女の下克上

女の下克上
<p>2年男子が荒れていた高校時代、便乗して2年女子も荒れていました。<br />学校全体を2年男子が幅を利かしており2年女子もだんだんと強気になってました。<br />2年女子のリーダー格はイキッてる3年女子を排除しようとしていました。<br />放課後、渡り廊下周辺で3年女子2人(沖田、木下)に絡む2年女子のリーダー格グループ。<br />沖田「何? どいてよ」<br />2年女子「今日も可愛いねぇ先輩」<br />2年女子リーダー「仲良いよね2人さん」<br />木下「行こっ葵」<br />相手にせず無視して通り過ぎようとする2人のスカートを捲る2年女子達。<br />沖田「ちょっと!やめてよ!!」<br />木下「最低っ」<br />2年女子リーダー「沖田白じゃん、木下は水色」<br />2年女子「っていうか沖田ちょっと黄ばんでたじゃん」<br />2年女子「汚~い可愛い顔してちゃんと拭いてないの?」<br />2年女子リーダーが沖田の髪を匂おうとする<br />沖田「え?ちょっ 放してよ気持ち悪!」<br />2年女子リーダー「今日は彼氏に抱いてもらうの?」<br />沖田「どいてよ!」<br />抵抗する沖田と木下を揶揄う2年女子グループ<br />沖田にディープキスをする2年女子リーダー<br />沖田「ん~ん イヤっ」<br />木下は必死で逃げようとするが顔を舐めれれる<br />木下「きゃああ!」<br />2年女子「いいリアクションするじゃん」<br />2年女子は木下の胸を揉む。<br />木下「やめて んんああ」<br />2年女子リーダーは沖田の下腹部を触る<br />沖田「ヤッ」<br />2年女子リーダー「彼氏より上手いだろう?」<br />沖田「触らないでよ!」<br />2年女子「木下感じてるじゃん」<br />木下「・・・やめてよ~」<br />沖田「嫌 やめてよ!」<br />2人とも半泣きになり気が済んだのかそこで解散。<br />2人は一週間くらい休んでいたような気がする<br />おそらく誰にも言えなかったんだと思う</p>
[紹介元] エロ体験談 女の下克上