知合った女と即セックス出来たったw

先日、インターネットで知り合った女性とのエッチの話をします。
その女性は、とある会社の研究に携わっている女性で、会う前までは「かなりインテリの女性だろうな・・・。
もしかしたら牛乳瓶のふたの様なめがねを掛けているのかな?」等と、まじめな女性を想像していました。
でもエッチなチャットで知り合った女性でしたから、正直言うと会うまでは非常に不安でした。
でも実際あって見たら何処にでもいる、普通の女性でした。
凄い奇麗とか、凄い可愛いとか、そういう人ではなかったですが、それなりに普通の女性でした。

待合せは上野の丸井の正面玄関。
40分ほどして予め連絡しておいた携帯電話に電話が掛かってきました。
「遅れてごめんなさい。仕事がなかなか終わらなくて・・・。」
「いいよ! 今どこにいるの?」
「丸井の正面玄関の公衆電話から電話してるの。」
「じゃ、そこに歩いて行くから、このまま話続けて!」
そういいながら、公衆電話のあるところに歩いていき、ようやく彼女と対面できました。
「じゃ、これからどうする? 何処行こうか?」
「お任せします。」
「でも今日は暑いね! ビールちょっとだけ飲みたいね!」
「うん!」
「じゃ、ホテル行って、部屋で飲もう!」
「うん!」
そういって、隣りの鶯谷の駅まで電車で行きました。

鶯谷は駅から降りるとホテルに向かうカップルがいっぱいいて、私たちもその中に紛れ込むかのようにホテルへと歩いていきました。
部屋に着くなり冷蔵庫を開けてビールと取出し、二人で乾杯しました。
「お疲れさま!」
「仕事大変だったね! 無理しなくてもよかったのに・・・」
「ううん、約束してたから、頑張っちゃった!」と彼女はちょっと顔を赤らめながら返事をしました。
「じゃ、お風呂に入ろうか!」
「うん。」
「じゃ、俺が最初にはいるから、後で入っておいで!」
「判ったわ・・・。」
そうして私は会社帰りだったので、Yシャツを脱ぎ捨て、バスルームへ行きました。
「おーい。まだ入ってこないのー?」
「今行くぅー!!」
しばらくして彼女はバスルームに入ってきました。

バスルームで互いの体を洗って、私が彼女の背中を洗っている時に我慢できなくなり、
後ろから彼女の胸を触り、彼女は後ろへ振り返るように顔を寄せて、キスをしました。
舌を絡ませながらキスをし、私は彼女の乳首を指で挟むようにして愛撫してあげました。
「あぁん・・・。」
「我慢できなかったんだ・・・」
「私も、凄くしたかった・・・」
「続きはベットに行ってしようね!」
「うん・・・」
そう言って私たちは軽くバスタオルで体を拭き、ベットへと移りました。
ベットに腰を掛け、私は彼女に覆い被さるかのように、彼女を仰向けにして再びキスを始めました。
とろけるような舌触りの中で、私のおちんちんは益々大きくなっていきました。
舌を絡ませながら、お互いの唾液の味を味わうかのように、ねっとりとキスを繰り返しました。
私は左手を彼女の胸へと滑らせ、先ほどのバスルームの時にように乳首を指で挟んで愛撫してあげました。
「はぁぁ、、ん・・・」
軽く彼女の喘ぎ声が漏れ、私のボルテージは益々上がっていきます。
彼女の体を飢えた獲物がむしゃぶりつくかの様に乳首に舌を這わせて愛撫を続けます。
「あぁん、、いいぃ・・・」
「乳首、舐められるの好き?」
「う・・・ん、すごく好き・・・」
そういって私は乳首を唇で挟み、ブルブルと揺らしたりしました。
また、乳首の回りを舌先で軽く触れる程度になめ回したり、舌先で乳首をつついたり、時には舌先で乳首を跳ね上げるように舐めたりしました。
彼女もさすがに理性を保っていられなくなり、性に飢えた動物の様に変身していきました。
彼女が自ら私のおちんちんを握り、愛撫を始めます。
「あ、、いいよ。おちんちん好きなんだね!」
「うん、凄く好き・・・」
「いいんだよ。それが普通なんだから、もっとエッチになって・・・」
「あぁー、むちゃくちゃになりそう・・・」
そういって彼女は私のトランクスを下げ、生のおちんちんを触ってきます。
体が密着していたせいか、手を動かしにくかったみたいで、それでもおちんちんを上下にしごいてくれます。
「くわえてくれる?」
「うん!」
そういって彼女は私の股の部分へと移動し、仰向けになっている私に対し、上目遣いで私を見つめながら舐めてくれます。
「んぐっ、、んぐっ、、」
「おいしい?」
「うん、凄くおいしい! 先からもう汁があふれてるよ。(笑)」
「お前もだろ!(笑)」
そう言いながら彼女は口を窄めて、時には玉の部分を口で吸ったりしました。
「今度は俺が舐めてあげる! クンニされるの好きでしょ?」
「うん、舐めてくれるの?」
「いいよ! 俺、クンニするの、大好きだから!」
そう言って私は既に濡れているおま●こに顔を埋め、その愛液を味わうように舌で掬ってあげました。
時々クリトリスに舌が引っかかるように全体を舌で舐め上げ、その味を堪能していました。
そしてクリトリスを舌でつつくように舐めたり、舌先で転がすように舐めたりすると、彼女の喘ぎ声は悲鳴へと変わっていきます。
「あ゛ぁーーー!」
「クリトリスがいいんだね!?」
「あ゛ぁーーー、、、くぅっーーー」
私の質問には全然答えられなく、ただ快楽に堪え忍んでいるように見えました。
そして予め彼女に話していた私の十八番の技(だれでもしますが!
(笑))の「舐め&バキューム&振動」のクリトリスへの愛撫をしたとたん、彼女は悲鳴をあげました。
「いやぁーーー! 死んじゃうぅーーー!! 止めてぇーーーー!!!」
「止めて欲しいの?」
「いやぁーーー!!! 死んじゃうぅーーーー!!!!」
全く私の問いには答えてくれないので、更にクリトリスを強力に吸い付き、顔を左右に振りながら振動を与えます。
そんな彼女の快楽におぼれる苦痛の表情を見て、私も我慢できなくなり、クンニを止め、いきり立った肉棒を彼女の中へと沈めていきました。
十分過ぎる程濡れていたので、全く違和感もなく奥へ奥へと沈んでいきました。
オーソドックスな正常位で挿入し、腰を降り続けます。
彼女のおま●こにおちんちんが出入りしているのを見ながら私も益々興奮していきます。
「あぁ、、いいぃーーー! 入ってるぅーーー!!」
「いっぱい入ってるでしょ? おま●こが絡みついてるよ・・・」
「奥までちょーだい、奥まで・・・」
「そんなに奥まで欲しいのか?」
そう言って私は彼女の足を抱え、屈曲位で深く彼女に腰を沈めていきました。
そして体位を得意の駅弁に切り替え、下から激しく突き上げたり、再度ベットに移ってバックで”パンパン”と
音が部屋に響くように突きまくりました。
松葉崩し、正常位、体位を次々と変化させ、
「あぁ、、、いっちゃうぅ・・・、いっちゃうよぉーーー!!」
「俺もいっちゃう・・・。いっぱい出していい?」
「いっぱい出してぇーーー! お願いぃーーーー!!」
「いくよ! いく、、いく、、、いく、、、」
「あああああぁぁ、、、、、」
最後はキスをしながら屈曲位で突きまくり、二人は果ててしまいました。
もちろんこのときはゴムを着けていましたので、コンドームには白い液がたっぷりと入っており、
「いっぱい出ちゃったね! 溜まってたの?」
「溜まってはいないけど、君のおま●こが凄く良かったからだよ!」
「ありがとう・・・。私も本当に死ぬかと思っちゃった・・・」
「そんなに気持ち良かったんだ。俺もそういってくれると嬉しいよ!」
と、最後に再びシャワーを浴びてホテルを後にしました。

それから、彼女からメールが来て、「仕事が忙しくなったので、ちょっと会えそうにありません。
またお会いできる日を楽しみにしています」と言ったまま、連絡が途絶えてしまいました。
もちろん携帯電話の番号は知っていますが、あえて連絡しないようにしています。
迷惑を掛けてしまわぬように・・・。

[紹介元] エロ体験談 知合った女と即セックス出来たったw

【体験談・小説】私はお兄ちゃんの赤ちゃんを出産しました。
高校3年生の冬。私はお兄ちゃんの赤ちゃんを妊娠しました。奇しくも妊娠が分かったのは、12/25クリスマスでした。私もお兄ちゃんも大喜びです。私はいつもの本屋さんに行きました。私は本屋さんが大好きで、学校帰りや休みの日によく行く本屋さんへ行きました。そこで、「たまひよ、妊娠したら初めに読む本」を買いました。本屋のおじさんとは顔馴染みだったので、この本を買う時、「え?」って反応をされた気がします。でも私は嬉し過ぎて、舞い上がってしまっていて、そんな事はどうでもいい事でした。
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】私はお兄ちゃんの赤ちゃんを出産しました。

【夫の前体験談】夫の上司の冴えない男性に私の肉体を…

11歳になる息子と3歳年上の旦那の3人暮らし。

結婚12年を迎え、ちょっと夫婦の営みもマンネリ化していました。

1年程前だったと思いますが、夫の職場で人員移動があって職場の仲間が数人変わったと言っていました。

その中に夫より3つ年上の“高ちゃん“と言う先輩が居て、夫の話では不細工でモテない独身!仕事もミスが多く前の職場から回された様でした。

帰宅した夫が“今日も高ちゃんがミスして残業になったよ“って愚痴を溢していたんですが、その後に“でも何か憎めないんだよなぁ・・・“と言うんです。

そんな夫の愚痴も1週間が過ぎた頃には“高ちゃん可愛そうなんだよ!ミス押し付けられて・・・“とかばう発言をする様になって行ったんです。

更に2週間が過ぎようとした週末、夫の職場で飲み会が開かれたんです。

偶然にも子供は夏休みで夫の実家に1人で泊まりに出かけ家には私1人でした。

夜9時を過ぎた頃、夫から電話が来て“今から帰るから駅前まで迎えに来て・・・“と言うので、急いで車で駅前に向かいました。

路上に車を止めハザードを点けていると後部座席のドアが開き、夫が

“すいません!自宅まで・・・“とタクシーでも呼んだかのように話しかけて来たんです。

「もう!酔ってるの?タクシーじゃないし」

「こんばんは・・・夜分にすいません」

「はっ・・・」

夫と一緒に男性が頭をペコペコしながら車に乗って来ました。

「高ちゃんも一緒に・・・」

「あっ・・・そうなの・・・初めに言ってよ。一緒だったら着替えて来たのに・・・」

「良いじゃん!車から降りる訳じゃ無いし・・・」

「そうだけど・・・」

風呂から上がったばかりの私は寝る時に着るワンピース姿で、しかもノーブラ・ノーパンだったんです。

「奥さんに悪いから・・・タクシー拾うよ」

「何言ってるの・・・気にしないで・・・さぁ乗って」

「良いのかい?本当にすいません」

始めて見た男性は、夫がいつも話していた高ちゃんで、見た目は確かにボォ~っとした感じでモテるタイプではありません。

でも何故でしょうか?憎めないって感じなんです。

車を走らせ“何処に行けばいいの?“と聞くと“自宅だよ・・・家で飲み直すんだ“と夫が言うので、自宅に向かいました。

「高ちゃん!遠慮しないで入って入って」

「こんな夜分にお邪魔して・・・すいません」

「良いから良いから・・・なぁ酒あったよな!つまみも出してくれ」

「ハイハイ・・・早く来る事聞いてたら用意できたのに・・・」

「だって・・・ねぇ高ちゃん・・・」

「何かあったの?」

「まぁ、後で話すけど・・・それより酒!」

夫に言われ酒を用意し、つまみを漁っているとリビングのソファーに座りキョロキョロする高ちゃんが目に入って来ました。

そして彼が見つめる先には、私の下着が干されていたんです。

急な来客に洗濯物を片付けるのも忘れていて、私の下着がモロに見えます。

ちょっと恥ずかしい気持ちと“彼も女性に興味があるんだ!“と思いました。

つまみをテーブルに置きながら、私はそっと下着を取り込み片付けたんです。

そして部屋に戻って下着を付けようと思った瞬間!

