが『ツプッ』という感触と共に割れ目は簡単に人差し指の先を飲み込んだ。
またピクっとする美香ちゃん。
初めて触った女の人のオマンコ。
人差し指に付いた粘液を舐めると、大人の女の匂いが僕を狂わせた。
汚いとはこれっぽっちも思わなかった。
堪らなくなり直接割れ目に舌を這わせてレロレロと舐めていると、どんどんヌルヌルが溢れてきた。
まだ美香ちゃんは寝てるんだろうか、もしそうなら嬉しいけど。
早くチンコを入れたい。
慌ててパンツを降ろすと
『ビンッ』と反り返ったチンコが飛び出した
左手でパンツを捲ってここだと思う場所を目指して腰を突き出すがなかなか定まらない。
美香ちゃんの体勢が横向きで、勃起の角度がありすぎて腰を引いてもオマンコには入りそうになかった。
何とか入れようと腰を突き出すが、お尻に当たったり土手の部分に当たったりを繰り返した。
どうしても入らなくて焦っていると、美香ちゃんがモゾモゾと動いた直後、
「え!?ちょっと!コウタ!!」
美香ちゃんがクルッと振り返った。
全裸でチンコを握りしめた僕はその場で固まって動けなかった。
美香ちゃんはショートパンツの裾を直しながら起き上がると
「私のパンツがあったやろ?パンツなら使っていいよって約束したじゃん」
しばらく沈黙が続く。
永遠とこのまま美香ちゃんとの関係が駄目になりそうな気がして思い切って話した。
「もうパンツだけじゃ我慢できないよ」
思い切って気持ちを伝えた。
「僕は美香ちゃんのことが好きだからさ!」
言ってしまった。本当はセックスが一番の目的だけど好きなことも事実だった。
「だからって寝てる女の人を無理やり何とかしようなんて卑怯な事、絶対にしたら駄目!!」
「・・・うん」
これにはぐうの音も出なかった。
「それにコウタにはまだエッチは早いよ。まだ小学生じゃん」
『そんなことない。僕は立派にチンコも剥けてるし精子も出るしもう立派な大人だよ』と言いたかった。
でもそういう体の問題じゃないと返されるのは目に見えてたので言わなかった。
暫くうなだれている僕を見かねたのか美香ちゃんが切り出してくれた。
「コウタが私のこと好きって言ってくれた気持ちは嬉しいよ。ちょっと部屋で待ってて」
寝室に戻ってすぐに僕の部屋に来てくれた
美香ちゃんが持ってきたのはコンドームだった。
二人でベッドに腰掛けると美香ちゃんは寝室から持ってきたコンドームを取りだして、手際よく僕のチンコにクルクルと被せた。
「パパが帰ってくるかもしれないから急いでね」
そう言いながら立ち上がると僕の目の前でショートパンツとパンツをその場に脱ぐとベッドの布団に潜り込んだ。
床に残された水色のパンツの股の部分に濡れたばかりのシミが見えた。
僕も布団に入ると美香ちゃんの上に覆い被さるように抱きついた。
上のTシャツは着たままだけど下から捲り上げるとブラの上から顔を埋めた。
美香ちゃんのいい匂いがした。
美香ちゃんが脚をM字に開きながら、僕の腰に手を添えて誘導してくれた。
「コウタ、そのままゆっくりね」
腕立ての姿勢で股間を見ると美香ちゃんの毛に覆われたオマンコに僕のチンコが入ろうとしているのが見えた。
『遂に美香ちゃんとセックス出来る!』
美香ちゃんが手を添えてチンコの先っぽを少しだけ自分で入れると
「いいよ、来て」
ゆっくり腰を下ろすと僕のチンコが美香ちゃんの中に吸い込まれた。
「はぅ・・・」
気持ち良くて思わず声が出てしまった。
美香ちゃんの中は凄く熱くてキツくてチンコが溶けそうだった。
オマンコの感触を確かめるようにチンコを出し入れしながら美香ちゃんの顔を見つめた。
『美香ちゃんも気持ちいいのかな?』
そんな僕を美香ちゃんは少し紅潮した笑顔で見守るように見ていた。
『美香ちゃんにも感じて欲しい』
夢で何度も犯したように美香ちゃんを感じさせたかった僕はがむしゃらに腰を振った
パンパンパンパン・・!!
「あ・・・ちょ、コウタ・・・激し・・・い・・・んっ」
美香ちゃんの顎が少し上がり微かだが喘ぎ声が漏れる。
その声を聞いて猛烈な射精感に襲われた僕は美香ちゃんにしがみ付いた。
「うわ〜美香ちゃん!イクっ!」
ドビュッドビュッ・・・
美香ちゃんは自分の中で精を吐き出してぐったりしている僕をぎゅっと抱きしめてくれた。
「あーあ・・コウタとこんなことになるなんてね〜パパには絶対に内緒だからね」
「うん・・・もう一回したいかも」
「え!?もう?」
「すぐ終わるからお願い!」
「・・・」
僕の夢のような初体験だった。

この体験談で濡れたらこの動画!!(広告)

親の借金のせいで鬼畜爺の所へ嫁がされたみりあ。毎日、極太肉棒に奉仕をし性処理奴隷としか扱われず、義理の息子達の前でも恥辱の限りを尽くされる。長男とみりあが密かに想い合っていることを知った鬼畜爺は、次男の性処理もみりあにさせる事に。愛するみりあが目前で犯され、妬み狂った長男もデカチンで犯し始めた…。

人気急上昇!興奮のエロ動画はこちら!

[紹介元] エッチな体験談 淫ぽん 【継母】小5の時に日頃から憧れ欲情していた美しい継母の身体に…

【童貞】中学3年生の時に大好きな家庭教師にオナニーを…

中学3年生(15歳)のときの話になります。

自分で言うのもなんですが、すごく真面目で成績のよい子供時代でした。

中学時代は常に学年でトップ10には入るようなタイプでした。友達も、同じような真面目なタイプの子ばかりと仲良くしていたのです。

しかし、本当の僕は違ったと思います。
初射精は、小6のとき。突然夜中にちんぽの先からドクドクと精子が出たときは本当にびっくりでした。

体育の授業のとき、まだ男女一緒に授業を受けていたのですが、体育座りをすると、いつも横からハミチンをしていました。

親の買ったパンツをはいていたので、トランクスで収まりきらなかったのです。
中2のとき、急に男女別で授業することになったのですが、僕のハミチンが原因だと先生にからかわれていたりしました。

で、実は中学のときから近所の書店で小遣いの中から、グラビア雑誌を買うようになっていました。もちろん、ヌードもあります。でも、その店の店員もおばあさんで特にお咎めはありませんでした。

真面目な仮面をかぶっていたのですが、実のところムッツリスケベだったと思います。

中3になり、母親から家庭教師をつけることを提案されました。自分で勉強できるし断ったのですが、夏休みの間ためしにというので、受け入れました。

初日、その先生として僕の元にやってきたのは、学校の先生を目指している、親戚の大学生のお姉さんでした。小さいころから本当によく遊んでもらっていた、お姉さんで、急にやる気が沸いたのです。

理由は、そのお姉さん。ずっと、水泳部で活躍していて、水着の写真とか、普通にたくさん家にありました。僕はそのうちの数枚をこっそり隠し持っていて、オナニーのときのおかずにしていたからです。

夏休みはあっという間に過ぎて、後数回で終わりというある日。母親が、出かける用事があるといって、その日は僕と、姉さんと家の中に2人きりになったのです。

しかも、その日は特別暑い日で、僕はタンクトップのTシャツに、ジャージのショートパンツ。姉さんは、薄地の胸元の開いたカットソーに膝上10センチくらいのかわいいフレアスカート。僕の横に座ると、もうパンツが見えるんじゃないかと思うくらいでした。

いつもどおり1時間勉強して、10分休憩。いつもだと、その後もう1時間勉強のはずでした。でも、家には誰もいません。母親が返ってくるまではまだ2時間はあります。

そのとき、姉さんのほうから話を振ってきました。彼女がいるのかとか、どんな子が好きなのかとか、いろいろ答えているうちに、何気に僕はトイレに行きたくなり、部屋を空けました。

数分して、戻ってきたのですが、なんと、姉さんが僕の隠していた姉さんの水着写真を机に広げていたのです。おまけに、グラビア雑誌まで、見つけられて、わずか数分で僕の本性が暴かれたような気分でした。

僕と違ってさすがにもう20歳を過ぎた姉さんは前から気づいていたらしいのですが、部屋の中が僕の精子の匂いで充満していると感じていたようです。実際、もうそのころはほぼ毎日オナニーしては、ティッシュでふき取り、ゴミ箱へ無造作にしていたのです。ただ、母親からは何も言われたことはなく、ごみも、自分で処理していたのですが、びっくりでした。

そこから、姉さんの追及が始まり、正直に姉さんでオナニーしていることや、まだ童貞であること(まあ中3ですから当然なのかもしれませんが)を話しました。

姉さんは、水着や写真より、生で裸を見たいでしょとその代わり、僕にも裸になっていつもやっているみたいに目の前でオナニーするように言ってきました。

僕は、迷うことなく承諾し、オナニーを見てもらうことにしました。姉さんの裸は、グラビアの写真なんかより、当然きれいで、感動的でした。

巨乳好きの僕としては、姉さんのおっぱいは想像をはるかに超え、すぐにでも、むしゃぶりつきたいくらいだったのを覚えています。それを何とか我慢し、ベッドに移動すると、足を広げ、姉さんに向かって、右手でゆっくりとオナニーを始めたのです。

姉さんは、僕に対して、もっとゆっくりとか、ちゃんと声に出して感情を出しなさいとか、足を閉じるなとか、指示をしてきます。そして、いきそうになると、手を止めさせ、先から我慢汁が出るのを楽しんでいたのです。おまけに、向かいで、姉さんまでオナニーを始め、さらに興奮マックスになって行きました。

