同人AV撮影現場に行ってみたお話(リアル系)
亜希ママさんから投稿頂いた「同人AV撮影現場に行ってみたお話(リアル系)」。 アッキーママのエッチな告白 ep. 11 →前話はコチラ  わたしは33歳の主婦です。主人(32)と小学校4年生の息子の3人家族です。顔は角度 […]
[紹介元] みんなのエッチ体験 同人AV撮影現場に行ってみたお話(リアル系)

プールに行ったら弟の友人と会ってしまって・・・(ぽっぽ)
ぽっぽさんから投稿頂いた「プールに行ったら弟の友人と会ってしまって・・・(ぽっぽ)」。 今年の2月から、一人暮らしをやめ再び実家暮らしになりました。→前話はコチラ家族みんながすごく喜んでくれました。あ、私の部屋にお父さん […]
[紹介元] みんなのエッチ体験 プールに行ったら弟の友人と会ってしまって・・・(ぽっぽ)

職場の先輩

こないだ会社の先輩とエッチしちゃったんですっ!!
 最初はそんな気全然なくて 先輩が遊びに行こうって言うんで夕方に待ち合わせ。二人でお買い物したりしてフラフラしてから居酒屋へいったんですっ。
 別にそんなの 社会人だしいちいち気にしないし・・・それがまさか エッチしちゃうことになるなんて・・・

 飲んでるときはそんなに飲みすぎたって気はなかったんです。チューハイ3杯だったし。。。でも いざ歩き出したら足に力はいんなくて気がついたらホテルでした。
 しっかり酔ってる私は 思考能力ゼロ。
 先輩に「お風呂はいろっか」って言われて「うんっ」。
 先輩がお風呂にお湯をはってくれて、それから脱がされちゃった。

 ゆっくりお風呂にはいってると後ろからきゅって抱きしめてくれて、彼氏と別れて間もない私は 人の温もりにうっとり。そのうちだんだん先輩の手が胸をもんできて・・・
私:「んん・・・だめですよぉ」
先輩:「なんで? 気持ちいいだろ? こっちむいて」
って先輩のほうを向かされて、お風呂の中でいきなり 先輩のものが入ってきたんですっ。

「きゃんっ」私びっくりして思わず先輩にだきついちゃった。
 そしてたら先輩ゆっくり突き上げてきて・・・・
「あ・・・やん・・・だめっ・・・」って声がでちゃって。

先輩:「だめだよ ほら こっちむいて」
私:「やぁ あん だめぇ」

 正面をむかされてキス・・・なぁんにも考えられなくなるようなキス・・・「んん・・・」
 ディープキス・・・
 思わず舌からめちゃいました。すっごい感じてきちゃって息もたえだえ・・・

 そこでとりあえず 先輩にふいてもらってお風呂をでました。
 じゃあ、疲れたし寝よっかってことでお布団へ。
 酔いが回ってるから私も眠たくなってて 素直にお布団へ。
 でもお布団の中は裸・・・そしたら先輩が足をからめてきて・・・

 胸をもみもみ・・・「あん だめっ」
 先輩はやめてくれなくて、すぐに私のあそこを触り始めたの。お風呂での刺激で私はすぐにも感じてしまって、「どうしたの? もうぬるぬる やぁらしぃ」愛そんな先輩の言葉に「や、ち、違うもん」
「何が違うの?こんなに濡らして 誘ってんの?やろうね」
クチュクチュ・・・そうもうトロトロで音がしちゃうんです。

「んあぁ だめぇ」

 先輩はそこからは無言。私が感じるのを観察するかのごとく。指を出し入れ・・・
 そのたびに、クチュクチュいやらしい音・・・「あぁ・・・やん んん・・・」
 思わず枕を口へ。それをゆるさない先輩は「そんな子はおしおきっ」っていって足を思いっきり開かせて私のあそこに口をくっつけてなめなめ・・・も、もうだめっ! 感じるぅぅう!
 それを見計らって先輩はいきなりいれてきたんですっ。

「はうぅぅ だめぇ」
「こんなに締め付けてだめなんてないでしょ」
「あーいい もっとしてぇ もっとぉ」
 そのまますぐ私はいっちゃった。

 先輩もそのままいっちゃって、そのあとは寝たのに、先輩は夜中何回も私の体をもてあそぶ・・・
 そのたびにいじられ、じらされ、いかされました。
 6時間くらいの間に10回くらいイカされて、次の日は一日なぁんにもできないくらいでした。
 でも先輩を思うと手がのびちゃう・・・

[紹介元] 私たちのエッチな体験談 職場の先輩

お仕置きされた

2年前のこと。
会社を辞めることを上司に告げ、有志だけが集まる夜の送別会に備えて駅の裏口(風俗街)で時間を潰していました。
何とはなしにそこから少し離れた中古や新品のアダルトDVDを販売しているお店に入り、タイトルをチェックしながらぼーっと店内を散策していました。かなり品数が豊富で、マニアック系のものも充実しており、パッケージを見ているだけでそそられ、股間は半立ち状態になっていたと記憶しています。
10分もたった頃でしょうか。店内の5列ほど並んだちょうど真ん中の棚の奥に女性がいるのを発見しました。こんな時なんとなく緊張するものです。
その場を離れようとしましたが、変な勘が働き、わざとらしくない様にその女性に近づいてみました。
身長は160センチくらい。20代半ば。どちらかというとぽっちゃり目で服装は地味でした。
「どんなビデオを選んでるんだろう」と手元を盗み見ると、驚いたことにスパンキングものを2点もっていました。
俄然興味が湧き、彼女が精算を済ませて店外にでたところで思い切って声をかけました。
自分の声も緊張のため少し上ずってました。
聞くと、「SMには興味はないがスパンキングが大好き」「小学生のころからの性癖」「量販店みたいなところで責任者をしていて、出来の悪いバイトの男の子のお尻を叩いて興奮している」「スパンキングはしないけど、そこの上司のおじさんと援助交際している」とのことでした。
どちらかというと地味(に見えた)な外見から発せられる刺激的な言葉に妙なリアリティーを感じ、股間は張り裂けんばかりになってしましました。
警戒されているのはわかりましたが、自分がMっ気が強いこと、(今日は)セックス抜きにすること、今買ったばかりのビデオを一緒に鑑賞するだけ、というのを条件にホテルに誘うと少し迷いながらもOKしてくれました。
その日は一緒にビデオを観て、少しお尻を叩いてもらいました。
ビデオで観るのと実際叩かれるのでは当たり前ですが大違いです。
ホテル備え付けのスリッパと靴べら、そして素手でお尻を叩かれました。
格好はちょうどお母さんが子供にお仕置きをするように、膝に僕の体を乗せ、「ほら、ほら!」とかなりサディスティックに強烈に叩かれました。
我慢できずに「あーーん」と声をあげる度に彼女の興奮度は上がっているようです。
彼女の目がとろーんとしくるのがわかりました。
「お兄さんの声可愛い・・」何度もそうつぶやき、靴べらを僕のお尻に叩き付けました。
お尻の皮がめくれてしまったんじゃないか、と思えるくらいの強烈な痛みと快感が足先から脳天まではしりました。
彼女はその日無防備で、下着もお気に入りではなかったようで服を脱いでくれませんでしたが、次回スパンキングを含めてセックスする約束をとりつけました。

2ヶ月ほどしてからもう一度会いました。
ホテルに着くやいなや持参したビデオ(勿論スパンキングもの)をセットし、まずは鑑賞会。
ボルテージがあがったところで「さ、お尻出しなさい」と命令されました。
前回と同じくお仕置きされる姿勢で体を彼女の膝の上に乗せ、されるがままに叩かれました。
今度は備え付けのティッシュケースの底蓋でした。
今回は彼女もかなりリラックスして積極的で、「ほらぁ、気持ちいいんでしょ!?」「スケベな男だねえ!」と言葉攻めの嵐でした。
10分も言葉とスパンキングで責められると、頭の中がボーっとしてきます。感覚がなくなるというか・・。
おもむろに服を脱ぎ、下着を取ると今度は強制クンニです。
彼女は僕の顔の上にまたがり、「しっかり舐めなさい!」と人間便器を強要してきました。
少しでも舌の動きを止めると四つん這いにされスパンキング。気が済むと顔面騎乗。
この繰り返しに股間はビンビン。
おまんこの臭いと言葉責め、見事なお尻に豊なバスト。もうどうにでもしてーーと叫びたいくらいでした。
ビンビンのペニスを握り締めた彼女は「しゃぶってあげるね」とすぐにパクリと飲み込んでくれましたが、性格なのかかなり乱暴なフェラチオでした。
その後上に乗って念入りに犯されましたが、頭がボーっとして途中の記憶がありません。
気が付くと大量のザーメンを発射し、コンドームからあふれ出ていました。
それからは彼女にあっていませんが、ネットなどで相手を探してはスパンキングをしているようです。

[紹介元] 私たちのエッチな体験談 お仕置きされた

先輩の感触

僕が中1の頃です。僕は中学校に入るとすぐにクラブに入りました。クラブはそのとき3年が8人くらい、

2年は男子が4人、女子が5人で1年は男子6人女子7人とまぁ、学校の中では中規模のクラブでした。

僕は入ったときから2年の女子の先輩が好きでした。 顔はかわいいとかはいえないけど、ボーイッシュな

ところやとても白い肌が好きでした。

ある程度1年生と2年生の仲が良くなってくると僕は時々、その先輩を冗談でからかったりしました。

そしたらその先輩も冗談でおこって軽く首を絞めてきたりしました。その時、背中に先輩の胸があたるので

僕は心の中で喜んでいました。ぱっと見ても全然ふくらみはありませんが背中に全神経を集中させると制服の

上からの感触があるんです。

夏休みに入る直前、2年生の先輩が2人、塾のためにクラブを辞めることになったので別の先輩の家で送迎会

をすることになりました。そこで僕と友達2人がコスプレをすることになりました。僕は女子の制服、他は

露出がきつい服でした。女子の制服はなんと、好きな先輩のを借りれることになったのです!

着替えるために違う部屋に行くとき、なぜかその先輩もついてきました。

「着替え方わからんやろ?」とか「別にあたし男っぽいしパンツくらい見られてもええやん。」とか言って。

僕は内心喜びながらも先輩を軽く変態扱いしながら着替えを教えてもらいました。今思えば、スカートをはく

ときに、初めにスカートをはいてからズボンを脱げばよかったのにズボンを脱いでからスカートをはいてしま

ったんです。そこをずばっと先輩に見られて「見せたいんか」とか言われながら股間を蹴られました。

夏休みに入るとクラブでプールに行くことになりました。初めて女子と行くプールだったのでかなりわくわく

してました。初めは先輩とはあんまり話してなかったんですが、1時間くらいしてから急に先輩が抱きついて

きてくれたんです。まぁ、おんぶしてもらおうとしただけらしかっただけなんですけど・・・・・

でもまぁ、さすが水着ですよ。モロに感触が伝わります。かなり興奮してやばかったです。

そして俺はその時ある決心をしました。「このまま胸触ってやろう!」って。作戦はこうです。

おんぶをやめる振りをして先輩の尻に手を回して胸に手を当てるんです。

作戦は成功しましたが、触ったとき一瞬先輩の動きがとまったので「やばい!」とか思ってあせってしまった

ので感触はあまりわかりませんでした・・・・でもその時は何も言われませんでした。

で次の日もクラブの練習があったんですが、いつもどおり裏門から学校に入るとき珍しく先輩と時間が重なっ

ていて呼び止められました。何だろう?とか思っているといきなり「昨日あたしの乳触ったやんな?」

と言われました。ちなみにこの時初めて女子がおっぱいのことを乳というのを聞きました。

僕はいきなりだったので「え・・や、別に・・・」と曖昧な返事をすると「お仕置きじゃ」とか言われて

股間をぎゅっと握られました。その後先輩は先にクラブにいきましたが、僕は股間をにぎられたときに少し

勃起していたことの恥ずかしさと痛さとうれしさでその場に少しうずくまりました。

この時僕はわかりました。僕がかなりMということが。

[紹介元] 私たちのエッチな体験談 先輩の感触

林間学校で…

今から20年以上も前の話になりますので、記憶が曖昧な部分もありますが、是非聞いてやって下さい。

私の通ってた小学校には5年の夏休みに入って直ぐ林間学校なる宿泊学習がありました。
1泊2日で田舎に行って、お寺での修行モドキや何故か歴史の勉強があり、2日目はオリエンテーリングで順位を争い成績が悪いと宿題が増えるというものでした。

そんなこんなで過ごした一日目の夕食の時、普段は食欲旺盛な私が、「なんか、ちょっと疲れた。メシ 要らんわ。」と半分以上残して言うと、親友Oが「熱でもあるんとちゃうか?」と言い、隣に座っていたY代がおでこを触ってきました。
すると、「N君(私の事です) めっちゃ熱あるやん。」と大きな声で言いました。
すかさず、クラスのリーダー格のA子が先生を呼びに行きました。

いるんですよ!! こういう時に体調崩すアホが(それがこの後の運命を左右する事になるとは…)

それからほどなくして保健のS先生(多分24才だったと思います。たしか前年新規で赴任してきてたので…)がやって来ました。
それから、別の部屋(保健室?)に連れて行かれ(この後の、自由時間が楽しみやったのに)、検温をすると、「わぁ 38度8分もあるわ」とS先生。熱を聞いて一気にしんどくなる私。

S:「とりあえず、寝てなさい。」
私:「……」
S:「また後で、熱 計って下がってなかったら病院行くからね。」
私:「……」
S:「氷枕用意したから… 頭上げられる?」
私:「ちょっと無理かも…」
S:「仕方ないなぁ。」

S先生は、身長160位で、かなり色白でスレンダーな先生だった。おまけにしんどくなって寝ている私には、天使のように見えていたのかも…
華奢な腕で、小5にしてはかなり体の大きかった私の頭を上げて氷枕を入れる時に、おでこから頭の先で違う感触があたった。(おっぱい当たってる?)当時 私は坊主頭でしたし、夏の林間学校ですよ。当然S先生はTシャツのみです。しんどいながらも不覚にも、下腹部にも違う熱源が発生してしまいました。ただ、布団が掛けられてあったので、バレて無かったと思いますが…

S:「N君 重たいなぁ。」
私:「ゴメンナサイ。」
S:「別に誤ることじゃないから」
私:「ゴメンナサイ。」
S:「お母さん以外でこんな事されるの初めて?」
私:「ハイ。」
S:「取り敢えず寝ててネ。」
私:「ハイ。」

何かしら不自然とも取れる会話をした後、しばらく寝ていました。

2時間位経ってからでしょうか、

S:「N君 起きて」
私:「うぅっ」
S:「おはよう ゴメンネ もう一回熱測らせて」
私:「ハイ」
S:「田舎だから、これより遅くなると病院が無いんだって。」
私:「……」

もう一度 熱を測りました。
結果はさっきとほとんど同じぐらいでした。

S:「旅館の人に言って病院に連れて行ってもらうわね。」
私:「……」

その後、病院に着くまでの記憶は全然ありません。
覚えているのは、車が旅館の仕入れ用のライトバンだった事。
後部座席でS先生にもたれ掛かっていた事です。

病院で、「夏風邪やねー。」と言われ、注射を2本と点滴を受けました。
そして、クスリが出るまでの間、待合室みたいな所で病院まで送ってくれた旅館の人に、「先生 すごく心配してくれてはるで 仕事かもしれんけど後でお礼言うときや!」と言われました。

クスリが効いてきたのか、帰りの車の中では元気で

私:「おなか空いたなぁ。」
S;「ちょっと元気になったからって。」
旅:「おかゆ位なら出来るよ。」
私:「是非 お願いします。」
S:「スイマセン」

その後、旅館に戻るまでの車で何故かS先生に「もたれかかってて良いよ。」と言われました。

旅館に戻ると、おかゆの出来るまでの間、S先生と話しをしていました。

私:「S先生 彼氏居てるの?」
S:「関係ないでしょ。」
私:「なんとなく聞いてみたかっただけやんか! そんなに怒らんといて」
S:「怒ってません! 病人は寝てなさい!」
私:「メシ 待ってんねんけど。」
S:「そうだったわね(笑い)」
私:「なんか心配掛けてゴメンネ。」
S:「元気になってから言ってちょうだい!」

暫く沈黙があった後、おかゆを食べて直ぐに寝てしまいました。

翌朝

今もそうなのですが、寝相の悪い私の横でS先生も寝ていました。(もちろん別々の布団です)
時計を見ていなかったので正確な時間はわかりませんが、5時過ぎぐらいだった頃に、目が覚めました。
何か枕と違う感触が頭にあります。(S先生の左脇腹あたりに頭が乗っていました。)

私:(なんか変な体勢やなぁ?? S先生に誤解されたら大変や!!)