「なぁ!一緒に飲もうよ!早く座って・・・高ちゃんを紹介したいし・・・」

「えっ・・・う・うん」

夫に急かされ、私は下着を付けるタイミングを失ってしまったんです。

「高ちゃん!知ってるだろう!俺がいつも言っているドジな先輩」

「あなた!失礼でしょ」

「良いんです!本当の事ですから・・・」

「でも年上なのに・・・」

「本当に間抜けって言うんでしょうか?何をしても失敗ばかりで・・・ダメ男なんです」

「そんな事無いと思いますよ!」

「奥さんも一緒に仕事すれば分かりますよ」

「まぁまぁ!高ちゃん飲もうよ」

彼は酒が強くないのか?顔は真っ赤です。

夫はすっかり酔っている様で、いつもよりハイテンションです。

「今日の飲み会で、高ちゃん随分虐められてさぁ!移動して来た上司最悪なんだぜ」

「そうなの?」

「上司って言っても高ちゃんの同期で、昔から色々嫌がらせされてたんだ!」

「ん~高ちゃん可愛そう・・・」

夫の話では、その上司は自分のミスを他人(部下)に押し付ける様で、高ちゃんはいつもターゲットにされているらしいんです。

元々ミスが多い高ちゃんは、減給され新入社員にまで馬鹿にされていると言うんです。

そんな話を聞いていると、凄く可愛そうな気分になり、何だか応援したくなったんです。

やがて話は高ちゃんの女性関係になり、これまた可愛そうな感じです。

39歳にもなって、未だ女性と付き合った事が無いと言うし、女性と性行為すらした事が無いと言うんです。

いつもエッチな本やDVDでオナニーに明け暮れている様で、部屋にはいっぱいエッチなDVDがあると夫が暴露していました。

顔を赤らめながら“恥ずかしいだろう!そんなに言うなよ“と本当に良い人なんだろうなぁ!と感じましたし、母性本能をくすぐられている様でした。

そんな時だったと思います。

高ちゃんの視線が私の胸や太腿(股間)に向けられている事を感じたんです。

“酔っているのかなぁ?凄く厭らしい視線だわ“ちょっとサービスしちゃおうかなぁ?

顔を赤らめながらもちょこちょこ私を見て来る高ちゃんに、私は御酌をしようと屈んで胸元を見せつけて見ました。

明らかに彼の視線が私の胸元に向き、目が見開いています。

彼を見下ろす体勢のまま、ふと彼の股間が見えました。

明らかにズボンのファスナー部分が大きく盛り上がり勃起している事が分かったんです。

しかもズボンの上からもかなりの大きさである事は分かりました。

顔はさておき、身長180cm以上もあり、しっかりとした体形の彼ですからアソコも大きいんでしょう!

