【人妻体験談】部下から結婚すると報告され、泥酔した部下をラブホに連れ込みセックスした結果

【人妻体験談】部下から結婚すると報告され、泥酔した部下をラブホに連れ込みセックスした結果
「部長!突然ですが、報告がありまして…。

私、営業部の崎山さんと結婚することになったんです。

それで、結婚式に出てもらいたいなと思って…。

いいですよね!」

そう報告してきたのは、私がいる総務部の部下で、渋谷さんという女の子で、私が総務部に配属になったときの新入社員で一緒に仕事をし始めて5年がたっていました。

入ってきたときはまだ高校でたてで、まだまだ幼い子供のような女子だったのに、結婚するんだなあと感心していました。

今となっては、仕事もできるし、後輩の面倒もよく見てくれるし、なくてはならない存在なのです。

しかも、渋谷さんとは、私も総務という今までまったく縁のなかった部署で、よくお互いに相談したり、助け合ったりして、実はちょっと彼女のことが気にはなっていたのです。

私は7年前に妻を病気で失っており、正直そろそろ、女性の肌が恋しくなってきていて、何かの間違いで渋谷さんと…なんてことを考えたことは1度や2度ではありませんでした。

そして、今度結婚する相手の崎山君は大学での7年目の30歳。

しかし、崎山君のことあまり知らないなあ…。

と思い、食事に誘ってみようと思いました。

娘を嫁がせる親の気持ちというか、どんな男の元へ渋谷さんが嫁いでいくのか気になったのです。

当日は、総務の男子仲間と、崎山君の営業仲間と男5人で焼肉を食べにいきました。

私の提案で、先にサウナに行って、汗をいっぱいかいてから食べようと提案し、5人で裸の付き合いをすることに…。

そう、崎山君のあれがどんなものか見るために…。

サウナの中で、彼女とのことをみんなで聞きまくって、彼は顔を高潮させテレまくっていました。

もちろん思い出していたのか、下半身も反応して、タオルを突き上げ下半身が膨張していました。

私はそれとなく、ちら見しながら、確認したのですが、なんだか、かわいらしい、お粗末な下半身のように見えました。

本人も他人よりやや短い下半身が悩みだといいます。

私はなぜかチャンスがめぐってきたのでは…。

という、まったくいけない妄想をはじめてしまっていました。

それから、普通に数ヶ月がたち、式の2週間前のある日。

その日が、渋谷さんの結婚前の最終出勤日。

私は、仕事が終わったら、最後食事に行こうと誘い、OKをもらいました。

今までの思い出や、崎山君とも一緒に食事をしにいき、とてもいい人でよかったねなんて、思ってもいないようなことをいいながら、食事をしました。

もちろん、お酒も飲んでいます。

渋谷さんはいつもより、テンションが高く、お酒の量もかなり進んでしまっていました。

その店では2時間ほどいましたでしょうか?

店を出るときには、もう千鳥足状態で、私の支えがないとまっすぐ歩けない様子でした。

私は、最寄の駅まで送るといいながら、まったく反対のほうへと進んでいきました。

本人まったく気づいていないようです。

続きを読む

[紹介元] 【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ 【人妻体験談】部下から結婚すると報告され、泥酔した部下をラブホに連れ込みセックスした結果