まさか浮気したってこと?
画像はイメージです

先週末、彼女(20才)が急に昼前にうちに来ました。

話を聞くと、どうやら昨日大学の友達&先輩と朝まで飲んでて、直でうちに来たとのこと。
どうりでフラフラだなと思い、水をあげると、即ベッドに倒れこむ彼女。
やれやれと思い、僕も彼女の隣に入りまた寝ようとした所、突如として彼女が抱きついてきてディープキス。

まだ酔ってるのかと思いつつもエロい気分になり、昼間からエッチをしました。
そして、お互い満足してベッドでまったりしてる時、彼女から「あのさ・・・ちょっと話があるんだけどさ・・・」と言われました。


話しぶりからすると、あまり良くないことだと察知し、僕は少し身構えて「何?何かあったん?」と聞き返すと、「うん・・・」と言ってしばらく黙っていました。

僕が再び「どうしたんだよ?何かあったのか?」と聞くと、「あのさ・・・浮気ってしたことある・・・?」との返事。

何かおかしいと思いながらも「いや、ないよ。突然何だ?まさかお前浮気したとか言うんじゃないよなー?」とややふざけて返すと、彼女はだんまり・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「えっ、まさか浮気したってこと?」と聞くと、「ごめん・・・」と言われました。

エッチし終わった後に浮気の報告。

彼女的にこれがいいタイミングだったのか何だかわかりませんが、突然の浮気報告に驚きを隠せず、「いつ、誰と、どんな展開で?」などを聞きたくないことだけど、聞いてました。

すると、浮気をしたのはつい昨日の晩~朝にかけてのこと。
相手は院生のガタイがよくていかつい先輩。
最初は6人で飲んでたけど、4人が途中で寮に帰ってしまって2人きりになり、お互い泥酔近くまでいってて、つい・・・ということでした。

何で男と2人きりに・・・など色々疑問がありましたが、「それはエッチしちゃったってこと?」と聞くと、「エッチはしてないよ!口でちょっと・・・」と言いました。

こいつアホだわと思いながらも、自分が知らない男のをついさっきまで咥えてたのかと思うと、嫉妬の思いと共に不思議な興奮を感じました。

そして、「ちょっとってどういうこと?」と聞くと、「先輩の触らされて、口で軽く咥えたけど、それだけだよ・・・」と言ってきました。

彼女の言い方が明らかにたどたどしかったので、色々隠してるなと思った僕は「全部正直に言って。嘘だけはなしで」と言うと、「うん、わかった・・・」と言いました。

そして内容を聞くと、実際は先輩が強制的に触らせた訳ではなく、自ら先輩の隣にいき、先輩に抱きつかれてキスをし、思わず自分から触ってしまったということ・・・。
そして、興奮してきた先輩が自らジーパンなど全部脱ぎ、それを手コキし、口に咥えてそのままイカせたということ・・・。

ここまで聞いて、こいつマジありえないな・・・と思っていると、「だってかなり酔ってたし仕方なかったんだよ!」と逆ギレ風に言ってきたので、あまり聞く気はなかったんですが、「あのさ、さっきエッチしてないって言ってたけど、どうなん?正直に」と聞きました。

すると、口でイカせた後に今度は先輩に攻められ、気づいたら生で挿入され、そのまま生でイカれた・・・と言いました。
僕はここまで聞いて激しい嫉妬心を抱くと同時に先輩にいいようにやられてる彼女を想像してしまい、異様な興奮を覚えてました。

そして全部を聞いた後、僕は彼女に抱きついてキスをし、フェラをさせて、いつもより激しいエッチをしました。

結局、嫌な気分になったものの正直に話してくれたってことで許して収まり、それからの僕らの関係は、エッチの面で完全な主従関係になりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! まさか浮気したってこと?

【乱交】2人揃って寝取られ願望がある夫婦と異色3P
少し前の話になる。
某サイトで知り合った既婚の男性がいる。
何度かチャットで話して親しくなったのだが、とても変わった性癖の持ち主だった。
彼だけではなく、奥さんも寝取られ願望があるのだ。
この夫婦は普段からカップル喫茶やハプニングバーによく行くらしい。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【乱交】2人揃って寝取られ願望がある夫婦と異色3P

【Hな体験】精神薬のせいで射精困難に陥った僕
僕が心身症と診断されたのは30歳の頃です。
最初は、緊張すると下痢をしました。
その後、緊張すると下痢と目眩が起きるようになってきました。
上司に呼ばれただけで緊張して目眩を起こし、まともに話も聞けませんでした。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【Hな体験】精神薬のせいで射精困難に陥った僕

【近親相姦】処女の姉に「私としよう」って言われたわけだが
処女の姉貴とエッチした。
では話半分にお聞き下さい。

まずスペック。
俺:17歳、高2。
姉:20歳、大学1年(1年留年)

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【近親相姦】処女の姉に「私としよう」って言われたわけだが

【レイプ】中学の仲間たちと学校帰りの女子高生を襲った[前編]
俺が中学の時だから昔の話になるけど、クラスの仲間と先輩たち6人でかなりヤバいことをしたことがある。

当時の俺は、年上の人たちと付き合いがあったせいか性知識だけが豊富になっていて、頭の中がいつも女のことでいっぱいになってた。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【レイプ】中学の仲間たちと学校帰りの女子高生を襲った[前編]