しばらくして、僕は限界に達し、部屋にまき散らかすように精子を発射させました。それでも、勃起が収まらない僕を見て、姉さんがもっといいことしようねと。誘ってきました。

グラビア雑誌の、エッチの特集ページを広げると、読み上げるようにして僕に指示を出し、姉さんのおっぱいをなめたり、あそこをなめたりしました。姉さんも、いっぱいフェラをしてくれました。

雑誌の中で妄想していたことが目の前で繰り広げられ、挿入してもらう前にも、さらに射精していたのを今でも覚えています。そして、いよいよ初挿入。僕が仰向けで、姉さんがまたがり、上でやらしく、動いてくれました。中には出せませんでしたが、姉さんのおっぱいにいっぱい精子をかけました。

事が終わったかどうか位のタイミングで、玄関が開く音がして、母親が帰宅。2人はあわてて、服を着て何もなかったかのように装いました。

姉さんは母親に、僕が夏休みの間いっぱい勉強がんばったので、最後の日は少し外に一緒に出たいといってくれて、母親も了承してくれました。

もちろん、それは口実で、姉さんの一人暮らしをしている部屋に行き、1日中僕の精子を搾り取られるくらい、エッチをしたのです。僕のちんぽが、太くて気持ちいいといってくれ、ほめてくれました。

実はその数年後、姉さんが結婚することになりました。そのとき、僕も大学4年。彼女もいました。でも、姉さんは結婚前に、僕と最後のエッチがしたいといってきたので、僕も、中学以来の興奮を得られると思って、付き合うことにしたのです。

僕のちんぽは、さらに逞しく成長し、友達からは「こけしちんぽ」といわれるくらいでした。そんなに長くはないのですが、太さが半端なく、また雁首の張り具合が、グロテスクだといわれていたのです。

そんなちんぽを久々に見た姉さんは、驚きこんなの見たら、結婚やめちゃおうかと思っちゃうね。なんていいながら、僕のちんぽを自分の中へと導いていました。もう妊娠しても大丈夫と言って、全て中だしでやらせてくれました。

もうそのときは、僕もいろんな体験していたのですが、姉さんのリクエストで、あのときを思い出すため、その日も1日姉さん主導のエッチで、1日やりまくりでした。性格は、落ち着いていて優しい奥さんといった感じです。

この体験談で濡れたらこの動画!!(広告)

若い男子に異常に性欲を感じる女家庭教師。もちろん教え子は男子に限る。彼女は教え子がいない間に、彼のパンツを嗅ぎ、さらにゴミ箱のティッシュまで漁って興奮する変態ぶり。さらに教え子の部屋に隠しカメラを備えつけ、勉強を教えるふりして、教え子にその肉感的な体を密着させて、徐々に犯していくさまを録画することで性欲を満たす異常ぶりを発揮。美貌な女教師にセクハラされる童貞の男子にとって、その過剰なエロスは、恐怖に近い性的興奮であった。

人気急上昇!興奮のエロ動画はこちら!

[紹介元] エッチな体験談 淫ぽん 【童貞】中学3年生の時に大好きな家庭教師にオナニーを…

【女教師】早朝の職員室で女教師にクンニ

朝早く登校したら職員室に向かう。
日直だからとかじゃなくて、先生との約束だから。
「おはようございます」
「おはよう、朝早く来てもらって悪いわね」
「早起きは得意だから気にしないでください」
「そう?じゃあさっそくオマンコ舐めてくれる?」
「職員室で生徒にオマンコ舐めさせるなんて先生はエッチですね」
「君が無理矢理咥えさせたのが最初でしょう?」
「でも先生も喜んでましたよね?無断で中出しもしたし口に出して飲ませたのに」
「ふふ、生徒に犯されるのが快感だったんだもの…こんな風に先生を変えた責任は取ってもらわないとね」
デスクに腰掛けてから少し腰を浮かした先生。
下着に手を掛けて脱がすと未処理のマン毛がボウボウのマンコが現れる。
「少しは手入れしないと彼氏に嫌われちゃいますよ?」
「君はこの方が興奮すると言ったでしょう?」
「僕の為に?」
「蒸れた匂いが好きなんだっけ?変態さん」
「朝から生徒に舐めさせる変態教師に言われたくありません」
毛を掻き分けてマンコを舐める。
「くふ…さっきオシッコしたばかりのオマンコ舐めてくれるのは君くらいよ」
「オシッコの味も興奮しますね」
ピチャピチャとわざと音を立てて舐めれば先生のオマンコが大洪水になる。
「ここに誰か来たら私の教師人生は終わりね…」
「どうせならSEXしてるの見られて終わった方が良くないですか?」
「また中に出すつもりなのね?」
「舐めてこんなに元気になってるんです」
チンポを出して見せると先生がゴクリと唾を飲み込んだ。
「先生を欲情させて生で欲しがらせるなんて悪い生徒だわ…」
「これだけ濡れてるから入れても良いですよね?」
「あうん…指より太いそのチンポが欲しい…」
「入れますね」
こうなった先生は淫乱だから生で入れても文句は言わない。
「ああ!学校で…職員室で生徒と淫行しちゃってるぅ!生ハメしてるのぉ!」
「相変わらず締まりますね先生のオマンコ」
「気持ち良くて締まっちゃうのよぉ!ああ!」
「服が皺くちゃになるから脱いじゃいましょうね」
先生を全裸にさせて僕も全裸になった。
「嫌ぁ!本当の変態みたい!学校でこんな…ああん!」
「教師と生徒が学校の職員室で全裸になり淫行!って見出しでニュースになったりして」
「言わないで!あ!イク!もうイク!」
「くっ…そんなに締めて中出しさせたいんですね?僕もイクから中に出しますよ!」
まったく…レイプされて性癖開花する教師なんて救いようが無いよ。

この体験談で濡れたらこの動画!!(広告)

いつも通りの放課後に待ち合わせ、いつも通りじゃないAVの舞台へ…。身長167cm、Gカップの巨乳、教師にしておくにはもったいないスペック。西園寺うた、AVデビュー。厳しい両親からの期待とは外れたところで育った強い性欲。もう押さえつけてはおけない…。同僚の先生と重ねる不倫セックスというスリルではもう物足りない。抜群のスタイル、セックスを好きな気持ち、感度は抜群。何もしなくてもパンツは濡れる。Gカップに触れられ、手マンされたら一気に最高潮、絶頂。教師には、あるまじき性欲、開放しました。

人気急上昇!興奮のエロ動画はこちら!