慌てて自分の布団に戻ろうとした時に、ふらついて、S先生の右脇腹の辺りを掴んでしまったのです。
すると、S先生は起きて、

S:「(少し怒ったような感じで)N君 おはよう 何してんの?」
私:「いや何も…」
S:「何か変な事しようとしてたんでしょ!」
私:「S先生のお腹の上で寝てたみたいやったんで……」
S:「ほんとうの事 言ってくれたら怒らないから」
私:「ホントだって……」
S:「嘘が下手な人って彼女に嫌われるよ」
私:「彼女なんていないし…」

この当時(もちろん昭和世代です。)、小学生で彼氏・彼女という概念はあまり無かったと記憶してますが…

S:「その割には、『彼氏いてんの?』って聞いてたやんか!」
私:「いやぁー そのぉー」
S:「じゃぁ 好きな子は居てるんでしょ?」
私:「それは居てますけど…」
S:「まさか私じゃないよね」
私:「でも、昨日はS先生 メッチャ綺麗やと思った。」
S:「お世辞でも嬉しいよ。」
私:「いや ホントやって」
S:「それは本当かもね。 だってN君寝てから私の名前うなされながら何度も言ってたもの。」
私:「ええぇー」
S:「じゃぁ 昨日おでこにチューしたの憶えてないの?」

私の記憶には、全くありませんでした。
それどころか、S先生の名前を何度も言ってたとは…

S:「取り敢えずまだ朝早いからもう一度寝たら?」
私:「ハイ。」

ところが、「チュー」と言う言葉と、S先生の微笑が頭の中をグルグル回って、興奮していました。
すると、寝相の悪い私の事です もちろん掛け布団は、どっかに行ってしまっています。

S:「N君 いま勃起したでしょ。」
私:「(手で隠しながら反対方向を向きつつ上ずった声で)そんな事…ないょ。」
S:「嘘 だって今手で隠したじゃん。」
私:「ゴメンナサイ。」
S:「健康な男の子なら正常な事だよ! 見せてごらん!」
私:「えぇぇー」
S:「ほら早く。」

その声と共に、S先生は素早く私の腰の所まで擦り寄ってきました。
そして、ジャージとパンツに手を掛けてきました。

私:「恥ずかしいよぉ。」
S:「ハイハイ」

S先生の言葉に弄ばれながら、手を振りほどく事もせず、反射的に腰を浮かせてしまいました。
私には兄が居り、男女の営みの事なども多少は知っていました。(耳年間ってやつです。)
S先生はジャージと共にパンツを一気にひざあたりまで摺りおろし、

S:「すごい。N君のおちんちんパンパンだね。」
私:「……」
S:「○美(S先生の名前)に興奮してるんだ!」
私:「S先生…」
S:「内緒にしてくれるって約束してくれるなら特別授業しよっか?」
私:「S先生……」
S:「今だけは○美って呼んで!」
私:「○美さん 絶対に内緒にします!!」
S:「フェラチオって知ってる?」
私:「一応 聞いたことは…」

答えるか答えないうちにS先生は私のモノの包皮を一気に剥き出し、ゆっくりと口に含ませました。

私:「汚いよ! 昨日 風呂にも入ってないし…」
S;「晩に体 拭いた事も憶えてないの?」
私:「全然」
S:「だからチューの事も憶えてないんだ」
私:「……」
S:「じゃぁ 今日の事は忘れないでね」
私:「S先生……」
S:「N君 次にもう一度S先生って言ったら止めるよ!!」
私:「○美さん……」

このようなやり取りの後、S先生は口を前後に動かしました。

私:「○美さん 変になっちゃう!」
S:「いいよ 出しても」
私:「イィ イクゥーー」
S:「ングゥ」

私は「あっ」という間にS先生の口で逝ってしまいました。
S先生は、ゆっくりと精液全てを吸い取り、大量の白濁液を手に吐き出しました。

S:「N君 いっぱいでたねー 気持ちよかった?」
私:「○美さん とっても気持ちよかったです。!!」
S:「取り敢えずまだ時間もあるし、お風呂はいろっか?」
私:「ハイ」

今であれば、当然一緒に風呂に入ると思う所ですが、当時の私には理解出来ていなかったのです。

S先生が浴槽に湯をために(もちろん部屋風呂です。)行った後、自分のカバンが本来の私の部屋に置いてあったままな事を思い出しました。清拭はしてもらったらしい(本当に記憶に無い)が、着替えが無い事を気に留めて…

私:「カバン 部屋に置いたままだよ。」
S:「後で取りに行けばいいじゃない?」
私:「嫌だよう。」
S:「じゃぁ、お風呂止めてまた寝る?」
私:「(何故かしら風呂に入りたい!)寝るのはいい。」
S:「じゃ 決定!!」

ほどなくして、S先生が

S:「N君 お風呂はいったよ。」
私:「はーい。」
S:「じゃぁ 一人ではいれるよね。」
私:「ハイ!」
S:「ゆっくり どうぞ!」

その言葉で、安心したのか風呂に入り、体を洗い、浴槽につかった頃でした、
いきなり風呂の扉が開き、バスタオル姿のS先生が……

S:「私も一緒に入るね!」
私:「えぇ おぉ あぁ(言葉にならない感じです。」
S:「N君を一晩中 診てたから私も実はお風呂に入ってなかったんだよねー」
私:「(浴槽につかったままで)………」
S:「元気になったんだったら○美の背中でも流してちょうだい」

俯いたままの私を挑発するかのように、脱衣所で音を立てるかの如くバスタオルを落としました。
S先生のスレンダーなカラダが露になり、小ぶりで形の良い白いオッパイが目に留まりました。

そして、

S:「○美のカラダ どう?」
私:「……」
S:「初めてのオトナの身体でしょ?」
私:「……」
S:「よーーく 見てネ。」
私:「○美さん キレイです。」
S:「N君 こっちにきて」

そう言うと、手を引き 私を浴槽から上げました。もちろん私の愚息はまたもやビンビンです。
こうなると私はS先生の言いなりです。

S:「おっぱいはこうしてあげると気持ち良いんだよー。」

S先生は私を浴槽の淵に掛けさせて、手を取りながら、両脇からゆっくりと揉み上げるようにしました。
しばし揉んでいると、

S:「乳首が固くなってきてるのわかる?」
私:「はっハイ。」S先生の白い肌に似合わず少し色黒い乳首が尖ってきました。
S:「これは気持ち良くなっている証拠なのよ。」
私:「ハァ…」
S:「次は乳首を触って…」
私:「ハイ」今考えるとS先生のオナニーの手伝いみたいなものだったんでしょうが
S:「ああぁ N君上手よ」

言われるがままに乳房を揉み、乳首に触れていると、頭を抱き寄せられ

S:「乳首 舐めて…」
私:「(夢中で)チュッ ペチャ ムンッ」
S:「そうよ 上手上手っ あはっ」

そして、私を抱き起こすような形にして、S先生の手が私のペニスに触れてきました。

私:「○美さん あっっっ 」
S:「きゃっ 」

そうです。私の愚息は暴発してしまいました。
童貞でありながら(キスも済ませてないよー)、顔射を先に経験してしまいました。
顔射というよりは、「眼射」とでも言うべきでしょうか?
白濁した精子が、ピンポイントでS先生の左眼辺りに直撃していました。

S:「N君にはまだ刺激が強すぎたみたいね」
私:「○美さんゴメンナサイ」
S:「いいのよ うふっ」

S先生は洗い流しながら、「まだ 本調子じゃないんだからもう上がったら」と風呂から上がる事を促してきました。もちろん断る理由は無いので、そのままシャワーを浴び上がりました。

そうすると、S先生は

S:「着替えが無いんでしょう。 そのまま良く体を拭いて、裸のままでいいから布団に入ってなさい。」
私:「はーい。」

私は言われるがまま裸のままで布団に入りました。
そして、暫くするとS先生が風呂から上がってきて

S:「後で、○美がN君のカバン取って来てあげるから休みなさい。」
私:「裸のままじゃ寝られないよー」
S:「○美のTシャツ貸してあげるから下は我慢しなさい。」

そしてS先生のシャツを借り、また眠りました。

その後、私の担任が様子を見に来ましたが、S先生が「休んでいるから」と追い返したそうです。

その後の事は次の機会にでも……

[紹介元] 私たちのエッチな体験談 林間学校で…

バツイチ子持ちは簡単にエッチできる?!
オレがまだ若い頃、と言っても20代の半ば過ぎだろうか。 その頃はなかなか遊んでいたと思う。 社会的にも多少地位のあるところにいたことも自分に自信をつけてしまったのだろう。 やはり平社員より肩書きがあった方が男はモテる、そ […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ バツイチ子持ちは簡単にエッチできる?!

33歳

はじめまして。富士子です。私の初体験の話を。
 私の初体験は随分遅く、33歳でした。相手は23歳の時に別れた元彼です。

 昔、付き合っていた時の彼はナイーブで、エッチなんて考えられないくらい初心な人でした。1年間付き合っていましたが、キスもなく、自然消滅的に別れていました。

 そんな彼と偶然、中目黒のショトバーで出会いました。
 私は一人でよく行く店でしたが、彼は仕事帰りに偶然、後輩の女の子と入ってきました。
 私は彼をみてドキっとしましたが、彼も私を見て懐かしそうに話かけてきました。

 彼の後輩の女の子と一緒に近況報告。
 私は未だ独身ですが、彼は結婚して2人の娘さんと奥さんと4人暮らしだそうです。
 だんだん盛り上がって来た私達にあきれて後輩の女の子は先に一人で帰りました。
 彼は昔と違い、私の前で平気でエッチな話とかしてきます。突然、「別の所で飲み直そう」と彼に強引に連れ出され、近くのラブホへ。

 彼は「俺、富士子としたくて堪らなかったんだ。」と私をベットに押し倒しました。
 私は抵抗もせず、成すがままに。
 彼は手際よく、私を全裸にし、彼も全裸に。彼のアソコは勢い良く反り返っています。
 彼は丁寧に愛撫してくれました。
 私は我を忘れ、必死に彼にしがみ付いていました。彼は舌先で私のアソコを舐め回し、舌を私の中に入れてきます。私は思わず声を出し、「あーん、お願い、して」と彼に抱きつきました。

 熱い彼のアソコが私の入り口の所を擦っています。私のアソコも熱くなり、大きく穴は開き、受け入れ準備OKです。
 少しずつ、彼は私の中に入ってきます。
 途中で激痛が。
「痛ったーい、お願い、優しく」
 私は夢中で我慢していました。

 彼はすこしづつ腰を動かしはじめました。
 私の中はヌレヌレになり、彼の動きもスムーズに。だんだん私の体も麻痺してきて、痛さも忘れてきました。彼も夢中で私の中を攻め続けます。「あー、いく」と言う彼の言葉と一緒に私のお腹に生暖かい白い精液が。
 その後、1年間、彼との不倫は続いています。

[紹介元] 私たちのエッチな体験談 33歳

自慢の極太カリで友達のお母さんを骨抜きにしてやった
人妻や熟女にハマっている23歳です。 友達のお母さんや近所のおばさんなど、これまで20人近くの人妻と経験しました。 初めて出会い系をやったのは高校生の頃です。 『人妻好き』と書き込むと、1時間後には次々と返事が入ってきま […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 自慢の極太カリで友達のお母さんを骨抜きにしてやった

飲み会の後で

私は、37歳、バツイチOLです。主人と離婚してから3年ほどたちますが、セックスはなく、オナニーばかりしています。
 先日の新年会のあと、一気に爆発してしまいました。

 新年会は取引先の企業と一緒に行いました。結構遅くなってしまい、タクシーで帰るしか方法はありません。帰る方向が同じだった取引先のTさんと一緒に帰ることになりました。
 Tさんは一緒に仕事をしたり、みんなで飲みに行ったりしているんで、特別な感情はありませんでした。でも、Tさんが「どうせ遅くなったんだから僕の知っている店に行こう」ということになり、「明日は休みだからいいや」と思い、OKしました。

 行ったところは、ハプニングバーでした。でも、私はそんな店があることは知りませんでした。ビルの地下にある会員制クラブという感じで、入口でマスターがTさんの会員カードのようなものチェックしていました。
 入口近くには、カウンターがあり、そこで2人で飲み始めました。カップルの人もいましたし、一人の男性の人もいました。
 しばらくすると、ママがあちらで「やっていますよ」とTさんに声をかけました。Tさんは私を連れて少し店の奥のほうに連れて行きました。

 そこは壁にマジックミラーがあり、中はベッドルームでしたが、そこでは1人の女性と3人の男性がセックスをしていました。私は普通のバーだと思ってきたのにびっくりしましたが、私はそもそもレイプ願望があり、オナニーの時も多くの男性に回されることを想像しながらすることがよくあります。実際はもちろん経験はありませんが。
 でも、目の前で見て、おまんこが濡れてくるのがわかりました。
 私は冷静を装いながら「すごいですね」と言いながらかなりドキドキしていました。

 その後、カウンターではなく、ソファのある席にTさんと座りました。
 Tさんが「どうだった?」といって手を握ってきました。私はもう手を握られただけ感じてしまいました。
 私の頭の中には、先ほどの4Pが離れません。キスをされ、ブラウスを脱がされ、おっぱいを揉まれたり、舐められたりしました。
 何人かの男性がこちらを見ていました。すぐ近くに磔のようなものがあり、私はパンティ1枚の姿で大の字に固定されてしまいました。

 その時にはじめて気がついたのですが、秋以降、腋毛の処理を全くしていなくて・・・。でも、磔にさせられると丸見えです。
 Tさんも、「腋毛がいやらしいですよー」と言って私の脇を舐めたりします。
 遠くで見ていた男性たちも、近くに来て、Tさんに促されて、私の体を触ったり舐めたりしてくれました。

 みなさん普通のサラリーマンという感じの方でした。Tさんが、「もうパンティ濡れ濡れだね」といってパンティの上からおまんこを触ります。
 私はセックスする相手もいないのに、Hな下着が好きでいつも横紐のパンティをはいています。いつもはこの紐を男性にほどかれるのを想像してオナニーしながら自分で解いています。
 そしてついに、Tさんが横の紐を解きました。

