【体験談・小説】隣の幼なじみとの5年間26

【体験談・小説】隣の幼なじみとの5年間26
第26話由愛の幸福季節も初夏になり暑さにまだ慣れない体は少し気だるさを感じさせる、そんなある日久しぶりに由愛から連絡が来た。何か由愛とその友達が相談したい事が有るとの事、由愛が言うには既に真帆には了承を取付けているらしい。ならばと了承した…帰宅し由愛から連絡が来た事を真帆に話す。「真帆、久しぶりに由愛から連絡きたわ、何か知らんけど由愛もその友達も相談が有るんやて」「兄ちゃん…由愛さんから真帆にも連絡有ったよ。真帆も詳しくは判らないけど何だか彼氏関係の事みたいよ」「何っ…その系統の事は出来れば自力で解決してほしいな…他人の色恋沙汰に首突っ込んでいい事ってまぁないしな…」「そうなの?…でも兄ちゃん今までも何度か相談に乗ってたよね…それに真帆もぃぃよって言っちゃったし…」
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】隣の幼なじみとの5年間26