[紹介元] エッチな体験談 淫ぽん 【女教師】早朝の職員室で女教師にクンニ

【寝取られ】息子のサッカー少年団の飲み会で自慢の妻が爽やかコーチに…

暑い。夏になり息子のサッカーの練習を見に行く事になった。
私は運動音痴で年齢は42。某銀行員のエリートだ。妊活中だった。
妻は32。昔水泳をやっていて165.48だし、胸はFカップはある。スタイルはかなり良い。かなりの美人だ。グラウンドに着くと、お母さん方が水を運んだり何か配ったりしていた。
すると向こうから浅黒い肌をしたコーチが近づいてきた。コーチの池田君だった。年齢は26。妻からは聞いていたし息子が大変お世話になっている。
「こんにちは👋😃」 白い歯が浮かびいかにも好青年だ。私は悪い気はしなかったが、何か女慣れしているなとは思った。
しばらくして、見てるだけでは飽きるのでということで、両親がだっこをしながら、グラウンドを周回するゲームを彼が思いつき、父、母がだっこをしながら周回していたが私は運動音痴だし、何しろ暑い☀️😵💦 開口一番断った。
周りからはブーイングだったが仕方ない。
すると、コーチが私がおぶりますよと言って妻の前にたった。周りからは称賛の嵐。
妻は躊躇もせず乗っかり、周回していた笑 走る度、妻の胸が揺れる。
コーチは妻のお尻に触れながら一生懸命走っていた。3周して戻って来てはあはあ言いながら、二人とも屈んでいた。
妻の谷間が見えた。コーチは見逃さなかった。この野郎と思ったが周りにはばれてはいない。妻を狙っているのか?
時間がたつにつれ、練習が終わり子供達を家に返し、父兄でお酒を飲みながら談笑する事になった。因みに私はお酒が飲めない。ビール、ワイン、次々と開けていたが誰も酔ってはいない。田中夫妻。小林夫妻。そして、私達、鈴木夫妻が残った。後の父兄は皆帰った。コーチを囲んで酒盛りしていたが、夫妻は皆、30代でコーチが一番若かった。
私はうとうとしていた。「だらしないわね」妻がそう言ったのは覚えている。私は近くのベンチに寝かされ、向こうで皆酒盛りしている。しばらくして、小林夫妻の奥さん、かなさんが、池田君って身体凄いよね😃と言った。   
彼は腕をまくり、筋肉を見せると驚きの声があがった。私はチラッと見た。
妻が触っている。旦那いるのに良いのー?と奥さんが言ったが妻は「これぐらい😅」と言ってお構い無しだった。旦那さん方も咎める事なく酒盛りをしていたが、田中夫妻は明日、用事があるらしく、先に帰った。かなさんの旦那さんは酒に酔いすぎて、隣の公民館で寝ていた。
みんな酔っていた。かなさんがイタズラっぽく、コーチの隣に行っちゃいなよと言った。妻は悪びれもなく隣に行き晩酌をしていた。
するとかなさんが王様ゲームやらない?と言い出した。
妻もいいね!と言って同調し始まった。最初は子供じみたものだったが、どんどんエスカレートしていた。妻はTシャツとジャージだった。王様ゲームは進んでいたが
彼らは私が見ているとは露にも思っていない。
ゲームは進み、妻はとうとう王様の命令を聞いて、池田君の膝の上に乗っかった。かなさんが良いのかなーと後ろを振り返り、私を指差した。当然私は寝たふりだ。3人ともやりすぎだ。しばらくしてかなさんが酔いつぶれて、旦那さんの畳の部屋で寝かされた。二人だけになった。しばしの沈黙。まずいな😅私は思ったが妻は事の外、貞淑だった。二人で晩酌だけしている。ただの世間話。しかし、急に☔が降ってきて、妻と彼は公民館の下に隠れ、私は事の顛末を見るために近くで見ていた。☔で妻の胸が透けている。紫のブラジャーだった。胸の谷間が見える。すると、彼は「奥さん、公民館で着替えるところがあるから」と言って、2階に案内していた。私はいてもたってもいられず、2階に向かった。覗き見すると、彼がたっていて妻も向かっていた。私は裏の物置の隙間から周り見る事にした。不安だった。「うわあー。凄い。☔。」妻が言った。「ですね❗」すると、彼はいてもいられず服を脱ぎ、隆起した身体が露になった。妻が笑う。雨水がこぼれた。凄い身体ね😁
ちょっと後ろ見ててよ。妻はゆっくりTシャツをめくると綺麗な身体が露になった。
彼は当然後ろを向いている。彼がズボンを下ろす。
タオルで身体をお互いふいてはいるが、大雨だったので、ふきが足りない。
すると、彼が奥さんふきますよと言って彼女の背中をふき始めた。
「前に来るなよー」と妻はイタズラっぽく笑った。彼も笑っていた。何故断らないのだろう。疑問だった。「奥さん、背中綺麗ですね」「そうかしら」まんざらでもない様だった。奥さん、一つお願いがあります。「何?」 「前向いて拭いてくれません?」「何、拭いて欲しいの?」妻がゆっくり振り返る。
妻の谷間が露になった。「旦那には絶対内緒だよ😅」
「大きくない?」妻が笑う。彼はパンツを履いてはいるがみるみる大きくなる。
すると、妻は彼の股関を人差し指ではじき、悪い事するんじゃないぞと言った。
しばらくして、妻がホックを外し、ブラジャーを外した。異様な光景だった。
お互い背中を向けている。「奥さん、今ホック外しました?」「だから、何なの?」 妻は笑っている。「池田君、パンツ脱いだ?」「まだですよ笑」「脱がして良いですか?」「駄目に決まってるでしょ」即答だった。妻は笑っていた。彼はどうやら妻を狙っているぽかった。すると、妻は辺りを見回している。さすがにまずいと思っているらしい。「脱がさないんですか?」彼が笑った。「えー😅パンツだよ😅」 「確かに笑」しばらくして、「旦那いる?」妻が言った。
「いないですけど」「ちょっと鍵閉めてきます。」彼が鍵を閉めると、彼は言った。「ここは鍵閉めたら誰も入って来ないので」 それを聞くと妻は「本当?誰にも言っちゃ駄目だよ😅」「はい😅」 
妻はゆっくりと彼のパンツを下ろした。
「綺麗なお尻」妻は言った。日焼けしていたが若者特有の綺麗なお尻だった。
「お尻ふいてあげようか?」「良いんですか?」「冗談に決まってるでしょ笑」妻は笑った。
彼がタオルでお尻をふくと、隆起した金玉が見えた。妻はチラッと見たが、目を見開いていたが何も言わなかった。「奥さん、今度僕脱がしますか?」「それはさすがに良いわ笑」さすがに、妻はまずいと思ったみたいだ。
すると、彼は振り返った。私はびっくりしていた。デカイ❗彼のものが異様にでかかった。私はわなわなと足が震えていた。私からは真っ正面だった。彼は理性を超えていた。次に妻のジャージに手を伸ばし急いで脱がした。「やめろ❗」私は心で思った。「きゃっ」妻が声を出した。「さすがにまずいでしょ」妻のお尻が露になった。まだ、パンツは履いている。紫だった。
彼はイタズラっぽく笑っていた。
まずいな😅 正直そう思った。 
「脱がすだけですから」
彼は妻のパンツに手を伸ばした。
さすがに、妻は抵抗した。
しかし、無駄だった。
「力、強い😱」
妻は笑って言った。
パンツは見事にゆっくりずり下げられ妻のお尻が露になった。「桃みたいですね」
彼はイタズラっぽく笑ったが明らかに悪魔が膨張していた。「絶対言っちゃ駄目だよ❗」妻は言った。
妻はこれで終わると思ったらしい。
すると、彼が急に妻の前に立ち、対面しようとした。
妻は逃げようとした。
彼はのがさまいとした。
妻の目の前に彼の悪魔が当たった。
「犯される」私はそう思った。彼の前には妻の乳房と黒々とした陰毛。
妻の前には割れた腹筋と悪魔。
沈黙が流れた。
すると、彼は妻の胸に手を伸ばした。払いのける妻。逃げようとする妻。
突然乳房をゆっくり吸い上げる彼。
「駄目だって」
明らかに困惑している。声が力なかった。
美味しそうに乳房を舐める彼。
「旦那いるから。駄目だよ😅」まだ、抵抗した。
すると、彼は妻のあそこに手を伸ばした。
ガクンと妻は力が抜けた。
次に彼は自分のあそこに妻の手を伸ばした。
びっくりする妻。
私からは丸見えだった。
ぴちゃぴちゃといやらしい音がなる
妻は触っているだけだった。
既婚乳房、既婚まんこ、両方を奏でる時間がどれくらいたっただろうか?数分だった。
気づいた時には妻は上下に悪魔を揺らしていた⁉️
彼はほくそえんだ。その合図がどういう事か
わかっていた。
彼が妻の唇を奪う。
抵抗も、、、しない。
卑猥な舌が交互に入り乱れていた。
ねちょねちょと貪り合う。唾液が入り乱れていた。
「しゃぶれよ。」
彼は言った。
妻はかがみ、美味しそうにしゃぶる度、彼の悪魔が黒光りしていった。
すると、彼は物置の隙間から目がある事に気づいた。
私だとわかったみたいだった。
顔が勝ち誇っていた。
わざと彼は私の前に妻を立たせ、挿入させようとした。背面座位の格好だった。
どかっと彼は椅子に座った。
妻は何をするかはわかっていた。
ゆっくりと彼の前にたつ彼。
妻は何も言わなかった。
ゆっくり彼の悪魔をもち、垂直に降下させた⁉️
生だった。
粘膜と粘膜が擦れ合う音が部屋に響く。
ぬちゃぬちゃ。ぬちゃぬちゃ。ぬちゃぬちゃ
涙で一杯になった。
妻の表情が見たかった。恍惚の表情だった。
彼は笑っていた。
横に腰を揺らすと、快楽の声をあげる。
もう十分だった。
腰の揺れが激しくなり、彼の動きが止まっ
下から上に何かが脈動していた。
一目瞭然だった。
彼が引き抜くと若者特有の濃い精子が溢れた
妻はそれを見て呆然としていた。
その3か月後、妻は妊娠し子供を産んだ。
妊活中だったが誰の子かは一目瞭然だ。

この体験談で濡れたらこの動画!!(広告)

少年野球に息子を通わせるママさんたちの痴態を激撮!マッチョな年下コーチにときめいてしまったおばさんたちは「そんなつもりで来たんじゃない…」なんて口では言いながら、油断だらけの急接近で若いチンポは大暴走!困惑から恥じらい、そして誘惑に負けての本気セックスに至るまでの一部始終をご覧あれ!

人気急上昇!興奮のエロ動画はこちら!

[紹介元] エッチな体験談 淫ぽん 【寝取られ】息子のサッカー少年団の飲み会で自慢の妻が爽やかコーチに…

【ナンパ】女二人でドライブ兼ねて温泉地へ…男一人旅の男性と友人が目の前で…

知人女性と、毎年夏
女二人でドライブ兼ねて温泉地へ遊びに行ってます
 
ドライブとお酒、温泉、おいしい食べ物、そして男だったりして
 
それが一人旅している男が同じホテルに泊まってて
 
ロビー ラウンジで、出会って、やっぱり旅だし話したりしますね
 
よるになり、ホテルのバイキングも同じテーブルで食べることになって
ビール飲んだり ワイン飲んだり、飲み足りず
 
ホテルを出て歩いて近くの居酒屋へ行って、さらに飲んだ、楽しく飲んだ
 
ホテルに戻ってきて、知人女性の ミミさんが、
部屋で、もう少し飲みたい 飲もうと言い出して
 
ホテルで知り合った男も飲もう、と言うし
 
私は、弱くはないけど、二人は酒豪
 
男の部屋で飲むことになって、シングル部屋
二人は販売機でビールを買って、飲む 飲む
私は酒は遠慮します、飲みすぎてる
 
シングル部屋は、椅子が一脚しかなくて
私が椅子に座りました
 
私は着替えてラフなワンピースで
ミミさんは、化粧バッチリ、香水は付けるし、清楚な服に着替えちゃって
白スカートにピンク 半そでブラウス
純情でもないのに
 
座るのもミミさんはベッドに男と並んで飲んでて
 
触れ合うように密着して座ってるし
 
ほら ほーらぁ ミミさん、肩に手を回され、ブラウス胸まで手を下げられちゃって
 
ミミさん私より4歳年上なんですが
セミロング髪、黒く染めて、声も若作りだし
肉体も薄くて腰もクビレて、お尻や胸は小さいけど細くてセクシーかしら
 
あぁ やっぱりブラウス胸弄られちゃって 愛撫されるようにブラウス上からブラジャー握られてるわあぁ
 
ミミさん酔っぱらってるし、白スカートの上から股間も撫でられちゃって
 
ミミさん背が低くて153センチくらいしか無いのに、男は、31歳って言ってたわあ
180センチ弱かしら、細いけど 細マッチョって雰囲気で
 
手が大きい、ミミさんのブラウス胸ブラジャーがスッポリ包まれるように弄られてて
私が座っている椅子の前で見ながらされちゃって、
ベッドの隅に二人で腰かけて座ってて、ミミさん足を下げてて ちょっと危ない姿で
白スカートの下から あらぁあ 男 手を入れちゃって
 
