友達の彼女と2人で飲んだ結果⇒中出しして責任取らされたwwwwwwww
友達の彼女とやった。 友達と3人で飲もうって話になってたんだけど 友達の仕事が終わらなくて先に飲んでた。 17時の開店と同時に入り、友達が2時間以上かかるとのことで 友達の彼女と2人で安い居酒屋の飲み放題で飲みまくり。 […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 友達の彼女と2人で飲んだ結果⇒中出しして責任取らされたwwwwwwww

興奮させた責任とってくれよ
画像はイメージです
昔、アパートで一人暮らしをしていたときの話。

斜め上に住んでいる独身の香奈ちゃん(仮名・矢口マ◯似・24)が俺の家のピンポンを押したと同時にドアを開け部屋に駆け込んできた。

「ね、ねー、いるー?」

まあ年が近いせいもあって普段から仲がいいのだが、あまりにも急だったので驚いた。

「うわっ、どうしたー?」


俺はパンツ一丁の姿でソファーに座り、ボーっとエロビデオを見ていたので、ビクッとして速攻消した。
恥ずかしかった。
しかし香奈ちゃんの表情を見て恥ずかしがってる場合ではないと一瞬で冷静になった。
香奈ちゃんはなんだか怯えてる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「おいおい、震えてるじゃん」

俺がそう言うと香奈ちゃんは俺の胸にしがみついてきた。
俺は分けが分からなかったが、無言でそっと抱き締めた。
香奈ちゃんの胸が俺の腹筋の辺りにあたる。

「ちょっとまって」

俺は股間がビデオのせいで大きくなっていたので、やばいと思い香奈ちゃんを離した。

「・・どうした?大丈夫か?(俺は大丈夫じゃない)」

「・・・うん。ごめん」

俺は香奈ちゃんに熱いコーヒーをだし落ち着かした。
しばらくすると落ち着いたらしく香奈ちゃんが口を開く。

「さっきね、携帯に電話がかかってきたの」

「・・・ん(彼氏か?)」

「知らない男の声で・・・いつも着替え見させてもらってるよ。
そこの部屋、俺の部屋から丸見えなんだよ。
ハアハアって・・。
怖くなって武君のとこにきちゃった。
ごめんね、こんなかっこで」

香奈ちゃんは短パンに白のTシャツ、裸足だった。
よほど焦っていたんだろう。
ノーブラだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

香奈ちゃんは胸がCはある。
小さめの乳首が浮き出てた。
俺は意識してないふりをして「なんだそれ?あぶねーなー、よし、俺が部屋見に行ってやるよ(ラッキー、女の子の部屋に入れる)」と言った。

「本当、助かるー」

香奈ちゃんは俺の腕にしがみつき喜んだ。

「あの・・胸あたってる(もう我慢できねー)」
「あ、ごめーんw」

俺が息子に目線を移すと香奈ちゃんの目線も俺の息子に・・。

「あっ、もしかして・・」

「恥ずかしいな・・(触れ、触ってこい)」

「あははー」

香奈ちゃんは笑っただけだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

まあ少し場が和んだんでよしとする。
俺はスウェットのズボンを履き香奈ちゃんの部屋に向かった。
香奈ちゃんは相変わらず俺の腕にしがみついている。

「おいおい、あんまりくっつくなよ(もっとくっついて)」

「だってー、怖いんだもん」

「俺、興奮しちゃうかもよ(もうしてる)」

「あはは、武君ならいいよーw」

「まったく(やれる?)」

そんな話をしながら香奈ちゃんの部屋に入っていった。

「ふーん、女の子っぽいじゃん(うわ、すげーいい匂い、やりてー)」

「ぽいって何よ!女です」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「まあな、こんな立派なのついてりゃーな(触っていいですか?)」

俺は肘を曲げて胸をツンツンした。

「駄目だってーw」

すると香奈ちゃんの携帯に電話がなった。

リリリリーン

「・・・」

「・・・でてみなよ(アル意味緊張)」

「・・はい」

「隣の男は誰だ?」

「・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

香奈ちゃんは怯えてる。
俺は窓際にたち辺りを見回したがどの家か分からない。
俺は諦めベッドに腰掛けて電話してる香奈ちゃんの後ろに回り、そっと抱き締めて電話を聞こうと耳を澄ませた。

「おい、そいつは誰だ!てめー、離れろ」

そいつは俺に命令してきた。
俺は香奈ちゃんの電話している方の耳に俺の耳を近づけ電話を聞きながら、無言で香奈ちゃんの胸を揉んだよ。

「んっ・・やっ」

「いいから!(いえーい)」

俺は何故かそう香奈ちゃんに耳打ちした。
香奈ちゃんは何か作戦でもあるのかと思ったらしく黙ってしたがった。
俺は揉みまくる。

「んー、やあ・・あっ、あん」

香奈ちゃんはノーブラだけあって乳首がビンビンだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺は香奈ちゃんの首筋を舐めた。

「おいっ、やめろ!」

男は必死に怒鳴った。
そして何故か興奮してるようでもあった。
俺は聞こえないふりをし、揉みまくった。
そして香奈ちゃんに耳打ちした。

「なあ、興奮させた責任とってくれよ(はよ、しゃぶれ)」

もちろん電話の相手にも聞こえるように。
電話の相手は焦ってた。

「お前、何しようとしてんだよ」

香奈ちゃんは虚ろな表情で俺にもたれかかり言った。

「はあはあ・・武君どうすればいい?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺は腰を押し付けて言った。

「なあ、わかるだろ?(しゃぶれって)」

「・・うん」

香奈ちゃんは向きを変えて俺のズボンを脱がし、俺の脚を広げ股の間に頭を突っ込んだ・・。
もう電話はほっぽてしまっている。
俺のビンビンの息子を香奈ちゃんは舌を絡めながらしゃぶる。

「んっ!いい・・うわ、はあはあ、上手だな香奈ちゃん(もっと激しく!)」

俺はほっぽってあった電話を手にとり言った。

「おい、誰だかしらねーけど、彼女のフェラ、絶品だぜー、へへ、んっ、はあー、すげえ(本当に気持ちいい)」

「お前殺すぞ」

「はあ?(ばーか)」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「絶対殺す」

「うわ、気持ちいい、香奈ちゃんいっちゃうよー(おらおら)」

俺は腰を前後させた。

「うん、いって、いっていいからね」

「うっ!」

俺は巧みな香奈ちゃんの舌技に呆気なくいってしまった。

「あー気持ちよかったー、・・・そいじゃーねー(羨ましいだろーw)」

俺は男にそう言い電話を切った。

「あっ・・・でも、どうしよう。殺すっていってたよ・・」

香奈ちゃんはまた震えだした。
俺は香奈ちゃんのホッペに軽くキスをして言った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「また何かあったらすぐ俺にいってきて(またしようぜ)もう連絡ないはずだけど」

「どうして?」

「憧れの子がフェラしてたんだぜ、ショックで連絡できないでしょ(うっそぴょーん)」

「そんなもんかな?」

「そんなもんだよ(信じろw)」

その後。

「武君、あれから本当に連絡こないの。ありがとう」

「だろうw(そりゃそうだ)、お礼は?(やらせろ)」

「はははー、武君は何がしたい?」

「決まってんでしょ(いただき)」

俺はその夜、加奈ちゃんとした。
もちろん香奈の部屋で窓を開けて・・。
俺がもう電話がこないと言ったのには理由がある。
別に電話の相手がショックを受けたからではない。

・・・電話の相手が俺の友達だからだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 興奮させた責任とってくれよ

酔いつぶれた人妻達とセックスするのは超簡単wwwwwwwww
何年か前の話だが近くに緑地公園があり、 たまに運動しに行ったりジョギングコースに利用している。 花見の季節なると あっちこっちからBBQの良い匂いに堪らなくなる。 夜になるとライトアップして花見する人達もいるが、 そんな […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 酔いつぶれた人妻達とセックスするのは超簡単wwwwwwwww

夫よりも大きくて上手な義弟と
画像はイメージです
夫の実家に帰省した時に・・・。
その晩、旦那は弟のヒロくんと2階の部屋で家族マージャンをしながら飲んでいたので、私は1歳になる子供と一緒に下の和室で寝ていました。


私は車での長い移動と、気疲れですっかり寝入っていたのですが、夜中にキスをされている感覚で目が覚めました。
以前帰って来た時にも旦那に求められてエッチしていたので、(またかぁ・・・)と思いつつ、帰ってくる度にするのはイヤだったので、今回は旦那を窘めようと思ったのですが、目を開けるとすぐに相手が旦那ではないことに気付きました。

相手は義弟のヒロくんでした。
ヒロくんは24歳で、私とは年齢が一回り違います。
実家に帰った時に挨拶程度の会話をするくらいで、特に仲が良かったという訳でもありませんでした。

あまりの突然のことに混乱し、(何で?どうしよう?旦那は?)と色んなことが頭の中をグルグルと回って、口を咄嗟にギュッとつぐみました。
ヒロくんは私が起きたことに気付いたようですが、キスを止めようとはせずに、つぐんでいる私の唇を舌でなぞるように舐め続けています。
片手で私の頭を添えるように押さえ、もう片手で私の片手を押さえています。
私が空いた方の手でヒロくんの胸をトントンと叩くと、ヒロくんはふっとキスを止め、私の耳元で「姉ちゃんキレイだよね。一回だけでいいから抱かせてよ」と言い、私の胸を揉みながらまたキスをしてきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私はバレて大事になるのも困るし、このままだと本当に最後までされてしまいそうで、何とか止めてもらう方法を考えていました。
それに旦那と付き合い始めてからは旦那としかしてないし、他の人として旦那を傷付けたくありませんでした。
もちろん他の人としたいなんて思ったこともありません。
私の考えを他所にヒロくんがまた私の耳元に顔を近づけました。

義弟「兄ちゃんは飲んで寝てるから起きないよ。俺も彼女いるし、一回だけだから。ダメって言っても、もう止めないよ。バレると困るだろうし、大人しく静かにしててね」

そう言うとまた無理やりキスをし始めます。
私はもうどうすればいいのかわからなくなり、ジッと我慢していました。
ヒロくんはパジャマの中に手を入れ、直接私の胸を揉み始めました。
感じていたわけではないのですが、しつこく乳首を指で弄ばれていると乳首が立っていくのがわかりました。

(もう止めさせることは出来なさそうだなぁ、仕方ないから一度だけ我慢するしかないか)と思いました。

私「本当に1回だけだからね。次またしたら今度はバラすよ」

義弟「うん、わかった」

ヒロくんが私の手を取り、自分の股間へ近づけます。
体に触れた時、ヒロくんが下に何も穿いていないことに気付きました。
ヒロくんのチンチンは既にビンビンに勃っていました。
そのままチンチンを握らされたのですが、大きさは旦那よりも一回り以上大きく、若いせいか凄い硬さでした。
最初はヒロくんに促されて擦っていたのですが、そのうち私は自分からチンチンを上下にしごいていました。

つい、「大きいね」と私が言うと、「そう?お兄ちゃんよりも?」と言われ、思わず黙ってしまいました。

先っぽからはガマン汁が出ていて、私の手までヌルヌルになっていました。
しばらくするとヒロくんは私の頭の上にしゃがみ込み、私の口に硬くなったモノを近づけました。

「舐めて」と言われ、私はもう半分諦めた感じでそのまま咥え、舐め始めました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


寝ながら横向きでペロペロと舐めているとヒロくんは私の頭を掴み、チンチンを私の口の中に入れていきました。

口に入れると、よりハッキリその大きさと硬さを実感しました。
旦那のは頑張れば根元まで咥えられるのですが、ヒロくんのは半分くらいまでで精一杯でした。
ビンビンになった大きなチンチンで無理やり口を犯されているようで、とてもイヤらしい感じがし、アソコが熱くなる気がしました。
しばらく私の頭を手で前後させ動かしていたのですが、私が自分からしゃぶり始めると、上のパジャマを脱がされ胸を揉み始めました。

そしていよいよ、ヒロくんは私のアソコへ手を伸ばしたのですが、フェラしているうちに濡れてきたことに気付いていたのですごく恥ずかしかったです。
手がアソコに触れるとヒロくんに、「ねえちゃん、メチャ濡れてるよ」と言われ、恥ずかしさを隠すためそのまま黙ってヒロくんのをしゃぶっていました。

私が濡れているのを確認すると私の口からチンチンを抜き、すぐに下も脱がされました。
寝ている私の膝を立てて足をMの字にすると、その間に入り、ビンビンになったチンチンを私のアソコに押し当てて上下するように擦り出します。
濡れていたため、クチュクチュとイヤらしい音がしていました。

もう入れて欲しかったのですが、ヒロくんは「入れて欲しい?いいの?」と意地悪そうに聞いてきます。
その間も硬くなったチンチンで私のアソコをなぞるように擦られ、正直入れて欲しくなっていました。

「うん、入れて」と言うと、「ねえちゃんエロいねぇー」と言いながら私の中にゆっくり入ってきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

旦那の大きさに慣れているせいか、アソコがググッと広げられていく感じがします。
いっぱい濡れていたので痛みはあまりありませんでしたが、ヒロくんが腰を深く沈めると私の中はヒロくんのチンチンでいっぱいになり、感じたことのない快感に襲われました。

私「あぁぁっ・・・」

気付くと私はヒロくんに抱き付いていました。
ヒロくんが私の頭を撫でながらゆっくり動き始めます。
私はどちらかと言うとイキにくい方で、しかも自分も手で触りながらでしかイッた事がないため、好きでもない人とのエッチでイクなんてことはあり得ないと思っていました。
けど、ヒロくんのビンビンになった大きいチンチンが出入りするたびに、アソコの中全体に強い刺激が走り、自然と声が漏れていました。

義弟「はっ、おねえちゃんの中、キツくてメチャ気持ちいいよ」

ヒロくんの腰の動きが徐々に速くなってくると、私もヒロくんに強く抱きつきながら腰を振っていました。

義弟「おねえちゃんも気持ちいい?」

私「あんっ、いいっいいよ」

もう私は気持ち良すぎでたまらなくなっていました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

義弟「兄ちゃんとどっちが気持ちいい??」

私「あっ、意地悪言わないでぇ~」

義弟「答えてよ。ちゃんと言って」

私「んっ、ヒロくん、ヒロくんの方がいいよ、あっ」

ヒロくんは興奮したように激しく腰を動かし出しました。
私はもうこのままイッてしまいそうなくらい感じていました。
ヒロくんが私の頭を強く引き寄せ、激しくキスをしてきました。
フェラをさせるように舌を私の口へ出し入れされ、口の周りはヒロくんの唾だらけになりながら、私は夢中でヒロくんの舌を舐めていました。
そしてヒロくんが私の乳首を強く摘みながら、激しくチンチンでされていると、もう我慢できなくなりました。

私「イキそう、イクよっ、いいっ?」

義弟「いいよ、じゃあ俺のこと好きって言って!」

私「好きっ、ヒロくん好きっ、あ~イクぅ、あぁ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

チンチンだけでイカされたのは初めてでした。
ヒロくんはまだイッておらず、中に入れたまま、じっと私を見つめていました。

義弟「ねえちゃん年上だけど、可愛いね」

キスされ、私も応じてディープキスをします。
一回りも年下の、しかも義弟にあっさりイカされ、恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。

ヒロくんはキスしたまま、また腰を動かし始めました。
私はもうイッていたので、ヒロくんにも早くイッて欲しかったのですが、されているとまたスゴい快感を感じ始めてきました。

義弟「ねえちゃん、俺もイクよ」

私「うん、私もまたイキそう」

義弟「俺のチンチン、兄ちゃんより気持ちいい?俺のこと好き?」

私「うんっ、ヒロくんのチンチンの方が気持ちいいよっ、ヒロくん好きだよ、ダメっイクーっ」

ヒロくんのチンチンが私の中でビクン、ビクンと脈打ち、お尻の方へ精子がダラーっと垂れ流れているのがわかりました。

しばらく私たちは抱き合いながらキスしていました。
抱き締められながら、「また帰って来た時しようね?」と言われ、頷いてしまいました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 夫よりも大きくて上手な義弟と

女友達にムカついて激しく犯しちゃった話
大学の時、何か勘違いした俺女系がいた。 男前なセリフを好んで言うくせに、 下ネタには拒否反応示すヤツで、 俺とは何となく心の友的に接してきてた。 俺は飾りもの的なテンションに違和感を覚えながら、 まー他人事だからと放っと […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 女友達にムカついて激しく犯しちゃった話

新婚旅行で妻の裸を弄ばれる
画像はイメージです
新婚旅行で妻の裸を韓国のオジサンたちに弄ばれた話です。

以前(もう20年近く前ですが)、新婚旅行でドイツのバーデンバーデンのとある施設のサウナに入ったところ、老若男女・西洋東洋関係なく混浴なのにとても驚いたのですが、出るわけにも行かず、時間が経過し次第に慣れてくると、不思議なくらいなんでもなくなったことを覚えています。

私は、初めて見る西洋人女性のボリューム感ある体に驚きながらも勃起しそれを隠し、の連続でした。
早くここを出ないと、そのうち出るものが出てしまいそうで、もう帰ろうと妻(初めての混浴に困惑気味)に促していました。


そうこうしているうちに、東洋系のおじさんの団体(恐らく全員韓国人)8~10人くらいに親近感を持たれ、一人の一番年齢の高そうなおじさんが日本語がうまかったことから、お付き合いさせられるはめに・・・。
妻はあまり乗り気ではなかったのですが、ただでさえ日本人の評判が悪かった頃でもあり、むげにはできませんでした。

そのうち、一人のおじさんが整体師をやってられるとのことで、何人かのおじさんの肩を揉んであげたり、サウナで横にさせて腰を揉んであげたりとサービスしてあげていました。
すると、その日本語が堪能なおじさんが私にもやってもらえと勧めて、整体師のおじさんに凝っている肩を中心に揉んでいただきました。
すると次は、私の妻もやってもらえと言ってきたのですが、妻は嫌な様子で、何度も遠慮していました。

私の妻は背か高く、身長は176CMで体重は70kGくらい。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

髪は相当長く腰のあたりまである黒のロングヘアです。
韓国人の女性によくある色白でむちむちした体型は、おじさんたちの注目の的となっており、どうしても触ってみたかったのでしょう。
かなり長時間しつこく、マッサージをやってあげるからと声を掛けてきました。

国際問題になっても困る(?)と思い、私が妻を促し「少しでいいからやってもらえば」と肩を3分くらいでいいからと揉んでもらうことになりました。
その時、妻はプールの中にいたのですが、プールの縁に座らされ整体師のおじさんが縁に立って肩をもむ格好となりました。

妻の濃いヘアは、プールの中にいる韓国人のおじさんたち全員の目に晒され、白い肌と黒いヘアのコントラストが、強烈にその場の景色として、他の西洋人の目にも映ったのではないでしょうか?西洋人の皮膚とヘアの色の差があまりないのに比べ、日本人や東洋人の白と黒は、あのような明るい場ではコントラストが非常に強く、艶かしさが、その時おじいさんも子供もいたように思いましたが、西洋人男性の目を引き付けていたような気がしました。

プールサイドに全裸ヘアの若い長身日本女性(当時25歳)が座り、その後ろでは、これまた全裸でやや黒いものをぶらさげている(少し勃っていたかも)中年韓国人男性(太めで身長は160CM程度?50歳くらい?)
が立ち上がった状態で肩を揉んでいる(妻の頭の上におじさんのが乗っかるように見えた)非日常的な光景を見て、この光景は一体何なんだろう?
と素直に疑問に思うとともに、日本や韓国では絶対にありえないこの状況にいる日本人と韓国人の、この行動と心境を、今なら冷静に考えることができるような気がします。

あまり気持ちよさそうでもない妻は、3分ほど経過してもう結構といった感じでしたが、整体師のおじさんが、今度は腰を揉んであげると、妻を連れ他のおじさんたちとサウナの中に行ってしまいました。
私はというと、急に腹痛に見舞われ、逆にトイレに直行することになってしまいました。
言葉はわかりませんでしたが、楽しそうに笑いながら会話して、サウナルームに入っていったので少し心配しましたが、サウナには他にも客がいるので、変なことにはならないだろうと思ってはいました。

約15分後に私が戻ってきたときは、もうおじさんたちはシャワールームの方に行ってたようで、サウナには妻が一人でうつ伏せになっていました。
妻はかなり強く腰を揉まれたようで、長湯もしたことからぐったりした様子でしたが、大勢の韓国人のおじさんに裸を注目されたことから、疲れきったようで、特にサウナに入ってからは、整体師のおじさんがマッサージに疲れたとのことで、他のおじさんたち全員が代わる代わる妻の腰や背中を揉んでくれたようで、色んな意味で疲れ切ったようでした。
日本語に堪能なおじさんが言うには、「奥さんの体は大きいから、一人では無理だね・・」みたいなことを言われたそうです。
ちなみに、その時サウナには先客は誰もおらず、妻と韓国のおじさんたちだけだったようです。

私はトイレに行ってて15分間外していたのでわかりませんが、妻が言うには、腰の辺りだけでなく、汗だくで滑りやすくなった妻の肌を言い訳に尻や太ももの部分、胸に近い脇部分なんかもマッサージされたようです。
また、最後の5分間は仰向けにされ、下腹の辺りを中心にマッサージされたようですが、おじさんたちの指がヘアに何度も触れるのを感じたそうです。

結局私がいない間に、他の入浴客がいないのをいいことに、いいように妻の体を弄られたようで、妻もいい気分ではなかったようです。
今思えばさっさと帰っておけばよかったなと思いました。

ただ、当時あまり日本人に好意を抱いていなかった隣国の言葉の通じないおじさんたちに、遠いドイツの地で、妻の体をさわったことで喜んでもらえたとしたなら、当時の日本人の心境として安堵?するとともに、とても興奮したのを覚えています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

追伸ですが、新婚旅行でドイツに行ってから3~5年後になって妻に聞いた話ですが、韓国のおじさんたちとサウナに入って腰をマッサージされた時に、実は先客に西洋人の若い男性(高校生くらい?)が一人いたそうですが、妻がマッサージされ始めたのを見て、途中から明らかに興奮して勃起していたそうで、すぐその後にサウナを出たそうです。

マッサージを始めるに当たって、その韓国人のおじさんたちの一人(日本語が堪能なおじさんとは違う人)が英語を話せた様子で、その西洋人の若い男性に、「これから隣国の日本人の女性に頼まれて腰をマッサージしてあげるんだ」「韓国アカスリだ」みたいなことを言って、やり始めたらしいです。

ずいぶん調子のいいことを言ってると妻も思ったらしいのですが、別段、その若い西洋人男性に言い訳する必要も感じなかった妻は何も弁解しなかったのですが、妻の感覚としては、隣国の日本人に容姿が似たいやらしい中年おじさんたちに裸を見られたり、体を触られたりするよりも、年下(と思われる)の異性に裸を見られたことが、とても嫌だったとのことです。
女性にも色々な感じ方があるのですね。

韓国人のおじさんたちが、代わる代わる妻をマッサージし始めた際に、その西洋人の若い男性にも「やってみるか?」みたいなことを言った時には妻は顔から火が出るほど恥ずかしくなり、心臓がぎゅっとするような緊張感が襲ったそうですが、その西洋人の高校生?は恥ずかしそうに遠慮してすぐにサウナから出て行ったとのことです。
その時の勃起した彼のあそこは、とても大きかったのですが、白くて柔らかそうなウナギのようだったとのことです。

結局、妻はサウナルームの中で日本人女性1対韓国人男性10人くらいの状況の中で、時には肩と腰、内腿を同時に3人?のおじさんにマッサージされることになったのですが、その際、全てきちんと確認した訳ではないのですが、その韓国人のおじさんたちが、皆50~60歳くらいだったにも関わらず、半分くらいのおじさんたちが先端を赤く勃起してたことに(いやらしい意味ではなく、男性器の特徴を垣間見た印象として)驚いたそうです。
さすがにキムチパワーなのでしょうか?