 全くの全裸です。男性たちは下から私のマンコを見上げています。私は、見られているだけでいってしまいそうになりました。
 Tさんに「チンポちょうだい」ってお願いすると、Tさんは「さっきの人のように、みんなで犯してあげようか?」と言ったので「お願い、犯して!」と思わず叫んでしまいました。
 そして磔をはずしてもらい、じゅうたんの上に横にされました。
 男性たちはあっという間に服を脱いで、私を襲ってきました。ママがコンドームをたくさん持ってくるのが見えました。

 いつもオナニーの時に想像していたものが、現実になりました。約3年ぶりのセックスがすごいことになりました。
 頭の中は真っ白、夢か現実かわからないという状況でした。
 その時、男性はTさん以外にも5、6人いましたが、みんな全裸で私のまわりにいます。
 私は仰向けに寝かされ、一人がすぐに入れてきました。
 誰でもよかったのです。チンポがほしかった!
 3年ぶりのチンポです。うれしかった。涙が出てきました。
 女というよりもメスに戻った感じでした。

 おまんこに入れられながら、顔を横にして別の男性のチンポをくわえています。両手もまた他の男性のチンポを握っています。最高4本のチンポが私のものです。
 一人がいけば、また誰かがチンポを入れてくれます。私はいきっぱなし。
 フェラチオで口の中に出す人もいます。でも、セックスをしながらのフェラチオなのでしっかりくわえてないので口からこぼれて顔にかかったり・・・。
 でも、拭いている暇などなく、私は犯されているという感じでうれしかった。

 その格好を見たからなのか、ある人は、コンドームの中のザーメンを私の口の中に垂らしてきました。口の中にも入り、少し飲んだりしたけど、顔にかかったり・・・。
 Tさんも立派なものをいれてくれました。
 どのくらい時間がたったのかわかりません。2回した人も何人かいたようです。

 私はふらふらになり、体中ザーメンだらけでした。心の底から幸せを感じて放心状態でした。
 その後、Tさんがシャワールームへ連れて行ってくれて綺麗に洗ってくれました。うれしくてまた涙がこみ上げてきました。
 Tさんはなぜ、泣いているのかわからないようだったので、3年間セックスなしで、いつも犯されることを想像しながらオナニーしていたことなどを話しました。
 狭いシャワールームで二人とも裸だったので、また、私はほしくなってしまい、Tさんに入れてもらいました。

[紹介元] 私たちのエッチな体験談 飲み会の後で

ブルマー越しに感じたA子の柔らかい感触
中学時代、後ろから男子の頭に制服のスカートを被せるといういたずらが流行っていた。 むろん女子はブルマー着用なのだが。 被せられると、恥ずかしいので出ようとするが、女子がスカートを押さえているのと慌てているのとで、なかなか […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ ブルマー越しに感じたA子の柔らかい感触

初物

以前セックスフレンド募集に載せたんですよ。そしたら19歳の経験のない女の子からお返事を頂きました。
 以前好きな人がいて告白したら「処女とは付き合うつもりはない」と言われたそうで、それがコンプレックスになっていたそうです。
 でも、いざ会う段階になってバックレルかもしれない、正直、冷やかしと思っていたんですね。
 数日間メールでやり取りし、会うことなりました。
 会ってみてビックリ。これが可愛いんです。結婚していなければこのまま彼女にしたいくらいでした。

 会っていきなりHと言うのも、本人は覚悟していてもなかなかそうはいきませんよね。(彼女の可愛さに私自身が気後れしてしまったようです)
 ちょっと食事して、ホテルに行きました。ホテルに行くのも初めてのようで、彼女はもうガチガチでした。

 まず、シャワータイムにし、彼女を先に入れさせて、少しでもリラックスさせようと思ったのです。が、一緒に入ろうと言ってくれたので、お互いの体を洗いっこする感じで入りました。幾分緊張感が解れたかな?って感じでした。
 もう、一緒に入ってしまったので簡単にタオルを巻き、ベットへ寝かす。でもまだ恥ずかしさが残っていると思い、そのままゆっくりKISS。ゆっくり手を胸へと持っていき、タオルの上からゆっくり愛撫。
 次第に彼女の息が荒くなってきて、タオルの隙間から手を入れ胸全体から乳首に向けて愛撫をしていく。
 自分の口をKISSをゆっくりやめ、首筋から鎖骨、そして胸へ。
 片手で乳首を愛撫しながら舌でもう片方の乳首を転がす。空いた片手を腿から徐々に上げていく。

 この頃には彼女は完全に息が荒くなっているが、「はあはあ」、「クッ」、声が出ていない。
 空いた片方の手が彼女の秘所に辿り着く。周りに指を這わせ、中には入れない。でももうびちょびちょだった。
 そのまま片手は胸に置いたまま、口を徐々に胸からお腹、そして秘所に持っていく。両手を胸に置き、クンニをする。彼女は足を突っ張ったりして、また手は何かを掴みたがっていた。
 ただ声は殆ど出さないままだったが、相変わらず息は荒かった。

 挿入を彼女に告げ、なるべく痛くないようにゆっくりと入れていきました。
 やはりこれだけ濡れていても初めてですから痛かった様です。
 でも一番奥まで入るまで我慢してくれていました。
 痛みがある程度引くまでそのままの姿勢でいて、ゆっくりピストンを始めました。
 私が達成できるはずもなく、彼女に肉体的負担をかけるのを嫌った私は直に挿入を止め、終わりにしました。私のイチモツには破瓜の血が付いていました。

 彼女は気にしてくれていたようでしたが、彼女のコンプレックスを取ってあげる事が第一と伝え、気にしてくれるようであれば又会ってほしいと告げました。
 今度はシャワーではなく一緒に浴槽に入り、そこで少し愛撫をして終了しました。
 彼女からは「ありがとう」と言われ、後日、彼女と遊びに行きながらHを楽しみました。
 彼女は留学予定だった為、結局は別れました。今はオーストラリアに留学中です。

[紹介元] 私たちのエッチな体験談 初物

高架下の駐輪場で3人のチンピラに輪姦された
私が女子高時代に体験したこと。 すでに初体験も済ませて、イクことも知っていた私の体・・・。 しかし・・・レイプは・・・これが初めてでした。 私服に着替えると、絶対に高校生には見られない私。 今夜もバイト先の喫茶店で常連客 […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 高架下の駐輪場で3人のチンピラに輪姦された

拘束目隠しでグショグショ

先日僕の誕生日ということで、平日ではありましたがホテルを予約し、彼女と変態チックな夜を謳歌してきました。
その日はホテルに到着する前からレイプ願望というか、彼女を目茶苦茶にしたいという思いと妄想が膨らみ、まだ彼女に会ってもいないのに股間はいきり立って鼻息も荒くなっており、(彼女の仕事の終了時間の関係で)先に1人でチェックインした僕はオナニーをしなければ気が変になりそうでした。
実際そのオナニーでは目茶苦茶な量のザーメンを出してしまい、少し後悔しました・・。
ちなみにその時は思いつきで、彼女に対して使うために持ってきたピンクローターを裏筋(カリの裏)にあて、そのローターとチンポを手のひらに包み込んでしごくというものです。
今はまっています・・。

彼女とホテルで食事をし、行きつけのバーに場所を移動して2杯ほど軽く飲んだあとホテルのベッドに向かいました。
夕方大量のザーメンを放出したにもかかわらず、これから目の前で展開される状況を想像してバーでのんでいる最中からチンポはビンビン。
はやる気持ちを抑えてまずはディープキス。手は彼女の豊なヒップ、肉付きのいい太腿、二の腕などをまさぐり、ベッドに押し倒しました。
キスの時点で彼女の目はうっとりとし。「もう好きにしてー!」状態。
服を剥ぎ取り、あわてずに彼女にアイマスクを着け、履いていたジーンズからベルトを引き抜き、彼女の腕ごと胴体にしばってやりました。もう身動きが取れません。
急な展開に彼女は少し戸惑っているようでしたが、お構いなく言葉嬲りしていると息遣いが荒くなってきました。
「いやらしい女だなー。」「何で腰くねくねさせてるの?」「念入りに犯してやるからな・・・。」
彼女は年上ですが、Mっ気が強く、ねちねち虐められるのに弱いのです。
陵辱開始です。

まずは足の指から。
左足の小指から順番に口に含んで舌で転がしてあげると、「いやーん。気持ちいい・・・・そこ・・・・ああ・・」といきなり大興奮。
体の自由が利かない、アイマスクで目が見えない、という状況の中で五感が研ぎ澄まされ、足の指がクリトリスのように性感帯になってしまったようです。
親指をフェラチオのようにしゃぶってあげると身悶えが激しくなり、下着の上からでもオマンコがグショグショなのが分かります。

次は擬似フェラ。
腕枕のようにして彼女の頭を抱えてあげ、お母さんが授乳するような状態にします。
で、僕の右手の中指を彼女に念入りにしゃぶらせます。
彼女が僕の言いなりになることを確認する作業です。
「今日はいっぱい犯してやるからねー」
「ほら、ちゃんとしゃぶりな!」
「音を立ててしゃぶらないと、くりしゃぶってあげないぞ・・」
「いやらしい女だな。もうグショグショなんだろ??」
彼女の腰はクネクネと絶え間なく動き、早く犯してほしいとアピールしているかのようでした。
まだまだ。

次はエロエロピンクローター責めです。
あらかじめ引き出しに隠しておいたローターをとりだし、電源をいれ、耳元で振動させます。
ブーンという振動音が彼女の耳の奥にこだまし、過去にローターで虐められた経験や、これからされるであろうローター責めへの期待が頭の中によぎっているのでしょうか。息遣いはさらに激しくなり、喉はひくひく音を鳴らしています。
ローターを首筋から乳首に這わせると一気に快感が押し寄せたのか、ビクンビクンと体をくねらせます。
見ている僕も思わず興奮。
早くぶち込みたい思いを押し殺し、さらにオマンコへ。
下着を脱がせオマンコに指を這わせると、もうグショグショのヌルヌル。
一瞬クリに指先が触れただけで、「あああ!」と大きな声が出てしまいます。
全身性感帯状態。
ゆっくりと時間をかけ、ローターを下腹、茂み、太腿に這わせてあげます。
ローターを茂みの中からビラビラまで滑り込ませ、股の力でオマンコに挟み込ませることを強要すると器用に挟んでよがり始めます。
快感が全身を貫いているのが分かります。
僕も我慢できなくなり、ローターをオマンコに挟ませながら顔にまたがり、チンポを無理矢理口に突っ込みました。
普段は清楚な彼女ですが、この時ばかりはじゅるじゅると音を立ててしゃぶりたおしています。
亀頭が普段の勃起状態の1.3倍くらいに膨れ上がり、痛いくらいにこちこちになってしまいました。

次はエロエロクリしゃぶり。
ローターを外し、彼女の股の間に顔を埋めます。
まだ舐めてやりません。
太腿だけです。舌先でチロチロと膝、太腿、足の付け根に舌を這わせます。
美しい顔立ちの彼女ですが口はだらしなく半開き。目はアイマスクが邪魔して見えませんが、きっと快感でとろーんとしているはず。
「ねえ、クリちゃんしゃぶってほしい?」
「うん・・・・」
「聞こえない。しゃぶってほしい??」
「・・・・ほしい・・・。」
最初は舌先で優しくチロチロと。
だんだん舌に力をいれ、じゅるじゅると音を立てて。
最後はクリ自体を口に含み、レロレロしてあげると30秒ほどで最初の絶頂に達しました。
まだ許さない。

オーガズムに達し、快感に浸る彼女を休ませず僕の膝のうえに彼女の腰を乗せ、オマンコをいじめやすい位置にもってくると今度は指での陵辱です。
左の指でクリをすりすり、同時に右の指で膣の中をグリグリ。
ポイントは優しくゆっくりいやらしく。
彼女はこれが大好き。
いったばかりなのに5分もしないうちに2回目の絶頂に。

続きはまた今度書きますね。

[紹介元] 私たちのエッチな体験談 拘束目隠しでグショグショ

クンニ好きなコンビニの人妻
僕はエロ漫画が好きだ。 それも人妻モノに目が無くて、コンビニなどで何冊も買い込んでいる。 さすがに女性店員がいる店で買うのは恥ずかしいので、男性店員がいる店で他の雑誌と一緒に買っていた。 そんな僕だが、ある日、オープンし […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ クンニ好きなコンビニの人妻

おじいちゃんの元気

由理香は17歳の女子高生です! 由理香のお母さんは、一人暮らしのお年寄のホームケアのお仕事をしているの。
 ある日、お母さんが急用で、「お小遣いはずむから、どうしても・・・」と頼まれて、由理香が71歳の上田さん宅のおじいちゃん家へ代わりに行ってほしいとたのまれ、由理香もお小遣い目当てで、予定も無かったし、簡単な、家事をするだけだと言われたので、引き受けたのね。
 それで、前もってお母さんに上田さん家に連絡を入れてもらっていたので、お邪魔して、掃除とか、してから、おじいちゃんが「若いのに、お母さんのお手伝いとは、感心だねぇー。おじいちゃん、若い人と話するんのが大好きなんじゃ。しばらく由理香ちゃんが相手してくれると嬉しいんだけど・・・。」
 というから、「それくらい、いいヨ^^」と、しばらくは、学校の話なんかしてたんだけど・・・、イキナリおじいちゃんったら「ワシはもう、生い先も短い・・・。誠に申し訳無いんじゃが、冥土のみやげに若い人の体が見たいんじゃが・・・・駄目だろうか・・・。」と、淋しそうに言うので、由理香、なんだか可哀想になってきちゃって、「うん!いいヨ・・・。恥かしいけど・・・それで、おじいちゃんが、喜んで元気になるなら・・・。でも、見るだけネ!」と、ブラと、パンティだけの姿になって、見せてあげたの。

 そしたら「由理香ちゃん、その、可愛らしいオッパイも、見せてほしいんじゃが・・・。」というから、恥かしかったけど、ブラも外して見せてあげたの。
「おぉーー! 見事なオッパイじゃ! 最近の女子高生は発育がいいんじゃのぉー!」と言って、凄く喜んでくれて、「スマンが、少しここに横になって、ヨク見せてほしいんじゃが。」というから、由理香、横になって見せてあげたの・・・。

 そしたら今度はおじいちゃんったら「由理香ちゃん、ほんの少し触らせてもらってもいいかのぉー?」って。
 由理香も、おじいちゃんがアンマリ喜ぶから、少しくらいいいっかぁー・・・。って思って、OKの変わりに目を閉じたの・・。「おぉーーアリガタイ!アリガタイ!」って、おじいちゃんが、少しザラザラしたシワクチャの手で、Dカップの由理香のオッパイを、モミモミして、最初は遠慮がちだったのに、段々と大胆に、乳首もクリクリしたり、摘んだり・・・。買い なんだか由理香、段々と気持ち良くなってきちゃって、イヤがらずにそのまま目をつむってたの。

 そしたらヌルッって感触がして、目を開けたら、おじいちゃんが、舌で、乳首をナメナメしだして・・・、「おじいちゃん!駄目ぇーー」って言ったんだけど・・・体は気持ち良くて、動けないの・・・。
 由理香のオッパイはおじいちゃんのされるがままになっちゃって、チュパチュパ・・・クリクリ・・レロレロ・・・。
 由理香、いつのまにか自然に声が出ちゃって、「あぁーー・・・・あ、あ、あ・・・・。」って。