スカート裏地 見えちゃって、っちょっと 股間白ショーツまで見えちゃって
 
ベッドから下げている足はサンダル、ミミさん、白ショーツ股、摩られたり、あらまぁ
スカート持ち上がっちゃって、白ビキニ握られた あああ 
男の手、大きいし
 
って見ている私が興奮しちゃった
 
足をベッドから下げたままで座っていたのが、男に押し倒された 
しかも半身ほど重なられちゃって、
ブラウス胸を大きな手で弄られてるし
白スカート裏地が見えて白ビキニ 履いちゃって 弄られてるし
ベッドから下げているサンダル足は床から離れちゃって
 
ミミさん、いやらしい声で ああぁ ぉお だって
私が見ているのに、男
ミミさんの あらまぁあ 白ビキニの中に手を滑らせるし 弄っちゃって
 
見ている私が、もぉだめだぁあ
ベッドから下ろしているサンダルは床から離れ、それが白スカートから白ビキニ パパンティ 膝のほうに下ろされて
脱毛しちゃって、ミミさんたら、男の大きな手、太い指が
穴にいれられたぁ ミミさんが あああ なんて声を出したら
見ている私まで ああ なんて声が出ちゃって 恥ずかしい
 
細マッチョ男、小柄な体の薄いミミさんの白スカート腰を跨いでしまったぁあ
しかも 出しちゃってるんです、太くて 長い物 勃起しているペニス
 
サイズが違いすぎるわあ 穴に入れられたら 破けちゃう 破壊されちゃう
しかもコンドームだって付けてないし
それが白スカート姿のまま 穴に ズツズツ ズボリと入っちゃって
ミミさん、さすがに、あぁおぉ ああおぉ と辛そうで
生 ペニス ああらまあぁ 入れられた
 
私なんて見ているだけなのに、ああ なんて声が出るし
 
ブラウス ボタンを外され ブブラジャー弄られてるし
足をベッドから下げてフラフラ 床から離れ、白スカートだって白ビキニ 膝のほうに下ろされて穴に入れられてるし
足を広げたそうなミミさん、膝のほうに下ろされたパパンティが伸ばされて、
 
ミミさん、痛い ああ なんて叫んでくるし
突き上げられるわあ だめ あああお なんてエロ声 出しちゃって
 
男のペニス、とにかく でかあぁ 太い 長い 大きいわあ でかぁ
ミミさんの小さな穴、開いちゃった サイズ 大丈夫かしら なんて私が気になっちゃって
 
ミミさん 酔っ払ってるし、4分 5分も エロ声 出しながら 耐えちゃって
 
辛そうだわあ ああって絶叫するし
そそうしたらミミさん、なんと
だめ イィった おぉおぉイッちゃったああぉ ああぉお
 
えぇ 見ている私の股まで ズキンズキン ムラムラしてきて
 
かなり烈しい 力強い エロ声を出しちゃって ミミさんたら
あぁお あぅ おぉお
なんだか絶頂に上り詰める エロぽいし イクしちゃったそぶりするし
 
叫ぶような あああ なんて声も出すし ああーーーー
頂点まで登りつめちゃった イクかしら 
 
男性、ミミさんの白スカート姿の股から 抜いてしまったら
 
私が ヒイ なんて思うほど
ミミさんの股 穴から出された精子 液が ダラリダラリ 漏れてきて
 
やられちゃったわあ ミミさん オマンコ
 
泥酔してしまったようなミミさんを抱きながら
自分たちの階のツインルームへ戻りました。
 
ミミさんをベッドに寝かせ
私はシャワーを浴び出て、ベッドを見ると、ミミさん え 熟睡
しかたがなく、ミミさんのブラウスを広げ、背中のブラホックを外してあげ
色っぽい丸ブラカップの手触り
同性でもセクシーなんて 思ったり
 
スカートのホックも外してあげても熟睡のミミさん
白ショーツ ビキニ パンティ股を触ったりしたら まだ湿っちゃってるし
 
翌朝、男性と出会って一緒に朝食
ミミさんも普通に、男も普通に過ごすし
 
私だけ、作や あんなことになったのに、緊張しちゃた
 
ミミさん、51歳で、結婚してて旦那いるんです
オマンコ 生で入れられて、頂点まで イクしちゃったような ミミさん 人妻なのに もう
 
私だって、襲われてもよかったし、私のほうが若いのに もう
 
細マッチョの若い男性の 大きな ペニス見れたし
入れられたのは、ミミさんのまんこだけど
 
知り合いのマンコに大きなペニス 入れられるの見てると興奮するするする
3P って興奮すると聞いてたけど
たしかに私 興奮したわあ 股間 ずんずんしたし
やられちゃっても いいわあ と思ったし。

この体験談で濡れたらこの動画!!(広告)

己の、不埒なる欲望を持て余す熟女が、旅先の温泉街で、極上の猥褻行為を繰り広げる、『熟女羞恥旅行』シリーズの、第1弾!今回は、100cm・G-cupの、爆乳を誇る、友田亜希が登場!列車内での、羞恥プレイ。露天風呂での、特濃フェラ。客室内での猥褻性交と、次々と襲い掛かる快感に、歓喜の声と、悦楽の体液を漏らす亜希!非日常的な快楽に、特大の乳房と、頬を紅潮させる熟女に、大興奮必至!!

人気急上昇!興奮のエロ動画はこちら!

[紹介元] エッチな体験談 淫ぽん 【ナンパ】女二人でドライブ兼ねて温泉地へ…男一人旅の男性と友人が目の前で…

デカチンの彼が他の女としてるのを見て興奮する変態な私
画像はイメージです

きっかけは、お金持ちの知人の女性が個人的な趣味で撮影するAVの現場手伝いをお願いされた事でした。
変態的なプレーの撮影で、男の人のオチンチンも大きいという事で興味がありましたので参加しました。


バイト代はどうでもよかったのです。
一度、他人のセックスを生で見たかったというのが正直なところです。

初めての助手という事で大半は見てるだけでしたが、撮影スタッフは全員女性でした。
男性1人に女性が3人絡む内容でした。
現場はプール付きのエッチをするホテルでした。
男性は、有名なA社の“ハイドロCDの白”という、水に濡れるとスケスケになる水着。
女性陣も同じ白のワンピースの水着で、濡れなくてもスケスケでした。

男性は既に勃起して、オチンチンの形がクッキリ。
確かに大きいですが、私の彼の方が大きいです。
我慢汁が水着から染み出していました。

女性陣も水着のサイズが小さいのか、スケスケな上にハイレグという事もあり、お尻が丸出しになるくらい食い込んでいました。

プールの中で水着越しにオチンチンを弄ばれたり、お尻の部分を吊り上げられTバック状態にされたりと3人の女性に絡まれ、男性は恍惚状態という感じでした。
全員水着は着けているのですが、その水着があまりにも透けるので、裸同然です。

途中は省略しますが、ついに男性のオチンチンが一人の女性のアソコに挿入されました。
他人のセックスを間近で見るのは初めてで、衝撃的でした。
一人の女性とセックスしたまま、男性のアナルにペニスバンドを付けた女性が挿入しました。
もう一人の女性は、男性とベロを絡ませながらキスし、男性の乳首を責めていました。
3人の女性の男性への責めは強烈のようで、男性は悶絶状態でした。
よほど気持ちいいのか、まるで女性のような喘ぎ声です。

その男性の表情に私は性的興奮を覚えたのです。
彼とはセックスする仲ですが、セックスより興奮する感じでした。

やがて男性は1回目の射精を迎えました。
いわゆる顔射と言うらしいです。
結局、男性は他にも色々3人の女性と絡みながら1回ずつ計3回のセックスをしました。
水中でのセックスも見ることが出来ました。

もう私のアソコはグッショリでした。
私は、私の彼のセックスシーンを見たいと思いました。
しかも今回のように複数の女性とのセックスを、私は傍観者として見てみたい。
このような女性としては、たぶん変態的な欲求を持った自分を発見し、驚きました。

結局、ダメと言われたら別れるつもりで彼にこの事を話し、最終的に複数の女性とセックスをしてもらう事になりました。
男の人はセックスが好きですよね。
知人の女性に話すと二つ返事で引き受けてくれました。
彼のオチンチンの勃起した写真を見せると、「大きい!!!」とビックリしていました。
知人の女性は3人の女性を集めてくれました。

彼は素人なので、ゴム付きでというのが条件でした。

彼の好みを伝えていたので3人の女性は全員、超ミニのタイトスカートでした。
少し屈むだけで、お尻が丸見えでした。
3人共、Tバックの下着を着けていました。
色んなエッチなゲームをする中で、彼の服がどんどん脱がされていきました。
そして、とうとうTバックの下着1枚に。

「いつもこんなエッチな下着なの?」
「Tバックがお尻に食い込んでるよ!」
「もうこんなに大きくして、なんかエッチな事考えてるの?」
「凄いわね、我慢汁で下着がベトベトよ!」

色々言われながら彼は3人の女性に絡まれてます。
Tバックの下着のお尻の方を吊り上げられ、お尻に食い込ませれています。
彼はこういう責めに弱いのです。
(女性にも話してありました)
もう彼の特大のオチンチンは下着からはみ出しています。

「おっきいね~、キミのオチンチン」

「カリも大きいわね!」

まだオチンチンには触られていない段階でもう彼は恍惚状態です。
そして一人の女性が彼のオチンチンを口に咥え、フェラが始まりました。
長くなるので省略しますが、ついに彼のオチンチンが女性のアソコに挿入されました。
この瞬間を、固唾を呑んで私は待っていました。
女性も本気モードなのか、いい喘ぎ声です。
だって、彼のオチンチンは特大ですもの。

彼のオチンチンは、女性の白濁した愛液で凄い状態に。
この間と同じように、セックスをしたまま彼のアナルはペニスバンドで責められています。
彼は悶絶しています。
私も興奮しました。

でも、やはり、この間の男優さんのようにはいきません。
彼はセックスしたままアナルを責められて、5分と持ちませんでした。
コンドームを着けたまま女性の中に射精しました。

2回目ならもう少し長持ちするかもという事で、休憩後2回戦が始まりました。
今度は20分くらい彼は耐えました。
私は彼の悶絶した表情を見て、とても興奮しました。
もちろん3回戦もやってもらいました。
3人の女性とセックスできて、彼も満足気でした。

撮影した映像は私が頂きました。
今回の撮影にとても満足した私ですが、今度さらにエッチなことを彼にさせてみたいのです。
まだ彼には言ってませんがSMです。
彼が縛られて悶絶している表情が見てみたいのです。

私は間違いなくドSですね!!!