彼はその後も私の身体をチラチラ見ていたんですが、その内に夫が“高ちゃん!よっぽど女に飢えてるんだなぁ“と言い出したんです。

「何言うんだよ!急に」

「だって・・・家に来てからずっと美沙の胸元や太腿を見てただろう」

「見てないよ・・」

「嘘だぁ!良いんだよ別に・・・怒ってないし・・・男なら女好きは当たり前だし、本当は見てた?」

「う・・・う~ん・・・少しだけ」

「少し?」

「だって凄く綺麗だし、色っぽくて・・・」

「そんな綺麗だなんて・・・高ちゃんに褒められちゃった・・」

「本当に綺麗だし・・・色っぽいです」

「そんなにいい女か?ちょっとサービスしてやったら」

「何?サービスって?」

「胸見せちゃうとか?パンチラ見せるとか?」

「ちょっと・・・それは・・・」

「いいよ!そんな・・・」

「良いじゃん!高ちゃん女に縁がないんだし、可愛そうだろう?」

「そうだけど・・・」

正直私も酔っていた事もあり、何だか興奮していました。

「じゃ、サービスタイム」

「良いの?もう知らないわよ」

私はちょっとだけ胸元に手を当て、軽く開いて中を覗かせました。

“いいよ!“って言いながらも顔を赤らめた高ちゃんが身を乗り出し中を覗き見して来ます。

夫はソファーの踏ん反り返って高ちゃんの反応を楽しんでいる様でした。

やがて高ちゃんの目がパッチリと開き、何かを知った様でした。

ノーブラだった私の乳首が彼に見られたんだと知った私は、今まで感じた事無い興奮とアソコが疼くのを感じたんです。

“彼に胸を見られている・・・きっと彼は私の生乳で興奮し勃起しているんだわ“

そんな事を思いながら彼の股間を確認すると、更にファスナー部が盛り上がり、今にも突き破って出て来そうな勢いです。

「足も開いて見せてやれよ」

完全に酔っている夫が、高ちゃんに見られている私に興奮しているのか?夫も股間が大きく盛り上がっていて、息が荒くなっていました。

「いいの?知らないわよ」

「高ちゃんに今日だけサービス!俺の事は気にするなよ」

「でも気になるわよ!」

「じゃ、2人だけで・・・俺トイレ行ってくるわ」

そう言って夫が立ち上がり廊下奥のトイレに向かって行ったんです。

高ちゃんも興奮しているのか?さっきから息が荒く、私を凄い形相で見て来るんです。

何とも言えない厭らしい視線と興奮で押さえつけられない肉棒が今にも爆発しそうです。

変に盛り上がってしまった私も、もうアソコが疼きエッチな汁を溢れさせている事が分かります。

意を決し、私は胸元のボタンを数個外し、Dカップの生乳を彼に見せてあげたんです。

「おっ・・・」

彼が一瞬声を漏らし目を見開いて私の胸元を直視しました。

そんな彼の視線を浴びながら、私は更に足を開き始めたんです。

“彼の前でこんな厭らしい事をするなんて・・・どうしちゃったの?恥ずかしいわ“そう思うと更にアソコが疼き、汁が溢れて来るんです。

太腿を開いて行くと、裾の部分が捲れ上がりドンドン陰部が露わに成り始めていました。

そんな私の行動に気づいた彼が遂に私の陰部へ視線を移したんです。

そして彼の視線が一瞬止まりました。

数秒の出来事でしたが、私には長い時間に感じられます。

彼は驚きの表情を浮かべると同時に、押えていた感情に歯止めが効かなくなったんでしょう!私の方へ体を傾けるとスカートの中を覗き込んで来ました。

“もう!どうなってもいいわ!彼に全てを見て欲しい“そんな感情に襲われ、私は太腿を大きく広げ全てを露わにしたんです。

夫はトイレからまだ出て来ません。

いつしか私はソファーにM字に座り、彼にアソコを全て曝け出しました。

「高ちゃんに見せている何て・・・恥ずかしいわ・・・私って魅力的?」

「凄く魅力的ですよ。AV女優よりも何倍も素敵です」

「本当?嬉しいわ!」

自分でも何故こんな事をしているのか?分かりませんでしたが、

私は夫がいない事を良い事に両手でアソコを広げ、更に奥まで高ちゃんに見て貰っていたんです。

彼に全てを曝け出して3分程経ったでしょうか?夫は一向にトイレから出て来ません。

「高ちゃんのも見たいなぁ」

「良いですけど・・・そんなに見せる様な物じゃ無いですよ・・・」

そう言って彼がズボンのベルトを外し、ファスナーを開けるとパンツから食み出す勢いで盛り上がりが増したんです。

そして彼がパンツに手を掛け下げると、遂にお披露目です。

思わず見入ってしまう程の立派な肉棒に思わず“うわっ“と声を出してしまいました。

長さもそうですが、カリがハッキリしていて極太です。

夫以外に2本しか見た事がありませんが、今まで出会った男性性器の中でNo1です。

M字姿でアソコを見せつけ、胸元を大きく露出させた格好で私は彼の股間を凝視していました。

そんな時です。

トイレから出て来る夫の音に、2人は慌てながら、お互いの物を隠したんです。

「あぁ~ちょっと寝ちゃった・・・」

「随分遅いと思ったわ・・・」

「高ちゃん!サービスして貰ったか?」

「ん~ちょっとだけ」

「何だ!ちょっとだけか?キスとかした?」

「そんな事はしてないよ・・・」

「それくらいしてやれよ」

夫は完全に酔っている様で、何度も“キス“を要求して来るので目の前で高ちゃんとキスをしたんです。

初めは“チュッ“って感じでしたが、興奮で歯止めが効かない高ちゃんが今度は舌を入れて来ました。

ネットリとした唾液が私の舌に絡み付き、更に彼の舌が口内を舐め回してきます。

「おっ高ちゃん!遂に本性現したね!厭らしいねぇ」

夫の目の前で、私は彼とディープキスをしているんです。

荒々しい彼の舌使いが上手とは言えませんが、私はいつしか興奮し彼のキスに更にアソコを濡らし異常な興奮に襲われていました。

「高ちゃん!今日泊まって行ったら・・・布団もあるし」

「良いのか?」

その時、初めて私は彼の舌から解放されたんです。

「いいよなぁ!寝る部屋はいっぱいあるし」

「え~いいけど・・・じゃ用意しないと」

「良いんですか?本当にすいません」

彼の元を離れ、1Fの客間に布団用意しリビングに戻ろうした時、

「高ちゃん!美沙に何サービスして貰ったの?」

「別に!ちょっと胸元見せて貰っただけだよ」

「本当に?どうせなら裸見せて貰っても良かったのに・・・何ならフェラでもして貰えばいいじゃん」

「そんな事出来る訳無いだろう!それに良いのか?」

「俺?それくらい気にしないって・・・」

「そうなんだ!でも羨ましいよ!あんな綺麗な奥さんがいて・・・」

「だったら今晩貸してやるよ・・・好きにしていいよ」

「そんな事出来ないよ!」

「はぁ~もう俺限界!睡魔が・・・」

「寝るの?」

「あっ、新品の下着あったから、それ使って・・・」

「う・・うん」

酔っているとは言え、高ちゃんに寝取られてもいいだなんて・・・ちょっとガッカリしながらも内心、この後の事を考えている私だったんです。

「用意出来たわ」

「俺!もう寝るわ・・・高ちゃんに新品の下着貸してやって・・・パジャマは俺のジャージでいいね」

「悪い!本当もう駄目だわ・・・」

夫と2人2階の寝室に行き、夫をベットに寝せていると

“高ちゃんの相手頼む・・・彼可愛そうだから面倒見てやってくれ“そう言って夫は目を瞑ったんです。

直ぐに寝息が聞こえ、熟睡し始めたことが分かります。

高ちゃんの下着とパジャマを用意し、1人リビングへ戻りました。

彼がソファーで酒を飲んでいて、虚ろな眼差しで1点を見ていたんです。

何だか?哀愁が漂うって言うか?可愛そうな感じがして母性本能を擽られている様でした。

「どうしたんですか?高ちゃん?」

「いや!今日も失敗して怒られて・・・」

「そうなんですか?もう忘れて・・・」

「ん~でも俺って駄目だなぁ・・・」

彼がしんみりと仕事の事を話し始めると、やがて“みんなに迷惑掛けているから、辞めようかと思って“と突然の退職を話始めたんです。

「退職って・・・」

「だって俺向いていないんですよ・・・きっと」

何て言っていいか分からない私は、無意識のまま彼の唇にキスをしていたんです。

彼も驚いた表情を浮かべながらも、舌を入れ込んで来ました。

心臓の鼓動が聞こえる程、彼は緊張している様で、小刻みに震えが感じられます。

やがて彼が私を抱きしめ、更なるキスが続きました。

“これで彼が少しでも救われるなら・・・“そう思っていると、彼の手がお尻に触れやがてスカートを捲り上げて来たんです。

“えっ・・・嘘?“そう思った時には彼の指は既におまんこに押し当てられ、指先でクリトリスを刺激され1本穴の中へ侵入して来ていました。

既に本気汁で濡れ捲ったおまんこは無抵抗に彼の指を咥え込み、更に2本目を招き入れていました。

「高ちゃん!どうしたの?」

「俺!我慢出来ません!お願いです・・・初めての女性になって下さい」

「えっ・・・だって私人妻よ!」

「旦那さんに許可は貰ってます。酔っているとは言え、抱いてもいいって」

「そうなの?でも・・・」

そんな事を言いながらも、私も彼の巨根を見てから、アソコが疼き欲している事を知っていました。

興奮と始めての行為と言う事もあり、彼の指使いは荒々しくもありましたが、もう私の身体は火照りそんな事は関係なかったんです。

気づいた時には私は彼の股間に手を当て、やがて彼のファスナーに手を掛けていました。

“ズズズゥ~“とファスナーを下げ、ベルトを外すと既に大きく硬くなった肉棒が現れ、私は生で肉棒を掴み上下に動かしたんです。

「アぁ~気持ちイイです・・・こんなに気持ちイイの初めてです」

「もっと気持ちイイ事してあげます」

そう言うと、私は彼の膝元にしゃがみ込み、大きくなった肉棒を咥えたんです。

“何て大きさなの?顎が外れそうな位・・・それに男臭さが癖になりそう“

始めと言う彼に気持ちイイ事を教える筈が、私自身もこんなに凄いフェラチオは初めてで、アソコはジンジンと疼き汁が床に垂れているのが分かりました。

やがて、彼の息遣いも荒れると“もう限界です・・・出てしまう・・・・“と声が聞こえ私は

“いいの!中に“と言わんばかりに肉棒を激しく舐め回しました。

“うっ・・・逝く“囁くような声で彼が言葉を発した後、凄く大量の精液が私の口内へ吐き出されたんです。

随分溜まっていたのか?その量も凄かったんですが、凄く濃い液で私はその液を飲み込んだんです。

「すいません!吐き出してください」

「いいんです。もう飲みこんじゃったから・・・」

「そんな汚い物を・・・」

「まだ、足りないんじゃないんですか?」

「えっ・・・」

「だって、まだこんなに大きいままですよ」

彼の肉棒は大きさを保ち、脈打っていたんです。

そんな時、彼の欲求が爆発した様に、私はその場に押し倒され彼の怒り狂った肉棒をおまんこへ差し込まれ激しく腰を動かされたんです。

一瞬の出来事に驚きもありましたが、それ以上に彼の肉棒は余りの大きさで痛みもありました。

しかし、そんな感覚は直ぐに無くなり今まで味わった事の無い物凄い刺激が私の身体を駆け巡ったんです。

「凄いわ・・・うっ・・・ダメェ~」

厭らしい声を漏らしながら、私は彼にしがみ付きながら逝かされました。

そんな事も知らない彼は腰を動かし続け、逝ったばかりの体に刺激が襲います。

たて続けに逝かされた私はもうハァハァ息を荒らし、ただ彼に抱きつくしかありません。

「うっ・・・出そうです・・・」

「中には出さないで・・・」

「ダメ~もう出ちゃいます」

生暖かい感覚が膣内に感じ、彼に中出しされた事を知りました。

ズブズブと肉棒を抜かれると、おまんこから精液が流れ落ちるのを感じたんです。

激しさの余り直ぐに動く事すら出来ず、彼の前に下半身を剥き出しのまま寝ていました。

間もなく彼に抱きかかえられ、2人は風呂に向かったんです。

一度体を許すと、彼の中で何かが崩れたのか?私は脱衣場で全裸にされ浴槽で体を洗われると同時に

彼の舌が体中を舐め回し、やがて再生した肉棒がおまんこへ差し込まれたんです。

浴槽で彼に抱きかかえられる様に入ると同時におまんこへ挿入、そんな姿勢のまま彼に唇を奪われ、胸を揉まれる私はもう抵抗する気力すらありません。

ただ彼の性処理奴隷の様に、何度も何度も色んな体制で中出しされたんです。

どれだけの精力と体力が彼にあるのか?浴槽内でも3回は中出しされ、全裸のまま布団に運ばれた私はその後も数回彼の精液を受け入れたんです。

彼自身10回近く逝ったと思いますが、それ以上に私は数えきれない位逝かされ潮まで噴き上げたんです。

眠りに就いたのは何時だったのか?気を失う様に私は眠っていました。

そして、激しく体を揺さぶられ下半身を襲う刺激に目が覚めたんです。

ハッと目が覚めた時には、私に覆いかぶさるように彼が居て、肉棒を差し込み腰を激しく動かしていました。

その時、昨夜彼に抱かれそのまま彼の布団に寝ていた事を知ったんです。

「高ちゃん!もう終わりにして・・・」

「もう一回!これで終わりにするから・・・」

「最後ね・・・」

「もう3回も中に出しちゃったけど・・・」

彼の言葉に驚きました。

私が寝ている隙に彼は3度も中出しをしていたんです。

寝ていても身体は反応するんでしょうね!私のおまんこからは溢れる程、エッチな汁を出し彼の肉棒に絡みついているんです。

「あ~ダメ・・・また逝きそうよ」

「もう逝っちゃうの・・・」

“ん~“朝っぱらから彼に逝かされた私は、昨夜の感覚が蘇り続け様に腰を動かされる事で、直ぐに逝く感覚が体中を襲います。

“ダメ~また来る・・・あぁ~続け様に逝っちゃう“そんな言葉を発した直後、部屋の戸が開き目の前に夫が現れたんです。

「高ちゃん・・・お前・・・昨夜からずっと・・・」

「違うの・・・」

「ごめん!だって良いって言ったじゃないか?」

「あぁ~確かに俺が許したけど・・・」

「あなた・・・」

「すまん!でもこんなになるまでは想像もしなかったよ」

夫の目の前で私は逝かされ、高ちゃんの精液を中に出されたんです。

しかも彼は私に汚れた肉棒を咥えさせてきて夫が見つめる中、肉棒を咥え綺麗にさせられました。

「奥さん!凄く良かった・・・ありがとう」

「高ちゃん・・いったい何回やったんだ?」

「ん~俺は15回・・・奥さんは何回逝ったか分からないよ・・・潮まで吹いて布団はこんなになってるけど」

夫の横をすり抜け、急いで風呂に向かい膣内を洗い流した私は、そのまま部屋に戻り着替えたんです。

余りの衝撃に夫も後悔をしていましたが、自分が招いたと言う事で、それ以上は何も言って来ません。

高ちゃんは気まずそうにタクシーを呼び帰って行きましたが、私のおまんこは何時までもジンジンと疼いていました。

翌日1通のメールが・・・そして私は古いアパートのドアの前に立っています。

 

望まないSEX、でも割り切ってしまうととんでもない興奮に変わることもある。人間の心理って不思議ですよね。

[紹介元] 女性視点エッチ体験談 性欲女子 【夫の前体験談】夫の上司の冴えない男性に私の肉体を…

【泥酔体験談】酔ってお持ち帰りされ激しい快感を…

持ち帰られてしまった。
持ち帰りというか送り狼状態で。

会社の飲み会で泥酔して家まで送ってもらったらしい。気付いたら家のベッドでことが済んだあとでした。

服着たほうがいいよとか言われて状況を把握しました。
久々のセックスだったのに記憶がないのが惜しい。

酔ってたから声でかかったかもなぁ
ただ、相手が既婚者の方だというのが難・・・

いや、それよりも泥酔してみんなに迷惑かけたことの方がきになる。月曜会社行くのやだなぁ。

経緯は・・・
職場に異動してきた人の歓迎会でした。

仕事が長引いて少し遅れての参加(正直かなり疲れていました。

疲れていたので食欲もなく、でも「割合飲める人」のレッテルがあった私のグラスにはビールがグラスの底を見せることもなく注がれつづけていました。

ビールはそんなに飲めないので、途中で好物の焼酎に切り替えてちびちびやってた筈!だったんですが、その辺りから記憶がないです。

今日狼さんに聞いたところ、普通に飲み会に参加してたらしいです。会話もちゃんとしてたらしいです

「のめのめー」みたいな勢いにグラスのストレートの焼酎(25度)を水のように飲んでたらしい・・・

でそんなこんなで一次会解散。

サンダルを履くのに手間取り、お店をふらふらしながら出るのをみて、狼さんは普通に心配して肩を貸してくれました

二次会に行く人、帰る人に分かれつつ解散。

一人で歩けなかった私を自分の家に連れてつれて帰ろうとしてくれたらしく、どっかの駅で奥さんに電話。

普通に断られて、路頭に迷ったらしいですが、そこで私の実家を聞き出し連れて行こうとしたらしいですが、なぜか私が断固拒否(何故だか自分でもわからないです)

まぁ、途中あちこちで吐きながら(道とか駅とか)結局タクシーで家まで送ってくれたのです。

記憶がないながらも自分で部屋に帰ったあとトイレでぐったり。
(吐きながらぐったりしてたのは覚えてます)

そこで、「こんなとこで寝ちゃダメだよ、ほら」って狼さんが抱き起こしてくれた時に、向かい合わせに抱きかかえてくれました(おぼろげ)

そこで私からかなりの勢いで抱きつき、濃厚なキスをしたらしいです。

それで普通に解放してくれてた狼さんに火が付いたらしく、そのままベッドまで私を連れて行ってキスをし服を脱がせ
(下着を脱がされてる時は微妙に覚えてるかも でも体が動かない)

あとはなすがままされるがまま。
お互いお酒が入っていたのも手伝って もう勢いで。

かなりの声で喘いでたらしいです(恥・・・いつもはそんなんじゃないのに多分隣の人に聞こえてたよ・・・

もちろんなんの予測もしてないですから、ゴムなんかもあるわけじゃなく生でやっちゃったらしいです。

で、お腹の上に出された時に私の記憶が戻ってきました

「ティッシュある?」「・・・そこに(指差す)」「空っぽだよ」「あ、あっちに新しいのあります」とかなんとか言うやりとりは覚えてます。

その後はぎゅーっとハグをしてくれて
「ごめんね、ごめんね」って謝ってくれてました

その時すごくそれが愛しく感じて、私からハグをしてキスをしました。

久々のキスと優しい体で、記憶はなかったのにエッチしちゃったんですが、なぜかとても幸せだと思いました。

男の人の体ってなんて気持ちいいんだろう!って

しばらくして、狼さんは「電車も時間がそろそろだし帰るね、ちゃんと服着なよ、さっき着てた服はここに掛けておいたからね、またあとで電話するね」、と言って帰っていきました

その後は素っ裸のまま爆睡

朝、吐き気で気持ち悪くなって目が覚めた、と言う感じでした

悪酔いした原因は、振られた彼氏が女の子に囲まれながら楽しそうに飲んでいるのを見る(というかつい見てしまう)のが辛かったからでしょうかね

すっかり吹っ切れたつもりなんですけど、以後気をつけます

[紹介元] 女性視点エッチ体験談 性欲女子 【泥酔体験談】酔ってお持ち帰りされ激しい快感を…

優しい彼氏は私がまだ処女だと思っていますが・・・・・

投稿者:りな さん(女性・18歳) 【体験談】ダメだってわかってるのに・・・ よく浮気とか不倫する女って信じられない、頭おかしい、病気じゃない?とか言われるけど、その通りだと思う。 私は性欲強くて頭おかしくて、浮気がやめ […]

The post 優しい彼氏は私がまだ処女だと思っていますが・・・・・ first appeared on 捗るエロ体験談!.