【レイプ】中学の仲間たちと学校帰りの女子高生を襲った[後編]
「おいっ、代われよ・・・」

夢中になっている姿を見て自分もやってみたくなったのか、S君と入れ代わった先輩は同じように膝立ちになって顔を近づけた。
初めのうちは他人の性器を舐めるという行為に嫌悪感があったらしく口を付けるのをためらっているようだったが、一度唇をつけてしまうと何かに取り憑かれたように舌を動かして、足の付け根から腹部のヘソまで高校生の下半身を舐め回していた。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【レイプ】中学の仲間たちと学校帰りの女子高生を襲った[後編]

【SM・調教】課長さんのマゾ奴隷になりました
はじめまして、42歳の主婦、ゆかりです。
SMという世界には、まったく興味もなかった私がマゾ奴隷になった訳を告白しようと思います。

あれは3ヶ月前、友人に誘われて、ある会社でパートを始めたのがきっかけです。
そこで今のご主人様と知り合いました。
ご主人様は30歳で、そこの課長さんです。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【SM・調教】課長さんのマゾ奴隷になりました

【不倫】息子の友達を私好みのセックスマシーンに調教中
私は38歳の普通の主婦です。
長男は16歳の高校生です。
息子は友達も多く、同じクラブの子達もよく家に遊びに来ます。

以前、誰もいない昼間にリビングのソファーで、パソコンに保存してある(自分の)不倫写真を見ながら、つい、うとうとしてしまったことがありました。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【不倫】息子の友達を私好みのセックスマシーンに調教中

【近親相姦】浮気三昧の夫に嫌気が差して息子とセックス
夫と結婚以来、鬱々とした日が多い毎日を送ってきた私でした。
なぜなら夫に対して愛情を失ったからです。
夫は昔から浮気三昧、今では決まった愛人までおります。

「きちんと稼いでるんだ。文句はないだろう」

そう居直る夫。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【近親相姦】浮気三昧の夫に嫌気が差して息子とセックス

【Hな体験】告白してきた女子に変態チックな無茶ぶり
中学生の時、優子という同級生が、「あなたのことが好きで好きでたまらない」と告白してきた。
俺はどちらかというと何を取っても普通で、特に人気者でもなかったし、そこまで好かれる理由がないと思っていた。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【Hな体験】告白してきた女子に変態チックな無茶ぶり

【近親相姦】酔っ払ってうちに来た姉に童貞を奪われた
<スペック>
俺:18歳、童貞、大学生、女顔、一人暮らし。
姉:23歳、非処女、社会人、椎名林檎似、貧乳、実家暮らし。

深夜2時くらいにガッツンガッツンうちのドアが殴られた。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【近親相姦】酔っ払ってうちに来た姉に童貞を奪われた

【レイプ】映画館のトイレで5人の男に次々に中出しされました
友人のえりちゃんと一緒にホラー映画を見に行った時のことです。
えりちゃんはホラー映画が大好きなのですが、私ははっきり言って嫌いです。
でも、ずっと前からの約束だったのでしぶしぶ行くことにしました。

その日はとても混雑していて15分前に行ったにも関わらず立ち見でした。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【レイプ】映画館のトイレで5人の男に次々に中出しされました

【羞恥】彼の顔にかけてはいけないモノをかけてしまった
今日の夕方、事件は起きました。

<スペック>
私:23歳、童顔、アニメボイス。
152センチ、40キロ。

彼氏:23歳、hyde似、ニート。
172センチ、78キロ。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【羞恥】彼の顔にかけてはいけないモノをかけてしまった

【Hな体験】体育祭の演舞で女子に馬乗りになり勃起して射精
これはまだ俺が若かりし、中学生の時の話。
体育祭で器械体操をやることになって、みんなで練習していた。
俺はピラミッドの練習をしたりと、まぁ色々辛い思い出しかなかった。

そんな中、ちょっと普通ではないような変わった体操を体育祭でやろうということになった。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【Hな体験】体育祭の演舞で女子に馬乗りになり勃起して射精

混浴温泉のピアスカップル
画像はイメージです

某温泉に行ったときのこと。

そこの温泉の露天は混浴。
受付で料金を払って、さぁ、露天風呂へ。
ふと見ると中年のカップルがやってきていて受付をしていた。
もしかして混浴風呂にくるかもと期待しつつ、風呂へ向かった。

ここの露天は2つあり、どちらも混浴、
上下2段になっていて上の風呂からは生垣の隙間から下の風呂が少し見えた。

上の露天風呂に入っていると下の風呂に先ほどのカップルが・・・。
生垣の隙間から女性の裸が見えた
おいら「やった!」
心の中で絶叫(こんなもんで喜んでいるようではダメなのだが)

ちろちろ覗いていると

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

男性「上の方にもいってみるか?」
女性「え?さっき人がいたよ」
男性「いいじゃないか。行くぞ」
おいおい、こちらはありがたいが、いいんかぁ。

ほどなくカップルが・・・。

男性「一緒にいいですか?」
おいら「あ、お邪魔でなければ」
男性「それじゃ。おい早く来いよ」

女性も入って来たのだが、きたそうそう
男性「いまさら隠す必要もないだろ」と巻いていたタオルを剥ぎ取った。

おーーーー。

30代後半と思われるが、なかなかのスタイル
おいら「素敵ですね」とお世辞まじりにみていた。
女性は隠すように後ろ向きになった。
ふと男性の股間をみると銀色のものが。
なんと、袋にピアスをしていた。

おいら「えっ?それピアスですか?」
男性「そうですよ。やっぱ目立ちますかね」
おいら「下がっていればわからないかもしれませんが、今はちょっと上向いてようなので」
男性「あ、なるほど。でもこっちもしてますよ。おい見せてやれよ」

え、見せてやれよって?