[紹介元] エロばな!! デカチンの彼が他の女としてるのを見て興奮する変態な私

ママ母と父と僕、結果www
画像はイメージです

僕の母は再婚者で、本当の母ではありません。



最初に会ったのが父と遊園地で初顔合わせだった。思い出せば、子供心に嫌な感情があったものの再婚するとは思いもしなかった。数ヵ月後には再婚して家にいた。



ママ母はまあまあの顔立ちに、年相応のスタイルでした。しかし、胸だけは巨乳で近所のおやじ共がジロジロといやらしい目つきでママ母の胸を視姦していた。



父は父で近所の奥様達がうらやむ様な一物を持っていた。奥様達から何やら良からぬ誘いをよく受けてたようだが父は以外に生真面目で、浮気はしない男だったみたいだ。



夜、ママ母と父は毎日エッチをしていた。ふすまの向こうからやらしい声がまる聞こえだった。僕は当然こっそり覗いていた。でかいちんちんがママ母の中に出たり入ったりしている光景が圧巻だった。ぐちょぐちょ音を鳴らしながらよがり声をあげるママ母。体外射精する父の精子は物凄い勢いで大量に飛んでいた。そんな光景を見ながら僕は男と女の営みを会得した。



僕が18歳になった頃、ママ母が「祐君、ずっと覗いてたでしょ?・・・知ってるんだから。」と逆告白された。



「・・・だったらなんだよ?・・・一応あんたはおれの親でしょ?」と反論。



「私の体見てオナニーしてたんでしょ?・・・見たい?」と接近してくるので僕はママ母の着ていた服の上から大きな乳を揉んだ。どんどん服を脱がして、大きくなった一物を入れてやった。僕はすぐさま逝ってしまった。

初体験だった。


その後、何回も何回もママ母の中で逝きました。ママ母は僕に言いました。



「祐君、パパより大きかったよ・・・ママ、祐君に乗り換えるわ。おっきい方が好き・・・・・」と告白。



僕は、その後、家を出て東京で一人暮らしている。真面目な父が可哀想すぎるから・・・・ママ母どうして



いるかな・・・・

[紹介元] エロばな!! ママ母と父と僕、結果www

筆おろししてくれた女の子を号泣させてしまった
画像はイメージです

筆おろししてもらった女の子に号泣された話をする。

共に大学4年、同じゼミ。
図書館で偶然あったのがコトの始まりである。

相手のスペックは、眼鏡・胸は普通・非処女・優等生といった感じの家庭教師みたいな女。
ゼミは同じだが、男は男、女は女で話すので関わりはあまり無かった。
その中でも、積極的に皆に話題を振ってくれる子で、名前はとりあえず『恭子』にする。

今は卒論に追われる季節であり、家で集中できない俺は久々に大学の図書館に行く事にした。
行ったはいいけどあまり進まず、寒くなったから帰ろうとしたら、雑談スペースに恭子がいて携帯弄ってたのね。
恭子だな、とはわかったんだけど、もし違ったらと思って声をかけらずにうろうろしてたら・・・。

「あ、俺君、久しぶりー」と向こうから声を掛けてもらった。

ゼミは大半の人が来てなく俺も行ってなかったが、恭子は真面目に出ていたようだ。

卒論がどこまで進んだとか、最近寒いとか、ゼミの子がどうしたとか、とりとめのない話をしたのね。

で、すぐに話題もなくなり、恭子が「帰ろうかな・・・」と言ってきた。

俺も帰るところだったが、気まずいのでどうしようかと思っていたが、持っていた荷物の状態からどう見ても帰宅するのがバレていたので、二人で帰る事になった。
帰り道は、終始恭子の質問に俺が答える感じであったが、『さすがに喋る事ないよ・・・』的な空気が漂いだしたので、俺からも話すようになった。
女のあるあるネタというか、男からしたら本当にそうなの?って事を質問してみたら、これがウケた。

駅に着いたが話が途中なので、飯食ってく事にした。
女と二人で夕飯とか母親と以来な俺はそれはそれは喜んだ。
その頃から俺はちょっと浮かれてたのね。
大学生らしい事をしてるんだなーとか、恭子は清楚で結構人気あるし、彼氏気取りな気分になった。
話が弾むというか、1回ズバッとした事を話すと途端に話しやすくなって、自分なりにも相手に退屈させてない感じはした。

「俺君ってどこ住んでんだっけ?」

「あーこの駅の裏だよ、10分くらい」

「近いねー行ってみたいなー」

・・・とか言い出した。

恐らくは『本当に行きたい』のではなく、社交辞令だったのだと思うが・・・。

俺は「えっ今から!?」と狼狽えた。

恭子もちょっと驚いた様子を見せたが、「俺君が暇なら行ってみたい」と。

チャンス!!と思う半分、部屋の状態、その他様々な事に困惑したが、そのとき外のイルミネーションが目に映った。

(あぁクリスマスが近い・・・)

クリスマスの告白成功率は7割と聞く。
その前にクリスマスに向けて恋人を作りは盛んだ。

(まさか・・・)と俺は思った。

ビッチな所以である。

相手に時間を確認したが、まだ7時、終電まではかなりある。
俺は恭子を紳士的に誘い、コンビニでお菓子を買ってアパートに戻った。
部屋にはフィギュアやオタク的なものがあったが俺は気にしなかった。
そもそも『俺=オタク』が定着していたし、この寒い中、女の子を外で待たせることは出来なかった。

「へぇー、男の人の部屋ってこんななんだー」

(お前には男の部屋は珍しくもないだろう)と思ったが言わなかった。

それ以上に部屋に女がいる状態が不思議でたまらなかった。
部屋をぐるっと見た後、寒いので2人でコタツに入った。

ただDVDも雑誌もないので、パソコンでアニメでも見る事にした。
ちなみに『それ町』を見た。
我ながら良いチョイスかと思う。

「俺君、見えづらくない?もっとこっち来なよ」

「え、いや、ここでいいよ・・・」

「ここ俺君ちだし、遠慮しないでよー」

・・・という会話の後、かなり近い状態で座った。
その時点で俺の息子は勃起していたのは言うまでもない。
『それ町』は面白く、真田の気持ちも異常なまでに共感できたが、女子と密着してるという状態でアニメに集中出来るわけがない。

何話か見た後に、「ジブリみたいだね!」とか言い出し、昨日のラピュタの話とか雑談タイムになった。
恭子はツイッターで『バルス』とつぶやいたという。

楽しく会話してるはずなのに、俺は恭子の視線がおかしい事に気づいた。
コタツには入っていたが、いかんせん狭く、俺は左足だけ入れて、右足はあぐらみたいに外に出してたのね。
だから身体はほぼ外に出てるわけなんだけど、勃起した息子が痛いから下見たら物凄いテント張ってたのね・・・誤魔化しが利かないくらい。

それで恭子の視線は泳いでたのである。

「あ・・・」

「あ、ごめん・・・」

気まずい沈黙が流れたあと、俺は恭子に襲いかかった。

(やるしかない!)と思った。

理性の線を越えたというのか、30cm前の胸を揉めるこの機会を逃すくらいなら、その後どうにでもなれ!と思った。

「えっ!ちょっやめて!無理無理!」

「恭子好きだーー!!!」

コタツが狭いので脱出はできない。
俺は恭子の胸を揉み尻を触った。

「やめて!!!!!!!!」


叫びと同時に、張り手が俺の左頬を貫いた。

「グフッ!」

俺は机に激突しながら倒れた。

「ごめんなさい!!!」

冷静さを取り戻した俺は、土下座をして泣いて謝った。
後悔という申し訳ない感情でぐしゃぐしゃになった俺は、全身全霊をかけて謝った。

「分かったから顔あげて・・・」

「すびばせんでした・・・ぐずっ」

「何でいきなり襲ってきたの・・・?」

その理由はこれ以上ないくらい情けなくって、人生最大の恥の告白になった。

これまで彼女どころか女友達も居ない事。
2ちゃんの体験談を読んで俺もそのチャンスがきたと思った。
恭子からの良い香り、間近で見た女の子に耐えられなくなってしまった。

この事を涙ながらに語った。

「気持ちはわからなくてもないけど、俺君の今した事はあと少しで犯罪だからね」

「すみばぜんでした・・・自分が情けないです・・・」

言葉にするとより辛く、俺は泣き崩れた。
たぶん人生で1番泣いた。

「あ、わかったから・・・そんな気にしてないから、泣くのやめよ!ね!」

気を遣ってくれ始めた。
本当に申し訳ないと思った。

「友達にも彼氏できなくて悩んでる子いるし、そんなの皆同じだよ。クリスマス近いしね・・・焦るよね。そんなに泣かなくても誰にも言わないって。2人だけの秘密にしよ!いきなり襲われるのは怖いけど、ちゃんと頼めば胸くらい触らせてくれる子もいるよ」