[紹介元] 捗るエロ体験談! 優しい彼氏は私がまだ処女だと思っていますが・・・・・

痴漢したら感じ始めたので自宅に誘ってS学2年生の膣内奥深く子宮めがけて精子を発射
岩嵜智久さんから投稿頂いた「痴漢したら感じ始めたので自宅に誘ってS学2年生の膣内奥深く子宮めがけて精子を発射」。 2005年(40歳)の夏頃にSEXしました。 その日は夏休み前で終業式がありS学生たちは半日終わりでした。 …
[紹介元] みんなのエッチ体験 痴漢したら感じ始めたので自宅に誘ってS学2年生の膣内奥深く子宮めがけて精子を発射

阿○ヶ谷姉妹の渡○江里子さんに似た義姉妻
年下夫さんから投稿頂いた「阿○ヶ谷姉妹の渡○江里子さんに似た義姉妻」。 46歳の会社員です。 私は、中学の同級生と25歳同士で結婚し、二人の娘を儲けましたが、32歳の時に妻が事故で亡くなり、その2年後、当時教員だった4歳 …
[紹介元] みんなのエッチ体験 阿○ヶ谷姉妹の渡○江里子さんに似た義姉妻

一人旅をしている女子大生を単身赴任の部屋に泊めて
単身赴任の時の話です。 50歳を過ぎて、管理職として、県庁のある地方都の市出先機関を任されていた。 大学の近くの学生マンションの一室で俺は一人暮らしをしていた。 ある休日の午前、PCで出会い系掲示板を覗いていたら、『会い […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 一人旅をしている女子大生を単身赴任の部屋に泊めて

【エッチな体験談】中2の時、包茎に悩んでて保健室の先生に相談した話
3c197aa4658b72edbb1dd0f2bffee57f

中2の時の話。

包茎(真性)で悩んでて、


「このままじゃ一生剥けないんじゃないか」

という妄想で頭が一杯になって、放課後保健室に相談に行った。


うちの学校の保健室には、26歳の細身でポニーテールが似合う色っぽいお姉さんがいて、しかも凄く優しくて男子(一部女子も)はハァハァしていた。


俺が保健室に行くと、お姉さんは薬の空き箱をごみ袋に入れている所だった。


「どうしたの?」

「相談があるんですけど…」

「なに??」

椅子に座って向かいあった。


「あの、まだアソコが剥けなくて悩んでるんですけど…」

「う~ん、そんなに心配しなくてもそのうち剥けると思うけど」

「でもなんか剥けそうもない感じっていうか、雑誌とかで、手術しないとダメとか書いてあって…」

続きを読む

[紹介元] 気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~ 【エッチな体験談】中2の時、包茎に悩んでて保健室の先生に相談した話

処女と言い張るチャット友達
画像はイメージです
年が7つ違うチャット友達がいる。
恋愛相談とか乗ってあげたり、冗談っぽく下ネタ話になったりする4年ぐらいの仲。
友達は親戚が東京にいるので年2回ぐらい上京して遊びにくる。
まぁ兄妹のような関係。

チャットで知り合った頃は、向こうは学生で彼氏も居たんだがまだバージンらしい。
それで別れた後、「4年間も彼氏いねーー、彼氏欲しーーー、あーおばさんになってくーっ」なんて言ってた。

で、今年の7月、夏休みを利用して遊びに来た時に会うことに。
まぁ定番のディズニーシーなんか連れてった。
もちろん俺も男だから下心が無いわけではないけど、紳士的に振舞った。
夕飯食った後、俺の部屋を見たいと言い出した。
チャットでよく、『俺の部屋狭い』だの『壁薄い』だの言ってたせい。

俺「うーんどうすっかなぁ・・・」

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}

意外に困った。
だって何か照れるし・・・。

それでもしつこく「見せてよぉ~」と言うので、「男の部屋に女がきたら、やる事1つになるでぇ」と言い返したら、「私が処女って知しってるやん。襲わないくせに(笑)。何ならいつでも押し倒してくれ!」って言い返された。

まぁそこまで言うなら、と部屋に招待した。
部屋はまぁまぁ綺麗にしてた。

彼女「うわっ!男の人の部屋に入ったの初めてー!うわー部屋汚ねーーーっ!(笑)」

俺「じゃーさっそく電気消してやろっか」

冗談っぽくそう言ってみると、「何を~?」と笑いながら、普通のおしゃべりに発展。
TV見たりしながら仕事の話をしたり、またエッチな話したり。

俺「うわーっ俺、頭が勃起してきたよー、変なこと言うから」

彼女「はぁ?変態オヤジめー」

俺「普通だって!まだまだ若いのだ!えっへん」

彼女「下も勃起してんじゃないの?」

俺「うーん、どうだろな、それは内緒」

彼女「見せろーー!見たこと無いんだから!」

俺「やめろっちゅーーの・・・どうしても見たいか?」

彼女「見たい!」

俺「・・・か弱いお嬢様が『見たい』って言うなーー!」

彼女「げっ、確かに・・・しかしどうなってんのか見たいー!」

俺「うーん・・・」

恥ずかしいのはあるが、気持ち的に下心の方が大きくなって見せたくなってきた。

彼女「タッチ!あっ、なんか大きい感じ(笑)」

俺「しょうがない・・・出血大サービス!」

って言いながらズボンから出した。

彼女「うわっ!立ってるー、面白ーい!」

俺「素晴らしいだろー。はっはっはー」

彼女「ちょっと握ってみようー」

俺「おいおい、やめろよー」

とか言いながらもニヤニヤしている俺。

彼女「へぇー、こんなに硬いんだー」

俺「おいおい、あまり弄るなよ、したくなっちゃうじゃねーか」

彼女「私とする?」

俺「なーに言ってんだよ、しねーよ」

心にもない事を言ってしまいました。

彼女「本当はしたいんじゃないの?」

俺は迷いました。

(これは押し倒しても良いって事なのか?)


俺は本能のまま行動する事にした。

俺「なぁ、ちょっと口でしてみないか?」

彼女「なーに言ってんのよ」

彼女は拒否したが、俺は彼女の顔の前へチンポを持っていった。
すると彼女は嫌がりながらも俺のチンポを咥え始めた。

俺「あぁっ」

思わず声を出してしまう俺。
堪らなくなった俺は、彼女の胸を服の上から触った。
服の上からだけでは我慢出来ずに、俺は服の中に手を入れて生のおっぱいに触った。
すると彼女の乳首が立ってることに気付いた。
俺はそのまま彼女の服を脱がし、乳首にしゃぶりついた。

彼女「あぁ、んん・・・」

初めて見る彼女の乳首、処女だけあって綺麗なピンク色をしてた。
俺は彼女の乳首から顔を離し下半身へ移動。
パンティはもうグショグショ。
俺はパンティを脱がせ、彼女のマンコと対面。
処女だけあって、こちらも鮮やかなピンク色をしてた。

そのマンコに舌を這わせながらマンコの入り口に舌を入れると、「あぁぁん」と彼女が腰を動かした。
彼女にとっては初めてのクンニ、よほど気持ちよかったんだろう。
俺は彼女の喘ぎ声に喜びを感じ、得意気にマンコを攻め続けた。
マンコを攻め続けると次から次へと愛液が溢れ出てきた。
愛液にまみれながらマンコを舐め続けると、「何かおしっこしたくなってきたー」と言い出した。

彼女「もうやめてー、おしっこ漏れそう・・・」

そんな言葉を聞いてやめるわけがない。
俺は構わず舐め続けた。

彼女「あぁ・・・!出る・・・!」

そう言って彼女のマンコから液体が噴き出した。

彼女「あぁー、おしっこー」

彼女は恥ずかしさのあまり顔を真っ赤にしていた。
彼女にとっては何もかも初めての経験。
しかも俺の前でおしっこまで漏らしてしまったと思った彼女は半ば呆然としていた。
俺はマンコの中に指を2本入れ、更に攻め続けた。

「あぁぁあん、はぁぁ・・・!」と喘ぐ彼女。

彼女「あぁ・・・ぁ、またおしっこしたくなってきた・・・!」

俺も堪らなくなってきたので、チンポで彼女のマンコの入り口付近を擦り始めた。
すると処女のはずの彼女が、「焦らさないで早く入れて・・・!」と言い出した。

(こいつ、やっぱり処女じゃないな)

そう思いながらも俺はマンコにチンポを挿入した。

ヌルヌルヌルー、グチュー。
チンポはスムーズにマンコに入っていった。
最後は激しくピストンしてフィニッシュ。

[紹介元] えろざか 処女と言い張るチャット友達

よく遊んでいた仲間同士で初エッチ
画像はイメージです
ひょんな事から男3(友達3人)対女2(私と友達)の経験をしました。

小学校の頃から仲がよくて高校は別々になった人もいたけど、よく遊んでいた仲間同士でした。
仕事についてから中々全員が一緒に集まることは無かったけど、先日金曜日に集まり5人でカラオケに行きお酒を飲み、過ごしました。


そのうち終電も無くなり、結局は近くに1人で住んでいた私の部屋に全員泊まる事になりました。
部屋に帰っても懐かしさでお酒を飲みながらの昔話で盛り上がり、次第に一人寝、二人寝と一人住まいの1Kの狭い部屋に寄せ合うようにごろ寝でした。
私とミー子は向き合って真中に寝て、周りには男の子達が私達を囲むみたいに寝てました。

異変に気が付いたのは眠りに入って30分もしない頃でした。

向き合っているミー子は酔って具合が悪くて寝苦しいのか、「うーん」と時々声を漏らしながら身体を身震いさせたり、寝返りしたりしていました。
大丈夫かなと心配になったんだけど、暗かったけどミー子の様子を見たら自分の手を服の中に入れて胸を掴んでるのが見えたんです。

私はミー子は酔ってしまって、皆がいるのに無意識でオナニーしてると勘違いして、止めさせようしたんです。

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

すると横向きになってるのに片足を少し浮かせる感じの姿勢をしていて、下半身の方を見るとスカートの裾の方にピンクの下着が膝に引っかかっている感じのものが見ました。

目を凝らしてみると誰かに後ろから股の真中を触られている様子でした。
スカートは捲られ、お尻は丸出しの状態で、隣に寝ていた聡君が触っている様子でしたが、後ろ向きで手だけがミー子の股の間に入っていて、その手を忙しく動かしてました。
ミー子も悪戯で触られてる様子ではなく、快感を受け入れる様子で味わってる感じ始めてました。
いくら親友でも目の前で感じてるのを見るのは初めてだったので、少し興奮気味で気付かれないに見ていたんです。

そのうち私の後ろで寝ていた健史君もミー子の異変に気が付いてきた感じで、寝返りを何度か打つ振りしながら背中に身体を密着させてきました。
そしておどおどした手つきで私のお尻を触っては放したりを繰り返しました。
私も、ミー子の乱れた様子を見て興奮してる、なんて思われたくなかったので寝てる振りして、身動きもしないようにしてたんです。
すると健史君は私が触られてるのを気が付かないと思ってだんだん大胆になり始めました。

私も興奮と触られるのに、ついお尻を後ろに押し出してしまい、触られるのを嫌がらない様子をしてしまったんですが、すると今度は直接下着の中に手を入れられ触られ始め、あっと言うまに下着は剥ぎ取られてしまいました。
下着を取られると分かっていたのに無意識に腰を浮かしてしまい、脱ぎやすい格好になった私が悪いのですけど・・・。
男性経験は無いわけでもないのでつい脱がされ易い体形を取ってしまいました。