女性「みせるんですか?」と言いつつ、M開脚。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

股間にはピアスが2個。
片方の小陰唇とクリトリスの皮の部分に。
しかも綺麗に陰毛は剃ってあるから形状まではっきり。

男性「口では嫌がってますけど、結構見せたがっているんですよ」

よく見ると、白濁の液が滲んでいる。

男性「じっくり見てやってください」

笑いながら言うので観察させてもらった。
女性は顔を赤らめながらも、恍惚しているよな目。
その様子をカメラにとってよろこんでいる男性。

「あなたの顔はとってませんから安心してください」
(一応映ってないことを後で確認した)

おいら「触ってみてもいいですか?」
(こうなりゃいけいけ)
女性「あ、それはちょっと」
(そりゃそうだ)
男性「カメラもっていれば撮ってもいいですよ」

しまった!!携帯は車の中。

おいら「もってきてないので」
男性「そうですか。惜しかったですね」

普通、風呂にもってこないし、こんな状況想定の範囲外!!!
これ以上の進展もなさそうだし、のぼせてきたので最後にカップルの写真を撮ってあげて風呂をでた。
こんなこともあるんだな。

でも、そこまでやるなら抜いてくれればいいのにと思った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 混浴温泉のピアスカップル

【レイプ】2人の男に襲われて朝までイカされまくりました
昨日、押し入れの片付けをしていたら鍵のついた箱が出てきました。
それは大学生の時に私が犯された時のビデオです。

当時、私は大学の寮の一階の角部屋に住んでいました。
お盆で寮生が帰省する中、私はバイトが休めなかったこともあり、1人で寮に残りました。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【レイプ】2人の男に襲われて朝までイカされまくりました

妻が妊娠中に処女の新入社員と不倫した
画像はイメージです

妻の妊娠中に結婚して初めての不倫をしてしまった。
巷では妊娠中は不倫しやすくなると言われているが、まさか自分までそうなるとは思ってもみなかった。
独身時代だって浮気もしたことがないタイプだったのに・・・。


妻とは夜の生活が出来ない訳で、まだ若い俺にとってはこの上なく辛い毎日。
それに妻がいるので、なかなか一人で処理なんてことも出来なかった。
風俗という手もあるのだが、田舎なもので風俗も遠くまで行かないと無い。

そんな時、会社に由紀という新入社員が入ってきた。
由紀は同期の友達も居なく、休憩時間やお昼も一人ぼっちだった。
入社したての頃は、まだ地味な感じで、気にも留めていなかった由紀なんだけど1ヶ月位してからだろうか、いきなりイメージチェンジしてきた。
化粧を変え、髪型を変え、服装を変え。
眼鏡だったのがコンタクトに変わったせいもあるのかな、全くの別人ってやつだ。
職場が一緒なので、ついつい由紀に目が行ってしまう。
ちらちら見ていると由紀も気付いたのか、こちらを意識し始めるようになった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

1週間位して、たまたま退社時間が一緒になり、由紀と話す機会が出来た。

オレ「なんだかいきなり雰囲気変わったね。最初、誰だか分からなかったよ」

由紀「そうですよね。社会人になったんだし、ちょっとオシャレしてみようかな?って思ったんです」

オレ「にしても、変わりすぎだよ。社内に好きな人でも出来たのか?」

しばらく間をおいた後で由紀は、「それは内緒ですよぉ」と真っ赤な顔をして答えた。

その時は由紀の好きな人が俺だなんて知る由もなかった。
それがきっかけで、由紀とオレは良く話すようになった。
休憩時間やお昼、いつも二人で話ししていた。

とあるお昼休みの事。

社の同僚から、「お前らあまり仲良くしすぎると嫁さんに言ってやるぞ」と冗談交じりに言われ、由紀の顔色が曇った。

由紀「結婚してたんですか?」

オレ「あ、うん。そうだよ」

由紀「指輪してなかったんで」

オレ「金属アレルギーだから指輪できないんだ」

由紀「そう・・・なんですか・・・」

終始俯いたまま。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

オレ「どうかしたの?」

由紀「いえ、何でも。ちょっと失礼します」

・・・と、どこかへ行ってしまった。
その時も(何か悪いこと言ったかな?)と思った程度。
今考えるとつくづく鈍感なオレです。

それから1週間位、由紀がオレを避けるようになった。
「おはよう!」と挨拶してもいつもの明るい返事は無いまま。
既婚でありながら、由紀の態度がかなり気になっていた。

(もしかして、前に言ってた好きな人ってオレ!?)

この時にようやく気が付いた。
そのまま数日が過ぎ、珍しく由紀からお昼休みに呼び出された。

由紀「すみません。いきなり・・・」

相変わらず由紀は下を向いたまま。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


オレ「いや、いいよ。大丈夫」

その言葉からかなりの間沈黙があった。
お昼休みももうすぐ終わる頃、由紀が口を開いた。

由紀「広瀬(オレ)さんの事好きなんです。でも、奥さんが居たことがショックで」

オレ「それで最近態度が違っていたのか」

由紀「今晩、空いてますか?」

オレ「え!?」

かなりドキッとした。
由紀からこんな言葉が出るなんて。

今晩空いてますか?とは食事だろうか?
それともその後・・・。

性に飢えていた俺はあらぬ妄想を。
その時、あわよくばという考えがあったのも事実。

オレ「いいよ。じゃぁ定時まで仕事片付けるから、その後駐車場で待ってて」

もちろん午後の仕事は手に付かなかった。
仕事が終わるのが待ち遠しいくて仕方なかった(あらぬ妄想のおかげで)。

終業のチャイムが鳴り、そそくさと駐車場へ。
すでに由紀は待っていた。
運よく駐車場には誰もおらず、別々に近くのコンビニのパーキングへ。
そこで由紀を俺の車に乗せた。