 おじいちゃんが、「由理香ちゃん、ご褒美に、気持ち良くなってもらわなくちゃなぁーー・・・。」って、今度は、パンティの中に手を入れてきて、「そこは、絶対ダメだよーおじいちゃん・・・」って、濡れ濡れになってるの自分でも解ってたから、恥かしくって・・・・。
 でも、「あれッ!? 由理香ちゃん・・・お汁がこんなにも出とるぞ」とおじいちゃんに言われて・・・恥かしかった気持ちより、もっと・・・って気持ちになっちゃって・・・。
 パンティ下ろされて、オマンコ、なでなで・・・クチュクチュ・・・・。それから、足を開かされて、おじいちゃんの頭は、由理香のオマタの中・・・。レロレロ・・ちゅパチュパ・・・・クリチャンも皮をむかれて・・・・レロレロされちゃって・・・由理香タマらなくって「あぁーーーんん!あーーん・・・・」って凄く大きな声あげちゃって。

 おじいちゃんの顔に、知らず知らずオマンコぐいぐい押し当ててるの。
「もっと、もっと、感じていいんじゃぞ! 大きな声で、可愛らしい声じゃ! 喘ぎまくってごらん!」って、大喜び!!
 おじいちゃんも、洋服全部脱いじゃって、由理香の体に自分の体をスリスリするの・・・。そしたらイキナリおじいちゃんが、「おぉーーーー!!ワシの!ワシのムスコが元気になりよった! 何年ぶりかのぉーー! ホらッ! 由理香ちゃん、見ておくれ!!」
って、ホントに大きくなっちゃてるの。

 由理香、ソレが欲しくなっちゃて、「おじいちゃん・・・・あーーー・・・由理香・・我慢出来ない! おじいちゃんのオチンチンが・・・欲しいのぉーー!」って、今度は、由理香がオネダリしちゃった!
「よしよし・・・由理香ちゃん、入れるぞぉー由理香チャンの、ヌルヌルしたオマンコにいれるぞぉーー!」って、ズコズコ、ヌルヌル・・・クチュクチュ・・・・イヤらしい音だけが、部屋中鳴り響いて・・・・。
「あぁ・・・あーーーーん! おじいちゃん! 由理香、気持ちいいのーー!! あ・・あ・・・あーーーーーんッ!!」て、凄く喘ぎまくっちゃった!

 おじいちゃんも「おぉーーー・・いいんのぉーーー・・・こんな良い思いは、何年ぶりか・・・・・由理香ちゃん! スゴイぞぉーーおぉーーー・・・・」って・・・・・・・。
 それからも、お母さんに内緒で、おじいちゃん家に、遊びに行ってまぁーーす!!
 そして、二人で、気持ちいい事しちゃってるの!
 最近、「田中さんのおじいちゃん、スゴク元気なのよ。」って、お母さん!!
 でも・・・。この事は、二人だけの気持ちのいい・・・ヒ・ミ・ツ!!!^^
 由理香でしたぁーーー!!

[紹介元] 私たちのエッチな体験談 おじいちゃんの元気

ドキドキしたくて薄手のTシャツワンピで海へ!
海にドキドキしに行った時の話です。 私は何かドキドキできることはないか、ずっと探してました。 地元は海沿いにあり、穴場もたくさんあるので、夏ですしなんとなく海って何かあるかもという軽い気持ちで海へ。     そこは穴場の […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ ドキドキしたくて薄手のTシャツワンピで海へ!

スポーツ用品店の店長さんにマッサージを受けていたら
私は久美、27歳。 結婚して4年になります。 子供はいません。 主人はとても優しいのですが、仕事熱心な人で私のことをかまってくれないんです。 だからでしょうか、結婚後、色々な男性と関係を持ってしまいました。 そんな私の初 […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ スポーツ用品店の店長さんにマッサージを受けていたら

夏祭りの手伝いに行ったらふんどし姿の男衆にハメられた
8月初めのある日、自治会の青年団の夏祭りの打ち合わせに、お父さんの代わりに出席したのが全ての始まりでした。 あのことがなければ、何事もなく、いい娘でいられたのに・・・。 でも今は、アレなしでは過ごすことができない身体にな […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 夏祭りの手伝いに行ったらふんどし姿の男衆にハメられた

誰からも愛されない俺の復讐劇
画像はイメージです
俺は生まれてから一度も親に笑顔を向けられたことがなかった。
というより、邪魔者扱いされていた。
なんでかはわからない・・・。

顔だって悪くないし、道を外したこともしてない。
どんなに考えても理解できなくて、毎日1人で飯を食べていた。

そんなある日だった。
俺は授業参観に親が来なかったのをクラスメイトにバカにされて、カッとなって殴ってしまい、親が呼び出された。

その日の夜、俺は何も食べ物を与えられず、空腹で我慢が出来なくなり、こっそり食べ物を探すことにした。
すると台所から両親の話し声が聞こえた。
最初はマズイ!と思ったけど、話を聞いてみると俺の話だった。

短くまとめると、俺は昔母親がレイプされた時に出来た子供で、堕ろすと二度と子供の出来ない体になるから仕方なく産んだらしい。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺は最初、死のうかと思った。
そして、我慢出来ないほどの怒りを覚えた。
俺は悪くないのに・・・。
何で俺が・・・。

・・・ぐちゃぐちゃにしてやる・・・。

母さんも、父さんも、妹も全部、お前らの絆をぶち壊してやる。
こうして、俺の復讐劇が始まった。

最初は妹からだ。

妹は俺を嫌っていた。
おそらく、事情を知っているのだろう。
学校で会っても無視するし、声を掛けても睨んでくる。
そんな奴に情けをかけるわけがない。

俺は考えつくありとあらゆる非道なことを実行した。

まずは、妹の下着を同学年の男子に売りさばいた。
妹は可愛かったからかなり売れた。

そして、プールのある日に妹の水着の乳首とマンコの場所に切り込みを入れた。
面白いほど上手く進んで、妹はクラスの男子に乳首を見られて泣きながら更衣室に戻った。
そして、風呂から上がって部屋に戻るとパンツ一丁になる癖があるので、それを盗撮してまた売った。
その中の何人かを使って、妹を脅してレイプさせることにした。
まずは俺が処女をいただいたけどな(笑)

それからは、妹とのセックス一回一万で稼いだ。
集まったのは気持ち悪いオタクばかりで、妹は泣き崩れた。

俺は構わず、「中出しは二倍払えばさせてやるぞ」と言ったが、みんな子供ができるのが怖くてしなかった。

こうして妹は俺に従順になり、毎日性欲処理させている。
クラスの奴がやってるサイトに貼られて学校中の人間が妹の裸を見てることにより、妹は不登校になった。
俺は構わず妹のクラスメイトを家に呼んでヤらせた。

次は両親の番だな。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 誰からも愛されない俺の復讐劇

農業実習のホームステイ先で近親相姦を目撃
画像はイメージです
大学時代の夏休みに農業実習で行った◯◯県のホームステイ先の家の話です。

祖父母と40代の夫婦と3人の子供がいました。
子供は、高校の男の子2人と小学生の娘さん。

なごやかな家でしたが、奥様は何とも言えない色気がありました。
普段は事務の仕事をしていますが、150cmくらいの小柄な女性で、目がパッチリしたショートカットの、少しデミームーア・・・滝川クリステル系の洋風な顔立ちの女性。
しかもかなりの巨乳で、ブラウスの胸元のボタンがパツンパツンなくらい。
胸元のところから谷間を何度か拝ませてもらいました。

朝早く野菜を収穫に行った後に夕方も収穫に行ったり、かなりしんどかった。
しかし、綺麗な奥様の夕飯には救われました。

ホームステイして4日目の日に夏祭りがあり、子供たちは友達とかと出掛け、祖父母は温泉に行き、旦那さんは参加していたので、ぶらりと一人で見に行きました。
小一時間くらいして歩いて帰宅したんですが、留守番の奥様がいなかった。
あれ?と家に入りましたが、居間にも台所にも風呂にもトイレにも居ない。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

また祭りに戻って時間を潰そうと思ってたら、2階から物音がした。
階段に近づき耳を澄ますと、「んっ!あんっ・・・」と女性の喘ぎが・・・。

(奥さん浮気?)

ちょっと興味があり、階段を上ると、1番奥の部屋から響いていた。
近づき耳を澄ますと、やっぱり、「あんっ・・・んっ!」と声が。

夫婦の寝室なんですが、そこは襖になっていて、隙間から光が漏れていた。
少し開いてて、覗くとややポチゃの女性の後ろ姿が見えて奥さんだと分かりました。
奥さんが、「んっ!んっ!」と頭を動かしてフェラチオをしていますが、仁王立ちしている男を見て・・・心臓が止まりそうになりました。
相手は長男の高2の子。

(近親相姦?)

見ていたら、フェラチオをやめさせた息子さんが、奥さんをベッドに寝かせた。
少し段がついたお腹と、豊満なバストが露わに。

「だめ・・・」と奥さんはコンドームを着けさせると、息子さんは挿入。

「アンッ・・・ンッ!アンッ・・・!いいッ!気持ちいい!」

奥さんはブルンブルンとおっぱいを揺らして突かれながら声をあげていた。
息子さんは挿入するなりガツガツ突き上げてました。

「凄いわ!いいッ!」と奥さんも声をあげていた。

3分もしていたかな?
息子さんは激しく突くと一気に、「ウッ!」と射精を果たしました。
笑いながら抱き締めてた奥さん。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


興奮して見ていました。
ベッドに横たわり、ゴムを捨てて話をしている2人。

「親父とやったの?」とか聞いていた。

「前々」と話す奥さん。

聞いてると、息子さんは俺が来たせいで奥さんとやれない事に不満があったらしい。

「いつ帰るの?」と聞く息子さんに、「明後日だから我慢してよ」と奥さんが話すと、「あいつ、母さんのこといやらしい目で見てたぜ」と余計な事を。

奥さん「まさかぁ!あたし43歳だし」

息子「あいつ、母さんの胸をいやらしい目で見てた」

「そんな事ないよ」と笑う奥さん。

その時に、なんと娘さんが帰って来た。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「ただいま!」と元気な声をさせて。

慌てる2人と俺。
俺は急いで階段を下りて、娘さんが「お兄ちゃんいたんだ!」と大声。

息子「今帰って来たんだよ」

娘「そうなんだぁ!花火しよ!」

2人は、外で花火を始めた。
しばらくすると奥さんが何食わぬ顔で現れた。

翌日も朝から農作業をし、なに食わぬ顔で過ごしたんですが、奥さんから「買い物行くんだけど、手伝ってくれない?」と頼まれた。
奥さんと2人で買い物に。

走ってると奥さんが、「昨日なんだけど・・・」と話し始めた。

奥さん「夜に帰ってきたよね?なんか見た?」

俺「な・・・何も」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


奥さん「嘘つくの下手だねw見たよね?あたしとあの子の」

俺「すいません」

奥さん「階段下りて行くの音が聞こえてたし、襖に隙間があったから。・・・息子とヤっちゃう母親、駄目だよね?」

俺「・・・」

奥さん「あの子奥手だから・・・教えてあげてるの。黙ってて欲しいの」

俺「いいですよ」

奥さん「ちょっと聞いたけど、息子があたしを貴方がいやらしい目で見てたって?」

俺「それは・・・奥さんスタイル抜群だから」

奥さん「やだぁw嬉しい」

なんだか車が街に向かっていない。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

山間部に向かってる気がする。
ラブホテルが立ち並ぶエリア・・・車は『空』の文字があるホテルに。

奥さん「私みたいなおばさんでも良いなら・・・いいよ」

部屋に入りソファに座り、奥さんは風呂に湯を。

奥さん「あたし太いからねw」

俺「そんな事ないです、綺麗だし」

奥さんのムッチリボディーを触り、おっぱいを揉むとデカいし柔らかい。

「おっぱい好き?」と聞かれて頷くと、「エッチね」と奥さんからキスをしてきて、「嬉しい」と。

Tシャツの中に手を入れ、おっぱいを弄りながらホックを外し、おっぱいを撫で回すと、「ンッ!アンッ・・・」と吐息を漏らす奥さん。

俺「奥さん、俺、もうたまらない」

Tシャツを捲り巨乳を眺めた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

下向きで乳輪も乳首もおっきめな奥さん。
恥ずかしがるが乳首に舌を這わせると敏感で、「アンッ・・・」と奥さんが頭を押し付けて来て俺は奥さんの乳首に吸い付きました。
奥さんは、「アンッ・・・ンッ!アンッ・・・」と吐息を漏らし、ジーンズを脱がしかけたら、「駄目だよ、お風呂先に行って」と言われ、悶々としながら風呂に行く。

シャワーを浴びて体を洗ってたら、「私も」と奥さん。
ビックリしていると、「流してあげる」と奥さんは背中を洗ってくれた。

奥さん「大きい背中だね」

いきなり背後から抱きつかれて、背中に当たるおっぱいを擦りつけた。

「うわっ」と驚いたら、「サービスw」と奥さんが上下に。

そして右手は俺のを握り、「立派ね?」と触り出した。
振り向くと抱きつかれて、「あたしも洗って」と言われ、俺は奥さんを洗いました。
あそこを触り洗うと、「アン!アン!」と敏感に反応する。
スポンジを当てて触ると、「ダメ・・・」とは言うが敏感になり感じていた。
泡まみれになり、俺は奥さんのあそこを触り、奥さんは俺のを握り触り・・・。

奥さん「ダメ・・・我慢できない・・・ねぇベッドで頂戴」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


濡れたカラダのままベッドの向き合った。
ベッドに寝かせた奥さんの脚を開かせて挿入した。
奥さんの潤う中に奥深く差し込むと、「アン!」と声をあげて笑みを浮かべていた。

奥さん「硬い、もっと突いて」

締まりは強くないが、ヌルッとし感触も凄く良かったし、デカパイが間近でユッサユッサと揺れる姿は圧巻でした。
小柄な体をくねらせるたび、ヌルッと潤いが増す。
豊満なバストを触りながら吸い付き、揺らすように動くと、「アアン!イクッ!」とシーツを掴んで体を浮かせてビクッビクッと痙攣させた。

奥さん「凄くいいッ」

ディープキスをして再び。
ユッサユッサと揺れる胸を弄び、奥さんの体に入り突き上げていった。

「アアン!気持ちいい!」と大声で叫ぶ姿は、同年代にはない。

激しく突くと一気に高まり、堪えきれなくなり限界になる。
そして激しく突くと発射数秒前に奥さんに抱きつかれ・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


奥さん「そのまま出して!」

そう言われた瞬間に俺は射精をしていた。

奥さん「アッ!凄い一杯!熱いのがドクドクしてる!」

奥さんは背中に手を回して押し付ける。
汗だくになりながら奥さんは、「凄く気持ち良かった」と笑顔でキスをしてくれた。
抜き取るとだらりと精子が滴りました。
横たわりながらへその下を触る奥さんが「まだ熱いw」と笑ってました。

セックスをした後に、奥さんは息子との経緯を話して来た。
オナニーばかりしてたのを見かねてフェラチオをしてたらしいけど、息子さんはそれだけでは物足りなくてセックスまでするようになったんだとか。