<おまけ>
20年ほど前に、新婚旅行先のドイツの混浴サウナで、妻の裸体を韓国人のおじさんたちにいいように弄られた者ですが、さらに喜んでいただければと思い、その時の状況を懸命に思い出してみました。

まず、176CMと長身の妻は当時70KGほどあり、決してモデルのようにスラリとした体型ではなく、大型の白ムチといったボリューム感のある体型でしたが、一方の韓国おじさんたちは、皆やせ型で身長も低く、165CM以上ある方はいなかったと思います。
サウナルームに入る妻と彼らの後姿は、まるでムチムチ白雪姫と中年の小人たち、といった感じでした。
腰まで伸びた、妻の黒のワンレン(当時の定番)のロングヘアが印象的でした。

また、プールサイドで整体師のおじさんに肩をも揉まれている時も、サウナルームで大勢の韓国おじさんたちに体を弄られた時も、何度も背中や腰の部分におじさんたちのものが当たったり、(上手に)わざと擦り付けられた?らしいとのこと。
あからさまなものはなかったので、妻から拒否できなかったようですが、うつ伏せになってる妻に交代で代わる代わる腰や尻のマッサージをしている時に、ラスト2名のおじさんは、妻のひざの裏辺りに乗る形で施術しており、おじさんたちのものが、妻のひざの裏から、時にはお尻にかけて乗るかたちになり、気持ち悪かったとのこと。
おじさんたちにすれば、うまいことやったな、というところでしょうか。

恐らく、両脚なんかもわずかに開かれた状態もなんどかあり、おじさんたちに妻のアソコもある程度鑑賞されたのだと思っています。
今考えても、新婚の妻の裸体を、外国人の脂ぎったいやらしいおじさんたちにいいように弄られ、見られ、当時非常に後悔した思いがありますが、それ以上変なことはされなかったことと、妻もそれほど嫌な感じを引き摺らなかったことから忘れていましたが、今になって冷静に考えてみると、本当に興奮しています。
妻も、あの体験がまんざらではなかったのでしょうか?

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 新婚旅行で妻の裸を弄ばれる

出張先でスレンダーな女子大生に出会い気持いい中出しセックスした体験談
最近した出張時の話。 地方の代理店へ出張し、 仕事を終えてホテルにチェックインしてから 晩飯がてら軽く飲もうと、 最近流行りの立ち飲み屋へ行ってみた。 オープンしたばかりで結構混んでいた。 自然と相席というか、1つのスタ […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 出張先でスレンダーな女子大生に出会い気持いい中出しセックスした体験談

女子大美術クラブでの出来事
画像はイメージです
僕がプロのモデルを目指していた19才の時のちょっと恥ずかしいけど楽しかったできごとを話します。



僕は身長178センチ、体重68キロ、小学生のころから水泳をしていたので逆三角形の引き締まった体形でした。



将来モデルになりたくてモデル養成スクールにかよって、表情、ポーズ、歩き方などのレッスンをしていました。



そんな時、「某女子大の美術の講師からモデルの依頼が来てるんだ。仕事は絵画のモデルでギャラはあまりよくないけど女子大生相手の芸術的な仕事だから、筋肉質の体の君にぴったりだと思うけど、やってみないか?」と校長から言われ内容もよくわからないまま引き受けることにしました。僕のモデル初仕事だしモデル料は安くてもとてもうれしかったのをおぼえています。



約束の時間に女子大の美術クラブ担当の先生をたずねるとまだ20代なかばの可愛らしい人で、名前は、山木 由佳さんといい、とてもしとやかですごくまじめそうな感じでした。



「宮田です。モデルの仕事は初めてなのでよろしくお願いします。」



責任者の50代の主任教授が、半年間ギリシャに出張中なので彼女が講義をまかされているそうでした。



「絵画の授業のモデルをお願いしたいんですけど、生徒は皆うちの学生です、ヌードになっていただくんですがよろしくお願いします。」



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ヌードとは聞いていなかったのでびっくりしましたがそこで断るわけにもいかず引き受けました。



今日は男性のヌードを描く授業ということで、女性のヌードはもちろんですが、男性のヌードを描くことも絵画の基本すごく大事なのだそうです。



由佳先生に案内されてアトリエに入ると既に女子学生が15人ほど画板をもって待っていました。



「今日は男性の人物画の勉強をします。モデルの宮田さんです。」と由佳先生が紹介すると、「よろしくおねがいしまーす。」と一斉に女子学生の元気な声。

7月だったので、ミニスカートやノースリーブのシャツを着た若い子ばかりなので一瞬びっくりしました。



由佳先生は僕に「洋服を全部脱いで段の上に置いた椅子にすわってください。」と言ったので戸惑いながらシャツと靴下を脱ぎもじもじしていると、「ごめんなさい、パンツも脱いでください」といいました。



僕は、服を全部脱ぎ生まれたままの格好になって用意されていた、背もたれが45度ほど起きている、足まで乗る長いソファーベドに乗りました。よく浜辺で日光浴する時に使う長い椅子のような感じで、白い毛布のような布がかけてありました。



しかし、15人近い若い女性に見られてると思うと恥ずかしくて、足を閉じて両手を股間の上に置いてチンポを隠していましたが、由佳先生が、「これからポーズを決めますので、私のいうようにしてみて下さい。」



最初に、ベッドを全部倒して仰向けになったり、ひざを立てたりしましたが、ああして、こうして、と言われながら結局、背もたれを半分ぐらい倒し、腕を頭の後ろに組んで背もたれに寄りかかり胸をはって足をかるく開いたポーズをとらされました。ひざの部分で椅子を倒したので足は床につきました。



ひざを閉じていると先生が「ごめんなさい、足を大きく開いてください、その方が男性の肉体美と力強さが出ますから。」



これで僕の大事なところは丸見えです。



由佳先生が「それでは初めてください。」



と言うと少し離れて立っていた女子学生たちが一斉に僕の近くに寄ってきました。



何人かは僕の横に立ちましたが、ほとんどの学生が正面に集まってきて描きはじめたのでビックリしました。



最初は緊張していて何がなんだかわかりませんでしたが、少しすると落ち着いてきて周りをみる余裕が出てきました。



学生は皆真剣な表情で画板と向き合ってましたが、よくみると中に何人か可愛い学生がいて

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


こんな若いきれいな子たちにみられてると思ったらそれまでちじんででいた僕のペニスが反応しはじめてしまいました。



自分ではこんなところで立ってはだめ、と思うのですが、15人近い若い女性に何も着てないところをみられていると思うと自然に大きくなって来てしまいました。



僕の横に立っていた女子学生が半立ちになった僕のチンポにきずき、ポーッと赤くなったのを見たらもうだめでした。グングンふくらみ天を仰ぐ状態になってしまいました。



みんなあやまろうかと思いましたが由佳先生も学生も気にしてない様子なので黙ったまま、チラッと僕の股間をみると皮もすっかりむけて硬くおったっていました。



みんなわざと気にしてないふりをして僕の裸を描いていたので僕も真面目な顔をしていましたがビンビンに立ったチンポを若い女性に見られるのって結構気持ちいいのを初めて知り、好みのタイプの学生の顔をじっと見つめながらチンポに力をいれてビクンビクンとさせるとさすがに顔を赤らめて下を向いてしまいました。



由佳先生と目が会ったのでちょっとだいたんになり腕を頭の上で組んだまま腰を前後に振り女性のあそこを攻めるしぐさをしました、ほとんどの学生がその動きの意味がわかったらしく顔を赤らめたり、下を向いてしまいましたが、先生は恥ずかしそうに、「みんな真剣に描いているんです。これは授業ですからそんなことはしないでください。」と顔を赤らめながら僕をしかりました。



しばらくして一人の学生が「由佳先生ここのところもはっきり描くんですか?」



僕の陰毛と硬く張った性器のことを聞いてるようでした。



「きょうのテーマは{男性の肉体美と力強さ}です。



ここのところをぼかさないでもっと正確に力強く書かないとよく見えない人は近くに来てよくみて書きなさい。」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「亀頭、ヘアー、性器の角度がいいわね、凄い、逞しくていいわね。」



「全体のバランスがいいし、性器の力強さをとてもよく表わしている。そりぐあいや艶もうまく表現できてる。」



などと学生に細かくアドバイスしてました。



絵を書き終わって由佳先生からOKを貰った学生は順次帰って行きました。



しかし、一人の学生だけがなかなかOKがでず、最後まで残ってしまいました。名前は、横山 梓さんといい、将来プロの画家を目指しているらしく、卒業後、絵画の勉強のためにフランスに留学する事になっているそうです。



ロングヘアーを肩まで垂らし、清楚でおとなしく良家のお嬢様という感じでした。



由佳先生が「あなたは何を書いても上手なのに今日はどうしたの?。この絵も全体像は素晴らしいのにここだけがだめね、もっと正確に描かないと。」



どうやら性器の周りがうまく描けず最後まで残されたようです。



梓さんは「すみません、私、男の人のあそこみたの見たの初めてなので恥ずかしくて。」と少し緊張してうつむいてしいました。



「そう、それじゃ無理もないわね。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


私も美大の学生の時、初めて男性ヌードを書いた時は恥ずかしくてなかなかうまくかけなかったもの。



美大の教授に教えてもらったんだけどそういう時は自分も裸になって書くとリラックススできてうまくいくそうよ、梓さんも脱いでみたら」と優しくアドバイスしました。



梓さんは素直に由佳先生のアドヴァイスに従い、白のTシヤツと長めの黒いスカートを脱ぎ、ブラジャーとパンティー姿になりました。



「全部脱いじゃったほうがいいわよ」と由佳先生。



「でもー」と言って僕の目を気にしてるようなので「ブラとパンティーも脱いだ方がいいよ、そこまで脱いだらおんなじだよ、僕も硬く大きくなったチンポ見せたんだから梓さんもおまんこ見せて、由佳さんのあそこも熱くなってるんじゃじゃないの、その方が涼しくていいよ。」というと、二人は「アハハ、、やだ宮田さん」といいながら笑い雰囲気がなごみました。梓さんは白いパンティーと水色のブラジャーを脱ぐと僕の正面に来て再度描きはじめました。



オッパイはあまり大きくなく乳首はへこんだままで、まだ一度も男に揉まれてないのがわかりました。



ヘアーはかなり濃くお手入れはしてなく自然のままでしたが、僕の視線にきずきとちょっと恥ずかしそうに微笑みましたが真剣に描き続けました。若い女性の裸を見たので僕のチンポが一段と硬く大きくなってしまったのが自分でもよくわかり、意識しなくても時々ビクッ、ビクッと脈うちました。



そんなペニスをよく見せてあげようと腰をできるだけつき出しました。



由佳先生も僕の正面にきて画板を覗いていましたが僕と目が合うとさすがに恥ずかしそうに目をそらせ、由佳さんに、「だいぶよくなったわね、ヘアーとペニスの角度は最高ね、でも亀頭をもっと大きくしたらどう、あんなに張ってるでしょ、あと硬さと力強さを表現できたら完成ね。」



「はい、でも力強さとか、硬い感じがうまく出せないんです。難しいですね。」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「じゃー目で見るだけで無く触ってみたら感じがよくつかめるわよ」



「私も学生のころ触らせて貰ったらうまく書けたわ。それまで一度も触ったことなかったから。



あなたも一度触って見るといいわ。やっぱり見ただけでは駄目なのね。」



二人は僕には断らずに股間に近づき、由佳さんが遠慮がちに指先で軽く僕の完全勃起状態のチンポに触れました。



「そんなんじゃ分からないわ、手全体で包むように握りなさい。」



言われるまま梓さんは白い可愛い手で僕の反り返ったチンポを握りました最初は軽く触っていましたが硬さを確かめるように強く手のひら全体で強く握ってきたので僕もチンポをビクンビクンとして上げました。



由佳先生、「どう、どんなかんじ」



「すごく硬いんですね、それに熱いぐらい」



由佳さんが手を離すと今度は先生がチンポに手を添えて、「この反り具合や艶もよくみてね、この血管も忘れずにね」



などと言いながら指先で浮き出た血管をやさしくなでたので、僕が「ウッ、ウッー、フッウー」と声を出すと先生はあわてて手を離しました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


僕が感じて、いきそうになったのがわかったようです。もう少しで二人の若い女性の前で発射してしまうところでした。



直接触ったせいかまもなくに由佳さんの絵にもOKが出て僕も梓さんも服を着て三人で雑談しました。



「由佳さんうまく書けたじゃない合格よ。よかったわね。」



「先生のおかげです有難うございました。」



「宮田さんもお疲れ様でした。本当に有難うございました。」



「若い女性にみられてると思うとつい大きくなちゃって、どうも失礼しました。」



「気にしないでください。学生たちもいい絵の勉強になりますから、でも若い男性はそれが普通みたいですよ。モデルさんお願いするとみんなビンビンになりますよ。



中にはみられただけで射精しちゃう人とかもいて。



女子学生の中にはよく見せて貰うふりをして真面目な顔をしてペニスをしつこく触って発射させるのを楽しみにしてる子もいるんですよ。困っちゃう。」



「じゃー、先生は男性の裸はたくさんみてるんですね。やはりおまんこが濡れることってあるんですか?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「やだー、変なこと聞かないできかないでください。でも私が学生の頃の友達なんか、みんなすごかったわ。



授業の後、「今日のモデルさん顔もスタイルもかっこよかった、立ったチンポも大きさ、長さ、色、つや、それにそりぐあいも最高だったわ、あんなの入れられたら私すぐいっちゃう。」とか「あんなの一度くわえてみたい、私濡れちゃってパンティーまでぐちょぐちょ。」なんて、すぐ彼氏に電話して抱いて貰ったりとか、彼氏がいない子は家に帰ってからオナニーしたりとか、みんな若いから元気よかったですよ。」



「梓さんごめんね、梓さんにはこんな話つまらないよね。」と僕。



「いいえかまいませんけど」



由佳先生が「梓はどうだった?」聞くと顔を赤らめて「私も体がほっててきて、触らせて貰った後ずっとあそこが熱いんです。」



「若い女の子なんだからそれが普通よ、そのぐらいじゃないといい絵は書けないわ。」



梓さんが「あのー、私、お二人にお願いがあるんですけど」



「なーに、遠慮しないで言いなさい。」と先生。



「私、男性と女性のヌードを別々じゃなくて同時に書いてみたいんですけど由佳先生と宮田さんにモデルお願いできませんか。]梓さんの突然の依頼に二人ともびっくりしましたが「でも、宮田さん時間は大丈夫ですか」



「まだ4時だから僕は大丈夫だけど先生は?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「私も時間はあるけど・・・・。梓だけならいいけど、宮田さんと一緒だとちょっと恥ずかしいな。



でも梓のためだからいいわよ。」



誰も入ってこないようにアトリエのドアに鍵をかけステージは冷たいので毛布をひいて準備完了。



僕が裸になりながら梓さんも脱いでくれるというと「はいわかりました。」



梓さんは素っ裸、「先生も脱いでください。」



先生もアトリエのすみで脱ぎはじめました。



パンティーストッキングはいていません。白いやや短めのタイトスカートがお尻にぴったりくっ付き



もっこりしたお尻がとても魅力的。ビキニパンティーのラインがくっきり浮かび上がりとてもセクシーでした。



白いブラウスを脱ぐと白のブラジャー、スカートを脱ぐと予想どうり黄色の小さなビキニパンティー、ゆっくり全部脱いで素っ裸になってこちらに歩いてきました。胸は思っていた以上に大きくヘアーも黒々と股間をおおっていました。



学生への講義とはいってもやはりそこは若い女性、右手で股間を左手でオッパイをおおっていました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


僕は毛布の上に座ると由佳先生も少し離れて座り、ちょっと照れくさくお互いの顔を見ません。



先生の下着素敵、これも一緒に書きますと言って、さっき脱いだばかりの由佳先生の水色のブラとパンティーを拾ってきて二人の前に置くと由佳先生は「いやだー、梓やめて、そんなの恥ずかしい、でも裸体だけより何かアクセントがあったほうがいいわよね。」



先生が脱いだ黄色のビキニパンティーとブラジャーを受け取り二人でならんですわり、パンティーを裏返しだいじなところにあたる部分広げてみると見事に濡れていました。



「ごめなさい先生、僕が勃起しちゃったので先生のおまんこまで濡らさせちゃって。」



「やだー、やめて、梓こんな事他の人に言っちゃだめよ」



「はい、誰にも言いません。」



梓、「ポーズをとっていただいてもいいですか。」



由佳先生「梓はなにを書きたいの?]「私、今度は、若い愛し合う男女の肉体美をテーマに書いてみたいんです。恋人同士の感じを出してください。」



二人はずりよってぴったりとくっついて座り、僕の左手を先生の肩にまわし、先生は右手を僕の腰にまわしました。



「もっと大胆なポーズお願いしてもいいですか。」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「大胆て言われても、私、他の人のポーズつけるのはできるんだけど自分ことはできないわ、宮田さんのほうがなれてると思うからお願いします。いうとうりにしますから。」



僕は由佳先生にあお向けに寝るようにいいました。やはり恥ずかしいのか両手を股の上に置いていたので、両手を頭の上に上げ万歳させてひざを立てさせ「股を開いて」と言うと、もじもじしながら「あそこをパンティーで隠して」というのでパンティーをヘアーの上に乗せると足を少しずつ開き



僕が「もっと大きく」というと、「もうこれ以上は無理です。」というところまで開きました。



由佳先生はあお向けで大股開き、かろうじて秘部を隠すものは股の上の小さな脱いだパンティーだけでした。



どう梓さんこんな感じで「すごい、由佳先生、素敵、でもパンティーはないほうがいいみたい」と小さな布を取ってしまいました。これで先生のおまんこは丸見えです。



先生のあそこすごくきれい。由佳先生のヘアーは思っていた以上に豊富でおまんこの周りまで生えていました。閉じた花びらは少し黒ずんで少し開いた隙間からピンクの中身が見えてそれがまたとてもエロチックでした。僕も先生のとなりに横向きにねて右手を先生のお腹のうえにおくと、僕の熱い肉棒が先生のへその当たりにおしつけられました。



「これでどう?」



「いろいろやって見て下さい気に入ったポーズを選びますから。」と梓さん。



僕は思いきって体を先生に密着させました。



先生の肘もって腕を頭のうえにあげさせ腰を太ももの間似いれました。由佳先生の股ははいっぱいに開きお互いの、陰毛と、性器を密着させ、思いきってキスをすると最初は唇を硬く結んでいましたが右手でオッパイをやさしく揉んであげると口を開き僕の舌を受け入れ、先生も僕の口の中に舌を差し込んできました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


しばらくディープキスを続けお互いに舌をからませてなめあいまい、梓さんみると画板と筆を投げ出し二人の行為に見入っていました。



「今は乳首がへこんでいるけど男に揉まれたり座れたりすると気持ちよくなって膨らんでくるんだよ。」



と言って右のおっぱいを口でなめ左の乳首を指でソフトに揉んであげると、「ハアー、ハッ、イヤッ、ダメッ、ウーン、アッ、アッ」と声を上げてのけぞってきました。



「あ、本当に大きくなってきた。」



「梓、恥ずかしいからもうみないでアトリエから出て行って。」



教え子にエッチな姿を見られるのは若い女性講師にとって、恥ずかしいのか屈辱なのか?。



それともまだ男の体を知らない梓さんには刺激が強すぎると思ったのか?「梓さん、見てていいんだよ、由佳先生ちょっと恥ずかしがってるだけだから。」



「はい、先生私もっと見ていたいんです。お願いします。」



「由佳先生、愛し合う若い男女の肉体美を梓さんにもよく観察してもらいましょう。僕のチンポはこんなになって先生のおまんこに入りたがってますよ。」と言って硬くなったものを先生のおまたにこすり付けました。



「いやん、アフ。それはだめ、梓が見てる。ハアーフン、アーンン。いや、だめーん」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「由佳先生見せて下さい。私こんなの初めて見るんです、とても良い絵の勉強になります。」



梓さんは絵を書くのを忘れて二人の脇に座りこんで二人のエッチなしぐさに見とれていました。



「どう先生のオッパイかわいいでしょう」



「ええ、乳首が大きくなってる。男の人に揉まれてる女性のオッパイってすごくきれい。」



僕がおなか、へその周り、アンダーヘアーにキスすると「アーン、いや、だめ恥ずかしい」



と両手で股間を覆いましたが、だめだよ「僕と梓さんに先生のおまんこよく見せてください。」



と両腕をまた頭の上に上げさせ手をどけてました。最初は腰をひねり股を閉じようと少し抵抗しましたが太ももの内側をなでられると感じてしまうのか足を大きく開かれてしまいました。



「梓さんこれが先生のおまんこだよ凄いねよくみて。」



まだびらびらが合わさったままですがすっかりぬれて、愛液が溢れて来ているのがわかりました。



いきなり花びらに触らずわざと太ももから秘部の周りをなでいよいよ穴を攻めます。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


花びらを指で開くと中はきれいなピンク色、今までの愛撫ですっかり濡れて愛液がお尻の穴までぬれてます。



指を割れ目に沿って動かすと「ハッ、ファーン」



と声を出し、指を穴にいれると腰を浮かせてのけぞりました。



指を抜き、「由佳先生おまんこ舐めさせてください」



と言ってお尻の穴と濡れたおまんこを舐めてきれいにしました。



まづは正常位ではめようと先生の股を大きく開かせ、ひざを先生の腰の脇において攻撃体制完了です。



「梓さん、よく観察して、若い男と女がの肉体がひとつになって愛し合うからね」



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「わー凄い、見てみたい。よろしく御願いします。でも由佳先生私に見られたくないみたい。」



「大丈夫だよ、ちょっと気取ってるだけだから。僕も由佳先生も梓さん見られてたほうが興奮するよ。」



僕は砲身を右手でもち先端をしたにむけ割れ目こすり付けました。



僕のチンポはがまん汁で既にヌルヌルでしたが由佳先生おまんこ汁をつけようと思ったのですが、先生は「アッツ、ハアーーン」と、挿入し易いように腰を上げてきました。



僕はわざといれずに、砲身の先端で割れ目にそって、上下にこすりました。



「御願い、御願いします。と腰をふりました。」



「何が御願いなの?、どうして欲しいの?」



「いやーん、意地悪、入れて。」



「何をどこにいれるの?」



「イヤーーン、宮田さんの熱いオチンチン、私の、あっ、穴に、おっ、おまんこに入れて、アーーハッン。」



「梓さんが見てるけど、いいの?」



「御願い、ハッ、アッウン早く入れてお願い早く。」



少しづつ入れることにし、やや黒ずんだビラビラをかき分けいよいよ挿入です。



なかに入れるとはじめはゆるい感じでしたが僕の突き方がうまいせいかだんだん締まってきて



チンポにからみ付いてきました。



梓さん二人が愛し合うところをよくみといてね。



先生の顔よくみてね。とても素敵でしょ。



「先生の表情とても素敵、恍惚の表情ってこんなお顔なのね。」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


