【人妻体験談】民宿のような小さな宿に泊まって、宿にいた若い方の奥さんと死ぬほどセックスしまくった
ちょっと俺の体験も聞いてくれよ。

俺は19歳から働き始めたんだけど、キツイ仕事でさ。

休みも日月各週だった。

4月から半年働いて、いい加減疲れたので、

温泉でも行こうと思った。

山奥まで電車で行ってひなびた温泉宿を捜したんだけど、

行ったのは日曜だから

なかなか見つからない。

夕方になってようやく素泊まりで泊めてもらえるところが見つかった。

そこは、ほとんど民宿のような小さな宿だった。

一応、温泉だけはちゃんとしてて、

源泉から引いてるっていうので、

とにかくそこに泊まることにした。

その宿は、40代と30代の女性二人と、

若い方の女性の子供の3人が居て、

男性は誰もいなかった。

外へ食事に行き、

さて風呂に入ろうと脱衣所で勢いよく脱いで

風呂場の扉をがらっと開けると・・・・・

若い方の奥さんが入っていて、

おいらのナニはしっかり見られてしまったのだった。

「あ。ごめんなさい」

と俺が出ようとすると、

「いいえお客さん、こちらこそごめんなさい。

いつも日曜はお客さん居ないから

広い方の男湯を使っているんです。

間違えてしまったあたしが悪いんですから、

お客さんは出ないで下さい。」

と言う。

「でも・・・・」

と言って躊躇していると、

大胆にも奥さんはそのままの姿で近付いてきて

俺の手を引っ張る。

続きを読む

[紹介元] 【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ 【人妻体験談】民宿のような小さな宿に泊まって、宿にいた若い方の奥さんと死ぬほどセックスしまくった

【Hな体験】課長に顔面シャワーをリクエストされて
女性の管理職も増えてウチの職場でも部長クラスの女上司も出てきて、私の課にも女性の課長が来ることになりました。
体格のいい女性で、最初の印象は、少し厳つい感じの人でした。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【Hな体験】課長に顔面シャワーをリクエストされて

姉ちゃん

小学生の頃に姉ちゃんとヴィックスベポラップ(テレビCMでやってる塗り薬〉を体に塗りあったチンコに付けて触られたり姉ちゃんの胸やオマンコに付けて遊んでた姉ちゃんのオマンコは毛の生えてないツルツルの

[紹介元] 100%ヌけるHな体験談 姉ちゃん

彼女は処女を喪失して、俺は童貞でなくなった…
中三の一月。 下校時刻になったので、 俺(以下T)は一人足早に駐輪場にやってきた。 チャリの鍵を外した時に、 後ろから声をかけられた。 自分の数少ない女友達「K」だった。 彼女は白い息を吐きながら、その場に膝まついた。 […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 彼女は処女を喪失して、俺は童貞でなくなった…

彼女と実の弟の近親相姦の現場を見てしまった結果・・・・・・・

投稿者:大介 さん(男性・30代) 体験談タイトル:マジで落ち込んでます 正月が過ぎに彼女(日菜)の弟(浩二)が受験のために上京してきました。 受験日の少し前に都内のウィークリーマンションを借りて缶詰めで勉強しているよう […]

The post 彼女と実の弟の近親相姦の現場を見てしまった結果・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 彼女と実の弟の近親相姦の現場を見てしまった結果・・・・・・・

お兄ちゃんなんだから我慢しなさいと言われ続けて
ブチギレた兄さんから投稿頂いた「お兄ちゃんなんだから我慢しなさいと言われ続けて」。 妹が生まれてから俺は両親から『お兄ちゃんなんだから我慢して妹に譲りなさい』と言われるようになった。 妹の事は可愛いし懐いてくれてるから仕 …
[紹介元] みんなのエッチ体験 お兄ちゃんなんだから我慢しなさいと言われ続けて

セクハラまがいなことはしょっちゅう
画像はイメージです
妻は39才。
見た目もだいたいそんな感じ。
スレンダーだが、たいして美人ではありません。
が、しかし男好きするタイプです。
娘と息子がいます。
仕事は営業事務。
セクハラまがいなことはしょっちゅうあるみたいです。

勤め始めた頃は良く私に話していました。
半年も経つとあまりセクハラの話がなくなりました。
自分の収入があるので、服装もだいぶあか抜けて来ました。

下着も派手になりました。

去年の秋に社員旅行がありました。
草津です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

楽しんで着たらしいのですが、テーブルに置きっぱの妻のデジカメを何気に再生すると。
集合場所には男性しか写っておらず、バスの中でも、妻意外は全員男性です。
たしか若い女の子があと二人いると聞いていました。
その娘に興味があり、カメラをチェックしていたのに・・・。

バスの車内では、誰かが妻のカメラを使い撮影しています。
妻は男性に取り囲まれ、隣のオッサンは妻の肩に腕を回しています。
短めのスカートでは脚を組んだ妻は迷惑そうな顔をしていますが、組んだ脚の間から黒いパンティーがもろに写っています。
妻は引っ張りだこであちらの席、こちらの席と移動してはピンクホステスまがいの写真を撮られています。

だんだんエスカレートして、一番後ろの席では両側から男性に脚を持たれ、股を開かされた写真までありました。
妻は股関を両手で押さえてはいますが、明らかにパンティーは丸見えです。
とんだババアストリッパーです。

何か叫んでいるような顔ですが、残念ながら動画ではありません。

妻はほとんどの写真では笑顔です。
セクハラされても、なぜこんなに笑顔が出る?まあいつも能天気なやつだから下着ぐらい見られても・・・?

ちょっと注意しないとな~なんて考えながら見ていました。

中には明らかに妻の股の下にカメラを入れて撮っているやつもいます。

宿に着き、部屋の写真です。
どうやら妻は一部屋与えられたみたいです。

宴会ではまた誰かが妻のカメラを使っています。

会社の幹部にお酌をしています。
浴衣姿です胸元が大きく開き、今にも乳首が見えそうです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

きっとしっかり見られていると思います。

やはり妻は引っ張りだこ。
色んな人と写真に写っています。
中には腰に腕を回している奴や、明らかにお尻に手をかけているやつもいます。
妻はだいぶ酔っているようです。

会社の幹部の膝の上に乗せられた妻の写真です。
明らかに生乳首を掴んでいます。
妻なもう酔って意識的朦朧のようです。

片乳首は剥き出されています。
次々に酷い写真になって来ます。

浴衣の裾から手が入り、真っ白な太ももを擦っています。
妻のパンティーも丸見えです。

パンティーの縁から陰毛もはみ出しています。
満足そうなオッサンのにやけた顔が・・・。
みんな酔っているようですけど、カメラマン君はしっかり撮っているようです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

妻はもう意識が無いようですけど、隣のオッサンに脚を持たれ、大開脚。

次はステージでまたオッサンとチークダンスです。
ほとんどみ浴衣ははだけています。
デジカメ、動画撮り放題。
乳房は完全にはだけています。

次のシーンは、妻の部屋です。
何人もの男たちが、全裸の妻のまわりに集まり、撮影しています。
一番太いペニスの坊やが、妻に乗り掛かります。
マングリ返された妻に、皆が良く見えるように、ペニスを押し込みます。
何度か押し込みながら、付け根まで押し込みました。
唯一知っている部長が乳房を揉みながら、ニヤニヤしています。

妻は意識が無いようです。

その後何人か、妻に乗り掛かりました。

妻のマンコから、白い汁が流れ落ちています。

次のシーンは、朝食でした。
妻は長居さんと一緒におきゅうじをしています。
浴衣姿で下着は無いみたいです。

帰りのバスでは、妻は一番後ろの席で、はめられているようです。
妻の下着の脇から指先が潜り込んでいる写真までありました。

妻はウイスキーボンボンで真っ赤になり、梅酒で賑やかに明るくなり、寝てしまいます。
次の写真は、浴衣がはだけ、大の字に寝ている妻です。
やられたのは明確です。
下腹部から胸にかけて、ザーメンらしき物が大量にかけられています。

写真はそこまでです。
旅行から帰って来た妻は具合が悪いと三日間寝込みました。

会社辞めようかな~とも言いました。
しかしまだあの会社に勤めています。

どんな会社なのか、一度訪ねました。
ガランとした事務所にはデスクが並んでいますが、人は役職者らしきオッサンが二人、事務員の若い女の子が二人。

事務員の壁には「ノルマ達成!」「今月の優秀者なになに」など大きな貼り紙がところ狭しと貼ってあります。

事務員の女の子に身元を告げると、一瞬びっくりして、オッサンに取り次ぎました。
オッサンも戸惑いながら、下品な笑顔で揉み手で受付に来ました。

いまちょうど奥さんにはお使いに行ってもらっています。
帰りは夕方になります。
あいにく、応接室は使用中なので、近くの喫茶店に行きましょう。
と私を連れ出そうとします。
受付隣の応接室には人気があります。
小さな女の声が聞こえました。