オレ「とりあえず飯でも食いに行く?」

由紀は黙ったまま頷いた。
近くの小料理屋(結構美味い)で食事。
早い時間のせいか客はあまり居なかった。
由紀はずっと俯いたまま。
話し掛けても会話が続かない。

食事もあらかた終わりかけの頃。

オレ「今日、オレと飯食いたかったの?」

由紀「・・・さんに・・・たい」

オレ「え?何?」

由紀「広瀬さんに抱かれたいんです。広瀬さんさえ良ければ・・・。奥さんが居てもいいんです。一回だけでもいいから」

オレ「・・・」

由紀「すみません。一方的で・・・」

オレ「本当にオレなんかで良いの?しかも俺、既婚者だよ?」

由紀「広瀬さんさえ良ければ・・・」

かなりドキッとした。
今思い出しても心臓がバクバク言ってます。

今まで浮気なんて考えた事も無く、それが今、目の前にぶら下がっているという事実。
また(女性からこんな言葉が出るもんなのか?)という事に動揺を隠せないオレ。

そそくさと小料理屋を後にし、ホテルへ直行。
車に乗り込み10分位走った頃、二人のドキドキもかなり落ち着いてきた。
そこから由紀は以前の笑顔に戻った。

由紀「正直断られると思ってました」

オレ「本当にびっくりしたよ。心臓バクバク言ってるし」

由紀は、「私もですよ。ほら」と大胆にも胸に俺の手をやった。

またまたドッキリ攻撃。
コレにはかなり焦った。
対向車線にはみ出して事故るかと思った。
でも、シートベルトで強調された胸は予想以上に大きく、柔らかかった。

オレ「何だか大胆になったね」

由紀「言いたい事は言っちゃったし。なんだかほっとしちゃいました」

オレ「今から何するか分かるよね?でもほっとしてるの?」

由紀「・・・ちょっと怖いです」

そんな内容や、いつもの雑談も。
何か話してないと気がどうにかなりそうだった。
さらに走る事数分、ホテルに到着。
部屋に入ったものの、ソワソワしていて何となくぎこちない二人。
とりあえず二人でベッドに座った。

由紀「あ、お布団柔らかい。フワフワしてますよ」

オレ「あ、そうだね・・・。本当にいいんだね」

由紀は黙ったまま小さく頷いた。
上着を取り、ブラウスのボタンを外し、ブラのホックを外そうとした時、「・・・ません、明かり暗くしてください・・・恥ずかしい」と、消えるような声で由紀が言った。
そっと照明を暗くし、優しく由紀のブラを外した。
由紀は黙ったまま小さく頷いた。

由紀の肩を抱き寄せた。
由紀は小さく震えている。
そんな由紀に優しくキスした。
由紀の暖かい吐息がオレの口に流れ込む。

そのままベッドに倒し、スカートのファスナーを下げた。
胸にキスしながらスカートを取り、ショーツの中に手を入れた。
由紀のそこは既に濡れていた。
由紀がピクッと身体を震わせる。
口からは消えるような声が漏れてくる。
由紀の着衣を全て取り、オレも裸になった。
そして由紀の身体を愛おしく撫で、体中にキスした。
心臓が壊れるんじゃないかと思う位ドキドキしていた。

胸、脇、へそ・・・と徐々に下半身の方へキスしていった。
そしてクンニ。
溢れるほど濡れている。

由紀「・・・アッ」

由紀の身体が大きく仰け反る。
1時間位愛撫し、抱き締めあった。
もうお互いの身体は準備万端。

オレ「入れていいかい?」

由紀「私、初めてだから・・・優しくしてくださいね」

ここでさらにドッキリ攻撃。
ここまで感じて、全然違和感も無かった女性が・・・初めて!?

(マジかよ!良いのか?本当にやっちゃって良いのか?)

オレ「・・・本当にいいの?」

由紀「・・・何度も言わせないで下さい」

オレのドキドキは頂点を迎えました。
恐らく由紀のドキドキもオレと同じか、それ以上だったはず。
体中が熱くなっていましたし。

由紀を仰向けにしてもう一度キス。
上に乗るように由紀に重なった。

オレ「痛かったら言ってな」

由紀「はい。・・・でも頑張るから」

由紀のアソコをもう一度愛撫し、優しく自分のを入れようとした(もちろんゴムは付けてます)。
そして由紀の中へ。
ガラス細工を扱うかのように丁寧に、ゆっくりと。
時おり顔を歪ませる由紀。
そんな由紀に優しくキスして、なんとか最後まで入った。