先生、「そんなに閉めないでください」



「ア、アッーン、わっ、私締めてめてない。」



体位を変えました。



あお向けにねかせたまま股の間に座り足を先生のわき腹のところに出して太ももを抱えるようにしてはめました。



こうすると結合している二人の性器が梓さんにもよくみえます。



「梓さん二人が愛し合ってるところよくみてね、先生のおまんこと僕のチンチンすごくきれいでしょ。」



「だめ、いや、梓さんみないで。」



そんな声も僕が深く2ー3回突くと「アハー、アハー、ヒッ、ヒッ、フーーン、いい、いい。」に変わり腰を浮かせてのけぞるため二人には結合部がよけいよく見えてしまいました。



「凄い私初めてみました、先生のおまんこおちんちんを優しく包んでるみたい。



それにおまんこからおつゆがいっぱい出ていてエロチック。



そんなに激しく出したり入れたりたりしていたくないんですか。」



「ぜんぜん痛くないよ。こうすると男も女もすごく気持ちいいんだ。」



動くのをやめ、半分ぐらいいれた状態で「梓ちゃん、ここがクリトリスだよ、すごく敏感で触られると気持ちいいんだよ。さわってごらん。」



「アーン、だめだめ、梓やめて」



「えー本当にさわってもいいんですか。」と言っててを出し、僕の肉棒にさわり「すごい、カチンカチン、ヌルヌルしてる。由佳先生のおまんこチンチンにぴったりくっついてる。」



「クリトリスにさわってみな。」



梓が細く白い指でクリトリスをなでると、「ハアーーーン、ヤッ、イヤッ、ダメ、ダメ、」言いながら手で梓さんの手をはらおうとするので由佳先生両手の指に僕の指をからませ手をどけると、後は梓さんの思いのまま、「先生のおまんことてもきれい、あたたかいしすごく濡れてる。」



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「ハアーーアーン、イヤ、ヤメテ」と言いながらも梓さんのクリトリスへの刺激に耐え切れずおまんこをキュッ、キュッと収縮させました。



僕もそろそろ限界が近づき再度正常位ではめ込みましたゆっくり突きながら「先生お腹のうえにだしていいです。」か聞くとと「アッ、今日は大丈夫、私のおまっ、おまんこの、イヤッ、ハッフーン、なか、中に出して、ハッーハッー、穴、あっ、穴の中にたくさんだして、ビクンビクンて。」



それを聞いて僕はピストン運動を速めました。



「アッツだめだめやめて、いい、いい、気持ちいい。」



「どこが気持ちいいの、教えてください。」



「おまん、おまんこ」と恥ずかしい言葉を連呼しました。



「梓さん先生のオッパイを揉んで上げて。」と頼むと、「こんなかんじでいいんですか?」と先生の胸に手を伸ばしこねるように揉みはじめました。



「アン、梓、だめ、ヤメテ。」と手を振り払おうとしたので「揉んで貰おうよ。」と言い両方の手首をつかみ頭の横に押し付け「乳首も揉んで上げて。と言いました。



両腕を頭の横に押さえつけられ下半身に僕のゆっくりした出し入れを受け先生は抵抗できません。



梓さんの乳首を転がすような刺激におまんこは一段ときつくなってきました。



僕がしたように、梓さんが右のオッパイの乳首を口でなめ、左のオッパイをこねるように揉むと、由佳先生はあごを上げ、のけぞって、「ハーン、ファー、ファーウン、だめ、だめ」一段と声もセクシーに。



「どう、梓さんに、男のチンポくわえてるおまんこ見られて恥ずかしい、オッパイ揉まれて気持ちいいんでしょ。



いくところも梓さんに見てもらおうね。」



「アッ、ハッフン、早く、早く、いかせて、もう、もう、だめエーーーーアアアンダメーー。」



由佳先生は僕の動きに合わせて自分から腰をふり爆発寸前の肉棒を締め付けてきた。



「宮田さんいくときは一緒にお願い、穴の、おまんこの一番奥で、ビクンビクンさせて。」



「はい先生、一緒にいきましょう。僕の精液を先生の穴の中にぶち込みます。」



「先生、僕もうもうだめです、出ちゃいます。」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「ハーハー、私ももうだめ、いきます、きてきてアーイクイクイク。」



僕は先生のおまんこの一番奥にチンポを入れて、激しかった腰の動きをぴたりとやめ、「アッ、ウッ、出ます、オーッ、オーッ、いきます、ウッ、ウッ、ウッフッ、ウッフッ、ハアッ、ハアッーーーーーー。」



溜まっていた精液をドクンドクンと由佳先生のおまんこの一番奥に放出しました。



「アツ、ファーーーン、ハッーハッーハッー、いい、いい、アーーーいきます、いくーーーーー。」



さおのビクンビクンという動きに合わせて先生はのけぞり、腰を浮かせて秘部を僕の腰に押し付けてきました。



静かになり先生にぴたり重なり余韻を楽しんでいると最後の一滴ま絞りとるようにおまんこが僕のチンポを優しく締め付けてきました。



三人で服を着ながら、今日のことは内緒にしようと約束してキャンパスをあとにしました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 女子大美術クラブでの出来事

旦那が出張中の隣の美乳な奥さんと朝まで4発した不倫体験
隣の奥さんとのエッチな体験です 体が凄く綺麗でバストはこれ以上ない形、 それにすげぇテクとエロいんです。 俺、それなりに女知ってるけど最高な女性! 毎日想像しちゃってる俺 山口も○似かな アパートですが隣は子供はいない3 […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 旦那が出張中の隣の美乳な奥さんと朝まで4発した不倫体験

何だか温かくて気持ち良いの
画像はイメージです
25歳の時に高校を卒業したばかりの美人でスタイルの良い女と付き合い始めた。
処女だったからエッチなことは色々といちから教え込んだがゴム無しNGというのが唯一の不満だった。

話は変わって、自覚はなかったが俺のチンコは大きめで普通のゴムだとかなり締め付けられていて挿入しても気持ち良くない。
気持ち良くないどころか長時間挿入を続けていると痛くなってくる。

ある時、ドラッグストアでラージサイズのコンドームを見かけたので試しに買ってみた。


生とは違って多少の締め付け感は感じたが、久しぶりの気持ち良い挿入感で鳥肌が立ったくらいだった。
膣の襞がまとわりついて精子を搾り取られるような感覚に目眩に近いものさえ感じた。

「種類が沢山あるんだしコンドームも自分に合ったのを見つけて使うべきなんだなぁ」

なんて、考えながら膣の感触を楽しんだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女の方も、カリの段差がいつも以上に感じられて、ゆっくりしたピストン動作の抜く動きが気持ち良いみたいだった。
体位を変えつつも、流れを止めたくなかったので、挿入したままだったが、かなりヤバくなってきた。

彼女も何度目かのクライマックスが近付いてきたようだったから、正常位に戻りまんぐり返しで深くガンガン突いてフィニッシュ!

「何だか温かくて気持ち良いの」

その台詞を聞いて焦る俺。

慌ててチンコを抜いて確認すると、チンコの根元に破けてボロボロになったコンドームが!
輪ゴムのような部分だけが残ってかろうじて外れずにいたようだ。

慌てて立ち上がろうとしたが、膝がガクガクして立ち上がれない。
俺の様子に異変を感じた彼女も起き上がろうとしたが、腰が抜けてしまったようで立ち上がれない。

「コンドームが破けて中に出ちゃった」

説明する俺。

「何で!何で!」

半ベソになっても立ち上がることも出来ない彼女。

泣いている彼女を横にして俺は冷静さを取り戻した。

「射精したのに勃起が治まらない!この気持ち良さは何なんだ?ひょっとして生中出しってスゲーんか?!」

最終的には彼女を産婦人科へ連れて行き、中容量ピルを処方してもらい、事なきを得た。

しかし、これを機会に俺は「生中出し」に異常に執着するようになった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 何だか温かくて気持ち良いの

久しぶりに会った元カノとお風呂エッチで精液飲んでもらった話
このあいだ、大学の時のバイト仲間で集まって飲み会があったのよ。 で、当時4年ほどつきあってた彼女(サクラさん)も来てた。 大学卒業と時を同じくして別れたので会うのはかれこれ7年振り。 しっかし、顔も体型も全然変わってなか […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 久しぶりに会った元カノとお風呂エッチで精液飲んでもらった話

会社の2つ上の女性と電車で...
画像はイメージです
部署の飲み会があり飲み会が終わったあと、帰る方向が同じだからと2つ年上のSさんという女の人とほろ酔いで駅に向かっていた。



Sさんはスレンダーで顔は森高千里のようなひとだ。



駅に着いたら、ホームはすごい数の人でごった返していた。



人身事故か何かで電車が大幅に遅れているらしい。



2本の電車を人が多すぎて乗り過ごしたが、かなり時間も



遅かったので3本目にSさんと乗ることにした。これも超満員。



何とか電車に乗ることができたが、窒息死するのではないかというくらいの混みようだった。



押されながら乗ったのだが、Sさんと真正面で体が密着したまますごい圧迫で動けない。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

Sさんは僕の肩にあごをのせるような格好になっていて、Sさんの髪が僕の顔の左側でくっつき、何かいい匂いもする。



春だったがその日暖かくてSさんがわりと薄着だったこともあり、この状況に興奮してしまい、勃起してしまった。



ちょうど、Sさんのお腹のあたりに押し付けるような感じだ。



混みすぎてずらすことすらできなかった。



この状況でSさんと「すごい混みようですね」とか会社の人の噂話で普通に話していたが、電車は快速だったし、ダイヤが乱れていて途中止まったりでなかなか次の駅に着かない。



しばらくするとSさんが「さっきから何かお腹にあたるんだけど」と言うのであーあ、セクハラとか言われるのかなぁと思い、「すみません、体ずらしたいんだけど、圧迫されて全く動けないんで。。。」



とへたれな僕は素直に謝った。



「気にしなくてもいいよ。こんなんじゃしょうがないよね。」



と言ってくれ、怒ってないんだ、とホッとした。



この頃、つき合ってた彼女もいたし、Sさんはきれいな人でたまにオカズにしたけど、恋愛感情はなかった(この時は)。しかしオカズにするくらいなのでこの状況に体は正直だ。



Sさんは、「よく痴漢にあうんだよね。変なおじさんばかりでキモイ。」とか「でも時々若い人もいるんだよ。信じられない。」



などというが、今わたくしがやっているのは、触っていないけど、痴漢と変わりないですが。。。



Sさんは、ちょっと飲みすぎたね、と言い、僕の肩に乗せていた顔を僕の顔のほうに傾けてSさんの頭と僕の頬がくっつくような格好になり、顔を見ないまま話していた。



「今、彼氏が研修で海外行ってるから、男の人とこんなふうにくっついたりするとドキドキするよ。」



とボソボソとSさんは小声でつぶやいた。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

痴漢はキモイだのと言ったり、一方ドキドキするだのと言って、僕は混乱した。



股間は余計にパンパンになってしまった。



混乱しているうちに横のひとたちから体を押されてSさんと真正面に向かい合って



いたのが少しずれて、僕の左手の甲がSさんの細い、ももに位置した。



Sさんの左手は僕の股間にあたるような位置になっているような気がするけど、相変わらず圧迫されていたので、股間にあたるのはSさんの左手なのか左腕なのかそれとも腰あたりなのかがはっきりと判別できなかった。



この間もずっとSさんとは普通に会社の話とかしていた。



すると、残念なことに次の駅に着いてしまい、「開くドアは反対でも普通は向かい合う体勢を変えるよなあ」



と思いながら降りる人と乗ってくる人の入れ替えをなんとなく体勢を正面で密着したまま待っていたら、電車の反対側のドアは閉まって発車した。



内心すごいラッキーだった。



乗客は少し減り、圧迫されるほどの混みかたではないものの朝のラッシュ時と同じで十分密着したままでSさんの左手あたりに僕の破裂しそうなモノがあたり、僕の左手甲がSさんのもものあたりのままだ。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

何か股間に感触を感じたと思ったらSさんは「今、手に当たってるんだけど、ずらせないよ。ごめんね。」



「そんなことないですよ。謝らなければならないのはこんなになってこっちだし。」



「でも普通じゃない状況よね?」



「すみません」



「謝ることじゃないよ。こんな混雑してるんだもん。しょうがないよ。」と優しい。



次に信じられないことがおきた。



また電車が途中で止まって、グラっと揺れた瞬間に何とSさんは、「転ぶかと思ったよ。握っちゃった♪」と僕の股間を握ったのだった!頭の中は軽いパニックで「いいですよ。」とよくわからない返答をしたのだが、冷静に考えるとこんなものが手すりのかわりになるはずがない。



揺れは収まったのにSさんは握ったまま手を離さない。会話が会社の話しとかだったのが「ズボンのうえからでもはっきりとわかるね」とか段々Hモードになってきた。



勿論、益々小声だが。



それでへたれな僕も勇気を出して、Sさんのももにあった左手甲をSさんの股間にスカートの上から押し付けてSさんの様子を窺った。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

Sさんは抵抗もしなかったので、「Sさんのほうは握っているんだ。だから大丈夫」を信念にさらに甲を掌にして



スカートの上から押し付けるように触って



「スカートのうえからだとはっきりとわからないですね」とつぶやき



「女のひとだとそうかもね」とSさんは普通に返してきた。



もうここまでエロモードに入ってるとさすがに甲から始めたへたれな僕でも



スカートの中に手を入れようか、いや、それはまずいとすっごい悩んでついに実行に移してしまった。



ミニスカートでもなかったSさんだが、わりと短めの柔らかい生地のスカートだったので左手で少しづつスカートをたくるようにしてまくっていった。



「今、なにしてんの?」



ゲッ、やば。やりすぎか?警察に捕まるか?「はっきりとわかりたいんで。。。」とアホな返答に、「ふーん」とスルーしてくれたようで「そうするとわかるの?」



「たぶん」



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「あ、そっ」とSさんは僕のモノを強く握った。それで迷った挙句、そのまま続けた。



さっきまでセクハラ呼ばわりされたらどうしようと思っていたことを考えると大躍進だ。



まくり終わって、股間を触ろうかどうか一瞬躊躇したあと、ももを触った。



「あれ?ストッキングは?」



「伝染してたし、今日暑いからさっきトイレで脱いできた」と。



Sさんは握っていた僕の股間をさすり始めた。



一方、我が左手は、股間に到着。



「こんなに?」とおしっこをもらしたのではないかというくらいパンツがびしょびしょで、Sさんも普通に会社の話などをしながらもいやらしい気持ちになっていたかと思うと興奮した。



「すごい濡れてますよ」と小声で「Mくんだって、こんなんじゃん」と股間を強く握り締めた。



どういうわけだか、パンツの中に手を入れてはいけない気がして



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

パンツの上からでもわかる割れ目をずっとなぞったり、パンツの横から少し出ている毛をなぞったりしていた。



Sさん見ると、唇を噛んで何かをこらえているようだし自分も我慢できず、「次、降りませんか?」



「いいよ。」



ってことで、次の駅で降りた。



しかし、降りた駅、近くにホテルなんかなくしばらく歩いた。



繁華街と逆の出口を出たのか、快速が止まるにしては寂しいところだった。



すぐに周りに人がいなくなった。その先にスーパーがあった。



そのスーパーは深夜営業などやっているところではなく、裏に回ると自転車置き場になっていて



自転車置き場の奥に膝くらいの高さの植栽があり、自転車置き場と植栽の間の1メートルくらいの狭い間に行き(場所探しに必死です)、キスをした。



キスをして初めて自分の彼女に罪悪感を感じたが、エロい欲望のほうがはるかに勝っていた。Sさんも同じではなかったかと思う。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

こんな場所なので、ここではキスだけにして、やっぱりホテルを探そうと思っていたのだが、Sさんが「ここだと人が来ないよね?」と何度も念を押したので、「ここでもOKなのか?」



と疑いと期待が半々だった。



Sさんはどうも人目は嫌なようだ。(僕もだが。警備の人とかいるのだろうか?)だが、ブラウスの上に羽織っているものの前を開け、ブラウスの半分ほどボタンをはずし、ブラのなかに手を入れ、Sさんの小ぶりの胸を触ってしまった。やっぱり僕はもう止められなかった。



これがSさんの胸か。会社で今まで普通の関係だった人の胸なんだ、と思うと余計にクラクラしてきた。



色白のSさんの乳首はきれいな色(ちなみに当時の僕の彼女は沈着系)でそこを舌で転がしはじめると「ウーン」と声が漏れてきた。



普段より声が高いぞ。Sさんこんな声出すんだと思うと余計に興奮した。



Sさんは相変わらずズボンの上から僕の股間をさすっている。



Sさんのスカートに手を入れ、パンツの横から指をいれ、直接割れ目をなぞった。



ぐちょぐちょだった。クリをさするとピクンとし、「はぁっ」と大きくため息をし、声をこらえているようだった。



パンツが邪魔なので、片足だけ脱がし(靴がひっかかり少し面倒だった)、Sさんの片足を植栽にあげてSさんの股間を眺めた。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

5メートルくらい横に電灯があり、少し暗いもののよく見えた。



「はずかしいよー」



暗くてあまり見えない、と嘘をついた。



胸のときと同じで会社の人の「こんなところ」をみていると思うと更に興奮した。



(どちらかというと毛は普通よりやや濃い目か?)そして舐めた。



「きたないよー。そこは、いいって」と言われたが続けた。



ずっと声をこらえているようだが、気持ちよさに少し出てしまうようだ。



3分くらいたっただろうか(早かった)、すると突然「もういい、もういい」といきなり僕の頭をつかみ離そうとしたが、そのままクリを舐めてると「あーー」と少しだけ声を出して、股間を突き出すようにしてSさんは果ててしまった。



「もう、なんてことするの?はずかしいよ」



「Sさんが気持ちよくなってくれて嬉しい」



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

と僕はほんとに嬉しかった。



少し余韻に浸ったあと今度はSさんが「Mくんのが見たい」と言ってジッパーを下ろした。



モノを出すと「へぇ」とSさんは言い、裏をみたり握ったり観察していた。



「なんかたくさんヌルヌルしてるね」(そりゃ、ずっと我慢してたから)「見たいと言われると少し恥ずかしい」



「私のは散々みたくせに」(ごもっともです)「女のひとも見たいとかって思うんです?」



「わかんない」



「わかんないはないでしょう?」



「よくわかんないよ。変なおじさんのは見たくないし。Mくんのは見たいなーって思っただけだよ」



といい、咥えられました。



Sさんも僕が思ったのと同じく「会社のMくんのおちんちんみちゃった」とか「Mくんのってこんなんだったんだー」とか思うのかなぁとぼんやり思った。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

Sさんのフェラはちょっと歯が当たるけど気持ちいい。このまま続けたら出ちゃうかも。



出たら困る。



「Sさん気持ち良すぎるからもういい。」



Sさんは口から僕のモノを離して僕を見上げると「なんで?」



「Sさんの中に入れたい」



「あー、先に言った。言わせたかったんだ。」何だか可愛い。



しかし駅降りたときラブホテルのゴム使えばいいやと思っていたのでゴムなんか持ってない。外でこんなことをする予定ではなかったんだ。



「Sさん、ゴムないですよ」



「えー?」



「だってこんな予定じゃなかったもん」



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「そうだよね。もし予定に入ってたらコワイ。でもどうしよう。。。」としばらく考え「じゃあ、外に出して」



「大丈夫?」



「だって私もおさまりつかない」



おさまりつかないって、その言葉に何だか興奮した。(興奮ばかりしている)それでSさんの片足を上げて正面から入れようとしたけど、こんな体勢なかなかうまくいかず、自転車置き場の壁に手をついてもらって



スカートめくってバックから入れてみた。



ビショビショだったのでスルっと入ったけど、何だか締め付けられた。



少し腰を動かすとすぐ出そうになって止めてしまった。



「どうしたの?」



「気持ちよすぎる。少し落ち着きたい」



いつもそうなんだが少し止めたらそのあとずっと続けられる。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

それって自分だけなのだろうか。それともみんなそうなのか。



しばらくバックでやったあと、自分としてはやっぱり顔を見ながらがいいので正常位がいいのだが、「Sさんの顔を見たい」



「私も。でも寝転んだら服が汚れるし。。。」



はいはい、僕が下になりますよ、ということになった。



植栽のブロックのふちに腰掛けた。



昼間暖かかったとはいえ、春なので夜は少し冷え、ブロックに直接触るお尻は冷たかった。



そしてSさんは僕のうえに腰を沈め、ゆっくりと動き出した。



ブラウスとブラを少しずらしSさんの乳首を舐めた。



Sさんの中に入っている暖かさやSさんの少し甘い匂い(体臭?香水?)、Sさんの細い腰のくびれや平らなお腹、細い肩、鎖骨などを触ったりキスしたり、髪をなでたり、Sさんとのことを実感しながら、ゆっくりと時間をかけた。



(時間をかけてゆっくりと動いていたのはSさんですが)このとき、なんて表現すればいいのだろう、静かな快感というかとても幸福感に包まれて、Sさんがとても愛おしく思えた。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

しばらくしてSさんのクリを触ると「もう。。。そこはだめ」と言われたが、無視してしばらく触ってると「ふぅ、気持ちいい」



とそのままゆっくりと動いたまま、Sさんは絶頂を迎えた。



僕ももう出そうだったので(静かな快感と言いながらも出るものは出る。本当はすごく我慢していた)「Sさん、出る」といって抜くとSさんが口に含んでくれてその中で爆ぜた。



Sさんは吐き出して、「やっぱり苦いね」といった。



「やっぱり、飲めない。」とも。「ごめんね。。。一度も飲んだことないんだ」



「うがいしたい。」(うがいするところなどない!!)と言われたが、一所懸命なところがほんとに愛おしく抱きしめた。(下半身は丸出しだが)服を整えたあとSさんは「今日は頭が変になるかと思ったよ。すごい気持ちよかった。こんなの初めて」と言ってくれたので嬉しかった。



「僕も」と言ってキスをして抱きしめた。



Sさんは2回、逝ったが、「感じやすい体質」と言っていた。ひとりエッチとかもするんでしょ?の問いには「あまりしないけど」と言っていた。(あまりって?やっぱりするんだ)何を考えてするの?には「彼氏のことだよ」と言われたので、少しがっくりだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「でも、今までわからなかったけどカラダの相性ってあるんだね。Mくんとの相性はいいかも」



「そうかも。自分が良かったなんて言われたことないし、自分もこんなに良かったのは初めてだし。Sさんとはいいかもしれない。」



Sさんは「今までつき合ってきた人以外とこんなことしたの初めてだよ。ほんとだよ」



と何度も言った。「じゃあ、僕とどうして?」と聞こうと思ったけどやめた。



Sさんは軽いと思われたくなくてそう言ったんだと思ったし、たぶん本当だろう。



Sさんにも彼氏がいて僕も彼女がいて、Sさんとはそれっきりだった。



2、3日後Sさんから「まずいよね、このあいだのこと。お互い彼女、彼氏いるもんね」と切り出され「そうですね。ずっと黙ってますよ。」と言ったが、好きになっていた。自分には彼女がいるので、Sさんを対象として見なかったから、気持ちをセーブしていたかもしれない。明るくて性格もすごくいいし、さっぱりしていると思ったら可愛くて抱きしめたくなることもある。



男だけじゃなく、女子社員のなかでも人気あったし。一回だけだけどカラダの相性も抜群だったし。



僕はこのことを引きずり、別にばれたわけでもないのに当時つき合っていた彼女とギクシャクし、別れてしまった。ギクシャクしたのは、Sさんのことが好きになってしまったからで彼女に心が向かなくなったのだった。



当時の彼女に悪いことをしたと思う。彼女のほうも僕に冷めかけていたのが、唯一慰めになる。(勝手か?)彼女と別れた後、しばらくしてSさんから「婚約した」と指輪を嬉しそうに見せられ、「Mくんにも式に出てもらいたい」と言われた。



「勿論ですよ。いっぱい幸せになってください。それとあのときの話しはエリート社員の僕としては困るので、お互い絶対に内緒ですよ」とうそぶいた。(エリートじゃないので)「うん。ほんとにありがとう。Mくんでよかった」



しばらくはボーとしてしまい、仕事にも集中できなかった。



それから一年たらずでSさんは結婚してしまった。



今でも時々思うのだが、Sさんは僕のことをどう思っていたのだろう。



好きだったのか。一度きりの関係を持ったあと、ほんの少し前より親しくなったけど以前と比べても微妙な差だ。



もともと仕事で重なることがあったので他の人よりは親しかった。



でも「好き」とは違う。当時僕は狂おしいほど(死語)好きだった。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

でもSさんにはそのことは言えなかった。



言ったら、タガがはずれぐちゃぐちゃとし修羅場をむかえるような気がしたからだ。社内だったし。



そしてSさんは僕に「式に出てほしい」と言った。



「好き」だったからそう言うのか、それとも「好き」ではなく単に親しいからそう言ったのか。



Sさんが結婚して、思っていたほどのショックはなかった。



ショック死するのではないかと思っていたので。。。



式に出席して、会社関係で式に出席した男性は僕ひとりで怪しまれるのではないかと思ったが、仕事で重なることが多かったせいか、周りは別に不思議に思わなかったらしい。(ホントか?)その後の披露宴では、旦那さんの人となりもわかりSさんを幸せにしてくれそうな人で良かった。



不思議と心の底からそう思った。凄い嫉妬心が出るのかとも思っていたのに不思議だ。



二次会にも出席したが、二次会では迂闊にも旦那さんとのじゃんけん大会の最後まで残り、最後は何と旦那さんに勝ってしまったというオチまでついた。



Sさんは嬉しそうに微笑んでくれていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 会社の2つ上の女性と電車で...