女の声は妻です。
「イヤ」「止めてください」などと聞き取れます。
オッサンは不自然に大きな声で、三觜さんと(私)お茶飲んで来る!と上滑りながら叫びました。

応接室室からは、コトリ、バサリと音がして「ヒャ!」と声のあと急に声が聞こえなくなりました。

オッサンは私の腕を掴まんばかりに、外に連れ出そうとします。

イヤ私は用が合って来たのではなく、妻がどんな会社で仕事をしているか見にきただけなので、お茶は結構です。
妻はちゃんと仕事していますか?ご迷惑おかけしていませんか?
と受付から離れません。
オッサンは奥さんには大変お世話になっております。
大切な全力です。
はい。
とテキスト通りの返事です。

応接室は静まりかえっていますが、どきどき、「グッ」とか「ハー」とか聞こえます。

応接室のなかで妻は、何をされているのだろう?
当たり障りのない話をして、時間を稼ぎました。

妻がされている事を想像すると、居ても立ってもいられません。

思いつき、トイレを借りる事にしました。

トイレから戻ると、事務員には、若い男が二人増えていました。
今帰ったばかりのような振りをしていますが、さっきまで妻にセクハラしていた奴らに決まっています。
応接室のドアが少し開いていました。

椅子の背もたれに事務服が掛かっています。
きっと妻の事務服です。
ドアの死角にはまだ人の気配があります。
私はわざとトイレにハンカチを忘れて来ました。

もう会社に居る用事がなくなったので、その場は挨拶して帰りました。

10分ほどして、ハンカチを忘れましたと、会社のドアを勢い良く開けました。

皆が私を振り返りました。
遅く戻ってくるはずの妻もいました。
やあ美沙子、トイレにハンカチ忘れちゃったよ!と言い妻を見ると、素足です。
事務服は羽織っていますが、ブラウスの下はノーブラで、乳首が透けて見えます。
事務服のボタンを留めながら、冷静を装い、今帰ったら貴方が来たって聞いたところよ。
何かあったの?と言いました。
明らかに動揺しています。

オッサンにちょっと良いですか~?と聞き、答えも聞かずに、妻の腕を掴み応接室に入りました。
妻の胸を掴み、スカートを捲り上げました。
パンティーも穿いていません。


どういう事だ?と外に聞こえるように、声を荒らげました。
スカートを捲り上げたまま、大きな声で、支店長!!直ぐ来い?と怒鳴りました。
私は身長183センチ、体重93キロ大学時代にはラグビーをやっていました。

早く来い?と怒鳴ると先ほどのオッサンがすっ飛んで来ました。
妻の姿を見せ、どうなってるんだ、と一喝すると、支店長は震えながら土下座しました。
手のひらを踏んづけ、こめかみを蹴り倒しました。

お前らも来い?と残った三人を呼びつけました。
左目から血を流して倒れている支店長を見た三人は、固まっています。
わかってるんだ、そこに土下座しろ?と怒鳴り、一番ガタイの良い若い男の脇腹を蹴りこみ、後の二人は応接室のテーブルに額を打ち付けました。

四人は戦意喪失。
もう一度蹴りこみ、スーツとシャツを破り脱がせ、ズボンは自ら脱がせました。
四人にそれぞれの金たまを口に含ませ。
グロテスクな輪にしました。
竿をくわえさせ、射精した奴からこの場から解放してやる。
と言いました。

あまり遅くなると、他の営業マンが帰って来るとマズイので、血だらけで若い男のフニャちんを一生懸命吸っているオッサンに、全員の履歴書のコピーを、女の子のに持って来るうに言わせました。
写メでオッサン達を撮影していた妻には、帰り支度をさせました。

妻からオッサンのデスクに撮り貯めたセクハラ写真やDVDが有ることを聞き、全部持って来るように言いました。
程なくして着替え妻が大きな紙袋いっぱいの資料を持って来ました。
倒れている奴らの携帯も没収しました。
履歴書のコピーを見せて、これからどうするか相談しようね、オッサンと言ってフニャッちんをくわえている顔のアップを撮り、もう一度蹴りこみを入れて、妻を連れて帰りました。

帰って、妻に話を聞き、他の女の子も皆餌食になっていた事を知りました。

さてこれからどうするか?

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 セクハラまがいなことはしょっちゅう

AV見ながらオナニーしてたら姉ちゃんにバレてフェラ抜きしてもらえたw
姉ちゃんが高2、おれが中3の時。 姉ちゃんは、そりゃ、グラビアアイドルほどじゃないけど、 けっこうかわいいほうだと思う。 おれが妹モノのAVで抜いてたんだよ。 深夜だからヘッドフォンで抜いて、 終わって振り返ったら、姉ち […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ AV見ながらオナニーしてたら姉ちゃんにバレてフェラ抜きしてもらえたw

某サイトで知り合った女が芸能人だった
画像はイメージです
某サイトで知り合いになって、会った。
そんなに売れてるわけではないが“芸能人”だった。
会う前に芸能人だって事は聞いていたが、実際に会って画像やスカイプで見るのとは違って、すっげー美人でビックリした。

自宅に泊めて貰ってエッチした。
アッチの方も凄かった。

相手は30代。
某サイトで知り合い、スカIDを交換して毎晩のように話してた。
美人だな~とは思ってたが、まさか芸能人だとは思わなかった。
いつもスッピンだったし、いつものように話してたら、「実は芸能人なんだ」と言われた。
まぁ俺はそんなにTVを観ないし芸能人にも詳しくなかったから、ふ~んくらいの反応だった。
名前を教えて貰って、ググったらいっぱい出てきたからすごいんだな~くらいにしか思ってなかった。
で、話してる流れで、「遊ぼうよ」って事になったんだ。

次の日、待ち合わせ場所の彼女の最寄り駅まで行くと、壁に寄りかかって待ってた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

第一印象は、(うはwデラベッピンw実物かわええw)だった。

一緒に晩御飯を食べて彼女の自宅へ。
これが結構広くて高そうな家だった。
まぁまぁ高級な住宅地のど真ん中に建ってた。

軽くお酒を飲んで、別々に風呂に入って、それから寝室に高そうなクィーンサイズのベッドだった。
布団に入ると、指を握ってきていきなりキス。
まぁ、慣れてるな~って感じだった。
胸に手をやると小振りなおっぱい。
部屋の中は電気を消されて真っ暗だったから色や形は判らなかった。

服の中に手を入れて揉んでみた。
揉んだ時点で、コイツ相当なヤリマンなんだなって確信した。
なんて言うか、風俗嬢にありがちな、揉まれ過ぎて張りと程良い硬さがなくなってる感じだった。
ただ感度は抜群で、乳首をしばらく愛撫しただけで下はビショビショだった。
手マンで責めたら喘ぎ声がハンパねぇw
向こう3軒の人が起きるんじゃねえかってくらいに声がデカい。
ただ、クンニをされるのは苦手みたいで、軽くフェラされて、「入れて」って言われた。

ゴム持ってなかったから生で入れたんだけど、そこからはもはや喘ぎなんてレベルじゃない、絶叫だった。
近所迷惑なんじゃないかって俺がハラハラするくらい。
締まりはまぁ普通だったかな。
最後は腹に出して終了。
終わったら裸のまま、さっさと寝やがったw

で、朝6時くらいだと思うんだけど、彼女が起きた。
裸のまま寝てたから寒かったみたい。
で、ベッドから下りる時に俺も目が覚めたんだけど、朝焼けに照らされた彼女の裸を見て、美しいって思った。
今まで色んな女の裸を見てきたけど、美しいって思った事はなかったんだ。
裸の状態から服を着る立ち振る舞いを見て、素人には無いオーラみたいなものを感じた。
まだ朝早いし、再びベッドに入って寝ようとする彼女の顔は本当にキレイだった。

起きてから俺はさっさと帰って、それ以来なるべく連絡は取らないようにしている。
しばらくはメールも来てたけど、極力無視した。
別に理由があったわけじゃないけど、俺にはあまりにも不釣り合いな人だと思ったからだ。
ネットで最近の活躍ぶりを見て、頑張ってんだな~って眺めるくらい。

今思うと、夢みたいな一晩だったな。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 某サイトで知り合った女が芸能人だった

園児の父親に車の中で無理矢理・・・
画像はイメージです

幼稚園の先生をしている香織といいます。

先日、園児の父親にレイプされました。

休みの日に町で買い物をしていると「あれ、香織先生~」という声が聞こえたので振り返ると、一年前に担任を受け持った園児のお父さんでした。

「◯◯さん、こんにちは」とあいさつし、少しお話しました。

すると、食事でもと誘われました。
最初は断っていたのですが、あまりにも誘うので、仕方なくOKしました。

居酒屋に行き、お酒を飲みました。
休みということと、最近彼氏が冷たかったので愚痴を言ったりして、ついお酒が進んでしましました。
◯◯さんは、車だったのでお酒は控え目で、私の話を聞いていました。
居酒屋を出で、車で送ってもらうことになりました。
車の揺れと飲み過ぎたことで不覚にも寝てしまったのでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