後は好き放題に触られ、弄られ、手も前にまわされ、胸まで弄られるようになっていました。
いつの間にか健史君はズボンから自分のを出してました。
あそこを弄られてる手の動きにお尻を動かしてると、その堅い物をお尻に感じていたと思ったら急に私の中に挿入してきました。

あっ、思った時には遅かったです。
入れられた事を気付かれないようにするのが必死で、特に目の前にいるミー子にはわからないようにと思いました。
でも5ヶ月ばかりもご無沙汰していた私は、抜く事よりも、(入れられたのを味わいたい!)と、身体が勝手に求め始めてました。

ただ、健史君に大きく動かれたらまずいと思い、手を後ろに回して健史君のお尻を押さえてしまったのが運の尽きでした。
健史君は勘違いして、私をもっと感じさせようと小刻みに腰を動かし、私も反応して一緒に動かしてしまいました。
ミー子は気が付いていないか顔をみたら、目を急に開けて、ニヤと笑い、下半身を触られながら上半身を私のほうに近づけてきました。

そして・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「私が寝てる時に弄られて感じてしまっていたのを見ていたんでしょ。恥ずかしいから知らない振りしていたけど、お互い様になったね。お互いもう男を知らない訳じゃなし、このままあそこを弄らせてあげて、私達も黙って感じていようね」と言い出しました。

でもこのときは、もう私が既に入れられているのはまだミー子は気が付いていなかったみたい。

お互い、感じてるのを見合ってる格好になり、だんだん変に興奮の仕方が強まりました。
私もミー子に負けないぐらいに感じようと負けん気が起きてきましたが、ミー子も私と同じに思っていたみたい。
我慢できないっていう感じで、ミー子は服の前を開けて胸を出し、両手で抱えるみたいにして、親指で自分の乳首の先を擦りながら下半身を弄られるに合わせて悶え始めました。

私もミー子の様子を見ながら、興奮が益々高まり、とうとう入れられたまま身体を返して四つん這いになり、バックから責められるのを見られながらやっている格好になってしまいました。
それを見たミー子も、まさか私が入れられてされてるとまでは思わなかったみたいです。
ミー子は負けじとマンコを弄っていた聡君の手を外して、仰向けになって自分の身体の上に乗せ、正常位で入れてエッチを始めました。
私はバックから、ミー子は上に覆い被されて、二人横に並んでのエッチが始まりました。
お互い相手に負けないで感じよう、とそれは激しい感じ方でした。

もちろん、このあたりで残っていたあきら君も目をさましました。
一人取り残された感じの顔をしていましたが、まだ半分は服を着ていた私達の服を脱がせてきました。
私たちを全裸にしてから自分も脱いで全裸になりました。
最初は四つん這いになっている私の方がしやすかったようです。
私の顔のところにあきら君のビンビンの物を口でして欲しそうに突き出してきたので、口の中に入れてあげて、それを吸いながら舌を絡ませてました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

暫くすると、ミー子が、「私も舐めたい」と言い出しました。

それで私とミー子は交代しました。
あきら君は四つん這いの格好になってあれをミー子の口に近づけ、ミー子は両手で抱え込んで美味しそうに舐め始めました。

それを見ているうちに、私は二人も相手にしているミー子が羨ましくなりました。
そこで舐められてるあきら君に近づき、胸を触って貰いながらあきら君とキスをして、舌を絡み合わせてました。
すると私と最初からずっとしていた健史君がとうとう我慢できなくなり、私の中に放出しました。
続いてあきら君が私の胸を強く掴んできて、息が詰まるほどキスしてる私の舌を吸い込みながらミー子の口の中に放出しました。
そこで結構長く続いていた聡君もいきそうになり、激しく腰を動かし始め、絶頂寸前のミー子の中に放出して3人とも終わりました。

3人が終わった後は、余韻を感じながらミー子と私が抱き合って寝てました。
でもどちらともなく相手を弄り始め、レスビアンの真似事を始めました。
徐々に男の子達も復活し、相手を代えて二回目に入りました。
私が男3人に責められながらミー子に愛撫してあげたり、ミー子が3人にされながら私にしたりとか色々代えながらやってました。

復活したミー子が、「また入れたい」と健史君の上に覆い被さって入れ、私も負けじと聡君を引っ張り、身体の上に乗せて入れさせました。

こんな感じでエッチを始めたら、残ったあきら君が、「俺も穴に入れてださせろ」と言い始めました。

ミー子は、健史君の上で腰を回しながら自分のお尻の割れ目を手で開いて、「女にはもう一つ穴があるからここでよかったら使っていいわよ」とあきら君に言って、とうとうアナルエッチまで始まってしまいました。

後でミー子に聞いたら、アナルエッチの経験はなかったけどアナルオナニーはよくしていたようで、気持ちいいのは知っていたみたいです。
そんな感じで前と後ろを同時に責められ、喘いでいるミー子の乱れ方は尋常ではありませんでした。

ミー子は挙句の果てに、私の穴に入れている聡君にも、「もう一つお口の穴が空いてるから栓をして~!」と言って、私から引き離すみたいに背中を引っ張りました。

そして私から抜き去ったあきら君のものを無理やりに自分の口の中にいれて、一人残された私にも、「胸を噛んで~!」とせがみました。

4人から同時に迫られたミー子は、男の子達が終わる前に、口に咥えてる聡君のを喉の奥まで吸い込みながら激しくイッしまいました。
激しく身体をビクビク痙攣させるみたいになり、ぐったりとなってしまいました。

取り残された男の子達は、ぐったりしてしてしまってるミー子の中に出そうと必死に腰を振り続けてました。
ぐったりとなりビク、ビクと身体をひきつけを起こしながらでも快感を感じているミー子を見たら、(そこまで感じれるのか?)と思ってしまいました。

アナルを弄ったことのない私でも、ミー子のようにアナルエッチで同時に3箇所の穴に入れられてイキたい!と思いました。

それで、「私の中に出して」と、ミー子からあきら君を引き放しました。

あきら君を押し倒し、上に覆い被さって挿入し、それからミー子の様に手でお尻を開いて聡君のものを私のアナルに入れさせました。


そして、まだミー子のマンコに入れたまま腰を動かしていた健史君に向かって、「私の口の中に出して~。飲んであげるから早く」とお願いした。

私もミー子の真似をして、3人同時に入れてもらって、もう何も考えられない状態になりました。
乳首は自分で弄りながら、口の中、マンコの中、お尻の中にと次々に出されました。
放出されたのを感じたとのと同時に、ミー子みたいに指先を突っ張られるみたいな感じになってイキました。

どうしようもなく身体がピクピクとひきつけを起こしながら、身体に力が入らない状態が続きました。
何も考えられない脱力感快感が長く続いていました。

30分った頃、男の子達は、「ミー子よりも突かれている時の反応と喘ぎ声がよかったから」と言い出し、ぐったりとして休んでいた私の身体を弄り始めました。

男の子たちは、私の“感じた悶え姿と喘ぐ声”を聞くとまた出来そうとのことで、ミー子よりもう一回ずつ余分にされました。
私の悶え悦ぶ姿が余りにも淫靡で見てて興奮したようです。
ミー子は私の悶える姿を見ながらマンコとアナルを使ってのオナニーを始め、それだけで5回もイったようでした。
そんな感じでしたから私よりも回数が少なくても変に納得していました。

長い付合いの仲間同士なのに、今まで一度も仲間同士でエッチをしたことがなかったのに。
初めてがとても激しい乱交パーティーになってしまいました。

お腹が減って外に食事をしに行く時には太陽が黄色い感じに見えていました。
私もミー子も、蟹股歩きになっててなんだか情けない感じでした。
歩きながら時々腰ががくんと落ちる格好になり、恥ずかしい思いでした。
女の子が腰を掴んではがくんと抜けたように落として歩く姿は、(激しく腰を振ってしまいました)

と言っているようですよね。
ミー子と顔を合わせてはにが笑いしました。

今度は何ヶ月先か何年先にまた集まるか分からないけど、もう一度乱交パーティーをしたいです。

「今度は、最初から使っているバイブや興味あるSMの縄とかも準備して、ホテルで1日中してみたいね」と、ミー子とメールで計画を練っているところです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 よく遊んでいた仲間同士で初エッチ

お小遣いあげるからさ。キスさせてよ
画像はイメージです

JS5の時の事です。
私は塾に通っていて、その日は土曜日で午後から授業でした。
生理だった私はお腹が痛かったので、行ってすぐに事務室で休み、すぐ早退しました。
なんか恥ずかしくて生理とは言えなくて、ただお腹が痛いと言って・・・。
母親との電話内容聞くとバレてたぽいけど。

ぼーっとしつつ駅から自宅まで歩いてると、住宅街の道に男の人が立っていて「ねぇちょっとー」と声を掛けてきました。
え、と思って返事せずに顔だけ見ると「ちょっと車、手伝って欲しいんだけど」と・・・。


車とか子供に手伝えるの?誘拐じゃ・・・と思ったけど様子を見ようと思い、少し距離を取って歩きました。
そこは砂利の広い駐車場を家が囲むようになってる場所で、入口通路は塀に挟まれてて軽く死角になってました。
すぐ隣の家の人が気付けば別ですけどね。

その入口のとこで男の人が急に振り返ったので軽く警戒して立ち止まると、「キスさせてくんない?」と言ってきました。
私は予想外の展開に頭真っ白になって立ち尽くしました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


すると更に「ね、お小遣いあげるからさ。キスさせてよ。お願い。キスだけでいいから。ね?お小遣い欲しいでしょ?」と両手を合わせて言ってきました。

まだキスした事ないのにお小遣い貰ったって嫌!と思ったけど、なんか固まっちゃって声が出なくて首を横に振るしか出来ませんでした。
今もだけど何かの時咄嗟に動く事が出来なくて、たぶんその時もすぐ逃げれば追いかけてまで来なかったと思う。
でも私は立ち尽くしてしまって、男の人が寄って来て初めて逃げようとしました。

腕掴まれて、逃げようと後ろ向いたら後ろから抱きすくめられ、男は耳元で「ねーいいじゃんキスくらいーさせてよー」とハァハァ言いながらアソコを擦り付けてきました。
振り解こうとしてもJS5の力で敵うはずも無く、小さい声で「やめてください・・・」と言うのが精一杯でした。

男の人は片方の腕で私の両腕をホールドし、もう片方の手で無理矢理顔を掴んで振り向かせ、唇を合わせようとしてきました。
初めてなのに嫌だ!と思ったけど首の力では全然抵抗できなくて、咄嗟に口をリップクリームをんぱってやる時みたいに閉じました。
その上からちゅーしてきたけど、口を閉じてるせいか口の周りをベロベロ舐められました・・・。
気持ち悪くてぎゅっと目を瞑って耐えてると口を離したので、ほっと軽く脱力。
すると今度は服の上から胸を鷲掴みするように揉んできました。
ハァハァしながら「可愛いおっぱいだね」などと言ってきました。

私は軽く抵抗しながらも、キスだけって言ったのにとか、こんな小さい胸揉んで楽しいのかなとか考えてました・・・。
軽く諦めててたぶんほぼ無反応。
少しの間胸を揉み、それが終わるとスカートを捲ってパンツの中に手を入れようとしました。
それだけは嫌!と思ったので、思い切り抵抗したつもりでしたがダメでした。
パンツの中に手を入れられて指で触られました。
結構強く触って来て、触られた瞬間「痛っ・・・」と声が出たんですが、お構いなしにグリグリされました。
まだ指を中に入れられなかっただけマシかも。

すると男が「あれ?なんか濡れてるよ?」と言ってきました。
私はその時「濡れる」の意味が全然分かんなかったので、その字の通りに受け止め、男が本当に何か分からないけど濡れてる?という疑問を口にしたんだと思いましたw
なので、真剣にあれ?なんでだろ?と考えて、今日生理だった事を思い出し、生理の血だ!と気付いて「生理中なんですっ・・・」と声を搾り出しました・・・。

男の人は無言で解放してくれました。
ほっとしたら男の人が財布からお金を出そうとしてたので、小さく「要りません・・・」と言いました。
お金を出そうとした男の人の指に血が付いてたのをよく覚えてます。

抱きすくめられた時に落とした鞄を拾って、頭がぼーっとしたまま家に帰りました。
家に帰って口を洗ったけど、男の人の唾液完璧に舐めちゃってますね・・・。
ショックでボー然としてたけど、具合が悪くて早退してきたので母親はさほど不審に思わず。
自分は恥ずかしいので黙ったまま。
しばらく思い出してはショボーンを繰り返し、今でも恥ずかしいので直接誰かに話した事はないです。
今思えば生理じゃなかったらもっとひどい事されてたかも?