彼氏持ちの看護婦さんをお持ち帰りして、写真撮りながら中出しセックスした話
職場(病院)の忘年会の話です。 一次会は温泉旅館の大広間でスタッフ全員で大宴会なんですが、 お偉い方も参加しているので さして盛り上がるでもなく普通に過ぎていきました。 ほろ酔い気分で二次会ですといっても 二次会は同じ旅 […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 彼氏持ちの看護婦さんをお持ち帰りして、写真撮りながら中出しセックスした話

合宿先で好きだった女が同級生に犯されて
画像はイメージです
うちの高校は、出来の悪い田舎の農業高校だった。

こんな学校だから女子の人数は少舐めで、1クラス男子が約40人のところ、7人ぐらいしかいなかった。
しかもあまり可愛い子はいなく、よその学校だと並程度の子がかなりモテていた。

俺のクラスにSという子がいたが、1年の時には何とも思わなかったけど、2年になってまた同じクラスになった時はちょっと好きになっていた。
Sは男子の人気が高かったが、違う学校に彼氏がいるらしかったので、みんながどんなにアピールしてもせいぜい友達止まり。
俺なんかは問題外だが、それなりに話はしていた。

うちの学校では2年の秋に2泊3日の合宿訓練があった。
それは社会科見学の農業版のようなもので、牧場やビニールハウスなどを見て説明を聞いたりする。
あまり面白いとは言えないイベントだったので休む奴も多かったが、俺は一応真面目な方なので参加をした。
不真面目な奴もいくらか参加していたが、どう見ても勉強なんかしていなかった。

で、夜は当然、喫煙と酒盛り・・・。
教師はほとんど放任主義で、見回りも20時頃に一度来るだけ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

たぶん色々気づいていると思うけど、ある程度は見て見ぬふりをしているんだろう。
事故さえなければ知った事じゃないようだった。

合宿部屋は男子が約8人ずつ、女子が1クラス全員(7人)に別れていた。
8人と言っても結構広くて余裕があった。

2日目の夜、誰かが呼びにいったため、女子が4人こっそりと遊びにきて、その中にSがいた。
みんな風呂上がりはジャージに着替えるんだけど、普段見慣れたジャージ姿も少し濡れた髪で着ていると妙に色っぽかった。
Sはファスナーを胸元までしか閉じていなかったため、たまに膨らみが見えてどきどきした。

(Sの彼氏はあの胸を味わっているのか、それともまだ処女なのか?)と、色々妄想した。

みんなで水割りやワインを飲んで話していたが、途中で女子2人が退場。
その時Sも帰りそうだったが、みんなSだけは必死になって引き止めた。
その後も結構飲んでいて、もうひとりの女子Aはかなり酔ってしまい、散々騒いでとうとう部屋の隅で寝てしまった。
Sも少し酔っていたが、Aがいる為か警戒心もなく、余った布団を窓側のAの下に敷いてそこで寝る事になった。
とはいえ、男子と並んで寝るのは抵抗があったのか、間にテーブルを置いて仕切りにした。

で、そのテーブルの隣りがなんと俺。
偶然だったんだけど、かなり嬉しかった。
テーブルの下、高さ数十センチ、幅1メートルぐらいの隙間の向こうにSが寝ている・・・。
それだけでドキドキしていた。

その時は、その後に起きる事など想像もしていなかった。

一度寝てからどのくらい経ったのかわからないけど、“ガンッ”という音で目が覚めた。
何かテーブルにぶつかったようだ。
暗くてよくわからないけど、Sの方でごそごそ黒い影が動いている。
窓のそばに外灯があり、完全な闇ではなかったので、テーブルの下からじっと見ているとだんだん目が慣れてきた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

・・・誰かがSの上に覆いかぶさっていた。

Sのジャージは既にはだけていて、外灯の光で青白く光る肌の上を黒い影がもぞもぞ動いている。
ブラはすでに持ち上げられ、胸のあたりに黒い点・・・乳首がちらちら見えていた。
俺は目の前の信じられない光景に心臓がバクバクだった。
影は胸から顔の方へ上がっていく。

小声で「いやっ」と聞こえたと思ったら、顔を押えて無理やりキスをしているようで、Sの「うっ」ていう小さな呻き声が聞こえた。

ぴちゃっと卑猥な音が聞こえる。
ふーふーと上の方で息遣いがするので見ると、もう一人誰かがいて、腕を押えている。

(・・・おいおい、これってレイプじゃないのか?)

そう思ったが俺にはどうする事もできず、情けない事にただ息を殺して見ているしかなかった。
というより、正直言って怒りの反面、もっと見ていたいという気持ちもあったと思う。
乳首が揺れると意識が完全にそこに集中していた。
顔から影が離れるとまた身体の方へ下がっていき、青白い上半身を撫で回している。
男の顔が胸のあたりで上下に動き、一瞬鈍く光った舌が見えた。
俺が夢にまで見た事を目の前でやっている奴に殺意が湧いた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

影がさらに下がっていく・・・。

小声で「ケツ上げろよ」と影が言った。

ちょいワルのKのようだった。

Sは言われた通りにしたのか、ジャージがするすると脱がされ、青白い脚が露わになる。
次に立てた脚の腿から膝へ、白く反射したパンツが上がっていく。
青白い下半身に黒い茂みがちらっと見える。
ほんの1メートル先でSがほぼ全裸にされてしまった・・・。
俺の頭の中はもうぐちゃぐちゃだ。

KはSの膝を開こうとしたが、Sが軽く抵抗している。
だがそれもすぐに強引にこじ開けられて、間にKが身体を割り込ませた。
たぶん指を入れてるであろう音が“くちゅくちゅ”聞こえ、Sがたまに顔をぶんぶん振っている。
泣いているのか、鼻をすする音がしていた。

Kが自分のズボンを下ろすと黒い影の下半分が露わになり、いきり立った気持ち悪いモノが現れた。
それにごそごそコンドームを付けている。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺は止めたい気持ちと見続けたい気持ちでさらにぐちゃぐちゃになった。
もっとも、止める勇気などないので見続ける事しかできないのだが。

Sは諦めたのかほとんど抵抗していない。
Kは広げた脚の間から身を乗り出し、腰をぬぬっと埋めた。

その瞬間、Sの震えた鼻息が「ふうううう」と大きく聞こえた。

3秒ぐらいそのまま止まっていたかと思ったら、二人の身体が徐々に上下に揺れ始めた。

(ああ、とうとうやられてしまった・・・)

1メートルぐらい先で、好きな女が同級生に犯されている状況に怒りと嫉妬で爆発寸前なはずが、俺はかなり興奮しているらしく、もうパンツは気持ち悪いぐらいぐっしょり濡れていた。
テーブルの下に頭を突っ込むほど身を乗り出している。

次第に結合部分から犬が水を飲むような、“チャッチャッチャッ”というリズミカルな音がしだした。
Kはたまに腰を止めて、両手で胸をさすったり舐めたりと時間をかけて、やりたい放題楽しんでいる。
Sが抵抗をしないので、上を見るともう一人の奴も押さえていた手を放し、しゃぶるようにキスをしていた。
そのうちKの動きが速くなり、止まった・・・と思ったら2、3回また振って動かなくなった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

やっとKから解放され、Sが息をふーふーと整えているのも束の間、もう一人が待ち切れなかったかのようにSに重なり、すでに抵抗を失ったSの両手を押えながら狂ったように腰を振りだした。
息なのか声なのか、「ハァッハァッ」と興奮しきっている。
おそらくレイプ気分を味わっているのだろう。

その時Kがタバコに火を付けたので、ライターで一瞬Sの裸体がボゥっと露わになった。
今やっているのはOのようだった。
紐のように緩んだブラ、その下で揺れる乳首・・・。
俺はその2秒足らずを心に焼き付けた。

Oに両手で乳首をぷるぷる弄られると、Sが「くっ」と声を出して大きくのけ反った。
そして自分の手で口を塞ぎ、また頭をぶんぶんと振っている。
テーブルの下から熱気と体臭がむわっとしたように感じた。

Oが果て、Sの身体に重なって「ふーふー」言いながら名残惜しそうに胸を揉んでいる。

(・・・ようやく悪夢が終わった)

二人はしばらく動かないSの横に座っていた。
OがたまにSの脚や付け根を撫でていたが、それでもSは無反応だった。
そのうち二人が自分の布団に戻ったあと、しばらくしてSも服を整え始めた。
股間に味付けのりを貼ったような黒い恥毛が白く光るパンツに包まれていく様も、俺は息を殺して見守っていた。

着替え終わると、Sはさっさと部屋を出て行ってしまった。

俺のパンツは失禁したようにぐしょぐしょだったが、寝たふりをしていたために今さらすぐに起きるわけにもいかず、しばらくはそのまま我慢していた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 合宿先で好きだった女が同級生に犯されて

妻はいいなりの状態で執拗に尻での奉仕を続けさせられます
我が家は2階建てで、1階は倉庫兼作業所になっており、 朝8時から夜の10時頃まで従業員3名と 私達夫婦の5名で玩具の検品業を営んでおります。 従業員といっても、正規の雇用契約を結んでいるのは1名だけで、 残りの2名は臨時 […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 妻はいいなりの状態で執拗に尻での奉仕を続けさせられます

セフレの勤める会社の更衣室の中で
画像はイメージです

前に関係の有ったK子から久しぶりにメールがあった。

彼女はある大手繊維会社に勤めている。
私の会所からは然程遠くない。
メールの内容は抱いて欲しいと言ってきた。

悪戯心が湧いたので、「今の会社に行くから秘密の場所はあるか」と尋ねると、女子更衣室の横に人が殆んど出入りのない備品倉庫があるとの事。
さっそく冒険に行く事にした。

大きなビルの上層階の会社には疑われる事もなく入れた。
打ち合わせ通りにエレベーターの横に彼女は制服を着て立って待っていた。
人の目があるので言葉はかけないで目配せをして、彼女の歩く後ろから離れてついて行った。
社内の廊下を奥へと歩くとあるドアの前で彼女は立ち止まり、周りを見渡してから私を振り返り手招きした。

私はその部屋に滑り込むと彼女も入り、静かにドアを閉めたが、鍵はかけていない。
明かりはつけれないが、横の女子更衣室の明かりが、パーテーションの上のガラス部分からの漏れる光で、室内は見渡せる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ロッカーや棚がびっしりと並んでいたので、その一番奥の隠れた場所に足音を忍ばせて二人で移動。
そこで抱き合い舌を絡め合いながら、彼女の制服のベストとブラウスのボタンを開けてブラを引き上げ、胸を露にして白く肌の綺麗な放漫な胸を揉み楽しむ。
乳首を舐めながらスカートを捲り、パンストと下着を一気に膝上までズリ下げてクリから割れ目を触ると、溢れた淫水の感触が指先からその滑らかな彼女の秘部を感じて私の下半身に淫らな刺激を送る。
彼女を後ろに向かせて、指でクリを擦りながらアナルから割れ目を舐めまわしていた。

その時、更衣室に数人の女性が休憩みたいでドヤドヤと入ってきた。

彼女は大きくびくんと体を反応した。
彼女は振り向いて私の顔を戸惑った表情で見てきた。
私は微笑み返して指を口の前に立てて、分かりきってはいるが、声を出さないように念を押してから再開した。

彼女の反応に変化が現れた。
必死で声を出さないように我慢しながら、濡れ具合いが違う。
中からだらだらと止めどなく垂れてくるのが分かる。
膝をがくがくと震わせて背中をのけ反り、私の腕を力を込めて掴みいった。
必死で声を押し殺しながらも体の反応は敏感になっている。
女の淫らな願望の一つだろう。

今度は私が立ち上がり、ベルトを外してペニスを取り出した。
もう反り返りペニスの先からは先走り液がカリ一面をねっとりと濡らしている。
彼女は跪き、私のペニスを頬張った。
自分は声を出せない分、私のペニスを口一杯に含みながら遠慮なしに音をたてながら狂ったようにしゃぶり咥えている。
横では笑い声と何気無い会話を交している声が筒抜け。
まさか仕事中で社内の隣で、こんな淫らな行為が行われているとは思わないだろう。
でも横にいる女性達の秘めた部分の願望で、同じ事をしてみたいのが本音で持っているのが分かる。
彼女は今それを実現させて、その強烈な刺激に快感を覚え淫靡な自分の快楽に溺れている。
危ない遊びです。

彼女はしゃぶりながらも興奮を口いっぱいに感じていたが、小さな声で「欲しい、入れて」と上目使いで求めてきた。
私は再び彼女を立たせて棚に手を付かせた。
お尻を両手で鷲掴みして、広げた割れ目にペニスをゆっくりとゆっくりと突き刺した。
急に突くと彼女が悲鳴をあげそうなので。
根本まで突き刺さり、先が彼女の充血した子宮にぶち当たった。
彼女は生理前の最も乱れる日です。
生理前で充血した子宮が膨らみ敏感になり、安全日の安心感が彼女の理性を女性ホルモンが完全に支配する。
こりこりとペニスの先に当たる子宮を、微妙な振動を与えながらこねわましていく。
子宮は固くこりこりとペニスに擦り、その度に彼女の反応は声でなく体で反応を表してくる。
余り落ち着いては出来ない状況が二人の興奮を高め、彼女は体を仰け反らせながらキスを求め、もういくから一緒にいきたいとせがんだ。
私は頷き、彼女の割れ目から伝わる締め付ける反応と、手を握る力の入り方で彼女の声に出さないエクスタシーを感じて、同時にその締め付ける力をかき分けて奥の子宮に熱いザーメンを勢い良く注ぎ込んだ。
びくびくと反応しながら膝が笑い、崩れ落ちそうな彼女を支えながらキスをした。

余り長居も危険なので、彼女の割れ目にティッシュを当てて、下着を引き上げ服を直してキスをして、先に彼女の確認から別々に部屋を出て他人の二人に。
社内を歩き、別れ際に目で挨拶をして別れた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! セフレの勤める会社の更衣室の中で

酔うと露出狂になる彼女と温泉旅行
画像はイメージです

九州のとある温泉地。
どちらかと言えば若者に人気がない方だと思う。
ただ俺とマヤはそののんびりした感じが好きだ。


ホテルに着くといつもの様に居酒屋を探す。
ここは既に2度目なのである程度はわかってる。
今回は前回行った居酒屋が良かったのでもう一度そこへ。
某筋肉芸人に似た店主と雑談をしながら、地元ではない、誰も自分達を知らない環境に開放的になり、自然とお酒が進む。

お互いに結構酔っ払ってお店を出る。
マヤは酔っ払うとエロエロになるので、すっかり俺の腕にしがみついて、時折キスをせがんでくる。
いつものチュッって感じじゃない。
人目を気にせずベロチュー。
俺もテンションが上がってるから容赦ない。
チンポが勃起してるのがわかると、マヤは嬉しそうにジーパンの上から擦ってくる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺も歩きながら腰から手を回して胸を揉んだり、はっきり言ってもう我慢汁グチョグチョな状態だ。
マヤもパンツの中は大変なことになっているだろう。

ホテルに着いて、もう我慢できないのでエレベーターの中でさらに激しくベロチュー。
スカートを捲ってパンツの上から股間を触る。
案の定、湿り具合がしっかりわかるくらいに濡れてる。
部屋の前に着いたが、もう我慢できない2人。
と言うか、お酒に酔ったマヤは露出狂になる。
もちろんモロに見られるのが好きというわけではないが、外でのセックスが大好きになる。

俺はドアを開けずにドアを塞ぐように立ち、我慢汁が垂れてるチンポを出すと、待ってましたとばかりに無言で一気にしゃぶりついてくる。
この時の顔のエロさはハッキリ言ってヤバい。
童顔な顔が一気に大人になろうとしてる顔だ。
壁に手をついてパンツを脱げと命令すると、お決まりで一度はモジモジしながら拒んでくる。

マヤ「ここでは恥ずかしい・・・。誰か来るかも・・・」

俺は強引に手をつかせて後ろからパンツの中に手を入れ、クリを軽くこねくり回すと、「あっ、あっ」と声が漏れる。
グチョグチョとはこの事だ。
無理やり脱がせてバックから挿入。
わざと激しく突き上げる。
マヤは声を出さないように手で口を押さえてるので、手を掴み後ろに持ってくる。

マヤ「声が聞こえちゃうよ・・・」

必死に唇を噛む姿も興奮するが、俺は口に指を突っ込み開けさせる。
声はもう抑えられない。
マヤが本当はやって欲しいのに、“自分からじゃない”という建前が欲しいのを俺は知ってる。
激しく早く突き上げると、「あっ、あっ、あっ、あっ」とだんだんと声が大きくなる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

マヤ「もうダメ・・・」

その時、隣の部屋のドアがガチャガチャと音がした。
とっさに俺達は部屋の中へ。
2人の格好と状況に思わず微笑む。

ホテルは和室だった為、既に布団が敷いてあった。
ベロチューをしながら仕切り直しだ。
2人とも全裸になり、改めて正常位から。
部屋に戻ってきた事もあり、マヤは周りを気にせず声を出す。
でも、お互いイクまではしない。
本番はこれからだ。

2人とも裸の上から浴衣を着る。
俺は当然普通に着るがマヤは違う。
肩を出し、帯は胸のすぐ下で締めて谷間を作り、浴衣の裾の後ろ側を持ち上げて帯に入れ込み、ミニスカートくらいになるようにする。
上半身はイメージ的に花魁(おいらん)の様な感じだろうか。
しかし浴衣なので、生地が柔らかい為、乳首が見えるギリギリのところまで胸が肌蹴ている状態だ。
と言うかピンと立った乳首がなければ、すぐに胸は露わになるだろう。
下は本当にギリギリだろう。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

正面のところが一番短くなる。
こういう時、小さい子はいい。
浴衣がフリーサイズの為、普通に着るとブカブカだ。
恐らく正面から階段で下りてきたのを見上げたら、マヤのマンコは露わになってしまうくらいの角度。

この状態になるとマヤは恥ずかしながらも、むしろ積極的に露出する事を求めてる。
2人でエレベーターを降りると、ロビーは既に消灯時間になっており、受付の男が一人。
マヤはいたずらっ子の様な顔をしながら、浴衣の胸の部分を少し浮かして俺だけに見えるようにする。
受付の男がチラチラ見てる。

マヤ「見えちゃうよ、見せたいの?」

いたずらっ子の様に笑うマヤ。
俺は腰から手を回して片方の胸を生で揉んで露出させる。
浴衣では隠れてないが手で隠れている状態だ。
受付の男と一瞬目が合う。
マヤは照れながらも嬉しそう。

ホテルの外に出るとすっかりマヤはスイッチが入ってしまった。
俺が揉んだせいで乱れた浴衣は気にしない。

両方の乳首が顔を出したまま歩く。
そして俺のチンポを浴衣の隙間から露出させる。
もはや浴衣では隠しきれなくなったビンビンなチンポ。
それを歩きながら嬉しそうにしごくマヤ。
すると前から車が来る光が見える。

マヤ「車来ちゃうよ?」

ニヤニヤ笑いながらやめないマヤ。
軽自動車に乗った年配の女性は驚いた表情をしていた。

道沿いにある、恐らく月極駐車場の車と車の間に入り、手マンをする。
そのとき気付いたのだが、太ももに滴るほどぐっちょり。
車に手をつかせて尻を突き上げさせバックで挿入。
アヘ顔ってこういうのだなっていうくらい、外灯に照らされて窓に映し出されたマヤの顔。
突き上げながら浴衣をスルスルっと脱がす。
わざと浴衣を少し遠くへ投げる。

マヤ「だめぇ・・・」

感じすぎてる証拠だ。
もうこうなると本当の意味で周りは気にしない。
最後は中に出すわけにはいかないので、申し訳ないがその車にぶっかけさせてもらった。
下に垂れる精子を見ながら口を半開きにしてる顔がエロ過ぎる。

その後、マヤの足はガクガクだった為に肩を抱えながら歩く。
浴衣は手を通さず肩に掛けるだけ。
帰り道はホテルに帰ってから2回戦の為とわかってる。
何度か車が通ったがマヤはもう隠さない。
それどころか突然しゃがんで俺のチンポをしゃぶる。
もちろんわざとだろうが、しゃがむ時に浴衣は地面に落ちて全裸になる。

何人に見られたことだろう?
でも、これがあるから1泊2日の旅行はやめられない。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 酔うと露出狂になる彼女と温泉旅行

友達の彼女は俺の幼なじみ
画像はイメージです

8年程前の友達の彼女との話なんだけど、つまらなかったらスマソ。

1年ぶりに会った地元の連れに、知らないうちに彼女が出来てた。
それは俺の実家の近所に住む幼なじみの陽子(仮名)だった。


陽子とは幼稚園の頃よく二人で遊んでたけど、小学校に入って以来すっかり疎遠になってたから、大人になっての意外な形での再会に少し驚いたよ。
昔から小柄で可愛いコだったけど、可愛らしさは相変わらず胸だけはやけに大きくて、時折見せるチョットした仕草が妙に色っぽくて、いい女になってた。

当時、俺は地元に戻ったばかりで彼女と呼べる女は居なくて、連れと会う時は陽子を交えて3人で会う事が多かった。
陽子は保育園で保母さんをしていて、よく「今日はお泊り保育♪」なんてノロケられてた。

「マジかよー、俺も仲間に入れろよー」って冗談ぽく言ってたけど、仲のいい二人が内心ちょっと羨ましかったな。

でもまあ昔からの連れの女だし、俺にとってはただの友達。
その時は特に変な気は起こらなかったよ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


ところが、連れは意外と女に冷たい奴だった。
俺の前でも平気で女に怒りをぶつけて泣かす始末。
気まずい空気が苦手な俺は、連れがいなくなった隙に、「怒られたなー、よしよし」って子供をあやす様に陽子の頭を撫でたりして、よく慰めてやってた。

そのうち陽子とは連れに内緒で電話で話す様になった。
話す事はだいたい陽子の悩みを聞いてやる事と、連れの性格をよく知る友達としてのアドバイス、あとは自分の恋愛体験談を話すくらいだった。
下ネタは話さなかったな。

ある夜、陽子からの電話で話してた時、何となく、「気晴らしに今からドライブでも行く?」って誘ってみた。

ふたつ返事でOKだった。
夜11時過ぎてたかな。

「じゃあ今からお風呂入るから後で迎えに来て」

陽子にそう言われ、ちょっと期待した俺って普通でしょ?