なんだか重たいと思い、目を醒ますと、◯◯さんが私のTシャツとブラを捲くり胸を愛撫していました。

「えっ、何、ちょっとやめてよ」

「いいじゃないの、彼氏と最近やってないんでしょ」
「いや~!お願いやめてください」

彼はおかまいなしに、行為を続けました。
必死に抵抗しましたが、酔っていたので力が出ないのと、男の人の力では敵いません。

やがて、ミニスカートの中に彼の手が入ってきました。

「ダメ、そこは、お願いします、許してください」

そんな言葉も聞き入れず、パンティーの中に手を入れてきました。

そして、アソコを弄り始めたのでした。

「あ~ん、イヤイヤ」
「濡れているじゃない」

確かに弄られていると濡れてきてしまいました。

やがてシートを倒され、パンティーを片足だけ脱がされました。
そして、彼のペニスが入ってきました。

「あ~、ああああ、あん」
「どう気持ちいいだろ、香織先生」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私も久し振りだったのと、車の中で初めてだったので異常に感じてしまい、声を出してしましました。

「どう、いいだろ?」
「いい」

彼はその言葉を聞き、腰を一段と早く振り私の中でイってしまいました。

しばらくその状態でいましたが、彼がキスをしてきました。
私は何も出来ず、されるがままでした。

その日は帰りましたが、園児の父親と関係を持ってしまったことを後悔しています。

昨日、園児の父親からメールがあり、会いたいとのことでした。
断りましたが、「車で眠っているときに写真を撮った」と言うので、どんな写真か不安だったので会うことにしました。

会うと車でホテルに入り、嫌がる私を無理やり部屋に連れて行かれました。
入るといきなり抱き付いてきてキスをしてきました。
抵抗しましたが、すごい力なのでどうすることもできません。
やがて服も脱がされ、全裸にされました。
そして、愛撫をされ、無理やりペニスを入れてきました。
私は、ただ我慢していました。

彼は、私の中でイってしまいました。

その日は3回して全部中で出され、写真はと言うと嘘だったみたいです。

このあとどうなるか心配です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 園児の父親に車の中で無理矢理・・・

【体験談・小説】お客さんの女性事務員との不倫関係 その3
続編希望ありがとうございます。バタバタしていたので、遅くなりました。当時の私はゴム無しなら、一晩で4、5回は普通にできた。それほどデカチンではないが、日本人の標準の長さで、カリがでかく、太さには自信があった。とある県のソープに行ったとき、ギリギリ奥まで届くことと、Gスポットにちょうどよく当たるそうで、経験ある嬢に今までで1番良かったと言われたほどだった。ハメ潮を吹く女性もいた。153cmくらいしかない理恵は、「ほんとにヤバいくらい気持ち良かったよ」#ピンクと言われた。
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】お客さんの女性事務員との不倫関係 その3

オタクで15歳の彼女ができたきっかけとは?

姉貴が妊娠したんで、嫁ぎ先にお祝いがてら飯を食いにいったんですわ。

その姉の嫁ぎ先には15歳になる妹さんがいるんだけど、このコが腐女子なワケですよ。アニメ、ゲームが大好きで自分で漫画も描いてる。だけど、すこぶる可愛い。

ガリガリの色黒ショートカットで、わざと一人称を「オレ」にしちゃってるような痛いコだけど、まぁ美少女だから許されるわな。俺もオタクだし、アイマスの菊池真を幼くした感じに萌えてしまうんだよ、性本能的に。

で、そんな萌え娘が友達と同人誌を作ったんだけど、その表周りやら何やら、一式デザインしてくれと頼まれた。

末端デザイナーを生業にしている俺さ。義妹の頼み、二つ返事でOKしますわな。

で、中ページ以外のデザインをする事になり、週末に義妹が俺の部屋に来て一緒に作業するって感じに。

で、週末。俺の部屋で素材を見せてもらったんだけど、これが意外にも微エロ。とりあえずヘタリアっ漫画で男同志がチュッチュコと思っておくれ。

801だろうが、オタ趣味全開で話し、なかなか楽しく作業できましたよ。最後には

「まぁ、もう15歳ならエロいことにも興味あるわなw」

「でも男同志じゃなきゃ、なんか萌えなくて」

「それも美少年じゃなきゃヤダw」

とか話してた。その流れで、俺が美少年に萌えるか聞かれ「実は萌える。俺ってショタ趣味あるしww」とか冗談で答えた。

すると笑いながら「じゃあ、俺の漫画見て感想教えてくださいよ」と聞かれ読むことに。正直に言えば読みたいわきゃないんだが、可愛い義妹の頼み、二つ返事ですわ。

で、読み始めた原稿。ひととおり目を通した所で「うん、結構興奮した。いいんじゃない?」と適当に答えた。

すると、義妹が「オナれますか!良かった」と。

ドキッとしました。まさか「オナ」とかそんな言葉がでるなんて思ってたし、思いのほか興奮してしまったんですね。俺の中のエロスイッチオンですわ。

しばらくそんな話をしたら、後はとにかく口説きまくりましたわ。

「○○(義妹の事)は可愛いから彼氏すぐできるんだろうな」「ホント、彼氏になれる奴が憎いくらい可愛い」連続可愛い攻撃ですね。

いちいち「いや、俺なんてw」と可愛いって発言を否定する義妹。そこも可愛い。で「そんな事ないって」っていいながら後ろから抱き締めた。

義妹は「あっ…」って言って、それから俺の手の上に手をのっけて黙った。なんかちょっと震えてて、すごく可愛い。もともと俺は惚れやすい方だけど、結構本気になった。

「○○は本当に可愛いよ」「俺が好きになっちゃったんだから…」抱きついたまま、耳元で囁き攻撃。こんな事、まともな精神状態なら絶対に言えないけどスラスラ言えた。

義妹、黙ったまんまコクコク頷いてた。

それから抱きついた手を体に這わせ、スポブラを捲り、小さい胸を撫でるように揉んだ。「あ…ダメッ…」ってちょっと抵抗してたけど「大好きだから」ってキスしたら、抵抗がなくなった。

キスしながら、体中を愛撫。声を出すのが恥ずかしいのか、喘ぎ声を必死に我慢してた。

上半身を脱がし、ジーンズを脱がせようとしたら義妹にグッと力が入る。「今日は下は無しにしようか」って言うと、ちょっと安心したように「うん」って言った。

すごく長い時間、キスしたり体を舐めたり楽しんだ。それから、ペニスを口元へもっていき「わかる?」って聞くと、舌を出してアイスを舐めるようにペロペロしてくれた。そりゃ、テクニック的には気持ち良くなかったですわ。でも、義妹の気持ちに激しく萌えました。

ペロペロされながら良いコ良いコ頭を撫でて、最後は胸に自分でシゴいて発射。ドローっと義妹のぺったんこな胸を伝う精液がエロすぎ。

ちょっとだけ舐めさせてみたら「まずいんだねw」って笑ってた。

ギュ〜っと抱きしめるように添い寝して「俺、本気で○○と付き合いたい…」って言ったら、頷いてくれた。「良かった」って頭なでなでしてたら、なぜか俺ちょっと泣いてた。

「どうしの大丈夫?」って言われて「わからん。わからんけど、きっと○○と付き合えて精神がおかしくなったんだと思うw」って言ったら「じゃあ、俺もきっとおかしくなっちゃうんだ。ふたりでおかしいんだから大丈夫」ってキスして頭なでてくれた。

ヤバい、このコ最高だ…と、本気で思った。

それから今まで、1年くらい付き合ってる。すんごい順調で、この夏にはこっそり旅行にも行くつもり。幸せすぎです。

彼女と付き合う事になったきっかけを書き込み。

姉貴が妊娠したんで、嫁ぎ先にお祝いがてら飯を食いにいったんですわ。

で、その姉の嫁ぎ先には15歳になる妹さんがいるんだけど、このコが腐女子なワケですよ。アニメ、ゲームが大好きで自分で漫画も描いてる。だけど、すこぶる可愛い。

ガリガリの色黒ショートカットで、わざと一人称を「オレ」にしちゃってるような痛いコだけど、まぁ美少女だから許されるわな。俺もオタクだし、アイマスの菊池真を幼くした感じに萌えてしまうんだよ、性本能的に。