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! お小遣いあげるからさ。キスさせてよ

【体験談・小説】SNSで出会った綾香さん。 こんな綺麗な人妻がサイトにいるなんて。
綾香37歳主婦子持ち鹿児島市在住お昼から秘密厳守でお会いできる方綾香さんと騎射場公園で待ち合わせ。約束の場所に紺のスカートを着たマスク姿の女性が立っていた。マスクで顔全体はわからないが目元がぱっちりした女性だ。綾香さんは僕の車の助手席に座ると「綾香です。よろしくお願いします」そのまま近くのホテルに向かった。
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】SNSで出会った綾香さん。 こんな綺麗な人妻がサイトにいるなんて。

五十路のパートのおばさんと酔った勢いで・・・
俺は26歳、パート事務員のアサ子さん(54歳)とは、昨年末からの関係です。きっかけは昨年末にあった職場の忘年会でした。ベロベロに酔った俺は完全に記憶を失い、気が
[紹介元] エロ話~抜けるアダルト体験談まとめ 五十路のパートのおばさんと酔った勢いで・・・

小?高にかけて妹への行為
俺には3つ下の妹がいて物心ついた頃から妹に悪戯するようになっていった。

思い出すとさんざん良い思いをしたなぁ?と思ってしまう、デジカメがまだゴツかったあの頃あわよくば今のHDDを持ってタイムスリップしたい(笑)

最初は俺が小4の頃既に猿の如くオナニーに貪欲でまだ未精通。

妹とは普通に風呂に入って遊んだり仲良かった。

風呂上がりに妹が裸のまま児童雑誌を夢中で読んでるときに股の間が気になって見てみた。
小さい膣と肛門尖ったクリトリス、可愛らしい性器をじっくり観察してから数分後にお互いパジャマに着替えました。

寝るときは一緒で妹とじゃれあいようやく寝付いた後で服を脱がして悪戯します☆

懐中電灯片手に布団に潜り(昔の布団は重かったから潜るの結構大変ww)パジャマとパンツを一気に脱がします。

両足の間に潜り込み懐中電灯ON!
オマンコが明るく照らされます。

両手でゆっくり開いてじっくりと観察、呼吸する度に膣がウネウネと動き常に濡れていて女体の神秘に感動してました。

そして、無臭のオマンコに口付けしてじっくり舐め回します☆
肛門と膣を交互に舐めて自分の指を舐めゆっくりと膣へと挿入していくと口で加えたられたくらい強い締め付けでニュルニュルと指を飲み込んでいきました。

ほぼ毎日やっていたので少しずつ膣への指の挿入がスムーズになっていきます。
妹の体内は熱く奥がコリコリしていました

指挿入して片手でオナニーするのが俺の最高に興奮するオナニーでした

イッたら射精もないし軽く休憩してまた勃起してくると猛烈に興奮して妹に指挿入してオナニー☆
1晩に何度も4?5時間やる時もあります

小6の時に精通してからは精液を妹にかける事の快感に目覚め

妹の手に握らせて射精したり
半開きの唇にチンコを当てがい口内に発射して顔をしかめてモグモグとゴックンする妹に興奮していた

指挿入は肛門もやっていたので
ある日妹のアナル処女を頂きました☆

チンコに唾をたっぷり付け肛門に当てがうとプリッとした弾力に押し返されながらヌプヌプと根本まで入り

起こさないように動かないまま妹にピッタリ寄り添って

ビューっ!と奥に発射する
精子を妹の体内に出す快感に浸ってました

妹は眠りが深いのでアナル挿入でも全く起きません

俺が高校に入った頃妹はいつの間にかナプキンをするようになり

指挿入時に生理の血が付く事もしばしば
陰毛もうっすら生え始め体の成長をずっと見てきたので感動しました

そして俺はとうとう妹への膣挿入を我慢出来なくなりました

夏の夜、部活で疲れて寝てる妹に口付けをしてパンツを脱がしじっくりとオマンコを舐め濡らします
しばらく舐めると膣から愛液が溢れ出し
その愛液をチンコに唾と一緒にたっぷり絡めて

チンコを膣口に当てる

今までも挿入真似や性器と性器のキスはやってきた

爆発しそうな鼓動を抑えつつゆっくり挿入をする

1分1センチくらいのスピードでゆっくりとオマンコにチンコが飲み込まれていく

肛門とは違い奥も強い締め付けだ

処女膜は破れたか解らない血は出ていないみたいなのでそのままチンコを根本まで挿入する

20分くらいかけてようやく奥までスッポリとチンコは飲み込まれた

スヤスヤ寝てる妹が兄とついに膣で近親相姦されているなど夢にも思わんだろう

起きたら夜這いに気付くんではないかという恐怖と快楽のスリルで何年もやってきた

少し膨らみかけた胸を露にして両足をがに股に開き大切な性器を丸出しで

兄の性器をくわえ込み体内に受け入れている

大人になった妹

両親も学校の友達も知らない

俺は体を倒し妹を軽く抱きしめキスをしてゆっくり動く

既にイキそうだった俺は妹に好きだよ!愛してる!と囁き思いっきり射精した
ビューっ!ビューっ!って音が聞こえそうなくらい強く膣内に精液を発射し

再び妹にキスをした
チンコを抜くと精液が溢れ出してティッシュで拭きながら、片手でチンコを激しくシコって

イク寸前で膣に再び挿入して中出しをした

無表情の妹のオマンコに赤く勃起したチンコが刺さり、ビクンビクンと精液を妹の胎内に送り込んでいる

射精すると一気に冷めて罪悪感と妊娠の恐怖に襲われ

数ヵ月間夜這いしつつもビクビクしながら生活してました(笑)

[紹介元] 私たちのエッチな体験談 小?高にかけて妹への行為

夫には内緒で義弟と子作りセックス
結婚して7年経ちましたが、子作りに励んでも妊娠する気配もありません。 姑さんからは『孫』という、私にとっては重荷のキーワードを何度も言われて辛い思いをしていました。 そしてついに夫と話し合い、病院で検査をしてもらうことに […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 夫には内緒で義弟と子作りセックス

だいすけの思い出
だいすけさんから投稿頂いた「だいすけの思い出」。 だいすけの思い出 大学に入って、何人かの処女を大人にして上げ、セックスの楽しさや悦びを教えた。 女の子のマンションやアパートから学校に通う日々が続き、久しぶりに実家に向か …
[紹介元] みんなのエッチ体験 だいすけの思い出

隣に住んでいた年上の銀行員とエッチな温泉旅行
社会人1年生のときに住んでいたアパートでの話。 入居のとき、隣の部屋に挨拶に伺ったら、真面目そうな女性が住んでいました。 身長は160センチくらいで、髪を短めのポニーテール状に束ね、銀縁のメガネをかけて楚々とした雰囲気で […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 隣に住んでいた年上の銀行員とエッチな温泉旅行

妹の股間の中に指が消えてる光景はエロい
中学の時に一度、眠ってる妹のまんこに触ったことがある。 夕方、自分の部屋のベッドに横になったまま熟睡してしまったらしく、少し開いたドアからたまたま寝てるのが見えた。 デニムのスカートでパンツが見えそうな感じでちょっとムラ […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 妹の股間の中に指が消えてる光景はエロい

【不倫】ヘルス時代の常連さんにばったり会って・・・。
私は都内でヘルス嬢をやっていました。
高校を卒業してから、就職がなかったので、しばらくフリーターをしていました。
なんかこのままダラダラとした生活するのが嫌で、なにか別なことをしたいと思っていました。

そんな時、色々な求人誌などを見ているうちに、『ヘルス嬢募集』の記事を見つけました。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【不倫】ヘルス時代の常連さんにばったり会って・・・。

故郷の村の幼馴染

随分昔の事ですが僕と嫁さんの話をします。

今から10数年前、大学に進学して故郷の田舎から上京して4年
就職を控えて久しぶりに故郷である寂れた村に帰郷した時の事です。

故郷である村の田舎ぷりにウンザリしてた僕は大学合格して上京したあと
正月も夏休みも4年間一度も故郷に帰らなかった。
主な理由は上京して直ぐ彼女が出来たり都会での遊びが楽しかったのもあるし
あとは父親が僕に家業の農業を継がせようとしていたのに都会の大学に行きたいと
僕が無理を言ったのを父親が一旗上げるまでは帰ってくるなと条件のような事をいって
送り出してくれた事がある

父親が何処まで本気で言ったかは知らないけれど僕は4年間一人暮らしをして
大学を卒業し春から就職が内定していた。
それで晴れて故郷へ就職内定の報告をしに戻ったというわけです。

その戻った先で久しぶりに再会したのが当時中学2年生になっていた嫁、友子でした。
友子は僕の家の隣にすんでいた女の子で子供が少ない田舎の村でしたから
僕と友子は小さい頃から常に一緒に遊び
家が隣同士なので夕食も一緒に食べていて下手な親戚より親戚付き合いでした。
僕の家と友子の家のトイレは共同でしかも汲み取り式
お互いの家の敷地の境界に建っています。
僕が高校生友子が小学生の時など友子がオシッコしてる所を知らずに開けてしまって
思い切り毛のはえていないアソコを見てしまったことも有りました。

ただ物凄く驚いたのは僕の方だけで友子は僕の事を兄くらいにしか思っていないので
突然扉が開いた事に驚いているだけで特に恥ずかしがっては居ませんでした。
お風呂に一緒に入る事はあってもあんなふうに思い切り異性の性器を見たことがなかった
僕はめちゃくちゃドキドキしたのを覚えています。
暫くはその時の映像が頭から離れず何度かオカズにしました。

僕が上京する時は友子は本当に悲しそうにしていました。
遊び相手も少ない田舎ですから僕が居なくなると友子は殆ど一人になってしまいます。
僕もその時は後ろ髪を引かれる思いで上京しました。

しかし一端上京した僕はすっかり田舎の事も友子の事も忘れて
大学生生活を満喫、彼女もできてスッカリ都会子のような気持ちで遊び呆けていました。

4年ぶりに戻ってきた田舎は本当に何一つ変わっていなくて
まるでタイムマシンであの日に戻ってきたようにしていました。
電車にゆられ流れていく景色、村に近づくほどに徐々に灯りが減っていきます。
あぁ・・帰ってきたんだな俺・・・と少しセンチメンタルな気持ちに成ります。

駅の外にでると父親が軽トラで待っていました。
「ただいま・・」
「おう・・」
父と息子の4年ぶりの会話はこんなものです。
「母ちゃんが晩飯よういしてまってるけん」
「うん」
話すことも無くガタゴトとあぜ道を軽トラが走り
生まれ育ったあの古臭い実家の灯りが見えてきました。

軽トラから降りると母や爺ちゃん婆ちゃんが出迎えてくれて
食卓には僕の好きなものが山ほど並んでいました。
お隣のオバサンとおじさんも農作業を終えて来ていて
かけつけた親戚に混じって出迎えてくれました。
その中に友子もいました。
僕の方を隅でチラチラ見ているおさげの女の子がそれでした。

