【人妻体験談】推薦をもらうために自らエッチなことをし始める生徒の母親達

【人妻体験談】推薦をもらうために自らエッチなことをし始める生徒の母親達
33歳、私立学校の教員です。

うちの学校の男性教師は「生徒の母親」を「便所」って呼んでます。

もちろん、精液便所ですよ。

うちの学校の母親の間では、

「推薦もらえるかどうかは、何人の教師と寝れるか」

って信じられてて、校長、教頭は毎日のように新しい便所を使ってます。

あと、英語教師も人気が高くて、同じ年の同僚は、夜、ノックがして

「先生、相談があるんですが」

って便所が立ってて、ドアを開けるとコート姿の便所が前を開いたら裸だったから、そのまま使ってやったとか、休みの日には入れ替わり立ち代り便所に来られてチンポが乾く間がなかったとか自慢してます。

ことしの便所を拝みに昨日のPTAの懇親会に出たら、居るわ、居るわ。

「子供のためなら何でもします」

って便所が派手は服着てケバイ化粧で集まってました。

有志による夜の懇親会では、推薦ボーダーラインの生徒の便所が昼にも増して媚を売ってきました。

その中から、仲のいい同僚二人と、有名な色白と巨乳、それから新顔の新入生の母親で脚の綺麗な便所3人連れてスナックで2次会。

店は10時まで貸切を頼んでおいたんでヤリ放題でした。

同僚のうち一人は3年の担任なんで3年の親の色白便所がすごく気を使っていて、同僚がビールを一口飲むと、いきなり

「先生溜まってらっしゃるんじゃありません。

よろしかったら、お楽にさせていただきましょうか」

ってイヤラシイ流し目しながら同僚の股間を撫ではじめた。

続きを読む

[紹介元] 【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ 【人妻体験談】推薦をもらうために自らエッチなことをし始める生徒の母親達