で、そんな萌え娘が友達と同人誌を作ったんだけど、その表周りやら何やら、一式デザインしてくれと頼まれた。

末端デザイナーを生業にしている俺さ。義妹の頼み、二つ返事でOKしますわな。

で、中ページ以外のデザインをする事になり、週末に義妹が俺の部屋に来て一緒に作業するって感じに。

で、週末。俺の部屋で素材を見せてもらったんだけど、これが意外にも微エロ。とりあえずヘタリアっ漫画で男同志がチュッチュコと思っておくれ。

801だろうが、オタ趣味全開で話し、なかなか楽しく作業できましたよ。最後には

「まぁ、もう15歳ならエロいことにも興味あるわなw」
「でも男同志じゃなきゃ、なんか萌えなくて」「それも美少年じゃなきゃヤダw」

とか話してた。その流れで、俺が美少年に萌えるか聞かれ「実は萌える。俺ってショタ趣味あるしww」とか冗談で答えた。

すると笑いながら「じゃあ、俺の漫画見て感想教えてくださいよ」と聞かれ読むことに。正直に言えば読みたいわきゃないんだが、可愛い義妹の頼み、二つ返事ですわ。

で、読み始めた原稿。ひととおり目を通した所で「うん、結構興奮した。いいんじゃない?」と適当に答えた。

すると、義妹が「オナれますか!良かった」と。

ドキッとしました。まさか「オナ」とかそんな言葉がでるなんて思ってたし、思いのほか興奮してしまったんですね。俺の中のエロスイッチオンですわ。

しばらくそんな話をしたら、後はとにかく口説きまくりましたわ。

「○○(義妹の事)は可愛いから彼氏すぐできるんだろうな」「ホント、彼氏になれる奴が憎いくらい可愛い」連続可愛い攻撃ですね。

いちいち「いや、俺なんてw」と可愛いって発言を否定する義妹。そこも可愛い。で「そんな事ないって」っていいながら後ろから抱き締めた。

義妹は「あっ…」って言って、それから俺の手の上に手をのっけて黙った。なんかちょっと震えてて、すごく可愛い。もともと俺は惚れやすい方だけど、結構本気になった。

「○○は本当に可愛いよ」「俺が好きになっちゃったんだから…」抱きついたまま、耳元で囁き攻撃。こんな事、まともな精神状態なら絶対に言えないけどスラスラ言えた。

義妹、黙ったまんまコクコク頷いてた。

それから抱きついた手を体に這わせ、スポブラを捲り、小さい胸を撫でるように揉んだ。「あ…ダメッ…」ってちょっと抵抗してたけど「大好きだから」ってキスしたら、抵抗がなくなった。

キスしながら、体中を愛撫。声を出すのが恥ずかしいのか、喘ぎ声を必死に我慢してた。

上半身を脱がし、ジーンズを脱がせようとしたら義妹にグッと力が入る。「今日は下は無しにしようか」って言うと、ちょっと安心したように「うん」って言った。

すごく長い時間、キスしたり体を舐めたり楽しんだ。それから、ペニスを口元へもっていき「わかる?」って聞くと、舌を出してアイスを舐めるようにペロペロしてくれた。そりゃ、テクニック的には気持ち良くなかったですわ。でも、義妹の気持ちに激しく萌えました。

ペロペロされながら良いコ良いコ頭を撫でて、最後は胸に自分でシゴいて発射。ドローっと義妹のぺったんこな胸を伝う精液がエロすぎ。

ちょっとだけ舐めさせてみたら「まずいんだねw」って笑ってた。

ギュ〜っと抱きしめるように添い寝して「俺、本気で○○と付き合いたい…」って言ったら、頷いてくれた。「良かった」って頭なでなでしてたら、なぜか俺ちょっと泣いてた。

「どうしの大丈夫?」って言われて「わからん。わからんけど、きっと○○と付き合えて精神がおかしくなったんだと思うw」って言ったら「じゃあ、俺もきっとおかしくなっちゃうんだ。ふたりでおかしいんだから大丈夫」ってキスして頭なでてくれた。

ヤバい、このコ最高だ…と、本気で思った。

それから今まで、1年くらい付き合ってる。すんごい順調で、この夏にはこっそり旅行にも行くつもり。幸せすぎです。
 

続きを読む

[紹介元] 萌えるエッチ体験談|非日常的なエッチな体験談をお届けします オタクで15歳の彼女ができたきっかけとは?

【人妻体験談】息子の幼稚園の友達のお母さんがぎっくり腰になってしまい、看病することになったのだがエッチな気持ちが湧いてきて・・・
先日、暑い日の昼下がりでした。

私は、息子とその幼稚園のお友達を、私の家で預かっていました。

私はプログラマーをしており、ほとんどが在宅での勤務です。

お友達のお母さんは、景子さんといい、36才で3人の息子さんがいます。

小柄で、いつも元気いっぱいの景子さんとは、私達夫婦にとって良き友人です。

エアロビクスのインストラクターの仕事をしていて、お互いに子供同士も仲良しということもあり、仕事の時は子供を一緒に見ています。

家内は最近は夜6時頃まで、仕事で帰りません。

景子さんが1時頃、エアロビクスのインストラクターの仕事から帰ってきました。

子供は二人ともお昼寝をしています。

景子さんが、寝ている息子を抱きかかえようとしたときに、その事件は始まりました。

「痛いっ!」

呻くような声を聞いた私が、リビングから和室を覗き込むと、景子さんは、自分の子供に覆い被さるようにして、ピクリとも動きません。

「大丈夫ですか?どうしました?」

「腰が・・・。」

「まさか、ぎっくり腰?」

「うううう・・・。」

私は慌てて、彼女を抱きかかえ、子供の隣に寝かせました。

「動けますか?」

「ダメみたい。」

彼女の苦痛に満ちた表情と、玉のような脂汗がその痛みを物語っていました。

「景子さん、病院に行きましょう。

車で送りますから。」

「お、お、お願いします。」

「今車の準備をしてきますから、待っててください。」

私は、急いで車に行き、シートを倒して、彼女が横になるスペースを作りました。

続きを読む

[紹介元] 【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ 【人妻体験談】息子の幼稚園の友達のお母さんがぎっくり腰になってしまい、看病することになったのだがエッチな気持ちが湧いてきて・・・

【人妻体験談】友達のカミさん居酒屋で偶然出会い、野外で中出しセックス
もう一年以上も前の話ですが、

居酒屋で友達のカミさん(38歳で職業は看護婦)と偶然会い、

そのまま意気投合してヤッタ事があります。

それまで挨拶程度の会話を数回しかしていなかったけど、

お互いに酔っ払っていた事もあって、

ダメ元でカラオケに誘ったらOK。

お互い会社の飲み会だったんだけど途中で抜け出し、

近くのカラオケ店に行く途中で

建物の裏の暗闇に連れ込んでキスしてやったら、

「えっ?何!?・・・ヤダ・・・ダメだって・・・」

と言いながらもその気になって、

チンポ出して

「早く!早くしないと誰か来るって!!」

とフェラを頼んだらあっさり咥えてくれた。

もちろんフェラだけで済ますつもりはなかったので、

フェラでビンビンに勃起した所でケツを突き出す様に言ったら、

「えっ!ここで!?」

と言いながらも素直にケツを突き出し、

ストッキングとパンツを下ろしたら既にマンコはヌルヌル・・・

コン無しで一気に奥まで突っ込んでヤリました。

旦那である友達のモノが小さかったのか、

「太い!裂けちゃう!優しく・・・」

と言いながらもイヤらしく小声で喘ぎ、

かなり興奮している様子に俺も興奮!!

誰か来るかもって思いながらも、

ブラのホックを外してFカップの巨乳をTシャツから引っ張り出し、

片手で柔らかい巨乳を掴み、

もう片方の手はケツ穴を拡げる感じでケツ肉を掴みケツを固定・・・

レイプしてるみたいでした。

続きを読む

[紹介元] 【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ 【人妻体験談】友達のカミさん居酒屋で偶然出会い、野外で中出しセックス

【エッチな体験談】エアコンのある2つ上の姉の部屋で一緒に寝るようにしたら
pic-0212001274

姉との体験談。

自分には2つ上の姉がいます。


これは自分が中1の時の話です。


自分の部屋にはエアコンは無く毎年暑い夏を過ごしていました。


そんなある日、親が

「暑いんならお姉ちゃんの部屋で寝させて貰えば?」

姉も

「別に良いよ」

と言うので、それから時々姉の部屋で寝かせて貰う様になったある夜、

その日はいつもより早めに姉の部屋に行き、少し姉と会話をしました。


姉が

「そろそろ寝るけど……」

「良いよ」

と言って、いつもの様に自分は畳に布団を引いて蛍光灯を切りました。


しばらくして姉の寝息が聞こえてきました。


続きを読む

[紹介元] 気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~ 【エッチな体験談】エアコンのある2つ上の姉の部屋で一緒に寝るようにしたら

兄の友達に「オシッコ出るところから血が出る?」と聞かれた結果・・・・・・・

投稿者:瞳 さん(女性・20代) 体験談タイトル:兄の友達と S学校5年生になってすぐ、C2の兄の友達の翔吾くんとしました。 その日は翔吾くんが自宅に泊まる日でした。 翔吾くんは当時、陸上部の中距離選手で、引き締まった身 […]

The post 兄の友達に「オシッコ出るところから血が出る?」と聞かれた結果・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 兄の友達に「オシッコ出るところから血が出る?」と聞かれた結果・・・・・・・