奥さん「あたし旦那と回数が少ないから・・・、彼氏と週一で今も会ってるの」

大人しそうな見た目と中身は違ってました。
10年前から6つ下の会社の男性と週1でセックスを繰り返してたらしい。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

奥さん「もしかしたら下の娘の父親は・・・」

不倫相手とも旦那とも3人目を作る時には、生でしていたらしい。

「でも、彼氏の方が回数が多かったから・・・」

そんな話に興奮して奥さんのおっぱいを触ると、「今度はあたしが上になっていい?」とフェラチオをされた。
目の前でFカップのバストが揺れ、吸い付き触りながらリードされ、ビクビクッとカラダを痙攣させながら俺を射精に導いてくれた。

翌日・・・。

俺「お世話になりました」

奥さん「こちらこそ凄くお世話になりました」

深くお辞儀をしてくれた奥さん、最後の谷間を拝ませてもらいました。
今から思うと奥さん、息子との秘密の口封じにかこつけて、俺を味見しただけだったのかな?と。
けど、あの大きなバストは今も忘れられない。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 農業実習のホームステイ先で近親相姦を目撃

大学生って暇だね
画像はイメージです
こうなってやっと俺も目が覚めたので、投下させてくれ。

はじめに、俺(23)、元カノ→A(22)、間女→H(23)としておく。

俺とAが知り合ったのは4年前、共通の友人Kの紹介だった。
当時Aはまだ高3(北関東在住)で、俺(都内で下宿)は都内の大学に通っていたので遠距離恋愛だった。
付き合い始めて1年が経った頃、俺はバイト先で知り合ったHと浮気をし、一人暮らしのHの部屋で半同棲という生活を送っていた。


そして間も無くHに本命のAのことがバレ、HはAに連絡をとっていた。
(どうやら携帯を見られたらしい)Hの部屋で3人で話し合った時、最終的にメンヘルだったHが切れ「2人で勝手にすれば!」と、俺らは部屋を追い出された。

2人でファミレスに入った時、それまで言葉少だったAが「別れよう」と小さな声で言った。
浮気をしておいて勝手だが、俺はHとは体だけだったし、Aは苦労して育ったせいか考え方もしっかりしているし(惚れた色目を抜いても)いい女だったから、俺は絶対別れたくないと言い張った。
(馬鹿だな俺もorz)結局この時、Aは何も言わなかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「明日も仕事だから帰る」(この時Aは大手スーパーに就職していた)と言うAと別れた後から、俺はウザイと思われるくらい(実際思われたろうw)メールをした。
(電話には出てもらえなかった)

「おはよう」から「おやすみ」まで、大学でのことバイトのこと、毎日100通くらい送ってた。
とにかく関心を引こうと何でもした。
それから、ぼちぼちAからメールが1、2通返ってくるようになって、俺は安心しだしていた。

今思うと「大学生って暇だね」と皮肉な内容だったのだが、俺はこの時からおかしかったんだと思う。
Aは土日も仕事で学生の俺とは時間が合わないので、日曜のバイトをサボってAが仕事をしている店に行って仕事をしている姿を写メで撮ったりしていた。

話し掛けて「この後食事しない?」と聞いた事もあるが、「今日は遅番だから」とか「飲み会があるから」と断られた。
だが俺は、自分のことばかりでAの変化に全く気づかなかった。
そして俺は就活を始めて早々、内定がもらえ、Aに休みをもらって旅行しないか提案した時、2度目の修羅場が起きた。
それまでAの方から「会いたい」と言って来たことはなかったから、俺は就職を決めたことで認めてもらえたと喜んで指定された日に指定されたホテルのラウンジへ向かった。

私服姿のAを見るのは本当に数年ぶりだったが、すぐにわかった。
席に近づくとそれまで物影で見えなかったが、もう一人、野郎がいた。
2人は楽しそうに話をしていたが、Aは俺に気づくと緊張した面持ちに変わった。
野郎はそれに気づくと無言で立ち上がり、Aの隣に座り、俺に座るように促した。
野郎の位置と温もりの残った席が俺を苛立たせた。

「A、コイツは?」とAに聞くと、Aは黙って野郎の手を握った。
その手を野郎が握り返した。

「同じ会社の◯◯さん」

「ふーん、なんで?」

握られた手を睨んだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「私たち結婚するの」

「・・・・・はあ?浮気したのか!?」

「浮気じゃない!真剣よ!あなたが勝手にストーカーしてただけじゃない」

ストーカー?俺が?

「あなたが浮気した時に、終ったのよ。それなのに・・・」

ここで黙っていた野郎が口を開いた。

「彼女は浮気なんてしていませんよ。あなたと何があったかは大体聞いていますが、その後、彼女見る見るうちにやつれて、仕事中に倒れたんですよ。事情を聞きだしていったら、こういうことでね・・・」

野郎は言葉を切ると書類の入った封筒を俺に寄こした。

「あなたが今までにしたことの全記録です。彼女が倒れた時の診断書もある。今ここで誓約書を書かなければ訴えます」

俺は真っ白になった。
でも「別れたくない」と子供のように何度も言った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「ここまでしたくなかったけどね・・・」

「A・・・?」

Aはわかってくれたんだ!となぜか一瞬そう思った。

「おじさま、おばさま」

Aが後ろの席に声をかけた。
そして、立ち上がったのは俺の両親だった。

「内容証明として同じものをご実家に送りました」

野郎が言った。
この時「あんたは!」とか母に言われた気もするが、覚えてない。

でも「申し訳ない、二度とこんなことはさせない」と親父の言葉はよく聞こえた。
Aと野郎が席を立ったとき俺は必死になってAの手を掴んだ「Aお、俺は・・・」何を言おうとしたのかは自分でも解らない。
Aは手を振り解くと「私やHの気持ち解った?ストーカー野郎が」冷たい目だった。
両親に送られた内容証明は弁護士名で、慰謝料が請求されていた。
(だからホテルまで来たらしい)

内容を見た親父に勘当されて、下宿に帰ってきたが、Aと旅行に行こうと集めたパンフがそのまま散らかっていた。
俺は何も手につかなくなり、就職先の事前研修会も無断欠席で流れ、俺には仕事もAもなくなった。
俺は今、自分がしたことを猛烈に後悔している。

長文スンマソン。
お付き合いありがとうございました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 大学生って暇だね

若い元気な巨根に夢中な人妻
画像はイメージです
受験に向け友人に子供の家庭教師を頼んだ。



有名私立大学のバイト学生で良平と言い週1回教えに来る。子供も良平になつき成績も順調に良くなってきた。



旦那は仕事が忙しいと朝早く出掛け帰宅はいつも遅い。携帯に浮気の痕跡を見つけてしまった。



夫婦の夜の会話は3ヵ月に1回程度で義理みたいである。





夏休みになり子供と旦那は運動クラブ合宿に出掛け家には私ひとりだけ。



良平から夕方夏休みの宿題教材を届けくると連絡が来た。



ミニとブラが透けて見えるブラウスで良平を待った。



ひとりの夕食も寂しいと良平を誘い冷えたビールで乾杯し他愛の無い会話を若い青年と楽しんだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「就活はどうなの?」



「厳しいですね 旦那さんが羨ましいですよ」



「そんなことないのよ 夜もいつも遅いし 彼女はできたの?」



「時間もないし出会う機会もなくて」



お互いに酔いに任せ際どい会話になった。



「帰宅が遅いと夜のほうはどうしてるんですか?」



「ときどきね レスに近いわ」



「美人な奥さんなのに もったいないですよね」



「ありがとう 彼女がいないということはまだ一度も・・・」



「ええっ 一度も・・・」



「時間はあるんでしょ 今晩はひとりだからゆっくりしていって」



食事を終え良平にコーヒーを持っていくとソファに前屈みで座っていた。



「どうしたの お腹でも痛いの?」



「いいえ なんでもありません ちょっと刺激的で・・・」



股間にテントを張っているのを見つけ

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「あららっ 若いのね こんなおばさんなのに」



とからかったら突然抱きついてきた。



「だっだめっ いけないわ」



「奥さんが素敵なんで息子が勝手に・・・」



旦那の浮気のこともあり



「仕方ないわね 分かったわ」



良平のズボンを剥ぎ取ると怖いほど反り返った硬い男根が目に入った。



「座って」



ソファに浅く座らせると男根はお腹に着くほど反り元気いっぱい。



久しぶりに味わう男根に私の理性も吹っ切れてしまった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


口を大きく開け亀頭部を陰唇で包み込み舌で舐め回した。



「ウッ おっ奥さん 気持ちいいです」



「由美と呼んで 初めて?」



「ハイッ きっ気持ちいいッ」



「もっと気持ちよくしてあげるわ」



男根を握り締め深く浅く良平の顔を見上げながらフェラを続けた。



「そっそんなにしたら 由美 いっちゃうよ」



「いいわよ そのまま出して」



言い終わらないうちに男根は脈動を始め私の口内にたっぷりと勢いよく温かい精液を撒き散らしてくれた。



ティッシュに精液を出しながら

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「すごいわね たくさん出たわよ」



「すいません 初めてで 気持ちよすぎて」



「2人だけの秘密よ 内緒にね」



良平の男根は射精したのにまだ硬く反り返っていた。



「今度は由美を気持ちよくしてあげます 座って」



ソファに座ると良平はぎこちなく私の下着を剥ぎ取った。



「やさしくね」



良平は私の足を高く大きく開くと女陰を舐め始めた。



「エッエエッ~ アウッ そっそんなこと アッアアッ~」



久しぶりに陰核を舌先で舐められつい艶声が出てしまった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


あの硬い男根に貫かれると思うと女陰が自然と熱く濡れてきた。



「由美 おいしいよ」



良平のクニリングスを楽しんでしまった。



良平は仁王立ちになりフェラを要求してきた。



硬い男根を握り締め激しくフェラで反り返っている男根を味わった。



「由美 入れるよ」



ソファに仰向けになり足を大きく広げると良平は反り返った硬い男根を女陰入り口にあてがいゆっくりと腰を押し出してきた。



旦那以外の初めての硬い男根の挿入に



「アッ アウッ アウッ アッアアッ~」



艶声が出てしまい良平は艶声にあわせ女陰深く届くように男根すべてをメリメリッと突き刺してくれた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「由美 気持ちいい 生です」



覆いかぶさる良平にしがみつき私も腰を押し出し男根を深く受け入れていた。



「イッ イイッ 硬くてイイッ アウッ アウッ アッアアッ~」



良平の腰の動きに合わせ女陰奥深くで硬い男根を味わった。



「良平 まだいっちゃだめよ」



良平をソファに浅く座られ対面座位で良平の男根を味わい陰核を擦りつけるように腰を動かした。



「アアッ~ イッ イクッ イキソッ~ イイッ イクッ~」



良平を屈曲位で受け入れなおすと激しく腰を打ちつけ始めた。



「良平 イイッ アウッ イクッイクッ アッアアッ~」



良平にしがみつくと

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「由美 イクッ 中でいいの」



「いいの きてっ」



良平が男根を女陰深く串刺しにし腰の動きを止めると同時に男根は脈動を始めた。



ドックンドックンドクッドクッドックンドクッドクッと熱い精液をたっぷり私の女陰深く注ぎ込んでくれた。



「ウッ ウウッ 由美っ」



「アウッ イッ アアッ~」



2人の歓喜の艶声が部屋に響いた。



覆いかぶさったままの良平は息を整えていた。



「童貞卒業ね」



「由美 気持ちよかったよ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


女陰から良平の男根が出て行くと温かな精液が流れ出てきた。



「あっ 出てきたわ」



良平がティッシュで女陰を拭いてくれた。







若い元気な男根に病み付きになってしまった。



硬さといい回復力といい私のほうが呆れるほどである。



私が童貞の家庭教師となりラブホでいろいろな体位を教えながら安全日を選びいつも生中だし味わっている。



ときどき口内射精を楽しみバックで生中だしさせたり、正常位で生中だしさせたり中だし三昧である。



騎上位で陰核を擦りつけながら腰を動かし良平の歓喜の顔を見ながら女陰深く打ち上げ花火のごとく精液を



噴出させたときのエクスタシーも最高である。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


先日は子供に模試問題を解かせている間、夫婦の寝室で良平の求めに応え危険日のセックスは異様に興奮してしまった。



「今日は危ないの 外にっ 外にっ」と言いながら屈曲位で良平を女陰深く迎い入れしがみついてしまい



「イヤァ~ ダッダメッ~ アウッ アアッ~ イクッイクッ~」



深いエクスタシーの中で女陰奥に注がれる温かな精液を受け入れてしまった。



良平もすごくいいと喜んでくれた。



生理がきたから良かったがそろそろピルを飲んだほうがいいかもしれない。



旦那が久しぶりに求めてきた。ゴム付である。



「今日は すごいな」と何も知らず喜んでいた。



童貞をいただいた良平の硬く反り返る男根に深く愛され満足なセックスライフを楽しんでいることなど知らずに

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 若い元気な巨根に夢中な人妻

不倫してる上司の命令で女風呂にカメラを設置
画像はイメージです
私は会社の上司と不倫しています。

彼は覗きが大好きな変態さんです。
彼に頼まれ、悪いと思いながら会社の同僚女性を盗撮してしまいました。

経理課は彼と女性4人(私も含む)なのですが、決算が終わった慰労を兼ねて、職場全員で温泉旅行に行く事になりました。
その時に、彼にどうしてもと頼まれて、申し訳ないと思ったけど皆を盗撮してしまいました。

露天風呂は男女入替制で、前の夜にチェック済みの彼にビデオをセットする場所を指示されました。
帰ってから再生してみると、朝の明るい光で、あまりにも鮮明に写ってしまっていました。
いつも優しく教えてくれる既婚のM先輩も、ちょっとクールな感じのSちゃんも、1番若くて明るく職場のムードメーカーのRちゃんも、胸もアンダーヘアもはっきりと写ってしまっています。

本当に申し訳なくなってしまって私は泣いてしまいましたが、彼は大喜びで、私と愛し合う時もそのビデオを再生しながらしたりします。
彼はいつもより激しく私を求めてきて・・・。

私を抱きながらSちゃんやM先輩としているような気になっているのかもしれません。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

嫉妬心もありますが、その分だけ罪の意識が少し軽くなる気もします。
彼が自分で見て楽しんでいるだけで、本人達にもその事は言ってないし。

会社では、それからも普段通りにしているようなので実害はないのですが、裸の姿を隅々まで見られてしまっているとも知らないで、今までと同じように彼と職場で一緒に働いている3人を見ると、今でもとても申し訳ない気持ちで心が痛みます。

でも私も共犯なので、3人にはやっぱり言えません。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 不倫してる上司の命令で女風呂にカメラを設置

あがった50女だけど、あと少し彼と遊びたい
画像はイメージです
50歳の人妻です。
今、私には大学生の彼がいます。
と言っても来年の春に彼が卒業するまでの限定です。
主人とは仲が決して悪いわけではありません。


彼とはHな話もします。
彼が「旦那さんとはどのくらいするの?」なんて聞いてくることもあります。
私も彼女がいないことは聞いていましたし(本当かどうかは分かりませんでしたが)、「あっちの処理はどうしてるの?1人でしてるの?」などと話していました。