しばらくして車で迎えに行った。
他愛ない話をしながらドライブを続けて、地元で有名な夜のデートスポットで車を停めた。
他にも車は多い。
そこで悩みを色々聞かされたよ。
端から見れば上手くいってる様に見えるかもしれないけど、連れはいつも冷たくて寂しかったらしい。
陽子は泣き出した。

俺は困ってしまって、「泣くなよー」と頭を撫でた。

陽子は、「修くん(連れ)はそんな事してくれない」と、助手席から俺の肩に頭をもたれかけて来た。

ドキッとした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

どうしたらいいか判らずにしばらく動けなかった。
サラサラの長い髪にシャンプーのいい匂いがした。
ムラムラきた。
(たぶんこの時すでに我慢汁いっぱい出てた)

車内とはいえ、そこは密室。
しかも深夜のデートスポット。
確かに期待はしてたけど、陽子は幼なじみで連れの女。
一線は越えちゃいけない。
必死で我慢したよ。

でも・・・陽子の上着は薄いTシャツ一枚。
下はスカート。
季節は秋で夜はもう涼しかった。
ふたりの熱気で窓が曇ってた。

俺は陽子の顔を見た。
陽子が見返して来た。
目が涙で潤んで見えた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

(うっ、可愛い・・・)

我慢出来なくなった俺は、思わず陽子にキスをした。
優しく唇を重ねてみた。
でもそれだけじゃ物足りない。
勇気を出して、そのまま少し唇を開いてみた。
陽子もそれに応じて唇を開いた。

(陽子もその気だ・・・)

そこでやっと確信した俺は、もう夢中で舌先を陽子の柔らかい唇の奥に挿し込んだ。
陽子は積極的だった。
顔はまだ幼さが残るくせに激しく舌を絡めてくる。
俺なんかより上手い舌使い。
お互いの舌と唇が吸い付いて、ネチャネチャとキスをした。
陽子の唇から小さく、「あぁ・・・うん・・・」といやらしい声が漏れ始めた。
その声でチンポはもうギンギンに硬くなってたよ。

(もう抑え切れない!)

ハァハァと喘ぐ陽子の舌をピチャピチャチロチロと嬲りながら、俺はピチピチになったTシャツの上から乳を鷲掴みにした。
それは予想以上に大きくて柔らかい乳だった(後で聞いたらEカップ)。
片手じゃ掴み切れない乳房をもう必死に揉みしだく。
俺の唇は陽子の唇を離れ、舌は頬からうなじを這わせた。

「あはぁー・・・んん・・・」

陽子のいやらしい喘ぎが洩れる。
俺は腰に手を廻し、Tシャツの裾から滑り込ませた。
スベスベした肌。
細めのウエストラインを撫でるようにして手を這わせる。
Tシャツが捲れ上がり、陽子の可愛いオヘソが見えた。
そのまま乳房まで手を這わすと今度は大きめのブラが。
俺はその邪魔なブラを荒々しく一気に捲り上げた。
ブルンッとした弾力で、大きな乳房が現れる。
車内が暗かったせいで色はよく判らなかったけど、乳首は小さく、でも乳輪は少し大きめだった。
それを下から持ち上げる様にして必死に揉みしだく。

(大きい・・・それにすごく柔らかい・・・)

胸に顔を埋めて、もう無我夢中で吸い付いた。
初めは乳首の周りを円を描く様にペロペロ舐め続けた。
焦らすようにツンッ、ツンッと舌先で乳首の先をつつくと、「アッ・・・アッ・・・」と小さく声を洩らす陽子。
柔らかかった乳首がだんだん硬く尖ってくる。
たっぷり焦らした後、勢いをつけて舌全体を使って乳首をねぶりあげると、陽子は身体をビクッとさせ、「あぁっ、はぁぁ・・・ん・・・」と上擦った声を上げた。
感度はかなり良かった。
それともシチュエーションに興奮してたのかな?

陽子の小さな手が俺の太腿の内側に滑り込んで来た。
手の平で股間をグニグニとこね回し、弄ってくる。
俺のチンポがギンギンに勃起してるのを確認すると、「アァン・・・」と嬉しそうに色っぽい溜め息をついた。
そして手の平でチンポを全体包み込むように握ると、ズボンの上からゆっくりと擦りだした。
優しいタッチ、でもしっかりと握られた感触。
すげー気持ちよかった。
我慢汁漏れまくりだったろう俺は、もうこれだけでイッてしまいそうだった。
今まで経験した事のない興奮と快感を覚えながら、俺はまだ少し連れへの罪悪感を感じて迷っていた。

(どこまでならいいんだ・・・連れにバレたらマズイだろ・・・でも陽子もその気だよな・・・今さら止めるのもアレだろ・・・)

欲望には勝てなかった。

今まで見た事のない艶っぽく恍惚とした表情でいやらしい吐息を洩らす陽子。
小さな手は物欲しそうにいつまでもチンポを優しく刺激してくる。
俺は陽子のスカートに手をかけた。
スカートは膝下くらいの長さだった。
指で少しずつ引き上げ、スカートを捲り上げていく。
膝が見えてきた。
この時、陽子が膝を少し開いた気がした。

(陽子も期待してるんだな・・・)

興奮が増した俺はツルツルした太股の肌触りを楽しむように、ゆっくりと手を内側に滑り込ませた。
そこはムワッと蒸れていて、すごく熱く感じた。
何となく触る前から濡れてるのがわかった。
拡げた指がジワジワと蜘蛛の様に太股を這い、アソコに近づいていく。

「はぁっ・・・イヤッ・・・んっ・・・アッ・・・ハァハァ・・・」

陽子は声を抑えて喘いだ。
パンツの上からでもわかる。
陽子のアソコは恥ずかしいくらいビショビショに濡れていた。

右手でグチョグチョのマンコを弄りながら、左手で荒っぽく陽子の髪を鷲掴みにして俺と陽子はヌチャヌチャと舌を絡め合った。
ここまで来たらお互いもう止められない。
足をグイッと引くと、それに応えて陽子は出来るだけ足を拡げた。
二本指でパンツの上からアソコをなぞり、指の腹でアソコ全体をグニグニと揉むようにしてクリトリス辺りを刺激する。

「アァン・・・えっち・・・」

上目遣いで陽子は声を洩らした。
手は相変わらずチンポをニギニギ握っている。

「うん・・・」

それ以上何も言わずに、パンツの横から指を入れた。
恥毛が触る。
下の方を撫でるとマンコはクチュクチュ音を立てた。

「イヤ・・・ア・・・」

陽子は恥ずかしそうだった。

まだ幼さが残るくせに、似合わない程色っぽい声を出す・・・。
コイツ・・・。
コイツは連れの彼女で俺の幼なじみ・・・。
俺とコイツ、幼なじみだったんだよな・・・。

不思議な感覚に妙な興奮を覚えた。
俺は湿った恥丘に中指を埋め、溢れたマン汁で指を濡らすとズブブブブブ・・・とその指を挿入した。

クチュクチュクチュ・・・。

「・・・ッ!ハアァァァ・・・」

陽子は大きく息を吐いた。
チンポを握る手に力が入る。
俺は軽く入れただけですぐに指を抜いた。
今度はクリトリスを探して指を這わせる。
陽子のそれは小さいみたいでなかなか見つからなかった。
コリコリした所を見つけると、そこを指先でクリクリしてみた。
一瞬ピクンッ!と身体を震わせた陽子は膝を閉じようとする。

「アッ・・・ダメ・・・ッ」

ココだと思った俺は、容赦なく責めた。
陽子の身体はビクビク反応して、膝を閉じようと力を入れてきた。

「アッ・・・アッ・・・ウンッ・・・アッ・・・ッ」

膝にギューッと力を入れて指の動きを止めようとする。
そこで俺は一旦、陽子の股から手を抜きながら聞いた。

「ダメ?」

「ん・・・気持ち良すぎる・・・」

俯きながら陽子は答えた。
俺は陽子をそっと抱き寄せてドキドキしながら勇気を出して言った。

「俺の・・・口でして」

チンポを握っていた手はもう離れていた。


「・・・ウン」

その返事に俺のチンポはもうビンビン!
俺のパンツも我慢汁で濡れ濡れだったと思う。
少し出てたかもしれない。
俺はなるべく落ち着いてズボンとパンツを下ろした。
初めて陽子に自分のチンポを見せる瞬間。
恥ずかしかった。

(陽子はこの姿を見てどう思うだろう)

車の中でパンツ下ろして丸出しのチンポをビンビンに勃起させてる俺。
誰かに覗かれたらどうすんだ・・・。
それがまた興奮する。

ますますチンポが硬くなった俺はシートを少し倒した。
陽子が身体をこっちに向き直した。
Tシャツはずっと捲れ上がったまま、プルンプルンの乳もはみ出たままだった。
俺のチンポは待ちきれずにビクンッビクンッと脈打っている。

いよいよだ・・・。
チンポを握る陽子。
小さな手でシコシコと俺のチンポをしごく。

(アァッ・・・気持ちいいっ・・・でも・・・もっと・・・っ)

そう思った時、陽子の頭が俺の股間に覆い被さってきた。
そして生温かく湿った口で俺のチンポを包み込んだ。

「ウッ・・・クッ・・・」

堪らなく良かった。
チンポの先から爪先まで痺れた。
自然と下半身に力が入ってチンポはさらに硬く大きくなる。
陽子は舌でチンポの先をレロレロと舐めるとゆっくり咥え込み、ヌルルルルル・・・と顔を上下に動かし始めた。

「アアッ・・・アッ・・・クハァッ・・・」

あまりの気持ち良さに変な声出してしまった。
舌使いが上手い。

俺は陽子の顔を見た。

(陽子の口が一生懸命俺のチンポを咥えてる・・・舐めてる・・・しゃぶってる・・・)

眉間にシワを寄せて、でもなんだか嬉しそうな表情で。
俺は陽子の髪に手を伸ばして頭を撫でた。

(もっと奥まで・・・)

手に少し力を込めて軽く押さえる。

「ンン・・・」

陽子は声を漏らした。

「ン・・・ン・・・はぁ・・・だめ、苦しい」

(???いいとこなのに・・・)

「これが邪魔でやりにくい・・・」


言われて気がついた。
シフトノブ。
車はMTだったから、二人の間のちょうど邪魔な位置にあった。
陽子は無理して頑張ってくれてたんだ。
俺は申し訳ない気分になった。

「あ、そっか。ごめん、もういいよ・・・」

かなり残念だけど、陽子に苦しい思いさせるのは可哀相だ。
俺はそそくさとズボンを穿き直した。

「ごめんね・・・」

陽子は申し訳なさそうに俯いて言った。


俺はシートを起こして曇った窓の外を見た。
しばらく沈黙が流れる・・・。
時間は深夜2時を過ぎていた。
俺は陽子にキスをして言った。

「ホテル行こうか」

陽子は少し俯いたまま恥ずかしそうに、「ウン・・・」と頷いた。

俺は黙って車を走らせた。
運転に集中する俺の唇に陽子の人差し指が触れてきた。
チラッと見た陽子の顔は艶っぽくいやらしかった。

ここから先は当たり前の事しかないし、これ以上長くなってもしょうがないんで。
中途半端でスマソ。

後日談としては、結局陽子とヤッたのはこの1回だけで、連れにも秘密のまま友達関係が続いてた。
そのうち俺にも彼女が出来てから、自然と連絡も取らなくなりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 友達の彼女は俺の幼なじみ

処女なのにアナルまで舐めてくれた18歳の女子大生
画像はイメージです

サイトで知り合った18歳の女子大生とSEXしました。
名前は夏美(仮名)。
150cmと小柄で、顔は5点満点中3点ぐらいかな。
ちなみに処女!

俺は36歳、痩せ型、チュートリアルの徳井に似ているらしい、既婚。

夏美とはサイトで知り合ってからアドレスを交換し、付き合うことを前提に会う事となった(既婚は伝えてます)。
海辺で色々話して、その日はキス、乳揉み、乳吸い、クリ触りでバイバイした。
クリで3回ほどイカした。

これまでキスもしたことなく、他人にカラダを触られることも無かった夏美は感じまくってしまったことに衝撃と羞恥心を覚えたようだった。
オナニーはよくしてたみたいだが、初めて他人に触られることで、さらなる快感を覚えたみたいだった。

2週間後のデートでラブホに入ったが、夏美は生理中という事で、キスと上半身を責めまくった。
夏美にはフェラをじっくり教え込み、男のカラダも女性と同じように感じることを教えてあげた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

夏美は俺の感じ方がどのようなものかを見てみたくなったらしく、俺の顔や首、乳首などを興味深く舐めまくっていた。
18歳の処女にカラダを舐められまくった。
唾液でべちゃべちゃになったが、めちゃくちゃ感じてしまった。

それから2週間ぐらいメールでオナニーをさせたり、乳首やパンティ、マンコの写真を送らせたり、処女マンコを頂く前に調教を繰り返した。
若い性欲は天上知らずで、夏美は生理日以外は必ず毎日オナニーをした。

そして昨日、夏美を女にした。

ラブホに入るとソファに座る俺の上に対面座位で座り、キスをしてきた。
俺のクビや耳を夏美はべちゃべちゃに舐めまくって、シャツを脱がし胸板や乳首を貪るように舐めた。
ムスコははち切れんばかりとなりベッドへ移動。
夏美は馬乗りになり再び俺を責めまくる、ぴちゃぴちゃと音を立てながら。

しばらく舐めまくってから夏美はペニスを触り出し、耳元で「ズボン脱がしていい?」と囁いた。
感じ過ぎてぼーっとしてた俺が頷くと、楽しげにベルトを外し、ズボンを脱がせた。
我慢汁が付着したパンツを見て、「なんで、こんな汁が出てるのかなあ♪」「すごいカチカチだあ♪」など言いながらパンツをずらしフェラ開始!
本当に18歳の処女なのかと思われるフェラテクは俺のペニスをさらにパンパンにさせた。
裏筋、カリ、玉、蟻の戸渡は丁寧に夏美の唾液でコーティングされ、ジュポジュポとこちらを見ながら微かな笑みでしゃぶりまくる・・・。

「アナルも舐めて」と頼むと、「へへっ」と笑い、舐め始めた。

俺「おーっおおう」

俺は声をあげ、快感に身を委ねた。
同時に理性はぶっ飛んだ。

夏美にキスをし、そのまま覆いかぶさり夏美のカラダを貪った。
夏美は今まで以上に興奮して感じまくっている。
夏美のシャツ、ブラ、ショート、パンツを剥ぎ取るとマンコはすでに挿入OKなぐらい濡れていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

クリを触るとすぐにイッた。
マンコを獣のように舐め何度もイカした。
夏美は今までにない快感を覚えたようで、顔は赤く蒸気し目を潤ませていた。
夏美のマンコにペニスを宛てがい少しずつ、押し込む。

夏美「ゴムつけないの?・・・痛い・・・あ、痛い」

夏美は訴えかけるが、俺はあまりの興奮に夏美のマンコにペニスを侵入させていった。
ペニスを挿入し本能のままに腰を振った。

夏美「痛い・・・痛いから抜いて」

さらに夏美は訴えかけるが理性のぶっ飛んだ俺はがむしゃらに腰を振った。
いつの間にか夏美は、「はあ、はあ、あ、あんっ♪あ・・あん、あー」と喜びの喘ぎをあげだした。

夏美「あ、あんっ、感じちゃう、痛いのに感じちゃう。あ、あっ、痛、や、感じちゃ・・・う♪」

よし来たと思い、緩急をつけたピストンに変更した。
途中、「もうすぐ快感だけに変わるから」と夏美に伝えピストンを続けた。

夏美「あ、あん♪おチンポ気持ちいい♪」

腰を振りながら心でガッツポーズだ。
ズンと奥まで突き上げ、子宮をグリグリ刺激すると・・・。

夏美「な、なにこれ?イッちゃ・・・う!イッちゃうよぉー、おチンポグリグリで夏美・・・イッちゃう」

夏美は絶頂を迎えた。
初SEXで初イキ・・・。
男にとってこれほどの充実感は滅多に味わうことがないだろう。
俺は感動に身を震わしつつ腰を振りまくった。

夏美「あ、イキそ、またイク♪こーくん♪イッちゃう」

夏美はイキまくった。
イケばイクほど感度が増していくタイプらしく何度もイキまくった。
その後、正常位からバック、対面座位、横ハメ、立ちバック、立ち正常位など色んな体位を試みた。
夏美はあらゆる体位でイキまくりだった。
悶える夏美は狂ったように、「チンポ♪こーくんの生ちんぽ♪」と連呼し、30回ぐらいイッた。

次は高校時代の制服を用意してくれるらしい。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 処女なのにアナルまで舐めてくれた18歳の女子大生

本番以外なにやってもいいよ
画像はイメージです

5年ほど前にやったTVエキストラの話を。

某DTのHちゃんとS福亭S瓶がやってた深夜番組。
その日は、ふたりが都内のパンチラスポットを巡るという企画でした。
例えば駅のホームを見上げることができる場所とか、そんなのです。
俺(♂:当時22歳)が呼び出されたのは渋谷のとある喫茶店。

そのときまでロケの内容は「パンチラスポットの企画」としか聞かされていませんでした。
パンチラスポットの企画でなんで俺が?という状態。
事務所が行けと言ったら問答無用で行くのがうちの流儀(?)でした。

で、行ってみるとディレクターと名乗る男性が待っていて「もうすぐ女優さんもいらっしゃいますので」と言う。
そりゃ女の子も来るよなぁ、とか思いながら「あ、え、はぁ」と曖昧な答え。
そんな様子を察してか「ロケの内容、聞いてるよね?」とディレクター。

「いえ、聞いてないんですよ・・・」と素直に答えました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

困ったな、ってな顔でディレクターさんが説明をしようとしたとき、女優さんが登場しました。

これが可愛い。
18才くらいで、もうびっくりするほど可愛い。
少なくとも渋谷の駅から喫茶店に入るまでに見かけた女の子の中では一番可愛かった。
もしかしたらこんな可愛い子のパンチラが拝めるのかー!とすでにウハウハでした。
彼女が席について「じゃ、今日の段取り確認するね」とディレクターさんが説明を始めました。

聞けば彼女はデビュー直前のAV女優で、撮影内容もパンチラどころの話じゃありませんでした。
円山町にある何とかってラブホテルのルーフバルコニーに露天風呂(オープンバス?)があってそこのお風呂が隣のビルの非常階段から見下ろせるとのこと。
HちゃんとS福亭がその非常階段に陣取って、一般客(実際には仕込みの俺ら)のエッチを覗こうという企画だったのです。

「◯◯ちゃん(女の子)、大丈夫だよね」と目の前のコーヒーを飲み干すディレクター。
彼女は「あ・・・」と言って俺の顔をちょっと見たあと「・・・はい」と気丈に答えました。
彼女は企画意図を把握して来ていたみたいです。
当然ですが。
どんな顔していいのかわからないのは俺。
そして気持ちの整理が付かないまま件のホテルへ移動しました。

そもそも覗き、つまり盗み撮りという設定なので部屋にはカメラも照明さんもいません。
ディレクターさんと女の子と3人でしばし待ち時間。
緊張するし喋ることが何もない。
風呂にお湯をためながら、HちゃんとS福亭が到着次第始めましょうということになります。
女の子も今までグラビアしかやったことがなくて、こういう撮影は初めてとのこと。

俺もたいして経験があるわけではないので(TVも女性も)、必死に落ち着いてるフリをしてました。
ちなみに俺には当時彼女がいたのですが、付き合って3ヶ月でまだやらせてくれない、というアレな状況でした。
しかも女といっしょに風呂に入ったことなど一度もありません。
どうすればいいのか・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女が化粧室に入ったので、ずっと気になっていたことをディレクターさんに聞いてみました。

「あの、どこまで・・・っていうか・・・」

「あー本番以外なにやってもいいよ」

え?