レ●プごっこで逮捕されたwww
学生の頃の出来事。吾輩スペック身長165、髪が長いベースやってて、そっちに夢中の甲斐性なし顔はいい方ではないと思う彼女身長160くらい死ぬほどかわいいまず出会った時のお話。 一浪して某国立大へ。音楽に金をかけたいから塾で …
[紹介元] みんなのエッチ体験 レ●プごっこで逮捕されたwww

座らされた俺の前で叔母はフェラを始めた
俺が高校の頃に叔母が離婚前提で、 うちが管理しているアパートの一室に引っ越してきた。 離婚が決まろうが元気な叔母の趣味は とあるアメリカのロックバンドで、 俺は週末の学校帰りに会おうものなら即捕まり、 一晩中そのバンドに […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 座らされた俺の前で叔母はフェラを始めた

酔って押入れで寝ていたら
画像はイメージです
38歳のKと言います。
それは、今から2年前の社員旅行の時でした。
宴会終了後、各自の部屋でそれぞれ飲んで盛り上がっていました。
俺はちょっと酔いが回ってきたので、人のいない押入れに入り込み一眠りさせてもらいました。

しばらくして人の気配がなくなりました、どうやら皆で外にラーメンでも食べに行ったようです。
俺も皆の後を追うかどうか考えていると、一人の女性が部屋に入ってきました。

今年は入ったばかりのMさん(21歳)でした。
Mさんは特にかわいくも無く、普通の子でした。
かわいい子でも入ってきたなら、俺も押入れから出て話しかけるところですが、なんせMさんなんで、そのままスルー、押入れで又うとうとしだしました。
Mさんもかなり飲んだようで、そのまま横になって寝だしました。
2~3分してから後輩のI(25歳)が入ってきました。

Iは部屋に入ってくるなり「M~酔っちゃったよ~」とMさんに覆いかぶりました。
おっ!と見ていると、Mさんも酔っ払っているのか嫌がらず、「何処触ってるのよ~」と言いつつも、Iを受け入れ始めました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そしてそのままエッチをしだしました。

事が終わるとIは「上の階で先輩と飲んでくるね」と、部屋を出て行きました。
Mさんは特に目立つタイプの子ではなかったので、ノーマークでした。
しかし、酔うとすぐやらせてくれる子のようです。
最近の子は開放的だな、こんな事アリなんだ、と感心しつつ、それなら俺もお世話になろうとMさんのそばに近寄りました。

「Mちゃん~酔っちゃったよ~」

・・・とIと同じように覆いかぶりました。

「えっ、Kさん大丈夫ですか?」
「う~ん、飲みすぎちゃった」

・・・とお尻をサワサワ。

「あっ、Kさんダメですよ~」

嫌がってはいるが、抵抗は強くない。
これはイケルと判断し、今度はおっぱいをもみもみ。

「あっ、ダメですよ!やめてください!」

結構抵抗する。
若者のIだと良くて、おっさんの俺だとダメなのか?
こんな不公平なことが許されてたまるかと、「良いじゃん、さっきIともしてたじゃん」と切り札をだす。

「えっ!見てたんですか?」
「見てたよ。ずっと押入れにいたもの。携帯のムービーも撮っちゃったよ。」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

・・・と携帯を見せる。
(実は嘘。携帯は部屋の中に置いてあったんで、撮りたくても撮れなかった。)

Mちゃんは「しまった」と言う表情を見せた。

「大丈夫だよ、秘密にしてあげるから。その代わりちょっと俺の相手して。」

それからはスムーズだった。
特に胸が大きいわけでもなく、面白みの無い体つきだが、それをカバーする若さがあった。
張りのある胸は、小さくても揉み応えがあった。
肌もすべすべしていて気持ちが良い。

「30代のかみさんとは大違いだよ」

・・・と、若い体を堪能しつつも、人が来る恐れがあるので、すぐ挿入。
Mちゃんはちょっと体をよじらせ挿入を拒んだが、お構い無しだった。

ちょっとレイプっぽい雰囲気になってしまったので、要所要所で「痛くない?」「気持ち良い?」と確認しながら腰を振った。
Mちゃんは小さくうなずきながら「外で出してください」と小さな声で言った。
21歳の張りのある体は、どんなに激しく腰を動かしてもぜい肉が波打つことなく、ますます興奮しだした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺は持っていた携帯で記念写真をとることにした。

「写真はダメだよ~」と拒んできたが、「大丈夫、誰にも見せないから」と、お構い無しに10枚ほど撮った。
そして最後はバックでお尻に発射。
満足した俺は、「気持ち良かったよ。また遊ぼうね。」とMさんに声をかけ、Iのいる部屋へ。
Iと兄弟になっちゃったな~と思いつつ宴会の続きをした。

次の日にお礼のメールを昨日撮った写真と一緒に送った。
その後も「また遊ぼうね」の約束どおり月1回ぐらいのペースで遊ばせてもらった。
小遣いが少ないんで、Mさんにホテル代を出してもらうことも多かったんでそれぐらいが限界だった。
セフレとしてお互いのプライベートなことは聞かないほうがいいのかな、と思って「彼氏いるの?」と言うような話題は、これまでしたことが無かったが、しばらくして彼女が結婚することになった。

なんと相手はIだった。
・・・てゆうか、Mさんは誰とでもエッチするような人ではなく、2人は恋人同士だったんだ。
冷静に考えれば解る様なことだが、全然気がつかなかった。
酔ってたんだな俺。

ただ結婚してもMさんと俺との関係は続いているから、たいした問題じゃないんだけどね。
今はMさんも会社を辞めて、実家を出て二人で新居を借りて住んでいる。
おかげで今は、月2~3回くらいのペースで昼間に遊ばせてもらっているよ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 酔って押入れで寝ていたら

俺はもう自分でしごいていた
画像はイメージです
弱いくせに飲むのが好きで、エロ度増大の彼女が、酔い潰れてしまい男4人にホテルに連れ込まれた。
会社の飲み会だったのが、飲み屋で隣のテーブルにいた奴等と意気投合して2次会に誘われたらしい。

今年の4月頃の事だ。
彼女が飲み会に行くときは、俺が送り迎えをしていたのでいつも通り、夜中12時頃電話をすると、出るには出たが、様子がおかしい。

会話が途切れ途切れだし、時々、「うん」「あ・・・」と言った声を出す。

耳を澄ますと後ろでボソボソ男の声がする。
さすがにピンときた俺が問い詰めると、あっさり白状(酔っ払うと馬鹿正直になると言うか、嘘をつけるほど頭が回らなくなるらしい)。


しどろもどろに弁解する彼女。
酔っ払って、気がつくとベッドの上だったらしい。
浮気心でないのは分かるが、電話中も男共に触られているらしく、もう完全に感じている感じで声を出している。
抵抗もできない感じだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


俺は元々寝取られ願望というか、自分の彼女が他の男に犯されるのを妄想して興奮する性癖で、彼女にも普段そんな話をしていた。
かといって、実際にそんな場面にでくわすと、やはり平気な状態ではなく、必死に彼女からホテルの場所を聞き出そうとするものの、彼女の方が先に、世界に入ってしまったようで

「かーくん(俺)、ごめんんえ・・あん・・ちー(彼女)だめえ感じちゃってるの」

「今日だけはお願い、許して・・・後でちー何でもしてあげるから・・」

男共も調子にのったのか

「うわ、ちーちゃんべちょべちょじゃんw」

「乳首たってるよお」

「ほらあ、彼氏聞いてるって」とかワザと聞こえるように言ってくる。

俺もこの頃になると、もうギンギンに興奮してしまって、助けにいかなきゃという気持ちと、脅されている感じでもないしこのままちーの声を聞きたいって気持ちが半々になってしまっていた。

「ちー感じてるの?嫌じゃないの?」

「うん、ごめん感じちゃってる、手いっぱいあるのお、あん・・・怒ってるよね?」

「ああ、怒ってるよ!」

「でも、かーくん言ってたでしょ?あん、ちーが犯されるの見てみたいって!あっそこ・・ダメえ・・」

「それとこれとは・・・おい聞いてるのかよ!?」と言いつつ、俺はもう自分でしごいていた。

そうこうしているうちに、突然ちーの声が変わった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「ああーん」

「あっあっ!」

おい!