この春の職場でのお花見会の時、私は立場上、お酒を飲まなければならないので帰りは彼の車で送ってもらいました。
車中で少し酔った私は・・・。

私「その歳まで本当に彼女はいなかったの?じゃあ童貞なんだ。あははは」

彼はちょっと怒ったように・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


彼「別に僕の勝手でしょ。年上の女性が好みなんだ」

私「私だってあなたから見れば年上だよ、でもおばさんだけどね」

いつものようにHな話をしていた時、彼が急に道端に車を止めました。

私「どうしたの?怒らせちゃったかな」

彼「そう、ここで降りる」

まだ家まで数キロの距離です。

私「イヤ、ちゃんと送って」

彼「じゃあ、キスして。僕にとって生まれて初めての」

私「何言ってるの」

そう言いながらほっぺに軽くしてあげました。

それから数日後。
私の勤めているお店は2階に倉庫があり、その奥に休憩室があります。
2階へは外階段でしか上がれない構造です。

彼と2人でのお昼休み、彼は「もう一回、ちゃんとキスして欲しい」と言いました。
さすがに酔っていない私はやんわりと断りましたが、彼が余りにもお願いしてくるのでしてあげました。

数年前、私は初めての浮気を経験しています。
その時は年上の人でそれなりのテクニックはありましたが、彼は本当に全くの初めての感じがしました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


私「これ以上はダメよ、私は結婚しているんだからね」

それから彼は本当によく働いてくれました。
但し、あの後も時々キスだけは許していました。

彼「あなたが好きなんです」

そう言いながらキスの時、服の上から胸を触ってもきましたが、それ以上はありませんでした。

去年の秋、主人は出張で子供は友人と旅行に出かけ、私一人になりました。
私は彼を試したくなり、“彼に抱かれたい”と言うより、“彼を抱きたい”と思いました。
一度決心が固まれば女は強いものです。

私「今日は、私一人なの。だから夕飯はお招きしてあげる」

お店を閉め、私はお買い物。
彼には1時間ほどしてから来るように言いました。
買い物を済ませ家で夕食の準備をしました。
時間通りに彼は来ました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


お風呂を入れながら2人で食事。
そして片付けの後、お風呂を勧めました。
遠慮していましたが、私の強引さに負け入りました。

私「ここに着替え置いてあるから、これ着てね」

彼が用意した着替え(浴衣)を来て出てくるのを見届け、私も入りました。
タオルを巻き、その上からガウンを羽織った私は彼を食卓の椅子に座らせ、私はその前に座りました。

私「本当に童貞?嘘言ったら今までのことみんなに言うよ、強引にキスされたとね」

彼「本当です、本当に経験ないんです」

私「そう、どうやら本当のようね。確認してあげる」

私は彼の浴衣の裾を開きました。
そこには下着の中でとっても窮屈そうにしている彼のシンボルが見えます。
下着に手をかけ・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私「こんなおばさんに見られるのは嫌かな」

彼「そんなことないです。かなさん(私)が好きです」

私「そう、じゃあ見せてもらうよ」

彼を立たせ、一気に下ろしました。
ピンクがかった彼のシンボルが上を向いてビンビン状態です。
座らせ、私は手を添え、先端部に口づけするとすでにネバネバの液が出ています。

私「どうして欲しい」

彼「あの~フェラチオ」

私「AVばっか見てるんでしょ」

そう言いながらゆっくり頬張り、手と口で数回した時、「あっ」と同時に温かい液体が口の中いっぱいに放出されました。

私「どう、本当の女の人にしてもらった気持ちは?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼「ごめんなさい、我慢できなくって。でも最高に気持ちよかった」

私「そう、じゃあ今度は私を気持ちよくして」

寝室に招きベッドに仰向けに寝かせました。
私もすべてを脱ぎ、彼の上に跨りました。

私「あなたの童貞喪失、本当にこんなおばさんでいいんだよね、嫌だったらまだ間に合うよ」

彼「いいんです、いいんです、したい、お願いします」

彼のシンボルを私は手に取り、私のお宮にあてがいゆっくりと迎え入れました。

私「一度出したから今度は大丈夫だよね」

彼「はい」

この歳で、こんなに若い男性を迎え入れたことに私の興奮も最高潮。

彼「あの、あの、あの・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


切ない声を彼が出します。

彼「また、出そうなんです。でも、付けてないので」

私「こんな時でも心配してくれるんだ。付けてないよね、本当だ」

私は更にグラインドしました。
そのとき、「うっ」との声と同時に私の中に放出されました。
まだ繋がったまま私は・・・。

私「イッちゃったね、私もイッちゃった」

その時です、彼が・・・。

彼「AVで中出し見たときの・・・」

私「あっ、逆流見たいんだ。Hだね」

ゆっくり抜き、よく見える位置に移動すると、私の中から流れ出た彼の体液が本当にいっぱいお腹の上に落ちてきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


それからです、男と女の関係は。
今では彼が上で私はイカされぱなっしです。
もう、生理が終わった50女ですが、あと少し、彼といっぱい遊びたい。
今では彼に抱かれている状態です。
初めは私が抱いていたのに。

はじめに主人とは・・・と書きましたが、主人との時でも彼のことを思っています。

あと少し、私の浮気を許してください。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか あがった50女だけど、あと少し彼と遊びたい

痴女の歯科医と、超ツイてるキモ男
画像はイメージです
先日親知らずが痛み、仕方なく歯科行きを決め、近所の新しくできたクリニックに行きました。

受付のおばさんに用件を伝えて、誰も居ない待ち合い室のイスに座りました。
その歯科は異常に狭く、待ち合い室から診察室がはっきり見えるんです。

そこにふと目をやると、一人診察を受けているようでした。

(おやっ?てか女医?しかもかなりキレイ系では?)

何か診察前の説明らしき事をしており、まだマスクを着けていない状態でした。
診察を受けているのは40才位の男で、かなりのデブで汚らしいジャージ姿のキモ男(以下キモ)。
で、女医はというとキレイな黒髪を後ろで結び、薄化粧、胸は結構大きめで30半ば位のフェロモンたっぷりって感じで、(俺、次診察してもらえるの?)とワクワクしていたんです。

で、その診察をが気になって見ていると、なんか怪しい感じになってきたんです。
何か説明してると言いましたが(もちろんキモは倒れたイスに寝た状態)、わざとキモの鼻の近くに口を近づけて、まるで口臭を嗅がせるみたいに話してるんです。
その後、女医が持っていた歯ブラシで自分の歯をゴシゴシ磨き始め、「こう磨くんですよ」みたいな説明しだしたんです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

親切な女医だなあと思ってたら、なんとその歯ブラシを洗わずそのままキモの唇を捲りあげ、キモの歯を磨きだしたのです。

(うわっ!羨ましい!)

そしてあろう事か、その歯ブラシで再度女医が自分の歯を磨きだし、またキモの歯を・・・って、繰り返したんです。

俺はあまりのエロさに息子はギンギン状態。
で、キモの股間見たらあり得ない位テント状態(笑)

それから女医がキモの口の中にゴム手袋越しにグリグリと弄り始めて、胸を(軽くですが)キモの頭に押しつけだしたんです。

すると奥のドアが開き、オヤジの医者出てきて、「どうぞ!」だって。

(まじっ?もう一人いたの?)

俺は渋々診察のイスに座り、“お約束(?)”の歯ブラシ説明をオヤジから受けた(聞きたくねー)。

で、オヤジが入ってきてからは女医は普通に治療をしている様子。

(そっち気になってしかたないわ)

で、こちらも無事歯が抜けて脱脂綿を噛みしめ、「しばらく噛んでて下さい」とオヤジが奥の部屋に立ち去る頃、女医の方も治療が終わったらしくイスがブィーンと戻され、いやいやエロかったなあと思っていると、今度はキモがわざとらしく女医に色々質問しだして・・・。
で、女医が歯ブラシ持ってどうのこうの話してる内に、なんかお互いの顔と顔がだんだん接近しだして遂に“ブチュッ”とか、チューしだしたんだ!

(もしもーし、俺見てますけどー!)て感じなんですけど、お構い無しにキモがヒートアップしてきて、女医の顔両手で抑えつけたかと思うと狂ったように女医の口を舐め吸いまくりだして、驚くのが女医が嫌がらず、むしろ笑顔で自分からもキモの治療したての臭そうな口を舐め吸い上げていた事です。
ちなみに俺の股間は爆発寸前です。

結構長く濃厚なキスが終わり、何事もなかったようにキモは診察室を出ていき、女医も何事もなかったように手を洗い、こちらには目もくれず奥のオヤジとは違うへ部屋に入って行きました。

その時オヤジが出てきて、普通の治療が普通に終わり、俺は帰って速攻さっきの女医を思い出しながら・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「先生、俺の歯も先生の使った歯ブラシでキモにやってあげたように磨いて下さい!そして女医姿のままディープキスして下さい!」などと思うと異常に感じてしまい、2回ヌキてしました。

あれは完全に女医の方から誘惑してます。
キモにそんな甲斐性ありません。

歯科に勤めていると『私みたいな美人女医がこんなキモ男にキスしてあげてるわ』ってのが感じたりするんですかね?

どっちにしてもあのキモが超ツイてた事は間違いありません。
その時また行きたいんですが、一向に虫歯ができません(笑)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 痴女の歯科医と、超ツイてるキモ男

女性料理長の須藤さん
画像はイメージです
俺は18歳の時から4年間、大阪の某百貨店の洋食屋の厨房でコックをして働いてました。

そして俺が20歳の時にホール店長として当時35歳独身の女の人が本社から転勤してきました。
顔は国生さゆり似で、その人はいかにもキャリアウーマンで本社の信頼も厚くて、実績もあります。
当然、うちの店に来てからもバイトの女の子や厨房のコック達からも尊敬されてました。

その人(須藤さん)が転勤して来てから半年ぐらい経った頃の事です。
俺は久しぶりの早番で夕方に仕事が終わって、エレベーターを待ってると休みのはずの須藤さんがやってきました。
どうやら百貨店の店長会議だったみたいで、会議を終えて須藤さんも帰りでした。

「おつかれさま~。今日は早いね?ご飯食べた?」
「私、何も朝から食べてないねん。ご馳走するから食べに行けへん?」
・・・と、気軽に誘われました。

俺はその誘いに、予定もなくて給料日前だったので、「マジっすか?ラッキー♪ゴチになりま~す」と、俺も気軽に答えました。
そして、近くのシャレた創作料理屋に連れて行かれた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そこは全席個室の店で流行っていて、偵察の意味も込めてだった。

店に入るなり店内は薄暗くお客はカップルだらけで、「私達、場違いかな?」とか、笑いながら多分1番奥の個室に案内された。
始めは店の偵察でメニューや値段、お酒の種類とかを見ながら、お酒や看板メニューや変わったメニューなどを頼んで話してた。

でも1時間半ぐらい経つと、アルコールも入ってか恋愛の話になってた。
須藤さんは「彼女は?」「いつ別れたん?」「何で別れたん?」など色々と聞かれた。

俺もおもいきって、
「須藤さんは彼氏いてないんですか?」と聞くと、
「アホな事聞きな!もう3~4年いてないわ!」
少しムスッとした表情で言われた。

須藤さんは歳は少しいってるけど、気はきくし明るいし、綺麗だから寄って来る男は居ててもおかしくない。
でも仕事柄、休みは平日で不規則だし、何より仕事が好きみたいで、それでいい人がいてないのかな?と、俺は思った。

それから恋愛の話から徐々に下ネタになり、
「男の若いうちは毎日Hしたいでしょ?」
「彼女いてないなら一人でしてるの?週何回?」
・・・と、仕事中では見せた事のないような表情で聞いてきた。

俺は始めのうちは軽く流してたが、何回も聞いて来るので正直に「毎日一人でやってます」と答えた。

「へぇ~、やっぱりね!こんな話してたら今も元気になってたりして・・・?」

俺は確かに元気になってたけど「なってないですよ」と、言うと、向かい合って座ってた須藤さんが立ち上がり俺の横に移動して座ってきた。
そして、俺の股間をズボンの上から触ってきた。

「嘘つき!元気になってるやん!」と、ニヤッと俺を見て微笑んだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ビックリする俺を見て「今ここで、いつもの様にオナってみて!ほらっ、早くっ!上司命令やで」と言われて須藤さんにズボンのファスナーを開けられてベルトを緩められた。
俺はファスナーを上げようとしたが、須藤さんは許してくれず、次第にトランクスの上からチンコを撫でだした。
そしてトランクスの前のボタンをはずし、そこから手を突っ込みチンコを握った。
俺は抵抗したが、須藤さんにチンコをシコシコされて身を任せるようになってた。

「めっちゃデカいやん。やっぱり若いうちは固さが違うね」と、耳元で囁かれた。

もうチンコはMAXでガマン汁がすごく出てた。

須藤さんはいきなり手を止めると、またもや耳元で「Hしたい?ホテル行く?」と言う質問に、俺は小さく首を縦に振った。
俺達は会計を済ませて、近くにあるホテルに向かった。
この時は流石に会話があまり弾まず、ぎこちない感じだった。

ホテルの部屋に入ると、俺達は二人でお風呂に入る事にした。
まずは俺が先に入ってると、恥ずかしそうに手で胸とアソコで隠して入ってきた。

「男の人と一緒に入るの何年振りやろ?」

須藤さんは手で隠してるが、ほぼまる見え。
しかも普段は制服なので分からなかったが、スタイルもよく、胸も少し垂れてたが大きかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

お互いに挙動不振になってたが、二人で湯舟につかると、自然と見つめ合いキスをした。

始めは軽く唇が交わり程度だったが、須藤さんさら舌を押し入れて来たので俺も舌を絡ませた。
そしてキスをしながら俺は須藤さんの胸に手を当て、軽く揉んでみた。

「あんっ」

すごく女らしい声が風呂場に響いた。
乳首を摘むと、固くなっていき、乳首が立ってきた所で須藤さんはキスするのをやめた。

俺の顔を見つめて「そろそろ上がろうか?」と言うと、須藤さんは湯舟から上がり風呂場から出て行った。
俺も1分ぐらい遅れて出て行くと、須藤さんは体を拭き終わっていて、バスタオルを体に巻いている所で、鏡ごしに写る俺と目が合うと、目を俺の股間に移して、「あれ?元気なくなってるね」と、言った。

俺が背を向けてバスタオルを取って体を拭いてる姿を見てた須藤さんは、近寄って来て、後ろから抱き着かれた。
そして俺の胸の辺りに手を回して、撫でられた。
乳首も刺激されると、俺のチンコはギン起ちに・・・。

「また大きくなったね」と言われて須藤さんの手がチンコをシコシコしだした。

俺が思わず、「うっ、須藤さん・・・気持ちいいです・・・」と、声が出ると、「ベッドに行こうか?」と、手を止めた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


ベッドに俺が横たわると、須藤さんは直ぐさま俺のチンコを触り始めた。
俺も須藤さんのバスタオルを取り二人とも裸になった。
すると須藤さんはチンコを舐め始めた。
始めはゆっくり舐めてたが、徐々に俺の顔の様子を見ながら激しく舐められた。

「ダメっすよ。激し過ぎますよ。そんな事されたらイキそうになりますよ」と、思わず言うと、
「まだダメ。イッたら許さへんで」と、フェラをやめた。

俺は起き上がり須藤さんにキスしながら乳を揉んだ。
そして須藤さんの股間に手を伸ばすと、もう既にグチョグチョに濡れてた。

「イヤ~ん。あん。あん」

乳を舐めながらクリを更に刺激すると、「ダメっ・・・あぁん・・・ハァ・・・」須藤さんはかなり感じてた。
中指を突っ込むと、ヌルッと入った。
指を出したり入れたい掻き回したりしていると、「い・・・気持ちい・・・ぃ・・・あっあっイクっイクっ・・・あぁっ・・・イクぅ~」絶叫とともにグッタリした。