オレ「入ったよ。分かる?」

由紀「分かります。何だか変な感じです」

オレ「痛くない?」

由紀「ちょっと痛いですけど、大丈夫・・・」


でも大丈夫じゃなかった。
ちょっとでも動くと痛みに顔を歪める由紀。
さすがにこのままでは良くないと思った。

オレ「無理しなくてもいいよ。エッチってそんなに頑張ってするものじゃ無いだろ?」

由紀「すみません。ごめんなさい」

何度も謝る由紀。
何だか愛おしくなる。

オレ「謝まらなくてもいいよ。というより由紀が謝る事じゃないよ」

由紀「広瀬さんって優しいんですね。何だかますます好きになっちゃいます」

でも最後はお口でしてくれました。
ぎこちないながらも、一生懸命に頑張っている由紀。

由紀「初めてなんで何にも分からなくてすみません」


オレ「そんな事気にしなくてもいいよ。初めてで上手かったら逆にびっくりだよ」

なんて冗談を言いながら。
その後二人でお風呂に入っておしまい。
そして帰りの車の中での事。

由紀「次はもっと頑張るから、また今度・・・いつか、いいですか?」

その言葉が、その先3年間の始まりだったんです。

由紀をコンビニまで送った帰り際、由紀から携帯番号とアドレスを教えてもらった。
飯を食べに行った時とは全く違う由紀の笑顔。
そこに確実に由紀に惹かれていく自分がいた。

そして帰宅。
車の中で一人になると、さっきまでの事がまるで夢のような気がしてきた。
当然家には妻が待っている。

(家に帰っても、いつもと変わらない様子でいられるだろうか?)


そんな不安も顔を覗かせていた。
何食わぬ顔で帰宅。
いつもの妻の明るい声が迎えてくれた。
逆に、今自分がしてきた事が急に罪深く思えた。

翌日、由紀と昼休みに昨晩の事を少し話しました。
あまり社内で話せる内容ではないですがね。

由紀「奥さんに何か言われませんでしたか?昨日の夜はそれが心配で、でもメールするわけにもいかなくて」

かなり心配している様子だった。

オレ「とりあえず大丈夫みたいだよ。特に詮索もされなかったよ」

由紀「安心しました・・・」

オレ「体大丈夫か?痛くない?」

由紀「昨日の夜は凄く痛かったです。でも今は大丈夫です」

昨晩、血は出なかったもののかなり痛そうだったので、自分も気にしてたし。
まぁそんな事を軽く話した。
それから2回目まではそう長くなかった。
今は妻との性生活が出来ない。
時々ものすごくセックスがしたいという衝動に駆られる時がくる。
初体験から1週間ほど経った日、いつものようにお昼休みの雑談。
唐突にオレの方から由紀に切り出した。

オレ「今晩空いてるか?」

由紀「・・・ぇ?」

いきなりの質問にちょっと戸惑う由紀。
しかもみるみる顔が赤くなる。
かなりカワイイ。
その後、下を見たまま沈黙。

(やっぱいきなりはまずかったか・・・)と内心後悔した。

その時、下を向いたまま由紀が小さくコクンと頷いた。

オレ「じゃ、仕事あがったらこないだのコンビニで待ってて」

由紀はまた小さく頷いて、小走りに駆けていった。
一瞬見えた横顔。
耳まで真っ赤だったのが印象的だった。
一回目程ではないが、やはりドキドキする。
原因は結婚してから無くしていた恋心が、またオレの心の中に現れたという事と、もう一つ、妻に浮気がバレやしないかという気持ち。
恐らく後者の方が大きいのかもしれない。


あいにくその日は仕事が少し長引きそうな気配だった。
由紀にそのことをメールで連絡。

『大丈夫ですよ。コンビニでブラブラしながら待ってまーす。居なくなったりしないから心配しないでね』との返事。

いつも喋っている時と口調と違うので何だか新鮮。
恐らくメール見ながらニヤけていたんでしょうね。
それから一時間ほどで何とか仕事を片付け、急いでコンビニへ。
由紀は車の中で待っていた。
軽く窓をノックした。

オレ「ごめん。遅くなった」

由紀「あ・・・今メール打とうとしてたところなんです」

会話が切れた。

オレ「ここで話すのも何だし、オレの車に乗らないか?」

由紀は、「はい」と笑顔で返事。
やっぱ由紀の笑顔はめちゃくちゃカワイイ。
二人で車に乗り、コンビニを出た。

オレ「腹減ってないか?」

由紀「スイマセン。待ってる間にちょっと食べちゃいました・・・」

オレ「そうか、ならいいか。真っ直ぐホテル行っていいか?」

この言葉にまた顔が真っ赤になった。

由紀「いいですよ・・・」

由紀を乗せホテルへ出発。

前回よりはやや緊張がほぐれている様子。
会社での出来事や、友達との話なんかを話してくれた。
オレは2回目とはいえ心臓が口から出て来そうなほどドキドキしてた。
由紀の話も半分位は生返事だったのかもしれない。
ホテルに近づくにつれ由紀も緊張しだしたらしく口数が減ってきた。
手を繋ぎながら二人で部屋に入った。
部屋に入るまで気が付かなかったけど、既に由紀の顔は真っ赤。
そんな由紀にキスした。
いきなり由紀を抱きかかえ、ベッドまでお姫様抱っこ。

由紀「そんな・・・重たいよ?」

オレ「重くなんかないさ」

で、ベッドへ。
そしてまたキス。
口、耳、首筋、とキスをした。
その度にピクッとする由紀。
そしていつしか吐息が漏れていた。
そのまま上着を取り、胸のボタンを外し、胸を触る。
ブラのホックへ手を伸ばす。
ホックを外し胸へキス。
キスする度、由紀の反応が可愛い。
そしてズボンのチャックに手を掛けた。