「ごめーん、彼氏。入っちゃったw」

また男の声だ。
ついに入れられてしまったらしい。

しかも男は複数だ。
これからの展開を想像すると、頭がおかしくなりそうだった。
だが、それに反比例するかのように、俺はかつてない程興奮していた。
もうすでに一回出てしまっているのにそれでも治まらない・・・。
もうここまできたら覚悟を決めるしかなかった。
最後の理性を振り絞ってちーに言った。

「もう、ちーの好きなように感じていいよ。俺はちーの事嫌いにならないから。そのかわり、ちーの声きかせてくれ!ちーの感じている声ききたいから」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「ごめんね、かーくん。いいの?ちーいっぱい感じちゃって・・・あん、あんああー、後ろ、後ろが感じるの~!」

俺が許可したとたん、ちーの声はますますでかくなった。
それから、1時間ぐらいだろうか(実際はもっと長くかんじたが)ちーの声を聞きながら、俺は5回以上いってしまった。
ちーはおそらくもっとだろう。
途中で携帯の充電が切れて、ホテルの電話からかけさせたが、後で考えればその番号からホテル割り出せたんだよなw。
でもそん時には、どうでもよくなっていた。

「ちーね、いまね上に乗ってるの♪」とか「あん、すごいおっきいの!後ろからはいってる、かーくんより奥にくるのお」とか「ああー、だめそこ、ちーいっちゃうよお」とか聞かされて、もう俺も頭おかしくなっていたと思う。

たぶん男共に言わされたのも半分ぐらいあるとおもうが、言わされることで、ますますちーが感じてるのが分かった。
結局一通りまわされたところで、お開きになったようで、男共が先に帰った後、ホテルまで迎えにいった。
ぐったりベッドに倒れているちーを見るなり、俺は後ろからいきなり入れて犯した。
彼女も自分から腰を振ってくる。

「ああ~、許して、感じてるから、もっとしてえ!」

訳わからないことを口走ってる。
出るものなんてないはずなのに、心と体が彼女を求めていた。
そうすることで、何とか心のバランスを取ろうとしていたのかも。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

後から聞いた話だが、この時俺に犯されたのが、一番感じたらしいw。

その後、現在に至るまで俺達は付き合いを続けている。
中出しはされてないと思うと言っていたが、病気とかも含め一応調べてもらった。
大丈夫だった。
その後男達からは特になにもないらしい。
(ちーは仕事先等弱みになりそうな部分は隠していたが、向うはペラペラ喋ったらしく、案外男共の方がビビッているのかも)

さすがに、事件直後はお互い気まずかったが、前から俺の性癖を話していたせいか、彼女にもちょっと、俺の前での犯され願望があったらしい。
そういった話し合いをしてからは、お互い逆に愛が深まったような気がしている。
最近はその時の状況を、ちーに実況させながら、ちーのアソコを弄ってやるのが定番プレイで、ちーはすぐにいってしまうw。
後ろからされながら、フェラしてるときも胸とクリは触られっぱなしだったとか、普段苦手な騎乗位が自然に腰が動いてしまったとか。

ホテルでの描写も、ちーの告白を元に補完しているのであしからず。
ふつうのカップルにとってこんな事は不幸な事件のなにものでもないかもしれないが、俺達にとっては愛を深めるいい薬だったような気がする。
でもさすがにもう1回とは思わないけど・・・。
彼女も自分の酒癖に懲りたのか、俺以外の前では酒は控えている。
その分、二人で飲んだ時は淫乱モード全開で来るw。
変態カップルでごめんなさい。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 俺はもう自分でしごいていた

【体験談・小説】野外露出等変態体験談-33
僕はまたタバコを吸いたくなったので、Tシャツを着てベランダに出ました。タバコを吸いながら、これだけしたからそろそろ本番かなと考えながら・・・それを考えるとチンコがゆっくりと復活してきました。ある程度復活したところで、部屋に戻ると2人はこれまでの感想なんかを話しています。僕も椅子に座りスポーツドリンクを飲んでると、愛子ちゃんが「お兄ちゃん、さっきはオシッコ飲んでくれてありがとう」と御礼を言いながらも僕のチンコをみて「あっ!!復活してる!!」と笑顔で彼女に言いました。彼女は「きっとこれからのこと考えて興奮してきてるんだよ」←流石、正解です。そして愛子ちゃんが「お兄ちゃんのチンコ見てるとやっぱり濡れて来ちゃう、ほら見て」と自分から股を広げ、指でマンコを広げ見せました。僕は無言で凝視してると彼女が「愛子ちゃんホントに大胆になってきたね、私達ビックリだよ」と言うと「だってぇ、こんなに気持ち良いんだもん」「ねぇそうでしょ、良かったね」「うん!!」と元気よく答えました。その会話を聞きなら僕が凝視してると「あぁ、お兄ちゃんのチンコ更に大きくなってきてるよ」「だってぇ、愛子ちゃんがそんな大胆な事してくるから仕方ないよ」「もうお兄ちゃんイヤらしいなぁ、じゃあスッキリさせてあげよう」と言ったところで彼女が「愛子ちゃん少し待って、次のステップに行くから、お兄ちゃんにマットに寝てもらおう」と言ってきました。
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】野外露出等変態体験談-33

かみさんには死んでも言えない還暦を迎えた義母との関係
俺、かみさんには死んでも言えない秘密があり、墓場まで持っていくつもりです。 それは還暦を迎えた義母との関係です。 妻が二人目の子供を妊娠し、出産時期に義母さんに娘の世話を手伝ってもらうため、泊まりにきてもらっていたときの […]
[紹介元] 熟女・義母・人妻とのエッチな体験談 かみさんには死んでも言えない還暦を迎えた義母との関係

【ロリ露出体験談】小6のときに学校で…

小学6年生の7月の中旬位の夏のときです。

5時間目のプールの時間が終わって後は、「帰りの清掃」(学校ではそう言ってた。)と帰るだけです。

プールの水はとても冷たく、体育の時間が終わって更衣室で着替えていると、この季節はかなり暑いのに服がとても温かく感じました。

(私の学校の更衣室は校舎の本当の端にあって、私たちは水着に着替えて端の非常口みたいな比較的大きいドアから外へ出てプールに行くと言う感じになってました。)

お掃除が終わって、帰る時間になりました。

今日は友達と帰る約束だったけどその日は日直で学級日誌を書かないといけなかったのです。

私は友達とおしゃべりしたりしたので、ぜんぶ書ききっていなかったのです。

友達に先に帰っていいよと言って、友達が「うん、じゃぁね。」と言って私は教室で日誌を書いていました。

すると、5分くらいして急に頭の中がもやもやしてきました。

まだ心地よい服の肌さわりと、全然汗をかいてなかったのでさらさらの肌が服とすれて、むずむずしてきたのです。

いそいで日誌を書いて職員室の先生に出した後、胸が高鳴り耳の周りが熱くなっているのが分かります。

胸のどきどきも鳴り止まなくていてもたってもいられませんでした。

そこで、さっきの更衣室に行ってみることにしました。

私は、生まれつき用心深い(見られるとまずいので。)と思います。

だから、露出をする前は近くの部屋に誰か居ないかとか、誰かが来ないかとかをよく確認します。

この日も、周りをチェックしてみると、幸いにも誰も居ませんでした。

そうでなくても、この更衣室のあたりは授業以外の夏や冬は人がめったに通らない所になっています。

誰も居ないことが分かると、胸の高鳴りが急にもっと激しくなりました。

そこで、まずは更衣室の中に入ってみました。

やっぱりだれも居なくて、中は少し前に皆が着替えていたので少し水が着いていて、プールの塩素の匂いが一面にこもっていて、着替えるときに当然窓は閉めっぱなしだったので、外よりも少し熱気がありました。

心臓の鼓動が自分にも聞こえてきそうになり、我慢できずに私はここで思いきって脱いでみようと思いました。

カチューシャをはずして、棚に置きました。

そして、洋服の上のボタンをゆっくりはずし、洋服とシャツを脱ぎました。

胸は今やっと大きくなり始めたのがかろうじて分かるような感じで、上半身が裸になり、学校では身体検査以外では絶対なるはずもない自分の姿に興奮していました。

今度は下の番です。

まず、上履きと靴下を一緒に脱ぎました。

一呼吸置いて、スカートに手を取りました。

スカートを緩めてぱっと手を離すとストンとスカートが落ちて、白いパンツ1枚になりました。

パンツにも手をかけて、ゆっくりと下ろして、とうとう全裸になり立ちすくんでいました。

私はもう体中ががくがくしてきました。

少し前まで、皆が着替えていたところで裸になっているなんて、だれも分からないはずです。

私は全裸になるとき、これが皆で着替えているときにやっていたらどうなるんだろうと変な想像をしながら脱ぎました。

皆は授業が終わって水着から着替えています。

私はだれよりも早く更衣室に戻って、皆よりも早く洋服に着替えています。

私は皆が着替えているのをじっと見ています。

そして、ゆっくりと全部脱いでいきます。

私が脱いでいく途中で、皆は私の様子が変なことに気付きます。

皆は着替えるときは(本当に私が着替えるときもそうですが。)タオルで体をくるんで裸が見られないように慎重に脱いでいるのに、想像の中の私は何も隠さずに、洋服、スカート、パンツとゆっくり脱いでいるのです。

皆はもう着替えたり、タオルで隠しているので裸ではありませんが、私一人だけ全裸です。

私は脱いだで立っていて、両手は後ろで組んでますが、それでも下半身は少し内股気味です。

部屋の中が段々騒がしくなってきました。「なんで?裸なの?隠さないの?」という声や、私から一番離れているおしゃべりな子は、私の方を見て他の人とひそひそ話をしています。