「やっぱりHって気持ちいいね。本当に久しぶりだからスグにいっちゃった」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

須藤さんは息を切らせながら言った。

ここから須藤さんは何年もHしてなかった分を取り戻すかのように、乱れまくった。
まずは俺を押し倒して、自ら上にのり、チンコを挿入した。

「ううっ、入って・・・るぅ」

そして、腰を振りだした。

「あんあん・・・いぃ・・・気持ち・・・いい・・・」
「またイキそう・・・いっちゃう・・・あっイク・・・イクゥん」

2回目の昇天も、俺が下から突き上げると、また須藤さんのスイッチが入り、感じはじめた。
俺はあまりの激しさで

「須藤さん・・・イキそうです」
「ダメ~、まだまだ・・・」

須藤さんは腰を動かすのをやめて、少し中断。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

1~2分休憩して今度は正常位で再び挿入。
騎乗位で入れてるよりも締まりは良くて明らかに気持ちよかった。
須藤さんも「うん。
さっきより奥に入ってるぅ・・・ハァハァ」

俺はイキそうになりながらも我慢して腰を振った。
でも限界が近付き、須藤さんがイク前に、

「もうダメです。イキます。あぁ、ドビュドビュ」

須藤さんのお腹に大量のザーメンを発射した。
当然この後、2回戦、3回戦まで須藤さんに付き合わされました。

この日から須藤さんが転勤するまで1ヶ月に2~3回は、俺は須藤さんの性欲解消の為にベッドで仕事させられました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 女性料理長の須藤さん

女子1年生が奉仕する制度
画像はイメージです
もう10年近く前の記憶です。
大学生のとき僕は陸上部に所属していました。
この大学の陸上部はレベルが高く、インターハイでも毎年入賞者を出すほどでした。
当然、練習は大変きつく、上下関係もまさに体育会系そのものといった感じでした。

そこでは、男子3・4年生に女子1年生が奉仕するというのが制度化していました。
制度化というのは、つまり奉仕させるほうもシステム的に1年の時は上級生に奉仕させられて、同様のシステムで下の学年に同じことをさせていたということです。
いつからその制度が始まったかは知りませんが、少なくとも僕が入った時には既成の制度として違和感なく行われていました。


最初は、まず4月に新入生が入ってきますよね。
そうすると、当然、「陸上」がメインなので練習をします。
練習は大変ですから、辞める奴も出てきて、まぁ1ヶ月ぐらいたってメンバーが固定されるようになったら初搾りを行ってました。

まず、運動場の片隅に部活用のクラブハウスがあって、当然男女の部室は別でした。
練習が終わると、1年女子は男子の先輩の待つ部室にぞろぞろ出掛けていきます。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

皆で集まって洗礼行事みたいにやるのは、月1回であとは個別呼び出しとかでした。

1年女子が全員部室に入ると、ドアを閉めて外から見えないようにします。
ドアがしまると、1年女子は3・4年男子がニヤニヤしている中、自発的にランニングパンツを脱がされます。
このとき、4年男子が「早くランニングパンツ脱いで・・」みたいに促します。
すると、先輩の命令は絶対なので、全員すごすごとランニングパンツを脱ぎます。
ランニングパンツを脱ぐと、下着とランニングシャツの姿になります。
股間の部分が見えるので、脱いだ後も1年生の女子は必死で手で隠したり、ランニングシャツの裾をひっぱったりしていました。
ここにいたっては、男子3・4年は、全員激しくニヤニヤしまくります。
1年女子は、数人はこの時点で涙目です。

そして、自己紹介ですが、名前の後は、

「ブラのかっぷ」
「好きな男性芸能人」
「オナニーの回数」
「処女かどうか」
「イッたことがあるかないか」
「持っている下着の数」
「男子3・4年生の中で一番かっこいいと思う先輩」

とかでした。

自己紹介の時は、「気を付け」の姿勢を強要させられたので今まで必死に隠してたパンティもここで、男子に丸見えになります。
男子は、「水玉ちゃーん!」とか「ちょっと食い込んでない?」とか、1年女子が隠してる手をどけたところで冷やかしてました。
3分の1ぐらいは、コットンの白い何の変哲もないパンツでした。
残りの3分の2は、中高生が良くはいてる、ストライプとかチェックとか水玉でした。
でも中には、フロント部分がレースになっていて、陰毛が微かに透けて見えるようなパンティを穿いている子もいました。
大概、下を向いて恥ずかしそうにして、小さな声でぼそぼそ自己紹介してました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そして、ついに奉仕させます。
一番最初は手と口でやります。
その方法ですが、まず、部室のパイプ椅子を一列に並べます。
それでもスペースの関係上一列では収まらないので、2列か3列になります。
そこに男子3・4年生が、下半身裸になって腰掛けて、女子を跪かせて奉仕させます。

ここで重要なのが、男子の座る順番です。
端から権力者順に座ります。
4年の部長が一番端で、その横に力のある4年から順番に座っていきます。
1年女子は、一番の権力者が座っている端から、順番に奉仕します。
手と口で男子のペニスをしごきます。
3・4年男子が出してしまおうが、出ださないままだろうが3分で次の奴に移ります。
一番最後まで終わると一番最初の所(4年の部長)に戻ります。
そして、椅子に腰掛けた男子全員が射精したら終了です。

この手コキの途中に、今後の「個人呼び出し」のための約束取りつけも行われます。

そのときに、「これからも何かにつけて面倒みるから、呼び出された時は相手をしろ」と言う趣旨のことをいわれます。

先輩がバックについてくれるほど、体育系で心強いものはないので女子は承諾していました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

というより、女子1年側には基本的に断わる権利はありません。
大体、早く声を掛けられたほうが「権力者」なので、加護されると便利です。
たぶん、女子の方も誰とやっても嫌は嫌で、しょうがなく機械的にやってると思います。
これをもとに、上記の「個人呼び出し」が可能になります。
可愛い子とかお気に入りの子が来たら、約束を取りつけるわけです。
この時の承諾が大体今後1年間続きます。
この約束は、先着順です。
これが先着順なため、権力者から順番にやってるんですね。
気に入ってる奴が優先的に取れる仕組みなわけです。

ちなみに、1年女子の格好ですが、自己紹介の時は、上はランニングシャツ、下はパンティですが、奉仕に入る時にパンティは脱ぎます。
つまり、上はランニングシャツで、下は裸です。
たしか、「男のペニスを触るときに、女の子が下着をつけてるのは礼儀としてダメ」とか、そういう無茶な理由だったような気がします。
手コキのルールはこのような感じです。

でも、なんていうか、風俗みたいじゃないんですね。
もっと淡々とやります。
下半身は裸なんだけど、それで女性器を触ったりというようなわけではなく、あくまで3・4年生男子はただふんぞり返って、1年女子にしごかせるだけです。
胸とかはランニングシャツの上から、揉んだりしてましたが、それもあんまり激しいものではありませんでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「そういう雰囲気だった」とか「そういう習慣だった」としかいいようがありません。

さて、全員、射精が終わると、さっき個人呼び出しの約束を取りつけた子と1対1でやります。
当然、後のほうの順番になっている3年生男子とかは先着順だと回って来ないので、あいてはいません。
それだと、見てるだけです。

ここからなんですが、個人で呼び出して、「後は本番だけ!」と思うかもしれませんが、本番はしないんです。
基本的に本番はありえませんでした。
たぶん、理由は、

1、妊娠する。
2、本番は愛があるもの同士(彼氏と彼女)でやるもの。
3、部活動で強制的にやってるのに本番までさせるのは、非人道的。

という、思想が根付いていたんだと思います。

だから、最後の一線は越えないというか。
あくまで、先輩の性欲解消を1年にさせる!というのが建前なのでしょうか。
それも、制度化されていたので全然深くは考えませんでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

では、手コキ奉仕のあとは、何をやるのかということなのですが、アナルです。
やっぱり、より本番に近い行為だし、一方的に奉仕させるよりは、男のほうがやってる感じがいいからではないでしょうか。
当然、いきなり突っ込むわけではないです。

ベッドとかはないので、手コキ奉仕が終わると、約束した子を呼んで部室の壁に手をつかせて、尻を突き出させます。
もちろん、さっきのつづきなので、下半身は裸です。
1年の女子大生のお尻はつるんとして張りが合って、すごくそそります。

そこで、ローションを4年の男子が自分の中指か人差し指と、1年女子の突き出した尻の穴に塗りこんで、ほぐしてました。
肛門をほぐす作業を1年女子自身にさせる奴もいましたが、大抵は自分では怖くて指が突っ込めてませんでした。
結局、男子がやることが多かったですね。
ローションは部室にボトルがおいてあってみんなで使ってました。

ほぐすんですが、ゆっくりやったりはしません。
1年女子の表情を見ながら、つらそうだったら止めて徐々にやる奴もいましたが、ほとんどは強引にやります。
女子のお尻の穴と自分の指にローションを塗ったら、あとはズルリと強引に指を根元までねじ込みます。
あとはくっちゃくっちゃと、柔らかくなるまで出し入れするだけです。
当然、かなり苦しそうな子もいて、そういう子には決まり台詞をお見舞いするだけ。

「力抜け!痛いだけだぞ!」です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ほとんどの1年女子は、全身に力をいれて歯を食いしばり、痛みをこらえるだけです。
半分ぐらいは、泣いているような泣いてないような感じです。
女の子の苦痛がましになってきたら、ペニスを入れます。

入れるときも、強引です。
突き出された女子の尻たぶを両手で掴んで左右に押し広げ、肛門を露出させると、後はズブリと入れます。
当然、1年女子はつらいです。
指の時は、黙って目を強くつぶり歯を食いしばって耐えますが、ペニスを入れると大概は声を上げます。
その声も殆ど動物の雄たけびに近い声です。

突っ込むと、「おっおっおっおっおうううう!」「あ、あおおおおーーー!」「あぐううううううぉぉおおうううううううう!」みたいに女の子っぽくない、低い声が多いんです。

後は、男がイクまで、苦痛に耐えてもらいます。
徐々にましになるようですが、それでも個人差があって、完全になれて、気持ちよくもないけど、もう全然いたくもない子から、最後まで、声を上げっぱなしの子まで色々です。
もちろん、最後は肛門の中の直腸に射精します。
別にいやがる様子もなかったです。
4年男子が「いくぞ!だすぞ!」と言うと「はい!」と元気な返事。

終わるとペニスを抜いて、1年女子のタオルでふかせます。
そして、「これからも面倒見るから、また呼んだらこいよ」と言って、下着とランニングパンツを穿かせます。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

1年女子は、直腸に精液をいれ、ローションでベタベタなままの下半身にそのまま下着をはいてました。
終わった1年女子から、帰します。

部室を出るところで、「ありがとうございました。1年◯◯失礼します」と全員にむかって一礼して帰ります。
1年女子の退室者が出始めると、自分が終わった4年は徐々に退室していって、お開きになります。
あとは、個人呼び出しです。
僕も練習の後、たまに呼び出して僕の下宿の部屋でアナルでしてもらいました。

初搾りの行事が済むと、あとは1ヶ月に1回、奉仕の行事が行われていました。
このときのやり方ですが、男子の部室に1年生女子が集合し、パンティまで脱いで下半身裸になるところまでは最初のときと同じです。
ただし、2回目からは、3・4年男子の数と同じだけの女子を揃える必要があるので、2年女子のうち指名された子も一緒に呼ばれます。
1年生プラス指名された2年生の女子が全員一列(2列になることもありました)に並びます。

そして、そのまま四つん這いになって裸の尻を突き出します。
その後ろに3・4年男子が立ちます。
それで女子が声を揃えて「よろしくおねがいします」と言うと、男子は一斉に女子のアナルにペニスを入れます。
アナルは初搾りで既に一度貫通しているので、少し入りやすくなっています。
それでも、痛みに声を上げる子が殆どでしたが。

それで、ペニスをピストンさせ1分経つと、隣の女子に移動します。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そして同じようにアナルにペニスを突っ込んでピストンします。
射精した男子から列を抜けていき、男子全員が射精したら終了です。

こんなときみんな大抵、可愛い子のアナルに挿入しているときに射精したがりますね。
僕が3年生のとき、1年生の中に蝦ちゃん似のすごく可愛い子がいて、この子は当然のごとく4年部長の個人呼び出しの相手になっていました。

でも、月1度の奉仕の行事では、尻を突き出してずらーと並んでいるどの子でイッてもかまわないルールになっていました。
それで、蝦ちゃん似のその子は毎回、4~5人の男子にアナルに射精されていました。
3年生だった僕も参加していましたが、僕がその子のアナルにペニスを入れたとき、アナルには大抵、既に射精した何人かの精子が注がれていて、僕がペニスを出し入れするたびに他の奴の白い精子がペニスに絡みついていました。

さて、僕の体験の場合ですが、3年生になって初めて初絞りに参加できたとき、たまたまその年は、1年生の女子部員の数が多くいました。
4年生男子の倍近くいましたね。
そのため、3年生男子のうち大半は個人呼び出しの相手を指名することができ、僕も例外ではありませんでした。
(でも、最後のほうでしたが)

僕が個人呼び出しの指名をしたM美は、美人ではないけどルックスはまあまあ可愛いと言う感じの子でした。
M美は自己紹介のとき処女だと言っていました。

僕はだいたい週1回くらいの頻度でM美を呼び出していました。
大学生の旺盛な性欲を処理するためには1週間くらいが我慢の限界でした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

まだ彼女のいなかった僕は、これまではマスターベーションで性欲を処理していました。
でも3年生になり、M美と個人呼び出しを取り付けることが出来るようになってからは、M美のアナルに射精して自分の性欲を処理するようになりました。

僕の個人呼び出しの場合、まず僕の下宿の部屋に入ってからしばらくの間、大抵、彼女と趣味の話とか流行っているお店の話とか、とりとめのない話をしたり、音楽を聴いたりして過ごします。
それで、一息ついた頃に、「そろそろいいかな」と僕が言うと、M美は「はい」と言って、自分でジーンズを脱いで畳の上に四つん這いになりました。
M美は普段ズボンを履いていることが多かったけど、もちろんスカートの時もありました。

僕はM美の後ろに立つと、下着のゴムに手を掛けて、お尻からゆっくりと下ろしていきました。
パンティが膝まで下ろされ、突き出されたM美の白いお尻が丸出しになり、肛門や女性器の割れ目が露出されました。
19歳の女子大生が下半身丸出しで尻を突き出し、女性の最も恥ずかしい部分をすべて曝け出している状況は、いつも僕を激しく興奮させました。

そして、彼女は「◯◯先輩よろしくおねがいします」言うと、僕は「うん」と頷いて、急いでパンツを下ろしました。
まだ性交を経験していなかった僕にとって、彼女でもない女性の前でパンツを脱いで自分の性器を晒すのは、いつも恥ずかしかったですね。
興奮していた僕は、既に痛いくらい勃起したペニスをM美の肛門に宛てがい、ゆっくりと押し込んでいきました。