由紀「あ、ダメ・・・」

オレ「ん?どうした?」

由紀「先にシャワー浴びちゃ駄目ですか?今日汗かいちゃったし」

オレ「オレも一緒に入っちゃ駄目か?」

由紀「え・・・駄目ですよ。恥ずかしいです。でも、暗くしてならいいかな?」

由紀がバスルームを暗くして先に入った。
しばらくシャワーの音が部屋に響く。

オレ「もういいかい?」

かくれんぼの口調。

由紀「・・・いいですよ」

由紀は身体を流し終え待っていた。

オレ「石鹸の匂いがつくとマズいから軽く流すだけね」

由紀「背中、洗ってあげますよ」

「ありがとう」と由紀に背中を向けた。
シャワーで流しながら丁寧に洗ってくれた。
(前は自分で洗いましたが・・・)

シャワーがガタンと床に落ちた瞬間、由紀が後ろから抱きついてきた。

由紀「大好き」

そんな由紀の腕を包み込んで「オレもだよ」って言ってしまった。
バスルームで由紀を抱き寄せてキス。
右手で由紀の下半身を触った。
そこはもう溢れるほど濡れていた。

由紀「ここじゃ駄目です。ベッドで・・・」

オレ「あ、ごめんな」

で、ベッドへ移動。
由紀の全身を愛撫。
すぐに全身が熱くなっていくのが分かる。

前回痛そうだったので、由紀のまだ開き切っていない所をほぐすように愛撫。
最初、指を入れられてかなりびっくりしてたみたい。

オレ「入れるよ?」

由紀は無言で頷いた。

オレ「痛くないか?」

由紀「今日は大丈夫。痛くないで・・・アッ!・・・」

前回あんなにゆっくりだったのに、結構すんなり入った。
由紀にも声が出ている。
痛くはない様子だった。

オレ「動いてもいいかい?駄目そうだったら言ってな」

最初はゆっくりと、そして徐々に動きを速めていった。

由紀「アッ・・・」

何だか無理に声を殺している感じ。

オレ「声、無理せずに出しても良いよ。大丈夫だから」

由紀「でも、なんだか恥ずかしい・・・」

オレ「オレと由紀しか居ないんだ。恥ずかしい事なんて無いだろ?」

「だけど・・・」と言いかけた時に腰の動きを激しくした。

由紀「アン!」

由紀の可愛い喘ぎ声が部屋に響く。
やはり声出すのを我慢していたようだった。


オレ「痛くない?大丈夫?」

由紀「痛くないです。でも・・・何だか変な感じ・・・アッ!」

由紀の胸が大きく揺れる。
由紀にかぶさるように抱きつく。
由紀の腕が背中に絡みつく。
上体を起こし、由紀の足を胸の前へ(正常位のまま体育座りさせた感じ)。
指を絡めながら激しく動く。
由紀の声がますます激しくなった。
由紀の声が一段と激しくなった時だった。
由紀のアソコから暖かいモノが流れ出てきた。
由紀が慌てて顔を隠す。

由紀「何か・・・出ちゃった」

2回目にして潮を吹いてしまったらしい。
今まで潮吹きなんかに出会った事がないオレはかなり興奮した。
そんな由紀をもっと激しく突いた。

由紀「ダメ・・・また出ちゃう。アーッツ!!!」

由紀の中からどんどん溢れ出てくる。
どこにこんなに?と思う程溢れてくる。
動きを止め、由紀に抱きついた。

オレ「良かったね。気持ちよくなれたね」

由紀「・・・意地悪ぅ」

オレ「ごめんな。ちょっと興奮しちゃった」

その後、正常位に戻って最後まで。
終わった後、由紀をぎゅっと抱き締めてキスした。

軽くシャワーを浴び、身支度を整える。

由紀「お布団、べちゃべちゃにしちゃった」

オレ「気にしなくても良いよ。そういうこともあるさ」

由紀「ん??・・・」

帰りの車の中、由紀はずっとオレの手に指を絡ませたままだった。
コンビニで由紀を降ろす。

オレ「じゃ、またね」

由紀「はい。おやすみなさい」

やはり由紀の笑顔は良い。
こんな感じで、時には由紀からのお誘い、時にはオレからのお誘いで月に2、3回程度合ってました。
多い時は5回位行ったかもしれません。
いつの間にか会社で誘う時の合言葉は、「今日コンビに行きますか?」になってた。

半年程して由紀もかなりセックスに慣れ、色んな体位を求めるようになった。
いつの間にか腰を振る事も覚えていた。
イク事も覚えた。
フェラも上手になった。
口だけでイカされる事もあった。
一回では足りずに、「もっと、もっと欲しい」とせがむ様にもなった。
仕事の都合で出来ない日が続いた時期に、一人エッチも覚えたようだった。

途中、子供が生まれ(妻のですよ)、妻とも夜の生活が出来るようになった。
でも由紀の体を忘れるとこが出来ずに何度も由紀を抱いた。
妻よりも由紀が好きだった。
由紀に本気になっていたのが事実です。
100回以上はセックスしたのかな?
数えてないから分からないです。
でも由紀はセックスした日、回数をメモしている模様。
女ってマメですね・・・。

妊娠しなかったのが凄いと思います。
避妊は必須ですね。
まぁ、由紀とのそんな関係が約3年間続いた訳です。
性に対してどんどん欲求が強くなっていく由紀にかなり萌えました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 妻が妊娠中に処女の新入社員と不倫した