「俺がこやって腕回したら、もっと激しく、って合図だから見とけよ。とにかく、恋人同士って設定だからわかるよな」と。
最後に「絶対入れるなよ」と念を押されました。
似たような企画で実際入れちゃってロケ潰しちゃった人がいたそうです。

やがて女の子が戻ってきてフリスクを齧る。
俺にも3粒くれる。
ここで完全に吹っ切れました。
というか、ちょっと好きになっちゃいました。
だってフリスクだもの。

やがて本番。
頑張る俺。
ケナゲな女優さん。
今考えれば普通にイメクラの恋人コースなのですが、あれは確かに恋でした。
カメラ位置は把握してたし、映りやすいポジションも指示されてましたが一切気にせず。
プロ意識ゼロです。

一応チラチラとディレクターさんの方は見ていたのですが、腕が回されることはありませんでした。
20分ほどで撮影は終了。
身支度をしてホテルを出ます。
私がホンワカしているうちに、彼女は渋谷の人ごみの中に消えてゆきました。

ギャラは半日拘束で3000円、交通費なし。
後日の放送時間は4秒ほどでした。
しかも全画面モザイクで肌色が動いてるのが辛うじてわかる程度。

「オッサンのち●ぽしか見えへんやん」というHちゃんの声が今でも耳に残っています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 本番以外なにやってもいいよ

女の子の部分で優しく迎え入れて
画像はイメージです

中学の時、一度眠ってる妹のまんこに触ったことがあるよ。
夕方自分の部屋のベッドに横になったまま熟睡してしまったらしく、少し開いたドアからたまたま寝てるのが見えた。
デニムのスカートでパンツが見えそうな感じでちょっとムラムラ。
これはチャンスかもと中に入り、しばらく観察したけど起きそうにない。

胸の先をちょこっと触るも反応なし。
それで服の上から胸を揉んだりつついたりしたけど、Tシャツにブラしてるので生乳は断念。
下の方も気になるのでスカートを捲り、パンツの上からここらへんかな?というあたりを指先でなぞってみる。
特に反応はしないけど、時々太ももをもぞっとさせてるので一応刺激は与えてるみたい。


しばらくあそこを撫でたりぐにぐにしたりしてたりしたけど、直接触ってみたくなってパンツの股間の部分をこそっとめくってみた。
女の子のあそこってどんなのかなー、とwktkしたけど部屋が薄暗くて確認できず。
ささーっと自分の部屋に戻って小さいマグライトを持ってきた。
そっと照らすとさすがにキレイな割れ目ってわけにはいかなくて、ほんのちろっと小陰唇ぽいのが見える。
クリトリスはどこか分からなかったけど、包皮は小さいけどあった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


これから成長していくのか、ああいうモノなのかは不明だけど。
指でちょっと開くとなんとも形容しがたい形で、中はこんなになってるのか!とビックリ。
後から思い出してスケッチしておいたんだけどね、いつの間にかどっかいっちゃったけど。
おそるおそる指で直接なぞってみると、なんだかぷにぷにで柔らかい。
あんまり濡れたりしてないんだな、と思って穴のあたりを触ると閉じたあそこでせき止められてたみたいで、急にヌルっとしてきた。

わ、寝てても感じてるのか!とちょっと興奮しつつ、濡れたあそこに指を押しつけるとそんなに力を入れてるわけでもないのに、ぬるるっと中に吸い込まれてしまった。
さすがに入れるつもりまでは無かったので驚いた。
こんなに簡単に入るもんなのね。

妹の様子を窺ったけど、よく濡れてたおかげか特に反応しなくて、もうちょっと入れてみる。
ゆーっくりと指を侵入させてみたら、結局根本までくわえ込んだ。
なんか凄い!レベル1なのにラスボス倒した気分!それにしても妹の股間と自分の手がぴったりくっついて中に指が消えてる光景はエロい。

全部入れた状態で指先を中で動かしてみると、ザラザラというかプルプルした肉がみっしりした印象。
たまに指先に硬いのが触れる感じがして、たぶん子宮口かな。
気のせいかも。

中に入れられてもあんまり反応しないので、ほっとしたようななんとなくつまらないような気がした。
膣内って結構鈍感に出来てるっていうけどあれみると本当かも。
調子に乗ってこんなだったらもう一本入るかな、と思ってしまうのが男のサガ。
一回指を抜き、中指に人差し指を添えてそーっと差し込んでみたけど、イヤまずいかな、途中で引っかかるようなら抜こう、と思ったんだけど、別に引っかかりもなくこれも根本までお召し上がり。

妹すげー!まさか経験あったんじゃないだろな?とは当時は疑問に思わず。
二本入れたは入れたけど、さすがにこの状態では動かせないので抜いてまた中指を入れ直した。
でも普段妹なんて肉親の情以外に可愛いとかは思わなかったけど、不躾に侵入してきた男の指を女の子の部分で優しく迎え入れて、柔らかなプルプルで暖かく包んでくれてるんだなー、なんて勝手に母性を感じて急に有り難く可愛らしく思えるのが不思議。

まんこに指入れてるだけなんだけど。
しばらく中のおへそ側の壁面を触ってると、後から考えるとGスポットのあたりだったからかたまに「うん・・・」とか艶っぽい声を出し始めて、気づかないうちにパンツまで湿ってきたのでこれ以上はヤバイかな、と思い指を抜いてそっとパンツを戻して部屋を出た。

出てから毛が生えてるかとかどんなパンツだったかとかは全然観てなかったと気づいたけど、後の祭り。
中まで探検したんだし、いいか!結局妹はその後ご飯が出来て起こすまで寝てて、「にーちゃんご飯ナニ?」とかさっきまでの色っぽさが嘘のような日常感覚。
後で風呂に入ったとき、乾いてた妹の愛液が溶けて手がヌルっとしてまたどきどきだったなー。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 女の子の部分で優しく迎え入れて

従妹に腕相撲で負けた貧弱な僕
画像はイメージです

小学4年の時、近所の伯母の家に届け物をしに行きました。
家には、小学6年の従妹のミキしか居ませんでした。
すぐに帰るつもりでしたが、ミキが「ちょっと上がって」と言うのでお邪魔しました。


ミキの部屋に上がった時、ミキは機嫌が悪そうでした。
ミキは僕の短めの半ズボンから出た脚を見ながら、「半ズボンがムカつくよね、男のくせに細すぎ、毛もないし、私より綺麗なのがムカつく」と言うのです。

「ひがむなよ、デブ」と僕はミキをからかいました。

ミキは自分の脚にコンプレックスがあり、普段も脚を出す事はありません。
その日も長ズボンを履いていましたが、その長ズボンは、はち切れそうで、僕よりかなり太いことは確かでした。

ミキは怒って、「自慢なわけ?私をからかいたくて半ズボン履いてんの?男が脚が綺麗で嬉しい?それより体、貧弱なんじゃないの?そんな脚してるし」と言ってきました。

「確かに僕は細いけど貧弱まではいかないよ」と返したら、「自覚した方がいいよ。させてあげる。私に腕相撲で負けたら貧弱クンだよ」と言われ、勝負する事になりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


ミキと僕の身長は同じくらいだったので、男の僕が負けることはないと思っていました。
案の定、勝負したら僕の方が少し押し気味でした。
もう少しで勝てるくらいの所でお互いの腕は止まり、膠着状態になりました。
なかなか勝負がつきません。
僕は疲れてしまい、力が入らなくなりました。
ミキの顔を見ると余裕の表情でした。

「貧弱どころじゃないよ、信じらんない、弱すぎ」

そう言って、じわじわとミキは腕を返して来ました。
僕は為す術なくミキにねじ伏せられてしまいました。
ミキはそれだけでは済まさず、反対の腕でも勝負させられ、戦意を失くした僕はミキに弄ばれて、体力を消耗させられるだけでした。

完全に虫の息の僕に、余裕のミキは「両手使ってみる?」と言い出しました。
結局両手でも負かされてしまい、自分の貧弱を思い知らされました。

僕の腕に力が残っていないことを良いことに、ミキは僕をおもちゃにし始めました。
そのまま押し倒されて、押さえつけられ、半ズボンの裾に手を入れられて、僕のチンコやタマを弄り始めました。

ミキが怖い声で言ってきました。

「お前なんか、女にこんな事されても抵抗できないくらい弱いんだよ、ほら、気持ちいいだろ、ガチガチじゃん」

僕のチンコは完全に勃起していました。
僕に出来る事は、ただ泣きながら哀願するだけでした。

「ああん、やめてよ、やめてよ」

ミキは泣き叫ぶ僕の声を聞いてとても満足そうでした。

「あたしを馬鹿にしたんだよ、許さないよ、我慢しないで出しちゃえば」

結局、そのまま射精してしまい、パンツと半ズボンは精子でグチョグチョになってしまいました。

「いっぱい出たね。洗濯して乾燥機にかけてあげるから、それまで下半身丸出しでいな」

僕はしばらくミキの部屋で下半身裸で居させられました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 従妹に腕相撲で負けた貧弱な僕

俺が大好きだった巨乳の佐智子
画像はイメージです

俺の田舎の昔話だが・・・。

中学生の頃、大好きだった佐智子という女子がいた。
小学生の時からの幼馴染で頭は良く、運動神経も良く、運動会のリレーなんかでは、毎年スターターだった。
大人しい子で顔は普通で、俺は小学生の時から好きだった。

ただ、その当時ではありえない位胸が大きく(当時は、巨乳なんて言葉はない)男子からの注目の的だった。

学校行事以外の日は、体育着での通学・授業を許可されていて、学生服を着ている生徒は、ほとんどいない状態だった。
佐智子も例外ではなく体育着で学校生活を送っていたが、その体育着から突き出た胸は体育の授業で使うハンドボール位の大きさがあり、体育(男女一緒)でハンドボールを行う際に佐智子がボールを手にすると男子からクスクスと笑いが漏れ出し、まるでハンドボールが3つあるような感じになり、運動神経の良い佐智子だから動きも俊敏でそれに合わせて胸の揺れ具合も比例している。

俺のクラスに『ちびまる子ちゃん』に出てくるヤマダを少し不良にしたようなテツって奴がいる。
コイツとも小学校の時からの友達だが、中学に入ると2コ上の田舎では、どうしようもない不良達の子分になり、しかも前からエロい奴で1年の時から、女子のスカート捲り・着替え覗き・お尻タッチを毎日繰り返していたエロエロ星人だったが、ヤマダのような性格だったのでなかなか憎めなく、心から嫌がるクラスメートは居なかった。

テツの中3になってからのターゲットは、クラスで一番可愛いミキちゃんだった。
毎日お尻タッチしていると、ある日ミキちゃんがキレた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


ミキ「どうして私ばっかり触るのよ。サッちゃん(佐智子)は、何もされないじゃない」と怒りだしたのだ。

言われてみれば、クラス38人中17人が女子だが、佐智子は殆ど被害を受けていなかったのだ。
言われたテツは廊下に逃げて行き、佐智子は下を向いていた。

次の日からテツの佐智子に対する乳揉みが始まった。
中3の二学期からテツは、佐智子の後ろの席に替わり絶好のポジションに位置し、後ろから手を佐智子の脇から入れて数回揉んで放すという風に休み時間(休み時間終了間際席に着いた時)の度に行っていた。
胸を揉まれている間の佐智子は、下を向いているだけで何もしないし言わない。
もともと大人しい性格だったが、運動能力と学習能力からは、想像も出来ないくらい静かな子だった。

佐智子は、ノーマル(スポーツブラではない)ブラを使用していたみたいだが、学校の身体測定の時に隣の教室から声が聞こえてきて・・・。

保険の先生「◯◯さんブラジャーのサイズあっていないんじゃないの?きつそうよ」

佐智子「私に合うサイズがないので、とりあえずEカップをしてるんですけど、体育で走ったりすると胸が飛び出ちゃうんです」

保険の先生「う~んアンダーが70でトップが98だから・・・Hカップ位あるようね。国産では無いかもね」と言う会話が聞こえてきた。

この会話に俺は興奮を覚えるとともに、次の体育の時間から佐智子が走るたびに胸がこぼれやしないか凝視していたのだった。

テツも気付いたかもしれないが、たまに佐智子の胸にポッチのような物がある気がする。
もしかしたらブラがきつい為に下着を外してノーブラになっているのかもしれない。
テツも揉んでいる時に「んっ?」と首をかしげながらやっている時があり、まぁ他の女子も小さい時からの友達だからノーブラで授業を受けている子も多かったし、俺達も特に気にはしていなかったが、佐智子のハンドボールだけは特別だった。

夏の暑い日になると女子はみんな名前入りのTシャツ姿で授業を受けるが、佐智子の胸はTシャツの上から見てもブラからはみ出ていて、ブラから出てる乳肉の丸みを帯びた部分が異常に俺の興奮を掻き立てた。
テツは相変わらずその胸を揉みしだいていて、休み時間に廊下を歩いている佐智子の背面から揉んだり、水を飲んでいて胸が下を向いた状態でいる際も下から持ち上げるようにタプンタプンと弄んでいた。
廊下をノーブラで歩く時のまるでプルンプルンと音が出ていそうな感じに俺の愚息も汁が出るほど勃起し、併せて運動(陸上)で鍛えたお尻もプリプリと左右に揺れ、子供心に色々な事がしたいと言う欲望を覚えて、友達から教えて貰ったマスターベーションをする日々だった。

夏の暑い日の放課後、陸上の部活を終えた佐智子にテツが声を掛けていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺も部活(野球)を終えて、二人の会話を聞いていた。

テツ「俺ん家に遊びにこないか?新しいレコード買ったんだ、田原◯◯のやつ」と誘っていた。

この当時はマッ◯とか◯シちゃんとかが流行っていたが、田舎のレコード店にはなかなかレコードが入らなくて1ヶ月遅れくらいの入荷だったが、テツの家は母子家庭で母親が昼間は工場で働き、夜は隣街のスナックに勤めていた事から新製品とか、割と新しい物が早く手に入る環境にあった。

俺は、心で「断れ」と祈ったが・・・。

佐智子「本当に!わ~聞きたいな~」と言って快諾してしまったのだ。

俺は居ても立ってもいられず、二人の後を尾行したのだ。

しばらくしてテツの家に到着すると、二階のテツの部屋に二人で入った。
俺は、テツの部屋が見える裏の空き家の二階に忍び込み、見張っていた。

二人を観察していたが、本当にレコードを聞いているだけで何も起こらなかった。
学校では、拒否もしないで、乳を揉みしだかれ、もしかしたらテツの事が好きなのではと勘違いしていた。
夕方5時半頃になるとテツの母親が帰ってきて部屋に行き、挨拶すると化粧して出ていった。

それと入れ替わりに2コ上の不良達が三人テツの家にやって来た。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

こいつらは本当に嫌なやつらで、強い相手には歯向かわず、弱いヤツばかり相手にするような俺の嫌いなヤツらだった。
部屋に着くなりタバコを吸い始めたら、テツはダッシュで灰皿の用意をしてヘイコラしていた。

佐智子「ありがとう。私帰るね」と立ちかけた。

ヒロシ「おいおいいいじゃねえかサっちゃんたまには、俺達と話でもしようぜ」と言った。

同じ中学で俺達が1年の時の3年だ。

ユキオ「テツ明日休みだから酒でも呑もうぜ~、ビールか何かねえの?」

テツ「冷蔵庫行ってきやす」とダッシュして1階に降りて行った。

テツが持って来た缶ビールを小さなグラスに入れ・・・。

ヒロシ「サっちゃんも呑みな~」と佐智子に手渡した。

佐智子「いえっ、お酒なんか呑んだら親に叱られます」と拒否していたが・・・。

ユキオ「大丈夫だよ、こんなの水だから」とグビっと一気に呑んで見せた。


他の二人も呑んでいて、テツも格好つけて立て膝でチビチビ呑んでいた。

ヒロシ「ほら、サっちゃんも一口呑みなよ~、ほら・・」とグラスを口に近づけるとイヤイヤ呑んでしまった。

テツの家は田舎の片隅の家なので、騒げど暴れようと一切隣なり近所には聞こえない場所にあり、小1時間くらい騒ぎ声が聞こえていた。
佐智子は最初の一口だけで真っ赤な顔になり、グラスの半分ほどしか呑んでいなかったが、なんとも言えない可愛らしい顔になっていた。

ヒロシ「昔から思ってたけど、サっちゃんオッパイおっきいね~」と佐智子の胸を凝視して言った。

佐智子胸元を隠しながら下を向いている。
窓を開けているので俺の所まで声が聞こえてくる。

ユキオ「俺さあ昔からサっちゃんの事、好きだったんだよね~」と佐智子に近づく。

佐智子は下を向いてしまったが、ユキオが佐智子の顎を持ち、上を向かせると強引にキスをしたのだ。

俺は怒りと驚きで声を出しそうになったが、必死にこらえて事態を見守った。
ユキオが舌を絡めキスをしていると、横からヒロシが佐智子の胸を揉み始めてもう一人の滝って奴が、ニヤニヤしながら見ていた。
滝って奴は、俺らと別の中学で高校で知り合ったみたいだが、どうせこいつらの仲間じゃロクな奴ではない事は確かだ。


佐智子は拒絶していたが、仰向けに寝かされ胸を揉み続けられていると、次第に腰がビクンビクンと海老のように跳ねて背を反らせて、ちょうど土手の当りを滝に向けているように感じた。

ヒロシがTシャツを捲り上げるとブラからはみ出ていたハンドボールのようなおっぱいがブリンっと飛び出した。
三段ホックのブラを外し、Tシャツも完全に毟り取られると今まで見た事のない綺麗な大きいおっぱいが露わになった。
何年かしてAVに登場した松坂◯◯子の胸を二廻りくらい大きくした感じで、しかも仰向けに寝ていても真上をドンっと見据えているように膨らんでいて、ヒロシが両手で鷲掴みに揉んでいるのだが、その光景だけでも俺は射精してしまったくらい見事なものだった。

ヒロシが乳首に舌を這わせると、佐智子は腰を何度もビクつかせて仰け反り、そのうち見ていた滝がジャージを脱がせそしてパンティーを脱がせた。
テツは、泣きそうな顔で見ていたが何もしなかった。

ユキオはキスをやめて自分のチンポを出して佐智子の口に当てたが、佐智子は口を閉じたままで顔を左右に振っていた。
しかしユキオが強引に口に捻じ込み、ついに咥えてしまったが、勿論フェラなんて聞いた事も見た事もない佐智子はすぐ吐き出してしまったが、ユキオに再度入れられ、今度はユキオが頭を抑え自分で動かすと10回位で射精してしまい口の中に放出した。
佐智子は、驚いて全部飲んでしまったようでコホンコホンと咳を何度もしていた。

滝に股を弄られている間も腰を跳ね上げていたが、これが男達の興奮を煽ったのか、ヒロシがついにコンドームを取り出し佐智子の股へと捻じ込んだ。

佐智子「が~、痛い~」

もの凄い痛がり方をして体を揺すったのだ。
その時におっぱいが激しく揺れて、俺は、この日2回目の射精をしてしまった。


痛がる佐智子を横目に、ヒロシは自分の欲望を満たしゆっくりとチンポを抜いた。
そしたらチンポに赤いものが付いていて、何だか俺は涙が出てきた。

滝も続けてゴムをして嵌め始めて腰を振っている。
佐智子は、動かないまま涙を流している。
滝も欲望を果たし、ユキオが入れると、佐智子は喘ぎ出してしまったのだ。
初めての経験から三人目で気持ち良くなったのか、ユキオの腰の動きに合わせて自分も動いている。
涙顔に薄っすらと笑みが見え始め、この上ない程の快感を覚えてしまったのかとても良い表情になっていた。

この後、もう一回ずつ欲望を果たして帰って行ったが、取り残された佐智子は、裸で仰向けになって寝息を立てている。
テツは、佐智子を起こさないようおっぱいを揉んで舐め回しているが、俺が“ドンッ”と大きな音を出して驚かせたのでビクつき、佐智子に服を着せてじっとしているだけだった。

暫くして目を覚ました佐智子は、テツの家から帰って行った。
俺は偶然を装いダッシュで廻り道をして佐智子と行き会ったフリをした。

すると、佐智子は俺に抱きつき、泣き出した。

俺「どうしたんだ?いじめられたのか?」

佐智子からは物凄い匂いがしていて、俺の家が帰り道の途中だったので家に寄り風呂に入れてやった。
佐智子の自宅には俺が電話して、田んぼに落ちて俺の家で風呂に入って帰る事にしてあげた。

佐智子を送る帰り道に色んな話をした。
黙って聞いてやった。
俺の事が好きだという事も分かり、付き合うことにした。

それから数年付き合い、結婚したが、俺は高校に入ってからボクシング部に入り、2年生の時に全国ベスト8まで行けた。
もちろんあの3人もボコボコにして二度と俺の前に現われないようにしてやったが、奴らは何で俺にやられたのか分からないまま過ごしているんだろうな~。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 俺が大好きだった巨乳の佐智子

ミラーマンに視姦されていた友達の母親
画像はイメージです

私が中学1年生の夏休み、いわゆる自由研究の課題の為、近所の図書館で調べものをしていました。

書棚を回り、参考になりそうな本を漁っていると、ふと向こうに見慣れた女性の姿を見つけました。
それは、小学校低学年からの付き合いがある親友のお母さん。

今思い返しても、その人は殊更“美人”とかいう訳ではない、でもブスではない。
太ってる訳でもなく、痩せてる訳でもない、ごく普通の主婦。
年の頃なら40手前。
それまでの私にとっては、ただのおばさんでした。
実際私は、その人を「おばさん」と呼んでいました。

その時のおばさんは、貫頭衣みたいなワンピースの、だぼっとした服を着ていました。
おばさんの髪の毛は洗いざらしで、しっとりと湿っており、さっきまで隣にあるプールにいた事をうかがわせました。

おばさんは水泳が好きで、よくその公営プールで泳いでいる事くらいは私も知っていたので、そのように思ったのです。
案の定、おばさんの片手にはビニール製の大き目のバックがぶら下がっていました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


何となく挨拶しそびれて、そのまま私は館内をうろついているうち、またおばさんを目にました。

おばさんは書棚の前に立って、熱心に本を読んでいます。
その横には、不自然なほど近く高校生くらいの男しゃがみ、本を読んでいます。
何となくその男の挙動に不信感を持った私は、やや離れて見ていると、高校生は慣れた手つきでポケットから小さな手鏡を取り出すと、おばさんの足元に差出しました。

(あ、おばさん、パンティー見られてる!!)

そんな事をする人が居るというのを知ったと同時に、自分の良く知る女性が見ず知らずの高校生の性欲に晒されている情景を見て、私は衝撃を受けました。

高校生は巧みに鏡を操り、おばさんの前から後ろから、おばさんを下から覗き見ております。
おばさんが、本に満足してその場を離れるまでの十数分、高校生も執拗に、じっくりと、おばさんを堪能したようです。

そしておばさんは帰り際に私を見つけ、「あら、◯◯君。こんにちは」と、声を掛けてきましたが、私はどぎまぎしてしまいました。
本人はまるで気付いていませんが、おばさんは今の今まで、自分の子供の様な年齢の男に下半身を覗かれ見られていたのですから。

私がどぎまぎしたのはそれだけの理由ではなく、もう一つ訳がありました。
それは、おばさんの、そう大きくはないが柔らかそうに脹らんだ乳房の頂上に、ポチっと乳首が浮き上がっていたから。
おばさんは、ノーブラだったのです。
私の目は、その突起に吸い寄せられて離れませんでした。

おばさんはそんな私の素振りは気にも掛からなかったようです。
それから、何事か会話をしたのですが、良く憶えていません。
私の記憶にくっきりと残っているのは、おばさんが別れ際に口にした言葉です。

「じゃあ、おばさん帰えるね。今日プールに行くのに下着忘れて、今おばさん服の下、素っ裸だから」

そうでしょうね。
幼稚園の頃から私のことを我が子のように可愛がってくれたおばさんだから、警戒心もなくそんな事を言ったんでしょう。

「素っ裸」なんて・・・。

しかし、さっき高校生に強制視姦されていたのを目撃した時から、おばさんは私にとって性的興味の対象になっていたのです。
しかも、ノーブラ・ノーパンだったと言うことは、あの高校生はおばさんの◯◯◯や、◯◯◯を、はっきりと見たはずなのです。
この、貫頭衣だったら、真下からおばさんのおっぱいも、乳首も見えていたかもしれません。

おばさんは、年端もいかない子供に、自分の恥部を全て見られてしまったのです。

その事実に、私は生まれて始めて性的な興奮を覚えました。

それから私は、おばさんに様々な悪戯を仕掛け、おばさんが自覚しないまま人前におばさんの恥しい姿を晒して、自分の欲求を満たしていったのですが、それはまた機会があれば投稿させて頂きます。

もう、30年も前の事だから、時効と言う事で・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! ミラーマンに視姦されていた友達の母親

セフレちゃんと韓国へ不倫旅行して露出プレイしてきた
画像はイメージです

3日前に本命セフレと韓国に買い付け旅行。
従業員兼セフレの都合の良い関係。
出張前から成田空港の近くのホテルで前泊。
その晩に2回、正常位から顔射と口内発射。

結構寝過ごし気味で、成田空港に大急ぎで行き飛行機に乗り韓国に。

なんだかんだで仕事を終わらせ、ウォーカーヒルってホテルでカジノ三昧。
ちょっとした新婚旅行気分と、周りに気兼ねしない開放感でちょっとテンション高めのセフレちゃん(W不倫のためw)
普段はギャンブルには一切興味も無いのだが、この時はバカラで楽しんでたw
これが後々あんな展開になる序章とは・・・w

俺はバカラとブラックジャックで1000ドル位浮いていたので、ただ飯食べたりスロットしたりで時間潰してた。
しかしちょっと目を離した隙に、ビギナーズラックは誰にでもあるものではないんだねっw
10万位負けちゃってたんよ、セフレちゃん。
しかも友達に頼まれてたブランド物やらのお土産代まで手を付けて、素人が熱くなっちゃ駄目な典型的なパターンw

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

もうこれ以上はやめとけっと言っても聞かず、「続けるからお金貸して」という始末。
このままじゃ色々経済的にも雰囲気的にもマズいから、「現状回復したらやめろ」っと言って、浮いてた1000ドル分位のチップを貸してやり、バカラは止めルーレットにさせた。

「一発勝負で黒か赤にしろ」と言って・・・。

そこでまさかの大当たりで、無事に原状回復!
もうここには居させられねーっと部屋に退散w

部屋に戻ってベッドに倒れ込んでると何か言いたげなセフレちゃん。
つか、ここまで全然エロくないなw
記念に書いてる日記みたいでキモイな俺w

なんか怒ってる?いやキレてる?泣いてる?ナニナニどした???
自分のした事の重大さと愚かさで頭がこんがらがってるらしい。
俺的にはそんなもん?って感じだが、真面目なドMなセフレちゃんは相当ショックらしいw
要約すると、とりあえずは使い込みしなくて済んだが、俺から借りたルーレットのお金が気になる、とw

「そんなのいいよ。結果オーライじゃん!」って言っても、「スッキリしない」と。

ちょっとやり取り端折るが、「そんじゃ体で返してw」の一言に食いついた。
半分冗談で半分本気だったが食いついたw
約束(契約?)として、『旅行中にNOと言ってはいけない」と取り決めをした。

スペック書いておく。
俺:30歳ちょっと、中肉中背、フツメン、ちぃぃぃぃぃさい洋服販売などの会社経営。
セフレちゃん:山本梓を小さくした感じの24歳、既婚の子無し。
旦那さんは中国でエンジニアやっていて、もう半年も会ってないらしい。
そりゃ食べられちゃうっしょw
セフレちゃんって書きづらいから『あずさ』って仮名にする。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

あずさに言ったは良いがどこまで命令して良いのか・・・。
完全の割り切りならねー、そりゃ欲望の限りを尽くしますよ。
でもこれからも仕事で会うしw
で、とりあえずこんな命令を・・・。

俺「裸になってみて!」

(無難っしょ!?ヘタレっしょ!?w)

それで仕入れのサンプルのワンピース(かなり短めw)を着せて・・・。

俺「下着無しね。上も下もねwそんで飯行こう」

あずさ「・・・はい」

(あれ、敬語だ?引いてる?マズい?)