「・・・おまえ友子か?」
4年ぶりにあった友子はすっかり変わっていました。
あの小さかった小学生の友子の面影は何処にもなくて
生意気そうな年頃の女の子になっていました。
少しぽっちゃりしたというか胸も大きくなって体中ムチムチしています。
あと農作業を手伝っているらしく体中コンガリ焼けています。
「うん・・・」
友子はなんだか恥ずかしそうにしていました。
「4年前はあんなに小さかったのにびっくりしたわ」
「それは小学校の時の話やろ」
友子が言います。
「そりゃあんた4年も帰ってこんなら女は変わるわね」
母ちゃんが笑います。

「・・・カズにいはなんかなまっちょろくなったね」
大学生活で僕の肌はスッカリ白くなっていました。
「勉強ばっかりしとったからな」
「ふーん・・」
僕の変化に友子はガッカリしたのか
なんだかつまらなそうに見えました。

僕も妹の様に思ってた友子の体の成長と
それ以上になんだかドライな態度が寂しく思えました。

お兄ちゃん!!と感激して涙を流して抱きついてこないまでも
もう少し嬉しそうにしてくれると勝手に思い込んでいたのかもしれません

「なんだぁ友子、せっかくカズ君帰ってきたのに黙りくさって、今更恥ずかしいんか?」
「一緒に連れションした仲やろ?」
友子の父ちゃんがいい感じにほろ酔いになっていました。
その言葉にその場にいた皆が爆笑・・俺久しぶりのノリにドン引き
「最悪!なに言うとんの父ちゃんはだまっといて!」
友子が顔を真赤にしてあわてた様にして言います。
「なにやお前、帰ってくること聞いて散々カズにいカズにい言うとったやろ」
「そうやね友子はカズ君すきやったもんね」
「お母さんまで何言うの!」
友子は怒ったのか縁側でサンダルをはいて自分の家に引っ込んでしまいました。

そんな友子を皆大笑い
「ほっとけほっとけいつもの事やから」
皆適当です。
そういえばこう言う大らかなノリだったなぁと思いながらその日は夜中まで騒いで
お開きでした。

翌朝僕が起きた時間には既に皆畑仕事に出かけていて家には誰も居ませんでした。
起きて用意された朝ごはんを食べて庭先の水道で青空を眺めながら歯磨きをしていると
青い地元の学校指定のジャージの上だけ下はスパッツをはいた友子がやってきました。

「おはよう」
「おはよう・・」
お互いなんだかぎこちない挨拶を交わします。
不思議な物です4年前まで僕達はこんなにお互いを意識しあった事など無かったのに
「・・・・・・・・」
「どうした?」

「お、お帰り・・」
「おう、ただいま」
「何時までいるの?」
「就職先に近いアパートが空いてからだから1週間位かな」
「こっちには帰ってこんの?」
「コッチには仕事無いからな」
「そっか・・」
「うん」
「・・・・・・・」

「あの・・勉強見て欲しいんだけど・・」
昨日とは打って変ってなんだかモジモジしていました。
「ん、良いよ」

友子の宿題を見てやりながらいろいろな事を話しました。
「彼氏は出来たか?」
「そんなんおらん!」
「そんな力いっぱい言わんでもいいだろ・・」
「・・・・・・」
友子はなんだか怒っているようでした。

「なんで全然帰ってこんかったの?」
「うん?友子も都会へ行ったら解るよ」
「そんなに面白いの?」
「まあ、ココとは全然違うな」
「ふーん・・カズにいなんかチャラチャラしとるもんね」
「そうか?」

「うん、カズにいなんか都会いって変わったわ」
「友子も大分変わったよ女らしくなった。」
「本当?」
「うん」
スパッツやジャージ越しに肉感のある胸とか大きなお尻に目が行ってしまう

「カズにい彼女できたんやろ?」
「もう別れたけどな」
「都会の女の子やから美人やろな」
「いや、都会とかは関係ないだろ」

「もうキスとかしたんや」
「・・ん・・まあ・・うん・・」
キス以上のこともしたけどね・・とはいえなかった。

「・・・なあ、キスってどんな感じ?」
友子は随分時間を貯めて思い切ったように切り出してきました。
「えっ?!どんな感じって言われても説明しにくいわ・・」
「ならしてみてや」
「えっ?」
「私としてみてや」

「何を?!」
「キスにきまってるやろ」
静かだけど決意に満ちた迫力でした。
「いや、そんなん好きな奴としろよ・・」
「馬鹿やね!カズにい好きやから言ってるんやろ!!」
「ええっ?!」

友子は反対側から席を立って僕の隣に移動してきました。
「なあ!して!カズにいにして欲しいんや!」
グイグイ迫ってくる友子の胸が腕に押し付けられる
二の腕越しに感じる物凄いボリュームの胸、流石あのオバサンの娘・・

太もももムチムチしてほのかな汗の香り
友子から感じる若い娘特有のフェロモンのような色気を感じました。
僕は友子を抱き寄せると唇にキスしました。
「ん・・」
キスすると友子は両手で僕に力いっぱい抱きついてきました。

「カズにい・大好きや・・」
友子は切なそうな潤んだ瞳で見つめてきます。
「寂しかった・・」
柔らかい友子の体
腕・お尻・胸・太ももどこもかしこも柔らかくて抱きしめているだけで天国です。
鼻腔をくすぐる友子の匂いに
抱きしめているだけで段々股間が硬くなってきてしまいました。

「友子?!」
友子が僕の固くなったアソコをジーンズの上から触ってきました。
「しっとるよ・・父ちゃんの隠してる本に書いてあったわ・・」
「友子あかんて・・」
「私は良いよ始めてはカズにいやって決めてたし」
「友子・・」
「胸も大きくなったやろ?男子が学校で見てくるんよ・・カズにいもさっきから気になってたやろ?」
「・・・・・・・・」
「カズにいなら良いよ・・触っても・・本に書いてあるような事もしてもいいよ・・」

正直彼女と別れて2年半・・就職活動がひと段落して再び上がってきた性欲に
中2のムチムチした友子の体は毒以外の何物でもなかった。

僕は友子の上のジャージを剥ぎ取ってムチムチのスパッツ越しに
尻を撫でたり鷲づかみして揉みしだき
上の体操服を脱がしてブラをずらしました。
プルンと特大プリンの様なブルンブルンの張りのある胸が飛び出しました。
胸は真っ白で日焼けした黒い肌とのコントラストがいやらしく
大きさに対して友子の胸は陥没気味の乳首でした。

「恥ずかしいか?」
「ええから・・いらんこと言わんで・・」
友子は必死に目をつぶって恥ずかしさに耐えていました。
「あっ・・」
僕は胸に口付けて乳首を吸いだすようにして刺激しつつ
もう片方を手のひらでもみしだきます。
手からはみ出すような結構なボリュームが有ります。
しかも友子が若いからなのか柔らかさの中に微妙に芯があるみたいに固い感じがあります。
「ふっんっ・・」
必死で目をつぶる友子、可愛い声が口から漏れます。
汗だくに成りながら畳の上を転がります。
陥没気味の乳首が立ってきて大きく硬くなり
友子の感じ方も大きくなってきます。

「脱がすぞ・・」
僕が言うと友子は目を瞑ったまま無言で頷きました。
ピッチリムチムチのスパッツを脱がし可愛いいかにも中学生なショーツを脱がすと
あの時トイレで見た幼いアソコとは違い毛が生え始め大人になりつつある性器が露になりました。

そこは既に湿り気を帯びていましたが緊張のためなのか
まだ友子が幼いためなのか、受け入れるには十分とはいえない感じでした。
「あっ・・やっ・・」
性器全体に指を這わせてゆっくりと全体をマッサージするようにして様子を確かめます。
肉厚でぷっくりとした土手で今まで知っている女性のなかで一番エロく感じました。

僕は友子をずらし両足を掴んで強引に広げると
友子の性器に顔を近づけて舌を使って刺激します。
出来る限り唾をだして少しでもすべりが良くなるようにしようとしましたが
舌で丹念に刺激しているうちに見る見るおくからジンワリと愛液がにじみでてきました。
友子のアソコは少し汗の匂いとオシッコの香りが混ざっていましたが
不思議と嫌な感じはなくてむしろソレが癖になりそうなフェロモンの様に感じ
僕は夢中でアソコを舐めました。
「あっ・・いや・・カズにぃ・・いやや・・」
恥ずかしがり、いやという割には別に抵抗するわけでもなくて
足を思い切り左右に開いていきます。

「嫌やって言う割りに足は開いてるし、友子スケベやな・・」
「カズにいがスケベなんやろ・・・上手すぎるわ・・」
「ゴム無いけどいいか?」
「うん・・今日は多分大丈夫やとおもう・・」
「痛いかもしれんぞ?」
「ココまでしたんやから、最後までして・・」
「わかった・・」

友子の両足を持ち上げて抱えて宛がうと正常位で途中までゆっくり入れる
「んっ・・」
友子が顔をしかめる
「痛いかも知れんけど一気に行ったほうがいいと思う・・」
「何でもいいから早く!」
「ん・・」
覚悟を決めて思い切り腰を入れる
プツッとかすかな抵抗が切れて一気に奥に突き刺さる
「んんっ!!」
友子は一瞬の痛みに耐えるように短く体を強張らせたが突き抜けた後はぐったりと
力が抜けてしまったように動かなくなった。
「友子はいったよ・・」
「うん・・解る・・ちょっと痛いわ・・」
友子の中は暖かいが凄くきつくて動かすと痛い位だった。
「今日はこのまま動かないから」
「うん・・」

「ねえ・・キスして・・」
「うん」
友子を抱き上げて繋がったまま対面座位の形でキスする
「カズにぃは私の事好き?」
「好きじゃない奴とはこんな事しないだろ・・」
正直半分は性欲に負けたけれどこの場ではこう言う以外に選択肢は無い気がした。
「私もカズにぃと一緒に都会に行きたい・・」
「ちゃんと勉強して大学受けろよ」
「うん・・」

昼間からそんな感じでベットの上で裸で抱き合って思い出話をした。
夕方親達が帰ってきて皆でまた夕食
その頃にはスッカリ友子と僕が打ち解けているので
両親ふくめおじさんもおばさんも何か感ずいてた様子だった。

次の日も親が農作業に行ったのを見計らうように友子が僕の所へやってきた。
「昨日はお風呂で沁みて痛かったわ・・」
と友子が言うので挿入は無し

「でも本当に大きくなったな」
「うちお母さんが大きいから・・」
キスしながら友子の胸を揉む
本当にデカイ・・・しかも形が凄く良い
「ふぅ・・ん・・んっ」
揉むたびに子犬のように鼻を鳴らす友子がやらしくて仕方ない

「友子フェラ知ってる?」
「口でするやつやろ・・本でみた・・」
「出来る?」
「うん、してみるから教えて」
教えながら友子にフェラしてもらう
友子は両手で包むように握ると先端にキスしたり舌で裏スジを舐めたりと
たどたどしいけれど一生懸命な感じが伝わってきて気持ちが良い
「男の人ってこんなになるんやね・・」
「本で見たんじゃ無いの?」
「本はぼかし入ってた・・」
「ああそうか・・」
「どんな感じ?」
「カズにぃの匂いと味がする・・」
そんな感じで舐められていたら堪らなくなって出そうになる

「友子でる・・」
友子は本で読んだ知識なのか当たり前の様に出たものを飲んでしまった。
「出しても良かったのに」
「だって本に飲んであげると男の人は喜ぶって書いてあった。」
「美味しくないやろ?」
「カズにいのだと思ったら平気だったよ」
ケロッとそんな事を不意打ちの様に言うので可愛くなって抱きしめる