【羞恥】女子高生2人が立て続けにお漏らし
公園のトイレの個室で大をしているとバタバタと若い女の子2人の声。

「漏れちゃう漏れちゃう」

「よかった、間に合った!!!」

「頑張って、もう少しだからw」

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【羞恥】女子高生2人が立て続けにお漏らし

【体験談・小説】爆睡してたいとこにイタズラをした話
初投稿です読みにくかったら申し訳ないですこの話は私が中3で従姉妹が高2の時の話です高2の従姉妹は有名人で似てる顔の方はいないですがすごく可愛いくて胸もDくらいありました私と高2の従姉妹は仲が良く2人で会う事も結構あり、中3の夏の頃私が従姉妹の家に行きました家に着いて2〜3時間ぐらいたってから私はアイスを買いに近くのコンビニに行きましたアイスを買い終わり家に帰ってくると、従姉妹が「眠いから寝てもいい?」#ピンクと言ってきたので「どーぞ」#ブルーと私が言いましたそれから15分ぐらいで従姉妹は
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】爆睡してたいとこにイタズラをした話

【体験談・小説】私が女に目覚めた瞬間
大学の時に夫と出会って、幸せな生活を送ってきましたが、今考えると当初は性的には平凡と言っても良いセックスライフでした。人並みくらいにはセックスを営んできて、オーガニズムも経験はしてきましたが、基本的には中で行くことはなく、クリトリスでいって、その後夫は挿入して別々にいくという感じで今と比べると淡々としたセックスでした。私は足を閉じていないとうまくいけなかったので、仰向けになって夫がクリトリスを刺激していくという形でいくのがパターンでした。夫に求められれば無理のないペースで応じるという感じで月に2−3回というペースのセックスで、期待するタイミングで子供も四人生まれました。このような平凡なセックスライフが激変したのが、四人目の子供の妊娠中のある夏の日のセックスでした。当時、妊娠後期だったこともあり、挿入は主に騎乗位でした。夫がどうしてもセックスをしたくなるとそれに応じていたという感じだったと記憶しています。ちょうど、その日は夫の誕生日で夫の希望を聞いたセックスをするという約束をしていました。まず、夫はオイルを使って身体中をマッサージしてとてもリラックスした気分になりました。
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】私が女に目覚めた瞬間

【体験談・小説】セックスの快感から逃れられなくなった日
私が女としてセックスにハマるきっかけになった日のことを書きましたが、さらにもう一段溺れるくらいセックスの虜になったきっかけについて書きたいと思います。一月半にわたって狂ったように毎日セックスをしましたが、ホルモンの関係なのか、出産後はピッタリと性欲が消えてしまいました。出産から半年ほど経過し、夫からそろそろセックスを再開したいということを言われて、クリスマスの日にプレゼントとしてセックスを再開するということにしました。正直、あまり自分からしたいとは思いませんでしたが夫の願いなので夫に任せることにしました。夫はかなり私のことをどう責めるかを考えていたようで、まずはオイルマッサージを丁寧にしてくれとても気持ちが高まりました。その後、アナルをいきなり広げて舌で愛撫してくれたのですが、とても恥ずかしくとても興奮してかなり声を上げてしまいました。その後ローションを丁寧にアナルの入口と中に塗って準備をしてくれました。
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】セックスの快感から逃れられなくなった日

【体験談・小説】親戚のお姉さん2人に性教育を受け性奴隷化②
喪服のA姉ちゃんとY姉ちゃん。四十九日の法事を終えた後の帰り道。そのままラブホへ!部屋に入るなりA姉ちゃんとキス。舌を絡める濃厚なキス。Y姉ちゃんはおトイレへ直行(笑)A姉ちゃんとY姉ちゃんとの3Pは5回。1対1のセックスは短期間に10回ずつ以上。ハイペースでセックスしてます。セックスを教えられています。今まで彼女とのセックスはコンドームを使うの当たり前。コンドームを着けるのが普通と思っていましたが、両姉ちゃんはコンドーム使いません。生セックスが好きとの事!自分ももう生で挿入するのが普通になってます。慣れって怖い。生で射精します。当然ですが、その後クンニすると自分の精子を舐める事にもなります。それにも抵抗が無くなって来ました。セックスの快楽、楽しさの前ではそんな事、全く気になりません。(A姉)「汗掻いたし、ビデ洗いも使ってないし。あぁ~ウォシュレットでアソコ洗う事ね。Tちゃん舐めて綺麗にしてくれる?」#ピンク返事する前に、A姉ちゃんのスカートを捲って顔をスカートの中に入れている自分。A姉ちゃんはガータベルト。パンティを少しずらしベロベロ開始!
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】親戚のお姉さん2人に性教育を受け性奴隷化②

【体験談・小説】旅館マッサージセックス
現妻の麻衣(仮名)は元旅館の女将。現在暮らしている自宅も元旅館で、部屋数が多く、リフォームして色々な趣味部屋とかにしているんですが、自宅内で旅行気分を味わう為に2部屋は旅館部屋を残してたまにそこで寝ています。今回はその部屋で私が客として宿泊し、麻衣はその旅館で仲居兼マッサージ師として働いていて、麻衣が私に一目惚れする設定でのシチュエーションセックスをするコトにしました。麻衣は学生時代に演劇部に所属していて、演技はかなり上手い。更には白石麻衣と瓜二つの美貌と、Jカップの美巨乳に素晴らしいボディラインを持つ奇跡の女です。私は旅館部屋でマッサージを注文すると、程なくして麻衣が甚平姿でやって来た。麻衣「お待たせしました…マッサージのご注文ありがとうございます!」私「おっ!来た来た。これまた別嬪さんが来てくれて嬉しいね。」麻衣「えっ?!ありがとうございます…」
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】旅館マッサージセックス

【体験談・小説】大好きな彼と禁断の生エッチ
8月の日差しの強い日彼とわたしはお昼ご飯を食べたあと、途方に暮れていた「このあとどうする?暑くて外出れないね…」#ピンク「ね…」#ブルー
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】大好きな彼と禁断の生エッチ