「え・・・ホント・・・?」

「うん、いるいる。胸くらい飲み会とかの罰ゲームで・・・。俺君がそんな悩む事じゃないよ」

「揉ませてください・・・少しでいいので揉ませてください!!」

既に俺には恥はなかった。
最低な人間だと今は思うが、その時は土下座で懇願した。

「・・・少しだけだよ・・・」

「あ、ありがとうございます!!!」

「待って!1つだけ約束して。私がもう無理を言ったらすぐにやめてね。あと乱暴はダメ!」

「わかりました。すぐにやめます。2度としません」

俺は正式な許可を得て、恭子の胸に手を伸ばした。
正直服の上からでは感触がなかった。
恭子は細い。

それ故に貧乳であった。
下にブラの感触はあったが、どれがおっぱいの感触かがわからない。

「服脱がせていいですか?」

「まぁ・・・いいよ・・・」

恭子の服装はワンピース、ショーパン、タイツであった。
(もちろんコートは脱いでる)
俗に言う声優スタイルである。
ワンピースと下のシャツ(?)を脱がすと、そこには水色のブラがあり、その中心には谷間があった!
寄せて上げるというもので、ブラを外した後は谷間は無くなったが、俺は興奮と同時に感動し「た、谷間・・・」と呟いた。
指を谷間に挟み、その感触を大いに楽しんだ後、両手で胸を鷲掴みにした。
あくまで優しく、その動作はゆっくりと・・・。

「柔らかい・・・取ってもいいですか?」

恭子は黙って頷いた。

『ブラはホックを摘まんで捻れば片手でも外せる』


この知識を持っていた俺に、その動作は簡単なものであったはずであるが、片手でホックを捻ったものの、ぐにっとブラが後ろに引っ張られただけであった。
無理はいけないので両手で挑んだが、上手く取れず、結局恭子が自分で外した。
ホックは捻れば取れるというのは本当は嘘なので、皆さん注意してください・・・。

小ぶりであるが、下乳の確認できるお椀形の立派なおっぱいであった。
その感触は本当に柔らかくて、自分の胸や二の腕とは比べものにならなかった。
特に乳首の存在が異次元であった。
女の乳首を拝まず死ぬ男は人生の7割を損している。
ピンク色でコリコリとして、「舐めてください」という声が聞こえそうであった。

「舐めてもいいですか」

「・・・いちいち聞かなくていいから」

おっぱいを堪能した後は、ショーパンを脱がした。
これは恭子が腰をあげてくれたのでスムーズにできた。
ブラとお揃いの水色のパンツで白のレースがついていた。
俺はここかと思うところを触っていたら、じわじわと湿ってきた。

(水色が濃くなっていく・・・)

その光景を見てさらに興奮した。

「寒いから、布団かけていい?」

「あ、ごめん!」

(え、見えなくなるじゃん・・・)と思ったが、見られなくするためだとわかったので、仕方なく布団を被った。

パンツを下ろすと同時に、膝くらいまで下ろしてあったタイツも脱がした。
しかし、彼女のアソコは見る事ができなかった。
ここで俺も服を脱ぎ、全裸になった。
布団の中なので見られる事は恥ずかしくはなかったが、息子が彼女に当たってるのはちょっと恥ずかしかった。

「ここがクリで、絶対強くしないでね・・・」

恭子は俺の手をとってアソコの構造を教えてくれた。

「濡れてる・・・」


「あたりまえじゃん・・・あんなに触られたら誰でも濡れるよww」

想像よりびちゃって感じに濡れてて、クリもその名の通りの感触で、俺は初めて尽くしの経験に息があがっていった。

「触ってあげるね」

そう言って恭子は俺の息子を触りだした。
初めての手コキは少しぎこちないが、その自分ではコントロールできない刺激が快感であった。
右手は恭子のアソコを弄り、「あ、ん・・・」と喘ぎ出した。

俺は指を中に入れ、徐々にスピードを上げていった。

「あっ気持ちいい!そこ!あっ!」

喘ぎ声と共に早まる手コキ・・・。
指で1番奥のところを突いた瞬間だった。

「ヤバイ駄目!!そこ感じる!ああっ!!」

一段とと大きな声と共に、手コキの力を強めてきた。
俺は逝きそうで我慢できなかった。
もう無理だと悟り、せめて恭子も逝かせようと手マンのスピードをあげた。

「ああ・・・そこ!気持ちいい、んんっ・・・あああっ」

「逝くっ」

「ああっ・・・えっ?んっ」

俺は恭子のアソコに大量に射精した・・・。

「あの、温かいのがかかったけど・・・逝っちゃったの・・・?」

「ご、ごめん」

「いや、いいよ別に・・・ティッシュある?」

お互い背を向けて精子を拭いた。
アソコに大量にかけた精子は、毛に絡まっているのか、恭子は何枚も使って拭いていた。

俺は気を利かして、「シャワー浴びてってよ。迷惑かけたし」と言った。

「そう。ありがと、絶対覗かないでね」

「覗かないよwwあ、バスタオルはドアの前に置いとくから」

「わかった、じゃ借りるね」

そう言って、恭子は全裸でシャワーを浴びに行った。
その後ろ姿は大人の女という感じで、締まった身体に出るとこは出ていて、自分のだるっとした身体を見て、鍛えなければと思った。
やっぱオタクみたいだと言われるのは童顔もそうだし、身体もどこか子供ぽくて大人になれていないのだと、女性の身体をした恭子との格差を感じずにはいられなかった。

「バスタオルここ置いとくね」

「ん、ありがとー」


俺はシャワーを浴びている恭子を想像し、早くも勃起したが、そのドアを開ける勇気はなかった。
シャワー後、恭子の着替えを凝視していたら。

「あんまり見ないでね・・・」

そう言われたが、目は離れなかった。
下着をつけ、ショーパンを穿こうとした時・・・。

「あの・・・」
「何?」

「お願いです!もう1度してください!」
「無理」

「お願いします!どうか俺とセックスしてください!童貞を捨てたいんです!!」
「イヤ。勝手に逝ったのは俺君なんだし、チャンスはもうお終い、残念でしたー」

「次は先に逝きません!絶対恭子も気持ち良くさせてみせます」

また土下座して頼んだ。

「絶対無理」

「お願いします!この通りです!」

「なんでまた泣くの・・・はぁ、そんな事で泣かないでよ・・・」

2回戦の許しを得た俺は、1回射精した事による余裕があった。
先ほどより丁寧に舐め、手マンもした。
そういえばフェラして貰わなかったが、1回出した後なので頼めなかった。
それどころか手コキもしてくれなかったが、息子はビンビンであった。
恭子は先ほどより暗い表情だった気がする。

「入れていいですか?」

「・・・」

「お願いします!」
「ゴムつけて・・・」

オナホ用のゴムをつけ、電気を暗くした。
喪失は正常位であった。
入口がわからず少し困ったが、にゅるっと入った。
恭子の温かさが息子を包んだ。
腰の動きはぎこちなかったが、何とかピストンできた。
しかし、すぐに長くは持たないと悟った。

(どこに出そうか・・・)

このまま中で尽きるか、それとも・・・。

その時、射精感が込み上げてきた。
もう我慢できない。

「恭子!顔に出すぞ!!」

「えっ!顔?」

恭子の返答も聞かず、アソコから息子を抜きゴムを外そうとした。
しかし亀頭にひっかかり焦り、その一瞬が仇となった。

「ああああああああああああぁっ!!!」

ゴムを外したはいいが、恭子の顔まで間に合わず。
布団の周辺に大量に射精した。
恭子の顔には残りの精子がついた。

「はぁはぁ・・・ご、ごめなさい・・・」

「電気つけて」


俺は恭子にティッシュを渡し、電気をつけた。
後ろですすり泣く声が聞こえた。

「うっ・・・もぅ、さい・・・あく・・・」と泣き声・・・。

先ほどの暴発で、精子が恭子の服にかかっていた。
これは流石の俺でも申し訳ない気持ちの他に何もない。
もう謝る事しかできず、自分の馬鹿さ加減にうんざりした。

「なんでこんな事するの・・・私、俺君に何かした?酷いよ・・・私、俺君としたくなかった・・・。でも、どうしてもって言うから・・・それなのに・・・。泣くから、俺君が泣くから、それで困ってしたのに・・・。経験ないから、悩んでるんだなって思ってだから、なのに・・・なのに・・・なんでなの?何かの復讐なの?教えてよ・・・」

恭子は下着も着けず、服を見て泣いていた・・・。
俺は全裸のまま、黙って立っているだけだった。
罪悪感とか後悔とかそういう言葉では言い表せない。
その言葉の限界を超えた事を俺は恭子にしてしまったのだと思う。

どのくらい時間が経ったのかわからないが、恭子は服の精子をティッシュで拭き取って着た。

「帰る」

「駅まで・・・」

「いい。道わかる」

恭子は部屋を出て行った。
5分後に俺も部屋を出て駅の近くまで行ってみたが、恭子の姿は見えず。

月が綺麗だった。

そういえば今日は月食だったか・・・。
俺も消えてなくなりたい。

そんな事を思いつつ、凍てつく寒い夜、缶コーヒーを1本飲み部屋に戻った。
恭子の香りと精子の匂い2つが混ざり合った部屋は何とも言えない。


「恭子って良い香りだったなぁ・・・」と呟きはしたが、いつも以上に静かな夜に消えていった。

もう寝てしまおう・・・。
考える事、する事が山のように出来たが、明日考えたかった。
ただクズな俺は布団の中で、恭子との行為を思い出してオナニーをした。
今度は正常位で射精して、「いっぱいでたねー2回目なのにすごーい」と夢見たセリフを言ってもらう。

(あの時、顔射なんて考えなければ・・・)