俺「嫌なら良いよ?」

(結構本気で言ったwヘタレ万歳w)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


あずさ「約束だし・・・外国だし・・・。捲ったりしないでね・・・」

ここらで吹っ切れた。
外国だし、いけるところまでいっちゃえ。

(俺馬鹿でおめでとうwバカラありがとうw)

食事の時には気を付けていたが、最後の方は酔いと疲れで警戒心半減。
案外見えないもなのね。
余裕な俺に、トイレ行くにもビクビクなあずさ反比例w
ちょっとイタズラ心で、女子トイレの前で待ち伏せして男トイレに連れ込み成功。
個室に連れていき、ちょっとイタズラっとマンチョに手を伸ばした。
面白い位濡れてるw

(こいつ喜んでる?wこれはもっといける?)

ここでイカせたりしない方が後々面白いなっと方向転換。

俺「ちょっと舐めて!」


おもむろににチンポを目の前にw

あずさ「・・・はい」

なんだかいつもより激しく吸いついてくるw
言われないとしない玉舐めや蟻の門渡りにも舌を伸ばしてくる。
便器に腰掛けながら右手でチンチン持ち上げて丁寧に玉や門渡りをペロペロ舐める姿にかなり興奮。
もっと堪能したかったが、誰が来るとも分からないので、頭を押さえてイラマ気味に口に発射。
結構苦しそうだったがかなりの量を発射w

俺「飲み込んで」

いつもはほとんどゴム中か顔射で、「飲むのは生涯初だった」と後日談w

あずさ「んぐ・・・ごく・・・」

涙目で可哀想という気持ちと萌え~な感じ。

俺「嫌じゃない?」


(ヘタレっすw)

あずさ「・・・」

聞こえん!

あずさ「・・・嫌じゃない。・・・もっと雑に扱っていいよ、返しきれないもん・・・」

俺「わかった」

かっこつけてクールに言ったけど、内心は・・・。

(マジですか!?もっと要求しちゃうよ!いいの!ヤッホー)

俺「そんじゃそのまま便器で股広げてオナニーしてみて」

あずさ「・・・それは・・・嫌。したこと無いし・・・」

普段は明るい所でのエッチも嫌がるの知ってのイジメw


俺「そっか。口だけなんだね、なんかガッカリ・・・」

後々の交渉がしやすいように複線張りましたw

あずさ「他の事ならなんでも言うこと聞くから!」

俺「そんじゃ買い物付き合って!」

あずさ「・・・どこに・・?」

俺「東大門広場」

あずさ「この格好のまま?ですよね・・・?」

また敬語w
もしかして、そう望む時は敬語?
この辺で理解。

俺「もちろんっしょ!」


あずさ「・・・はい」

タクシーで東大門広場に到着。
行った事ある人は分かると思うけど、東大門は洗練されてない六本木状態w
昼でも夜でも人、人、人だらけの町w
響くタクシーのクラクションwガラ悪~~。

ここで前から話を聞いていたラバーズショップに。
分かりやすく言うとアダルトショップw
日本語ではないけど、なぜか用途の分かる物ばかりの俺に対してあずさ唖然騒然。
当然ビックリw

(ノーパン、ノーブラでアダルトショップってどっかのAVか!)って自分に突っ込み入れる馬鹿な俺。

はい馬鹿です。
変態です。
寝不足、酔っ払い、変態モードの三点セットでちょっと自分が心配。

カジノで浮いた約10万弱をフルに使ってお買い物w
買える買えるw
見た事ないような物まで買っちゃいましたよw

バイブー、ローション、変な紐、手錠、バイアグラっぽいやつ、アナルパール、ローター5つ(安かったw)、オナホール(テンガ売ってたぞw)、DVD、低温ロウソク、エネマグラ、目隠しテープ、コスプレ衣装(看護婦とチャイナ服w)

余談だが、ノーパンがばれて韓国人のオッサンにガン見されてたのが恥ずかしかったらしい。
おもちゃに夢中で全然気づかず。
馬鹿な俺・・・。
そのシチュ、見られるのは一生に何度もないぞ。
つか、もうないぞ。
ドラえもん居るならタイムマシーンをくださいませ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! セフレちゃんと韓国へ不倫旅行して露出プレイしてきた

停電で真っ暗闇の中、妹に中出ししまくった
画像はイメージです

震災後の原発事故の影響で計画停電が実施された週末の事。
仕事から帰って来た俺はすぐに停電となるのを考慮して自室のベッドで横たわっていた。
最終の停電だった為、辺りは暗く一切の光源が無い為、本当に真っ暗になり周辺は静まり返っていた。


そんな時だった、部屋のドアがノックされ、「お兄ちゃん・・・」と心細い声と共に懐中電灯を片手に握りしめた今年高校2年になった妹が入って来た。

「どうした?」と聞くと、「一緒に居てもいい?」と言うではないか・・・。

「なんだ怖いのか?」と、ちょっと意地悪っぽく聞くと、「だって!・・・」と、何かを訴えようとした。

俺はベッドの端に移動しスペースを作ると、「ほら・・・」と空いた所を手でポンポンと叩いた。
妹は黙って懐中電灯を消して俺の横に寝転んで来た。
俺はスッと腕枕をしてやり、軽く抱き締める様に、「そーか、そーか怖いか」と背中を擦ったり頭を撫でたりして気持ちを落ち着かせてやった。

妹とは仲が良く、不思議と喧嘩らしい喧嘩もした事が無く、だからと言ってベタベタした仲ではない。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

が、なぜかこの時、急に妹が可愛くて仕方がなくなっていた。
俺は優しく抱き締めて、おでこにチュッとして頬を擦り寄せたり、普通ならウザいと言われる様なことをしたが、妹は恐怖心からか嫌がる事なく、逆に嬉しいのかクスクスと笑い声が聞こえ始めていた。

調子に乗った俺はチュッチュッ、チュッチュッと顔中にキスをしまくり、とうとう口にもチュッとしてしまった。
さすがに嫌がられると思ったが、意外にも無抵抗だったので、ブチューっと完全に口付けをしてしまった。
すると妹から舌を絡ませて来るではないかっ!
驚いたが、理性が壊れた俺は夢中になって舌を絡ませていた。

キスだけでは物足りなくなった俺は片手を妹の胸にやりパジャマの上から揉み始めた。
その感触からノーブラである事はすぐぐに分かった。
しばらく揉んでいると妹がその手を掴み、胸から引き離すと自らパジャマのボタンを外して前を肌蹴、再び俺の手を掴んで自分の胸に宛がい、直接触って欲しい事を行動で伝えてきた。
俺は妹の上に覆い被さる様に体勢を変えると、両手でオッパイを揉みながらキスを続けた。
口の周りは二人の唾液でベチョベチョになっていたが構わずキスをしていた。

どの位の時間キスをしていたのか分からないが、両手で乳首を集中的に攻めていると、途中からキスをしながら喘ぎ声を上げ始めたので、俺は口を離し、今度は乳首を舐め始めた。
すると小さな声で、「あっん・・・あっん・・・」と可愛い喘ぎ声を出し始めた。
その声にさらに興奮した俺は片手を股間へ持って行き、ズボンの上からクリトリス辺りに指先を押し当てた。
するとビクッと身体が跳ね、さらに続けていると腰をクネクネと動かし始める。
乳首を舌で転がしながら片手を今度はズボンの中に入れてパンツの上からクリトリスを刺激し始めた。

「あっん」と言う喘ぎは「はぁ~ん」と変わり、我慢出来なくなった俺は妹のズボンとパンツを一気に剥ぎ取る様に脱がせるとM字開脚にさせて股間を舐め始めた。

ワレメを下から上になぞる様に舌先を這わせクリトリスを刺激すると、「あ~ん」と、さっきよりも大きな声で喘ぎ始め、クリトリスを集中攻撃すると、「あっあっん!ダメ・・・イッちゃう!イッちゃう!あっん!」と激しく喘ぎ始めた。

そんななんとも可愛くも興奮する言葉に俺も刺激が欲しくなり、クリトリスを舐めながら服を脱いで真っ裸になると、「仁美・・・俺のも舐めてくれよ」と、俺は仰向けに寝ると妹を上にした69を始めた。
妹は黙って俺のギンギンに反り立ったチンポを咥えるとジュポジュポと音を出してフェラを始めてくれた。
妹のフェラはかなりのもので、気を抜くとすぐにでも発射してしまいそうな位だった。
これはかなりの経験者だなと思った。
俺も負けじとクリトリスを中心に可能な限りの刺激を与えた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

かなりの時間お互いのを刺激し合っていたが、先に限界が来たのは妹の方だった。
突然、「もうダメっ!」と言って、しゃぶってたチンポから口を離し身体を起すとクルッと半回転し、片手を後ろに回すとチンポを掴み、狙いを定めると腰を落として挿入してしまった。

妹「あ~ん♪気持ちイイ~♪」

そう言うと、自ら腰を振り始めてしまった。
俺としては嬉しい限りなのだが不安もあった。
なんせ生挿入なのだから・・・。
たとえ中でフィニッシュを迎えなくても、先走り汁には精子が含まれているのだから、もしも危険日だったらそれは妊娠の可能性がある。
妹もその位の事は承知の上での生挿入なんだろうとは思うが、念の為聞いておこうと思い・・・。

俺「仁美!スゲー!気持ちイイ♪ヤバイ!我慢できなくてこのまま出しちゃいそうだよっ!」

冗談のつもりで肝心な事を聞き出そうと言ってみると・・・。

妹「あっん!あっん!イイ・・・よっ!イイよ・・・出しちゃっても!あっん♪」

・・・と言うではないか!
俺は冗談ではないだろうかと、もう一度・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺「いいのかっ!?中に出してもっ!?」

妹「うんっ!うんっ・・・今日は・・・大丈・・・夫だから・・・あっん♪」

そう言われて完全に壊れた俺は、妹の言葉を信じて対面騎乗位の体勢から正常位の体勢にして狂った様に腰を振りまくった。

妹「あっ!あっ!ダメっ!イッちゃう!イッちゃう!あっ!あっ!あ~~~!」

妹は絶頂を迎えた。
妹がイクところをじっくりと堪能しようと一旦腰の動きを止めて、暗闇の中で目を凝らして確認していた。
耳元で「イッちゃった?」と聞くと、小さな可愛い声で、「うん・・・」と答えた。

俺「お兄ちゃん、まだイッてないから続けるよ・・・」

俺は妹の返事も待たずに再び腰を動かし始めた。
すると・・・。

妹「待って!待って!まだダメっ!あっ!あっ!イクっ!またイク!」

再び絶頂を迎えようとしている妹に容赦なくチンポを叩きつけていると、妹の身体がビクビクっとしたかと思うと次の瞬間グッタリとしてしまった。

それを確認した俺は膣奥深くにザーメンを注ぎ込んだ。

しばらくの間、繋がったままグッタリとしていたが、まだ停電は終わらず、暗闇の中、後処理をするのに困っていた。

妹「凄い・・・気持ち良かった~♪」

俺の首に腕を回し抱き締めている妹が耳元で囁いた。

俺「そうか、そんなに良かったか?」

妹「うんっ♪こんな気持ちの良いエッチはじめて♪」

その言葉の中には処女では無い事が確認出来た。
・・・ちょっと残念だった。

妹「お兄ちゃんも気持ち良かった?」

俺「ああ・・・気持ち良くないわけないだろ・・・中出しさせといて!」

俺がちょっと皮肉っぽく言うと、「だよね♪」と言って来たので、「いつも中出しなのか?」と一番気になる事をストレートに聞いてみたら、「まさかっ!生挿入すら初めてだよっ!」と完全否定された。


そこで疑問は最大限にっ!

俺「えっ!じゃあ何で俺にはさせてくれたんだ?」

妹「まぁ~成り行きだったし、この暗闇でゴム付けるのも大変だろうし・・・お兄ちゃんなら良いかなぁ~なんて・・・」

答えになっていないような答えだったけど、普段はちゃんと避妊している事が分かっただけで何か安心してしまった。

妹「ねぇ、お兄ちゃん・・・まだ出来そう?ってか出来るよね?」

そこで初めて、チンポが未だギンギンの状態で繋がっているのに気が付いた。

俺は、「あっ・・・」と情けない声を出してしまい、「お兄ちゃんのエッチ♪」と妹。

停電で怖くて避難してきた時の妹の姿はどこへやら・・・。
すっかり元気にエロくなった妹がそこに居た。

妹「まだ停電終わらないみたいだから、二回戦行く?」

俺「もちろんっ!」

俺達は真っ暗闇の中、抜かずの二回戦目に突入した。
一度射精した俺は余裕で正常位から横ハメ、そのまま横向き騎乗位から背面騎乗位になり、最後はバックの体勢になった。
その間、妹は何度もイキ、バックで突き始めて何度目かの絶頂を迎えた妹は・・・。

妹「もう・・・ダメ・・・あっん♪すご・・・過ぎる・・・あっん♪」

イキ方がだいぶ弱くなってはいたが、バックでは当たりが良いのかすぐにイッてしまい・・・。

妹「あっん!あっん!もうダメっ!イクっ!」

俺「よしっ!俺もイキそうだっ!」

最後、妹がイッた時、チンポが締め付けられ、それが合図の様に俺も発射!
抜かずの二回戦が終わったと同時に停電も終了~。
部屋の明かりが点灯し、兄妹の淫らな姿が露わに・・・。
明かりが点いて初めて妹の裸体を見たのだが、予想以上なスタイルに思わず生唾を飲んでしまった。

そして繋がっている所が、抜かずの二回戦の激しさを物語るかのように大変な事になっていた・・・。

とりあえずティッシュで拭って妹は即風呂場へ・・・。
俺は両親が居る手前一緒に入浴は出来ないので、妹が出て来るのを待って風呂に入って洗った。

翌日、妹は普段通りに振るまい、どこかへ出掛けて行った。
しばらくして妹からメールが来て『◯◯に居るから車で迎えに来て♪』と・・・。
さっき出掛けたばかりなのに迎えに来てとは何だと思い返信したところ、『出掛ける時は、私を迎えに行くって言って出て来ちゃダメだよ!』と・・・。
そこで俺は何となく分かったので、母親には適当なことを言って出掛けた。

そして妹が居る場所へ向かった。
そこにはちゃんと妹が居て、「お母さんに怪しまれなかった?」と開口一番聞かれたので、「大丈夫だよ!全然気付いてないよ・・・で、どこへ行きたいんだ?」とワザとらしく聞いてみると、「もぉ~分かってるくせにぃ~♪」と言うので、俺の考えが間違っていなかった事を確信した俺はラブホテルに向けて車を走らせた。

ホテルでの妹は昨夜の妹とは別人の様に乱れた。
誰の目にも触れない場所だから弾けたのだろう。
AV女優も顔負けの喘ぎ方に淫語連発は兄である俺だからこそ興奮するものかもしれないが、他の男が聞いたらどうなんだろう?って程の乱れ様だった。
とにかく時間が許す限りハメまくり出しまくった。

中出し経験は数回あったが、妹は初めての中出し体験で、それが実の兄である事がかなりの興奮を誘ったようで、すっかり癖になってしまったらしい。
今では週末ともなると誰にもバレない様に可能な限り中出しセックスを楽しんでいる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 停電で真っ暗闇の中、妹に中出ししまくった

駐在員奥様たちのシモの世話
画像はイメージです

リョウ君は南米のある大都市に住んでいます。
もちろん日本人です。
結構有名な日本の大学を中退後、仕事もせずブラブラしてましたが、友達から南米の生活を聞いて「面白そう」とやって来ました。

学生時代はモデルのバイトをやってて、女遊びも派手だったリョウ君。
ただ決定的に勤労意欲に欠け、まともに就職する気もなかったのです。


南米での身分は留学生。
現地の学校の学籍を買ってビザを取りました。
このへんは日本やアメリカよりずっと簡単です。
周りには密入国というか、ビザが切れて不法滞在状態の人も多いけど、身分証明書がないと何かと不便なこともあるので。

もちろん幽霊学生ですから、学校には行ってません。
現地の日系人向け邦字紙に潜り込み、記者の真似ごとをしてコラムを書いたりもしますが、給料はとても安いです。
まあ、日本円で月5万円も稼いだら、十分暮らしていける国ですが。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


リョウ君の主な収入源は「何でも屋」の手伝いです。
日系1世(移住者)のおじさんがやってる出張専門の店で、お客は日本人駐在員とその家族。
電話で依頼を受けたら、子守、買出し、掃除、簡単な修理や工事まで、文字通り何でも引き受けます。
この国では普通、富裕層や外国からの駐在員は家政婦やマンション管理人に雑用をお願いするのですが、道徳観が違うしトラブルも多いのです。
電気屋も工務店を直接呼ぶにも、言葉が通じないし信用できないので、わざわざ何でも屋に依頼する日本人が多いのです。

日本じゃとても信用してもらえないプータローでも、外国じゃ「日本人」ってだけで頼りにされるみたいですね。

店はもともと、おじさんが1人でやってましたが、60歳を過ぎて体も利かなくなってきたので、実際はリョウ君がほとんどの仕事を任されています。
最近は家電・・・特にパソコンの設定や修理を頼まれることも多くて、おじさん1人ではどうしようもなくなったという事情もあります。

実はリョウ君が店を切り盛りするようになって、売り上げは10倍以上に増えました。
機動力が大幅にアップしたからですが、リョウ君が新規分野を開拓したのも大きな原因です。

まず、駐在員の「シモの世話」です。
ご他聞に漏れず、この国に赴任した日本人も女遊びが大好き。
ネオン街にあるクラブはもちろん、サウナやマッサージ店、日本人向けのカラオケ店でも、なかば大っぴらに売春をやってます。
違法だと思うけど、摘発されたって話は聞いたことありません。

大手や老舗の日系企業は、それぞれ「御用達」の風俗店がありますが、新しく進出した企業はそうでもない。
中にはぼったくる店、マフィア(なぜか中国系が多い)と繋がってる店、ろくに女の子の性病検査をしてない店も少なくないので、リョウ君が人脈を生かして企業に取り入り、駐在員に「安全な店」を紹介してあげるのです。

駐在員はだいたい1万円くらいの店(この国では高級店です)に行くことが多いですね。
隣にホステスが座ってくれるカラオケ店(もちろん、そのあと店外デートあり)や、あとで踊り子をお持ち帰りできるストリップ劇場が人気。
駐在員本人が使うほか、日本から来た本社の上司、取引先の接待用にも、その手の店を押さえておく必要があるそうです。

ちなみに、日本の大使館員だけはガードが固くて取り入ることはなかなかできません。
連中は連中で独自の遊び場を確保してて、日本から視察に来た政治家を連れて行ったりしてるそうですが、風俗店でよその企業の駐在員と出くわすことはあっても、大使館関係者を見かけることはありません。
政治家の「シモの世話」も、大使館員の大切な仕事の一つだそうです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


その手の店に行くと、マネジャーがリョウ君に何%かの紹介料をくれます。
ついでに、店の女の子をタダで抱かせてくれることもあります。
駐在員がこぎれいな個室で、若くてスタイルの良い子とエッチしてるのを待つ間、トイレ脇の小部屋で不細工な女を抱くわけですが、まあ何千円か浮くわけですから仕方ないでしょう。

そんなわけで、リョウ君が企業の支店に顔を出すと、ニヤけた駐在員が「ねえねえ、こないだ紹介してくれた店さ、今度の金曜日にも行きたいんだけど」などと言い寄ってきます。
本当にスケベだなと思います。

中には「若い男の子を抱ける店を教えて」と頼まれて、苦労して探したこともあります。
さすがに麻薬はこっちの身が危ないので、マリファナ(大麻)が吸える店は教えますが、南米で主力のコカインを扱う所は、頼まれても断ってます。

新規事業のもう一つの柱が、駐在員奥様たちの「シモの世話」です。
こっちはプロを取り次ぐわけにもいかないので、リョウ君本人が頑張ることになります。

仕事を始めたころ、経営者のおじさんから「若いころ、手伝いに行った家の奥さんに誘われて、何度かそういう関係になったことがあった」と聞かされたことがあったのですが、それを商売にしたのです。

駐在員奥様はビザの関係で、こっちで正規の仕事ができないし、そもそも仕事する必要もありません。
買い物へ行くにも日本人が行ける安全なショッピングセンターも限られてるし、好きに遊びにいけるほど語学ができる人も少ない。
子供を日本人学校に送り出したあと、暇を持て余すのです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

たいていの奥様は、日本人向けの習い事教室に通ったり、誰かの家に集まって奥様同士でお喋りしたりして時間を潰します。
リョウ君も何度か、習い事の申し込みを代行したり、奥様たちのパーティー用に食材の買い出しを頼まれたりしました。
でも、そういうお付き合いって、女性もストレスが溜まるようです。

最初はある夏の日、某メーカー駐在員の奥様から依頼を受けたときでした。
頼まれた買い物を済ませて家に届けたら、奥様が出てきて「暑いでしょ。何か飲んでいったら」と誘ってくれたのです。
アイスコーヒーを飲みながら、ソファに座って奥様と色々な話をしました。
ちなみに、この国には「バル」と呼ばれるコーヒースタンドはありますが、アイスコーヒーは売ってません。
最初は普通に会話してたのですが、子供の教育や奥様たちの付き合いも何かと気を使うらしく、いつの間にか愚痴を聞くはめに。

「外国で暮らす寂しさ」に話が及ぶ頃には、なんだか妙な雰囲気になってました。

その奥様、年は30代前半くらいで子供は小学生。
ちょっと地味な感じながら、そこそこの美人で、スタイルも保ってました。
リョウ君は話しながら奥様の隣に移動し、良い雰囲気になったところでキス。
そのまま押し倒すと、奥様は待ってましたとばかりに応じてきました。

興奮したリョウ君は奥様の服を脱がせ、美しい裸体に挑みます。
よっぽど溜まってたらしく、奥様は自分からペニスを咥えてきました。
商売女を抱くときはゴムを欠かさないリョウ君ですが、このときは思わず生で挿入しちゃいました。