僕のペニスが徐々にM美の肛門に侵入していく間、彼女は「あうっ、んおお~」と必死で声を抑えていました。
ペニスを奥まで入れ、ピストン運動を始めると、彼女のこもった声が激しくなりました。
僕はオーガズムが近づくと「M美、いくぞ」と言うと、彼女は「はいっ」と元気に返事をしました。
射精が済むと、M美は僕の精子をアナルに入れたまま下着とジーンズを身に着けて、「◯◯先輩ありがとうございました。失礼します」と言って帰りました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

こんな状態が半年くらい続いた頃、僕はいつの間にかM美に対する愛情のようなものを感じ始めていました。
最初は先輩後輩の儀礼的な関係だったにも関わらず、M美も同じ様な気持ちになっていました。
ある日M美を僕の部屋に呼んだときに、僕は思い切って、彼女に「付き合おうか」と言うと、M美の返事はOKでした。

そしてこの日、僕は「今日は膣に入れていい?」と訊くと、彼女は恥ずかしそうに頷きました。
僕たちは着ているものを全部脱いで全裸でベッドの上で抱き合いました。
仰向けに横たわったM美の両脚を開くと、股間に女性特有の割れ目が現れました。

僕は、これまで何度もM美のアナルに挿入してきたペニスを、今度は膣に侵入させていきました。
処女のM美の膣の締め付けはアナルの時以上でした。
そして、僕のペニスはついにM美の膣の奥まで貫通し、僕たちは初めてお互いの性器で結ばれました。
その日、僕とM美は結局3回交わり、その後、僕のベッドで朝まで抱き合って眠りました。

僕とM美が交際を始めたからといっても、月1回の奉仕の行事では、他の1年生女子に混ざってM美も下半身裸で四つん這いで尻を突き出さなければなりません。
他の男が次々と、もう僕の彼女になったM美の白い尻を掴み、肛門にペニスを突き入れました。
そして、他の男がM美のアナルに射精し、その男の精子がM美の肛門から流れ出るのを見ると、僕はいつも複雑な気持ちになりました。
そんなとき、僕は、「M美の女性器にペニスを入れたことがあるのは僕だけなんだ。処女だったM美の膣を初めて貫通したのは僕のペニスなんだ。僕はM美とセックスをしたんだ」と自分に言い聞かせ、気持ちを落ち着けていました。

僕とM美は大学時代に数え切れないほどセックスをして、気持ちを確かめ合っていました。
でも、僕が卒業して2年後にM美とは自然消滅みたいに別れてしまったけれど、今ではなつかしい思い出ですね。
今は、M美も別の男と交際していて、僕とM美はただの友達関係になってしまいました。

それでも、女子大生だったM美のピチピチとした肌の感触、セックスの時のM美の切ないあえぎ声や表情、アナルを貫通したときのM美の様子は、あれから何年経っても忘れられない記憶として残っています。
二十歳前後の当時のM美の肛門や膣にペニスを入れたときに感じた感触は、いまでも僕のペニスにはっきりと蘇ってきます。
M美のアナルや膣襞からペニスが受けた摩擦感は、僕のペニスの記憶にしっかりと刻み付けられています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 女子1年生が奉仕する制度

優勝したら付き合ってよと告白
画像はイメージです
オレが中1の話なんだけどね。
めちゃくちゃカナヅチでさ、中学・高校と成績に影響するからという事で無理矢理スイミングスクールに通う事になって。
中学からなんて恥ずかしくて仕方ないなと思ってたけど当時、教育ババアだった母親のすごい剣幕で泣きながらOKしたのよ。

で、いざ始まったんだけど、幸い同じ時間帯のグループには同じ学校のやつもいたんだけどまぁ顔見知り程度というか。
寂しかったけど恥をかかずにすんだという気持ちの方が大きかった。

でもさ、中学生のコースにどう考えてもついていけないわけ。
だってオレ全然泳げないし。


スイミングスクールのプールって深いからさ半分、溺れてるようなもんよ。
2、3回我慢して行ったけどもうしんどくて親に泣きついたけど許してもらえず。
そしたらスイミングの先生から電話がかかってきて「君は必ず泳げるようになるから下の学年のコースに混ざって1からやらないか」との事。

この先生が若い男の先生だったんだけどすごくいい先生でさ、わざわざうちの学校の体育教師とかに電話して色々、オレの情報を仕入れてたみたいで。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

なんでこんな風に言ってくれたかというと実はバスケでオレは小学校の県代表に選ばれてたり中学でも入学してすぐにレギュラーになったりしてたから運動神経は抜群だと思ってくれたらしい。
その先生に負けてオレは行き続ける事に。

本題はここから。
まぁ恥の上塗りみたいな、ちょっとラッキーな話ですが。

オレが入ったコースはまさかの小学校下級学年コースと呼ばれるもの。
ここでは1~3年生を下級、4~6年生を上級と呼び例え1年生でも上級クラスであればそっちの方にいけるし、更にすごければ競技者育成コースというのに大抜擢される。

中1で小学校1~3年生と一緒ってのは屈辱以外の何物でもない。
ハッキリいって嫌だったが、そのとき同じような境遇の女の子が同じタイミングでこのコースに入ってきた。
同じ中学、同じ学年だったのだが、中学生コースでも別のクラスだったらしく学校でも面識がほぼないので、どうもーって感じ。

名前はメグミちゃん。
背は小さい感じで、結構好みのタイプ。
でも、体は中1という事で幼児体型ぺったんこですが。

先生は二人で切磋琢磨して頑張れみたいな感じ。
まぁ結果2人で話したりはよくした。

初めての下級生コースが終わりを迎え、内容的には本当に低いというか、むしろそんな1~3年生よりも泳げない俺たち。
終わり迎え、プールサイドで先生の話を聞き皆でシャワーいくぞーと先生が支持を出した。

とたんに、他の小学1~3年生は水着を脱いで全裸になりだした。
男の子も女の子もみんな。
オレとメグミはぽかんとしてる。
他の子がお兄ちゃんたちも早く行こうよーとせがむ。

すると先生が、

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「ごめん、こういうルールなんだよ。他におばちゃんクラスしかいないから今日は合わせてくれないかな」

2人で顔を見合わせる。
オレはまだいいがメグミはだんだんと顔が真っ赤になる。
先生が、なかなか脱がない他の子に注意をしだすとメグミは覚悟を決めたのか肩紐に手をかけてするするっと脱ぎだした。

ぺったんこの胸が見える。
そして下は産毛みたいに薄い毛が2~3本。
今考えたらこんなシチュエーションになった事なかったんだろうね。
どう隠したらいいかわかんない感じでとりあえず腕をまわしてギュッと抱き締める様にしてた。

そしたらオレが脱がないわけにはいかないからさ俺も脱いだわけ。
そしたら、いやわかってたんだけどメグミの裸を見てオレのチンポは当然勃起してた。
ポロンってチンポが上向きになってる。

オレはバスケやってたのもあったから背はそんなに大きくなかったけど体付はしっかりしててチンポもそれなりにオトナだったというか。
毛もそれなりに生えてたしね。

メグミはそれを見てびっくりしたのか体を隠してた手で顔を覆った。
隠れてた体が露わになって、オレはより一層勃起。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


その後シャワーにいって帰るまで無言だったけどなぜかずっとそばにいて行動してた。
シャワーでもすぐとなりでお互いチラチラ体を見ながら目があったらすぐそらす感じで。

更衣室はさすがに別だったけどロビーで会ったときは改めてって感じでお互いちょっと微笑んだ。

そんなこんなで毎週裸を見せ合うというよくわかんない関係からものすごく仲がよくなり、学校でもよくからむようになった。

2人とも仲がいいよねーってからかわれるとメグミは「お互いの秘密を知ってるもんねー」って笑ってた。

結局、オレはバスケが忙しくなって中学2年の途中でやめた。
水泳もとりあえず25mクロールで息継ぎなしで泳ぎ切るという技も覚えた。
メグミは泳げなかったのが嘘の様に泳げるようになってた。
あとから聞いたら小学校の頃は病弱でほとんど泳ぐ機会がなかったらしい。

それからも2人の仲は続いた。
スイミングスクールで裸を見せ合う事はなくなったけど、妙に一番の理解者のような気がしてた。
裸の付き合いってこういうことをいうんですかね。

ありがたい事にオレはバスケの強豪進学校にスポーツ推薦で入れる事が高校のバスケの顧問の内定で中3になった頃には確定しておりメグミは俺と違って頭がよかったので高校は問題なかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


だから中3の最後の大会の時にこの大会で優勝したら付き合ってよと告白した。
大会は決勝で負けてしまいめちゃくちゃ落ち込んでた。

次の日メグミに会いづらいなと思ってたら廊下ですれ違い様に手紙をもらった。
頑張ったのに残念だったね。
オレくんとの約束はダメになっちゃったけど頑張ったみたいだからご褒美あげる。
放課後、近くの公園で。
というないようだった。

やっぱりダメだよなーここでそれでも付き合ってなんていったら男としてカッコ悪いよなーなんて思いながら公園へ。

「優勝できなかったね」

「もうちょっとだったんだけどね・・・」

「オレくんが言ってた約束はダメになっちゃったね」

「うん・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「でも、頑張ったんだよね?」

「そりゃそうだけど・・・」

「じゃあご褒美あげるね!」

「・・・ん?」

「好きだよ。
付き合って!」

「・・・えっ?」

それからバスケも引退して暇になり中3の夏休みに親の留守中に初めて結ばれました。

久しぶりの裸にお互い緊張してたけど

「胸、大きくなったでしょ。オレくんも大きくなったね。笑」

それから高校でもバスケを頑張り推薦をもらいオレの頭ではまず入れないメグミと同じ大学に進学しました。
今、4回生。

こりずにオレはまた言っちゃってます。

「就職決まったら結婚してよ」

「うん。じゃあ今度は約束守ってね」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 優勝したら付き合ってよと告白

遂に彼は私の性器を舐め始めました
画像はイメージです
もう3年前の話です。
私は短大に通いながら、コンビニでアルバイトしていました。

コンビニに来るお客さんで、少し奇妙な常連さんがいました。
その人は少し太っていて銀縁のメガネを掛けていてニキビの跡がとても目立つ人でした。
年齢は30代位。

いつも丈の短いジーパンにTシャツをきっちりしまっているスタイルで、他の従業員からは陰で「オタク」とか「引きこもり」とか呼ばれていました。
そしてその人はいつも平日の3時過ぎに来店してきて漫画雑誌とお菓子を買っていきました。
特に変な行動をとるわけでもなく、普通に買い物をしていくだけなので、私は特に意識してませんでした。
只、買い物する時は必ず私のいるレジに並ぶのは少し気になりましたが・・・。

そんなある日、事件は起こりました。


私は学校帰りにいつもの様にアルバイトに行きました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

20時半位にアルバイトが終わり、帰宅途中の事でした。
あまり人通りの少ない路地を抜けて行くのですが、そこでいきなり後ろから口を塞がれました。

そして「さ、騒ぐな!!少しでも騒いだら刺す!!」

明らかに背中に刃物が当てられてるのがわかりました。
私は怖くて怖くて、騒ぐどころか、震えながら頷く事しかできませんでした。
そのまま停めてあった車に押し込まれ、口をテープで塞がれ、手足に手錠を掛けられ、身動きできない状況になりました。

その人はいつもコンビニに来るあの人でした。
本当に怖くて、車中ではガタガタ震えながら涙を流していました。
連れてこられたのはマンションの一室。

口からガムテープを外された私は「助けて下さい!助けて下さい!!」と泣きながらお願いしましたが、聞く耳持ってくれませんでした。

いきなり彼は「ハァハァ」言いながら私の唇に吸い付いてきました。
気持ち悪くて気持ち悪くて、顔をそむけると、私の服を脱がし始めました。

私は「嫌~!!やめて!!」と訴えましたが、止まりませんでした。

服を全部脱がされると彼は私の体を舐め始めました。
ワキの下や手足の指まで体の隅々まで舐め続けられました。
私は本当に気持ち悪くって、目を閉じながら早く終わってくれる事を心から願っていました。

体を1時間以上舐められ続けた後、遂に彼は私の性器を舐め始めました。
セックスの時の様な舐め方ではなくって、まるで食事の時の様な味を楽しんでいるような舐め方でした。
本当に食べられてしまいそうで、怖くてたまりませんでした。
彼は一心不乱に舐め続けていましたが、私は全く感じる様な事は無く、辛くて仕方ありませんでした。

しかし、性器をかなりの時間舐められていると恥ずかしながら少しずつ快感になってきてしまったのです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

暫くすると、声が出てしまいそうなくらい感じてしまい、彼もそれに気が付いたようで、さらに激しく舐め回し始めました。
私は我慢できなくなり、遂にイってしまいました。

私は処女では無かったのですが、当時付き合っていた彼氏との経験しか無く、あんな快感は初めてでした。
彼は私がイッた事に気が付くと、ジーパンとパンツを脱ぎ始め、下半身を曝け出しました。

私は「入れられちゃうんだ・・・」と思いながらも、もうどうでも良くなり目を閉じ覚悟を決めていました。

しかし、いつまでたっても入れられる様子はなく、目を開けると、彼は「なんでだよ!なんでだよ!」とボソボソ呟きながら、自分の性器を擦っていました。
彼は勃起できない自分が悔しかったのか涙目で擦っていました。

暫くすると、彼は「もう良いよ・・・。悪かったね」と私の手錠を外してくれました。

そして彼は自分の事を語り始めました。

「お、俺、コンビニで初めて君を見つけた時から好きになっちゃったんだ。もちろん告白する勇気なんかないし、引きこもりで不細工な俺なんか相手にしてくれない事もわかってた。だからこんな事をしてしまったんだ・・・」

彼は女性経験が全く無い事、私をレイプし初体験をしたら自殺しようと思っていた事等、涙を流しながら話してくれた。
私は気が付いたら、彼の性器を咥えていました。
そして彼の性器が大きくなると、彼に跨がり挿入しました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼は1分もしないうちに射精しましたが、こんなに興奮してこんなに感じたのは人生で初めてでした。

終わった後彼は「ありがとう。ありがとう」と涙を流しながら何度もお礼を言ってきました。

私は「色々大変かもしれないけど、頑張って下さいね!」と言い残し帰りました。

翌日、当時付き合っていた彼氏と別れました。
他の男性と体の関係を持ってしまった事を正直に話したら、振られてしまいました・・・。
でも後悔はしていません。
それから数ヶ月経ったある日の事、いつもの様にコンビニで仕事をしていました。

卒業を翌月に控え、「このバイトももう少しで終わりだな~」と思いながらボ~っとしてました。

するとお客さんが来店しました。
そのお客さんはあの時の彼でした。
あの時から全く来店しなくなった彼が数ヶ月振りに現れました。
彼はスーツ姿で、ボサボサだった髪は整えられ、体型もスリムになっていました。
彼は缶コーヒーを持ち、レジにやってきました。

彼は「お久しぶりです。この前はありがとうございました。俺、仕事を始めました。少しずつですが、自分を変えられるように頑張っています。あなたのおかげです」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


そして「あなたの事が好きです。良かったら僕と付き合って下さい!無理な事は解ってますが、この気持ちをどうしても伝えたくって」

私は突然の事で相当驚きましたが、「はい。こちらこそお願いします!」と答えました。

他の従業員はかなり驚いていましたが、実は私結構嬉しかったんです。

あれから3年。
私たちは今年結婚しました。
私も彼も仕事に慣れて、充実した毎日を送れています。
そろそろ赤ちゃんが欲しいなぁ~って思う今日この頃です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 遂に彼は私の性器を舐め始めました