【体験談・小説】夕暮れの公園で出会った女の子たちと、ハダカの話

【体験談・小説】夕暮れの公園で出会った女の子たちと、ハダカの話
ある日の夕方5時、僕は仕事から少し早く家の近くへ帰ってきた。真夏の今はまだ明るく、僕はコンビニでレモンサワーを買い、近所の児童公園のベンチに腰掛けた。そして若い奥さんと子供たちを見ながら、一杯飲み始めた。最近の子連れママは、結構エッチな格好をしている。僕は、腋の下をさらけ出している女性や、スカートからショーツのカタチが透けている母親を見ながら、目立たないように飲んでいた。すると、僕の座っているベンチの横に、突然ドカドカと通学カバンが積まれた。女の子4人組が、すぐ横のブランコで遊び始めたのだ。じっと見る訳にはいかないが、どうも小学校高学年のようだった。彼女たちは全員短いジャージの体操服をはいていた。
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】夕暮れの公園で出会った女の子たちと、ハダカの話