そう思うとまた苦しくなって、またオナニーした。
もう息子が痛かったが無理やりに。
1日4回なんて高校以来だ。
そして眠りについた。

それで今日、12時頃目が覚めて死にたくなったが、どうしようもなかった。
ツイッターで恭子のつぶやきを恐れながら見たら(互いにフォローはしてない)・・・。

「おーい返信返せー」という恭子の友達に対し、「ごめん、疲れて寝ちゃってた」とだけあり、他には特に何も言ってないようであった。

その後、俺はまた恭子でオナニーした後、賢者タイムの罪悪感と、それでも興奮する馬鹿な性欲との狭間でここに投稿した。

[紹介元] エロばな!! 筆おろししてくれた女の子を号泣させてしまった

従妹とカクレンボの途中で・・・
画像はイメージです

僕が中学1年生の時の体験談です。

祖父の3回忌で、従兄妹が家に来た時のことです。

従兄妹は3人兄弟で、末っ子の女の子が小学5年生で、ユイちゃんといい、女優の加藤夏希似で痩せていてとても可愛い子でした。

その子は以前からもとても可愛く、僕にとって格好のオナペットでした。
結構頻繁に会う機会があり、会うたびに目に焼き付けて、その夜は激しく自慰行為に励むのが習慣でした。
その子のアソコを見てみたい、ワレメを見てみたいとずっと思い悩んでいました。

ありがたいお坊さんのお経が終わってから、両親は叔父叔母と昼食とティータイムに外に出掛けました。
子供達は家で出前の寿司を食べて、家でカクレンボをして遊んでいました。
その時に私が15畳くらいある父親の書斎の机の下に隠れていたら、その子が入ってきました。

「何だ、もうここはタケちゃん(僕)に取られてたんだ」

「いいよ、一緒に隠れよう」と言い、一緒に机の下で隠れることになりました。

隠れていた机は映画等で見られるような立派な木製の執務机で、対面からは足が隠れるような形状になっていて、足が入るスペースは入口から死角になる場所だったので、カクレンボには絶好の場所でした。
足が入るスペースは結構広く、一人で隠れていると足が伸ばせるくらいありました。
・・・が、二人で入るには少し狭く、ユイちゃんが入ってきたので少し体をずらした時に可動式の引き出しストッカーの奥のスキマに手が入り、手が何かに当たりました。

「何だコレ」と言い、引っ張り出すと、青い紙袋でした。

中身を出すと、父親のエロ本でした。
普段から「書斎には入るな」と言われてた理由が分かりました。

当時エロ本を買う勇気がなく、エロ本は友達から借りることでしか手に入れることができなかった私にとって、最大の喜びでした。
・・・が、ユイちゃんにそれを気づかれる訳にはいかないと考え、冷静を装い、そんなモノ全く興味ねえよと言った口調で「何だ、エロ本か。くだらねぇ」と言いました。

するとユイちゃんが「えっ、エロ本!?私まだ見たことない」と興味深々だったので、「少し見てみる?」とページを捲ると、無修正の全裸の女の人の写真が出てきました。
もうこの時点でチンコは完全に勃起していました。

「すごい~。胸大きい~」とユイちゃんが感心している横で、震える手でどんどんページを捲っていく内に、男の人が出てきて、絡みだしました。

キスをしている写真、女の人が男の人を脱がしていき、フェラをして、クンニをして、最後はセックスする一連の写真でした。
もうチンコはパンツの中で暴れまくっていて、我慢汁が今まで経験したことがないくらい出て、パンツが物凄く濡れていました。
初めての無修正本に僕は興奮しすぎて、頭がくらくらして、意識も朦朧とし始めていました。

ユイちゃんにとっても、明らかに小学5年生には刺激が強すぎているみたいで、可愛い顔の頬が赤くなっていて息も上がっていて、とても興奮している様でした。

でもそれを私に悟られるのが恥ずかしかったのか、ユイちゃんがエロ内容には全く興味ねえよと言った口調で「男の人はキモいけど、この女の人、とっても綺麗~」と言ったので、「えー、そうかな?ユイちゃんの方が遥かに綺麗で可愛いよ」と意識が朦朧としていたためか言ってしまいました。

「えっ!?」と、ユイちゃんがビックリして私をじっと見ました。

次の瞬間、興奮していたためか、ユイちゃんは私の首に手を回してきて、キスをしてきました。


私は初めての突然のキスにビックリして硬直しました。
チンコはさらにパンツの中で暴れまくり、我慢汁もますます出てきました。
セミロングの髪が私の顔に当たり、柔らかな唇が何度も私の唇に当たり、とても気持ちが良くなって、されるがままになっていました。

その瞬間!

「バンッ」という大きな音がして、扉が開きました。

カクレンボの鬼役の弟が部屋の中に入ってきたのです。

ユイちゃんと私は唇を重ねたまま、硬直しました。
弟が辺りを探しながらどんどん部屋の中に入ってきます。
ユイちゃんはアグラをかいている私に体を乗り出すようにしてキスをしている状態だったので、体を支えることができずプルプルしています。
とうとう耐え切れなくなったのか、唇を重ねたまま、左手をアグラをかいている太ももの敏感な部分に置いた瞬間、情けなくも僕はパンツの中で果ててしまいました。
手を使わずにイったのはこの時が最初でした。

弟が間近まできてもうバレてしまうと思った瞬間、遠くから他の従兄に呼ばれて「もうアイツらほっといて、外に遊びに行こー。何処いったんや。ほんまに」と悪態ついていたので、弟が部屋から出て行きました。

机の下では、ユイちゃんはホッとして唇を離し、へたへたと座り込みました。


「もうバレるかと思ったね。良かった~。んっ、タケちゃんどうかした?キスしたこと怒ってるん?」

僕はパンツの中で果ててしまった気持ちよさに余韻に浸っていました。

「ユイちゃんが太ももに手を置いたから、出ちゃった。キスしたことは怒ってない」と、正直に言いました。

「えっ、私のせい?ごめんなさい。どうしたらいい?何かできることない?」と聞いてきたので、「ティッシュが欲しい」と言い、ティッシュを取ってきてもらいました。

僕は、あまりの気持ちよさに体に力が入らなかったので、「そこに置いといて。今、何だか体に力が入らないから、休憩したら拭くから」と言ったら、「じゃあ私が拭いてあげる」とユイちゃんがズボンを脱がしてきました。

僕は、恥ずかしさと期待で何も抵抗することができなく、下半身を裸にされました。

「うわ~、すごい濡れてる。タケちゃんのオチンチンって大きい。何だか変な匂い~。これって精子なん?」と言いながら拭き始めました。

その刺激でまたチンコがムクムクと大きくなってきました。

「すごい~、硬くなってきた」と頬を赤らめ、エロ本を取り出してきて、「この人とどっちが大きいかな?」と比べだしました。

「そんなのエロ本の人の方が大人だし、大きいよ」

「でもタケちゃんのほうが大きいよ。タケちゃんのほうがカッコいいし、タケちゃんのことが好きなの」

もう僕は天にも昇る気持ちでした。
この日は今まで生きてきた中で最高の日だと確信しました。

「僕もユイちゃんのことが好きだよ。前から好きだった」

「ホント!?嬉しい!」と、ユイちゃんがまた僕にキスをしてきました。

下半身丸出しの状態で、10分くらいキスしていました。
今度は舌も使いました。

ユイちゃんは「ふぅん、ふぅん」と感じているようでした。

僕だけが下半身丸出しだったので、ユイちゃんのも見たいと言うと、スカートとパンツを脱いでくれました。

とうとうユイちゃんのアソコを見ることができました。
毛が全く生えていなく、大福を割ったような綺麗なマンコでした。
ワレメに沿って、ふっくらしたマンコを指で触ってみると、物凄く柔らかく、弾力もありました。
仰向けに寝させて、股を開かせて、よく観察してみました。

エロ本の女の人は、ワレメがふやふやで中から何かが出てきていましたが、ユイちゃんのワレメはプックリしていて、最後の部分が少しだけスキマが開いているだけでした。

そこを触ってみると濡れていて、ワレメを指でなぞってみると、ワレメの内部は濡れていることに気付きました。
ユイちゃんは「気持ちいい」と言っていました。

ワレメを開いてみました。
とても綺麗なピンク色で、ポチっと出っ張り(たぶんクリトリス)がありました。
僕はもう居てもたってもいられなくなり、思わず舐めてしまいました。

ユイちゃんは驚いて起き上がり、「汚いからダメっ」と僕の顔を離そうとしましたが、僕は力づくで舐め続けました。

しょっぱい味しかしなかったですが、舐め続けると抵抗を続けていたユイちゃんは「う~ん、う~ん」と感じてきて、逆に両足で僕の顔を挟んできました。

僕はどんどん調子に乗り、穴の奥の方まで舌を入れたり、出っ張りを舐め回したりたりすると、どこからか物凄い量の汁が出て来て、床を濡らしました。
ユイちゃんは出っ張りを舐めている時が一番気持ちよいらしく、そこを重点的に舐めているとユイちゃんの腰が浮いてきました。
可愛いなと思っていると、「そこの先っちょをもっと舐めて」と言い、指を噛んで声を押し殺していました。
僕は言われた通り、出っ張りの先っちょをコチョコチョと舌先で舐め続けました。

すると「あっ、あっ、あんん」と声を出し、ビクッと腰が動き、ワレメの間からオシッコみたいなもの(たぶん潮吹き)がプッシュプッシュっと出てきました。
とても気持ちいいらしく、体がビクッ、ビクッと震えていたので、強く抱きしめてあげました。


しばらく抱きしめていると、ユイちゃんは落ち着いたらしく、「とっても気持ちよかった。床をいっぱい汚しちゃったね」とティッシュで拭きました。

さっきのティッシュと合わせると、空だった親父のゴミ箱がパンパンになってしまいました。

「タケちゃんも気持ちよくしてあげるね」と言い、ギンギンに立っていたチンコを舐めてくれました。

「タケちゃんもまだ毛が生えてないんだね。でもエッチ本の男の人より全然大きいね」と褒めてくれました。

昔、チンコの皮を剥いてから戻らなくなっていて、友達と違うので修学旅行の時にその事でいじめられたことがあったので、ユイちゃんからも何か言われると心配していたので、安心しました。