セックスは2時間くらいでしたが、奥様は気が狂ったようにヨガって、10回くらいはイったようです。
リョウ君は口と膣に計4回出しました。
帰るとき、奥様は「また来てね」と、手間賃に日本円で5千円ほど上乗せしてくれました。

これに味をしめたリョウ君は、それからというもの、1人でいる奥様の家へ仕事に行くときは、色々と相談に乗ってあげることにしました。
それとなく夫婦生活の方に話題を持っていくと、欲求不満が溜まった人は堰を切ったように話してくれます。
少しお酒を勧めながらシモに話を振ると、10人中7人は向こうから誘ってきました。
もちろん誘う雰囲気じゃない人は、無理せずそのまま帰ります。

セックスの技量には昔からちょっと自信があるリョウ君ですが、奥様たちの積極さに面食らうこともあります。
隣の部屋に赤ん坊が寝てるのに、自分でスカートを捲くり上げ、お尻を突き出して「大きいの、入れて~」と頼む人。
旦那が出張だからと、朝から晩までリョウ君を返さずヤリまくる人。
何度目かに部屋へ行ったら、下着姿の奥様2人が目を輝かせて待っていたこともあります。
なるべくゴムを着けるようにしていますが、中で出すよう頼んでくる人もいて、そのときは要望どおりにしてあげます。

奥様の年齢は20代から40代まで様々。
一度そういう関係になった人は、ほぼ全員「リピーター」になってくれます。
女の性欲に年は関係ないんだと、改めて勉強したリョウ君でした。
もっとも、リョウ君が奉仕した奥様のほとんどは、彼が旦那のシモの世話をしてあげた人ですから、それほど罪悪感も感じません。

特別サービスの料金は決めてませんが、だいたい5千円から1万円の小遣いをくれる奥様が多いそうです。
体が持たないので、1日3人までに制限してますが、それでもスケジュール調整は大変です。
小遣いの一部は「売り上げ」として店に入れますから、おじさんも喜んでいます。

日本からの留学に来た女の子や、日系人の娘さんを抱いたことも何度かありますが、連中は正直あまりお金を持ってないし、彼女気取りで付きまとわれたこともあるので、今ではなるべく手を出さないようにしてるそうです。

駐在員も奥様も、何年かしたら日本に帰るわけで、あとくされがないと割り切ってるんでしょうか。
南米に来た当時は、心のどこかで「いつかは日本に帰って・・・」と考えていたリョウ君ですが、今は体が続く限り南米で頑張るつもり。
永住ビザを取るために現地人と偽装結婚できないか、色々と模索しています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 駐在員奥様たちのシモの世話

エアロビのスポーツクラブで脂ぎったおじさんに
画像はイメージです

私がスポーツクラブで、インストラクターをやっていた時の体験談です。

私は32歳で既婚でしたが、学生時代からずっとエアロビをやっていたこともあり、結婚後でも、空いた時間を利用して教えていました。

ある大雨の日でした。
生徒は3人だけで、レッスン終了後はおばさん2人はすぐ帰りました。
ところが、脂ぎった太った40くらいの中年のおじさん(体型は長州小力さんのような・・・以下小力)がこっちへ来て、「どうしても体が固く、柔らかくなりたいので教えて欲しい」と言うのです。

その日、最後のレッスンだったこともあり、私は断らず「いいですわよ」と承諾しました。

小力「せんせい、足が全く開かないんです。うまく開脚するにはどうしたらいいですか?」

私「え?開脚ですか!?簡単ですよ。ほら、こうするんです」

私は自慢げに脚を広げ、床にペタンと胸をつけた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

すると、小力は私の背後に素早く周り込み、何と持っていたヒモで、背中の上で手を括られました。
脚は、小力の両足に押さえつけられ、私は開脚のままどうすることも出来ません。

“やばい!”と思ったけど、後の祭り。
彼の手が、スルスルと私の大切な股間へ・・・。

小力「ハァハァ、せんせい、す、すごくスキだったんだ・・・だって、く、黒木瞳にスゴク似てるんだもん・・・」

似てるかどうかは別にして、確かに独身時代はよくモテました。
バイトで、モデルもしたこともあります。
あまり遊んでないように見られますが、実は体験人数も10人は超えてます。

しかし私は寒気がしました。
こんな脂ぎったおじさんに告白されるのは初めてです!

私は抵抗しました。
しかし、上からがっしり押さえつけられています。

小力「ぐへへ、無駄だよ。ほーら、ここはどうかな・・・?」

私のおまんこをレオタードの上から、触ってきました。
グチョグチョと、自分でも濡れてくるのが分かりました・・・。

私「お、おねがいです、やめてください・・・」

小力「こーんなに濡れて、ヤメテはないだろうよ!」

すると、突然人差し指を立て、レオタードをずらし、それを私の中に入れてきました。

「ひ、ひぃーーーーー」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


私は思わず、仰け反りそうになりました。
しかし小力の指は、私の中で掻き回します・・・。
ズチョ、ズチョと、スタジオ中に響き、恥ずかしさでいっぱいでしたが、不覚にもだんだん感じてきました・・・。

すると、小力が「そろそろいただくかな」と言い、私の腰を持ち上げると、そのまま後ろから入れてきました。

私は、もう抵抗する力もありませんでした。

しかし、すぐには入りません。
彼は背が小さい割りに、おちんちんがやたらデカかったのです。
ズンッ!っと一気に入ってきました。

小力「おおー、やっぱりエアロビのせんせいのアソコはしまりがエエなー!」

そう言って、激しく突いてきました。
パァーん、パァーんと部屋中に、こだまします。

小力「よし、いよいよワシの18番、ディープスロートや!」

彼のおちんちんが、私の子宮の奥を一気に突いてきました。
私は奥を突かれるのが一番弱かったので、もうその時は、全身ピリピリと電気が走ったかのような感じでした・・・。

私「ダ、ダメー、イッちゃうーわー!!!!!!」

小力「よっしゃ、ワシもイクでーー!!!!!」

ドクっドクっと、私の中に出されました・・・。

小力「ふう、ふう、気持ち良かったー!せんせいも良かっただろ?」

中出しされたにも関わらず、気持ちよさのあまり、思わず頷いていました。

小力さんは、今では週2で私のレッスンに通っています。
当然レッスン終了後は、二人だけの『特別授業』があります・・・。

まさかこんなおじさんと私が、関係を持っているなんて周りも全然気づいてないようです・・・エヘッ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! エアロビのスポーツクラブで脂ぎったおじさんに

ボーイッシュな女友達の見かけとは真逆のエロテクで
画像はイメージです

ある共通の知人の個展で、会社の元同僚K(♀・24歳)と、その友達M(♀・24歳)に偶然出会った。
2人ともグラフィックデザイナーで、3年前に仕事で知り合った。
ちなみに自分は文字周りの仕事をフリーでしている27歳。

今は2人とは仕事を一緒にしていなくて、単なる飲み友達。
男女の関係とか全くなく、一晩中バカ騒ぎしても何もない。

この日も個展の話を肴に、有楽町のガード下の沖縄料理屋で飲むことにした。

Kは中谷美紀をぽっちゃりした感じで、結構胸が大きい。
でも風呂に週1しか入らない変わり者。
もう1人のMはショートカットで、メガネを掛けたボーイッシュな感じ。
笑うと細い目がもっと細くなって、目尻が下がりとても優しい顔になる。
個人的に好きな顔だったりする。
さばさばしていて、見た目はおしとやか。
でも酔っぱらうと「お前」とか呼び捨てし始めて暴走する。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

モノマネとか得意で、いつもウチラを笑わせてくれる。
そして、今回の主人公は彼女。

3人ともお酒がめちゃくちゃ強くて、ガンガン飲みながら音楽や映画、そして与太話で盛り上がった。
(※3人で1升くらい飲みます・・・)

そして沖縄料理屋でお会計を済まして、2軒目はバーにて飲み直すことに。
すでに酔っぱらっている3人は大きな声で、井上陽水の少年時代を熱唱しながらバーまで歩く。
バーに着くと、Mは酔いが回り始めたのか、バーテンさんにあだ名を付け始める。

「お前、胸毛濃そうだから、『クマ』な!お前のこと、オレはクマって呼ぶことにした」

さらに酒が進み、「オレは胸毛があるやつは大嫌いなんだよ」と笑いながらバーテンさんをからかう。
うちらも悪ノリしてからむ。

バーテンさんも悪ノリして、「お前より、オレの方がおっぱい大きい」とMに向かって言葉を返す。

そう、Mは服の上から見る限り、大きいと呼べる部類には入らない。

泣き出すM。
話を聞くと、彼氏に浮気されたらしい。
浮気相手は胸が大きかったらしい。
そして泣き出すと止まらないM。
あの手この手でなだめるが、どうにもこうにも上手くいかない。
隣を見ると、Kはトイレに行くと言って逃げてしまっているw

まあ、ここまではたまにある展開なので、酔った頭であれこれ考える。
とりあえず、バーテンさんと酒を飲ますことにする。
さらに酔っぱらって寝てしまうM。
店も閉店時間が大幅に過ぎ、申し訳ないので終電が終わった駅の入口に座り込む2人。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そして、酔いや気持ちが少し収まり、他愛もないさっきの続きを始める。

M「男の人って胸が大きい人がよいん?」

僕「人それぞれやん?」

M「N(僕)は?」

僕「顔重視w」

M「だから彼女できないんだよー」

僕「うるさいなー」

M「つか、10年くらい居ないんだっけ?」

僕「あはは」

M「普通にモテそうなのにね、いや、実際」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

僕「実際なによ?」

M「あはは」

僕「別にそれも個性やん」

M「あはは。帰る?飲み直す?」

僕「うーん。飲み直すか?」

M「ねえ、たまにはNの家で飲もうよ」

僕「ええよ、タクシー拾おうか」

何度か家にも遊びに来たことがあったので、何も考えずに、返事する。
Mもきっと同じように考えていたのだろう。
家について、桃鉄をしながら飲み直す。

僕「あ、そうそう。彼氏とは仲直りしたん?」

M「・・・」

僕「あ、ごめん」

M「うん」

黙々とゲームをやる2人。
上手い言葉が見つからない僕。

僕「M、カワイイからすぐ見つかるよ」

M「見つからないもん」

僕「見つかるよ」

M「見つからない」

僕「あはは」

M「泣くよ?w」


僕「泣くなw」

仲良く言葉でじゃれ合う2人。

そろそろ夜明け。
2人のあくびをきっかけに寝ようかと自然にそんな流れになる。
ボクがソファー、Mはベッドで別々に寝ることに。
遠くでMがシャワーを浴びる音が聞こえる。
そんな中、眠りがゆっくり訪れる。

目が覚めたのは人の寝息が隣で聞こえたから。
Mがボクの背中にぎゅって抱きついて寝ていたんだ。
気付かないフリをして、もう1度眠ろうとする。
(やっぱり胸小さいなあ)なんて思いながら。
心とは裏腹に、体のぷにぷに加減にちょっと大きくなり始めていましたがw

M「ねえ、胸小さいって今思ったでしょ?」

やべっと内心思いながら、寝たフリを続ける。

Mはまた泣き始める。
こんなに泣くMは初めてだ。
こんなときは黙って側にいてあげよう、と思う。

しばらくして泣きやんだMがおもむろに僕の股間に手を伸ばす。
体が思わず反応・・・。

M「ボッキしてるんじゃねーよ、こんにゃろw」

とにかく無視をする。
すると調子に乗ったMは先っちょのあたりを人指し指でゆっくり円を描くように撫で始める。
寝返りを打つフリをして、体を逃がす僕。

「バーカ」と耳元で囁き、ズボンの中に直接手を入れるM。

やっぱり先っちょぐるぐる攻撃。
これかなり気持ちいいです。

なんか意地になって起きない自分。
他にも理由があって起きない自分。


もう1度寝返りを打って抵抗を試みるが・・・。

M「もうやめちゃうよ?」

(やめないでください)と内心思う。

無視していることがMに拍車をかける。
首スジをぺろぺろしながら、ズボンを下ろし始める。
また同じように先っちょぐるぐる大作戦が前では展開中。
首スジからTシャツ越しの背中、お尻、太股までべろべろが下りてくる。
ボーイッシュな見かけとは違って、結構エロい。

(あ、やめさせないとダメだ)

頭では分かっていながら、欲望に3秒で負ける。

(次は前を頼むよ)と期待が欲望に変わる。

Mが上に馬乗りになり、耳を攻撃し始める。


(負けた気分だ・・・)と身を任せる。

そしてべろべろが股間まで近づくが、肝心なところはお預け状態のまま。
内股やらさんざん周りを焦らされる。

たぶんボクは間抜けな顔してるんだなと想像する。
Mの『えへへ』と目が垂れている笑顔を想像する。

べろべろが無くなったなあと思って、興味本位、いや欲望に負けて薄目を開けて見る。

(やばい、目が合った)

「えへへ」と笑うMの顔が目に飛び込んできた。

Mは、ぱくっと突然咥える。

「あっ」と声が出る。

Mがぺろぺろを一瞬やめた理由が分かった。

口の中に唾液を溜めていたからだ。
今まで感じたことがないくらい、口の中が妙に生暖かい。
Mはゆっくり上下し始める。

「あっ」

Mが声を出す。

「ごめん、よだれが垂れちゃったw」

(別に気にしない)と心で返す。

Mは奥までゆっくりゆっくり咥えて、ゆっくりゆっくり戻していく。
たまに“ごくっ”と飲み込む音もまたいい感じ。
声も出さずにじっと我慢する僕。

突然激しくなる。
そして、突然ゆっくりになる。
確実に遊ばれている。
そんなことを何回か繰り返される。

想像もしてなかったけど、Mはエロい。
マゾかなあと思ってたけど、実はS。

(奥までゆっくりが好きです!)

そんな僕の気持ちを汲みとったのか、ハイペースでフェラを始めるw
あんまりテクニックはないけど、この生暖かさはやばい。
口の中だけ体温高いじゃないかと思うくらい。

「イクときくらい言ってよねw」

(絶対言わない)と誓う。

(あ、すでにヤバいし)とも思う。

Mは疲れたのか、ゆっくりとしたペースに戻す。
ツボにはまる。
そして、歯を食いしばりながら、発射する。

M「すごーい、めちゃ出たよ」

頭を撫でられる。

M「あと、我慢してる顔、可愛いw」

そして飛んだ精子を掃除しながら、Mが呟く。

M「ごめん、ありがと」

拭き終わると、ズボンもそのままにMはベッドに。
2人はその後、別々の場所で寝て、僕の「コーヒーいれたよ」という声でMが目覚める。

何も無かったかのように朝がまた始まった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! ボーイッシュな女友達の見かけとは真逆のエロテクで

皆が見てる前でセックスを披露した水着アシスタント
画像はイメージです

商品の紹介映像の撮影で怖い現場監督がいて、その日も大声で怒鳴ったり厳しい指示を出していた。

監督は50歳の独身で禿げて太っている。
しかも気が短いためみんなに嫌われていた。

その日はアシスタントの水着の女性が来てて、ルックスやスタイルは抜群。
ビキニからはみ出した巨乳。
170cmの長身から伸びるすらっとして白く透き通った美脚。
小さめのビキニで、目のやり場に困るくらいだった。
性格は綾瀬はるかのような天然。

監督は、はるかにも容赦なく厳しい指示を出しており、かなり怖がっていたが、セクハラな質問をされても天然全開で答えていた。

監督「綺麗な脚してるねえ。ちょっと触ってもいい?」

はるか「え?脚を触るんですか~?ん~何で触りたいんですか~?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


監督「こんな美脚見たらどんな感触なのか、知りたいでしょ?」

はるか「じゃあ、ちょっとだけなら。ちゃんとお手入れしてるんで、ツルツルですよ~」

(え?触っていいの??)

10人ほどのスタッフが見ている中で、監督ははるかのナマ脚をいやらしい手つきで撫で回した。

監督「ほんとスベスベツルツルだね。たまんねえなあ。18歳だっけ?やっぱ若い娘はいいねえ。こんなにきれいな脚だったら、彼氏は毎日舐めてるの?」

はるか「毎日ではないですけど、よく舐められますよ~」

監督「俺だったら毎日舐めたいね。ねえねえ、どのあたりよく舐められるの?」

はるか「ん~このへんかなぁ」

はるかは太ももの内側を指差した。

監督「そのへんいいよな。彼氏も見る目あるじゃん。ねえねえ、俺も舐めていい?」

はるか「え~舐めるんですか~?ん~ど~しようかな~」

監督「いいじゃん、減るもんじゃねーんだし。舐めさせてよ。ね?」

はるか「ん~わかりました~ちょっとだけなら、いいですよ~」

監督「ほんとに?」

監督は、はるかの太ももに口をつけた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

白く透き通った素肌を、監督が美味しそうに舐め回す。
長身のはるかは脚も長く、監督がはるかの両脚を隅々までじっくり舐めるのにも時間がかかった。

はるか「くすぐったいですよ~」

監督「脚フェチにはたまんないね」

さらに監督は太ももに強く吸い付き、無数のキスマークをつけた。

監督「あ~もう我慢できない!やらせて!お願い!!」

あの鬼監督が、床に頭と両手をつけてはるかにお願いをした。

スタッフ「監督、ちょっと・・・」

はるか「え~ちょっと、やめてくださいよ~困ります~」

監督「返事するまで動かないから」

スタッフ「あのはるかさん、申し訳ないですけど・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


はるかはしばらくモジモジした後、何か決心したように口を開いた。

はるか「ん~そこまで言うなら・・・わかりました~」

監督「え?ほんとう?いいの?やったー!!」

無邪気な子供のように喜ぶ監督。
誰も見たことのない監督の姿だった。

(え?ここで脱ぐの?)

監督とスタッフは全員目が点になった。
はるかは自分で水着の上の紐をほどき、何度も躊躇った後、ついにナマ乳を露出した。

監督「うわ~すごいな・・・」

監督もスタッフも言葉を失うほど見入ってしまって、はるかは恥ずかしさのあまり両手で隠してしまった。

はるか「え~ちょっと恥ずかしい~」


監督「ごめん、手をどけてくれないかな。お前ら、こんないい乳みたことあるか?でっかいのに、形もいいしきれいな色してる」

スタッフ「そうですね。こんなきれいなおっぱい初めて見ました・・・」

監督の手が、はるかの白く清らかなおっぱいを鷲掴みにした。
そして両手で強めに揉み始めた。
Fカップ以上はあると思われるほど大きいので、監督の手にも収まりきらないようだった。

監督「ほんとでっかいな・・・柔らかいけど、弾力性もすごい・・・。ほら、お前ら、見てみろ!」

監督はおっぱいを指で突くと、プルンとはじき返した。

スタッフ「す、すごいです・・・」

監督は、はるかを膝の上に座らせると、後ろから激しく揉んだ。
揉みながら、はるかの髪の匂いを嗅いだり、首筋に口をつけたり、舐めたりしていた。

監督が「後向きになって」と言うと、はるかは素直に従い、向かい合わせになった。

巨乳が監督の顔の10cm前に。
監督は思いっきり巨乳を舐め回し、吸いまくった。

はるか「え~ちょっと・・・う~ん」

はるかは可愛らしく悶えていた。
監督が乳首から口を離すと、今度はキスを始めた。
監督の分厚い唇がはるかのピンク色の可愛い唇と重なった。
最初は軽く唇を重ねただけだったが、次第に口がもごもごしてきて、明らかにディープキスになっていた。
監督がはるかの上唇を吸うと、はるかが監督の下唇を吸ったり、激しく舌が絡み合うのが見えた。
5分くらい経っても終わらなかったが、スタッフは股間を押えてずっと見入っていた。
口を離すとき何本も糸を引いていたのがわかった。

はるかが水着の下を脱ぐと、みんな下半身を凝視した。

監督「ちょ、ちょっと、毛がないじゃない!」

スタッフ「毛が生えてない・・・」

はるか「わけあって、全部処理しちゃってます」


監督「君、かなりの変態だろう・・・」

監督はパイパンに興奮して、はるかの股間に顔を埋めて舐めまくった。

監督「今度はこっち舐めてくれる?」

監督は立ち上がると、はるかの顔の前に竿を出した。
はるかは床に膝をついて、四つん這いになって竿を握ると、竿の先についていたカウパーを舐め、先っちょから口の中に収めた。
そして竿の根元近くまで口に入れると、音を立ててしゃぶり始めた。
監督は情けない声を出しながら、気持ちよさそうだった。
はるかは手コキなどせずに、丁寧に口と舌だけで奉仕していた。
しばらくしゃぶると、一度口を離した。
これまたいっぱい糸を引いていた。
監督の竿が、はるかの口の中ですっかり膨張していたのがわかった。
はるかは舌を思いっきり出してタマを舐めた。
監督のタマがはるかの舌の上で踊っているようだった。
そしてはるかは次に監督のアナルを舐め始めた。

スタッフ「うそ・・・あんなこと舐めるなんて・・・変態じゃないか!」


監督「あ~気持ちいい・・・こんなきれいな子にケツ舐めてもらうなんて最高。50歳過ぎて初めて、そんなとこ舐められたの。俺だって他人のケツなんて舐めたことないぞ。ほんと気持ちいい・・・もっと続けて・・・」

はるかは言われたとおり、ゆっくり監督のアナルを舐め続けた。
改めて竿をしゃぶった後、はるかのだ液で覆われた監督の竿を、今度は自分のおっぱいに挟んだ。

スタッフ「パイズリだ・・・すごい。すっかり埋もれてる・・・」

監督「き、気持ちいい・・・た、たまんねえなあ・・・」

はるかはフェラとパイズリを交互に何度も繰り返した。
はるかの度重なる奉仕に、監督の竿はありえないくらい膨張していた。
こんな大きくなるものなのか・・・。

監督「も、もう我慢できない!」

はるか「あんっ!!」

監督は、はるかにバックから挿入した。
とんでもない大きさになっていた竿だが、すっかり根元まではるかに挿入されてしまった。


スタッフ「コンドームつけてないよな?ナマで入れちゃうなんて・・・」

監督「き、気持ちよすぎる・・・すっごく締めつけられる・・・」

監督はゆっくり竿を出し入れして、ナマの感触を楽しんでいるようだった。
一度竿をアソコから抜くと、監督の竿ははるかのいやらしい液で覆われていた。
監督は椅子に座ると、はるかが跨って挿入し対面座位になった。
18歳のスタイル抜群の美女が、50代ブサイクメタボとノーガードで打ち合っていた。
監督はキスやおっぱいを吸いながら下から突き上げ、はるかは上下左右に腰を動かしていた。
お互いの息は合っていなくて、自分の本能のままに動いている感じだった。

監督「も、もうだめ・・・出るっ!!・・・はぁっ!はぁっ!はぁっ!・・・」

スタッフ「まさか、中に出しちゃったのか・・・」

監督「ごめんね、あまりにも気持ちよかったもんだから、中に出しちゃった」

はるか「う~ん。ま、まあ大丈夫かなぁ・・・」

射精が終わってからも、2人は力尽きたようでしばらく動かなかった。
ようやくはるかが立ち上がり、アソコから監督の竿を抜くと、精液とはるかのいやらしい液が混ざったものが流れ出てきた。
はるかは自分のアソコを拭きもせずに、監督の竿をしゃぶってきれいにした。
監督ははるかを車に乗せて帰った。
その日はホテルで、巨乳でカラダを洗ってもらったり、おしっこや精液を飲んでもらったり、ナマでやりまくったらしい。

その後、はるかから妊娠したと監督に連絡があったが、『彼氏と結婚するから』と言われたらしい。
どこまで天然なんだ・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 皆が見てる前でセックスを披露した水着アシスタント