「やだー。」

「エッチ。」

「えー、何?あれ?」

「あれって、変態だよ変態!」

「美由紀ちゃんって頭おかしいね。」

とかクラスですけべな子は「すごーい。」

「美由紀すけべぇー!!」

「まだアソコに毛がないよぉ!」

といった体のことをいったり、ふふふと嘲笑したりしています。

もし、おしゃべりな子が、男の子にしゃべっちゃったら、たちまちクラスの噂になるはずです。

そうなったら、男子に色々言われたり、たぶんそれだけではすまないと思います。

私は、たくさんの視線とあまりの恥ずかしさで顔が真っ赤になり、女の子たちの顔を見れません。

それでも、思いきって顔を上げると、顔を隠したり、私のほうを指差したり、やはり私の体をじっと見つめたり、影で色々話をしています。

私の友達も私の方をまともに見られずに顔を両手でふさいで私とは逆の方を向いています。

こういうことを考えているとアソコがたまらなくひくひくして、濡れていくのが分かりました。

アソコからねばねばしたものが溢れてきて内腿を伝ってきました。

さらさらしていた肌は熱くなってもう汗ばんでいました。

ふと、このまま部屋を出てみたらどうなるかと思いつきました。

そして、廊下で露出へと、踏み込みました。

しかし、このときでも全裸はまずいかなと思い、上を着ることにしました。

あと、廊下を歩くので汚いと思い、上履きと靴下もはくことにしました。

そして、万が一のためにカチューシャとスカートとパンツを持って、さっと更衣室の戸を開け、廊下に出ました。

廊下には誰も居ません。

更衣室のドアは鉄でできていて、窓は私の胸の高さくらいにあったけど、ここの廊下は昼でも薄暗いのでそとから上半身を覗かれる心配はありません。

私は、廊下を今居る場所から突き当りまでゆっくり回ってみました。

このあたりの廊下は人はあまり通らないことが分かっているので危険はそんなにないと思いました。

上半身と、靴下だけはいて、下半身は裸の姿は誰がどう見たって異常です。

私はとても異常なことをしているとおもうと、足ががくがくして上手く歩けません。

心なしか腰も引けてきました。

もうたまらなく、途中でオナニーをしてしまいました。

興奮で立つこともできなくなり、だんだん腰を下ろすような形になり、足も広げることができず、閉じたままでした。

いつものとおりに、右手でクリトリスを転がしながら左手でお尻を抜き差ししました。

その途中、更衣室のすぐそばに階段が目に写りました。

ここで私は、階段のプラスティックの手すりに目がいきました。

小学校3年のときに鉄棒にアソコがこすれて気持ちよかったのをおぼえていました。

私はとっさに手すりでオナニーをすることを考え付きました。

階段に向かって、1階と2階の間まで行きました。

そこの手すりは水平になっているのでそこに足をかけました。

そして、2階へと向かうほうの手すりにアソコを上手くこすりつけさせました。

まだ、手すりにねばねばがくっつかないので、すこしツバをつけると、今度はいいふうにこすれます。

ぬるぬる感と手すりのひんやりとした感じに、私は自分をを忘れてしまうほど頭の中が真っ白になりました。

クラスメートの女の子のひそひそ話を頭の中で繰り返し、お尻の穴も同時にいじっていくとやがてアソコやお尻の筋肉がひくひくして、ちいさい声が漏れ、すぐイッてしまいました。

イッた直後は、足が思いっきりがたがたなり、手すりにおちないようにするのがやっとでした。

なんとか手すりから降りると、しばらく階段の細い鉄柱に体をよりかけてぼーっとしていました。

この間中、何も考えることができませんでした。

誰かこっちに来るかと意識の中で警戒していただけです。

少しして、早く着替えないとと考えても、体はまだ少し痙攣みたいになっていて、思うように動きません。

やっと、体が動くようになって、あわてて本当は更衣室に戻ればいいのにその場で着替えてしまいました。

色々身支度をして、教室に置き忘れていたランドセルを取りに行き、恥ずかしくなりすぐに走って家に戻りました。

本当に大胆なことをしてしまったとおもい、家に戻ってすぐ私に部屋に入り布団にもぐりこみました。

もしかしたら、私のオナニーが誰かに見られたんだと思うと、急に怖くなり布団にくるまって、そのなかで泣いてしまいました。

明日学校に行くと皆が冷たい目をしてる、バカにされると思うと、私のしたことの重大さに不安になりました。

いつのまにか寝込んだらしく、外は暗くなっていて、時計は8時位を指していました。

下に下りてご飯を食べようとすると、お母さんに「どうしたの。何か変よ。目も腫れているし。」といったことを言われました。

今日のことはお母さんには言えません。

だから、「ううん、なんでもない。」と答えました。

次の日になって、学校に行きたくない、仮病したいと思い、お母さんに今日具合が悪いとどんなに説明しても、「どうしてもだめなら帰ってもいいから学校にいってらっしゃい。」と言われ、結局行くことになりました。

一緒に学校に行く友達を迎えに今日は行きづらく、そのままとおりすぎてしまいました。

教室の一歩手前に来たとき、ぴたっと足が止まりました。

入ろうかどうか迷ったあと、しばらくして、思いきって入ってみました。

すると、「おはようっ!」といつもの声でクラスメートが挨拶をしてくれました。

「よかったぁ。」と胸をなでおろして、自分の席で一人喜びました。

それと同時に、全身の力が抜けたような感じでした。

それから1日、特に変わったことがなかったので本当に安心しました。

今でも想像すると、胸がどきどきして興奮して怖い体験でした。

[紹介元] エッチな体験談 淫ぽん 【ロリ露出体験談】小6のときに学校で…

俺の妻は実の従姉妹な件wwwwwwww
もうかなり昔(20年ちょっと前)になるけど、 僕の嫁さんは僕の実の従姉妹で、 当時母の実家の祖母の家に住んでいた。 その頃、大学に入って間もなく、 夏休みに田舎の祖母の家で8歳年下の従姉妹(当時小5)と 家の前の海岸で水 […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 俺の妻は実の従姉妹な件wwwwwwww

【露出】ムラムラした私はパンティを見せながら歩いた[後編]
55秒、56秒と近づくと、(いよいよだ、いよいよ)と自分に言い聞かせました。
そしてついに針が12時を指して、心の中で『せーの!』と叫び、目をしっかり見開いて足を伸ばしたまま、パンティを一気にずり下ろしました。

ついに私は全裸になってしまいました。
脱ぐと汗がぶわっと溢れ出ました。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【露出】ムラムラした私はパンティを見せながら歩いた[後編]

【エッチな体験談】合コンで知り合ったアニオタで地味な女の子と・・・
pic-0212000821

最近知り合ったY子という子がいて、土曜日にその子の家に遊びに行った。


Y子は見た目からして地味です。


背は160cmくらいで、髪は肩まで。


しかも眼鏡で痩せている訳でもなく太っているわけでもなく、特別可愛い事もない子です。


Y子と知り合ったのは、友人の彼女が

「男っ気の無い友達が何人かいるので」

と、ほぼ無理やり企画されたコンパに参加したのがキッカケです。


たまたま隣になって話してると、どうもY子はアニオタなようで、彼女と別れて家に帰ってから暇していたので、

『今面白いアニメって何なの?』

がメールの始まりでした。


かなり人見知りするようで、2次会でもY子はほとんど俺の以外の男とは話をせず、友人の彼女に半ば強引にアドレス交換させられて今に至ります。


続きを読む

[紹介元] 気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~ 【エッチな体験談】合コンで知り合ったアニオタで地味な女の子と・・・

山道で助けてくれた男達に妻と娘が無理やり犯され・・・
大学に受かり隣県で過ごしている娘に会いに、 妻と行きました。 車で二時間かけて、 娘の住むマンションへ着き、 久しぶりの家族で、 ドライブがてらに森林公園に行く途中に事は起きました。 山道を運転してると、急にパンクしてし […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 山道で助けてくれた男達に妻と娘が無理やり犯され・・・

キャンプ場に居た人妻達と肝試しからの野外セックス
6月にキャンプ場にいった時、 隣に家族連れの人が居ました。 パパさんらしい人が子供達を連れ、 釣りに行った様子だった。 自分達はと言うと、 友達と3人でテントを張り、 夕飯は焼きそばにでもしようかと話していた。 家族連れ […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 キャンプ場に居た人妻達と肝試しからの野外セックス

よっしゃー処女もらい!
画像はイメージです
ちょっと前に会社の同期の女の子と、ある業務で一緒になった。
最初は何気なく挨拶を交わすだけだったんだけど、仕事が終わってから仕事の悩みとか恋愛相談をするうちに、だんだん仲良くなっていった。

その子、胸がすっごく大きくて、スタイルいいんです。
美人タイプではなく、いわゆる可愛いタイプ。
でも、自分より年は1つ上で、付き合って3年位になる彼氏がいた・・。

「仲がいいの?」って聞くと、「うん、結婚とかも考えてるんだ」って。

しばらく経つうちに会社帰りにお茶とかする仲になって、彼氏の事を色々聞いたんだ。
そしたら、仲良くいってるように見えるけど不満だらけだったようなんです。
収入も低くて、仕事も安定しないでころころ変えちゃうようで、夢は語るけど実現するような気配は何もなし。
口だけということでした。