ユイちゃんはどう舐めていいかわからないようで、先っちょを舐め回しているだけでした。
あまり気持ちよくなかったので、裏側を下から上へ舐めて欲しいと言い、してもらいました。
物凄く気持ちよかったです。

僕は寝転んで、ユイちゃんが僕の足の間に座り、太ももに両手を置いて舐めてもらいました。
ユイちゃんの可愛い顔がとても魅力的で、とても興奮しました。

“今、僕はユイちゃんに舐めてもらっている”と実感できました。

口にチンコを入れてもらいましたが、口には少しだけしか入らなかったので断念しました。

僕は次ににも手で上下に動かしてもらいました。
手でしている時のユイちゃんはとても可愛く、小悪魔のように見えました。
ユイちゃんに右手と左手を繋げて握ってもらっても、チンコはまだ3分の1程ユイちゃんの手から出ていたので、その先を口に入れてもらいました。
するとチンコ全体がユイちゃんに触れている状態になりました。
口の中ではユイちゃんの舌がチンコの先の裏を擦って、ユイちゃんの手は小刻みに上下していて、もうすぐ出そうになりました。

ユイちゃんのワレメを見ながら出したいと思い、69の状態になってもらい、もう一度手と口でしてもらい、チンコの先にこそばゆい感じが走り、プクッと先っちょが膨らみ、とうとうユイちゃんの口の中に出ました。
2回目とは思えない量でしたが、ユイちゃんは全部口で受け止めてくれました。
出た瞬間、ユイちゃんの可愛いワレメを無意識に舐めていました。

ユイちゃんは口に含んだまま、また僕に体を預けました。
また先っちょを舐め回し続け、ユイちゃんはそれに応えるように、僕のチンコを舐め続けてくれました。
口から僕の精子がぼとぼとと溢れ、それが手で上下している部分にかかり、滑りが良くなって、出したばかりなのに、僕のチンコがガチガチになりました。
滑りが良くなったユイちゃんの手は気持ちよく、今出したばかりなのにまた出そうになりました。

僕は負けじと、ユイちゃんのワレメを舐め続けました。
舐めながら、さっき読んだエロ本のように、指を穴に入れてみました。
だいぶ狭かったのですが、ユイちゃんの穴の中に中指が全部入りました。

ユイちゃんは苦しそうにしましたが、僕はを中でくの字にしてみたり、出し入れしたりすると、体をよじる様にユイちゃんは感じていました。

僕はユイちゃんを親父の椅子に座らせ、出っ張りの先っちょを舌先でこちょこちょし、穴に中指を出し入れしました。

「そこをもっと擦って」と穴の中の一部(たぶんGスポット)を擦らされました。

そこだけザラザラするような感触があったので、すぐわかりました。
出っ張りを舐めながら、そこを擦っているとユイちゃんがまた絶頂に達したみたいで、「あっ、あっ、あーーーー」と可愛い声を出して、腰がグッと浮きました。
その時、穴に入れていた指が強く吸い込まれ、さっきよりたくさんのおしっこが手のひらに出てきました。
親父の自慢の椅子は、ユイちゃんの穴から出てくる液でびしょびしょになっています。

僕はユイちゃんをもっといじめたくなり、指を引き抜かず、また出し入れを再開しました。
ユイちゃんもそれを望んでいるようで、僕の頭を撫でています。

「指をもっと入れて」と言われたので、人指指と中指を両方入れました。

かなりきつきつでしたが、奥のほうは広がっているみたいでした。
ユイちゃんはかなり興奮しているみたいで、肩が上下に揺れるくらい息が上がっていましたが、お構いなしにいじめました。

出っ張りは舐めずに、ユイちゃんとキスをしながら、指でユイちゃんの穴の中を擦りました。

ユイちゃんは舌を絡めてきて、僕も負けじと絡めました。
すると1分もしないうちに、ユイちゃんはまた腰がグッと浮き、オシッコを出しました。
量はさっきと同じくらい出ましたが、今度は何度も何度も出ました。
相当気持ちがいいらしく、僕に抱きついて足も背中にグッとまわして縛られるような状態で固まっていました。

ユイちゃんは「今度は私が気持ちよくさせるね」と言い、また手でし始めました。

僕は「手はもういい。ユイちゃんとエッチがしたい」と言いました。

ユイちゃんはしばらく考えていましたが、「タケちゃんとならいいよ」と了解してくれました。

僕はユイちゃんを仰向けにして足を開かせ入れようとしましたが、ユイちゃんの液で滑って中々入りません。
そうしている内にワレメにチンコを滑らすと気持ちが良いことがわかりました。
ワレメの間にチンコの裏側をくっつけて、前後すると、ユイちゃんは「舌とはまた違う感じがする」と感じて、気持ちよさに震えていました。
今度はユイちゃんに上になってもらって、ワレメの間にチンコの裏側を挟んでもらい、前後してもらいました。
ユイちゃんのワレメは物凄く柔らかく、チンコの余っている部分を右手でしごいてもらいました。
ワレメの始まりの部分がチンコの先っちょに引っ掛かった瞬間、射精しました。
物凄い量で、右手で受け止めてもらいました。

さすがに3回も出したので、チンコの元気がなくなり小さくなった時に、ユイちゃんはとっさにワレメにチンコを入れました。

精子の滑りにも助けてもらい何とか入りました。

その瞬間、今まで味わったことのない気持ちよさがチンコ全体で感じることができました。
全部は入らなかったですが、先っちょが行き止まりに当たりました。
まず物凄く温かく、行き止まりはプニプ二していて先っちょが刺激され、裏側が包み込まれる感覚で、僕はまたチンコがぎんぎんに立ちました。

ユイちゃんは「入口は痛いけど、気持ちいい」と言っていました。

僕はチンコの感触と、ユイちゃんのワレメに自分のチンコが入っている景色で、10秒も経っていないのにすぐに出そうになりました。

「もう出そう」

「まだ生理がきてないから、中に出して」と言われ、ユイちゃんは腰をくねくねし始めました。

僕は耐え切れず、下から腰を振って中に出しました。
ユイちゃんが上下するリズムで僕は、ちんこから精子を出しました。
今までで一番気持ちいい瞬間でした。

「すごく暖かい」と言い、僕の方に倒れてきました。

僕は、ユイちゃんを抱きしめました。
今出したばかりなのに、チンコは全然衰える兆しが見えません。

「まだ出来るね」とユイちゃんはまた腰を上下にし始めました。

ユイちゃんの液と精子でユイちゃんの中はぬるぬるでした。
僕はユイちゃんを押し倒して、ユイちゃんを仰向けにして正常位で腰を振り始めました。
チンコの先っちょの膨らんだ部分で、ザラザラしているところを擦る様に前後すると、とても気持ちが良いらしく、その動きばかりをしました。
すると1分も経たないうちに、可愛い声を出して、ユイちゃんがまた絶頂に達しました。
今度は僕のチンコは外に弾き出され、今までで一番のおしっこが出てきました。
僕のチンコの裏側にそれが当たり、こそばゆい感覚になりました。
床はもう水浸しです。

僕はお構いなしに、またチンコをワレメに入れて、腰を前後に振りました。
ユイちゃんは「もっと、もっと、そこっ、あん、うーーん」と可愛い声で呻いて、僕はまた絶頂に達するのだなとわかりました。
今度は、絶対に弾き出されないようにがっちりと腰を掴んで、奥まで思いっきり入れると、奥の行き止まりが開いてさらに奥まで全部入りました。
その瞬間「あーーーーーーーー」とユイちゃんは叫び、またオシッコを出しました。
そのオシッコのこそばゆい刺激で僕もユイちゃんの奥に出しました。

2人はしばらくあまりの気持ちよさに動けずに、キスをしていました。

僕のチンコはまだギンギンでしたが、もう両親も帰ってきてしまうので、掃除を始めました。

ほとんど新品のティッシュケースは、全部使い切ってしまい、雑巾を取りに行き、二人で必死になって片付けました。
匂いを取るためにファブリーズをほとんど使いきりました。

二人で掃除を完了させて、テレビゲームをしている間に両親が帰ってきました。
外で遊んでいた弟と従兄達も帰ってきて、皆で晩ご飯を食べました。

僕はまだムラムラしていて、後もう一回したくなりました。
皆はご飯を食べ終わりくつろいでいる時に、僕はユイちゃんと二人でこっそり抜け出し、2階の居間から奥の方のトイレにユイちゃんを連れ込み、僕が便器の上に座り、後ろから抱っこするような格好でユイちゃんを座らせました。

ユイちゃんのワレメはさっきの液と、僕の精子でぐしょぐしょになっていたので、すぐに入りました。
ユイちゃんが声を出さないように僕は後ろからユイちゃんの口を手で押さえてましたが、それが逆にユイちゃんに刺激になったようでした。
家族に内緒でいけないことをしている思いが欲情するらしく、中は物凄い濡れていました。
僕はざらざらした所に当てるように突いて、ユイちゃんはまた絶頂に達しました。
腰がグッと浮いて、トイレの扉にプッシュっとオシッコが当たりました。
僕はヒヤっとしましたが、またユイちゃんのアソコに入れました。

僕ももう出そうになり、ユイちゃんの行き止まりを無理やりこじ開け、中に出しました。
ユイちゃんを後ろから抱きしめて、ワレメの出っ張りを指で刺激して、ユイちゃんもイカせました。
その感触でまた僕も出しました。

僕も満足し、トイレを掃除して出ました。

そして従兄妹が家に帰る時になり、僕は切なくなりました。
ユイちゃんも僕と離れたくないように感じましたが、「また会おうね」と笑って送りました。

[紹介元] エロばな!! 従妹とカクレンボの途中で・・・