【体験談・小説】ボーイッシュひなバイト先で言い寄られホテルへ…そして
久しぶりに続きを書きたいと思います。前回、バイト先が同じのJK2の彼女ゆきが俺の家にゆきの親友のひなちゃんを連れて泊まりに来て、3Pに発展してからひなちゃんと身体の関係になった。そして夏休みに入りひなちゃんも夏休み前から違う飲食店でバイトをしている、3人ともバイトの日々そんな中。ひなちゃんからLINEが来て、ひなちゃんのバイト先の人に告白されたが、タイプじゃぁないので断ったらしい。それなのに、しつこく遊びに誘って来たりして困ってるから彼氏の振りして欲しいと言ってきた。
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】ボーイッシュひなバイト先で言い寄られホテルへ…そして

【体験談・小説】かわエロJK Nのあらゆる私物にぶっかけやらのいたずら
自分は高校3年の時にものすごくやばいことをしてしまいました。春くらいの頃、家に帰って毎日しこってましたが、実際にやってみたり、このような掲示板に書いてあるエロいことをしてみたいと思いました。そこである同学年のJKのN(ない)に目をつけました。Nは可愛いですが性格が好きではなかったが可愛いのは事実だし実はエロいのも知ってましたので。もともと普通にしゃべれる感じでしたが特に話すこともないのであまり喋ってませんでした。ターゲットにした理由はNの机にありました。自分は1組、Nは2組でした。よく2組に仲良い友達がいるので2組に入って喋ったりふざけたりしてました。その時に、ふとNの机を見ると歯ブラシケースが机の横にかかってました。透明なケースにブラシと歯磨き粉が…。!他の女子はかけてないのに対してNだけかけてたのでなんだかエロく感じてやってやろうと思い始めたのです。
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】かわエロJK Nのあらゆる私物にぶっかけやらのいたずら

【体験談・小説】JKのNの私物にえろいいたずら
内容に入る前に名無しに名前を変更しました。前回の内容は、同学年のJKのNの歯ブラシを舐め、射精をした話でした。実はこれ続編1となりますが、前回の内容のところに高3の時にエロいことをしたと書きましたが、実は現在も実行中で大学生です。現在もたくさんのことをしてますが、今書いてるのはこうこうじだいのものです。既にやったものを体験談として書いております。また、前回確か春と書きましたが、認識として5月の終わりです。なので夏に近いですね。さて本編では現在までにやったことを全て書いていきます。一つ目が歯ブラシでしたね。
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】JKのNの私物にえろいいたずら

【体験談・小説】JKのNの私物にえろいいたずら3
連投です。すみません。ここまでの話は歯ブラシを使って射精、歯磨き、女性用髪クリームに射精です。本編に入ります。そして、次週あたり、今度は別のものにもどんどん征服してやりたいと思いました。頭に浮かべました。靴、ノート、教科書、メガネケース、メガネ、メガネ拭き、日焼け止め、いろんなものをNは持ってましたのでどれにしようか迷いました。ロッカーを漁り、いいものがないかと思いましたがなかったです。
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】JKのNの私物にえろいいたずら3

【体験談・小説】新・職場のアラフォー女上司の胸チラ②(映画館内で女上司の熟れた身体をたっぷり味わう)
この話は無防備に胸チラしている憧れだった女上司奈月さんを部下の自分が性的なイタズラで屈服させる話です。その過程は「職場のアラフォー女上司の胸チラ」および「新・職場のアラフォー女上司の胸チラ」で検索してください。前回の話の続きです。コーヒーショップを出てLIN○で奈月さんに今どこにいますか?と聞いたところすぐに新宿ピカ○リーに向かっているとの返信が。精液がベッタリとついたおっぱいで新宿の雑踏の中を気づかれないように歩いているのかと思うともう大興奮で先程射精したのにまた下半身がムズムズしてきました。ワクワクしながら新宿ピカ○リーを目指し5分ほど歩いて到着。早速LIN○で着きました、どんな映画ですか?と連絡するも2〜3分たっても返信どころか既読すらつかず。自分で調べて入ろうかとも思いましたがスクリーンが10もある大型映画館なので1つずつ調べるのは無理そう。(いくつかはアニメ映画なのでそこは除外出来そうでしたが)仕方なく次々とLIN○を書き込み続けているとようやく既読がつき●番スクリーンで後ろから5列めの真ん中ぐらいに座っているとの連絡が!
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】新・職場のアラフォー女上司の胸チラ②(映画館内で女上司の熟れた身体をたっぷり味わう)

【エッチな体験談】お互い恋人いたけどマンネリで欲求不満だったある日のエッチ
a11122343003765

僕がM2の時の話。


●自分:23歳。

某国立大学の大学院2年。

2年間付き合ってる彼女(バイト先の社員、20歳)がいるものの、かなりマンネリ状態。

DJ(ハウス)の真似事が趣味。


●カナ:21歳。

同じ大学の学部4年。

168cmの長身スレンダー体型(A~Bカップ)。

美脚を強調したいらしく、ミニスカにポロシャツ or Tシャツ姿がほとんど。

他大学に彼氏がいるものの、同じくマンネリ状態。

下ネタ・エッチな話が好き。


僕とカナは研究室で知り合って以来、数年間に渡って仲が良く、既にお互いタメ口で研究の事からプライベートな事まで何でも話している関係でした。


続きを読む

[紹介元] 気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~ 【エッチな体験談】お互い恋人いたけどマンネリで欲求不満だったある日のエッチ