その後も裸で抱き合いながらキスしたりして過ごす。
「アソコがひりひりする・・」
と友子が言うので痛みが引くようにと思い舌で丹念に舐める
「あっ・・カズにぃ・・上手いわ・・あかんて・・」
そんな事いいつつ相変わらず足はだらしなく開いてる友子がエロい
30分くらい舐めていたら友子が始めて舌でいった。
「凄いわ・・真っ白になって力が抜けたわ・・」

2人汗だくに成ったので風呂を沸かして2人で入る
友子が背中を流してくれたのでお返しに彼方此方悪戯しつつ
昔の様に友子を洗ってやる
「カズにいの手やらしいわ・・段々変な気持ちになってくるやん・・」
気持ちがいいのか恥ずかしそうに友子が言うのでまたアソコが硬くなってしまい
2回目復習もかねて友子に口で抜いてもらう
「出ると萎んでしまうんやな、なんか男の人って可愛いな」
精液を飲んだ後、萎えたアソコをみて友子が笑う

2回目の挿入はその次ぎの日
舌でいかせた後「今日はいけるかも・・」
と友子が言うので村で唯一の雑貨屋で勝ってきたコンドームをつけて挿入
「なんかゴアゴアする・・変な感じ・・」と友子が言いつつ2回目のH
すっかりセックスにハマってしまって2人共その日からサルの様にしまくり
そこから1週間でコンドームもあっという間に2箱使い切った。
最後の方は友子も感じてきててかなり充実したセックスになってた。

別れの日
友子が夏休みの時に俺のところへ遊びに来る約束をして別れた。

そこから遠距離で4年、喧嘩したり別れそうになったりしつつも
結局はそんなことにならずに
友子が大学合格してから同棲、大学卒業後に入籍して
今は3人の子持ちです。

[紹介元] エロ体験談 故郷の村の幼馴染

【体験談・小説】中国の日式クラブの3人の娘を同時にセフレにした (ニ人目)
アユミはMなので、自然に私はSの役回りになっていましたが、私にはMの部分もあるので、満たされない気持ちがありました。この頃は風俗にもよく行っていましたが、風俗ではお互いの性格も深くわからないし、ただ単に身体的な快感しか得られず、少しSっぽい娘と付き合いたいと思っていました。そんな時、初めて入った日式クラブで、170cmの長身でスタイルが最高でキツい目をした、いかにもSっぽい美人がいました。Sを探していた私は迷わず指名しました。その美人は源氏名を京香といいます。話をしていても、受け答えが終始ドSです。「綺麗だね」#ブルーと言っても、「みんなに言ってるんでしょ」#ピンクと冷めた目で言うだけで、媚びた感じが全く無いです。私はもうこの人に、ベッドでいじめられたり可愛がられたりしたくてたまらなくなりましたが、ここで焦りは禁物です。その日はずっと京香の事を褒めまくり、こんなに好きになったのは初めてだ的なアピールをして、閉店までいて帰宅しました。帰ってからもwechatに
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】中国の日式クラブの3人の娘を同時にセフレにした (ニ人目)

【体験談・小説】マイクロビキニを万引きした小学生
俺がもうすぐ30の独身、彼女と別れてすぐにラッキーな出来事が起きた。夏休みが始まった7月の午後中にシャツを買いにその店に買い物をしに行った時の事だった。入口からメインの通りからシャツや下着を買おうと歩いて居ると、この時期では規模の小さな水着売り場を見ている女の子が居た。その子を見ると紺の短パンに白のTシャツでよく見るとパンツは透けてブラは着けていない様子、結構背は高くスタイルが良いので目が止まる。俺は内心、ラッキーと思いながら女の子に近づきしゃがんだりしている女の子の胸元をチラ見
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】マイクロビキニを万引きした小学生

風俗での出会い
先月、会社の社員旅行で千葉へ行った際、夜に同僚と風俗へ行こうとの話になり、船橋の風俗へ行きました。そこで来た風俗嬢がAV女優のつぼみにそっくりでした。私も大好きなAV女優そっくりだったので、とても興奮してしまいました。プレイもとても良く、遠いですが通おうと思ったほどです。とても可愛く、素晴らしいテクニックの持ち主で、私の心はもう持っていかれてしまいました。もちろんあまりの可愛さに延長してしまい、同僚を待たせる始末。それほど可愛く、また来たいと思わせるような娘でした。地元は田舎で風俗さえない地域なので、引っ越しも考えたほどです。今でもあの時の感触が忘れられず、来月休みを利用して、また行くつもりです。もちろん指名して、また気持ち良くなりたいです。元々人をあまり好きにならない性格なのですが、これはもう恋をしてしまったのかもしれません。毎日その子のことを考えてしまいます。もちろんそれ以上の関係になれるとは思っていませんが、一つの夢として私の中にあります。来月を楽しみに今を生きています。あの子が他の男の人に抱かれていると思うと毎晩眠れません。私は本気で恋をしてしまったようです。あの子に会うために毎日仕事を頑張っています。
[紹介元] 出会い系体験談 【蜜時(ミツドキ)】 風俗での出会い

出会い系サイトで出会える人と出会えない人の違い
出会い系サイトで、出会える人と出会えない人には、明らかな違いがあります。出会える人は、きちんとしたプロフィールを作っていて、写真をきちんと載せている人です。もし逆の立場で考えた時に、自分のプロフィールを載せていなかったり、写真が載っていなければ、こちらからコンタクトを取りたいとは思いません。自分だったらと相手のことを考えて、きちんとプロフィールは作成し、写真を載せる必要があります。出会い系サイトが原因で、事件が起こったりすることがあるとよくテレビで報道されています。最近では、その恐怖心なら出会い系サイトを控える方もいらっしゃいます。どこの誰かも分からないのに、連絡を取るのは、恐いことです。恐いのは相手を知らないからです。つまり、プロフィールに出身学校や現在の働いている仕事になど、こと細かく書いてあれば、相手も心を開きやすくなります。趣味があれば、そちらもプロフィールに記入すれば、同じ趣味の人との出会いもあるかもしれません。男性も女性も、今は出会いはインターネットという方も多いです。有料の出会い系サイトは、有料な分出会える確率も高くなります。コンテンツがしっかりしていますので、本気で出会いを求めている方は、有料の出会い系サイトの利用をお勧めします。中には悪質なサイトもありますので、しっかり調べてから登録することをお勧めします。今はインターネットの出会い系サイトで出会うのは普通のことです。そこから結婚まで至った方はたくさんいらっしゃいます。
[紹介元] 出会い系体験談 【蜜時(ミツドキ)】 出会い系サイトで出会える人と出会えない人の違い

失敗しない出会い系サイトの選び方
近年は、インターネットの普及により、出会い系サイトの運営サービスも増加している傾向にあります。にたような文言を取り扱うサイトがたくさんあります。まず悩むのがどのサイトが安心かつ安全に利用できるのかはなやむところです。そこで、出会い系サイトの失敗しない選び方をご紹介します。出会い系サイトは選び方を間違うと出会えなくなる可能性が高くなりますから注意が必要になります。どうしても利用するのを避けなければならないサイトがアダルト色が強いサイトです。例えば、裸丸出しの女性がプロフィール画像に登録されていると言ったケースがそれに当たります。いわゆるぼったくりサイトです。また、利用規約や会社名がないサイトも要注意であると考える方が無難です。サイトの選び方のポイントとしては、まずは、自分の利用目的をはっきりとした上でどのサイトが妥当であるかがわかります。出会う目的が違えば出会い系サイトの意味も変わってきます。それに準じた対策をすることが望ましいです。また、自分の出会いたい異性の特徴を知ることが大切です。例えば、真面目に交際する相手を探したい、趣味の合う異姓と仲良くなりたいなどターゲットを決めておけば、ある程度絞りやすいと考えられます。そうすることで「こんなはずじゃなかった」という後悔をしなくても済むのです。次に注目すべきは金銭面です。経済的なアキレス腱といわれる金額については慎重に検討するべき事項です。
[紹介元] 出会い系体験談 【蜜時(ミツドキ)】 失敗しない出会い系サイトの選び方

ザ・シークレット・ゾーン
ザ・シークレット・ゾーン (北条麻妃)公式サイトへ
[紹介元] 出会い系体験談 【蜜時(ミツドキ)】 ザ・シークレット・ゾーン

ero kink
大人の女性の為の情報サイトserecora出会い系サイトアプリ比較 OneLove【ワンラブ】大人の官能小説(画像付きエロ小説)蜜箱出会い系体験談~【蜜時(ミツドキ)】安全無料のエロ動画ミツバコセックスレス解消法!恋愛継続ラボ【セクレラボ】
[紹介元] 出会い系体験談 【蜜時(ミツドキ)】 ero kink

【熟女体験談】年下の元上司と不倫セックス
41歳になった私が不倫するようになった相手は、私が派遣社員として働いている会社の6歳年下の元上司です。

彼はまるで年下だなんてこれっぽっちも感じさせない男らしさや頼りがいのある人で、夫には無い魅力に魅了され、魔法にかかったように魅せられていったのです。

彼と付き合うようになったいきさつは割愛しますが、彼も既婚者そして私も既婚者。

そんな彼との付き合いは、とってもいい感じになっており、逢瀬をするようになって2年目に入っています。

彼とのセックスは、全てにおいて私の夫婦生活のセックスを否定するものでした。

彼のセックスは本当に最高なのです。

とにかく女性の扱いが慣れているのか一緒にいるだけで、私は普段の自分とは違う一人の女性に戻ることができるのです。

でも、「それはいけないことをしている」という不倫ならではの感情も相まっているんだろうなとも思います。

今では私が生理中でない限り、私の方から彼を求めることがほとんどです。

毎週1~2回、仕事帰りにお互いのセーフティゾーンと決めている場所で落ち合い、そのままお互いの身体を求めるように必然的にラブホテルに足が向かいます。

逢うたびにお互いの体を求め合い、逢わなきゃ体が彼を恋しがるなんて、それまで想像の出来なかった世界です。

いつもホテルの部屋の鍵を開けて入るなり、ギュ~って、彼に抱き締められて、

「抱き締めたかった、早く欲しかった」と彼に耳たぶを噛まれながらそう囁かれしまうともうヘナヘナになってしまいます。

そして私もそのまま彼に抱きつき激しいディープキスを求めます。

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】年下の元上司と不倫セックス

【熟女体験談】変態オナニーフェチのマゾなOL
乳首虐めが止まらない32歳のOLです。

ずっと乳首虐めをしているので、私のマゾ乳首はいつもいやらしく勃起したまま・・・。

ブラはカップのしっかり入った物でないとセーターの上からでも乳首が勃起しているのがわかっちゃいます。

予定の無い日曜日は一日縄を掛けたまま裸で過ごすのが私の秘密の楽しみなんです

休日の変態オナニーに用意しているのは洗濯ばさみ、紐を結んだ手芸用のクリップ、ローター、バイブ、アナルプラグ、ろうそく、プラスチックシリンジ、etc・・・。

まず、胸に縄をかけておっぱいを絞り出します。

そうすると興奮も相まって私のマゾ乳首はますますいやらしく硬くそそり立ってきます。

両方の乳首を手の平でゆっくり転がすように愛撫するとじゅん!ってオマンコが熱くなりおまんこ汁が溢れてきます。

そうしてしばらく自分で乳首を舐めたり吸ったりしながら序々に乳首いじめに入ってゆきます。

洗濯ばさみは100均で売っている木製のが気持ちいいんです。

洗濯ばさみで乳首の根本を“きゅ!”って挟んだら、乳首の余った部分に紐を付けた手芸用クリップをぶら下げます。

「あぁ・・・乳首とれちゃう・・。気持ちいい・・・」

鏡に映る私のマゾ乳首はクリップの重みに、無様に下を向いて耐えています。

痛くて気持ち良くって、オマンコがきゅぅんって反応して、いやらしいおまんこ汁はどんどん太ももに流れてきます。

次に浣腸をします。

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】変態オナニーフェチのマゾなOL