【人妻体験談】個人経営の小さな会社の社長の娘と営業の合間に中出しセックス

【人妻体験談】個人経営の小さな会社の社長の娘と営業の合間に中出しセックス
人妻の美樹は今34才、とはいってもいつもジーンズとTシャツという服装が多く、元々が童顔で20代半ばに見える。

髪の毛は栗色もセミロング・基本的に化粧をしているのかしていないのかわからない薄化粧である。

どうみても若く見える。

また最も特徴的なことは声がアニメの声優の声みたいに変わった声をしている。

これも若く見られる要素である。

美樹は知り合いの個人経営の小さな会社の社長の娘で父親の手伝いで経理の仕事をしていた。

初めて知ったのは22才だったと思う。

その頃の美樹は結婚を約束した恋人がいて熱々カップルでよく会社に彼を連れて来ていた。

美樹は可愛いく魅力的であったが私とは距離があり、特に知り合いの社長の娘とだけしか思っていなかった。

というよりそう思わざるを得なかったというのが正しい。

それからその会社とはつかず離れずの関係を続けていた中で美樹は結婚し30才を超えていた。

ある日社長に用事があり会社に訪れた時、美樹が一人で留守番をしていた。

それまで二人で話す機会がなかったこともあり、久しぶりに会社の状態や美樹の家庭のことなどの話しを聞いていた。

夕方になっていたので社長も会社には戻らず旦那も帰りが遅いということなので美樹を誘い、初めて二人で食事に行くことになった。

高級感のある居酒屋で飲みなが話しをした訳だが、知り合って10年近くになり、

父親と親しいのでマキも私に対して身内的な感じで気分も打ちとけていたようだ。

悩み事として、美樹夫婦の貯金を父親に泣き付かれて会社の資金繰りに出したこと、

そのお金を返してくれずこれが原因で経済的に楽ではないことなど。

あけくの果てに旦那の車を担保に自動車ローンでお金を借りてしまって

まとまったお金を払わないと車が差し押さえられると涙をためながら話していた。

そんなこととはわからなかった辛い状況にマキがかわいそうになり

その位の金額はなんとかなるのでその金額を貸すことを約束した。

美樹は大変喜んでいた。

続きを読む

[紹介元] 【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ 【人妻体験談】個人経営の小さな会社の社長の娘と営業の合間に中出しセックス