あるとき、ちょっとエッチな話になったんです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「彼とはどれくらいしてるの?」

「うーん・・・まぁまぁ」

妙な沈黙の後、彼女はそう答えました。

“?”と思いつつも、女からエッチな話が聞けるなんて嬉しかったんで色々聞いてみました。

「初めてはいつなの?」
「どういう体位がすきなの?」

そうするとどんな質問にも恥ずかしさとは違う妙な沈黙が流れるのです。
“あれ?”と思っていると、彼女はこう言いました。

「触ったり舐めたりはあるけど、本番はまだ」

「えー?どういうこと?3年も付き合って結婚するんでしょ?」

「うーん、彼はちゃんと責任取れるようになってからしたいんだって。裸で抱き合ったことはあるけど、それだけ。相手も初めてみたいで最初は絶対ゴムとか付けたくないんだって」

・・・驚きでした。
3年もしてない彼氏と、処女の彼女。

「でも、私がいい加減したい、もう3年経つんだし、って言ったら、来月ちゃんとしたホテルをとってしてくれるんだって」

もしかして処女を・・・なんて思ってた俺は・・・がっくり。

「へーそうなの?」と内心動揺しつつも「それはよかったね」と明るく答えてみました。

そうこうしているうちに時間が経っていき、彼女が彼氏とエッチをするっていう日が近づいてきた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

でも、その頃には彼女と話をすると大抵は彼への不満。
性格などが合っていなくて、親身に話を聞いていました。
それで段々信頼してもらえるようになってきたんです。

そしてついに彼と彼女がエッチする日が来ました。
彼女にメールで『したら教えてね』とメールしたんです。
そしてドキドキしながら待つこと数時間。
返事がなかなか来ないから思いっきり凹んでいると彼女からメールが。

「喧嘩しちゃった。今日はやるのやめたよ」

「そうなんだ、残念だね。何で喧嘩しちゃったの?」

おー!!!と内心で拍手です。

「やるなら生で中出しがいいって言うの。でも子供できるかもだし、それで言い争いになっちゃった。ゴム付けるんならしないって」

なんか傍から聞いてたら馬鹿丸出しですが、当人は本気なのです。

数日後、彼女とメールをしていると・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「エッチって楽しい??」
「こんな年で処女なのは恥ずかしい。そろそろしたい」
「今の彼じゃいつになったら処女卒業できるのかわからない」
「いい相手いないかな?」

チャンス到来!!!!!!!!!!!!!
この彼氏、本当に馬鹿なんです・・・。
彼女の携帯の写真見たらなんとなく納得するような顔つきでした。

その日の夜、二人でいつものように喫茶店に行った帰りに、路地裏に誘っちゃいました。
暗闇のところを見つけて、彼女の肩をそっと抱いて胸を触りました。

「いい?」

「うん」

今まで小さい胸の子としかしたことなかったので大きいおっぱいは感動でした。
手のひらで包んでも溢れるくらいです。
優しく揉み揉みしていると彼女の息が乱れてきました。


自分の息子に彼女の手を持ってきて・・・。

「どう?わかる?」

「うん、硬いね・・・はぁ」

嬉しそうにため息をつく彼女がとても愛おしくなって・・・。

「ねぇ手でイかして。やり方わかる?」

「うん、たぶん」

そう言って人気のない路地裏でナニを取り出し、彼女に包んでもらいました。
冷たい感触が気持ちいい中、必死にしごいてきます。
でも、やっぱり下手で強く握ってくるんだけど、ツボにこないんです。
仕方ないからおっぱい出してもらって顔を埋めながら自分でしこしこしました。

イキそうになってきたので、彼女に「はぁはぁ、出る!触って!強く握って!」って言うと、彼女はナニを強く握って激しくしごいてきました。

相当発射OKなところまで来たのであっという間に昇天です。

「あぁ・・・」

彼女の手と地面が精液まみれになりました。

「どくどくって波打ってたよ。凄く暖かい・・・」

そう言うとキスをして手を拭いて、着衣を直してその場から離れました。

その翌日も仕事中ずっと携帯で彼女とやり取り。

『ねー?してみたいかも?なんて^^;私って悪い子?』
『え?でも、処女じゃなかったら彼氏にばれちゃうんじゃない?』

『大丈夫だよ。血が出ない事もあるし、痛がれば平気』
『じゃーする!?』

そしてその晩いよいよホテルに行きました。

「本当にいいの?後悔しない?彼氏でもないのに?」

「うん、今更なに言ってるの?しないで帰るつもり?」

覚悟を決めて処女をいただく事にしました。

「服脱いでよ・・・彼とはどこまでしたの?」
「あそこ舐めた」

「それだけ?」
「本当よ」

彼女の豊満なおっぱいを包んでるブラはとても綺麗で、揉み揉みすると弾力があって柔らかい。
ブラを外して彼女の乳首を舐め舐めしました。
オッパイが寝るとぺっちゃりもっこり広がって、また凄くその光景が燃えるんです。
乳首を舐めてると彼女が段々感じてるみたいであえぎ声が大きくなってきました。
僕のあそこももうギンギン。
早く入れたかったんですが、処女だからさすがに痛いだろうと思って、マンコをほぐしてあげようと、マンコに顔を近づけました。
かなり恥ずかしがって抵抗するんですが、抵抗を押さえ込んで、マンコとクリトリスを舐め舐めしたりしました。

凄く感じてるようで・・・。

「ねぇ、もう入れて」

「いいの?」

「うん、◯◯(俺)にあげたい」

そう言うと足を持ち上げてギンギンのナニを彼女に押し当てて挿入開始。
処女の子は初めてだったので感動しつつ、自分を埋め込んでいきます。
でも、やっぱり予想通り硬いっていうか、痛がるんですよ。

「あーん、いったぁああーい」

彼女は絶叫して腰を浮かせて逃げます。
そこで腰をしっかり押さえて、高ぶる自分を奥へ奥へと進めていきます。
膜が破れる感覚は分からなかったんですが、痛がる彼女を押さえつけて埋め込んでいくのは至福の征服感です。
“よっしゃー処女もらい!”とか中学生みたいな事を思いながら、硬いマンコを突き刺していきます。

めちゃくちゃ痛がって、彼女は気持ちいいどろこではないみたいんですが・・・。


「痛いけど・・・嬉しい」

そう言ってもらいました。

痛がる彼女を押さえながら、もうどうにも止まらない自分のナニで彼女の膣内を広げていきます。
しばらく突いていると、段々痛いとは別の感情が彼女に生まれたみたいです。
声に甘い色がかかってきました。
彼女は半泣きだったようですが、最後は声をあげてよがっていました。
揺れるおっぱいを見ながら、ガンガン突いてると、処女とやってるって感情と、視覚的におっぱいがブルンブルン揺れるのとで興奮は最高潮になってきた・・・。

「ねぇ、いくよ、いくよ」

「うん、いって!」

「あぁあああ・・・」

自分のアレから精液がどくどくと出てくるのが分かります。
普段オナニーするときよりも、かなりたくさん出ました・・・。

「なんか動いてる」

「気持ちよくっていっちゃった」

二人で抱き合って至福の時を過ごしました。
人生でこんな幸せなエッチはそう何回もありません・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 よっしゃー処女もらい!

【熟女体験談】エロい身体の母と近親相姦中出しセックスをして、いやらしくなってきた母
母ちゃんの身体はエロい。

背は155センチしかないけどバストは88センチでヒップは90センチ。

ウエストは本人も気にしてるけれど、66センチのわりにはくびれててかっこいい。

セックスするようになって3ヶ月目にメジャーでお互いの身体を測りっこしたんだから間違いない。

俺のチンポもついでに測られて長さが17センチあった。

親父のよりは大きいらしい。

そんな母ちゃんの身体の中に最初のその晩は3回も中出しした。

1回目は無理やり2回目は母ちゃんもあきらめたみたい。

2回目からは俺の部屋に母ちゃんを抱いていってセックスした。

もう母ちゃんは俺のするまんま抵抗無しで喘ぎまくりよがりまくってた。

3回目は母ちゃんの後ろから尻を抱えて貫いて攻め立て同時にクリトリスを弄りまくって何回もイかせた。

最後のほうは母ちゃんもベッドの上に突っ伏してピクピク尻を震わせて
「もうダメ、○ちゃん、おかあさん、もう、」

チンポがずるって抜けた。

俺のチンポはいきりたって母ちゃんの愛液と自分の精液で濡れてテラテラに光っててもう発射寸前で興奮してたので

母ちゃんの尻を持ち上げると身体の下に枕を押し込んでもう1回挿入しなおしてピストン運動。

俺がチンポを出し入れするたんびにびちゅ、ぶじゅ、びちゅってイヤラシイ音が俺と母ちゃんの繋がってるとこから発生してますます興奮。

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】エロい身体の母と近親相姦中出しセックスをして、いやらしくなってきた母