【人妻体験談】大好きな主人のために、嫌々ながらスワップに同意した結果

【人妻体験談】大好きな主人のために、嫌々ながらスワップに同意した結果
今年29歳になる普通の主婦です。

優子と言います。

主人に毎日毎日しつこく誘われ続けて・・・嫌だったけど

「大好きな主人のため」

と思って・・・一度だけ、と断って、嫌々ながらスワップに同意しました。

「私が他の人としても本当にいいの?」

「私が他人に嫌らしいことされても我慢できるの?」

と何度も聞いたんです。

私は、主人とのセックスだけで十分満足でした。

セックスしたのは主人を入れて2人だけ。

快感を殆ど感じたことがない私に、セックスのすばらしさを教えてくれたのは、誰あろう主人です。

その主人から他人とのセックスを勧められるなんて・・・私も、他の男性とのセックスに全く興味がないわけではありません。

友人夫婦がどんなセックスをしているのかな、と考えたことはありましたから。

でも、実際に自分が誰かと、と考えたことは本当になかったんです。

主人が探してきたお相手は、主人の取引先のY課長さんご夫婦でした。

Y課長は主人のひとつ年上で、奥様は私よりも2歳年下です。

奥様のT美さんは、身長が170cmとモデルさんのようにスラリとしたプロポーション。

胸も大きくて形がよくてとても綺麗な方です。

私はと言えば、プロポーションには多少自信があるものの、身長は154cmしかないし・・・童顔で

「子供みたい」

とよく主人や友達にからかわれます。

本当にT美さんが羨ましい限りです。

スワップの場所は、Y課長のご自宅。

いつもこういうことをしているのか、ベッドルームが2つありました。

お風呂から上がり、主人はT美さんと、私はY課長と別々の部屋へ・・・主人は身長が175cmありますので、T美さんと背が釣り合っていますが、Y課長は190cmと背が高い上に学生時代柔道重量級の選手だったと言うだけあって、映画に出てくるターミネーターのような巨漢です。

その上・・・裸になったY課長の股間から突き出ているものは・・・太さは優に主人の2倍、長さも5cm以上も長い大きなモノでした。

「奥さん、私のことを忘れられなくしてあげますよ」

Y課長は、そう言ってにやりと笑いました。

続きを読む

[紹介元] 【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ 【人妻体験談】大好きな主人のために、嫌々ながらスワップに同意した結果